第3回abematvトーナメント 日程。 『第3回AbemaTVトーナメント』開催!|棋戦トピックス|日本将棋連盟

【藤井聡太七段2連覇中】AbemaTVトーナメントの魅力に迫る!!〜概要、日程、フィシャールールについて〜|みそじんの将棋のある生活

第3回abematvトーナメント 日程

*前回の記事: 2020年4月11日(土)から第3回AbemaTVトーナメントの放映が始まる。 今回は3回目にして 史上初のドラフト団体戦。 チームリーダーがドラフトにより選んだメンバー同士、3対3の団体戦が行われる。 予選リーグはA~Dの4リーグに分かれ、各リーグに3チームが入る。 また、先鋒と中堅の連勝となっても、大将戦は行われることになっている。 団体戦形式だが、チームのポイントはそれぞれの対局の結果次第で、1勝すればプラス1点、1敗でマイナス1点となる。 例えば、チームAとチームBの対戦の結果が以下のようになった場合 先鋒戦 チームA 2-1 チームB 中堅戦 チームA 2-1 チームB 大将戦 チームA 0-2 チームB 団体戦と考えればチームAの勝利に見えるが、今回のポイント制ではどちらもプラスマイナス0で、この1戦のみでみると引き分けとなる。 各リーグ3回戦を終えた結果、獲得ポイントの多い上位2チームが後日行われる本戦トーナメントに進出する。 そして獲得ポイントが同数で並んだ場合は、チームリーダー同士のプレーオフが行われる。 こちらは一番勝負だ。 11日に放映されるのは予選Aリーグ第一試合。 オープニングの様子 チーム豊島(豊島将之竜王・名人、佐々木勇気七段、斎藤明日斗四段)対 チーム久保(久保利明九段、菅井竜也八段、今泉健司四段)のカードだ。 必ずしもチームリーダーが大将を務めるわけではなく、先鋒、中堅、大将に誰を配置するかは対戦直前に決める。 お互いの相性なども含めて、誰をどこに置くか、戦略が問われるところだ。 ちなみに、それぞれのメンバー同士の公式戦戦績は以下の通りである。 そして、相手にとってはほぼ未知の存在となるチーム豊島の斎藤が、どのような戦いを見せるかで、勝負の行方が大きく左右しそうだ。 特に斎藤は四段という立場を考えると、先鋒に置かれる可能性が高い(もちろんその裏をかくことも考えられるが)。 戦法として戦った場合、チームに勢いをつけられるかどうか。 チーム豊島の作戦会議の様子 チーム久保にとっての今泉も同様の存在であるといえる。 特に 「強力な自薦」(ドラフト会議における久保のコメント参照)でメンバー入りを果たした今泉にとって、この戦いにかける情熱は大きいはずだ。 チーム久保の作戦会議の様子 いずれにしろ、チーム久保が振り飛車を主体にして戦うことは間違いないだろう。 対してチーム豊島がどのような対策を見せるか。 予選1回戦ではそこに大きく注目したいと思う。 特に本大会のような超早指しでは穴熊が有力作戦とされているが、お互いがどこまで玉を潜るかということにも興味がわく。 史上初となるドラフト団体戦、その開幕カードを楽しみにしたい。 予選A組1回戦「チーム豊島VSチーム久保」戦は、AbemaTV将棋チャンネルで4月11日(土)19時から放送される。

次の

『第3回AbemaTVトーナメント』開催!|棋戦トピックス|日本将棋連盟

第3回abematvトーナメント 日程

第3回AbemaTVトーナメント予選Dリーグにて、チーム永瀬とチーム広瀬の対局が行われます。 Cリーグが終わり、いよいよ予選最後のDリーグですね。 Cリーグでは、チーム糸谷とチーム康光が本戦出場を決めました。 チーム木村がチーム康光にあと1勝できれば、チーム木村が本戦出場でしたが、ギリギリの勝負でしたね。 Dリーグも強いチームばかりですし、白熱した対決になりそうで、楽しみです。 Dリーグ初戦は、チーム永瀬とチーム広瀬の対局となります。 チーム永瀬は、• 永瀬拓矢二冠• 藤井聡太七段• 増田康宏六段 となっています。 チーム広瀬は、• 広瀬章人八段• 青嶋未来五段• 黒沢怜生五段 です。 ついに藤井七段の登場ですね。 最強チームにチーム広瀬がどう戦っていくのか、楽しみです。 スポンサードリンク 成績とレーティング 【チーム永瀬】 永瀬拓矢二冠 今年度成績:2勝1敗(勝率:66.7%) 通算成績:352勝135敗(勝率:72.3%) レーティング:1921 順位:3位 <戦型選択> 居飛車:97.5% 矢倉:14.3% 角換わり:23.6% 横歩取り:18.6% 相掛かり:11.2% 力戦:11.2% 対抗系:18.6% 振り飛車:2.5% 角交換四間飛車:1.2% 三間飛車:0.6% 向かい飛車:0.6% 藤井聡太七段 今年度成績:4勝0敗(勝率:100.0%) 通算成績:173勝32敗(勝率:84.4%) レーティング:1957 順位:1位 <戦型選択> 居飛車:99.0% 矢倉:11.0% 角換わり:29.3% 横歩取り:4.2% 相掛かり:14.1% 力戦:12.6% 対抗系:27.7% その他:1.0% 増田康宏六段 今年度成績:2勝2敗(勝率:50.0%) 通算成績:184勝85敗(勝率:68.4%) レーティング:1715 順位:25位 <戦型選択> 居飛車:99.3% 矢倉:3.5% 角換わり:14.6% 横歩取り:4.2% 相掛かり:25.0% 力戦:26.4% 対抗系:25.7% スポンサードリンク 振り飛車:0.7% 中飛車:0.7% 【チーム広瀬】 広瀬章人八段 今年度成績:2敗 通算成績:419勝243敗(勝率:63.3%) レーティング:1782 順位:10位 <戦型選択> 居飛車:97.0% 矢倉:11.6% 角換わり:37.9% 横歩取り:10.6% 相掛かり:10.6% 力戦:10.1% 対抗系:16.2% 振り飛車:3.0% 中飛車:1.0% ノーマル四間飛車:1.5% 相振り飛車:0.5% 黒沢怜生五段 今年度成績:3勝1敗(勝率:75.0%) 通算成績:147勝91敗(勝率:61.8%) レーティング:1639 順位:49位 <戦型選択> 居飛車:13.1% 角換わり:1.2% 力戦:2.4% 対抗系:9.5% 振り飛車:81.0% 中飛車:26.2% ノーマル四間飛車:6.0% 角交換四間飛車:20.2% 三間飛車:8.3% 向かい飛車:9.5% 相振り飛車:10.7% その他:6.0% 青嶋未来五段 今年度成績:3勝2敗(勝率:60.0%) 通算成績:142勝77敗(勝率:64.8%) レーティング:1665 順位:39位 <戦型選択> 居飛車:64.8% 矢倉:11.4% 角換わり:12.4% 横歩取り:2.9% 相掛かり:6.7% 力戦:10.5% 対抗系:21.0% 振り飛車:35.2% 中飛車:11.4% ノーマル四間飛車:18.1% 角交換四間飛車:1.0% 三間飛車:3.8% 向かい飛車:1.0% AbemaTVトーナメント予選Dリーグ チーム永瀬vsチーム広瀬の日程 2020年6月14日(日)19時~6月15日(月)0時30分まで行われます。 いつもは土曜日ですが、土曜日は藤井七段の阿部七段の王位戦が中継されるため、日曜日の放送になったみたいです。 AbemaTVトーナメント予選Dリーグ チーム永瀬vsチーム広瀬の中継 中継はAbemaTVにて、行われます。 解説は村山慈明七段で、聞き手は里見咲紀女流初段です。

次の

第3回AbemaTVトーナメント

第3回abematvトーナメント 日程

概要 [ ] AbemaTV将棋チャンネルのオリジナル番組第3弾。 トーナメント方式で優勝者を決める番組の実施はチャンネル初となる。 2018年6月から9月に第1回「AbemaTVトーナメント」が行われ、好評につき2018年12月から2019年1月にかけて「女流AbemaTVトーナメント」が実施された。 2019年に第2回の開催が決定し 、同年4月28日より配信が開始される。 女流AbemaTVトーナメントの優勝者が、本戦であるAbemaTVトーナメントに「女流枠」として参加できる。 棋戦の正式名称は、第1回では発案者の羽生に敬意を表して「 AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治」となっていたが 、以降の回では「Inspired」以下の表記は外されている。 ルール [ ] について、1手指すごとに一定の時間が追加される一方で、持ち時間を使い果たすと負けとなる、いわゆる「 」を採用。 デジタル式対局時計使用で、ボタンは対局者自身が押す。 元々で用いられるルールだが、対局は通常の将棋と同じく正座形式で行う。 1対局がおよそ20~30分となるため、通常の棋戦などに比べるとスピーディーな展開となり、時間の逼迫した終盤戦ではいわゆる指運により形勢が大きく変化することもある。 ・(24点法を採用)の場合は先後を入れ替えて指し直し局を行うが、持ち時間は補填されることなくそのまま引き継ぐため、場合によっては極めて短い初期持ち時間からの対局となることもある(一例として第3回予選Bリーグ渡辺明-佐藤天彦戦第1局では持将棋成立後、渡辺明11秒-佐藤天彦21秒の初期持ち時間から指し直し局が行われた)。 AbemaTVトーナメント 第1・2回 [ ] 持ち時間は「初期持ち時間が各5分、1手ごとに5秒が加算」。 一度の顔合わせで三番勝負を行い、先に2勝した者が勝ち上がる。 予選トーナメント 予選参加12名の棋士 を、A・B・Cブロックに各4名ずつ分けトーナメントを実施。 2敗で敗退となるで、まず2連勝した者が予選ブロック1位通過となり決勝トーナメントに進出。 敗者は敗者復活トーナメントを行い勝ち上がった者が予選ブロック2位通過となり決勝トーナメントに進出する。 予選・決勝とも、女流トーナメント優勝者・前回覇者以外の参加棋士については主催者側により選ばれており、特に予備予選等は行われない。 AbemaTVトーナメント 第3回 [ ] 持ち時間は「初期持ち時間が各5分、1手ごとに5秒が加算」。 第1,2回から形式が変わり、3人1組のチーム同士による団体戦が採用された。 予選リーグは全12チームが3チームずつ4組に分かれ、メンバー3人がそれぞれ三番勝負を行い、1勝につき1ポイント、1敗につき-1ポイントとして合計点を競う(1・2局を連勝した場合は、2ポイント獲得 相手に-2ポイント で終了)。 リーグ終了時点でポイントが同点のチームがある場合はチームリーダー同士で1局のみの勝負を行い決着をつける。 各組からは2チームずつ、計8チームが決勝トーナメントに進出する。 決勝トーナメントは5勝先取式で、各局の前にどのメンバーが指すかを1人あたり最大3局となるようチームで決定する ただし決着までにチームの全員が最低1局は指す必要がある。 チームリーダーはAbemaTV側が選んだ棋士12名(第3回は2020年3月時点でのタイトルホルダー+順位戦A級棋士)が務め、残るメンバーは形式で各リーダー(羽生チームのみが代理)が指名する。 指名が重複した場合はくじ引き。 優勝賞金は1000万円。 8名の女流棋士によるトーナメント戦。 8名の内訳は、シード枠5名・予選(AbemaTVで配信されない)通過者3名。 優勝者には、直近に行われるAbemaTVトーナメント(男性棋戦)への出場権が与えられる。

次の