精 剣 伝説 3 攻略 クラスチェンジ。 【聖剣伝説3 リメイク】???の種を効率よく集める方法

聖剣伝説3リメイク攻略wiki

精 剣 伝説 3 攻略 クラスチェンジ

デュランのクラスチェンジ おすすめのクラスルート 回復役も担えるアタッカーにしたい方向け 光 クラス2 クラス3 クラス4 物理攻撃に特化したい方向け 闇 クラス2 クラス3 クラス4 デュランのおすすめのクラスルートが2通りあります。 回復役も担える万能型と 火力に特化したアタッカー型です。 「ソードマスター」を経由しクリティカル特化のスキル構成にすると、本作最強の物理アタッカーになるといっても過言ではないアタッカー性能を発揮できるのでおすすめです。 クラス1 クラス名 特徴 属性 - 専用アビリティ 無し 必殺技 条件 エンディング後 が必要 デュランの育成ポイント 守と精神を中心に育成ポイントを振る 光ルート デュランを防御特化で育成したい場合は、光ルートに進んで 守と精神を中心に育成ポイントを振るのがおすすめです。 HPや防御力を伸ばしつつ、HP回復スキルをより活かせるようにポイントを振ると、耐久力のある回復役として仲間を支援することができます。 強攻撃やタメ攻撃のダメージを増やしつつ、クリティカルによって爆発的な威力を発揮することができます。 傭兵らしい攻防ともに高いステータスを活かして通常の戦闘はもちろん、長期戦を強いられるボス戦など多くの場面でアタッカーとして活躍できます。 攻防ともに高いステータスを持っている反面、回復やデバフなど味方のサポートには不向きなキャラとなっています。 パーティに編成するときは シャルロットのような回復魔法や補助魔法を使えるキャラと一緒に編成するのがおすすめです。 デュランのステータス 力 守 知性 精神 運 B A E D C.

次の

【聖剣伝説3 リメイク】ホークアイのおすすめのクラスとアビリティ

精 剣 伝説 3 攻略 クラスチェンジ

聖剣3:神獣攻略の心構え まずは、神獣戦の法則について学びましょう。 なぜなら、僕がこれから解説する、神獣攻略の順番は、ここで挙げる法則を基にしているからです。 経験者が言うので、間違いありません! 神獣イベントのポイントは以下の5つです。 神獣1体撃破すると、他の神獣のレベルが「2」上がる• 神獣1匹目、神獣4匹目を撃破した際に、新しい武具が販売される• 風の神獣を撃破した際にもらえるお金は、他の神獣の4倍• 各ダンジョンの難易度は大きく異なる• 注意しないといけなのは、神獣のレベルだけでなく、 ダンジョンに潜む雑魚敵のレベルも「2」上がることである。 そして、こちらのレベルは、神獣1体撃破(ダンジョン攻略含む)しても、 レベルは「2」も上がらないことである。 お気づきでしょうか? 神獣攻略を進めていくほど、敵サイドと味方サイドのレベルの差は、広がっていくのである。 そのため、強い雑魚敵が配置されているダンジョンや、長いダンジョンを攻略するタイミングが重要になってくる! なお、敵のレベルが上がることについては、神獣より雑魚敵を警戒した方が良い。 なぜなら、神獣イベントでは、ボス戦に費やす時間より、ボスにたどり着くまでの、雑魚戦に費やす時間の方が圧倒的に多いからである。 そして、神獣4匹撃破すると、販売されている武具が1ランクアップする。 聖剣シリーズにおいては、武器や防具は非常に重要で、装備によって戦闘の難易度もは幅に変わる。 余談だが、初見プレイ時に、味方キャラのうち、2人目と3人目のキャラの装備変更の方法が分からず、シナリオを進めていたのだが、ドワーフのトンネルのボスである ジュエルイーターに、全滅とレベル上げを、何度も繰り返した記憶がある。 しかし、装備変更の方法が分かり、最新の装備を行ったら、雑魚敵に毛が生えた程度の平凡なボスに陥落した。 聖剣3においてレベル上げより、装備補正の方が極めて重要である、良い事例である。 話を本題に戻すと、神獣攻略においても、この定義は極めて有効だ。 結論を言えば、神獣1匹目の攻略より、装備で味方のステータスアップが行える、神獣2匹目の攻略の方が、攻略難易度は下がるのだ。 これは全神獣に言えることだが、レベルが上がると共に、神獣撃破時に獲得できる経験値やお金も増えていく。 風の神獣のもらえるお金は、最初に撃破した場合は22,664ルク、最後に撃破した場合は31,688ルクと覚えておこう。 神獣イベント中は、とにかく金欠に陥るため、風の神獣を撃破するタイミングは重要になってくる。 単純に強い雑魚敵が配置。 一撃必殺技を持つ雑魚敵の有無。 状態異常攻撃を仕掛けてくる雑魚敵の数。 ダンジョンの長さ。 セーブポイントの配置と数。 ダンジョンの分かりやすさ(迷いにくさ) 神獣攻略の手順を考える際には、これらの事も考慮する必要がある。 なぜなら、先ほども述べたよう、 その場しのぎの対策(補助魔法や魔法アイテム)で、どうにでもなるからである! ただ、あえて言うなら、火・水・土・風は戦いやすい。 なぜなら、この4属性の神獣は、セイバー魔法やブラックマーケットで購入可能な爪系道具で、弱点を突けるからである。 しかし、クセのある雑魚敵は、耐久力の高い「ギガクロウラー」ぐらいで、全体的に雑魚敵の難易度は低い。 ボスの弱点はないが、強くもない。 また、成長していないメンバーならば、ここで2レベルぐらい上げることはできる! お金を貯め、メンバーのレベルを上げることにより、神獣イベントの大本命である、月の神獣の準備が整うのだ。 これが、ワンダーの樹海を、最初に選んだ目的である。 神獣攻略2匹目:月の神獣<月読みの塔> 月の神獣は、全神獣の中でも弱点がなく、攻撃力も高いことから、強く感じるだろう。 しかし、神獣の強さより、注視すべきはダンジョンの方である。 間違いなく、作中トップクラスの難易度である! 難易度の要因となるのが、迷いやすいマップと、ダンジョンに巣くう獣人どもである! 聖剣伝説3の雑魚敵の中で、 通常攻撃だけで全滅する可能性が、一番高いのが、この獣人たちによるリンチである。 シルバーウルフは、回復魔法「ヒールライト」の頻度が高く、戦闘も長引きやすい! ブラッディウルフは、シルバーウルフより若干弱いが「朱雀飛天の舞」という全滅必須の技を持っているため、油断は禁物である。 そんなやばいダンジョンだからこそ、しっかりとした対策(準備)が必要となってくる! この一番の対策が、武具を最新状態のものにすることである。 神獣を1体撃破すると、チキチータとジョセフィーヌが現れ、1ランク上の武具を販売してくれる。 この辺りから、金欠との戦いも始まるが、長い長いワンダーの樹海を、攻略しておいたおかげで、お金に若干の余裕はあるはず。 できるだけ、最新の武器(魔導士系の武器は後回し)と、防具(兜とリングは後回し)を揃えて挑もう! 神獣攻略3匹目:土の神獣<宝石の谷ドリアン> 宝石の谷ドリアンは、ワンダーの樹海同様、ボスまで長い長いみちのりである。 ただし、ワンダーの樹海と違い、宝石の谷ドリアンは、雑魚敵が厄介である。 ファーストアタックで「ポイズンバブル」を放つスライムプリンス、強力なブレスを吐くプチドラゴン。 特に出会って早々に使われる「ポイズンバブル」は、威力も高いため厄介である。 ダンジョンが長いため、この2匹の雑魚敵との戦闘回数も多くなる。 したがってダンジョン難易度はかなり高いと言える。 しかし、販売武器が更新されても、普通にプレイしていると、金欠で装備が整わないのが現実である。 そして、今後も、味方と敵のレベルの差は広がっていく一方・・・ ちなみに、神獣攻略3匹目の場合の敵レベルは「32」。 販売武具が更新される時の敵レベルは「36」となる。 神獣攻略4匹目:風の神獣<風の回廊> 風の回廊は、風のマナストーン攻略と、全く同じマップである。 また、敵の種類も一緒であることから、ダンジョン難易度は一番低い。 風の神獣は、強くはないが戦闘は長引きやすい。 なぜなら、HPが高いことに加えて、画面が切り替わるごとに、セイバー系を含む付加魔法の効果が、切れるためである。 風の神獣を4番目にしたのが、得られるお金が、他の神獣の4倍と多く、このタイミングでお金が欲しいからである。 このタイミングで、お金が欲しい理由はただ1つ。 神獣を4体撃破すると、チキチータとジョセフィーヌの武具の品揃えが1ランクアップする。 そのランクアップした武具を、早期に整えるためには、まとまった資金が必要だからだ。 他の神獣の「4倍のお金」が得られる風の神獣を、4番目に撃破しておけば、得たお金は即座に装備品に代わり、今後の雑魚戦の難易度減少にも貢献していくのである。 確かに、神獣7体撃破した後に、行くことができる古の都では、販売品の中では、最高峰のものが揃っています。 当然ながら購入価格も最高峰で、普通にプレイしていたら、間違いなく、お金が足りなくて一部しか買えません。 だからこそ、風の神獣を最後に回し、少しでも金欠を解消させたい気持ちはわかります。 しかし、古に都の次は、ラストダンジョンとなるため、大半のプレイヤーは、その手前のダンジョンでレベルを38まで上げ、クラスチェンジをしてから臨むと思われます。 そのレベル上げの過程で、意外と手に入るのが、最強の武具を生成できる「武器防具の種」です。 「武器防具の種」は、ランダムで、味方キャラの最強の武具を生成する種です。 そのため、古の都で剣を買っても、その後、武器防具の種で、最強剣が生成できれば、古の都で買った剣は、完全にゴミとなります。 お金をムダにしない、やり方としては、• レベルが38になるまで、古の都で買い物はしない。 クラスチェンジが完了したら「武器防具の種」を使用。 「武器防具の種」で生成されなかった武具のみを購入。 38までレベル上げを行っていれば、それなりに、お金は貯まります。 ちなみに、このやり方は、ラストダンジョンに挑む前に、最終クラスチェンジをすることが前提なので、あしからず。 そんなわけで、風の神獣攻略を4番目としました。 神獣を4体撃破したことにより、武具も1ランク上の物が販売されるので、ここで可能な限り、装備を整えておこう! 敵とのレベル差は広がる一方であるが、風の神獣を撃破すれば、主要な武具ぐらいは買えるはず! さて、残す神獣は、水・火・光だが、3つの中で一番厄介なのが「水」である。 なぜなら、氷壁の迷宮の難易度は中級クラスだからである。 中級クラスの要因としては、 名前の如く迷路になっており、初見だと迷い込むことが多い。 ダンジョン内のセーブポイント箇所は少ない クセのある雑魚敵が複数、存在する この3つに該当するからである。 クセのある雑魚敵は、以下の3匹である。 こちらの攻撃力を、大幅に下げる技を使うプチポセイドン。 「雪だるま」の状態異常攻撃を使うフロストドラゴン。 全滅級の威力を持つ必殺技「真空剣」を放つソードマスター。 特に、物理攻撃で敵をねじ伏せるメンバーだと、プチポセイドンやフロストドラゴンに近づいた際に、攻撃力を下げられたり、雪だるまにされたりするので、地味にめんどくさい。 そして、聖剣伝説3全般に言えることだが、全滅級の必殺技を持つ敵と、いつ遭遇してもビビらないように、戦士系キャラ1人でいいので、HPを常に全回復させておくこと。 厄介なのが、氷の裏側にいるときは、こちらの通常攻撃は当てれないため、戦士系メンバーだと長期戦になりやすい。 また、当てれない氷の裏側からも、容赦なく攻撃魔法を使ってくる! この神獣戦で警戒しないといけないのが、神獣が「マインドアップ」で、自身の魔法効果を上げた後に、使用してくる攻撃魔法である。 対策としては、こちらも「マインドアップ」や「サハギンのウロコ」で魔法防御を上げておき、なおかつ、全滅しないように、メンバー1人は、残りHPに余裕を持たせておくことである。 神獣攻略6匹目:火の神獣<火炎の谷> 残す神獣は、火と光ですが、神獣戦だけを考えるならば、セイバー系で弱点が突けない「光」の神獣の方が、間違いなく苦戦する。 一応、光の神獣に対しては「闇」の弱点はあるが、属性付加魔法である「ダークセイバー」は、クラス3にならないと修得できないのだ。 一方、火の神獣は、水が弱点となるため、「アイスセイバー」もしくは「ポセイドンの爪」を使い、ボコボコ殴っていれば短期戦に持ち込める。 したがって、神獣戦だけに着目した場合、光の神獣の方が、攻略難易度は高い。 しかし、ダンジョン難易度においては、雑魚敵、セーブポイントの配置、ダンジョンの長さを考えると、火炎の谷に軍配が上がる。 特に、全回復できるセーブポイントが、序盤にしかないのは、火炎の谷ぐらいである。 ちなみに光の古代遺跡は、ボスの直前に、全回復できるセーブポイントが用意されている。 そんなわけで、神獣イベント6番目は火の神獣となる。 このダンジョンの注意すべき雑魚敵は以下の2匹である。 氷壁の迷宮にも出現するソードマスター。 全体攻撃の忍術を使うニンジャマスター。 特に、忍術はダメージより追加効果の方が厄介であるうえに、ニンジャ系の敵は素早いので、やりづらい雑魚敵である。 また、ダンジョン名を「火炎の谷」と名乗りながら、水を弱点とする雑魚敵が、ファイアドレイクだけである。 したがって、普段の闘いから、属性魔法に頼っているプレイヤーは、意外と苦戦する。 神獣攻略7匹目:光の神獣<光の古代遺跡> ダンジョン攻略が楽なのは、風の回廊と光の古代遺跡である。 風の回廊は、お金の関係で4番目に攻略となるため、光の古代遺跡が、神獣イベントの最後となる。 光の古代遺跡は、ダンジョン内に仕掛けはあるも、全滅の脅威を持つ雑魚敵はいない。 どちらかといえば、トリッキーな雑魚敵が多い。 神獣は弱点を突きにくく、レベルも40と味方メンバーと、レベルの差も大きく広がっているため強く感じるが、その場しのぎの戦法で、ごり押しは可能である。 ちなみに、光の神獣は、全員モーグリ化や、味方キャラに「セイントセイバー」を使ってくるなど、トリッキーな攻撃を仕掛けてくる。 そのため、状態異常を治す「プイプイ草」や、魔法効果を解除する「星くずのハーブ」は必須である。 おわりに 僕の聖剣伝説3のスタイルは、以下の通りである。 遭遇する雑魚敵は全て倒す レベル上げ作業は基本行わない 神獣7体撃破後、ラストダンジョンの手前のダンジョンで、レベル上げと「???の種」「武器防具の種」を必死に収集 そのため、僕とスタイルが違うプレイヤーには、この記事の順番は当てはまらないかもしれません。 聖剣伝説3は、6人の主人公と、計24種類のクラスがあるため、飽きずに何度もやりこむことができますが、 この7体の神獣攻略の順番を、プレイヤーに委ねられていることも、飽きない理由の一つです。 神獣攻略は、聖剣伝説3の要の部分でもあるので、初見はあまり深く考えず、好きにやってみるのも、いいかもしれません。 ロマサガ2のように、順番を間違えたからといって、詰むレベルではないから安心してください。 ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

次の

【聖剣伝説3 リメイク】クラスチェンジの一覧とキャラ別のおすすめクラス

精 剣 伝説 3 攻略 クラスチェンジ

Contents• デュランのおすすめクラスチェンジ ステータス上の攻撃力が一番高いキャラクターで、物理攻撃のエキスパート。 光のクラスに進めば多少の回復魔法を扱える上に盾を装備できるようになり、回避率が大幅に上昇。 闇のクラスに進めば武器に属性を付加できるセイバー系魔法を扱えるようになるのが特徴。 といっても回復が全体になるようなこともなく、他のクラスに比べると若干魅力に欠ける。 個人的にクラスグラフィックの盾がダサい…。 ヒールライトが全体になり、シャルロットがいないパーティでは回復役として活躍できる。 セイバー魔法の全体掛けで、終盤までボスの弱点を突いて戦えるため使いやすい。 ダークセイバーを習得できるがこれは完全についでで、とにかく高い物理火力が特徴。 必殺技の大地噴出剣の火力が全キャラ中最高で、オーラウェイブとの相性が良い。 デュランを使うなら個人的に一番おすすめのクラス。 アンジェラのおすすめクラスチェンジ 物理攻撃力がとにかく低く、この聖剣3では最も不遇とされているキャラクター。 上級者向け。 最終パラメータがアークメイジと雀の涙ほどしか変わらず、実質的な性能がほぼ変わらないため好みで選んでOK。 中級魔法の威力はグランデヴィナのほうが上で、セイントビームの威力で勝る。 最強魔法であるレインボーダストはグランデヴィナのダブルスペルにダメージで劣るが、演出が短く効率では勝るといった感じ。 最高の性能を活かすにはレベル上げも必須だが、普通にスタンウィンド、ストーンクラウドも優秀で使いやすい。 最強威力の全体魔法であるエインシャントを使える。 とにかく長い演出で高コストだが、ギリッギリ火力が足りておらず全体はこれ一つで終わりとはいかないところが悲しみ。 サハギンのウロコやリースによる魔法攻撃力アップさえ使えば無双できるので是非併用したい。 ケヴィンのおすすめクラスチェンジ 通常攻撃が2回攻撃で夜間では獣人化により攻撃力が上昇。 さらに獣人状態で攻撃を受けるとさらに攻撃力が上がってしまう壊れっぷり。 ぶっちゃけ聖剣伝説3の最強キャラなので迷ったら入れてしまえばいい。 デルヴィッシュより少し低い火力を持ちつつ、必殺技ゲージを最大まで溜めるオーラウェイブを習得し、これを高火力の全体必殺技が使えるキャラクターにかけることで雑魚戦は作業できる。 また、単体とはいえヒールライトも使えて隙がない。 個人的にケヴィンで一番好きなクラス。 個人的にこの役割をケヴィンに与えるのは勿体無いのですが、ケヴィン自体の火力が高いためバランスのとれたクラスといった評価。 デスハンドから火力を利便性に回したような性能なのだが、火力はデスハンドより結構落ちてしまいゴッドハンドより少し高い程度だったりします。 火力バカとは口が悪いが、習得するエナジーボールが全くの無意味なスキルなため、単純にレベルを上げて物理で殴るだけ。 w ただしケヴィンの最大の長所である火力を最大限活かせるクラスはこのデスハンドなため、火力役としてケヴィンを採用する場合は一番おすすめのクラスです。 シャルロットのおすすめクラスチェンジ 聖剣3のヒーラー枠。 ポトの油がライバルだが、とにかくパーティの安定感という点では要の存在。 ゲームクリアまでの難易度を下げたい場合は選択必須。 ターンアンデッドによりラストダンジョンがミラージュパレスの場合火力としても有能で言うことなし。 難易度を下げたいなら採用決定。 ビショップとはパーティメンバーとの相性を考えての選択だが、セージは若干ビショップの有能さに押され気味。 火力はないが全体ヒールライトと合わせてサポート力は相当なもの。 ブラックカースはボス戦のみで使う場合、灰の小瓶でも充分なため、ブラックカースを連打したいわけじゃないなという場合はこのイビルシャーマンのほうが器用さは増す。 ホークアイのおすすめクラスチェンジ ケヴィンと同じく二回攻撃を持ち性能以上の火力を誇る。 また、宝箱の解除に優れる。 ケヴィンと比べると火力より起用系。 イケメン。 グレネードボムだけはMP回復の付加効果がついているため使い道があるが、他のトラップ系スキルはとにかく使いづらい。 さらに必殺技も単体と、他のクラスと比べて優位性が見つからないクラス。 術の火力がもう少し高ければ良かったのですが、どちらかというと付与される各種のデバフがメインになっている。 更に必殺技も単体で、雑魚戦もボス戦も中途半端。 最大HP2割ダウンの凶器攻撃や雑魚戦で便利な含み針、格好良くて高火力の全体必殺技分身斬と欲しい所が全て揃っており、ホークアイは正直このクラスが圧倒的。 そしてイラストもカッコイイ。 迷う余地をくれ。 リースのおすすめクラスチェンジ 性能が特化している女キャラクターの中で唯一のバランスタイプ。 バフ、デバフを持ちパーティ全体の戦闘能力を高めるのが得意。 必殺技も全体なのが魅力だが、パーティ火力という点でどうしても優秀なバフデバフを持つスターランサーとフェンリルナイトの壁が高い。 パワーアップ全体化で全員の火力をアップできる。 召喚魔法のマルドゥークは沈黙付与なのでこちらも地味~に使い道あり。 ただしそれ以外がどうしても他クラスに見劣り。 能力アップ系アイテムと違ってデバフアイテムは入手しにくいので、この点ではスターランサーより優秀。 ただしホークアイを闇系のクラスに進めている場合は忍術によるデバフがあり被るので、その点に注意。 聖剣伝説3の最強パーティは? 聖剣伝説3は物理が強いゲームである まず、この聖剣伝説3は物理が強いゲームです。 とにかく魔法はエフェクトによる演出が長すぎる上、Lv2以上の必殺技同様相手のHPに気をつけないと後半の敵は反撃ばかりしてくるからです。 なので、基本的には物理火力をパーティのメインに据えるのがおすすめです。 回復役は必須ではない クリアするために、回復役は必須ではありません。 ポトの油で充分やっていけます。 なので、好みによっては火力だけ追求したパーティを組むのもおすすめです。 この時点で最強パーティはそれぞれのプレイスタイルによる好みによって様々だといえます。 メンバーのクラスの組み合わせを合わせて相乗効果アップ 例えば忍術を全体化できるニンジャマスターと、ダウン系全体化のフェンリルナイトを一緒のパーティにしてしまうと相乗効果は最悪になります。 逆にリースをスターランサーに変えると、デバフもバフも全体化できるようになり、パーティとしては圧倒的にバランスがよくなります。 必殺技ゲージを最大まで溜められる「オーラウェイブ」を覚えるゴッドハンドとワンダラーは、単体の必殺技を持つキャラクターより、全体の必殺技を持つキャラクターと組ませたほうが強くなります。 このように自分が決めたパーティコンセプトに合うように3人を組み合わせるのが理想ですね。 最強パーティは… 一般的にはデュラン 高火力かつ最強の敵であるブラックラビとも戦える 、ケヴィン(火力TOP)、リース(パーティ強化)の3人が安定して最強パーティとなるのではないかなと思います。 ただ聖剣3はどんなパーティでも一応クリアできる難易度なので、最強にこだわらず好みのパーティを見つけるのがおすすめの遊び方のように思っています! 私が好きなパーティは…。 私が聖剣伝説3で一番好きなパーティは、• リース(スターランサー)• ホークアイ(ナイトブレード)• ケヴィン(ゴッドハンド) です。 パーティコンセプトは、私の場合まず全員が見た目の好きなキャラであること。 そして性能面では• バランスの取れたゴッドハンド(かつケヴィンは性能が飛び抜けているので確定)• 火力とデバフを持つナイトブレード• ボス戦はナイトブレードのデバフとスターランサーのバフによるパーティバランスの良さで安定した戦闘をする構成です。 火力だけなら、ホークアイをより火力の高い全体必殺技を持つデュランのデュエリストに変えたほうが上かなと思いますが、ホークアイのほうがデバフ持ちで戦術の幅が広いので好みなんですよね。 最強パーティとして紹介するような構成ではないと思いますが、私にとっては全く文句のない構成です! 聖剣3リメイクの最強パーティについて 聖剣3のリメイク版、プレイしました! 結論から言ってしまうと、このリメイク版に関しては• アンジェラ• ケヴィン この2人がめちゃくちゃ強いです。 このリメイク版はかなりインフレが激しいゲームで、完成してしまうとこの2キャラだけで何も困らなくなります。 アンジェラはメイガスのエインシャントがとんでもない火力で雑魚もボスも瞬殺ですし、 ケヴィンはサボテンソウルとアビリティのペイバックで全体必殺を連発できてしまいます。 困ったらとりあえずこの2キャラ入れてしまえばOKです。 皆様も、自分自身で納得の行く最強パーティを作り上げてみて下さい! 2019-04-30 13:51 カテゴリー• 335•

次の