誰 に も 知ら れず お金 を 借りる。 会社(勤務先)でお金を借りる【前借り・社内貸付制度】

家族にバレずにお金を借りる方法【徹底解説】

誰 に も 知ら れず お金 を 借りる

カードローンの契約書やローンカードは郵送で送られてくるのが一般的ですが、「プロミス」や「アコム」などの大手消費者金融は、全国に自動契約機を設置していて、そこで契約書を交わしたりローンカードを受け取ったりすることが出来るので、自宅への郵送物を無くすことが出来ます。 自動契約機を利用すればローンカードが郵送されずに済むことは大きなメリットです。 家族がいないときにローンカードを受け取ることができれば問題はありませんが、家族がいるときに受け取ってしまうと何が届いたのか聞かれることもあります。 言い訳を考えていないと変に慌ててしまい、何か隠し事があるのかと怪しまれてしまう事もあるので、自動契約機でカードを受け取れるのは安心感があります。 カードローン会社 金無人契約機での契約とカード受取 プロミス 無人契約機 アコム 無人契約機 SMBCモビット ローン申込機 アイフル 無人契約機 新生銀行カードローン「レイク」 無人契約機 三菱UFJ銀行カードローン 「バンクイック」 テレビ窓口 三井住友銀行カードローン ローン契約機 無人契約機を設置しているところは、すべてでカードの受け取りや契約が可能です。 カードレスでキャッシング 「プロミス」の場合は、三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関に口座を作っておく必要がありますが、会員ページの「瞬フリ」を利用すれば24時間いつでもお金を振り込んでもらえます。 「アコム」も同じようなサービスが可能で、楽天銀行に口座があれば24時間いつでも振り込みをしてもらえるので、カードを持ち歩く必要がありません。 スマホがあればカードレスでキャッシングが可能 キャッシングの利用は、カードを使って提携ATMからお金を借りたり返済したりするのが一般的でしたが、最近では スマホだけあればカードが不要でキャッシングが出来るようになっています。 プロミスのアプリローン 「プロミス」のアプリローンは、申し込みから借り入れ、返済までのすべてがアプリだけで完結できる新しいサービスです。 これまで公式ホームページから行っていた手続きが、 すべてスマホで利用できるので、契約書類の郵送やローンカードの発行はありません。 「SMBCモビット」は会社への電話連絡なしで審査顔通るという「WEB完結申込」で名前がよく知られた消費者金融です。 SMBCモビットの特徴は、審査で会社への聯絡がない事や、カードレスでの利用が可能なことで人気のあるカードローンですが、振込融資をして貰うには平日14時までの申し込まなければならないという事がデメリットになっていましたが、今回SMBCモビットは、セブン銀行と提携した「スマホATM取引」を開始する事になり、このデメリットが解消されました。 SMBCモビットの「スマホATM取引」は、SMBCモビットのアプリを利用すれば、セブン銀行から24時間365日カード不要でお金を引き出す事が可能になりました。 スマホのみで借入をすることが可能となったので、これまでの振込融資と比べて、さらに利便性が向上しています。 「スマホATM取引」が可能になったことで、SMBCモビットはさらに便利に、さらにシンプルに利用できる、カードローンになったと言えます。 このように、スマホを利用すれば、カードローンが不要でお金を借りたり返済をしたりすることが出来るようになりました。 この方法なら契約書が送られてくる事も、カードが送られてくる事もないので、ローンカードの申し込みをしても家族にばれるという心配はありません。 まとめ キャッシングはあらゆる方法で人にばれたり、家族に知られたりしないように配慮されていますが、どうしてもばれてしまう事があります。 それは、お金を借りて 返済が遅れた時です、 キャッシング会社の方も1度や2度の返済遅れがあるという事は想定していますが、それが何度も重なると、自宅の方へ電話がかかってきたり、督促状が送られてきたりするようになり、家族にばれるという事もなります。 ですから、借りたお金の返済を遅れることなく返済を続ける事が、家族ばれを防ぐ唯一の方法になります。

次の

お金を借りたい!でも誰にもばれたくない!

誰 に も 知ら れず お金 を 借りる

銀行がテレビCMでカードローンを宣伝する今日ではカードローンのイメージも随分変わってきたと感じておられる方も少なくないのではないでしょうか。 現在の多くのカードローンでは銀行やコンビニATMなどで気軽に借入れ・返済ができ、以前のサラ金や消費者金融のリスクの高い金融商品のイメージは少しずつ薄らいでいるかもしれませんね。 そして、そうした世間の認識を背景にカードローンなどで お金を借りることに躊躇したり、その利用が他者に知られることを嫌がったりする人も少なくないかもしれません。 そこでカードローンなどからお金を借りることを誰にも知られたくない方にその具体的な方法やローン業者を紹介します。 どのようなケースなら他者に知られやすいのか、どうような業者を利用すればよいのかを説明していきましょう。 4つのばれないための方法• 申込時点でのばれないための方法(人目につかない、つきにくい対応)• 電話でばれないようにする方法(本人確認、在籍確認での対応)• 書類でばれないようにする方法(郵送物での対応)• ばれないための注意点(パソコンの利用、業者からの電話) 申込時点でのばれないための方法 カードローンの利用が他者に知られやいケースとして 申込手続が一つ挙げられます。 消費者金融に自分が入るところを知人にみられたり、申し込みの電話をしているのを家族に聞かれたりすると一発でばれてしまいますよね。 そのためカードローンを利用するための最初のコンタクトとなる申込時点での行動を注意する必要があるわけです。 申込方法としては、 店舗窓口、ローン契約機、電話、インターネット経由や郵送がありますが、その 申込方法によって他者に知られるというリスクに違いがあります。 ここではどのような申込手続をとれば誰にも知られず申し込めるのか、どのよう方法を取ればよいのか、どのような業者がその方法を実施しているかといった点を紹介していきましょう。 そのため誰にも見られず聞かれず申し込むことが重要となりますが、その方法としては郵送とインターネット経由で申し込むのが最適です。 郵送で申し込むためには、まずローン業者に電話をかけて申込書を取り寄せなければなりません。 そして、その到着後必要事項を記入し、必要書類とともにローン業者へ返送すれば他者に気づかれずに手続きを完了させることができるでしょう。 注意点としては申込書を自宅に郵送してもらう際に 封書にローン業者の社名やロゴが記載されていないかを確認しておくことです。 郵送物にローン業者であることがわかる社名が記されていれば一発でばれてしまいます。 そのため、ローン業者にはその存在が他者にわからないための配慮が求められます。 例えば、 アコムの場合は「ACサービスセンター」という名称で郵送しているので、家族にその封書をみられてもばれる恐れはほとんどないでしょう。 電話で申込書を依頼するとこにはこのような配慮があるかどうかを必ず確認しておきたいですね。 申込者は24時間いつでも好きな時好きな場所でローンに申し込めるので、大変便利な上に誰にも知られずに申し込める有効な方法といえるでしょう。 自宅のパソコン、外出中の携帯電話やスマフォからローン業者のホームページにアクセスして申込手続ができるので人目を避けられるはずです。 また、仮審査も同時に行われることが多く審査結果を短時間で得られるケースも少なくありません。 例えば、三井住友銀行、アコムやアイフルなどでは審査時間が最短30分で終了することもあるのです。 インターネット経由の申し込みで注意したい点は、 使用した機器の送信履歴やアクセス履歴を家族に見られないことです。 パソコンを家族で共有している場合は特にアクセス履歴を削除しておかないとばれてしまう可能性が高いでしょう。 また、 Eメールをそのパソコンへ送信されないようにしておくことも忘れてはいけませんね。 アコムなどでは携帯電話からの申し込みにも対応しているので、自宅以外の場所で手続きを行いやすいでしょう。 FAXの場合は、利用できる場所が限られてくるので人目を避けることが重要となりますが、送信後の送信履歴が残る場合は避けたほうがよいかもしれませんね。 人目につきにくい方法とは その他の申込方法としては、カードローン業者の 店舗窓口とローン契約機での申し込みがあります。 この場合、 消費者金融などの貸金業者の店舗施設に入るところを知人や家族に見られれば一発でばれてしまうので、リスクが高い方法といえるでしょう。 銀行や信用金庫の店舗施設の場合では、他者に入るところをみられてもカードローンに申し込むために入店したとはわからないでしょう。 しかし、店舗窓口でカードローンの申込受付をやっているところはかなり少ないため、自分の生活圏で探すのは難しいかもしれません。 他方、 ローン契約機やATMで申込手続ができる金融機関は三菱東京UFJ銀行などの都市銀行にもあるので、比較的利用しやすいといえるでしょう。 ただし、ローン契約機の場所に入るところを知人に見られればばれてしまうので、知人が行内にいないことを確かめてから入るように注意しておく必要がありますね。 電話でばれないようにする方法 次にカードローンの利用がばれやすいケースとして ローン業者からの自宅や会社への電話連絡が挙げられます。 ローン業者から自宅などに電話連絡されることは多いとはいえませんが、本人確認や業務上どうしても必要な場合に行われます。 しかし、最近の業界では 利用者のプライバシーを守るために電話連絡に対する配慮が行われており、利用者はあまり心配する必要がなくなってきています。 ここではそうした電話連絡でばれないための方法やサービスを紹介していきましょう。 本人確認でばれないためには ローン業者に申し込むとまず 本人確認として、ローン業者は申込者の自宅、携帯電話や勤務先へ電話をかけます。 最近では携帯電話への連絡も可能としている業者もあるので、他者をあまり気にせず電話を受けることもできます。 例えば、 アイフルでは連絡先を携帯電話だけで登録しておけば自宅への電話連絡を回避できるようになっています。 また、多くのローン業者は申込者の自宅に電話する際には 社名を名乗らず個人名でかけるという配慮を行っています。 もちろん、不在の場合にはローンの内容や用件などを家族に伝言するようなことはないのでローンの存在を気づかれる可能性は低いといえるでしょう。 ただし、どのような用件で電話するかを決めておかないと家族に不審に思われるので、申込者は事前にローン業者と打ち合わせをして決めておくと安心ですね。 在籍確認でばれないためには カードローン業者は消費者から申し込みを受けると本人確認の一環として勤め先へ電話をかけ確認を行うことがあります。 例えば、 アコムやプロミスなどの大手消費者金融だけでなく中小業者でも通常電話による在籍確認が行われると思っていてよいでしょう。 ただし、先の本人確認の電話と同様に実施される場合は 個人名でかけられ、具体的な契約の説明などはなく短時間で終わるのが一般的です。 そのため職場の人にはローン業者から電話がかかっているとは思われないでしょう。 また、申込者が不在の場合でも本人の在籍が確認できれば(本人の席に電話が繋がれば)それで確認は終了してしまいます。 銀行などの金融機関の場合でも在籍確認が行われることもありますが、消費者金融と同様に個人名でかけてくることが多いといわれています。 例えば、 楽天銀行なども個人名で申込者の勤め先へ在籍確認しているようです。 もちろん銀行なので社名を名乗られても周りから不審に思われることはほとんどないのではないでしょうか。 注意したい点は どのように電話をかけてくるかを事前に確認しておくことです。 自分が納得できない電話のかけ方もないとはいえないので、予めどのような方法でかけてくるのかを確かめておくべきです。 本当に個人名でかけてくるのか、いつかけてくるのか、どんな内容を話すのか、といったことを確認しておけば安心して電話を受けられるのではないでしょうか。 電話連絡のない会社を選ぶ 以上のようにローン業者では電話連絡に対するプライバシーの保護を重視していますが、それでも抵抗を感じる方は 電話連絡を原則的に実施しないローン業者を選択するしかないでしょう。 大手消費者金融ではモビットだけが電話連絡なしの対応を実施しています。 モビットは申込者の勤め先に電話連絡する代わりに、申込者に給与明細書と健康保険証を提出させて在籍確認を行っているのです。 この方法により申込者は誰にも知られることなくモビットとのローン契約をWEB上で完結することができるのです。 セブン銀行でも原則として電話連絡だけでなく本人確認書類や収入証明書などの書類の提出も不要にしています。 誰かに知られるという心配もなく、また手続き上の負担も軽減されるので利用者にとっては有難い配慮といえるでしょうね。 以上のようなに電話連絡を原則的にしないというローン事業者は少ないですが、相談した結果電話連絡以外の方法で在籍確認をしてもらったという口コミ情報が時折みられます。 ローン業者のホームページに「電話連絡する」というようになっていても念のために一度は相談してみてはどうでしょうか。 注意したい点としては、利用できるローン業者が少ないため探す手間が予想以上にかかるもしれません。 また、探し出せた場合でも自分が希望する借入条件と合致しない可能性もあるでしょう。 いくら 他者にばれにくいといっても自分が利用できないほど融資限度額が小さく、金利が高いというような条件であれば利用するべきではないかもしれませんね。 書類でばれないようにする方法 次にばれやすいのが郵送物です。 申込書の入手の際に少し説明しましたが、ローン業者から送付される社名やロゴの入った封書や書類を他者にみられるとローンの利用が知られてしまうでしょう。 そのため 郵送物の取り扱いには細心の注意が必要でありその適切な方法が求められます。 ここでは郵送物をどのようにして送ってもらうべきか、郵送物をなくす方法はないのか、郵送物にも配慮してくれる業者がどこなのかといった点を確認していきましょう。 郵送物でばれないようにするには 郵送物からローンの利用が知られないようにするにはできるだけ郵送物を送らない方法を選ぶことが重要でしょう。 申込書などの契約書類はWEBサイトから ダウンロードしローンカードを契約機で受け取るようにすれば契約手続に関しての郵送物を受け取る必要がなくなります。 また、 申し込みをローン契約機で行えば、契約書類やカードもその場で受け取ることができ郵送されることもなくなります。 こうした方法は大手消費者金融だけでなく三菱東京UFJ銀行などの大手都市銀行でも対応しているところがあります。 郵送してもらう場合でもモビットは必要書類を「MCセンター」という名称を使って送付しているので、開封されなければモビットの利用を知られることはないでしょう。 また、アコムなど他のローン業者でも同様の契約手続きをとっているので検討している業者に確認してみてはどうでしょうか。 それらは郵送されることが前提になっていますが、業者によってはWEBサイトから明細書などをダウンロードできたり管理できたりするのでそうしたサービスを選べば利用上の書類の郵送をなくすことも可能です。 例えば、 新生銀行レイクでは電話で依頼すれば毎月の請求書や利用明細書の郵送をストップさせることができます。 レイクのWEBサイトではWEB明細書をダウンロードできるようになっているので、明細書を送付させることなくローンの利用管理の向上を図ることもできるわけです。 どうしても郵送される場合 以上のように契約書や利用明細書を郵送させない方法を取ることができるのですが、 例外のケースがあるので注意が必要です。 つまり、どうしてもローン業者が利用者に郵送しなければならい書類や時が存在するわけです。 その代表例は 利用者が返済を遅らせた時の通知といえるでしょう。 カードローンの支払いが遅れるとその 業者や保証会社から返済遅延の通知や督促のはがきなどが送られることになります。 こうした場合にはその事業者の名前で郵送されることもあるので、ローンの利用が家族などにばれる可能性が高まります。 契約の際はこうした返済遅延が起こった場合の郵送の仕方がどうなるのかもしっかり確認しておくべきでしょう。 また、利用に際しては返済遅延を起こさない適切な返済管理をしていきたいものですね。 ばれないためのその他注意点 ここでは利用者の 注意が及びにくい想定外のリスクを取り上げます。 少し気を付けておけば家族や職場の人にローンの利用を知られることを防ぐことができるので頭の中に入れておいてほしいですね。 利用しているカードローン業者のサイトへアクセスした履歴を削除することも重要ですが、会員ページでのIDやパスワードを保存しないでおくことも非常に重要なのです。 もしIDとパスワードを保存していた場合に家族の者がローンサイトの会員ページまでたどりついたなら、簡単に会員ページにログインされ利用していることが完全にばれてしまうでしょう。 そうなればもはや言い訳が一切できなくなるので 利用した痕跡を残さないことと、ログイン情報を保存しないように徹底管理することが求められますね。 また、契約関係書類やWEB明細書をパソコンで保存している場合その管理も重要なります。 そうした書類を 保存しているフォルダーは家族でも開けないようにしておかねばなりません。 また、フォルダー名も「会社の資料」などとしてローン関係の書類であることを想像できないような名前を付けるのがよいですね。 そして、共有しているパソコンへのEメールをローン側から絶対に送信させないようにしておかねばなりません。 そのためにはEメールの登録は自分の携帯電話やスマフォへ送ってもらうようにしておくべきでしょう。 例えば、 アイフルではパソコンと携帯電話のどちらかを登録すればよいことになっています。 業者からの電話連絡に注意 ローン業者と契約を結べば返済遅延を除き業者から電話連絡を受けるような用事はほとんどないのですが、注意しておきたいのが融資限度額の増額のお誘いです。 利用者が優良なお客であるほど勧誘を受ける確率は高くなり、 熱心な業者は携帯へのEメールだけでなく携帯電話への電話連絡も頻繁に行う傾向が見られます。 携帯電話への連絡でもあっても自宅や職場にいるときに電話をかけられると対応に困ることもあるでしょう。 その場合は遠慮しないで電話を控えるように要求しなければなりません。 曖昧な対応を取っていると増額申請するまで電話をかけられることになりかねないので申請の意志と、電話をかけないようすることをしっかり伝えなければなりません。 そのため、返済用の銀行口座を開設しておく必要がありますが、開設後もその口座を家族に知られないように通帳やカードをしっかり保管しなければなりません。 その 通帳や金融機関からの利用明細書は家族の眼の届くところには保管できないので、他者では思いもつかないところへ隠しておきたいものですね。

次の

誰にもバレずにお金を借りる事は可能なのか

誰 に も 知ら れず お金 を 借りる

カテゴリ: ローン用のカードを1枚持っていると、めちゃくちゃ便利で役に立ちますよね。 僕もこれまで急な出費でお金が無くなった時に助けられてきましたし、これからも頼りにしています。 ただ、別に悪いことをしているワケじゃないんですが、できれば(いや絶対に?)誰にも知られることなく内緒で利用したいですよね。 家族には内緒にしないほうが良いのかも知れませんけど、もっと給料の良い仕事に就けないのかと思われるのが嫌です。 職場の同僚ならまだいいかなとは思いますが、上司にはなんかバカにされそうで絶対に内緒にしておきたいです。 でも幸いなことにカードローンは 誰にも知られずに契約して、内緒でお金を借りることができるので安心ですよ。 ネット申込み 今の時代、何でもパソコンやスマホを使ってネットから申し込みできるのが便利ですよね。 カードローンも当然のことながら、PC、スマホ、ケータイからインターネットを使って内緒で申込むことが可能です。 しかもネット申込は24時間365日受け付けていますので、都合のいいときにいつでも申込できます。 そのほかにも電話、窓口、無人契約機などでの申込も可能ですが、窓口や無人契約機は人目が気になって僕には入れません。。 知っている人に見られるかも知れませんからね。 遠く離れた街なら大丈夫かも知れませんが、そこまでしなくてもネットがありますから。 電話は誰もいないときに掛ければ内緒で申し込むことはできますが、電話で契約はできないので結局、書類の郵送、窓口、無人契約機での契約になるのでダメです。 マイカーローンや住宅ローンはネットで申込はできても契約は絶対にネットでできませんが、カードローンは契約までネットでできるのがいいです。 使い道が自由で、目的ローンやフリーローンのように使い道を証明する必要もないので、そのままネットで契約可能なんですよね。 ただし、 ネットで申し込んだ場合のみネットでの契約が可能となっています。 ネット契約 パソコンやスマホなどを使ってネットから申込んで審査に通れば、そのままネットで内緒の契約が可能となります。 ただ、審査の過程で職場への在籍確認電話があります。 カードローンの審査においては在籍確認電話が原則必要となります。 一部、モビットのWEB完結申込だと電話連絡はありません。 あとはプロミスが在籍確認の方法を相談できるくらいで、アコムやアイフルは電話で在籍確認が行われます。 在籍確認は職場に電話を掛けて、本人がそこで勤務しているか確認するだけですので、個人名で掛けてくれます。 そのとき別に本人が電話に出る必要はありませんので、外出先のスマホや自宅のパソコンから申込めばOKです。 でも、職場に電話を掛けられるのはバレてしまう可能性がどうしてもありますよね。 私用電話がNGな会社なら、個人名で掛かってきても、どういう人間から掛かってきたのか問われる可能性もあります。 電話なしにしたいなら 職場への電話もやめてほしいなら、 モビットのWEB完結申込か、プロミスの申込み後に在籍確認方法を相談するしかないです。 ただし、モビットのWEB完結申込は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っていて、かつ社会保険証か組合保険証を持っていることが条件です。 おそらくプロミスも同様な条件でないと電話での在籍確認になると思いますが、頼んでみる価値はあると思います。 カードレス カードローンといえば、ローン用のIDカードを発行して、そのカードを使ってATMでキャッシングするのが一般的ですよね。 でもカードを受け取らないといけないので、そのときに誰かにバレる可能性がありますよね。 カードの受取方法としては、郵送か無人契約機となります。 郵送だと家族に内緒で受け取れないかも知れませんし、無人契約機は入りづらいですし誰かに見られる可能性もあります。 アイフルではネットで契約すれば、カードは郵送での受取りになりますが、日時指定が可能で本人限定受け取りなので、家族に内緒にできるかも知れません。 でも、できるなら郵送物は無くしたいですよね。 それに財布の中にローン用のカードを持っているところを見られる可能性もあります。 そんな悩みを解決してくれるのが、カードレスです。 カードローンなのにカードなしにできるんです。 カードレスならカードローン会員であることを内緒にできます。 モビットのWEB完結申込なら自動的にカードレスになりますし、プロミスも契約時に「カードなし」を選択することが可能となっています。 ただし、カードレスにした場合は返済方法が口座振替のみとなり、さらにモビットの場合は引落口座を三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座にしないといけません。 プロミスの場合は多くの金融機関の口座を引落口座として利用できるので便利です。 カードレスにすればATMでカードを使ってキャッシングすることができないので、借入は振込キャッシングでの利用となります。 アコムとアイフルはカードレスにすることはできませんのでカードの受取が必要ですが、カードを使わずに振込キャッシングも可能です。 さらに金融会社指定の銀行口座を振込先登録しておけば24時間振込キャッシングが可能なサービスもあります。 プロミスなら三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座で、アコムなら楽天銀行の口座を登録すれば24時間振込サービスを受けられます。 モビットとアイフルは通常の振込での借入のみとなっています。 お金もキャッシュカードで引き出せばいいので、お金を借りていることは内緒にできますよね。

次の