韓国 アイドル コロナ。 読めばわかる|韓国・梨泰院クラブでコロナ再発?アイドルの騒動まで徹底解説

韓国のゲイクラブで新型コロナ集団感染! 出入りしていたK

韓国 アイドル コロナ

ユナク 韓国の5人組アイドルグループ「SUPERNOVA」のリーダー、ユナク(37)が韓国芸能人で初の新型コロナウイルス感染者となった。 所属事務所の発表によると、ユナクは3月30日に体調不良を訴え、翌31日に韓国内の医療機関でウイルス検査を行い、4月1日にコロナ感染が確認されたという。 1日にソウル市内の病院に入院し、治療を受けているが、軽症だという。 事務所は「現在治療に専念し1日も早い回復に努めております。 ファンの皆様、関係者の皆様にはご心配、ご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません」とした。 22日には同グループの候補生とともに、TOKYO MXの情報バラエティー番組「日曜はカラフル!!!」に生出演していた。 同局はユナクの感染を受け、出演者やスタッフの体調の経過確認を始めた。 「日本で感染したのか、帰国後に感染したのか感染経路は不明。 日本滞在はユナク1人での活動だったので、韓国にいた他のメンバーとは、帰国後も接触していないと事務所は説明している」(韓国メディア関係者) グループの前身「超新星」としてデビューする前、ユナクは国費留学生として日本の愛知大学に留学、卒業しており、日本語が堪能。 歌手活動のほかに、2017年にはBSスカパー!のドラマ「バウンサー」に主演し、俳優としても日韓両国で人気を誇る。 韓国の芸能人ではK-POPグループ「JYJ」のジェジュン(34)が1日、自身のSNSに「新型コロナウイルスに感染し、入院した」などとエープリルフールの投稿をして騒動になったばかりだった。

次の

米紙「日本と韓国、コロナ対策でアメリカはどちらを見習うべきか」

韓国 アイドル コロナ

なぜならば、コロナのクラスターが発生した梨泰院のクラブは、同性愛者たちが多く訪れることで有名なクラブであったためです。 検査を受けることで「自分が同性愛者ということがバレてしまうかもしれない…」 と思った接触者たちはPCR検査を受けに行くことを避けてしまいました。 この事態を重く見た機関は、5月11日より匿名制のコロナ検査を導入。 最初はソウルと一部の地方でのみ行われていましたが、翌12日には韓国全域で導入されることとなりました。 ここから対象者の検査スピードがアップ。 約90人がコロナに感染していることが明らかになりました。 その後男性Aが訪れていた梨泰院のクラブで90人を超える感染、つまりは2次感染が起きました。 中でも大きな話題となったのは仁川(インチョン)でのクラスター発生です。 5月9日、塾講師を務める男性Bがコロナに感染したことが判明。 実はこの男性Bは、5月2~3日に例の梨泰院のクラブに訪れていました。 コロナのような症状があったものの、男性Bはその後も塾での授業を通常通り行っていました。 その後5月9日なって、男性Bはようやくコロナの検査を受け、陽性結果を受けました。 はじめはコロナ検査の際に「クラブには行っていない、無職だ」と嘘をついていたものの、結局はそれもバレることに。 男性Bが3日~9日まで塾で授業を行っていたため、その授業に参加していた高校生が感染(3次感染)、さらにはその家族まで感染(4次感染)を招いてしまいました。 5月8日にコロナの判定を受けた5人は、一緒に弘大エリアの居酒屋やカラオケを訪問していたと明らかになり、 当初は「弘大でもついに新たなクラスター発生か?」と噂されていました。 しかしよくよく調べてみると5人がカラオケボックスを訪れたのと同じ時間帯に 梨泰院のクラブを訪問していた人もそのカラオケボックスに出入りしていたことがわかりました。 ここから弘大でのこの感染も梨泰院のクラブから続く3次感染であることが明らかとなりました。 後程ご紹介しますが、これによりソウルではカラオケ店やクラブが営業停止命令を受けることに。 しかし昼間の弘大などは変わらず人が多いようです。 (2020年5月27日現在) 6次感染の経路は以下の通りです。 梨泰院でのコロナ感染を発端に、これからもどこまで続いていくのかは予想できません。 ジョングクら、人気アイドルの梨泰院騒動 梨泰院のクラブでのコロナ感染拡大が懸念される中、韓国メディア「ディスパッチ」があるスクープを出しました。 それはBTSジョングク、ASTROチャウヌ、NCTジェヒョン、SEVENTEENミンギュの4人が梨泰院を訪れていたというもの。 報道の当時は「全員があの梨泰院のクラブに行った!」 というような間違った情報も流れていましたが、4人が梨泰院を訪れたのは4月25日~26日にかけてのこと。 またコロナのクラスターが発生したクラブにも行っていないとのちに明らかとなりました。 しかし問題となったのは時期とその後のメンバーたちの行動。 例の梨泰院クラブでのコロナが発生後、韓国ではコロナの対策本部が 「4月24日~5月6日まで梨泰院のクラブや飲食店に行った人は、外出を避けること。 また自発的に検査を受けてほしい(該当するクラブに行った人は必須)」 と話していました。 つまりアイドル4人達は、外出自粛の対象だったわけです。 しかし一部のメンバーは梨泰院を訪れた後も、音楽番組などの収録に参加していました。 これにより「感染防止を呼び掛ける立場にあるのに…」という世論が強まり、4人ともが批判を受け、さらにそれぞれの所属事務所が謝罪文を出す結果となりました。 ジョングク、チャウヌ、ジェヒョン、ミンギュのいずれもコロナ検査を受けており、5月18日の時点で全員が陰性であったことが分かっています。

次の

韓国アイドル、「コロナに感染した」と嘘投稿し日本での出演番組キャンセル 中国人「バカな行為にバカな言い訳をする真正のバカ」「私の9年間を返せ」 » じゃぽにか反応帳

韓国 アイドル コロナ

コロナ検査は以下のような条件に当てはまる場合、受けることができます。 ・中国 香港、マカオを含む を訪問し、14日以内に発熱または呼吸器症状 咳、呼吸困難、のどの痛みなど がみられる ・コロナ感染者と濃厚接触、また14日以内に発熱又は呼吸器症状 咳、呼吸困難、のどの痛みなど がみられる ・コロナウイルスが流行している国、地域を訪問後、14日以内に発熱又は呼吸器症状 咳、呼吸困難、のどの痛みなど がみられる ・ 医師の所見によりコロナウイルス感染症が疑われる これらは5月13日時点での基準となっています。 熱に関しては37. またここに加えて、5月8日より梨泰院のクラブに訪れた人も検査を受けるようにという内容も追加されています。 検査はどうやって受ける? コロナ検査はコロナの検査ができると指定された診療所、また一般医療機関にても可能です。 ちなみにこの指定された診療所は国のホームページなどで随時確認が可能となっています。 また保健所とは別にコロナに関する電話窓口も開設。 「コロナかもしれない…」などコロナに関して不安なことやわからないことは、そこへ尋ねればOKという対策が取られました。 また検査の効率上げるために!と導入されたのが、ドライブスルー検査。 診療所を全国各地に開設し、ドライブスルーでのコロナ検査を実施しました。 宗教団体での大感染により、検査対象となる人が膨大に増えてしまったため 検査希望者を出来るだけ隔離した状態でスムーズに検査を受けられる方法を積極的に行っていました。 検査の費用は? 上の画像をご覧ください。 上部の青線グラフは累計感染者数、赤線グラフは隔離中の感染者。 また下の青棒グラフは新規のコロナ感染者数を表しています。 2月のグラフはありませんが、韓国では2月後半から3月前半にかけてがコロナ感染のピークでした。 感染者がピークであった3月1週目には1日の検査数を平日基準最大約17000名ずつを検査。 2週目には12000名ずつ、3週目には10000名ずつの検査が行われました。 また感染者が訪問した地域、場所を事細かくチェック。 感染者がでた地域に住む住人たちに対しては、スマホに感染者がどこを訪れたかなどの情報を一斉送信。 拡大が広がらないよう、注意を促す取り組みが行われていました。 4月30日・国内感染者がゼロに.

次の