けんしん が くえん。 広島県広島市の社会福祉法人順源会

【画像】このJS小学生の胸オッパイwww

けんしん が くえん

広島県社会福祉施設でクラスター発生か? 広島市は14日昼、市内で新たに22人の新型コロナウイルス感染者を確認したと発表した。 全員が市内の社会福祉施設の職員や入所者で、市はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。 感染者以外の施設職員や入所者あわせて90人についても、PCR検査を実施して結果を待っているという。 引用元:• 広島県広島市の社会福祉施設「見真学園(順源会)」で感染確認• 入所者17人と職員5人の、あわせて22人が感染• 20代の介護職の女性は、3月29日に既に感染が確認された広島市立大学の男子学生らと会食• 28日夜から翌29日にかけて、既に感染が確認された男性らを含め17人で会食• 5日以降は症状がおさまる• 感染した入所者17人のうち、6人は20代から40代の男性• 6人は今月12日に発熱や嘔吐、下痢、咳などの症状• 施設の入所者は70人、職員は30人• 濃厚接触の疑いがある人について90件以上のPCR検査を予定(広島ニュースTSSより)• 頭痛、倦怠感、呼吸困難感出現。 Bパン屋で勤務(16~22時)• A医療機関を受診し、医師が新型コロナウイルス感染症を疑い保健センターへ連絡。 保健センターが帰国者・接触者外来へ誘導し受診の上、検体採取。 PCR検査の結果、陽性と判明• 若さゆえの行動なのか意識が低いですよね。 会食について初めは3人でと話しておりましたが、17人であったと分かり虚偽の報告をしていたようです。 この人数の多さは「ダメ」だということが分かっていたということです。 でなければ正しい人数を報告していたはず。 「SNSにアップするのは禁止というルール作っていました」(男子学生関係者)慶応病院の研修医が打ち上げを行っていた時も「SNSへのアップはしない」とLINEを送っておりましたが、SNSにあげなければバレないとでも思っているのでしょう。 それだけ隠そうとしていたのだから、今、参加者たちは一生懸命自分が特定されないようにTwitterやInstagram、FacebookなどのSNSの個人情報を必死で消しているに違いない。 今後いっそうの波紋が広がることは間違いない。 追記していきます(続く…).

次の

広島県広島市の社会福祉法人順源会

けんしん が くえん

新型コロナウイルスのクラスターが発生した見真学園の管理棟(広島市佐伯区) 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、広島市初のクラスター(感染者集団)が発生した障害者入所施設「見真学園」(佐伯区)。 「普段にも増して細心の注意を払ってきたのに…。 小さい針の穴からウイルスの侵入を許してしまった」。 取材に応じた職員の一人は悔しさをにじませた。 施設を運営する区内の社会福祉法人「順源会」は同日、公式ホームページにおわび文を載せた。 法人の山崎喜久雄理事長は、中国新聞の取材に「感染防止に万全を期してきたが、大変申し訳ない。 今は職員が一丸となって、これ以上感染を広げないよう努力する」とコメントした。 施設によると、入所者の感染が相次ぎ確認されたのは、知的障害がある20〜40代の男女60人が暮らす「成人棟」。 同じ敷地には知的障害児が入所する「児童棟」(定員20人)もある。 14日までに両棟の全ての入所者と職員が、市の検体採取を受けたという。 この職員は「普段から検温、手洗い、消毒などの感染症対策に万全を期してきただけに『まさか』と思った」と明かす。 「さらに広げるわけにはいかない」。 感染が明らかになった後は約30人の全職員が施設内に泊まり込み、健康観察を続けているという。 衝撃は関係団体に広がった。 「人ごとではない」とは、知的障害者の親たちでつくる広島県手をつなぐ育成会(西区)の金子麻由美会長(63)。 「施設には重症化のリスクがある人も多く暮らす。 出入りする人は『3密』を避けるなど、行動を自粛してほしい。 入所者が外部からの訪問者と接触しないでいい動線を確保するなどの仕組みづくりも必要だ」と求める。 事業者も気を引き締める。 知的障害者の入所施設などを運営する社会福祉法人ひとは福祉会(安芸高田市)の寺尾文尚理事長(74)は「利用者を守るため職員のプレッシャーは大きい。 ただ予防にかこつけて利用者を閉じ込めるなど、人権を無視した行為が広がらないよう注意が必要だ」と話した。 (田中美千子、山成耕太).

次の

広島県広島市の社会福祉法人順源会

けんしん が くえん

新型コロナウイルスのクラスターが発生した見真学園の管理棟(広島市佐伯区) 新型コロナウイルスが猛威を振るう中、広島市初のクラスター(感染者集団)が発生した障害者入所施設「見真学園」(佐伯区)。 「普段にも増して細心の注意を払ってきたのに…。 小さい針の穴からウイルスの侵入を許してしまった」。 取材に応じた職員の一人は悔しさをにじませた。 施設を運営する区内の社会福祉法人「順源会」は同日、公式ホームページにおわび文を載せた。 法人の山崎喜久雄理事長は、中国新聞の取材に「感染防止に万全を期してきたが、大変申し訳ない。 今は職員が一丸となって、これ以上感染を広げないよう努力する」とコメントした。 施設によると、入所者の感染が相次ぎ確認されたのは、知的障害がある20〜40代の男女60人が暮らす「成人棟」。 同じ敷地には知的障害児が入所する「児童棟」(定員20人)もある。 14日までに両棟の全ての入所者と職員が、市の検体採取を受けたという。 この職員は「普段から検温、手洗い、消毒などの感染症対策に万全を期してきただけに『まさか』と思った」と明かす。 「さらに広げるわけにはいかない」。 感染が明らかになった後は約30人の全職員が施設内に泊まり込み、健康観察を続けているという。 衝撃は関係団体に広がった。 「人ごとではない」とは、知的障害者の親たちでつくる広島県手をつなぐ育成会(西区)の金子麻由美会長(63)。 「施設には重症化のリスクがある人も多く暮らす。 出入りする人は『3密』を避けるなど、行動を自粛してほしい。 入所者が外部からの訪問者と接触しないでいい動線を確保するなどの仕組みづくりも必要だ」と求める。 事業者も気を引き締める。 知的障害者の入所施設などを運営する社会福祉法人ひとは福祉会(安芸高田市)の寺尾文尚理事長(74)は「利用者を守るため職員のプレッシャーは大きい。 ただ予防にかこつけて利用者を閉じ込めるなど、人権を無視した行為が広がらないよう注意が必要だ」と話した。 (田中美千子、山成耕太).

次の