ジャンボ ジェット の ジャンボ の 由来。 「ジャンボジェット」はなぜ消える? 世界を狭くしたB747旅客機、生産終了への経緯

ジャンボどうぶつ病院の「ジャンボ」って?|院長のコラム|荒川区町屋の動物病院 ジャンボどうぶつ病院

ジャンボ ジェット の ジャンボ の 由来

「」および「」も参照 簡単に言えば飛行機は、やプロペラ等を用いて前進することで、そのに対して「対気速度」を得て、それにより自身の重量より大きな揚力を得ることで上昇する。 水平飛行の時は飛行機の重さと揚力が釣り合っている場合である。 飛行機を支える揚力というのは、の流れの(あるいはの)の一種である。 静止した物体にある速さの風が当たる場合と、ある物体が同じ速さで反対方向に進む場合では、風の力の生じ方は変わらない。 翼の揚力は、同じであると、速度の2乗に比例して増加する、また同一の速度であると、迎え角が大きくなるほど揚力は増加する。 飛行機は、ある高さを保って水平飛行を続ける時は、揚力が重力とつりあい、かつ、推進装置の推力と飛行機全体に働くがつりあうようにしなければならない。 よって(水平に飛ぶ時は)、高速で飛ぶ時は迎え角を小さくし、低速で飛ぶ時は迎え角を大きくして、揚力と重力がつりあうように調整して飛んでいる。 なお、上記の説明だけだと、「翼の迎え角をどんどん大きくしてゆくと速度を落としても水平飛行可能」ということになってしまうが、実際には迎え角がある限界に達した段階でという現象が起きる。 よって飛行機には安全に飛行できる最小速度というものがあり、それを「最小速度」や「失速速度」と呼んでいる。 つまりこの場合、(かつての)の最高速度程度以上の速度は出さないと安全に飛べないのである。 構成・構造 [ ] 『』(1988年版)では、飛行機の構造(あるいは構成 )として「、、、、」を挙げている。 『飛行機の基本と仕組み』によると、飛行機を形作っているの数は、大型である等の場合300万点を超えるが、構造物として大別すればいずれの飛行機も胴体・・尾部の3つの部位に分けられる。 なお上記は飛行機の代表的な構造についての説明であり、それとは異なった構造の機種もある。 例えば、のように胴体と尾翼を持たないも(少数ではあるが)実用化されている。 機体の構造 飛行機における機体の構造、1. トラス構造(帆布) 2. トラス構造(波板金属板) 3. モノコック構造 4. セミモノコック構造 (つまり推進システムを含まない部分)のの種類としては、、、ロッド、チューブ・などから構成された固定骨組み構造に外板としてを張り、羽布は基本的に強度を負担せず、固定骨組み構造が強度を負担する 構造がその一種である。 このほか、合金の外板の内側にフレーム(助材)の骨組み構造部材を取付けた 、アルミニウム合金の外板の内側にフレーム(助材)やストリンガ(縦通材)、ロンジロン(強力縦通材)の骨組み構造部材を取付けた セミモノコック構造がある また、2枚の板状外板の間に芯材を挟んで状にした板を外板に使用して、強度およびを大きくして、軽量化を図り、補強材の使用をこれまでより少なくして工数を大きく削減できる があり、主に主翼に取付けられている動翼の、、などで使用されている。 翼 [ ] 主翼 [ ] 大型ジェット旅客機の主翼と各装置類、1ウイングチップ・2補助翼(低速用)・3補助翼(高速用)・4フラップトラックフェアリング・5前縁フラップ(クルーガ・フラップ)・6スラット・7後縁フラップ(内側)・8後縁フラップ(外側)9スポイラー・10スポイラー(エアーブレーキ用) は、により翼の上下に空気の循環が生じ、見かけ上、翼の下側より翼の上側のほうが空気の流れが速くなる断面形状をしている。 「翼の上面は下面より膨らんでいるが、上側を通る気流と下側を通る気流は同時に翼後端に到達するので経路の長い上側の気流の方が速くなる」という俗説は誤り。 そもそも上側の気流と下側の気流が同時に後端に到達するという前提に根拠がないし、背面飛行や紙飛行機の飛行などを説明できない。 より、空気の流れが速い上部の圧力は下部より下がり、この圧力差により飛行方向に対して上向きの力()を発生する。 一般に、低亜音速機に用いられる翼断面形()は上側が膨れた状であるが、飛行速度や用途によって様々な翼型がある。 翼型と(上から見た主翼のカタチ)は飛行特性に大きな影響を与える。 効率的に揚力を発生させるには細長い平面形状が適する。 そのため、高く遠くへ飛ぶ飛行機は、主翼のアスペクト比を大きく設定した細長い翼が有利である。 教授のによると、の時代からアスペクト効果は理解されていたという。 ただし、あまりアスペクト比を大きくするとの問題等が出てくる 翼を長くすると揚力の面では優位であるが、当然の結果として翼の付け根の負荷が増大することは避けられない。 高速で飛ぶ飛行機の主翼には、高速でのが少ないが採用される。 つまり、後退角を付けると主翼の前縁に音速付近での直角方向速度成分が少なくなり、の抗力を少なくできる利点がある(この利点から主翼以外にも後退翼が採用される)。 さらに揚力と速度の間の関係から、超音速機は速度が速い分翼が小さくて済む。 このため、はではアスペクト比が極端に少ないデルタ翼やが採用される。 逆に揚力の面を重視する場合、例えば航続距離世界記録機のや、高々度の極狭い速度領域を飛行するスパイ偵察機「」ではアスペクト比(縦横比)の大きい翼が採用される。 翼の構造には、強度と軽量性を両立させるため、後述する胴体と同じくセミモノコック構造が採用されることが多い。 翼桁(ウイング・スパー): 翼の翼幅方向の曲げと力を主に受け持つ部材。 小型機では片翼につき1本が多い。 大型機では2~3本のものや、もっと多くのものがあり、補助的なものはストリンガと呼ばれる。 翼小骨(ウイング・リブ): 桁と直交する薄い板で、翼型をしており、翼型を保持する上で必要である。 外板およびストリンガからの空気力を翼桁に伝える役目を持っているが、翼型を保持するのみで空気力を翼桁に伝える役目を持たない補助小骨がある。 翼幅方向に多数が配置される。 外板(スキン): リブの表面を覆う薄い板。 ねじり荷重を受け持つ。 翼桁・翼小骨・外板によって外皮構造である トーション・ボックス構造を構成している。 トーション・ボックスとは、ねじり荷重を機体に伝達する箱状の構造であり、曲げ・せん断力・ねじりに強くなっている。 種類としては、1つの桁に前縁外板を取付けた構造の 単桁応力外皮構造、前桁と後桁を横に配置して、その間の上下に外板を取付けた構造の 2本桁応力外皮構造、前桁と主桁と後桁を横に配置して、その上下に外板を取付けた構造の 3本桁応力外皮構造、2本桁応力外皮構造と3本桁応力外皮構造にストリンガを外板の内側の翼幅方向に取付けることでストリンガと外板に曲げ荷重を負担させる マルチストリンガ構造がある。 翼桁は機体胴体内にある主翼の荷重を胴体に伝達する構造部材の キャリスル・メンバに、補助桁は機体胴体内にある取付け金具にそれぞれ取付けられるが、中・大型機では、キャリスル・メンバをトーション・ボックス構造にしており、左右の主翼をこれに取付けている。 翼桁の太さ・外板の厚さと材質はその部分にかかるに応じて設定され、翼の先端近くでは桁は細く外板は薄く設定される。 最近ではこれらの構造を大きな金属槐から直接削り出す工法も採用されている。 飛行中は主翼を上に曲げる方向に揚力が働くため、下面外板には引っ張りに強い素材、上面外板には圧縮に強い素材を選定する。 のような薄翼では、各場所にかかる応力に応じて素材を組み合わせて使うが多用される。 主翼内部のトーション・ボックスを耐燃料性シーラントにより密閉構造にしてに使うことが多く、この方式をと呼ぶ。 また主翼にエンジンや主脚などの降着装置を装備することが多い。 などでは主翼に兵装・やをずらりとぶら下げているが、いずれの場合も主翼には充分な強度が要求され、脚や兵装の取り付け部は充分な補強が実施されている。 現代の飛行機は、特殊な場合を除き主翼は左右各1枚(単葉)である。 主翼後部(後縁部)には(補助翼)や、主翼の前部と後部には、離着陸の低速時に揚力を増大させるやスラットなどのが装備される。 主翼上面には、着陸滑走時や飛行中にエアーブレーキを掛ける際や主翼の揚力を減らすためのを備えるものもある。 また、また、主翼と胴体の結合部での渦の発生による抗力の増加を防ぐためのフィレットや主翼端での渦流の発生による抵抗を減らすためのを装着するものもある。 操縦装置(補助翼、昇降舵、方向舵) [ ] 飛行機の操縦装置は、機体の3軸まわりの姿勢(、、)を変化させるための主操縦翼面である補助翼・・を操作する 主操縦装置と、エンジンおよびの操作や、フラップ、エアーブレーキ、、、といった補助操縦翼面を操作する 副操縦装置とに分けられている。 後者はそれらを操作した場合の表示装置が必要である。 人力操縦装置の索操縦系統での操縦翼面(補助翼、昇降舵、方向舵)の動き。 操縦席から操縦翼面の間は2本の索による往復式で動かされている また、操縦装置の種類は 人力操縦装置、 動力操縦装置、 ブースター操縦装置、 フライ・バイ・ワイヤ操縦装置に大別される。 人力操縦装置は小・中型機で使用されており、操縦席と操縦翼面の間を索(ケーブル)、、または、レバー等を利用したリンク機構で繋ぎ 、操縦翼面を人力だけで操作するものであり、工作や整備が容易で、信頼性が高い長所がある。 これには、索とを利用する 索操縦系統、プッシュ・プル・ロッドを利用する プッシュ・プル・ロッド操縦系統、トーション・チューブと呼ばれるチューブを利用する トーション・チューブ操縦系統がある。 索操縦系統は軽量で遊びがなく、方向転換が自由で安価である。 一方でや、スペースが必要であること、予めが必要で伸びが大きいことが短所である。 また索は操縦席と操縦翼面との間で2本使われ、往復式で使用される、これは、1本の場合だと飛行中での急激な姿勢変化により、が索に掛かることで索がたるみ、操縦翼面が勝手に動いてしまうためである。 プッシュ・プル・ロッド操縦系統は、摩耗が少なく伸びがない。 一方で重く遊びがあり、高価である短所がある。 主に運搬で主翼などを外す必要があり、組立の際に調整を簡単にすることができるで使用されている。 トーション・チューブ操縦系統は、型式とギア型式とに分かれる。 前者は主翼後部に取付けられたを操作するフラップ系統に使用されている。 後者は摩擦力が小さいのが特徴で、方向転換の大きい箇所で使用されている。 動力操縦装置は、大きな操縦力が必要な大型機や超音速または亜音速域で飛行する飛行機で使用されている。 操縦席と操縦翼面の間に設けたリンク機構を介して飛行機の主系統から供給される高圧油圧により作動する・を作動させることにより、操縦翼面を作動させるものである。 ブースター操縦装置は、動力操縦装置の一種であり、操縦席と操縦翼面の間は、人力操縦装置と同じリンク機構を介して直接操作するが、操縦者の操舵力に比例した力を高圧油圧とにより倍力して、油圧によりその力を操縦翼面に加えるものである。 操縦装置とは、機械的なリンクに代えが操作量を伝達するものであり、操縦装置への入力が発信器でに変換され、その電気信号が、と傾きを検知するセンサーとコンピュータを組み込んだ飛行制御コンピュータを介して、油圧・アクチュエータに伝達されて操縦翼面を作動させるものである。 補助翼 [ ] エルロン(補助翼)の動きとそれに伴うローリング運動。 は主翼の左右、後ろ側の縁に、によって付けられている。 補助翼というのは、一方を上げると他方が下がる仕組みになっている。 例えば、右側を下げるとそれと連動して左側が上がり、左側を下げるとそれと連動して右側が上がる。 例えば左側の補助翼を下げ、右側の補助翼を上げると、左側の翼の揚力が増し、右側の翼の揚力が減るので、機体を右に傾ける向きのが働く。 このモーメントによって、機体を右に傾けることも可能であるし、左に傾き過ぎていた機体を水平に戻すことも可能となる。 また、大型のジェット機の場合には、主翼の外側に低速域用の補助翼と内側にあるフラップの間に全速度域用の補助翼の2つの補助翼を装備しており、低速での飛行の際には2つの補助翼が作動し、高速での飛行の際には外側の低速域用の補助翼はロックされ、内側の全速度域用の補助翼だけが作動する。 両者とも、補助翼の作動と同時に傾ける側の主翼の上部に装備されたフライト・スポイラーを作動させて機体を傾かせる。 また、補助翼は機体を旋回させる際には必ず使用され、旋回する前に補助翼により機体を傾かせてから方向舵を作動させて旋回する。 尾翼 [ ] 上下方向に装備されるものを、左右に伸びるものをと呼んでいる。 垂直尾翼は、胴体に固定された部分を垂直安定板、その後ろの可動部分をと呼ぶ。 水平尾翼は同様に水平安定板とからなるのが一般的で、後者は主翼からの洗流(英語:「down・wash」)を考慮して、胴体への取付角度を水平よりやや上向きとしている。 尾翼は一般に、を確保するために主翼から十分に離れた位置に置かれる。 多くは胴体後端に設置されるが、胴体前部に設置した先尾翼機()もある。 尾翼の構造は主翼に準じるが、主翼に比べ強度上の問題も小さく簡素である。 尾翼(両方もしくは水平尾翼のみ)の無い飛行機は無尾翼機と呼ばれる。 また、固定の水平安定板を持たず水平尾翼面全体が可動のフライング・テールと呼ばれる方式もある。 この方式はから現在まで、運動性を要求される戦闘機に採用されることが多い。 一方、翼面全体が動翼となり効率が高いため、小さく軽い尾翼で済むという利点から小型機にも多く採用されている。 亜音速から遷音速域を飛行するジェット旅客機で動力操縦装置を装備している機体には、が使用できないのと、昇降舵の舵の角度を大きく取ると、舵面の先端からが発生して、操舵力が急に増加したり、舵の効きが低下するため、水平安定板の取付角度を飛行中に変化させて、昇降舵の操舵量を小さくする方式が採用されており 調整式安定板と呼ばれている。 この場合は、水平安定板は長期的なピッチ姿勢の安定(トリム)、水平尾翼は短期的なコントロールに使用する。 翼に揚力を発生させるには、正面から当たってくる空気の流れの抵抗に打ち勝って、飛行に必要な速度を機体に与える推進装置が必要である。 現在のは、(とのうちを持つもの)と、(いわゆる)とに大別される。 レシプロ機はエンジン出力軸の回転数をし、を駆動して、各プロペラブレードに生じる前方向きの揚力で推進する方式がほとんどであるが、ガスタービンのものは、推進力を得る方式の違いにより以下がある。 燃焼ガス(排気)の噴出のをとする、もっともの長い• タービン軸の回転を減速してプロペラを駆動する• 排気反力に加え、タービンで大径を駆動し、推力を得る このうち、ターボジェットエンジンは、タービン軸から機械的に駆動力を取り出す方式との区別のため、「・ジェットエンジン」と呼ばれることもある。 それぞれは、その特性を生かし、用途により使い分けられている。 このほかに、(モーター)でプロペラを回すも既に飛行例があり、新型の開発も進んでいる。 としての機能を持つタイプも研究されている。 は搭載や、エンジンと組み合わせたから得るハイブリッド型 のほか、機体に取り付けたを使うもある。 人間の筋力でプロペラを回すも、主に冒険や・娯楽目的に存在する。 その他、過去に採用されたことがあるエンジンとしては、の前から終戦までのドイツでは、とによる、を搭載した()や、、小型プロペラ機用のヴァンケル、に用いられたのほか、やはりドイツで大戦末期に登場した戦闘機、や、アメリカの超音速実験機などのはミサイル用として現役の技術であり、超音速(ロケットモーターに比べて)長距離ミサイル用のも現役の技術である。 このうち、ディーゼルエンジンについては、防止に効果があるとして、近年再興の可能性が出てきた。 極超音速長距離ミサイル他用に向けが開発中である。 日本での航空機エンジンの数え方は、「」に由来した「発」で表される。 これはからの慣習で、現在でもそのまま使われている。 一基装備の機体を「単発機」(略して単発)、二基のものを「双発機」(双発)と呼び、それ以上はエンジンの数に「~発(機)」を付けて、「3発(機)」「4発(機)」... などと呼ぶ。 との大きいレシプロエンジンでは、エンジン搭載位置の自由度は低くなり、単発機はもちろん、奇数発機のエンジンのうちの一つは、機首や機尾、パラソル式(支柱支持高翼配置)の主翼上など、平面視での機体中心線上に置かれる。 左右非対称の機体()でも、尾翼の付いた胴体側(の無い方)の中心線上にある。 双発以上の偶数発機では、多くが前縁に配置される。 強度上の理由で、エンジンをまとめて設置するために2基一組にしたもの()や、速度を追求するためにを増やさずに2基エンジンとしたもの()では配置のものもある。 また、隣合う二つのエンジンをギアで連結し、2基のエンジンで一つのプロペラを駆動するもの()も見られた。 これらは全て戦時中のドイツ生まれである。 その亜種にの段数を増やした例が幾つかある。 レシプロ機はの1号機から使われている方式。 現在ではで乗るのほか、飛行訓練や、散布、、遊覧飛行、等に使用されている。 比較的近距離の路線で頻繁に離着陸する小型から中型の機体は、ジェット機よりも離着陸性能の良い機の方が適している。 そのため、と呼ばれる10人 - 50人乗りの旅客機や、条件の悪いでの運用を考慮した軍用はターボプロップ機が多い。 自家用機程度の小型機でターボプロップエンジンを積むものもある。 現代において、中型から大型のや、のうち高速を要求されるタイプ(など)は全てジェット機である。 その中でも純粋にジェットのでをまかなう方式をと呼ぶ。 が大きく、のも非常に多い。 経済性や、環境性能が重視させる旅客機では現在、燃費も良く、騒音も比較的少ない方式が主流である。 これはエンジン内最前部にファンを設け、タービン軸出力でこのファンを回して得た推力と、ジェット排気の推力の両方を利用する方式。 でジェット旅客機のエンジンを正面から見ると、多数の羽根(ファンブレード)を有するファンが回っているのが良く見える。 詳しくはを参照。 機体への搭載 [ ] 機体へのエンジンの搭載方法としては、ピストン・エンジンを単発機に搭載する場合では、機体胴体の最先端に防火壁を介して取付けられたエンジン・マウント(発動機架)に、振動吸収ゴム・クッションまたはパッドを介して取付けられる。 多発機の場合では、主翼に外板、、構造部材、防火壁、エンジン・マウントで構成されたセミモノコック構造の ナセルを設けて、そこにエンジンを取付けている。 ジェット・エンジンの場合には、主翼下または機体胴体後部に パイロンを設けて、防火壁とエンジン・マウントを介してエンジン・ポットと結合され、並列に配置するものが多い。 ジェット戦闘機に代表されるとを重視する機体では、機体に対して大きなエンジンは低減と mass 集中のため、単発、多発とも、エンジンは胴体内に置かれる。 単発機に搭載されたピストン・エンジンの場合には、その周囲に取り外しが可能なカウリングに覆われている。 大型のレシプロ・エンジンまたはターボプロップ・エンジンを搭載する場合には、防火壁が付いたカウル・パネルで覆われているものがあり、によりカウル・パネルを開くことが可能である。 また、を搭載している場合では、カウリングまたはカウル・パネルに、エンジンを冷却をするためのカウル・フラップを装備しており、飛行中に作動させると、前面からカウル・フラップを抜ける空気の流れができることでエンジンを冷却する。 ジェット・エンジンのカウル・パネルは、エンジン本体外側に流れる空気を滑らかに流すとともに、エンジン自体を損傷から守るために取付けられており、先端にあるノーズ・カウル、上面または下面にヒンジが取付けられ取り外しが可能なカウル・パネル、固定されたカウル・パネルで構成されている。 胴体 [ ] 胴体には、を含む乗員・乗客・荷物()を搭載する。 また(中型以上の飛行機では一般的に)前脚を格納する。 さらにタンク・主脚を搭載するものもある。 操縦席部分は「」、客室部分は「」、床下貨物室部分は「ベリー」と呼ぶ。 単発機や3発機では胴体の最前部または最後部に1発のエンジンを搭載する。 最初の飛行機には胴体と呼べるものは無く、操縦席は木製骨組みの上に簡素なを載せたものであった。 その後木製の骨組を丈夫な帆布で覆った構造になり、現在は縦横に組み合わせた骨組の表面に合金や(CFRP)製の薄い板を張ったセミモノコック構造が主流である。 なお空気の薄い(したがってが低くの少ない)高空を飛ぶ旅客機は、胴体内部を円形の前部圧力隔壁と後部圧力隔壁で仕切り その間のエリアを8000 ft以下の気圧高度に保っている、これを「」と呼んでいる。 そのため、胴体構造は飛行時での荷重のほかに、として内圧に耐える構造でなくてはならない。 セミモノコック構造の胴体は、主に以下の部材からなる。 縦通材(ストリンガ): 胴体の長手方向の曲げを主に受け持つ部材であり、外板のを増す役割を持っている。 小型機でも数本、大型機では円周上に何十本も配置される。 特に強度の大きなものはロンジロンと呼ばれる。 円きょう(フレーム): ストリンガと直交する胴体の縦方向の部材であり、胴体形状を保つ。 主要なフレームの間には、胴体形状を一定の形に保つためのリングフレームが挿入されている。 外板(スキン): フレームの外側に張られる薄い板。 引っ張り・圧縮荷重の一部を受け持つ。 胴体前部にノーズギア(前脚)と呼ばれる小ぶりの脚があり、重心より少し後方の左右に一対の主脚が配置されている。 現在では、小型機を除く多くの飛行機は、空気抵抗を軽減するために、飛行中に降着装置を折り畳んで機体胴体やナセル、主翼内部に格納する「引き込み脚」を備えており、着陸装置を格納する部分は ホイール・ウェルと呼ばれている。 また、フロートを有したや、積雪地用にを装備するものもある。 着陸滑走時に使用するは油圧作動のである。 小型機の場合ディスクは1枚が多いが、大型機では複数のディスクを使用するセグメンテッド・ロータ方式が多い。 を有するものも多い。 また車輪のは大型機では一本の脚に四輪や八輪のタイヤを装着している機体もある。 多くのタイヤを並べて接地時のショックの分散を図り衝撃に耐えさせている。 さらに不測のにも備えるためである。 いずれにしても過酷な条件で使用されるため寿命が短く、各機種ごとに着陸回数に応じてタイヤ交換やゴムの巻き代え時間が定められている。 飛行機の運用を支える施設・人員 [ ] ほとんどの固定翼機はやにある程度の長さを持つが必要である。 、も整備や燃料補給が欠かせないため、飛行機はこれらを支える施設を持つ(民間や)を拠点とする。 飛行機の組み立て工場も、完成後にそのまま飛行できるよう飛行場に隣接しているか 、滑走路を備えていることが多い。 軽量のなどは野外の不整地で離着陸した例もある(第二次世界大戦中のなど)。 やは海面、湖面での離着陸が可能である。 または、()を運用できる。 飛行機のは、点検・修理を行う技術者をと呼ぶ。 飛行機の歴史 [ ] 世界初の飛行機 1903年12月17日に米国でがによる有人飛行を行い、1906年10月22日にはヨーロッパでが「14-bis号」で飛行を行った。 この時代、骨組は木製、翼は布張りが一般的であった。 飛行機の種類 [ ] 「飛行機の種類」と言っても、分類するための単なるグループ分け、といった程度のものである。 ここでは既存の入門書などに倣って、用途と大きさに着目した分類、さらに外観に注目した分類を示す。 付記として代表的な機体を一部例示する。 操縦資格はの種類(か)、エンジンの数(単発か多発)、運用場所(陸上のみか)の8等級で分類されている。 用途別種類分類 [ ] 民間機 [ ]• ・ =、• 消防・防災機• スポーツ機 =、• レース機• 研究機 軍用機 [ ] 本稿では武器を積んでいない非武装機でも軍事目的として利用されている場合は軍用機としている。 =、、• =、、• 空中指揮機=、• 研究機• 試験機• 政府機関機 [ ] 非軍用の国際機関(など)、多国政府共同運用(など)、中央政府機関、、・などの機体。 任務は民間機・軍用機の一部と被る場合がある。 (要人移動用。 、米国など)• ・防災機• 警戒機• 試験機• 研究機• ・等用撮影機• 形状別種類分類 [ ] 翼の数 [ ] ・・・・ 翼の位置 [ ] 航空機の主翼の形状(薄緑の部分) 左から() () () () () (AD-1) 単葉機における分類。 詳細はを参照。 、中翼、(貨物の出し入れが容易なため輸送機に多い)、パラソル翼(に多い) 主翼の形 [ ] 平面形での分類= 矩形・後退・前進・三角・・楕円・オージー。 エンジンの数 [ ] 単発の場合通常ジェット機は胴体内、レシプロでは機体の最前部もしくは最後部に取り付けられる。 双発以上の場合ほとんど位置は主翼か胴体後方である。 現在軽飛行機や一部の作戦用・訓練用以外は故障のリスクを考えエンジンは双発以上である。 単発機・双発機・・四発機・多発機。 エンジン種類 [ ]• (ターボ、ターボファン、ターボプロップ、ラム、パルス)• 推進方式 [ ] における分類。 ・・ 降着装置 [ ] 前輪式・尾輪式・尾橇式・タンデム式・フロート・艇体(飛行艇)・ソリ スピードによる分類 [ ] を基準として亜音速、遷音速(0. 75~1. 25)、(マッハ1. 25以上)に分類。 離着陸方法による分類 [ ]• この日、森(当時、部長)を訪問したが「飛行機の沿革を説く」とある。 ただし構想していた飛行機械そのものはであった可能性もあると考えられている。 先行のは「飛行 器」という表現を用いていた。 なお、一部には「飛行機がなぜ飛ぶかという原理は、科学的に解明されていない」とする風説があるが、これは誤りで、実際には100年以上も前に解明されている(リンク切れ。 山中浩之 2014年5月14日. 2014年5月17日閲覧。 『世界大百科事典』はあくまで一般向けの百科事典なので、「構造」という名の章で扱っているが、「構造」には様々な意味があり、(専門家的に言えば)この文の「構造」は、「構成」と読み替えたほうが誤解が生じないかも知れない。 トラス構造は「枠組み構造」とも呼ばれており、ロンジロン(強力縦通材)が縦横の支柱で連結されたプラット・トラス構造とロンジロン(強力縦通材)が斜めの支柱で連結されたがある。 モノコック構造、セミモノコック構造は骨組み構造と外板とで、強度を分担する構造であることから 応力外皮構造と呼ばれている。 外板と芯材の材料には、または金属が使用されるが、は主に外板が負担するので、芯材は荷重に弱い構造となっている。 また、芯材の形状には、泡状・波状などが使用されている。 代表的な形状としては、六角形の状(ハニカム)を使用しており、これを使用したものを、と呼ばれている。 エンジンの回転速度、タブのトリム舵角度、フラップの角度位置などの表示装置が操縦席に装備される。 索の動きを、クォードランドとトルク・チューブを介して、プッシュ・プル・ロッドに伝達するトルク・チューブ、プッシュ・プル・ロッドの動きの方向を変えるベルクランク、セクタと呼ばれる部品を動かすことにより、索に動きを伝達するセクタ、操作輪に繋がったケーブルドラムを回すことで索を巻き付けたり巻き戻したりするケーブルドラムがある• 降着装置の脚部は、ほとんど現在の飛行機は、前輪式の三支点輪取り付け方式である。 主脚は重心位置の主翼に取り付けられるのが主流である。 降着装置(ランディング・ギア)を格納する部分(ホイール・ウェル)は、胴体を切り欠いた後に平板形の圧力隔壁により構成されている。 本来エアバスはワイドボディ旅客機のカテゴリだったが、近年は社の台頭により、他社のワイドボディ機をエアバスと表現しなくなってきている。 中小型機により幹線空路を補完する航空輸送サービス路線• 旅客機を改造した機体が多い• を運ぶために使用される航空機。 現代では貨物機や旅客機の空きスペースに積むため専用機は無い。 郵便事業が民間に開放され、小荷物宅配事業などと共に民間が行う国もある。 航空運送事業以外で使用される機体。 航空写真、報道、遊覧、自家用に用いられる民間機• 警察や消防などから防災・救急任務などを請け負う民間機。 災害状況を空中から確認する機体。 が多い。 競技用ではなく遊覧飛行など個人が娯楽とし飛行させる機体• エアレース用と曲芸用は共通の機体が多い• 一般に人員輸送も任務に含む。 空港・レーダー施設などの試験・検定• が多い。 警察・陸上警備・輸入警戒など• 哨戒任務を軍以外の政府機関が行う国もある。 空港・空路施設などの試験・検定• 観測対象は地上・水域・気象・宇宙など• を運ぶための政府専用航空機。 現代では政府機関の郵便専用機は無い。 (出典:中山直樹 佐藤晃共著『飛行機の基本と仕組み』秀和システム2005年12頁)• なお、プロペラ機はどれも「亜音速」に分類される。 の最高速度はマッハ0. 55程度だからである。 出典 [ ]• 『』第五版 p. 2234 【飛行】内【飛行機】• 『』23巻1988年版 p. 409-417【飛行機】 項目執筆担当木村秀政・導入部p. 409-410• 木村秀政編『初歩の航空ハンドブック』 1951年、刊• 電子情報通信学会 基礎・境界ソサイエティ Fundamentals Review 2010年 4巻 2号 p. 105-112, :• 「矢頭良一の機械式卓上計算機「自働算盤」に関する調査報告」()p. 286• 小林昭夫著『紙ヒコーキで知る飛行の原理』講談社 1993年刊• 412-421【飛行機】【飛行の原理】• 415-420【飛行機】【性能と構造】• 中山直樹・佐藤晃共著『飛行機の基本と仕組み』 2005年 13頁• 藤原洋編『飛行機構造』社団法人日本航空技術協会 2012年4月1日第3版第1刷 p4-p8。 小林昭夫『紙ヒコーキで知る飛行の原理』、1993年刊69頁• 鈴木真二『飛行機物語』1694、2003年刊126頁• 飯田誠一『飛ぶ・そのしくみと流体力学』、1995年• 中山直樹・佐藤晃共著『飛行機の基本と仕組み』秀和システム 2005年 14頁• 『毎日新聞』朝刊2018年9月13日(科学の森面)2018年9月16日閲覧。 石川幹武編『日本航空整備㈱マニュアル』1959版• DIGITAL(2017年10月31日)2018年9月16日閲覧。 1903年12月17日. 2013年7月21日閲覧。 中山直樹・佐藤晃共著『飛行機の基本と仕組み』秀和システム 2005年刊 18-24頁• 例示基準機体としては最もポピュラーな図典『大図典View』講談社1984年刊掲載機を優先した。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 に関連の辞書項目があります。

次の

「ジャンボ」の由来は?【ことば検定】 答え林修

ジャンボ ジェット の ジャンボ の 由来

"Dumbo" の由来と意味• 「ダンボ」は "Dumbo" ディズニー映画「ダンボ」は米国の作品ですから、子ゾウの名前「ダンボ」は元々は 英語のアルファベットで表記されています。 英語のアルファベットで、「ダンボ」は " Dumbo" と綴(つづ)ります。 "Dumbo" の由来と意味 "Dumbo" は造語 "Dumbo" という英単語は 造語です。 20世紀の前半に「ダンボ」という子ゾウのキャラクターが作られるまで、英語の語彙(ごい)に "Dumbo" という言葉は存在しませんでした。 英語の辞書で "Dumbo" の意味を調べると、「 ノロマな人、頭の回転が遅い人」という意味が記載されていますが、この意味の起源はディズニー映画のキャラクター「 ダンボ」です。 "Jumbo" の由来 "Dumbo" の両親の "Jumbo" という名前は、 19世紀に欧米の動物園やサーカスで見世物にされた "Jumbo" という名前のアフリカ象に由来しています。 アフリカ象 "Jumbo" はスーダン生まれで、1860年~1885年にわたり生存したと伝えられています。 アフリカ象の寿命は60~70年ですから随分と短命であったということになりますが、"Jumbo" の 死因は列車事故でした。 "Jumbo" は 1865年までパリの動物園で飼育されたのちロンドン動物園に移されました。 その後 1882年に 米国のサーカスに売却され、そこで人気を博しました。 死後には剥製にされてタフツ大学に寄贈されました。 アフリカ象 "Jumbo" の名前の由来は、「 族長・酋長・ボス・親分」を意味するスワヒリ語 " jumbe" であるとも、「 こんにちわ」を意味するスワヒリ語 " jambo" であるとも言われています。 辞書に語源として記載されているのは前者なので、前者が語源である可能性が高いのでしょう。 カタカナ語「ジャンボ」の語源は "Jumbo" 英語の辞書で "jumbo" という語を調べると、「 とても巨大な動物・人・物」という名詞としての意味と、「 とても巨大な~」という形容詞としての意味が記載されていますが、こうした意味の 語源となったが上記の アフリカ象 "Jumbo" です。 「ジャンボ」というカタカナ語を皆さん一度は目にしたことがあると思いますが、このカタカナ語「ジャンボ」も19世紀に生きた アフリカ象 "Jumbo" に由来しているということになりますね。 アニメ作品「ダンボ」の誕生 ディズニーのアニメ作品「ダンボ」がウォルト・ディズニーにより公開されたのは 1941年のことでした。 アニメ作品「ダンボ(Dumbo)」は、Helen Aberson Mayer という米国人女性が書いた " Dumbo, the Flying Elephant(ダンボ、空を飛ぶゾウ)" という物語を 原作としています。 この原作が発表されたのは 1939年です。 物語の挿絵を描いたのは Helen Durney という人です。

次の

ジャンボ (曖昧さ回避)

ジャンボ ジェット の ジャンボ の 由来

これね…クラスの男子もやってた。 やってることがほんと子供。 さて本題に戻る。 ジャンボがスワヒリ語で「こんにちは」という意味なのは分かったが、それがジャンボジェットとなんの関係があるのだろう。 19世紀の中ごろ、 パリやロンドンの動物園で人気を博した、一頭の動物がいた。 それは巨大なアフリカ象で、肩の高さが3メートルもあった。 なぜ、この大きな象にジャンボと名付けたか、その理由は定かではない。 アフリカの言葉で語感がいい言葉を選んだのだろうか? それ以降、 この象の大きさにたとえて、色々とでかいものをジャンボと呼ぶようになった。 大きいメロンパンはジャンボメロンパン、大きい旅客機はジャンボジェットというようにである。 今では何気なく「大きい」という意味で使われているジャンボという言葉だが、それは大きい象に「ジャンボ」と名付けたからで、スワヒリ語の挨拶から転じて「大きい」という意味をもったという経緯があるのだ。

次の