コンコルド の 誤り。 コンコルド効果

コンコルド×グレタのパロCMが酷すぎる…煽りを不快とする声も

コンコルド の 誤り

【目次】• コンコルド効果とは? コンコルド効果とは どのようなものなのでしょうか。 ウィキペディアには 次のように書かれています。 コンコルド効果 (Concorde effect,Concorde fallacy) コンコルド効果は、心理現象の一つである。 コンコルドの誤り、コンコルドの誤謬、 コンコルドの錯誤ともいう。 「埋没的効果(sunk cost effect)」の別名であり、 ある対象への金銭的・精神的・時間的投資を しつづけることが損失につながると わかっているにもかかわらず、 それまでの投資を惜しみ、 投資がやめられない状態を指す。 簡単にいうと コンコルド効果とは、 今までに投資した時間・お金・労力が 無駄になるのがイヤで、 損することが分かっていても 後には引けないと感じる心理現象です。 人間の「 もったいない心理」が コンコルド効果ともいえます。 戻ってこない費用のことを サンクコスト(埋没費用)といいます。 そのため、 「 サンク・コスト効果」 ともよばれています。 多くの人は、 これまでに投資した時間やお金 (サンク・コスト)に引きずられて、 未来の判断を 誤ってしまう 傾向があるのです。 コンコルド効果の名前の由来 1962年、イギリスとフランスが 「 コンコルド」という超音速旅客機の 共同開発をしました。 はじめは、世界から注目されていて 100機以上の注文が入っていました。 しかし開発を進めていく中で 燃費が非常に悪かったり、 特別な航路が必要だったりと 次々に問題点が挙げられました。 さらに、時代の流れが大型旅客機に傾き、 コンコルドのキャンセルが相次ぎました。 このまま開発を続けても 利益が 見込めないのではないか…となり、 どれくらいの金額がかかるかを試算しました。 そのときにはすでに、「開発を止め 旅客機会社に違約金と賠償金を支払った方が はるかに安く済む」という結果が出るほど 大赤字であることが分かりました。 しかし、開発を中止したら、 今までにかけた時間やお金、労力が すべて水の泡になってしまうことと、 責任問題の追及の恐れなどから、 そのまま開発は進められました。 結果的に、4000億円の開発費用に対し、 数兆円の赤字だったという失敗例から コンコルド効果と呼ばれるようになりました。 コンコルド効果の例 コンコルド効果が 分かりやすい例として、 ギャンブルが挙げられます。 例えば、ギャンブルで 1万円損をしてしまったとします。 そこでやめることもできるのに 「1万円費やしたのだから、 あと5,000円つぎ込めば当たりがくるかも」と さらに投資してしまう心理です。 しかし、あと5,000円で 大当たりがくる根拠など、もちろんありません。 それでも、 「 最初に使った1万円が無駄になってしまう」 というコンコルド効果が働き、 さらに損をしてしまうことがあるのです。 まとめ この記事では コンコルド効果とは、どのような効果なのかを解説しました。 他の心理学用語について 以下の記事でまとめています。 興味のあるかたは是非。

次の

【注目の行動経済学から学ぶ】「コンコルドの誤り」に見る不合理な行動と心理

コンコルド の 誤り

」学』樋口晴彦著)。 フランス・パリ-米ニューヨーク間を4時間弱で結ぶ、超音速旅客機コンコルドの開発計画は1962年にスタートした。 しかし、計画は難航し、開発費用は当初の見込みを大幅に超過。 しかも、運航開始となっても燃費が悪いために採算が合わないのではないかという懸念も途中で台頭した。 そこで計画の再検討が行われ、開発を即中止して違約金を払う方が損失は軽微で済むという結論が出た。 しかし、計画は継続された。 69年に機体は完成したが、販売機数の採算ラインである250機を大幅に下回る16機しか売れず、結局76年に製造中止。 途中で撤退していれば傷は浅かったはずだが、当時の関係者は今まで苦労したのに中止するのは「もったいない」という心理にとらわれた。 このように、計画の途中で問題が認識されたにもかかわらず、執着により判断を誤ることを「コンコルドの誤り」と呼ぶ。 興味深いことに、それに陥るのは人間だけで動物には見られないそうだ。 「過去の行為に執着したり、くよくよと悩んだりするのは人間だけということらしい」とのことだ。 前掲書によると、1575年に起きた「長篠の合戦」での武田勝頼の敗北もそれで解釈できるという。 長篠城を攻めていた武田軍の兵数1. 5万に対して、援軍として駆け付けた織田・徳川連合軍は3. 武田はここで退却すべきだったが決断できなかった。 すでに兵糧や資材調達に莫大な支出を行い、将兵に死傷者も多数出ていた。 これまでの労苦が水泡に帰すことに耐えられなかったという。

次の

失敗とわかってももったいないから続けてしまう悲しい習性「コンコルド効果」を知って無駄を省こう!|ferret

コンコルド の 誤り

」学』樋口晴彦著)。 フランス・パリ-米ニューヨーク間を4時間弱で結ぶ、超音速旅客機コンコルドの開発計画は1962年にスタートした。 しかし、計画は難航し、開発費用は当初の見込みを大幅に超過。 しかも、運航開始となっても燃費が悪いために採算が合わないのではないかという懸念も途中で台頭した。 そこで計画の再検討が行われ、開発を即中止して違約金を払う方が損失は軽微で済むという結論が出た。 しかし、計画は継続された。 69年に機体は完成したが、販売機数の採算ラインである250機を大幅に下回る16機しか売れず、結局76年に製造中止。 途中で撤退していれば傷は浅かったはずだが、当時の関係者は今まで苦労したのに中止するのは「もったいない」という心理にとらわれた。 このように、計画の途中で問題が認識されたにもかかわらず、執着により判断を誤ることを「コンコルドの誤り」と呼ぶ。 興味深いことに、それに陥るのは人間だけで動物には見られないそうだ。 「過去の行為に執着したり、くよくよと悩んだりするのは人間だけということらしい」とのことだ。 前掲書によると、1575年に起きた「長篠の合戦」での武田勝頼の敗北もそれで解釈できるという。 長篠城を攻めていた武田軍の兵数1. 5万に対して、援軍として駆け付けた織田・徳川連合軍は3. 武田はここで退却すべきだったが決断できなかった。 すでに兵糧や資材調達に莫大な支出を行い、将兵に死傷者も多数出ていた。 これまでの労苦が水泡に帰すことに耐えられなかったという。

次の