鬼滅 つぐこ。 【鬼滅の刃】柱一覧!年齢やプロフィールを整理

鬼滅の刃の柱に「継子(つぐこ)」はいる?一般隊士を育成する「育手」についてもご紹介

鬼滅 つぐこ

家族を鬼に殺され、ねずこ自身も殺されるはずでしたが・・・。 鬼の血を受けてしまったことで 「鬼化」してしまいます。 そのため、幸か不幸か「鬼」として生存することになりました。 ねずこが竹を口にくわえている理由 まず、ねずこを見た時に最初に目につくのが、彼女の口元にある竹筒ですよね? ねずこは、 基本的にいつも竹筒を咥えています。 それはなぜかと言うと 「鬼になってしまった」から! 鬼は、基本的に人間を食べて生きている存在です。 ねずこも鬼になったばかりの時は、兄である炭治郎に食いかかっていました。 それでも炭治郎は必死に何とかしようと説得したり、傷つけないように頑張った結果もあって、人を食べる衝動は抑えられたので良かったですね〜。 ^^ まぁ一番は 義勇さんが炭治郎を気絶させたことで、ねずこの潜在意識に働きかけたのが功を奏した、といった感じでしょうか? その時に、義勇さんが 人を食べないように、とりあえずねずこの口に竹を噛ませたのが始まりですね! その後は、奇跡的に鬼としてはありえないはずの睡眠を取るようになり、人間を襲う衝動はほぼ抑えられるようになりました。 2人の絆があっての事だと思います。 鬼は人間を食べて生きている存在なので、 鬼という時点で訓練してない普通の人間と比べたら圧倒的に強いですね! 訓練する前の炭治郎も、あわや食われかねないほどに圧倒されていましたから。 さらに、ねずこは鬼化の際に浴びた血の量が多かった事もあって、若い鬼にしてはそこらの鬼よりも強いという感じです。 おまけに、鬼は基本死ぬことはありません。 美脚を惜しみなく披露していますが。 プライベートゾーンが見えてしまわないか・・・心配ですね〜。 ^^ すごーくかっこいい技ですが、今のところあまり使っていないようです。 ねずこは何気にハイスペックですね! ねずこの体格変化 これはねずこ限定というわけではなく、 鬼なら基本的に使える能力です。 体の大きさをある程度変化させられます。 普段は日が当たらないように炭治郎が背負うかごの中に隠れているのですが、その時のねずこは幼い姿になっています。 ですが、 炭治郎がピンチになると大人のような姿になって助け出します! ただし、大人になった姿は鬼化を進めた状態で一種の覚醒状態になるので、本人の自我が失われかけたりすることも。 そして、人食い衝動に駆られたりするので、危険な状態になるんです。 また、ここからはネタバレになってしまいますが、ねずこは無惨の呪いを自力で解除したり、太陽を克服して炭治郎を会話することも可能になります。 ねずこの能力は現状このような感じなんですが、このようにどんどん進化(?)していってるんですよね・・・。 ついに、鬼舞辻無惨に目を付けられてしまったねずこですが、 今後さらに進化して強くなる可能性が高いんじゃないかと思われます〜! 鬼としての常識をことごとく覆しているねずこなので、 もしかしたら鬼舞辻無惨と張り合えるようになるのかも? もしくは、 珠世の薬で本当に人に戻れる日が来るのかもしれませんね。

次の

【鬼滅の刃】ご 都 合 血 鬼 術 【短編集】

鬼滅 つぐこ

Contents• 【鬼滅の刃】柱最強ランキング 9位 恋柱:甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり) 甘露寺蜜璃の階級は恋柱です。 恋の呼吸を極めて「恋柱」の称号を得ています。 表情がコロコロ変わる、「鬼滅の刃」に登場するキャラクターの中でも、ひときわユニークな剣士です。 感情の起伏が激しく、玄弥に無視されただけで泣きだし、松茸ご飯が出ると聞いただけで機嫌がなおります。 惚れっぽく、いつも何かにときめいている乙女です。 「私、いたずらに人を傷つける奴にはキュンとしないの」とも言っています。 柱のメンバーに入った理由はお見合い目的です。 しかし、半天狗クラスの敵を相手にしても、ほぼ互角に渡り合えます。 甘露寺蜜璃の武器は、極めて薄く柔らかい刀です。 その攻撃は、怪音といった目に見えないものすら断ち切ります。 関節が非常に柔らかく、美しくしなうように戦います。 8位 蟲柱:胡蝶しのぶ(こちょう・しのぶ) 胡蝶しのぶの階級は蟲柱(むしばしら)で、呼吸は蟲の呼吸です。 体格に恵まれず、胡蝶しのぶ自身「私は柱の中で唯一鬼の頸(くび)が切れない剣士です」と言っています。 禰豆子を捉えようとした時、富岡義勇にスリーパーホールドされています。 しかし、胡蝶オリジナルの蟲の呼吸によって、毒の特性を生かした剣術を使います。 毒は胡蝶しのぶだけの武器です。 胡蝶自身も、「鬼を殺せる毒を作った、ちょっと凄い人なんですよ」と言っています。 胡蝶は、鬼に恨みを抱き、鬼であれば、躊躇なく倒しに行きます。 姉のカナエが自分の目の前で鬼に惨殺されたためです。 「鬼滅の刃」に登場するユニークな女性剣士で、姉の死というトラウマがありますが、柱の中で最強クラスです。 7位 蛇柱:伊黒小芭内(いぐろ・おばない) 伊黒小芭内の階級は蛇柱で、呼吸は蛇の呼吸です。 蛇のようにねちっこい男で、太刀筋も蛇のようにうねります。 そのため、次の一手が読めません。 戦闘シーンが無く、戦闘能力は未知数です。 ただし、宇随天元が上弦との戦闘を終えた時、「たかが上弦の陸との戦いで…」と言っていることから、強いのは間違いなさそうです。 また、甘露寺蜜璃が嬉しそうに「キャー」と騒いでいるのを見ても、強い柱と考えられます。 6位 音柱:宇随天元(うずい・てんげん) 宇随天元の階級は音柱で、呼吸は音の呼吸です。 音の呼吸は、宇随天元のオリジナルの呼吸です。 忍者の子孫で、次世代の頭領として育てられました。 しかし、その厳しい訓練の最中、9人いた兄弟のうち7人を失います。 そのことに疑問を覚え、「抜け忍」となりました。 その際、産屋敷に鬼殺隊への入隊を勧められます。 「派手」が口癖で、顔にペイントしています。 下級隊士に「俺は神でお前は塵だ!俺の機嫌を常に伺い、全身全霊でへつらうのだ。 もう一度言う、俺は神だ!!」と言っています。 宇随天元は、上弦の陸との戦いにおいて左手と左目を失いました。 5位 風柱:不死川実弥(しなずがわ・さねみ) 不死川実弥は、不死川玄弥の兄です。 不死川実弥の階級は風柱で、呼吸は風の呼吸です。 「鬼滅の刃」の柱の中でも問題児で、鬼となるといたずらに好戦的に振舞います。 そのため、体中に無数の傷があります。 ただし、要所要所では判断力の高さを見せます。 禰豆子を刺し、炭治郎と衝突しています。 戦闘シーンがまだ無く、戦闘能力は未知数ですが、最強ランクの柱です。 スポンサーリンク 4位 水柱:富岡義勇(とみおか・ぎゆう) 富岡義勇の階級は水柱で、呼吸は水の呼吸です。 壱ノ型から拾ノ型まで扱うことができます。 さらに、富岡義勇にしか扱えないオリジナルの拾壱ノ型まで使うことができます。 「鬼滅の刃」の一話目から登場した柱です。 炭治郎を押さえつける伊黒小芭内の片腕を、グイッと持ち上げるシーンがあります。 他の柱よりも強そうなことをうかがわせるシーンが、随所に見られます。 鬼となった禰豆子が、炭治郎を襲う現場に現れます。 問答無用で禰豆子の頸を刎ねようとしましたが、妹を守り抜こうとする炭治郎の姿を見て、刀を引きました。 そして、炭治郎に元柱の鱗滝の家を教え、鬼殺隊士として生きる道を示します。 霞の呼吸を極めて霞柱の称号を得ています。 ぼんやりしているところがあり、炭治郎が斬首されるかどうかの柱合会議の時も、「なんだっけ、あの雲の形、なんて言うんだっけ」などと関係ないことを考えていました。 無一郎は、10歳の時に両親を失い、以来、双子の兄の有一朗と暮らしていました。 兄からは、いつも「無一郎の無は無能の無」と叱られていました。 その兄が鬼に襲われます。 兄は、死に際に「バチを当てるなら俺だけにしてください。 無一郎の無は無限の無なんだ」と言います。 その時の衝撃が大きすぎて、無一郎は感情が封印されてしまいました。 「刀を握ってわずか2ヶ月」で柱に入り、宇随天元に「天才」と呼ばれています。 上弦伍 玉壺との戦いで本来の力を取り戻します。 「人を救いたい」という思いを持つ、熱いキャラクターだったことが発覚しました。 2位 炎柱:煉獄杏寿郎(れんごく・きょうじゅうろう) 煉獄杏寿郎の階級は炎柱で、呼吸は炎の呼吸です。 双眸を見開いた眼力を持つ明朗快活な青年で、「鬼滅の刃」に登場するキャラクターの中では常識人です。 修練と努力によって、最前線で戦い続ける剣技を磨きました。 最強クラスの技の威力を持ち、鬼殺隊の柱たちに信頼されています。 柱合会議の後に炭治郎たちと下弦の壱・厭夢の討伐の任務に赴きます。 自爆覚悟で上弦の鬼を追い詰めて、その強さを印象付けました。 結果的に敗北した時には、他の柱たちが驚いています。 1位 岩柱:悲鳴嶼行冥(ひめいじま・ぎょうめい) 「鬼滅の刃」で最強の柱は、岩の呼吸を極めて「岩柱」の称号を得ている悲鳴嶼行冥です。 伊之助などに「鬼殺隊最強」と言われています。 また、炭治郎も、他の柱と違うニオイを持っていて「鬼殺隊最強」に違いないと言っています。 柱に入る前から鬼を素手で殺しています。 「得体の知れない強さを持つ」と柱たちに評されています。 産屋敷の自爆後、鬼舞辻無惨のトドメを刺す役割を担わされています。 禰豆子を初めて見た時に、「鬼に憑かれているのだ」と言っています。 そして、「早く哀れな子供を殺して解き放ってあげよう」とも言っています。 鬼に対して一切容赦しません。 躊躇なく敵を屠れる冷酷さも、最強の理由です。 スポンサーリンク.

次の

鬼滅の刃/師弟関係で見るキャラクターたちの絆!意外な二人が…

鬼滅 つぐこ

【継子(つぐこ)とは?】 本来は 「継子=ままこ、けいし」という読み方で、意味合い的に自身の子供で、且つ血の繋がりがない・親子関係のない子のことを意味します。 しかし作中でたびたび登場する 「継子(つぐこ)」とは、簡単に説明すると 【柱の直弟子のこと】です。 鬼殺隊の中でも最も位の高く、非常に優秀な隊士たちである柱が 認め、 柱が直々に指導している弟子の隊士のことを「継子」といいます。 基本的に継子として選ばれる隊士は、優れた才能を秘めていることが多く、さらに柱が直々に指導するので、他の隊士たちとは比べ物にならないほど強くなっています。 必ずしも柱は継子を決めて育てなければならないわけではなく、さらに育てる人数に制限もないようなのです。 ですが、隊士達の中に才能に秀でた者を見つけるのは中々難しく、さらには柱自体が激務の為、本編中に登場している継子はごくわずかです。 また継子は柱に決定権があるため、柱に認められたのであれば、継子が使う呼吸の型が柱と異なっても問題はありません。 Sponsored Link 【どんな継子がいる?】 柱の直弟子である継子はとても強力な隊士であると紹介されますが、 本編に登場する継子はほとんどおらず、その人数は微々たるものです。 そこで、ここでは本編に登場する継子をご紹介します。 炭治郎や他の候補者が満身創痍だったにも関わらず、彼女だけは怪我や汚れなどなく余裕を持って合格していました。 そこから見て分かるように、当時から 他の同期隊士の中でも一人別格の実力者でした。 幼いころは孤児でしたが、蟲柱である胡蝶しのぶ、そしてその姉で元花柱だった胡蝶カナエによって、蝶屋敷に引き取られた過去があります。 そこから戦闘の素質を見抜かれて、隊士としての能力が磨き上げられた結果、師範である胡蝶しのぶや上官の指示を完璧に遂行する実力者となり、同期の中でも隠の指示を任される程になります。 また、彼は全集中の呼吸法を使用が全く扱うことができません。 なので、基本的にはこの鬼の力を使って戦う事がほとんどで、隊内では珍しい小銃と刀を使って戦います。 彼には兄がおり、その兄は風柱である不死川実弥となっていますが、二人の仲は過去の出来事をきっかけに関係はよくありません。 一見、隊士に必須と言える呼吸法が使えず、剣技もほとんど使えない、さらには敵である鬼を喰って鬼の力を手に入れているので、継子に選ばれる事はなさそうなのです。 しかし、単純な身体能力や、鬼を喰らう事の経緯、兄弟の事情等を察した岩柱の悲鳴嶼行冥が彼を不憫に思い、継子として迎えられています。 彼によって才能を見抜かれて、彼のもとで炎の呼吸を学ぶことになりますが、彼女の特異的な体質せいなのか 動きに独創性が強すぎたため指導を断念します。 その為、蜜璃は杏寿郎から独立し、炎の呼吸法を基にして、独創性の強い恋の呼吸が完成します。 そういった経緯があるため、彼女は炎柱の継子だった時期がありました。 Sponsored Link 【一般隊士は誰に育てられる?】 前述したように柱に指導された特別な弟子のことを継子と言いますが、ほとんどの隊士たちは継子に選ばれる事はありません。 では、一般的な隊士達は誰に指導を受けるのか?という事になるのですが、基本的に鬼殺隊の入隊希望者たちを指導、訓練する者たちがいます。 そういった指導者のことを 「育手」と言います。 ここでは、育手とは具体的にどういったものなのかご紹介します。 【鬼殺隊に入るために教育する「育手(そだて)」】 鬼殺隊に入隊希望者たちの中にも素質がある者もいますが、実戦経験のない入隊前の素人ではまともに戦うことが出来ない者ばかりです。 そういった者たちに対しては、「育手」と呼ばれる指導者により、剣士としての基本や呼吸法等を学び、訓練を受ける事になります。 「育手」はかつては鬼殺隊において実力者だった隊士が選ばれており、今までに鬼との戦闘で経験したことを次の世代に担う重要な立場にいます。 育手による修業は人ぞれぞれなので鍛錬の方法は異なりますが、基本的には生身で鬼に立ち向かう為の身体能力を鍛える基礎訓練と、鬼を滅ぼすことが出来る刀の使い方の2つです。 また鬼を討伐する上で必須とも言える呼吸法の体得方法も、彼らから教わります。 【蝶屋敷で行われる機能回復訓練】 度重なる鬼と戦いで傷ついた隊士に静養を与えるために蟲柱が管轄となっている蝶屋敷があります。 そこでは、静養の延長として機能回復訓練を行うことが出来ます。 寝たきりで硬直している体を揉みほぐし、向かい合った相手とお湯の入った湯飲みを取り合う「反射訓練」、走り回る相手を捕まえる「全身訓練」などを行うことで怪我を回復するだけでなく、以前よりもさらなる力を手に入れることが出来ます。 しかし、蝶屋敷にいる訓練の相手は実力者であるため、相応の心構えが必要となります。 【柱や元柱による柱稽古】 鬼殺隊の訓練は他にも柱に稽古を受ける「柱稽古」というものがあります。 本来柱から直接指導を行うことは今までありませんでしたが、鬼殺隊の弱体化を避け、全体の力を底上げさせる為にこの稽古が作られました。 訓練の内容としては、隊士たちは順に柱の元へ行き、それぞれが用意した訓練をこなしていくというものです。 柱から一般隊士が指導してもらうことなど滅多にないので、「柱稽古」は新しい試みでした。 基礎的な能力の向上から、様々な専門技能の習得など、鬼を狩るために必要な能力を会得できる可能性がありますが、柱が求める水準は非常に高いため、一般隊士達にとっては厳しい訓練となります。 【かまぼこ隊の育手は誰?】 主人公を中心とした3人もしくは4人グループのことを 「かまぼこ隊」と呼ぶことがあります。 そんな彼らは鬼殺隊内でも戦果を挙げている優秀な隊士たちでありますが、継子ではありません。 そこでここでは彼らの育手は誰なのかご紹介します。 伊之助に育手はいない? 伊之助は入隊前までは山で暮らしていた野生児で、幼いころに捨てられた過去があります。 また山で動物と力比べを生きがいとして生活していた際に、ある隊士といつものように力比べをして勝ち、その際に最終選別や鬼のことについて知りました。 その後、そのまま最終選別に参加したため育手はいません。 そのため彼だけが扱うことが出来る独自の呼吸法、「獣の呼吸」は、我流で会得した呼吸で他の呼吸法とは大きく異なります。 【「鬼滅の刃」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】 「鬼滅の刃」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「鬼滅の刃1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。 登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 まずは無料登録することで上記の様なサービスを利用できますが、登録してすぐ支払いや課金に繋がると思うと気が進まない方もいるかと思います。 そこでU-NEXTでは、「実際U-NEXTとはどのようなサービスなのか?使いやすいのか?など」ユーザーに一度お試しとして利用してもらう為に「31日間無料トライアル」というサービスを設けてくれています。 「31日間無料トライアル」の魅力は2つあり、 1つ目は【登録日から31日間限定で見放題対象作品が何度でも視聴可能】という事。 2つ目は、【31日間無料トライアルに登録すると加入特典としてプレゼントされる600P】です。 加入特典としてプレゼントされる600Pは、U-NEXT内にある全ての有料作品に使え、例えば電子書籍なら「鬼滅の刃」・「キングダム」・「進撃の巨人」、映像作品なら「アベンジャーズ」・「ジョーカー」・「ONE PIECE STAMPEDE」というように、600P以内の作品であれば利用可能です。

次の