に ぶん の いち の 夫婦。 にぶんのいち夫婦・第32話のネタバレと感想|マンガボックス|女性・少女漫画紹介サイト【manganista】

にぶんのいち夫婦 3~4巻 ~さとみの写真を見て涙を流し和真と別れないという文 のネタバレ・感想、無料試し読み紹介します!

に ぶん の いち の 夫婦

にぶんのいち夫婦・第32話のネタバレ 謝りながら別居を提案する文。 荷物を抱え、寂しそうな眼をして自宅を出る文の姿…。 和真は朝に目が覚めても、昨夜のそんな光景が頭に焼き付いて離れませんでした。 文のいない時間は永遠のように長く感じますが、自分のまいてしまった種で文を傷つけたので耐えるしか有りません。 起きても隣に文がいない。 部屋はがらんとしてただそこに自分だけがいる空間。 和真は孤独に包まれて、もはや五感も鈍くなってきていることに気が付きます。 思い返せば5年前。 文と出会う前の和真は、女性に対して冷めていました。 そんな時、高梨が合コンに誘ってきます。 新婚で妻が妊娠中という状況で合コンに誘ってくる高梨に呆れる和真。 しかし強制的に合コンへ連れて行かれるのでした。 4対4の合コンで、女性側の幹事はさやかでした。 女性側は3人しかまだ来ておらず、正直言って同じような流行を取り入れた女性たちの外見に和真は見分けがつかない…と冷めた態度。 そんなところに遅れて参加してきた文。 ボーイッシュで知的な雰囲気に和真は好みだと感じますが、目を合わせても文にはすぐにそらされます。 合コン中盤。 和真をロックオン状態のさやかに、和真はたじたじ。 文に目を向けると、高梨が文にべったり…。 高梨を遠ざけないと文に迷惑がかかるのでは…と和真は高梨を文から剥がそうとしますが、さやかが『酔っちゃったみた~~い』と和真の腕を離しません。 外で涼みたいと言うさやかに、渋々、和真は付き合います。 さやかのありきたりのぶりっ子テクニック!!あからさまですが、和真は断りきれません笑 さやかと外に行っても和真は文が心配で、さやかのアタックはかわされ続けます。 もっと和真と話したいと言うさやかの腕をはらい、和真は『実は気になる子がいる』と文の元へ走っていくのでした。 さやかは一瞬、驚きましたが去っていく和真の背中を見て不敵な笑みを浮かべます。 席へ戻っても文と和真はおらず、和真はトイレへ向かいますが、そこには高梨が。 どうやら文のトイレを待って、出てきたタイミングで口説こうとしていた様子。 和真は文になにかしたら、お前の妻に合コンのことバラすと言います。 お前、文狙いだったのか?!と高梨は言いますが、和真は顔を赤らめて文が騙されるのを見ていられないだけだと呟きます。 そんなところに、具合が悪そうな文がトイレから出てきます。 どうやらワインが合わなかった様子で帰宅しようとしています。 素っ気ない文の態度に、相手にされてないのかとがっかりする和真。 しかし、外に出て文を追いかけます。 そして、寒いから…と自分のマフラーを文に貸す和真。 文は恥ずかしそうに笑い、 和真はその笑顔にドキドキしてしまうのでした。 そして、タクシーを待つ間、実は文は人見知りで緊張していたこと、高梨には気をつけてほしいことなど、案外会話が弾む2人。 タクシーが来てから、文はマフラーを返そうとしますが、和真はまた会いたいからそれまで持っていてほしいと言います。 私も同じ気持ちだと俯きながら恥ずかしそうに言う文。 和真は文の乗ったタクシーを見つめながら、 自分が文に一目惚れしてしまっていることに気がつくのでした。 ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!! にぶんのいち夫婦・第32話の感想 今回は文と和真の出会いについて細かに描かれていました。 付き合った経緯は以前にも描かれていましたが、今回は初対面の和真と文の話。 結果的に隠したことが文を傷つけてしまいましたが…。 さて、さやかの件は一件落着したものの、文の離れた心は戻ってくるのでしょうか…。

次の

【随時更新】にぶんのいち夫婦を最終回までネタバレ!結末まで全話まとめ!

に ぶん の いち の 夫婦

にぶんのいち夫婦の1話から最終回までのネタバレまとめ! 以下、各話のあらすじを簡単にご紹介していきます。 第1巻あらすじネタバレ 結婚2年目、29歳の文(あや)は誠実でイケメンの夫・和真と平穏に暮らしていた。 最近、帰りが遅かったり、結婚記念日なのに仕事で帰れないと言ってくる和真。 文は和真が浮気をしているのかどうか追及するのか、それとも追求せずに疑惑を残しつつも平穏な生活を取るのか考えることにした。 第2話あらすじネタバレ 文はモヤモヤした気持ちでいることに耐えられず、追及するのではなく、立川さとみからのメッセージを忘れて謝る事にした。 謝ったことで和真は優しくしてくれたが、クリスマスイブの結婚記念日だけは帰ってきて欲しいと言ったら、優しかった手がピタッと止まり、早めに帰れるよう上司に頼むと約束する。 もう大丈夫と思う文だったけど、和真はスマホを見つめていた。 第3話あらすじネタバレ 結婚記念日に帰ってくれる約束をしてくれたことを嬉しく思った文。 結婚記念日に向けて洋服を買ったり、エステや美容室に行って自分を磨き、料理などもして結婚記念日のクリスマスに向けて準備していた。 しかし、そんな文の努力は裏切られてしまうことに…。 第4話あらすじネタバレ 和真は仕事の飲み会で部長が潰れたと嘘をついて、女性と会っていた。 一人で自宅にいた文は、このまま和真を迎え入れることなんかできないと家を飛び出して、近くのファミレスで時間を潰すことにした。 だが、結局家に帰るしかない文が戻ると、和真はギュッと文を抱きしめる。 心配そうにする顔ですら演技などか、文は和真に対して失望した。 第5話あらすじネタバレ クリスマスに和真と食事に行くが1日違うだけで色あせてしまう。 真実を知りたいと思う文は、友人たちとお茶したときに相談し、和真が限りなくクロに近いため、友人の香住がSNSを使って色々調べてくれた。 その結果、立川さとみの思われるアカウントを見つけてしまった。 第6話あらすじネタバレ 立川さとみのSNSで写真などを見て、浮気の可能性が現実化してしまったと思った文。 友人たちは、浮気の証拠を探して離婚するのも考えた方がいいと言ったが、突然現れた誰かに奪われるのを許せない文は、どんな手を使っても別れさせることを決意。 また、友人の優香の家も何やら問題を抱えていそうだった。 第7話あらすじネタバレ 優香の自宅でお茶会をしていたら、旦那が帰ってきて何度もドン!という大きな音がした。 優香はゴルフバッグが倒れたと誤魔化していたが、不安そうな表情をしていたし、文たちに今日はお開きにしてといって帰らせてしまった。 一人になった文は、立川さとみのSNSを確認することを決める。 第8話あらすじネタバレ 立川さとみのSNSを確認すると、クリスマスイブに既婚者の彼氏とデートをしたという投稿があり、さらに見ていくとクリスマスに和真から貰った時計と同じものをプレゼントされていた。 それを見てショックを受けた文は、自分はなんのために存在するのかと涙する。 第9話あらすじネタバレ 年の瀬に和真の実家へと来た文と和真。 和真と二人きりになりたくなかった文は具合が悪いフリをしていると、和真が心配して文に触れるとぞわっと気持ち悪くなってしまい倒れてしまった。 その様子を見て、妊娠してるんじゃないかと家族が勘違いする。 それをきっかけに、子供がいれば和真と繋がって入れるのではないかと思った文は、和真に子供を作ろうと提案した。 第10話あらすじネタバレ 子供を作ろうと言われて難色を示した和真だったが、文に押し切られて妊活することに。 妊活のために産婦人科を訪ねた二人だったが、和真はどこか上の空だったり、疲れた態度を取ったり、検査について愚痴を言っていた。 そして検査の結果、原因不明不妊と言われてしまう。 第11話あらすじネタバレ 不妊治療の半数以上が原因不明不妊であり、妊娠できる可能性は十分にあるので、食事や睡眠など規則正しい生活を送ることとストレスに気を付けるように言われた二人はタイミング法を行うことに。 医師の指示で、久しぶり体を重ねようとするが途中で止めてしまう和真。 日程まで管理されたうえで成功させろと言われるとプレッシャーがかかるのだと和真は言うが、文は浮気相手とはしているのだろうと思い、女としての自尊心が傷つけられてしまった。 第12話あらすじネタバレ 既婚組の多恵とかとランチをしたときに和真がしてくれなかったことを相談する文。 子どもが産まれたからといって夫婦仲が良くなるとは限らないという話から、優香が旦那の佳樹からモラハラを受けていることを知ってしまいます。 和真に自分がやっていることを自覚させる必要があると思う文ですが…。 そして、和真の方には浮気相手?からメッセージが届き、それを同僚の高梨に見られてしまいます。 第13話あらすじネタバレ 和真に届いたメッセージを見て、和真の様子を伺う高梨。 文は妊活を休むことにしたことを和真に伝え、旅行に行きたいと言うと、日曜はお店の調査があるからと旅行の時以外は家にいないことを遠回しに伝えます。 物的証拠が泣ければと思った文は、立川さとみのSNSからチョコを見つけた。 チョコを探してて仕事に遅れそうになった文が職場に行くと、マネージャーのシフトミスで希望者は帰っていいと言う事になり、半ば強引に樋口にスイーツを奢る事になりました。 第14話あらすじネタバレ 仕事を途中で切り上げた文は樋口に無理やり誘われスイーツを食べに。 そこで、どうやったら和真に自分のしてることが最低であることを自覚させればいいかと相談をしていたら、「俺と浮気してみます?」と言ってきた樋口。 文は当然それを断り、なんやかんやと話していると和真がそこに!! リサーチのために来ていた和真と立川さとみらしき女性を見て慌てる文。 そして、和真と樋口も険悪ムードな状態で話が進んで行きます。 第15話あらすじネタバレ 和真がお店についての質問をすると、樋口が「女性を口説くにはいい感じですね」と答えてくるので、一触即発ムードな二人に戸惑う文。 結局、和真が自分の席に戻ったので何事も起こりませんでしたが、かなり不機嫌な様子だったので、樋口も威圧感がハンパなかったといい、旦那の愛情を確認できたでしょと気楽な感じ。 文が自宅で立川さとみのSNSを確認すると、あのときいたのはやっぱり彼女だった。 もし、あのとき席に確かめに行っていたらどうなっていただろうと考えていると和真が帰ってきて、文のことを抱きしめて、そのまま久しぶりに体を重ねることに…。 ただ、「やっぱり文ちゃんが一番だな」と誰かと比べるような発言をしたことで、一気に落ち込んでしまった文のもとに多恵から電話がかかってきた。 電話の内容は、優香から『死にたい』とメッセージが来てから連絡がとれないというもの。 第16話あらすじネタバレ 優香の自宅に行くと、リビングには割れた皿が散らばっていた。 そして、部屋の隅で震えていた優香を見つけ、途中からやってきた菜摘と何があったのか話を聞くと、「妊娠は病気じゃない」「このでき損ないのグズが」などの罵声を浴びせられていたらしい。 それを聞いて怒った菜摘が、佳樹に勝とうと言いだした。 佳樹はプライドの高い子供だから、見捨てられるのが一番怖いのだと説明し、佳樹のことを困らせて謝ってくるまで家に来るように優香に行った。 優香は、佳樹に怒られると拒否したが、勝つためには自分の不安や弱さと戦う必要があると菜摘に言われ、置き手紙を残して家から出ていく。 第17話あらすじネタバレ 優香を菜摘の家へと送り届け、家に帰る気分じゃない二人はドライブすることに。 車の中で、優香の旦那・佳樹は追い込んでいる自覚がないのかもしれないという話から始まり、嫁が急にいなくなるのはキツいという話に。 そして、文は自分がいきなりいなくなったらと話し始めた。 和真は急にそんな話になったことに焦り、文と一生一緒にいたいこと、そんな簡単にいらなくなるような存在じゃないという事を伝えます。 じゃあ、立川さとみはどんな存在なのかと思う文。 第18話あらすじネタバレ 浮気の証拠を探すために行動する文。 しかし、浮気の証拠が見つからないので、週末に調査のために食べ歩きに行くと言っていた和真の後をつけようかと考えていると友人のさやかから電話がくる。 さやかとの話の中で、優香は佳樹が謝ってきて、誓約書を書いたことと、菜摘が脅しをかけたことで一応なんとか大丈夫そうらしい。 話は変わり、和真の浮気の話に。 さやかは潔癖症の文が、浮気している和真としているという話を聞き、高校生の時に彼氏が王様ゲームで他の女とキスをしただけで別れたときの話をしだす。 しばらく話をしたあと、疲れた文がベッドに横になると、本の中に何かが挟まっていることに気付いた。 そして、中を開いてみるとマカがあったのだ。 これを使って誰としているのかと怒る文は証拠写真を撮っておく。 信頼できない和真とどうして結婚してしまったのかと崩れ落ちる文。 第19話あらすじネタバレ 文に話しかけてきた男性は和真の同僚・高梨だった。 高梨は和真と立川さとみはできていると文に告げると、若い男と楽しんでいるなら俺とも遊ぼうと文に迫ってきますが、そこに樋口が登場。 樋口は文の事を助け出し、カフェで話を聞くことに。 文に「泣きたいなら泣いてください」と伝え、文は胸の内を明かしながら泣き続ける。 そして、文の気持ちが落ち着いてきた頃に、樋口は浮気調査を手伝うと言い出し、文は遠慮していたけど最終的に樋口に協力をお願いし、徹底的に調べることになった。 第20話あらすじネタバレ 高梨に和真と立川さとみが出来ていると言われた文は、母親の暮らすアパートに行った。 文の母親も父親の浮気が原因で離婚したらしく、当時は何年も前にした浮気のことで離婚した母親を怒鳴っていた文だったけど、今は母親の気持ちも分かると思っていた。 そんな中、樋口から『不倫の証拠つかめそうです』と連絡が入る。 立川さとみと男性がホテルへと入っていったのを樋口の友達が見つけたらしく、文は急いで樋口と一緒にそのホテルの前で張り込むことに。 そして、出てきた女性は確かに立川さとみだった。 その後、ホテルから男性も出てきて(読者には顔が分からない)、文はその場で倒れそうになり、「真実がわかる時ってあっけないものなんだな」という言葉を残した。 第21話あらすじネタバレ 5年前、さやか主催の合コンで知り合った文と和真。 それから二人は時間を重ねて付き合うことになり、和真からの告白をOKしたとき、とても喜んでいた和真を見て、「この人となら幸せになれる」と思い、付き合って2年後に結婚。 しかし、今はこんな未来が待ってるとは思わなかった状況に。 母親のアパートに長くいることが難しいと思った文は10日ぶりに自宅へ戻る。 和真の翌日の予定を聞かれ、いつものメンバーで飲み会をすることを伝えると、その具合が悪そうだから飲み会に行くのをやめたらと和真に言われ、つい和真のせいだと言いそうになる。 第22話あらすじネタバレ いつものメンバーで飲み会をしていた文。 その飲み会で酔っ払ってしまった文は、さやかに送り届けられて自宅へと入っていくと、さやかの姿を見て驚く和真。 何やら親しい間柄のような怪しい会話をしていた二人…。 その二人の会話を文は録音レコーダーで録音していた。 第23話あらすじネタバレ 和真の浮気相手は、友達のさやかだったのだ。 立川さとみのあとをつけた日、立川さとみと一緒にいたのは和真ではなく、同僚の高梨。 樋口が高梨のことを脅して出てきた言葉が、「さやか」という名前だった。 さやかは和真と不倫してて、高梨に文を誘惑するようにと言っていたらしい。 それを聞き、昔、さやかが元彼とキスをしたことを思い出した文。 裏切った和真とさやかを許せない文は、夫婦としてもうやっていけないと思ってしまう。 第24話あらすじネタバレ 飲み過ぎたと文のことを気遣う和真。 文にしじみの味噌汁を準備して仕事のリサーチのために外へ出て行くと、文は和真が準備した味噌汁をシンク台へと捨ててしまう。 そして、文は樋口との待ち合わせ場所へと向かう。 これからどうするかという話になり、文は和真と別れるという言葉を口にすると、樋口は「だったら、今すぐ旦那さんに電話しましょうか」と言ってくるのだった。 簡単登録無料• 別途料金は発生しません• 最新話直前まで更新 リンク先: 初回登録で半額クーポン! また、『にぶんのいち夫婦』以外の単行本を無料で読みたい場合は、こういった動画配信サービスでもらえるポイントを利用するのもおすすめです。 サービス一覧 U-NEXT FOD music. にぶんのいち夫婦の最終回結末はどうなる? 『にぶんのいち夫婦』は連載中で、まだまだ最終回までは長そうです! ただ、第1話の冒頭で半年後の文が、かなり病んでいる状態になっているのに浮気している和真の様子を見ると、バッドエンドになってしまうのかな?とも思います。 そうなると文がものすごくかわいそうなので、どうにかして欲しいですよね。 これかの展開に期待してネタバレし続けたいと思います。 以上、『にぶんのいち夫婦! 』のネタバレまとめでした。

次の

にぶんのいち夫婦の口コミまとめ!感想は面白いorつまらない?

に ぶん の いち の 夫婦

にぶんのいち夫婦|第29話|ネタバレあらすじ 文「やっぱり全部嘘なんだね…」 文が笑いながらそう話すと、むきになるさやか! さやか「何を根拠に言ってんのよ!!」 文「週数が違うのよ。 私も妊活して初めて知ったんだけど、着床した日から数えるんじゃなくて最終月経を初日と考えて週数を数えるのよ。 11月5日飲みに行ったよね?その時さやかは生理が終わりかけだと話した。 つまりその数日前が0週。 11月17日はすでに2週目なの。 バレンタインの時は4か月だよ!!!」 驚いた顔を浮かべるも、さやかはふっとまた笑い 「数え間違っただけでしょ、バカバカし」というのです! しかしまた文の反撃が! 文「火葬のことは?12週過ぎたら火葬と死産届が必要なのに、どうして知らないの?中絶の同意書には妊娠週数も書いてあるはずだよ。 間違えるわけがない。 本当は子供もできてないし中絶もしてない。 そうでしょう?」 するとそこへなつみが乗り込んできます!! 菜摘「さやか!高校時言ったよね!?2回目はないって!友達裏切って傷つけるようなやつは仲間じゃない!絶対に許さない!」 菜摘はさやかに殴りかかります! 香住「遅くなってごめんね…早く入りなさい!」 香住もやってきて、元カレをつれてきたのです!! 健の顔は菜摘に殴られたあとでぼこぼこでした…。 健「僕はさやかさんに頼まれて、睡眠薬を飲ませた中山さんをホテルまで運びました!中山さんの服を脱がせて写真を撮る手伝いをしました!あなたが起きそうになったからあわててクローゼットに隠れてて…だから、 あなたがさやかさんに何もしてないのは僕が保証します!」 健は土下座をしながら、その日あったことを説明します。 和真「なんでそんなこと」 健「 お金が欲しくて…」 文「お金?」 香住「 女に貢ぐかねよ。 浮気してた若い女に」 全てが明らかになり、樋口は訴えるかと和真に尋ねます。 和真「最初は混乱したけど、途中から騙されてると思ってた。 でもさやかが文ちゃんに執着してるって知ってたから。 彼女が俺にちょっかいをだすのは、文ちゃんを傷つけたいからだ。 だから俺が要求を突っぱねたら矛先が文に向かうんじゃないかって…」 そう話しだす和真。 和真「今思うとそれも建前だ…。 結局俺は怖かったんだ。 文ちゃんに信じてもらえずに嫌われることが…。 嘘をごまかすために嘘を重ね、文ちゃんが不安になってるのに見て見ないふりをしてきた。 全部俺の事なかれ主義が招いた結果だ。 彼らは許せないけど、自分のことも許せない。 俺には彼らを裁く権利なんてないんだよ」 ….. 樋口「演説は終わりました?吐き気がするほど激アマっすね!」 樋口は和真をにらみつけ・・・!?.

次の