ドロテア 育成。 【FE風花雪月】ドロテアの兵種と5年後

【ファイアーエムブレム風花雪月】ドロテアのおすすめ兵種と5年後プロフィール【FE風花雪月】

ドロテア 育成

得意:剣術・理学• 苦手:信仰・馬術・飛行• 才能開花:信仰• スカウト条件:魅力・指揮 ・ドロテア 魔道士向きユニット。 リシテア等と比べ攻撃性能で劣り、白魔法もリブローくらいしか覚えない。 攻撃面での活躍は半ば諦め、踊り専任にするのがベストかも。 メティオは遠隔攻撃として便利なだけでなく、装備させておくことで連携参加しやすいというメリットがあります。 なので、敢えて発動しないのもアリ。 力よりも魔力のほうがグングン伸びるドロテアにとって、剣での主な攻撃手段は魔刃とサンダーソード。 もちろん第二部でも重宝します。 また、「魅力の応援」をこれまた早い段階で習得(確か指揮D)し、味方の計略サポートに役立つ。 高難度であるほど魅力の応援の必要性はデカいです。 ドロテアは紋章無しなので、遺産を持たせると副作用(戦闘後にダメージ)が発生します。 ・・辺りには魔力値や習得魔法・個人スキルの点で完敗。 黒鷲以外のルートで、敢えてドロテアを採用するメリットは薄いです。 そして悲しいことに、黒鷲ルートですらリシテアやコンスタンツェを持ってきた方が戦力は厚くなる…。 力もあまり伸びないため、高ダメージを求めるならサンダーソードを使うことに。 サンダーソード修理には魔法水晶が必要ですが、これをまとまった個数入手できるのは終盤になってからです。 そして「魔刃」について弱点あり。 射程1でしか攻撃できないので、敵を倒しきれない場合の反撃が怖い。 とはいえ……苦手技能であったとしても、頑張って合格させる価値はあります。 ドロテア育成 以上を踏まえ、ドロテアの育成について。 メイン武器 速さや耐久面を考えると、前衛でガンガン交戦するのには向いていません。 「安全地帯にいながら倒せる敵」を黒魔法or剣戦技で処理していく、が基本となります。 剣オンリーだとさすがに厳しいので、魔道士兵種にすることは必須。 理学オンリーでもそこそこ戦えますが、「魔刃」の破壊力は頼りになるので剣術も育成しましょう。 信仰はリブロー習得さえすればOK。 グレモリィに合格したいならもう少しだけ上げる。 踊ってるだけでLvも上がりますしね。 修道士の「引き寄せ」・メイジの「魔神の一撃」はとっておきましょう。 最上級職は順当にいくとグレモリィ。 (…ただ、魔法メインなら正直ウォーロックのほうが強い) 騎士団 <鍛えたい能力>• 耐魔 攻撃手段が魔力依存になるので、魔攻をしっかり上げておく。 これは自分の場合ですが、ドロテアは魅力が高めなので敢えて「一斉射撃 射程2-3 」騎士団を配備させたりもしてます。 一斉射撃は遠くの敵を動揺できる点で使い勝手が良い。 前者2人はテュルソスの杖も扱いやすい。 ただし銀雪ルナはドロテアがいないとEP13追討戦が苦しくなるので、育成するしかない。 外伝(王国貴族結婚余聞)はがいれば出現するので、ドロテアを加入させておく必要もない。 (ガラテア天馬隊も、イングリットが自学級にいればOK) 育成例 不遇要素が多くて少しかわいそうなユニットではありますが、踊り子にすることで一定の活躍を見込めます。

次の

ドロテア=アールノルトとは (ドロテアアールノルトとは) [単語記事]

ドロテア 育成

最終クラスは ウォーマスター一択にはなるが必要技能は斧術と格闘だけなので、道中はある程度育成の幅がある。 ブリガンドで鬼神の一撃を習得した後はウォーリアーで力、グラップラーで技・速さを補強して行くと最強の前衛になれる。 ただし、守備面はかなり脆いため敵陣に1人ポンと放り込んで無双してくれるようなキャラではないことには注意。 指揮が苦手なのは痛いが、斧術と格闘以外特に上げるものもないので個人指導でさっさとD程度まで上げておくと便利。 最終的にはコツコツとBくらいを目指そう。 序盤は初期能力値がかなり低く、追撃を受けることも多いが後半になるにつれて強力になって行く大器晩成型のキャラ。 技、速さは優れているが他のステータスの成長率成長率が壊滅的。 守備は弓キャラなのでともかく力がマジで伸びない。 のだが、 ステータス以外のところが異常なくらい強力。 まず、紋章の効果で 攻撃時に確率で追加攻撃が発生する。 これをあてにして戦闘はできないが、シンプルに強力。 個人スキルはHPさえ減っていれば問答無用で実質ダメージ+5なので、力の低さを補える。 守備は低いのであまり前に出したくはないがショートボウなどを使ってわざと反撃を受けるか、溶岩などのダメージ床やレベルアップなども利用してHPが減った状態をキープするように心がけたい。 戦技も非常に強力で、射程5の「 狙撃」を習得するので、ボウナイトの移動力8に加えクラススキルの弓射程+2と合わせると 15マス先の敵に攻撃が届くというとんでもない範囲を誇る。 もう一つの戦技「 囲いの矢」も強力で、命中した敵の移動力を0にする。 倒しきれない敵を足止めしたりするなど、戦力の幅が広くなる。 何気にこの戦技を覚えるのがベルナデッタの他は級長のクロードのみ。 こちらも上記のベルナデッタと同じくステータス以外の面、ドロテアは習得魔法が強力。 遠距離回復の リブロー、射程3の トロン、高命中の アロー、遠距離魔法 メティオ、最強黒魔法の アグネアの矢とどれも強力。 理学Cでトロンを覚えるため、序盤から射程3の魔法アタッカーとして活躍できる。 射程10を誇る メティオは戦力の幅が段違いに広がり、敵将を1ターンで撃破できたりする。 他にもハンネマンがメティオを使えるが、男性のためグレモリィになれないという最大の欠点がある。 同じ遠距離魔法に サンダーストームがあるが、覚えられるのが物理ステータスを持つヒルダと理学が苦手なのにAまで上げないといけないマヌエラのみ。 また、魔力こそハンネマンとマヌエラの方が伸びるがこの2人はリブローを覚えないので汎用性には欠ける。 最終クラスは女性魔法キャラの例に漏れず グレモリィだが、魔法が使えて剣術得意であり、元歌姫のイメージ的に 踊り子も選択肢に入る。 エピタフにするのもありだが、力、守備ともに伸びないため実用性は薄い。 過去作の剣士のような成長率で、イメージ的には最終クラスは アサシンになるのだがオススメは ドラゴンマスター。 速さは勝手にどんどん伸びていき、力の成長率も悪くはない上にブリガンドで補正をかけつつ鬼神の一撃を習得できれば攻撃面は超火力で2回攻撃と問題なし。 防御面は不安が残るが本人の速さと飛行技能で習得できるスキル「警戒姿勢」で高い回避率を誇り、さらに地形無視で移動力も高いと 単騎で無双できるキャラの一人。 もちろん弓には注意したいが、射程3だと結構避けてくれる。 飛行特攻無効の装備もあるのでできれば装備しておきたい。 アサシンにすると得意な技、速さがさらに伸びるので回避盾の役割を持てるが、それでもドラゴンマスターの方が強い。 そもそも今作はドラゴンマスターが強い上に、過去作でも速さが高いドラゴンナイト系統キャラは最強格扱いだったので当然の強さとは言える。 ベルナデッタやドロテアと違い、 個人スキルや紋章に頼らず身体的な強さで圧倒して行くキャラと言える。

次の

【FE風花雪月】ドロテアの育成論とお茶会・贈り物の好み|ファイアーエムブレム風花雪月

ドロテア 育成

最終クラスは ウォーマスター一択にはなるが必要技能は斧術と格闘だけなので、道中はある程度育成の幅がある。 ブリガンドで鬼神の一撃を習得した後はウォーリアーで力、グラップラーで技・速さを補強して行くと最強の前衛になれる。 ただし、守備面はかなり脆いため敵陣に1人ポンと放り込んで無双してくれるようなキャラではないことには注意。 指揮が苦手なのは痛いが、斧術と格闘以外特に上げるものもないので個人指導でさっさとD程度まで上げておくと便利。 最終的にはコツコツとBくらいを目指そう。 序盤は初期能力値がかなり低く、追撃を受けることも多いが後半になるにつれて強力になって行く大器晩成型のキャラ。 技、速さは優れているが他のステータスの成長率成長率が壊滅的。 守備は弓キャラなのでともかく力がマジで伸びない。 のだが、 ステータス以外のところが異常なくらい強力。 まず、紋章の効果で 攻撃時に確率で追加攻撃が発生する。 これをあてにして戦闘はできないが、シンプルに強力。 個人スキルはHPさえ減っていれば問答無用で実質ダメージ+5なので、力の低さを補える。 守備は低いのであまり前に出したくはないがショートボウなどを使ってわざと反撃を受けるか、溶岩などのダメージ床やレベルアップなども利用してHPが減った状態をキープするように心がけたい。 戦技も非常に強力で、射程5の「 狙撃」を習得するので、ボウナイトの移動力8に加えクラススキルの弓射程+2と合わせると 15マス先の敵に攻撃が届くというとんでもない範囲を誇る。 もう一つの戦技「 囲いの矢」も強力で、命中した敵の移動力を0にする。 倒しきれない敵を足止めしたりするなど、戦力の幅が広くなる。 何気にこの戦技を覚えるのがベルナデッタの他は級長のクロードのみ。 こちらも上記のベルナデッタと同じくステータス以外の面、ドロテアは習得魔法が強力。 遠距離回復の リブロー、射程3の トロン、高命中の アロー、遠距離魔法 メティオ、最強黒魔法の アグネアの矢とどれも強力。 理学Cでトロンを覚えるため、序盤から射程3の魔法アタッカーとして活躍できる。 射程10を誇る メティオは戦力の幅が段違いに広がり、敵将を1ターンで撃破できたりする。 他にもハンネマンがメティオを使えるが、男性のためグレモリィになれないという最大の欠点がある。 同じ遠距離魔法に サンダーストームがあるが、覚えられるのが物理ステータスを持つヒルダと理学が苦手なのにAまで上げないといけないマヌエラのみ。 また、魔力こそハンネマンとマヌエラの方が伸びるがこの2人はリブローを覚えないので汎用性には欠ける。 最終クラスは女性魔法キャラの例に漏れず グレモリィだが、魔法が使えて剣術得意であり、元歌姫のイメージ的に 踊り子も選択肢に入る。 エピタフにするのもありだが、力、守備ともに伸びないため実用性は薄い。 過去作の剣士のような成長率で、イメージ的には最終クラスは アサシンになるのだがオススメは ドラゴンマスター。 速さは勝手にどんどん伸びていき、力の成長率も悪くはない上にブリガンドで補正をかけつつ鬼神の一撃を習得できれば攻撃面は超火力で2回攻撃と問題なし。 防御面は不安が残るが本人の速さと飛行技能で習得できるスキル「警戒姿勢」で高い回避率を誇り、さらに地形無視で移動力も高いと 単騎で無双できるキャラの一人。 もちろん弓には注意したいが、射程3だと結構避けてくれる。 飛行特攻無効の装備もあるのでできれば装備しておきたい。 アサシンにすると得意な技、速さがさらに伸びるので回避盾の役割を持てるが、それでもドラゴンマスターの方が強い。 そもそも今作はドラゴンマスターが強い上に、過去作でも速さが高いドラゴンナイト系統キャラは最強格扱いだったので当然の強さとは言える。 ベルナデッタやドロテアと違い、 個人スキルや紋章に頼らず身体的な強さで圧倒して行くキャラと言える。

次の