愛してたって秘密はある。 愛してたって秘密はある、の展開 (犯人)予想。(ネタバレを含みますの...

【Hulu】福士蒼汰主演『愛してたって、秘密はある。』の続編を観たい人で加入者続出?賛否両論でも今後のHuluの戦略に?

愛してたって秘密はある

「愛してたって秘密はある」第6話のあらすじと感想の続きです。 爽のウェディングドレス姿にニヤける黎。 しかしその後… 週末。 今日は爽がウェディングドレスをドレスを試着する日。 ドレスに着替えた爽を見てうっとりする黎。 爽 『純白のドレスは人生をリセットする意味があるの。 辛い過去は引きずる必要ない。 帰り道。 結婚式のスピーチを引き受けてくれた風見(鈴木浩介)に爽を紹介するため二人は病院へ。 庭で風見の姿を発見し、声をかける黎。 しかし!風見を見た爽の様子がおかしい。 顔を背け、震える手で風見を指差し、こう言った。 爽 『…あの人…犯人…。 』 『なぬ?』とわけわからん顔の黎。 風見は怖い顔で爽をじっと見ていた…。 【愛してたって秘密はある 第6話 終】.

次の

愛してたって秘密はある最終回ネタバレ!Huluでラスト結末に不満も

愛してたって秘密はある

愛してたって秘密はある 前回までのあらすじ 『愛してたって秘密はある』第9話あらすじ 11年前 奥森黎(福士蒼汰)は父の暴力から母を救うため殺人をおかした。 父は失踪扱いとなったが、黎はこの秘密を誰にも打ち明けられず、『自分は幸せになる資格はない』と自責の日々を送ってきた。 11年後、黎の周囲で不可解な出来事が相次ぐ。 黎は犯人を突き止めようとするが正体は未だ不明…。 そんな中、 母・晶子(鈴木保奈美)は黎の 身代わりとなり警察へ出頭。 婚約者の 爽(川口春奈)から渡された 父の日記を読んだ黎は、爽の父・ 弘晃(遠藤憲一)が原因で父が精神的に追い詰められていた事実を知る。 そしてついに黎は、自らが犯した罪を爽に 告白した…。 11年前、父を殺害し庭に埋めた。 立花 爽(たちばな さわ:川口春奈)…検事を目指す修習生。 黎の婚約者。 奥森 晶子(鈴木保奈美)…黎の母。 事件の共謀者。 立花 弘晃(遠藤憲一)…爽の父。 顔が怖い。 安達 虎太朗(白洲迅)…黎の同期。 爽に想いを寄せている。 浦西 果凛(かりん:吉川愛)…家庭教師をしていた黎の元教え子。 黎の結婚に反対を…? 風見忠行(鈴木浩介)…晶子に想いを寄せる医師。 爽の父に恨みをもっており、爽を誘拐した過去がある。 愛してたって秘密はある。 最終回のネタバレとあらすじ 愛してたって秘密はある。 ついに11年前の罪を爽に白状した黎。 ドン引きする爽を見た黎はその場を去っていった…。 せっかく就職先紹介したのにこれかい!って 一瞬思っただろうな。 接見がスタート。 『元気?夜寝れてる?』とママを気遣う黎。 笑顔を見せるママに、黎は日記を読んだことを話す。 するとママが意外な一言を。 驚く黎に、ママは誰も知らない真実を語り始めた。 【ママの話】• 黎は大学時代にパパの日記を読み、悪い人間だと思っていたパパが実は 良い人だと知る。 庭の掘り返し、爽へのトロフィー送付、車のキーホルダー、果凛への戸籍謄本送付、警察への通報などは全てサク、あるいはサクに命令されたママが行っていた。 病院の階段から落ちたのもママの自作自演。 これは自分が襲われた事にすれば爽との婚約を破棄してくれると思ったから。 日記は燃やしたが、サクが コピーを取っていた。 ママの話を聞き驚く黎と爽!ポカーンとする香坂!!黎にはサクという 別の人格があり、爽の父が立花検事だと知ったママはサクと共謀して二人の結婚を妨害していたのだった。 爽に謝罪するママ。 『息子の幸せを願うフツーの母でいたかった…』と涙を流した。 突然の訪問に驚く黎。。 『君が幸せになれるよう祈ってる』と 結婚あきらめモードで言う黎にネックレスに通した 婚約指輪を見せる爽。 爽 『まだ嘘言うの?百の嘘重ねたってこれにはかなわないよw』 指輪には 『ずっと、ふたりで』というメッセージが…。 』 涙を流す黎。 ガラス越しに指切りをし、二人は将来を誓いあった。 このままハッピーエンドか!?と思われたが、勾留室に戻る黎がなぜか立ち止まり、こう呟いた。 【愛してたって秘密はある 最終回 完】.

次の

愛してたって、秘密はある。 ドラマの感想(福士蒼汰)

愛してたって秘密はある

『愛していたって秘密はある』の第1話が始まりました! スポンサーリンク 第1話あらすじ感想とネタバレ キャストは、福士蒼汰、川口春奈、鈴木保奈美、遠藤憲一と実力派俳優が揃っています! 黎は福士蒼汰さんが演じているのですが、同じ司法修習生である爽(川口春奈さん)と婚約をします。 幸せな二人ですが、黎には秘密がありました。 それは、母親を DVから守るために父親を殴り、亡くなってしまったということ。 黎は母親を守るためでしたが、父親をこの世から消してしまったのです。 母である昌子(鈴木保奈美)は、このことを二人だけの秘密にしようとします。 そして、夫を自宅の庭に埋めてしまいます。 そのまま平穏に時は過ぎ、黎と爽が結婚することを知った昌子は大喜び。 やっと黎が幸せになれると思ったのも束の間。 なんと、黎の携帯に一通のメールが届きました。 その内容は、『庭のお父さんには、彼女を紹介しないの?』というもの。 それを見た黎は急いで自宅へと帰ります。 すると、庭には黄色いバラの花束がお供えしてありました。 自分と母親以外に、父親のことを知っている人がいることに気がつきます。 翌日、母の悲鳴を聞いて目覚めた黎は庭へ向かいます。 すると、そこには大きな穴がありました。 そこは、黎と昌子が、父親を埋めた場所であったのです。 誰がこんなことをしたのか。 こんなラストで第1話は終わってしまいました。 スポンサーリンク 黎にメールを送った犯人は誰? 福士蒼汰と川口春奈が美男美女すぎる! 笑 見ていて微笑ましいけど、ちゃんと結ばれるのかな~?という感じです! 黎の犯罪はどうやら明らかになってしまいそうです。 第1話のラストで庭に大きな穴って怖すぎです、、 メールを送った犯人を考えてみましたが、今のところ考えられるのは二人。 黎を慕っている高校生の浦西果凛と、昌子を慕っている同僚の風見忠行です。 果凛は黎と爽の結婚を快く思っておらず、結婚してもうまくいかないと言います。 父親に関する何かを知っているのでは?と思いましたが、まだ高校生であるし、ヤキモチを焼くくらいなら普通にあるかなーと思ったため、果凛ではないかな。 風見のほうが怪しいです。 それはなぜかというと、風見はまず昌子を慕っており、黎の父親のことも知っています。 自分が黎の父親に手をかけたということがバレ、警察に捕まれば、昌子は一人になります。 それを狙っているのでは?と考えるとつじつまが合います。 そのため、現時点では犯人は風間だと思うのですが、それにしては簡単すぎないか?と感じてしまいます。 なぜなら、秋元康さんが企画・原案を担当しています。 秋元康さんといえば、映画「着信アリ」でも企画・原案を担当されていましたよね。 携帯を使ったミステリーって何だか身近にありそうで恐怖です、、 今回はミステリー要素もありますが、愛に関する内容の方が大きそうです。 『愛とは、許すこと。 次回に注目です! スポンサーリンク 最後までお読みいただき、ありがとうございました!•

次の