ポンド 円。 ポンド/円 (GBPJPY)|ボラチェッカー

イギリス ポンド / 日本 円【GBPJPY】:外国為替

ポンド 円

ポンド円為替予想 日別 日 曜日 最低 為替 最高 8月14 金 137. 14 139. 23 141. 32 8月17 月 138. 07 140. 17 142. 27 8月18 火 138. 30 140. 41 142. 52 8月19 水 137. 77 139. 87 141. 97 8月20 木 138. 03 140. 13 142. 23 8月21 金 138. 42 140. 53 142. 64 8月24 月 138. 03 140. 13 142. 23 8月25 火 137. 87 139. 97 142. 07 8月26 水 139. 48 141. 60 143. 72 8月27 木 140. 42 142. 56 144. 70 8月28 金 140. 62 142. 76 144. 90 8月31 月 141. 06 143. 21 145. 36 9月01 火 141. 51 143. 66 145. 81 9月02 水 140. 46 142. 60 144. 74 9月03 木 140. 07 142. 20 144. 33 9月04 金 140. 73 142. 87 145. 01 9月07 月 140. 82 142. 96 145. 10 9月08 火 142. 17 144. 34 146. 51 9月09 水 141. 99 144. 15 146. 31 9月10 木 142. 02 144. 18 146. 34 9月11 金 141. 92 144. 08 146. 24 9月14 月 141. 93 144. 09 146. 25 9月15 火 141. 72 143. 88 146. 04 9月16 水 141. 51 143. 66 145. 81 8月14日 金曜日 のポンド円見通し: 為替レート 139. 23、 最高 141. 32、最低 137. 8月17日 月曜日 のポンド円予想: 為替レート 140. 17、 最高 142. 27、最低 138. 8月18日 火曜日 のポンド円見通し: 為替レート 140. 41、 最高 142. 52、最低 138. 8月19日 水曜日 のポンド円予想: 為替レート 139. 87、 最高 141. 97、最低 137. 第一週 8月20日 木曜日 のポンド円見通し: 為替レート 140. 13、 最高 142. 23、最低 138. 8月21日 金曜日 のポンド円予想: 為替レート 140. 53、 最高 142. 64、最低 138. 8月24日 月曜日 のポンド円見通し: 為替レート 140. 13、 最高 142. 23、最低 138. 8月25日 火曜日 のポンド円予想: 為替レート 139. 97、 最高 142. 07、最低 137. 8月26日 水曜日 のポンド円見通し: 為替レート 141. 60、 最高 143. 72、最低 139. 第2週 8月27日 木曜日 のポンド円予想: 為替レート 142. 56、 最高 144. 70、最低 140. 8月28日 金曜日 のポンド円見通し: 為替レート 142. 76、 最高 144. 90、最低 140. 8月31日 月曜日 のポンド円予想: 為替レート 143. 21、 最高 145. 36、最低 141. 9月1日 火曜日 のポンド円見通し: 為替レート 143. 66、 最高 145. 81、最低 141. 9月2日 水曜日 のポンド円予想: 為替レート 142. 60、 最高 144. 74、最低 140. 第3週 9月3日 木曜日 のポンド円見通し: 為替レート 142. 20、 最高 144. 33、最低 140. 9月4日 金曜日 のポンド円予想: 為替レート 142. 87、 最高 145. 01、最低 140. 9月7日 月曜日 のポンド円見通し: 為替レート 142. 96、 最高 145. 10、最低 140. 9月8日 火曜日 のポンド円予想: 為替レート 144. 34、 最高 146. 51、最低 142. 9月9日 水曜日 のポンド円見通し: 為替レート 144. 15、 最高 146. 31、最低 141. 第4週 9月10日 木曜日 のポンド円予想: 為替レート 144. 18、 最高 146. 34、最低 142. 9月11日 金曜日 のポンド円見通し: 為替レート 144. 08、 最高 146. 24、最低 141. 9月14日 月曜日 のポンド円予想: 為替レート 144. 09、 最高 146. 25、最低 141. 70 145. 36 143. 21 3. 07 149. 40 147. 19 6. 19 153. 88 151. 61 9. 43 155. 01 152. 72 10. 20 152. 72 150. 46 8. 74 154. 30 152. 02 9. 25 152. 02 147. 46 6. 89 147. 46 143. 04 3. 88 144. 14 142. 01 2. 01 146. 68 144. 51 4. 32 148. 72 146. 52 5. 52 153. 18 150. 92 8. 92 157. 24 154. 92 11. 13 154. 92 151. 40 9. 66 151. 40 146. 86 5. 45 149. 89 147. 67 6. 09 147. 67 143. 24 3. 74 146. 06 143. 90 3. 76 143. 90 140. 87 1. 87 147. 28 145. 10 4. 82 145. 10 142. 96 3. 42 145. 72 143. 57 3. 62 143. 57 139. 72 0. 72 146. 07 143. 91 3. 94 143. 91 141. 06 1. 52 143. 76 141. 64 2. 01 145. 31 143. 16 3. 79 143. 16 138. 87 0. 19 142. 39 140. 29 1. 26 144. 54 142. 40 2. 06 142. 40 138. 13 -0. 13 142. 91 140. 80 1. 51 142. 73 140. 62 1. 75 144. 01 141. 88 2. 09 144. 35 142. 22 2. 22 148. 69 146. 49 5. 87 146. 49 143. 02 3. 22 144. 50 142. 36 2. 36 148. 19 146. 00 5. 33 146. 67 144. 50 4. 50 151. 07 148. 84 7. 56 151. 02 148. 79 7. 40 148. 80 146. 60 5. 07 146. 60 144. 23 4. 13 147. 49 145. 31 4. 31 151. 92 149. 67 7. 87 149. 67 146. 06 5. 55 146. 06 141. 68 2. 48 144. 76 142. 62 2. 01 142. 62 140. 11 1. 当月始値 138. 70、最低 136. 70、当月最高 145. 平均 140. 月末 143. 変更 3. 2020年9月のポンド円予想。 当月始値 143. 21、最低 140. 07、当月最高 149. 平均 144. 月末 147. 変更 2. 2020年10月のポンド円見通し。 当月始値 147. 19、最低 147. 19、当月最高 153. 平均 149. 月末 151. 変更 3. 2020年11月のポンド円予想。 当月始値 151. 61、最低 150. 43、当月最高 155. 平均 152. 月末 152. 変更 0. 2020年12月のポンド円見通し。 当月始値 152. 72、最低 148. 20、当月最高 152. 平均 151. 月末 150. 変更 -1. 2021年1月のポンド円予想。 当月始値 150. 46、最低 149. 74、当月最高 154. 平均 151. 月末 152. 変更 1. 2021年2月のポンド円見通し。 当月始値 152. 02、最低 145. 25、当月最高 152. 平均 149. 月末 147. 変更 -3. 2021年3月のポンド円予想。 当月始値 147. 46、最低 140. 89、当月最高 147. 平均 144. 月末 143. 変更 -3. 2021年4月のポンド円見通し。 当月始値 143. 04、最低 139. 88、当月最高 144. 平均 142. 月末 142. 変更 -0. 2021年5月のポンド円予想。 当月始値 142. 01、最低 142. 01、当月最高 146. 平均 143. 月末 144. 変更 1. 2021年6月のポンド円見通し。 当月始値 144. 51、最低 144. 32、当月最高 148. 平均 146. 月末 146. 変更 1. 2021年7月のポンド円予想。 当月始値 146. 52、最低 146. 52、当月最高 153. 平均 149. 月末 150. 変更 3. 2021年8月のポンド円見通し。 当月始値 150. 92、最低 150. 92、当月最高 157. 平均 153. 月末 154. 変更 2. シェア.

次の

為替ラボ

ポンド 円

こちらのページでは英ポンドの長期チャートと変動要因の解説を掲載します。 英ポンドの歴史が全て確認できます。 欧州では多くの主要国が通貨ユーロ(EURO)を導入しています。 英国は長年、EU(欧州連合)に加盟していましたが、通貨ユーロは国内の反対が多く、導入を見送りました。 (1990年代のポンド危機の影響もありました。 下記の1990年代を参照) そして、2020年にはEU(欧州連合)からも離脱することになりました。 そういう意味では英国はヨーロッパでは特殊な存在といえます。 ちなみに間違えやすいので記載しておきますが、 英ポンドの対米ドル表記は「1ポンド=〇〇ドル」となります。 主要通貨の中でユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル以外は全て「1ドル=〇〇」(例えば1ドル=100円)という表記になりますので覚えておいてください。 英ポンドの正式名称は スターリング・ポンド(Sterling Pound)でSTGと表記されます。 また、国際標準化機構(ISO)で定義された通貨コードでは GBP(Great Britain Pound)と表記されます。 どちらを使っても問題ありませんが、金融の世界ではGBPが多く使われています。 変動要因は箇条書きで掲載しています。 (下段の方では10年ごとに区切ったチャートを掲載し、変動要因を細かく掲載しています) 英ポンド GBP レート長期推移• 4ドルから1ポンド=1. 5ポンドとポンドは対ドルでは40%前後の下落となっている• 同期間のドル円は1ドル=360円から1ドル=77円前後で対ドルで4. 6倍となっており、その結果、ポンドに対しては7倍以上になったことになる• 05ドル 英ポンド GBP レート推移と変動要因(1970年代)• 1975年6月、現在のEU 欧州連合 の前身にあたるEEC(欧州経済共同体)からのイギリス離脱or残留の可否を問う国民投票が行われた• 6ドル前後まで大きく下落した• 投票結果は残留67%、離脱33%と大差で残留となったが混乱が嫌気されてポンドは売られた 英ポンド GBP レート推移と変動要因(1980年代)• 1980年代前半はポンドは対米ドルで大きく下落しているがこれはポンドが売られたというよりも、米国のインフレ対策による高金利で米ドルが高くなったことが大きいと考えられる(厳密には1980年代前半はドルと円が他の通貨に対して強くなっており、ドル円はほぼ横ばいの動きとなっていた• 05ドルをつけた• 9ドル前後までポンドは上昇した 英ポンド GBP レート推移と変動要因(1990年代)• 1992年ポンド危機により、1992年9月の1ポンド=2. 45ドルまで下落• 当時のEC(欧州共同体)内では将来の通貨統合を念頭に、為替レートを一定の範囲に固定するERM(欧州為替相場メカニズム)が採用されていた。 1991年~1992年のイギリスは実質GDPがマイナス成長、失業率が10%前後と景気悪化に苦しんでいた。 一方、ドイツは1990年の東西統一後でインフレ率が上昇し利上げを行っていた。 ERM(欧州為替相場メカニズム)の下で為替を固定する必要があるため、イギリスは景気低迷にもかかわらずドイツに追随して利上げを行うこととなり、さらなる景気悪化を招いた。 この矛盾を突いたのが著名ヘッジファンド「クォンタム・ファンド」を率いるジョージ・ソロスでポンドは過大評価されているとして、大規模なポンド売りを仕掛けた。 BOE(イングランド銀行)は為替介入で対抗したが維持できず、敗北宣言をしてERM(欧州為替相場メカニズム)から離脱し、変動相場制に移行した。 このERM(欧州為替相場メカニズム)脱退により、通貨ユーロへの参加が事実上不可能となった• この一件でジョージ・ソロスは「BOE(イングランド銀行)を潰した男」として名を馳せた 英ポンド GBP レート推移と変動要因(2000年代)• 42ドルから2003年後半には1ポンド=1. 8ドルとなった。 ITバブル崩壊後の世界的不況の中で米国の政策金利が1%まで低下するなかイギリスの政策金利は3. 逆にリーマンショック直後は政策金利を5か月間 2008年10月~2009年3月 で5%から0. 45ドルまで大きく下落した。 70ドルから2016年10月の1ポンド=1. 22ドルまで大きく下落した• 4ドルが下限であったがそれを大きく割込む形となった(上段の長期チャートを参照)• 2014年9月18日、スコットランドの独立の是非を問う住民投票が実施された。 こちらは否決されたが、この前後に予想されていたBOE(イングランド銀行)の利上げが後退するとの思惑もありポンドは下落基調が始まった• 2016年6月23日、イギリスの欧州連合離脱是非を問う国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定(Brexit)• EU離脱決定に伴う景気後退を防止する目的で政策金利を7年5か月ぶりに下げ0. 結果的に2014年~2015年に見込まれていた利上げは行われず、逆に利下げと金融緩和を行う必要が生じたことで大きくポンドが下落したといえる• またEU離脱に伴い2017年~2018年の経済成長見通しも大幅に下方修正されたことも通貨安の要因と考えられる• その後、2017年に入りポンドは反発し始めた• 2017年に入りインフレ率が上昇してきたことで11月に政策金利を0. 25%から0. 50%に利上げしたこともポンドの上昇の一因となっている• 2018年4月から2019年にかけて、ポンドは再度、下落基調となった。 これは二転三転するEU離脱問題が嫌気されたことが大きな要因である。 関連ページ 英国の政策金利とインフレ率の推移はこちらを参照してください! 英国の経常収支の推移についてはこちら! 【参考】かつては基軸通貨であった英ポンド 産業革命を経て、1800年代半ばには英ポンドが基軸通貨となっていました。 しかし、そのころ米国やドイツの工業化により、経済における英国の相対的な地位は低下していました。 さらに第一次世界大戦(1914年~1918年)による国防費増加により、英国は財政が悪化するとともに経常収支も赤字に陥りました。 第一次世界大戦後には英ポンドと米ドルの地位はほぼ同レベルとなっていました。 そして、 第2次世界大戦後には完全に基軸通貨の地位は米ドルに移りました。 ちなみに1816年~1914年までは金本位制が続いていました。 また、1944年7月には戦後の復興に向けた新しい国際通貨制度として、金と米ドルとの交換比率を決め、米国が米ドルと金の交換を保証する「金ドル本位制」がスタートしました。 いわゆる「ブレトン・ウッズ体制」です。 その後、1971年8月のニクソンショックまでこの体制が続くことになります。 この時に金(Gold)の通貨としての役割は終了しました。 その後、1973年に主要通貨の多くは完全変動相場制に移行しました。

次の

【大損通貨ポンド】ポンド円、ポンドドルの特徴【殺人通貨・FX】

ポンド 円

9つの• 非公式使用 国・地域 , 1. 通貨単位としてのは、本国を旧とする諸国で用いられ、などでは現在も用いられているが、単にポンドというと通常イギリスのポンドのことを示す。 呼称としてはポンド、スターリングの他に quid が用いられることがある。 では イギリス・ポンド、または 英ポンド(えいポンド)と呼ばれることも多い。 2020年7月29日現在で、1スターリング・ポンド=135. 84円 目次• 概要 [ ] は(penny、複数形ペンス pence)で、より1ポンドは100ペンスである(下記「過去のポンド参照」)。 が世界の決済通貨として使われるようになる以前は、の経済力を背景に、国際的な決済通貨として使われた。 イギリスの加盟に伴い、の共通通貨であるにイギリスが参加するかどうかが焦点となったが、イギリス国内に反対が多く、は見送られた。 対でを採用している。 以前のの頃は、当初1ポンド1,008円(1949年 - 1967年)、後に864円(1967年 - 1971年)だった。 なお1月下旬に、1ポンドが24140銭だったが、2007年3月2日には226円95銭と、1ポンドあたり約14円も下落しているように、為替変動の幅の大きい通貨である。 2007年6月は約240円 - 246円で推移し、7月に入ってからは一時251円に達した。 その後ショックによる影響も大きく、徐々に下落して2008年3月17日には192円台を記録。 ポンド安が落ち着いた所へ、9月からのにより徐々に大きく落ち込み、2008年10月に一時138円台にまで落ち込んだ。 さらに2009年1月23日 には、1995年4月の史上最安値を14年ぶりに更新し、初めて118円台に突入。 ので、離脱派が多数になったことから、ポンドと自国通貨との両替を取りやめたが多発した。 発券銀行 [ ] が発券するポンド通貨は、及びにおけるである。 ただし、の商業銀行である、、クライズデール銀行も歴史的に発券を認められており、法定通貨ではないがスコットランドでも流通を承認されている。 またのアイルランド銀行などの商業銀行も発券しており、事実上、連合王国を構成する4王国の全領域で通用する。 さらに、、、でも独自にポンド通貨を発券している。 これらはイングランドやウェールズでは法定通貨とは認められていないが、非合法なものではない。 紙幣 [ ] 詳細は「」を参照 イングランド銀行の発券する紙幣は、現在1、2ポンドが硬貨として発行されているので、市中に流通しているのは5ポンド、10ポンド、20ポンド、50ポンドの4種類だけである。 全てイギリス国家元首である「」が表面に印刷されている。 現在の紙幣は2005年7月に発行された「シリーズE」。 裏面に歴史上の人物が描かれている。 5ポンド(・ブルー): (Winston Churchill、第61代イギリス首相)、、• 10ポンド(橙): (Charles Darwin、進化論を提唱した自然科学者)、と花と拡大鏡、• 20ポンド(紫): (Edward Elgar、作曲家)、彼にとってゆかりの深いウースター大聖堂 Worcester Cathedral 2007年から発行された「シリーズF」では• 50ポンド(赤): (John Houblon、イングランド銀行創始者、初代総裁)、スレッドニードル街(Threadneedle Street、現、イングランド銀行所在地)の彼の邸宅。 2011年11月から発行された「シリーズF」では、、。 超高額紙幣として、銀行内のみ(イングランド銀行発、アイルランド銀行やスコットランド銀行行き)で使用される1億ポンド紙幣が存在する。 用途は主として銀行券発行力証明。 硬貨 [ ] 現在の1ポンド硬貨 王立造幣局 Royal Mint にて発行されている硬貨は、1ペニー・2・5・10・20・50ペンス、1・2ポンドの8種類である。 2008年より2ポンド硬貨を除いた7種類を、統合的にデザインしたものに一括変更する旨が発表され、2008年夏から順次流通する。 を各硬貨ごとに分けて描き、それを並べると一枚の画像となるようにデザインされている。 現在の1ポンドコインが発行される前の硬貨にはその全体像が描かれていた。 裏面のデザインは硬貨毎に違っており、2007年までの発行分は下記の通り。 1ペニー(表面: 、内部: ): 城門紋章• 2ペンス(表面: 銅、内部: 鉄): 徽章• 5ペンス(貨、2012年1月からは表面: 、内部: 鉄): 冠紋章(スコットランドの国花)• 10ペンス(白銅貨、2011年からは表面: ニッケル、内部: 鉄): 冠を頂く(このライオンはイングランド王家の紋章 Crest である)• 20ペンス(白銅貨): の硬貨。 冠を頂く(の)。 50ペンス(白銅貨): の硬貨。 (を象徴する女神)とライオン。 1ポンド(貨): 発行年ごとにデザインは変更され、連合王国の紋章と、、、、をそれぞれ代表する意匠が順に使われてきた。 2004年 - 2007年はこの4カ国の橋が使われた。 2017年3月28日から新たに流通しているポンド貨幣では初めて12角形のが採用され、一面にエリザベス女王の肖像、もう一面には王冠とともにイングランドのバラ、スコットランドのアザミ、ウェールズのリーキ、北アイルランドのシャムロックがデザインされている。 2ポンド(内側: 白銅、外側: ニッケル黄銅貨のバイメタル貨): 1997年に登場した硬貨で、縁にはの言葉「巨人達の肩の上に立って STANDING ON THE SHOULDERS OF GIANTS 」と刻印されている。 また毎年その年の記念行事などを描いた記念デザインのものが発行されて通常版と同様に一般に流通する。 すべての硬貨の表面には、国家元首と称号の訳、『 ()女王、、エリザベス二世』( DEI. GRA. REG. FID. DEF 又は D. R F. Dei Gratia Regina Fidei Defensorの略)と刻印されている。 なお、この他に旧通貨システムによるや、それにマンデーマネーと呼ばれる、1ペニーから4ペンスまでの4枚硬貨セットが発行される場合があるが、いずれも流通用ではなく、コレクター向けのアイテムである。 イギリスとアイルランドでの変更を行ったこの日を「」(Decimal Day, 十進法の日)と呼んでいる。 古い補助貨幣はこのほか、 crown 、 florin 、 groat 、 guinea がある。 イギリスでは、にが本位金貨として鋳造され、この金貨を1ポンドに流通させ、自由鋳造、自由融解を認める唯一の無制限法貨としたが、ギニー金貨も引き続き流通することになり、この時価値が21シリングと定められた。 因みに1ポンドは前述の通り20シリングであった。 後にに取って代わられるまで、世界で最も信用の高いであった。 通貨名は、古代の銀貨の質量に由来する。 ただし当時の1ポンドは現在の1ポンドとは質量が異なる。 という言葉が使われるが、これはイギリスの銀貨と同じ品位の銀(銀含有量92. の相場においては、相場の進展の早さと価格の変動幅の大きさと不規則な値動きで有名であり、予想を外した場合にを素早く確実に行うことが求められる「熟練者向けの通貨」であると言われている。 この相場で生き残ることは難しく、たった一回の取引でに追い込まれるケースが多々あることから、ポンドは別名「通貨」(あるいは「の通貨」)とも呼ばれている。 実際の取り引きにおいては、一日の最高値を更新した後に急落し、最安値を更新する(逆もまた同様)といったような売買タイミングの判断ミスを誘うような「ダマシ」と呼ばれる意表を突いた値動きが多く、不規則な値動きをするため、性は高い。 平時の米ドル - 円価格の変動幅は多くても1日に1円程度だが、ポンド - 円のそれは急激で、1日に2 - 3円程度動く事も珍しくなく、など大きなイベントが起こった際の変動幅も大きい。 このようにトレードを目的とした場合にはリスクが大きいが、損切りさえ徹底出来れば、他の通貨よりも短期で大きなリターンが期待できるため、熟練者の中には、好んでポンドの取り引きを行う者もいる。 基本的に値動きの不規則性が強いが、ポンド円はドル円を介して価格が計算されるため、ドル円の値動きとある程度の相関がある(ポンド円のチャートは、ドル円のチャートに対してランダムなノイズを付加し、振幅を約2倍程度まで増幅したような波形になる)。 為替レート [ ] ・ ・ ・ 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1995 1990 1985 1980 1975 1970 1965 61. Alongside the New Zealand Dollar and US Dollar• 245• Alongside suspended indefinitely from 12 April 2009 , , , , , , , , and. The U. Dollar has been adopted as the official currency for all government transactions. 2012年12月31日閲覧。 日本語. 2017年3月28日. 2017年3月30日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (ロシア語)• (英語)• (英語) (ドイツ語)• (英語) (ドイツ語)• (英語) (ドイツ語).

次の