赤胴鈴之助。 赤胴鈴之助

赤胴鈴之助と吉永小百合

赤胴鈴之助

解説 少年画報連載の武内つなよしの漫画を穂積純太郎が潤色してラジオ東京の連続放送劇となった「赤胴鈴之助」の映画化。 岡本繁男と「狙われた土曜日」の松村正温、吉田哲郎の三人が共同で脚色、「刃傷未遂」の加戸敏が監督、「凸凹巖窟王 (二部作)」の今井ひろしが撮影した。 主演は「朝の口笛」の梅若正二(正義改め)、「大江戸人気男」の浦路洋子、「源氏物語 浮舟」の中村玉緒、「大阪物語」の林成年。 (二部作) 1957年製作/日本 配給:大映 ストーリー 第一部--常州は潮来金野鉄斎老人の孫鈴之助は、両親の顔を知らぬままに祖父鉄斎によって勇敢な少年に育てられていった。 彼は父のかたみの赤胴をつけ真空斬りを得意とし、やがて立派な青年となった。 ある日、彼は道場破りに来た岳林坊と火京物太天という二人を相手に鉄斎が禁じていた他流試合をしたため破門されてしまった。 が、これには可愛い子には旅させるの鉄斎の思いやりがあった。 鈴之助は幼馴染のしのぶと別れを惜しみ、亡き父と同門の千葉周作の道場に入るため江戸へ出た。 江戸には母がいるとも聞いていた。 千葉道場で、鈴之助は朝から晩まで雑用ばかり命ぜられた。 周作の娘さゆりが彼に同情したが、兄弟子の竜巻雷之進は快く思わず鈴之助を散々に打った。 雷之進に代り、浅草観音へ参詣に行くさゆりのお供をして行ったとき鈴之助は周作一家を狙う物太夫一味に襲われ勇敢に応戦したが、雷之進は益々つむじを曲げて行った。 が、昇段試合の日、鈴之助は雷之進と対決、勝利を獲得した。 敗北を怨みに思う雷之進は物太夫一味に加担した。 一方、潮来では鉄斎が、物太夫に打たれた傷がもとで世を去った。 これを報せるため、しのぶが千葉道場を訪れた。 やがて鈴之助は、かつての敗北を真剣勝負で取返そうという雷之進の挑戦状を受取り、約束の場所、護国寺へ行った。 が、物太天一味が途中に待構えていた。 追詰められた鈴之助は、心配して駈けつけたしのぶを連れ塔の中へ逃込んだ。 第二部・月夜の怪人--護国寺境内の鈴之助としのぶは、まさに危機一発。 だが急を知って駈けつけた千葉道場の面々の働きで一味は退散した。 そのころ柳原土手に毎夜、辻斬りが現れ、これが北辰一刀流の使い手であることから町の人は千葉道場の門弟に嫌疑をかけていた。 ところで鈴之助の母お藤は、わけあって鉄之助を捨てたのだが、周作の計いで内職の針仕事をしながら無事江戸に住んでいた。 ある日、鈴之助は周作の言いつけで、お藤の家へ仕立物を頼みに行ったが、柳原土手を通ると黒覆面が突然斬りつけてきた。 が、これは周作が彼の腕を試すためにやった仕業である。 そして、この様子を本物の辻斬りが蔭から瞶めていた。 そのうち鈴之助は、護国寺で果せなかった真剣勝負の挑戦状を雷之進から再び受取った。 約束の護持院ケ原で鈴之助と雷之進は死闘を続けた。 が、駈けつけた周作の優しい言葉に雷之進も今は改心、物太夫こそ恐るべき辻斬りであると明した。 雪之進は江戸を離れ修業に出ることにし、鈴之助も祖父の仇、物太夫を討つため旅立つことになった。 周作は二人に別れの贈物をした。 雷之進には小刀を、鈴之助には母親のお藤を。 めぐり合った母を後に鈴之助は仇討の旅へと向った。 ネタバレ! クリックして本文を読む 「赤胴鈴之助」シリーズ第1作。 Amazonプライム・ビデオで鑑賞。 父が本作のテーマソングをときどき口ずさんでいたなぁ、とふと思い出し、ちょうどいいタイミングで配信が始まったので観てみることにしました。 鈴之助の幼馴染・しのぶ役の中村珠緒の美しさが眩しい…。 まだ新人時代なのか、少々演技が拙いながらも、その後の活躍の片鱗を窺わせる存在感がありました。

次の

赤胴鈴之助: 二木紘三のうた物語

赤胴鈴之助

作詞:藤島信人、作曲:金子三雄 唄:岩瀬 寛・上高田少年合唱団 (セリフ) 「エイ!」「ヤーッ!」「ターッ!」 「ちょこざいな小僧め 名を、名を名のれ」 「赤胴!鈴之助だ!! 」 1 剣をとっては日本一に 夢は大きな少年剣士 親はいないが元気な笑顔 弱い人には味方する オー がんばれ たのむぞ ぼくらの仲間 赤胴鈴之助 2 父の形見の赤胴つけて かける気合も真空斬 (しんくうぎ)りよ なんの負けるか 稲妻斬 (いなづまぎ)りに 散らす火花の一騎打 (いっきう)ち オー がんばれ すごいぞ ぼくらの仲間 赤胴鈴之助 3 山は夕やけ 一番星は 母によく似たきれいな瞳 つらいときにも勇気を出して 正しい事をやり通す オー がんばれ 強いぞ ぼくらの仲間 赤胴鈴之助 《蛇足》 昭和32年(1957) 1月~同34年(1959) 2月までラジオ東京(現TBSラジオ で放送されたラジオドラマ『赤胴鈴之助』の主題歌。 ドラマには、放送開始時小学6年生だった吉永小百合が千葉周作の娘・さゆり役で出演していました。 北辰一刀流千葉周作門下の少年剣士・金野鈴之助の活躍を描く物語で、鈴之助は父の形見の赤い防具をつけることから、「赤胴鈴之助」と呼ばれるようになります。 原作は昭和29年(1954) 8月号から同35年(1960) 12月号まで『少年画報』(少年画報社) に連載された同名の漫画。 作者は当時手塚治虫と人気を二分していた福井英一でしたが、第1回分を描いたところで急逝してしまい、第2回からは、まだ新人だった武内つなよしが引き継ぎました。 連載開始時小学6年生だった私は、「9月号から作者が変わる」という告知を見て、どんな絵になるのだろうと思っていましたが、福井英一の絵とまったく変わらなかったのを見てびっくりした記憶があります。 大変な人気漫画で、ラジオドラマのほか、映画にもなり、昭和32年から33年にかけて、大映京都で9本制作されました。 歌の冒頭にあるセリフのうち、「ちょこざいな」は漢字では「猪口才な」と書き、「小生意気な」とか「こざかしい」といった意味です。 「小癪 (こしゃく) な」も似たような意味。 両方とも、今ではほとんど死語ですが、明治末から大正時代に少年向け講談本シリーズとして人気を博した立川文庫や、昭和20年代以前の少年誌の時代小説・漫画にはよく出てきました。 それらのなかで「ちょこざいな……」とか「こしゃくな……」といったセリフを吐くのは、主人公にやっつけられる悪役と決まっていました。 上の絵は、鈴之助が秘技・真空斬りを行っている場面。 (二木紘三) 通常「ヒーロー像」「ヒロイン像」は、何度か変わるもののようです。 子供の頃は特に、その成長の過程で目まぐるしく変わります。 例えば、私にとって物心ついて最初のヒーローは赤胴鈴之助でした。 昭和32年私が小学校1、2年の頃、夕方になると決まって寮内の廊下のスピーカーから、この『赤胴鈴之助』の歌と、同ラジオドラマが流れてきましたし。 それに、月1回各家庭に回ってくる『少年画報』の、竹内つなよしの同漫画の続きが待ちどおしくて。 あの頃は、チャンバラごっこが大ハヤリでした。 その辺で棒切れを見つけてきては、近所の同じ年頃の子供たち同士で、チャンチャンバラバラやり合っていました。 私がそうだったように、誰もが赤胴鈴之助になり切ったつもりだったのでしょう。 ちなみに。 私の場合、小学校中学年では月光仮面、怪傑ハリマオ。 高学年ではシャーロック・ホームズ。 中学2年からは諸葛孔明というように、ヒーロー像が変わっていきました。 投稿: 2008年10月17日 金 23時28分 高校の時、剣道部に入っていました。 私も入部の動機に「赤胴鈴之助」の影響があったような気がします。 部員の中で、副キャプテンのTさんが一番強かった。 寡黙で学業も優秀で、有名大学の医学部に進んで、1年後輩である私の同級生と結婚しました。 それから30年ほど経ち、始めて開かれた同窓会の席で、Tさんがガンにかかり、40代で亡くなったと聞きました。 ショックでした。 彼の人柄からして立派なお医者だったでしょうに、ああ優秀な人が先に逝ってしまうのか!どうでもいいのが残るのか(自分のことです、あくまでも)!と、正直思いました。 また奥さんの号泣が聞こえてくるような気もしました。 その時、道場の床に立つ彼の白い剣道着姿、得意の上段の構えが目に浮かびました。 上のお二方のコメントで、思い出したことです。 投稿: 紅孔雀 2013年12月31日 火 17時24分 私も少年画報に連載された竹内つなよしの漫画は友達の間で回し読みをして毎号楽しみにしていた記憶がありますが、ラジオ放送の「赤胴鈴之助」はあまり聴いていた記憶はありません。 映画になった「赤胴鈴之助」は一本だけ見た記憶があります。 主演は梅若正二、相手役の千葉周作の娘「さゆり」は中村玉緒、鈴之助のライバルで後に親友になる竜巻雷之進は林成年(長谷川一夫の息子)が演じていたと思います。 鈴之助の武器はなんといっても自分が考案した「真空切り」で、物語の発展とともに、この「真空切り」もだんだん進化・エスカレートしていって、私の見た上の映画では、真空切りによって建物も倒してしまいます。 師匠の娘である「さゆり」と恋仲になるところなど、坂本龍馬と師匠(ただし龍馬の師匠は千葉周作の弟の定吉)の娘「さなえ」との関係に似ていなくもありませんが、当時は司馬遼太郎「竜馬が行く」が発表される以前でしたから、坂本龍馬の存在などほとんど誰も知らない時代でした。 投稿: KeiichiKoda 2014年1月 7日 火 07時59分 愉しく、気楽に生きれる事に感謝しながら、現在の社会情勢を見ていると、心は重い。 老人のゴルフ、将棋、旅行、カラオケなどもいいが、高齢者の勤めを、果たさなければとの思いが、付きまとう。 ささやかな明治建築研、戦争遺構研究会などの活動も、自己満足ではあるが社会貢献の真似事であるのかも!?昭和の庶民史を語る会、14・01・08 忘年会、新年会、ボケ防止と安上がりのカラオケ三昧で、盛り上がる。 元気で唄える事に感謝、感激。 続けてないと声も出ない歌を忘れたカナリヤに。 人生の荒波をなんとか乗り越えられて脇役ばかりが、マイクを握り好きな歌を歌うときは、わづかに主役になれるような最高のひと時。 今年も、元気で唄いたい。 昭和の庶民史を語る会、14・01・08 カラオケグループの新年会。 10年らいの仲間が集い、好きな歌を唄う。 上手い人も、そうでない人も、愉しく歌う。 先輩達は、新曲が多いが、小生は、軍歌、ナツメロを。 古きよき時代の歌を忘れられたら困るのと、平和ボケして、気楽に過ごしている高齢者さん達への、いやみも込めて、歓迎されぬが唄う。 昭和の庶民史を語る会、14・01・07。 正月明けの老人会のカラオケの集い、息子,孫達の帰宅での賑わいの話で持ちきり。 寝不足、お年玉が大変など、孫は来てよし、帰ってよしで、どの人も、嬉しい悲鳴で、愉しそう。 上海からのチビッコギャング帰国で、賑やかだった我家も、静寂に。 五月蝿いが、孫たちは、ジジ、ババの、元気の源のよう?近現代史研、14・01。 04 たまに、他のカラオケグループの中で、歌わせてもらうのも愉しい。 知人に歌いこんでいますね、と言われると嬉しくなる。 大変な時に、カラオケを愉しんでいいのかと思いながら、気分転換だと言い訳をしながら、マイクを握る。 特定秘密法案廃棄を叫びながら、好きな歌を歌うのは、許されていいと思うが?昭和の庶民史を語る会、13・11・23 先日、他のカラオケグループに、お邪魔して、愉しいひと時を過ごす。 帰りしな、堺東で、特定秘密法案反対のグループに加わり、話し込む。 我々のtw、インターネットでの反対運動もアピールする。 諦め、文句だけで、何もしない仲間も多いが、何時も、行動する仲間がいるのは、元気づけられる。 廃案に!昭和の庶民史を語る会、13・11・23 投稿: 昭和の庶民史を語る会 2014年1月 8日 水 12時50分 私が幼少のころ、我が家のラジオは「NHK」しか流れず(有線放送?)、従って「赤胴鈴之助」は近所のラジオから流れてくるテーマソングで覚えたわけですが、「まぼろし探偵」も同様でした。 竹内つなよしの「赤胴鈴之助」は町内に『貸本屋さん』があって、『少年画報』で毎月読んでましたね。 一泊10円でした。 当時は少年物の月刊雑誌は、多数の出版車が力を入れていて、 《ぼくら・少年・少年ブック・少年クラブ・まんが王・冒険王・ 日の丸⦆などなど、沢山刊行されてたんすねぇ。 漢字は結構マンガ雑誌で覚えたようなものですね。 梅若正二主演の映画版は1本だけ見た記憶があります。 民間放送が聴けるラジオが我が家に有れば、また違った世界に接する事ができたのかなぁと、いまになって思う事が有ります。 サユリ役の吉永小百合の声、聴いてみたかったなぁ——。 投稿: かせい 2016年8月23日 火 01時11分 私は、今74歳【男性】ですが、この年でまだ剣道をしています。 段位は錬士6段で目下7段挑戦中です。 サラリーマン剣道でしたから稽古量も少なく、なかなか上達せずに上位の段位取得にも時間が掛かりました。 でも、継続は力、東京転勤の時はバブルで大変多忙でして、あのまま止めておれば今も3段のままでしたが、やっていて良かったと思っています。 剣道は8段が最高位ですが、8段審査の合格率は約1%です。 7段に合格し10年以上修行した46歳以上の人が8段を受けられますが、1000人受ければ約10人合格出来るという難関です。 したがって、一般人は7段までと思っておれば良いと言われています。 とは言うものの、わずかな希望でも目標があるから稽古にも熱が入るわけで、多くの7段の先生方はその1%に希望を賭けて、8段を目指して稽古をされています。 私は今年の11月が7段審査日です。 合格率約17%の希望を持って今度こそはと老骨にむち打っています。 2018. 11 迷える古羊 投稿: 迷える古羊 2018年8月11日 土 22時52分 迷える古羊様 「継続は力なり」は迷える古羊様の為にある言葉ですね。 敬意を表します。 昇段をお祈りしております。 9歳と12歳の孫が剣道をしております。 上の子は 週一は部活動のあとに地域の警察署でも指導を受けています。 下の子もいっしょです。 小学生は 地域のセンターでも週2回?剣道の指導受けており、兄弟とも剣道漬けの日々です。 剣道は挙措が美しく凛としていいですね。 亡夫も剣道しておりました。 5段でした。 ジイジの精神が二人の孫に受け継がれていることを彼の世に伝えたいものです。 赤胴鈴之助は 少年雑誌に連載になり 男の子から借りて読んでいた記憶があります。 男尊女卑の風潮が濃かった時代 次の世は男に生まれたいと日々思ってました。 長じて 男は辛いものだと良く分かりました。 投稿: りんご 2018年8月13日 月 17時29分 リンゴ様 この度は励ましのお言葉を頂き有難うございました。 小生は以前、「夕陽の丘」欄で「石原裕次郎さんに国民栄誉賞を」と申しましたら、ハコベの花様にリンゴ様、yoko様が加わわられ、その是非を論じたことがありました。 でも、貴方だけは最初は「同調」いただきましたが、これは御主人様が大変な裕次郎フアンだった影響なのですね・・そのコメントの中に、『裕次郎似と言われ 潤んだような声質も共通でカラオケでは100点自慢だった夫を思い出します。 』と有りましたので、この《夫を思い出します。 》の文章が、御主人様は既にお亡りになられたのか、どちらとも取れるコメントでしたので考えました。 立ち入ってすみません。 御健勝をお祈リいたしております。 今年もテレビでは裕次郎の特別番組をしていましたので、まだ-まだ、忘れ去られた訳ではない様です。 それはさて置き、剣道の話しに戻りますが、剣道に限らず、子供達がスポーツをどこかのクラブに加盟してやるとなると、出費もさることながら、送り迎えとか、試合の応援とかで、ご父兄様のご苦労は大変だろうなと思っています。 スポーツは、よその子と同時に始めてましても、どうしても、その子のセンスと言いますか、持って生まれた体育の才能で優劣が生じてきます。 ですから、例え、自分の子が稽古や試合でぽかぽか打たれるのを見ても嘆いてはいけません。 基本を練習中の人や、基本を大切に守っている人は、真っ直ぐな剣道をしますので、どうしても勝とう々として使う、我流の入ったフェイント剣法の人にやられてしまいがちになります。 でも、そのうち打たれなくなります。 それよりも、剣道で一番大切なことは『剣は心なり』です。 『お相手を尊敬する心です』 これは幕末に活躍した直新陰流の剣道の達人、島田虎之助の有名な言葉ですが、「剣は心なり、心正しからざれば剣また正しからず。 剣を学ばんと欲すれば、先ず心より学ぶべし。 」があります。 この「剣は心なり」の言葉を有名にしたのは、作家・中里介山の「大菩薩峠」の中での、次のシーンだそうです。 【島田虎之助は、清河八郎と人違いで襲ってきた新撰組の土方歳三と対決し、一刀のもとに(峰打ちで)土方歳三をやっつけるわけですが、土方は「人違であったようだ。 斬ってくれ、貴殿ほどの達人を見分けることが出来なかったのは一生の不覚、それが残念だ・・」と声を詰まらせると、島田虎之助はこの「剣は心なり」を朗唱したとあります。 現在の剣道教室でも、先生によってはこの「剣は心なり」を唱和させております。 韓国ドラマ『ホジュン』でも、あの中国の書聖:王羲之(おうぎし)の言葉《非人不伝》を引用し、悪人には医術を伝授してはいけないと諭しています。 確かに、熟達した医者や弁護士や射撃手や武道家達が、悪人だったらとんでもない話しですよね。 ・・ 長文ご無礼致しました。 2018. 29 迷える古羊 投稿: 迷える古羊 2018年8月29日 水 22時36分 迷える古羊様 おっしゃる通り剣道少年の親も大変です。 9歳と12歳の孫のマネージャー的な存在が母親である次女です。 週2度の地域のセンター、週1度の警察署での練習。 12歳の子は部活の後に更にセンター、警察暑と、移動は全て娘の車です。 関東地方は今なお残暑、熱中症が心配でなりませんでした。 加えて中学は朝練。 中2の孫は精勤の甲斐もなく新人戦の選手に漏れました。 孫の流した汗がすべて涙に思えました。 こんな時、剣道五段だった亡夫が生きていてくれたなら 孫たちの心の拠り所となり得たのにと無念さが込み上げます。 裕次郎の錆びたナイフの歌が恋しくなる季節ですね。 ご健勝と剣道の精進をお祈りしております。 投稿: りんご 2018年8月30日 木 07時23分 りんご様 すみません・・本当におちょこちょいで、まずは二つのことを謝らさせて頂きます。 一つ目は、りんご様をリンゴ様と誤記してしまいまして・・ 二つ目はちゃんと《亡夫》と記してありますのに、昨年の思い込みと灯台もと暗しで、とんちんかんな質問を致しました・・・お許しください。 これからは注意いたします。 剣道も、こう毎日暑いと大変ですね、でも、寒稽古に、暑中稽古は、短くていいですから激しくやって終わってください。 強くなりますよ。 お孫さんも悔しい思いをどんどんしてください。 銅は金と同じ、銀は金より良いと書きます。 金を取った人はそれで一服しますが、銀の人は悔しいから必ず金を追い抜きます。 新人戦が何ですか、人生は長いです。 大丈夫です。 僕も君と一緒に頑張るから・・・ 2018. 30 迷える古羊 投稿: 迷える古羊 2018年8月30日 木 15時42分 りんご様 《又の名を迷える子羊のりんご大いに恐縮です。 》で思い出したのですが。 『野菊』に投稿したときハンドルネームを、『迷える子羊』にしようか、と迷ったのですが、すでに見かけたような気がし、また、子供じゃないので『・・老羊』にしたのですが、語呂が悪いので『・・古羊』にした次第です。 過去に遡っての変更に当たっては、管理人様『二木先生』には随分ご迷惑をお掛けしました。 それで先程、改めて『野菊』欄を見直しましたところ、いらっしゃるわ、いらっしゃるわ・・りんご様を始めハコベの花様、konoha様、yoko様、あこがれ様、等々ご縁のある方々の投稿文が・・この頃は自分には誰からもお声が掛からなくて孤独だったのですね・・ ;. ; でも、読まれたら恥ずかしいので読まないでください。 まあ、恋の町札幌だからいいか・・・ では、また 2018. 1 迷える古羊 投稿: 迷える古羊 2018年9月 1日 土 17時01分.

次の

赤胴鈴之助と吉永小百合

赤胴鈴之助

赤胴鈴之助と吉永小百合 赤胴鈴之助と吉永小百合 「赤胴鈴之助」は、少年画報1954年8月号から連載開始されたが、第1回の作者は『福井英一』である。 福井は、手塚治虫と人気を二分する存在であったが、急逝されて第2回から『竹内つなよし』によって継続連載されるようになった。 竹内のストーリーテーラー性によって、掲載紙での人気が高まるにつれてマスメディアに取り上げられてゆく。 まず、ラジオ放送では、ラジオ東京(現TBSラジオ)で1957年1月6日から放送された。 鈴之助には横田毅一郎、千葉さゆりには吉永小百合、しのぶには藤田弓子が演じた。 女優・吉永小百合の誕生である。 前年の1956年12月にオーディションが行われ、12月24日に合格の電話が届いたと吉永自身の言葉で確認される。 また、大映で映画化され、鈴之助には1〜7作に梅若正二、8〜9作に桃山太郎、千葉さゆりには浦路洋子(第1・2作のみ)、しのぷには中村玉緒が演じた。 続いて、テレビ放送も開始された。 1957年10月2日からKRテレビ(現TBSテレビ)で、鈴之助には尾上録也、お妙には吉永小百合が演じた。 ラジオでの主役を上回る人気の吉永をテレビでも演じさせることになったのだろう。 ラジオ・テレビともに日本水産の提供で、「赤胴鈴之助」の終了後も同じスポンサーで「まぼろし探偵」が製作されたが、主役は変わっても吉永小百合は出演し続けた。 毎回出番があるわけでもないのだが、それだけ絶大な人気を博していた証拠だろう。 (「赤胴鈴之助」「まぼろし探偵」の主役を演じた方は、本当に影が薄かった。 ) ちなみに私の場合、ラジオとテレビの放送がダブるのでどのように聞き分け(見分け)ていたか記憶がないが、すごく忙しかったのを覚えている。 ところで、テレビ版「赤胴鈴之助」はスタジオ生放送であるので、テープやフィルムは残されていない。 今一度観たいと思うがかなわないだろう。 記憶では、ほのぼのとしたホーム時代劇であった。 もっとも、鈴之助なんかより「さゆり」ちゃんばかり見ていたが。 最近、驚くべき事が判明した。 なんとテレビ版「赤胴鈴之助」に関西版が放送されていたというのだ。 大阪テレビ(現TBS系)で、毎週金曜日の6:15〜6:30に鈴之助役に吉田豊明が演じていた。 その他の出演者は現在のところ不明である。 吉永さんが出演されてはいないと思うが、関西の方の調査を期待する。 c J. Shinshi.

次の