水道 水 ピロリ 菌。 ピロリ菌に水道水からでも感染するの?その調査結果は?

日本のミネラルウォーターにはピロリ菌が存在する!?本当に安心して飲めるお水って何?

水道 水 ピロリ 菌

地下水で検出される一般細菌とは何ですか? 「一般細菌」とは、水をある決められた検査方法で培養して検出される様々な細菌の集合体のことです。 検出原因は、井戸の深度、周辺の状況などが影響しますが、土壌に含まれる種々雑多の細菌に由来し、いわゆる病気を引き起こす汚染とは直接関係ありません。 掘削後の井戸水は、「一般細菌」が基準を超えることが、ままあります。 しかし、揚水継続により減少したり、逆に何年も基準超過が継続することもあります。 水道水源として利用している大規模な井戸水から「一般細菌」が検出されることもあります。 山間地で、何十年も基準超過の水を生活用水に使用しても健康に影響が出ない場合もあると思います。 「一般細菌」基準超過の場合は、用心のために生水を飲まないこと、どうしても飲むときは煮沸が必要と考えます。 塩素殺菌を行なえば万全ですが、殺菌装置の維持管理に知識と労力が必要です。 なお、同じ水質項目である「大腸菌」は動物の糞便や下水が地下水に混入するなどの原因で検出されます。 大腸菌の多くは病気の原因になりませんが、中には下痢症状などを起こす病原菌もあり、国内各地で、汚染事例が毎年の様に報告されています。 なお、ご質問に対する回答は、あくまで回答者個人の見解です。 【関連ある質問】 >>に戻る.

次の

地下水で検出される一般細菌とは何ですか?

水道 水 ピロリ 菌

ピロリ菌への感染を防ぐには? 胃の粘膜に生息し、胃や十二指腸などの病気や胃がんの原因ともなるピロリ菌。 一度感染すると、多くの場合除菌をしない限りは胃の中に住み続ける厄介な菌です。 では、このピロリ菌に感染しないためにはどのような方法が有効なのでしょうか? ピロリ菌の大部分は、 飲み水や食べ物を通じて人の口から体内に入ると考えられています。 ということは、飲み水や食べ物自体にピロリ菌が含まれないように注意することが大切になります。 現代の日本の環境では、水道水からピロリ菌に感染することはほとんどありません。 なぜなら、水道水は塩素による消毒が施されていて、ピロリ菌が殺菌されているからです。 塩素が体に悪いということで、浄水器やミネラルウォーターを利用する人も多くなっていますが、塩素も健康を守るためには必要不可欠なものであることがわかります。 水道水からの感染はほぼないと考えられても、人から人への感染はあります。 ピロリ菌は、ほとんどが5歳以下の幼児期に感染するといわれていて、母から子などの家庭内感染も原因のひとつと考えられます。 それでは、このピロリ菌に感染するとどのような病気になる可能性があるのか、感染が疑われる場合の対処方法について、ご紹介しましょう。 ピロリ菌が原因となる病気は? ピロリ菌に感染すると、胃の粘膜に炎症がおこり、さまざまな病気を引き起こす可能性があります。 ピロリ菌の感染が長引いた場合、胃粘膜の感染している部位が広がり、最終的には胃粘膜全体に広がり、慢性胃炎を引き起こします。 また、この慢性胃炎が長期間続くと、萎縮性胃炎となり、食欲不振や胃もたれの症状が現れることもあります。 また、ピロリ菌が原因になると考えられている病気に、胃潰瘍、十二指腸潰瘍があり、患者さんの約90%がピロリ菌に感染しているという報告もあります。 ピロリ菌を除菌できた場合と、できなかった場合の1年間の再発率を比べると、NEJM(ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン)の論文(2001年)によれば、胃潰瘍ではできた場合は11. 4%であるのに対して、できなかった場合は64. 5%、十二指腸潰瘍にいたっては、できた場合が6. 8%に対して、できなかった場合は85. 3%という数字もあげられています。 そのほか、ピロリ菌が原因となる病気としては、胃MALTリンパ腫、突発性血小板減少性紫斑病、機能性胃腸症、胃がんなどがあります。 ピロリ菌への感染が疑われる場合の対処法 このように、さまざまな病気の原因となるピロリ菌は、薬で除菌することができるのをご存知でしょうか? ピロリ菌の除菌療法を始めるには、その対象となる病気(胃潰瘍、十二指腸潰瘍など)があるかどうかを確かめる必要があります。 検査方法には内視鏡を使うものや、血液や尿を採取し抗体の有無を調べる、吐き出された息を調べる、便を採取して調べる、といった方法があります。 このようにして調べた結果、ピロリ菌がいるとわかった場合は、除菌療法を行います。 この療法では抗菌薬と胃酸の分泌を抑える薬を服用しますが、正しく薬を服用すれば約75%の確率で除菌は成功します。

次の

『上海の水道水について』木曜が好きさんのその他の基本情報 に関する質問・掲示板【フォートラベル】

水道 水 ピロリ 菌

湧き水にピロリ菌は潜んでいるのか ピロリ菌は水に潜んでいることが多く、水道水が発達していなかったころの日本では、多くの人がピロリ菌に感染しました。 ピロリ菌は消毒などが施されていない水に潜み、それを飲むことで人は感染します。 では、山から出ている湧水や天然水はもちろん消毒などは行われていませんが、そのような水にはピロリ菌が潜んでいるのでしょうか。 湧き水には自然の細菌が含まれる 湧き水は一切手を加えられていないため、ピロリ菌が潜んでいる可能性はあります。 しかし、それは湧き水が出ている周辺の環境にもよるため、すべての湧き水が危険というわけではありません。 また、たとえ湧き水にピロリ菌が潜んでいない場合でも、そのほかの自然の細菌は多く含まれています。 周辺の土にも細菌はいますし、山には動物や虫もいるため、それらに由来した細菌もいるでしょう。 湧き水はきれいなものというイメージが強いですが、実は様々な細菌が多く潜んでいるのです。 繊細な人は注意が必要 湧き水には様々な細菌が潜んではいますが、すべての人にとって有害なわけではありません。 湧き水をそのまま飲んだとしても、全く影響がなく美味しく飲めてしまう人もいます。 しかし、腸が弱い人や細菌に影響をされやすい人が湧き水を飲むと、お腹を壊してしまうこともあります。 また、ピロリ菌が含まれている場合は、どんな人でも感染する可能性が高いです。 そのため、山などの湧き水は処理をして使うことをおすすめします。 その処理方法は加熱です。 加熱をすればある程度の細菌を死滅させることができます。 また、ピロリ菌は熱に非常に弱いため、加熱することでピロリ菌も防ぐことができます。 湧き水を使う際には、念のため加熱をしてから使うようにしましょう。

次の