改めて ご 連絡 させ て いただき ます。 詳細は追って連絡するの意味・敬語・英語!何日くらい待てば良い?

「ご連絡いただきありがとうございます」の使い方・敬語・間違いか

改めて ご 連絡 させ て いただき ます

敬語の種類 「電話します」という言葉も、丁寧語というスタンダードな敬語表現です。 語尾に「です・ます」がつく丁寧語は、よく使われる敬語表現でしょう。 しかし、「電話します」という言葉だけでは、こちらが一方的に電話をする宣言をしているようで、相手に対する敬意がそれほど高く感じられないという人もいます。 そんなときに便利なのが、謙譲語です。 「電話します」を謙譲語に置き換えると、「ご連絡いたします」や「ご連絡差し上げます」などの表現となります。 こちらの立場を相手よりも低く示すことで、相手に対する敬意を払うのが謙譲語です。 「電話します」というフレーズを丁寧語以外の敬語表現に直す際には、謙譲語はとても使いやすいはずです。 敬語表現の使い方 ご連絡いたします 「ご連絡いたします」は「ご(お)+~いたす」という謙譲語の基本的な型の一つにあてはまります。 たとえば取引先相手と打ち合わせをした場合、向こうの提案を社内会議で共有して上席者の反応を窺ってから改めて電話をする、という流れになることもあるでしょう。 「本日ご提案いただいたことについての回答を、また改めてご連絡いたします」と伝えた方が、相手はより丁寧さを感じます。 「追ってご連絡いたします」や「後日改めてご連絡いたします」、「確認がとれ次第またご連絡いたします」など、シーンに合わせて臨機応変に使い分けられれば、別れ際に添える一言のバリエーションも広がるはずです。 ご連絡差し上げます 「ご連絡差し上げます」も「電話します」に謙譲の意味を添えた敬語表現です。 「差し上げる」は「与える」の謙譲語で、献上する・たてまつるの意味をもつ敬語です。 たとえば、顧客に商品提案をしたところ、相手から「他のシリーズの資料も見たい」と言われたとします。 その際、「かしこまりました。 後日資料をお送りいたします。 発送の手続きがすみ次第、またご連絡差し上げます」などと伝えれば、真摯な印象が残ります。 「電話します」という主旨は同じだとしても、「ご連絡差し上げます」は「ご連絡いたします」に比べて、相手に対する配慮の度合いが高い場合に用いられます。 先ほど挙げた例でいえば、相手の要望に応じて新たな資料を送ることと、発送が終わり次第連絡をすることの二点において、相手のために動くことになります。 このような場合には、「ご連絡いたします」よりも「ご連絡差し上げます」の方がより適切な表現といえるでしょう。 メールでの使い方 メールで添付ファイルを送り、「詳しいことは後ほどお電話します」と伝えたい場合もあるでしょう。 そのようなときの例文を以下にいくつか紹介します。 「電話します」という旨をわかりやすく丁寧に伝えるよう心がけましょう。 検討中の商品資料をお送りいたしますので、ご査収の上、ご確認よろしくお願いいたします。 また日を改めてご連絡いたします。 スタッフ一同、御社にふさわしいコンテンツページに仕上げるよう、全力で励んでまいります。 記事ができ次第内容を確認していただきたく存じますので、その際はまたご連絡差し上げます。 資料を拝見したところ、いくつかお聞きしたいことが出てきたのですが、何時頃でしたらご連絡差し上げてもよろしいでしょうか。 目上の人への使い方 目上の人に対して「電話します」という旨を伝えたいときには、「ご連絡申し上げます」という表現を使ってみてはいかがでしょうか。 「ご連絡申し上げます」は「ご連絡いたします」「ご連絡差し上げます」よりもさらに丁寧な敬語表現です。 そのため、目上の人に対してできるだけ礼儀正しく「電話します」と伝える場合は、「ご連絡申し上げます」と述べましょう。 お話させていただいた商品のプレリリースが正式に決定しましたので、取り急ぎお伝えいたします。 詳細な日時に関しましては、追ってご連絡申し上げます。 当社に持ち帰り、検討させていただきます。 後日改めてご連絡申し上げますので、よろしくお願いいたします。 「電話します」の敬語表現を使った例文 「電話します」自体も丁寧語という敬語ではあるものの、より敬意を高めた言い方をしたい場合には「ご連絡いたします」や「ご連絡差し上げます」、さらに「ご連絡申し上げます」といった敬語表現があることを説明してきました。 これらの敬語を用いた「電話します」という旨を伝える例文を、改めて以下に整理していきます。 ・(部内の先輩に対して)先方から戻るときに、一度お電話します。 ・(一緒に営業をまわる先輩に対して)先方に、これから伺うとお電話します。 ・(部の上司に)課長、A社の件ですが、やはり正式にお断りのご連絡を差し上げようと思います。 ・(顧客に対して)当日の内覧についてですが、本日お聞きしたご希望をもとにスケジュールを練り直して、明日中にはまたご連絡いたします。 ・(商談先の上席者に対して)本日のお話につきましては、部長の〇〇から改めてご連絡申し上げますので、どうぞよろしくお願いいたします。 「電話します」を他の敬語表現にすると? 「電話します」の敬語表現としては、「ご連絡いたします」などの他にも、「お電話いたします」もしくは「お電話差し上げます」なども敬語表現として挙げることができます。 「ご連絡いたします」という場合は、状況によってはメールと電話のどちらで受け取られるか曖昧なところがありますが、「お電話いたします」とすると確実に「電話します」という意図が伝わります。 敬語表現としては、「ご連絡」でも「お電話」でも大差はないので、より使いやすい方を選ぶと良いでしょう。 直接顔を合わせて、その日のうちにまた電話をするということであれば「お電話いたします」の方が伝わりやすいでしょうし、日を改めてコンタクトをとるということであれば、メールでの連絡が必要になった場合に備えて「ご連絡いたします」とする方が間違いがないでしょう。 シーンによって、よりわかりやすい敬語表現を使うよう心がけることが大切です。 相手やシーンによって敬語を使い分けよう 「電話します」の敬語表現には、「ご連絡いたします」「ご連絡差し上げます」「ご連絡申し上げます」「お電話いたします」「お電話差し上げます」などが挙げられます。 敬語の種類としては謙譲語で、「ご(お)+~いたす/差し上げる」という定型的な形です。 もちろん「電話します」も丁寧語という敬語ですが、より丁寧さを伝えたい際には謙譲語を用いる方が無難です。 部内の先輩には丁寧語、上司や社外の人に対しては謙譲語など、相手もしくはシーンによって敬語の種類を使い分けると良いでしょう。 ちょっとした一言をきちんと敬語で伝えられる人は、ビジネスの場で信頼されます。 やり直しがきかない話し言葉は、特に正しい敬語を使うよう意識すると、社内外を問わず重宝されるビジネスマンとなるでしょう。

次の

「ご連絡させていただきます」の使い方・返信の仕方・おかしい

改めて ご 連絡 させ て いただき ます

追って連絡の意味とは?何日待てば良い? 追って連絡の意味とは「近いうちにお知らせします」の意味 追って連絡の意味とは、「近いうちにお知らせします」を意味しています。 ビジネス用語ではよく使われること言葉です。 主にすぐに返事のできない場合や、確認の必要な案件の場合に使用する頻度が高いでしょう。 また、打合せや電話などでも使いますが、最近はビジネスメールで使う場合も多くなりました。 契約時や、案件についての返信時、ちょっと待ってほしい時や何日か時間が必要な時に「詳細は追ってご連絡させて頂きます」と連絡することが多いです。 要するに、ちょっと都合のいい「答えはもう少し待っていてね、近いうちにお知らせしますので」という意味の、大人として丁寧な言い方ですね。 追って連絡すると言われたら何日待てば良いのかは大体3日程度 追って連絡すると言われたら、大体何日ほど待てば良いのか、それは「3日程度」が一般的と言われています。 これは「ビジネスに関する返事の連絡を基本的に何日間待つか」に適用できることですが、大抵は3日~5日程度待つのが暗黙のマナーです。 しかし、就職の面接ではちょっと違います。 面接終了後、「合否は追ってご連絡させて頂きます」や「追ってお知らせいたします」と言われた場合、最低でも1週間は待ちましょう。 最終面接の場合は最長2週間程度待つのが基本です。 その期間が過ぎても先方(企業側)から何の連絡もない場合は、電話などで合否の連絡について確認しても問題ないとされています。 「追ってご連絡させて頂きます」と言われた場合、いつ連絡が来るのか何日待つのか、ドキドキする毎日を過ごすことになりますね。 下記でご紹介する記事には、同じような意味で使われる「しばらくお待ちください」の言葉の意味や使い方、しばらくの期間など、分かりやすく説明しています。 ぜひ併せて読んでみて下さい。 「追って連絡」を敬語にした場合の言葉1つ目は、「後日改めてご連絡させて頂きます」です。 特にビジネスシーンでよく聞かれる「ご報告はちょっと待って、あとでお知らせします」の敬語です。 改まったミーティングや打合せなどで、案件を持ち帰って上司や責任者に確認をとらなければいけない時などに使用される言葉ですね。 営業職であれば、クライアントとの打ち合わせの内容は、価格の交渉や契約内容の確認など、大切な打ち合せになります。 準備していった価格よりも値引き交渉をされたり、契約内容の変更を求められたり、急な変更はよくあります。 そんな時に「一旦持ち帰って、後日改めてご連絡させて頂きます」のセリフが必要となるのです。 これは主に問題が発生した際やトラブルが起こった際に使われる敬語です。 「今は正確なことはご報告できないけど、詳細は分かったらお知らせします」といった意味です。 特によく使われる場面としては、コールセンターやトラブルサポートセンターなどで、すぐに答えが出ず解決できない時に「状況が判明次第、こちらからご報告いたします」などと伝え、一旦電話やメールを終えます。 そしてその間に起こったトラブルが解決したら改めてお客様に連絡をする、そんな時に使用する敬語です。 例えば、打合せが終わった後、先方(クライアント)にお礼のメールを送るとします。 そんな時に使う文節として「先ほどの案件につきましては、もう少しこちらで状況を整理させていただき、改めてご連絡させて頂きます。 」などが適当で使いやすいですよ。 メールは文字だけで相手にこちらの状況や感情を伝えなくてはいけません。 なので、言葉遣いには特に注意が必要です。 丁寧に相手に待ってもらうときは、「この件についての詳細は慎重に検討し、後日改めてご連絡させて頂きます。 」と後からきちんとご報告するという旨を伝えるのです。 丁寧に伝えるところがポイントですよ。 トラブルサポートセンターや、コールセンターには毎日同じような質問や疑問などの問い合わせが多く寄せられます。 それは電話だったりメールだったり、最近はチャットであったりと、企業によって対応方法は様々ですが、トラブルの対応方法はほぼ同じです。 そんな時、普段ない様なイレギュラーな質問や苦情などがあった場合、その場のスタッフでは対応しかねる時に「その件につきましては、こちらで確認し追ってご報告いたします」と一旦電話を切り、上司やチーフ、リーダーの判断にゆだねます。 そして改めて上司から顧客に電話をしてもらい、トラブルを解決するという流れです。 意味は「追ってご連絡いたします。 」という意味です。 英語でもよく使うフレーズで特にメールでの報告の際は「I will get back to you sometime later. (後日、追ってご連絡致します。 )」などです。 他にも「I will get back to you soon. (取り急ぎご連絡させて頂きます)」や「I'll think about it and get back to you. (考えて、改めてご連絡いたします)」「I'll get back to you. (考えさせて下さい)」等があります。 意味は「後日連絡します」や「事後連絡」「後ほど連絡」「追って連絡する」です。 例えば「I will contact you later regarding shipping date. (出荷日はまた連絡します)」などの使い方です。 他には「I will contact you later about the shipping schedule. (出荷スケジュールは後ほど連絡します)」、「We will contact you later. (後で連絡します)」、など、あとで連絡することやご報告することに対して使う英語が多いです。 自分から直接クライアントまたは企業に連絡をし、「1週間ほど前の案件についてですが、その後詳細はいかがでしょうか」など、丁寧に相手方の状況を確認します。 あくまでも低姿勢で、「忘れてないですよね?」という雰囲気を出さないように気を配ってください。 もしかしたら相手は忘れていたかも知れません。 それでも決して怒らず、冷静に、「お知らせを待っていました」という気持ちを込めて、相手にお伺いの意思を伝えましょう。 相手の仕事内容の都合もあるし、案件内容で揉めていて連絡ができない状態だったりと、色々な状況が考えられます。 もしかしたら担当者が忙しすぎて連絡を忘れているのかもしれません。 「追って連絡します」と言われた場合、連絡がいつ来るかソワソワしてしまいますね。 返事を待っている時、人間は声や態度に少なからず出てしまいます。 もし電話で進捗を確認する場合は、自分の感情は一旦冷静に対処し、「お知らせを待っている」旨を丁重に伝えて、相手の進捗状況を把握するのです。 「詳細は追って連絡する」とはお知らせを何日待ってほしいの意と捉えよう いかがでしたでしょうか。 「詳細は追って連絡する」という言葉の意味や敬語、英語、また連絡がなかった場合の対処法など、一般的に使われるシーンなどをご紹介しました。 追って連絡するといっても、様々な言い回しがあってお知らせやご報告をしばらく、または何日か待ってほしいと伝えるために使う大切なビジネス用語です。 使い方や意味をしっかりと覚えて、正しいビジネスシーンで正しく使えるように、日頃からビジネスワークは勉強しておくと、いざというときに役に立ちますね。 ぜひビジネスがうまくいくように「詳細は後日ご連絡させて頂きます」を上手に使用してくださいね。

次の

「改めて」の意味と使い方まとめ!正しい敬語表現や類語も確認!

改めて ご 連絡 させ て いただき ます

ビジネスシーンにおいての「連絡」とは、[情報をお互いに知らせること、自分の気持ちや考えを相手に知らせること]を意味します。 例文 ・「会社に連絡をする」 ・「取引先と連絡をとる」 ・「スケジュールの連絡をする」 「連絡」には、関連性がある事柄を示す意味や、連絡通路のように一地点で繋がっていることを表す意味もあります。 ビジネスシーンでは、最初にご紹介した[情報をお互いに知らせることや、自分の気持ちや考えを相手に知らせること]が多く使われています。 「連絡」は現在進行している事項を知らせます。 ビジネスでは、簡単な情報を関係者に伝えることを指します。 自分の主観は入れず、ただ情報の内容のみを伝えます。 「連絡」は上司や部下に限らず、誰でも発信側となり、受信側になります。 「させていただく」は、「させてもらう」を謙譲語に言い換えたものです。 「させていただく」の意味は、[相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらする]ということです。 [相手や第三者の許可を受けて行う場合]または[それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合]の2つの条件を満たすときに使用します。 自分から相手に連絡する場合「ご連絡させていただきます」は失礼です。 「させていただく」は、[相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらすること]です。 [相手や第三者の許可を受けて行う場合]か、[それを行うことで恩恵を受けるという事実がある場合]の条件を満たすときに使用します。 この2つの条件が当てはまる場合に使用するのが正しい表現となります。 先方に許可も取っていない場合、勝手に「ご連絡」をされても迷惑をかけてしまいます。 また、こちらから連絡をすることに許可をとる必要がないため「ご連絡させていただきます」は間違いとなります。 自分から連絡をする場合、 「ご連絡いたします」「連絡いたします」を使用します。 「を」を入れた「ご連絡をいたします」は、更に正しい表現となります。 類似表現の言い換えを間違いのないように使用しましょう。 「ご連絡させていただきます」の ・「ご」は、謙譲語です。 ・「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 ・「ます」は、丁寧語です。 『謙譲語』『尊敬語』『丁寧語』は敬語です。 したがって、敬語を使っていることは間違いありません。 問題は『二重敬語』かということになります。 『二重敬語』とは、[同じ種類の敬語を重複して使用すること]です。 『尊敬語+尊敬語』 『謙譲語+謙譲語』 「ご連絡させていただきます」は、 『謙譲語』である「ご」と、「もらう」の『謙譲語』である「いただく」を使用しています。 これは『謙譲語+謙譲語』の構造を指します。 従って「ご連絡させていただきます」は『二重敬語』となります。 それでは、どのように言い換えをすれば『二重敬語』はふせげるのでしょうか。 「ご連絡させていただきます」の中には2つの単語が入っています。 「連絡」と「させてもらう」です。 「連絡」に、『謙譲語』の「ご」を加え「ご連絡」となります。 「させてもらう」を、『謙譲語』に言い換えると「させていただく」になります。 それぞれの単語に対し、『謙譲語』は1回しか使用していません。 その為「を」をいれた「ご連絡をさせていただきます」に言い換えれば『二重敬語』にはなりません。 普段から「ご連絡をさせていただきます」を活用しましょう。 『謙譲語』とは、自分がへりくだる表現です。 [自分を下げることで相手を立てたいとき]に使用します。 「させていただく」とは、[相手に許可を得て、ある行為を遠慮しながらするということ]です。 許可なく一方的に連絡する場合には、「ご連絡させていただきます」は間違った表現となります。 相手に用事がある場合、自分から連絡を取りますから、先に許可をとることは難しいです。 この場合「ご連絡させていただきます」とは言いません。 「ご連絡いたします」「連絡いたします」「ご連絡をいたします」となります。 「ご連絡させていただきます」は、間違った敬語表現となります。 また、上司や目上の方に対しても「ご連絡させていただきます」は使いません。 それでは「ご連絡させていただきます」とは、どのような状況で使用できるのでしょう。 [相手から連絡の許可を取ってた上で使う場合]の「ご連絡させていただきます」は使用できます。 敬語は類似表現が多い上、『謙譲語』などに言い換えて使用します。 そのため間違えやすいです。 気が付かないうちに『二重敬語』を使っている場合もあります。 「ご連絡させていただきます」の例ですと、「を」を入れることで防げます。 電話やメールをするときも気を付けましょう。 特にこちらから「連絡」をする行為は、電話やメールで行う場合がほとんどです。 類似表現を使い分け、普段から正しく言い換えられるようにしましょう。 「ご連絡」の類似表現を、ご紹介します。 相手の行為・動作に対しても、自分の行為・動作に対しても使用できます。 「ご連絡」との意味の違いは、ほとんどありません。 また、その内容]を意味しています。 ビジネスでは、業務や任務を遂行する際に、結果を知らせる為に「ご報告」をします。 報告は完了を知らせる為の義務でもあります。 「ご報告」は、部下から上司に対して行われます。 同僚や部下、後輩などへは「ご報告」はしません。 また、現在進行している情報を伝える「ご連絡」に対し、「ご報告」は完了した事項を知らせます。 また、先方に書類を提出したときや、メールを出したときに、相手の反応を知りたかったり、読んだのか確認したい場合に「ご一報ください」と使います。 ビジネスメールなどで使える「ご連絡」の類似表現を、短い例文にしてご紹介します。 ビジネスメールなどを送る際の「ご連絡させていただきます」を使った例文をご紹介します。 」 ・「このような事態になってしまったことを確認でき次第、ご連絡いたします。 」 ・「当初より予定しておりました打ち合わせの日程を調整いただきたくご連絡申しあげます。 」 ・「折り返しご連絡申し上げます。 」 ・「後ほど、ご連絡申し上げます。 」 ・「後日、ご連絡申し上げます。 」 ビジネスシーンやメールで使える「ご連絡させていただきます」以外の「ご連絡」を使った表現です。 相手から「連絡」をもらいたいときには表現が変わります。 ・ご連絡ください ・ご連絡お待ちしております ・ご連絡のほどお待ち申し上げます ・ご連絡いただければ幸いです ・ご連絡いただきたく存じます ・ご連絡お願いいたします ・ご連絡のほどお願いします ・ご連絡いただけましたら ・ご連絡いただけますでしょうか 「を」を入れて ・ご連絡をください ・ご連絡をお待ちしております ・ご連絡をいただければ幸いです ・ご連絡をいただきたく存じます ・ご連絡をお願いいたします ・ご連絡をいただけましたら ・ご連絡をいただけますでしょうか.

次の