ダンク シュート 身長。 日本人がダンクシュートを決めるためには身長を伸ばすサプリが良い?

【バスケ】その身長でなぜダンクが入るのか!?えげつない身体能力によるダンクシュート集!

ダンク シュート 身長

この度 のyoutubeチャンネルにて衝撃の動画が公開されました。 — 世界最小ダンカー TFB曰く — 17歳の高校生ダンカー、コートニーステフェンズ。 小柄なダンカーは手も小さいため、一度ボールをバウンドさせボールを保持せず存分に腕の振りを生かした跳躍が出来るアリウープを狙う事は多いですが、彼はドリブルからもそのままダンクを決めています。 更にウィンドミルや、BTL(この動画では外してますが)もこなせる程の熟練度を誇り、ダンカーとしての才能は相当なモノを感じます。 今から丁度30年前の1986年にはNBAのダンクコンテストで168cm(170cmと書かれている場合もある)のスパッドウェッブが優勝し伝説となりましたが、この低身長にして当時のレベルで360やダブルパンプのリバースは衝撃的でした。 それから20年後の2006年にはスパッドウェッブとほぼほぼ身長が変わらない(公表は175cmですが、決勝一本目のダンクで横に並んだ際はほぼ同じぐらいに見えた)ネイトロビンソンがBTLなど更に進化したダンクを決め、 【スポンサーリンク】 今年の2016年、TNT主催で行われたDUNK KINGというNBA外での世界最高のダンカーを決める番組では、165cmのポーターメイベリーが優勝。 優勝を決めたダンクは、自分よりも約50cmも身長の高い審査員の一人であったシャックを跳び越えてのレフトハンドダンクでした。 そして今回ご紹介させて頂いたコートニーステフェンズ、よくよく考えてみたら160cmでダンクをしているって、あのNBAで最も低身長のプレイヤーとして活躍したマグジーことタイロンボーグスがダンクを決めているって事なんですよね、そう考えますと如何にぶっ飛んだレベルなのかがお分かり頂けるかと思います。 (マグジーも学生時代にダンクしていた、バレーボールなら出来たなどという噂は聞きますが映像が無い) 最後にこちらは10年以上前の映像になりますが、私が当時衝撃を受けた低身長ダンカーの動画をご紹介させて頂きます。 2000s前期にフランスでスラムネイションというダンクチームが活動をしていたのですが、フランスでのオールスターゲームにて彼らがダンクコンテストを行った際に共に参戦した、イギリス人のステファンジルというダンカーがかなりヤバかったのです。 冷静に今見てもハンパないですね、このコンテストでは見事優勝いたしました。 というわけで、もはや止まる事を知らないスモールダンカーの進化、いずれは160cm代のダンカーがフリースローラインから跳躍しているなんて時代も来るかもしれませんね、いやきっと来る事でしょう。

次の

ダンクシュートの練習方法を教えます!170cmでダンクするのも夢じゃない!

ダンク シュート 身長

ダンクシュートの前提として、リムよりも上にボールを届かせることが必要です。 つまりは、身長とジャンプ力のフィジカル面の強化になります。 身長は今できること。 規則正しい生活・充分な栄養などの条件を最良にし、自分の可能性を最大限出す事です。 ジャンプ力はYouTubeなどでトレーナーによるトレーニングメニューが公開されています。 それを参考にするのが1番だと。 最後に、これが一番重要なことです。 無駄をつけない。 太るなんてもってのほかですが、単純に筋肉を付けるだけでもマイナスになります。 高校生になると本当に筋肉がついて行きますので気を付けてください。 体重はできるだけ軽く、それだけでも全然違います。 アレン・アイバーソンやクリス・ポールは183センチにも関わらずダンクを普通にします。 彼らの存在は励みになるのではないでしょうか?.

次の

日本人がダンクシュートを決めるためには身長を伸ばすサプリが良い?

ダンク シュート 身長

こちらは海外の選手ですが、身長165cmでダンクをしています。 もちろん物凄い身体能力ですが、 165cmでも無理ではないということの証明にはなると思います。 ダンクシュートに必要なこと では、ダンクシュートを成功させるには、ずばりどんなことが必要なのでしょうか。 それは、 「ダンクができる最高到達点に達すること」です。 バスケットボールのゴールは、3. 05mのところに設置されています。 そのゴールにボールを叩き込む必要があるため、3. 05mのリングに触れられるだけでは、少しだけ高さが足りません。 実際にダンクをしていた感覚で言えば、「手首がリングに当たる」位の高さ。 大体3. 15〜3. 30mの高さが最高到達点になれば、ダンクが可能になります。 最高到達点ですので、身長が低くかったり、腕が短かったりするのであれば、ジャンプ力が足りない高さを補えればダンクが可能という計算になります。 ダンクシュートをするために必要なトレーニング 先述したように、ダンクをするには、「身長+腕の長さ+ジャンプ力」が必要になりますが、残念ながら身長と腕の長さはほぼどうにもなりませんので、 「ジャンプ力」をトレーニングでつけていく必要があります。 下半身のトレーニング まず重要なのが、下半身のトレーニングです。 ジャンプはやはり最終的に脚で行うものですので、下半身の筋力アップは必須になります。 大腿二頭筋、半腱様筋等のハムストリングと呼ばれる筋肉や、ふくらはぎの筋肉の強化が必要になります。 オススメのトレーニングについては、こちらの動画をご覧ください。 イメージトレーニング イメージトレーニングも実は必要です。 完全なイメージトレーニングではなく、実際に身体を動かすのですが、何を必要とするのかというと、実際のゴールの高さよりも低い位置に設置したゴールにダンクをしてみるということです。 これを行うことで、ダンクを行う際の感覚というのが身につきます。 ダンクを一度もしたことがないと、 空中でどういう体勢になればいいのか、どういう感じでリングを掴めば良いのかが分かりません。 それらをある程度把握するために、こういった、半実践形式のトレーニングも大切になってきます。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ダンクシュートは、バスケットボールプレイヤーの1つの憧れであり、目標でもあると思います。 もちろん、身長が高い方がアドバンテージがあるのは事実でしょう。 しかし、低身長の選手でもダンクができている人がいるというのは勇気づけられますよね。 このページでご紹介したトレーニング方法などを出来るだけ真似して、ダンク成功に向けて一歩ずつ進んでいってください。

次の