キュベレイ hg。 HGUC 1/144 キュベレイをプロからアマまで言いたい放題! 【プラスチックキット クロスレビュー】(第3回)

HGUCキュベレイ素組みレビュー【機動戦士Zガンダム】

キュベレイ hg

付属品はランスビット、サーベル2本、持ち手2種、スタンドが付属。 付属するホイルシール。 装甲の赤模様は全てシールなので結構な量があります。 キュベレイをベースにした機体キュベレイパピヨン。 キットの方もHGUCキュベレイがベースになっていますがだいぶデザインが変わっているので半数以上のランナーが新規設計です。 色は白から青緑っぽい色になりバインダーの形がかなり変更されていますね。 前側はキュベレイ同様に横に伸びていますが後ろ側のバインダーは縦に伸びています。 HGなのでさすがに厳しかったのか装甲の赤いラインは全て再現されておらずシールか塗装で補う必要があります。 バストアップ。 胸部はキュベレイと共通で関節の作りもそのまま流用されています。 頭部アップ。 キュベレイにセンサー等を追加したような形です。 ここもやはり赤が足りませんがパーツ自体は別パーツ化されています。 胴体は共通なのでコクピット部分の装甲が可動。 両サイドのベルト状のパーツはちょっとバリが出ている感じでした。 波打つような形に変更されたバインダー。 模様は一応モールドされているので塗る場合もガイドに出来ます。 腕はややスマートになりました。 キュベレイは初期のHGUCなので肘関節のポリキャップがむき出しです。 ココはカバーを作って欲しかったですね。 腰まわりは新規設計。 サイドアーマーは可動します。 ファンネルコンテナのファンネルは別パーツですが銃口のモールドはありません。 脚部も形状が変更されカカトがヒールタイプになっています。 小さいですがつま先やヒール部分に肉抜きあり。 可動範囲など。 上半身はキュベレイ譲りの首スイングがありなかなか良く動きます。 肘は90度ほどですが首と腰は大きくスイング可能。 ただし頭部を左右に振る事はほとんどできません。 下半身も膝が90度弱ぐらいしか曲がらない事を除けば十分な可動範囲がありました。 新規設計された股間パーツにはスタンド穴があるので3mm軸のあるスタンドが使えるようになっています。 スタンドも付属するので浮遊状態で飾れるのが良いですね。 付属武器のランスビット 持ち手も新規で付属します。 バインダーの前後の形が違うので動かすと色々な表情が付けられてなかなか面白いです。 ランスビットは名前通りビットとして運用できるそうです。 ビルドストライクと並べて。 横幅はもちろんですが高さも結構ありビルドストライクより一回り以上大きく感じます。 持ち方を変えればライフルモードに。 サーベルはクリアパーツですが一体型なのでグリップを塗ってやる必要があります。 収納時のパーツも砲口が開口されていないのでこの辺も軽く開口してやるとカッコ良くなると思います。 バインダーの形状変更のおかげか名前通り蝶っぽさが増している感じですね。 バインダーを跳ね上げたりするとシルエットが変わって面白いんですけど基部のポリキャップの保持力が足りなかったりします。 特に後ろ側は垂れ下がるので瞬着などで軸穴を狭く調整したほうが良さそうでした。 以上HGBF キュベレイパピヨン レビューでした。 元となったキュベレイとはだいぶ姿が違い、細かく手が入った機体なんですが新規ランナーを大量に投入して特徴的な姿を再現しています。 特に大きく形が変わったバインダーは動かしてみると面白い部分でした。 ただやはり元キットが古いので一部のディテールが最新キットと比べるとイマイチな部分はあります。 それと装甲の赤模様は全てシールで補うか塗装の必要があるので部分塗装で仕上げたい人なんかはちょっと面倒なキットですね。

次の

【ガンプラ】HGBF キュベレイパピヨン レビュー

キュベレイ hg

HGUC 「キュベレイ」 レビュー HGUCから「キュベレイ」のレビューです。 『機動戦士ガンダムZ』『機動戦士ガンダムZZ』に登場するモビルスーツ。 ハマーン・カーンの搭乗機。 アクシズが開発したニュータイプ専用試作MS。 旧ジオン公国軍の開発したエルメスの小型化をコンセプトとしており、MSに搭載可能なサイズまでダウンサイジングされたサイコミュ・システムを搭載している。 同時に遠隔攻撃端末もエネルギーCAPの搭載により、エルメスのビットを小型化したファンネルを実用化した。 外観の特徴である両肩の4基のバインダーは、主推進器であると同時にAMBAC肢、シールドとしての機能を併せ持つ。 腕部とは別に可動し、全身に12基備える姿勢制御バーニアとの併用で高い機動性・運動性を発揮する。 また、上半身と下半身で異なる構造とエネルギー系統を有し、下半身を失った状態でも活動が可能。 本機の性能を発揮するには高度なニュータイプ能力を持つパイロットを必要としため、ハマーンの専用機として運用され、 アクシズのフラッグシップ機として多大な戦果を挙げることになる。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 上腕のメリハリが凄い。 REVIVEらしく頭は小さめですが、女性的なイメージのある機体ですし、このぐらいの方が似合ってて個人的には好きです。 各所アップ。 今までのREVIVEの目はクリアーパーツでしたが、今回はさすがにシール再現。 シールの種類は基本のピンクと、たまに見かけるグリーンの2種類。 全身のピンクのスリットはパーツ割り再現で、肩の小さい三角の部分のみシール再現。 背中左側には「LMES2」の刻印済み。 素組みで再現されていないのはバインダー内のピンクぐらいで、素組みでも十分過ぎる仕上がりです。 Mk-IIと。 とにかくデカイ。 設定的には明らかに大きいですけど、キュベレイのイメージって大体このぐらいですね。 パピヨンと。 旧キットを持っていないのでパピヨンで代用。 ただパピヨンは色々とデザインが変わっているので違いが分かり難いですね(苦笑 以下、可動範囲の紹介。 首の可動。 根元が後方スイング、頭部がボールジョイント接続。 飛行ポーズの再現の為、後への可動域がかなり広いです。 横はやはり思いっきり制限を受けるのですが、根元の可動を最大限に活用すると、なんと顎を襟に乗せるぐらいに動かせます。 胴の可動。 胸部と腰部の2箇所ボールジョイント接続。 従来のREVIVEとは違い、胸部のジョイントは後方に接続されており、ここも飛行ポーズの可動が優先されています。 その為、反らせるのはかなり得意ですが、前方へは腰部ジョイントを使うしかありません。 回転は制限なし。 肩・腕の可動。 肩は根元が上方スイング+ボールジョイント接続、上腕が上下スイング+軸回転。 ここはREVIVE式で、上への可動がやり易くなっています。 肘が2重スイング+前腕が軸接続。 前腕は引き出せるような構造になっており、腕を回した状態でもある程度は肘を曲げられるようになっています。 手首がボールジョイント接続+スイング。 親指がボールジョイント接続、人差し指〜小指がまとまってスイング。 人差し指〜小指は上手いこと切り離せば独立可動もできそうですね。 腰部アーマーの可動。 フロントが上下スイング。 サイドが軸接続+上下スイング。 下半身の可動。 股関節が軸接続+上下スイング、腿が軸回転。 開脚は問題ありませんが、腿上げはサイドアーマーに干渉するので少し厳しい。 膝が2重スイング、膝アーマーがスイング。 構造的に制限はされますが、90度以上は曲げられます。 足首が前後スイング+ボールジョイント接続、つま先がスイング。 後へは動きますが、前や横はあまり動きません。 デザインがデザインなので、さすがに今までのシンプルな人型タイプのREVIVEとは違う部分もありますが、 変わらず共通しているのは、旧キットよりも遥かに良く動くということですね。 首が強引とはいえ横に振れるようになったのは大きいです。 膝が出っ張っているので立て膝は見た目が微妙ですね。 以下、ギミックや付属品の紹介。 コクピットハッチが開閉。 旧キット同様さすがに中のハッチは開きませんが。 肩のバインダーは前後それぞれ4軸可動。 かなり自由度は高いです。 腰部ファンネルコンテナが上下スイング。 旧キット同様、ファンネルは10基全て着脱可能。 ビーム・サーベル。 袖のグリップを持たせます。 キュベレイだとさすがに小さく見えますね。 以下、適当にポージング。 パピヨンの時も思いましたが、キュベレイのポージングってやっぱり難しい。 ただ首の可動域が広がったのが大きいですね。 最終決戦。 以上、HGUCのキュベレイのレビューでした。 REVIVEシリーズでリニューアルされたキュベレイ。 旧キットでは再現されていなかったピンクのスリットもパーツ割りになってますし、キット自体のクオリティが上がってますね。 可動面も他のREVIVE同様に大幅に進化。 付属品は武装が多い機体ではないのでこれでも十分。 旧キットがHGUC最初期で色々と古かっただけに、こうしてリニューアルされたのは嬉しかったです。

次の

HGUC キュベレイ レビュー

キュベレイ hg

HGBF 「キュベレイパピヨン」 レビュー HGBFから「キュベレイパピヨン」のレビューです。 『ガンダムビルドファイターズ』に登場するモビルスーツ(ガンプラ)。 アイラ・ユルキアイネンの機体。 プレイベートガンプラチーム「ネメシス」が、世界大会用に開発したガンプラ。 チームは、フィンランドに拠点を置く。 このガンプラは、専用ファイターであるアイラが操縦することを前提に作られている。 そのため他のファイターが操縦しても、充分な能力を発揮することは出来ない。 最大の特徴は無線コントロール式兵器であるファンネルビットを運用できることにある。 他にも同様の兵器を使えるガンプラは存在するが、アイラの卓越した操縦技術により、別次元の強さを見せる。 特に一体で多数の敵を相手にした時に、その強さが際立つ。 ではレビューは下からどうぞ。 パケ横。 付属品一覧。 なんとなく毒々しさも感じるようなカラーリングのキュベレイですね。 各所アップ。 キットはHGUCのキュベレイをベースとしていますが、大部分を占める水色の部分は新規造形。 ただ赤い部分は全てシールによる再現となっています。 ベースなったキュベレイがかなり古いキットなので、肘関節が丸々ポリキャップだったりと最近では見られないような部分も。 スタービルドストライクと。 横幅が2倍ありますね。 以下、可動範囲の紹介。 首の可動。 根元が後方スイング、頭部接続がボールジョイント。 上(後方)へは物凄く動くのですが、それ以外の可動域は皆無に等しいです。 胴の可動。 胸部が軸接続+前後スイング、腰部が軸接続。 軸接続なので横に倒すことは出来ませんが、前後と回転は全く問題ありません。 肩・腕の可動。 肩は根元が前後スイング+軸接続、上腕が上下スイング。 腕は前上に90度まで上がります。 肘はスイング+軸接続+スイング。 上腕に回転軸が存在しないので、肘から回すことになります。 その為、可動方向が必ずしも同軸ではないので、肘の曲り幅は角度によって変わります。 手首はボールジョイント接続。 下半身の可動。 股関節はボールジョイント接続、腿が軸接続。 ボールジョイント部分の可動域が狭いので、開脚はほとんど出来ません。 ただベースのキュベレイには無かった腿の回転が増設されたので、脚の表情付けはかなりやり易くなっています。 フロントアーマーが無いので、腿上げは楽。 膝は単純スイング。 90度も曲がりません。 足首はボールジョイント接続、つま先がスイング。 股関節の可動域がさほど広くないので、足首の可動域は十分足りてます。 ベースとなったキュベレイのキットがHGUC最初期という物凄く古いことに加え、 キュベレイ自体のデザインの問題もあり、可動範囲は非常に厳しいですね。 ちなみにこの脚部デザインでは立て膝は困難。 以下、仕様や武装の紹介。 このタイプの簡易スタンドが付属。 胸部ハッチカバーが開閉。 ショルダーバインダーは、前後それぞれ4軸可動。 ただ思ったほど自由は動いてくれず、劇中のように前のバインダーを下に下げることは出来ません。 ファンネルコンテナは上下スイング。 ファンネルは10基全て着脱可能ですが、飛ばせるようなスタンドも無いのでどうしようもないです。 ランスビット。 本体同様、先端の赤い部分はシール再現。 グリップはランス用、ライフル用それぞれ存在してます。 これを持たせるために、穴の大きい持ち手が新規で付属。 ビームサーベル。 グリップまで一体成型の物が2本付属。 前腕のグリップは着脱可能。 以下、適当にポージング。 キュベレイって物凄くポージングが難しい。 痴話喧嘩、決着。 以上、HGBFのキュベレイパピヨンのレビューでした。 ヒロインの1人である、アイラの機体キュベレイパピヨン。 ベースとなったキュベレイが古いということもあるのですが、新規造形も赤い部分が完全にシール頼りと、かなりザックリしたキットでしたね。 可動範囲もお世辞にも広いとは言えないですし。 武装数も少ない機体なので、ガシガシと動かすよりも適当に飾っておくのが吉といった感じのキットでした。

次の