桜井誠 産経。 桜井誠さん、どこまで票を取れるやろか。当選したらめっちゃオモロいなあ。日本が変わるで。

桜井誠 (活動家)

桜井誠 産経

あ マキャべリズムといってもしょうがないですが なんかねぇ。 私、緑のおばさんになんの思い入れもありませんでした。 赤いきつねのアコギさに、ある種目覚めています。 で、くりかえしにもなりますが、 豊洲は関係者が十分に段取りを整えて、 次のトップを待っていました。 あさひがー という声ばかり、ポシュのかたからは。 まぶしいってか ? この件はまともにみてないだろ、おまえら ! ということです。 現場を担う技術者は次に備えていましたよ。 これらを踏まえて、 親の仇とばかりの本を出したひとも、 このことについては、 認めていました。 けったくそわるいけど、 これは、、、評価します。 見に行く気にはならないけど。 みどりのタヌキもあかいキツネも どうでもいいんだけど、 お茶の間のあずかり知らぬところで、 動いてるということです。 アベが~のおっさん 珍しく歯切れがわるいですね 結論は小池支持ですか? 世の中は学歴詐称がどうたらとか、くだらないことを話題にしていますが、もうカイロ大学の発表で決着したでしょう。 まぁ、今の所、小池は可もなし不可もなしでしょうか。 つまらない。 私は骨の髄まで保守ですが、今回は真っ赤かの山本太郎に注目しています。 オリンピック中止とか、都民に10万円支給とか、注目すべき公約を掲げています。 武漢肺炎が来年終息するかどうかは、ひとえにワクチンの完成にかかっており、見通しは不透明。 そんなことなら、早いとこ中止を決めたほうがスッキリします。 オリンピック中止だと、これまでの投資が無駄になるという人がいるかも知れませんが、そんなことはありません。 ケインズ理論によれば、穴を掘って埋め戻すだけでも不況時の経済対策として有効なのです。 これまでのオリンピック投資は経済を下支えするうえで有効でした。 都民に10万円支給も良い政策です。 山本太郎はMMTを理解しているようで、財源は債券の発行でまかない、経済が好調なら税の増収分で返還するということで、極めてまともです。 さて、小池陣営はこれに対抗できる政策を打ち出せますかね。 彩希 関西生まれでも阪神間 要は神戸~大阪の間 と言うても十三、尼崎まで行かへん、大阪育ちのおば様には分からないかもですが、あの辺りに住んでる人やったら小池百合子が芦屋生まれで中学高校と甲南で、大学は関学の花の社会学部 百合子は中退でエジプト大学 と聞いたら、あ~なるほどなという感じ。 あの辺りでないと分からないカラーとでも言いましょうか。 私は小池百合子の経歴何も知らなかったけれど、後になって知って、あ~なるほどなと思いました。 私の友人にもいます、いわゆる上昇思考。 百合子みたいに強かでも剥き出しじゃないから長いこと気づかなかったけど。 そうですかで、18人も立候補ですか。 一応顔ぶれ見てみるけれど、今回は棄権すると思います。 前の時、百合子について何も知らずにヒタスラ鳥越は絶対に駄目~一心で都民の票が向かいました。 そうそう、小坪さんも褒めてましたっけ。 百合子はスポットライトが当たらない方へは行きませんよ。 前に都ファ大勝で味を占めたんでしょうね、希望の党を立ち上げて民進のゴミや雑魚を勢いで当選させたら数で党首として総理の座を狙えると欲惚けてしまってたくせに、党首討論でそれを問われたら「イエとんでもない、私は日蔭に咲く百合なんですから」と言ったの聞いて嫌な女だわと思いました。 彩希 在日韓国人には皆、韓国の参政権が与えられ兵役の義務もあります。 韓国では在日は旅行者の扱い。 それに御存知のように在日は日本が受け入れた移民でさえないです。 密航で入り込んで来た難民で、韓国に引き取りを拒否されたから仕方なく日本が滞在させてやるしかない民族でしかありません。 旅行者に参政権を与えてやる国など何処にもありません。 支持率が低い政党が投票者を増やしたくて企んでる陰謀ですから。 *韓国大使館より各種、お知らせです 2014年6月より、在外国民は、「海外旅行者」です。 韓国・朝鮮籍の在外国民「帰化・2重国籍・特別永住・一般永住」の皆様、全てです。 今後、引き続き、「日本旅行」を継続する場合、男性は「在日同胞のための兵役義務者の国外旅行案内(兵務庁)」パンフレットを、ご確認の上、韓国兵務庁にて、ご登録・お手続き下さい。 内容に違反する在外国民は、「違法滞在」です。 詳細は、韓国大使館へご連絡ください。 *現在、現役兵入営受付を行っています。 ネット申し込みも受け付けております。 ご登録下さい。 …………… 日本政府は在日の徴兵に協力を申し出るべきです。 外国人生活保護支給率が一番高いのは在日朝鮮韓国人なんですよ。 いやめでたい。 日本支配開始の一歩です。 我々は日本への帰化など望んでいません。 日本の兄の国である韓国国民としてのプライドと誇りがありますからね。 民団総連日本の市民団体の方々とともに手を組んで我々寄りの議員をどんどん送り込んでいきますよ。 当然我々寄り議員は韓国にメリットの大きい条例や法案を作ってくれるでしょう。 60万在日のパワーを見せつけてやります。 コリアン特区コリアン自治区を日本全国に広げます。 そして日本をのっとります。 マスコミは我々が大勢でちょっと大きな声をだしてやるだけですぐに動きますからね。 この条例成立がそれを証明しているでしょ? あとは日本中の在日コリアンコリア系日本人を総動員し日本中の都市街で投票条例を得る。 公務員にもなる。 最後は参政権【日本の主権】を手中に収めます。 住民票を移したり引っ越しだってやりますよ。 対馬にだって後ろには民主党 ,公明党がついてます。 独島も実質的に我らのものになっていますし強制連行や従軍慰安婦も事実として認められました。 今からこれからですよ。 対馬も韓国のものになるでしょう。 広島・静岡の首長は帰化した同胞。 もう日本による歴史歪曲や妄言や差別はたくさん。 これからの日本の主人は我々コリアンです。 appspot. html 19. 2020-06-08 1です。 怒りで語気が荒くなったのはお詫びいたしますが、主張内容にいっさい変わりはございません。 生産性ある言い分を聞かせてくれる桜井氏支持者が、今後も現れることはないでしょう。 時間の無駄ですので、いったん終わりとします。 一度失った信用を取り戻すのは、簡単ではないはずです。 お騒がせしてすみませんでした 保守速報管理人さんに、重ねてお礼を申し上げます。 私の各コメントをすぐ消さず、(おそらく削除依頼を受けるまで)残してくれました。 かえってご心労をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。 ミラーサイト管理人さんにもご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございませんでした。 (コメント場の提供に感謝しております。 ) 18. 2020-06-08 了見の狭い、了見の無い粗末なあなた方に、安倍さんを批判する資格など、一切ございません。 いえ、自分達の不祥事すらも解決できないのでしたら、売国野党の批判も出来る身分ではありません。 護国保守を名乗るわりに、誠意と道徳世界一の日本人の評価に傷をつける行為には、ぜんぜーん、反省がないんですね? 規律を重んじる日本人らしい振る舞いか否か、客観視できないとは。 自分達の狭い世界だけで遊んでいて下さいね。 【自分らが良ければ他人の損害なんか知らねえわ、余命募金団体パクってラッキー儲かった】な態度にしか見えない目的は、保守がメシの種ですか?外界に出て、護国に真剣に殉ずる他人を邪魔したり、もう迷惑をかけたりしないで下さい。 真剣な気持ちで勇気を持ってクレームを入れた一般の人間を、どこまでバカにしたら気が済むんでしょうねえ?この利己集団は。 一般社会人の礼儀すらも身についていない人達が、日本人の代表たる政治家を名乗るとか、お笑いにもほどがあります。 社会経験不足にしても、本来の人間性も備わっていないんですね、がっかりです。 2020-06-08 もしここを見ていたらですが、保守速報管理人さん、お世話になります。 またもや書き込み禁止だったので、ミラーさんにコメントさせていただきます。 「816. 名無しさん@ほしゅそく. ID:MxNjA5Mjg 気持ち悪い余命信者が何か喚いているな 2020年06月08日 12:04」 反論出来ないから、こういう幼稚なゴミクズ主張でしか自尊心を保てない、哀れな桜井誠氏支持者に関わるだけ人生時間の無駄だと、改めて体感しました。 この者は、桜井誠支持者を代表して応対している自覚はあるんでしょうか? かつての支持者のクレームを、桜井氏自らの無礼を指摘した者を、臭いものに蓋で口封じする政治家と支持者の集まり、それが「日本第一党」であると、認識いたしました。 救いようがないですね。 自身の不祥事の解決が出来ない、問題解決能力が無い、誠意がない、同じ護国保守同士の人間関係の構築すら出来ない。 政治では、国内はもちろん、あらゆる国々での良好な人間関係の構築は必要です。 仕事の一環です。 政治家に必要な資質が全くない人、それ以前、人間として信用出来ない人には、絶対に投票いたしません。 家族や知り合いにもそう伝えます。 2020-06-07 「813. 名無しさん@ほしゅそく. ID:Q1ODIzMDQ もし管理人さんのご判断なら納得して引き下がりましたが、流石に時間軸が違う。 削除が遅すぎるから違います。 あきらかに依頼を受けた削除だと思います。 かといって余命プロジェクトが依頼したとも思えません。 他人の批評はどうでもいい、やることをやるだけ、そういう集団ですからw 2020年06月08日 02:38」 「814. 名無しさん@ほしゅそく. 2020年06月08日 03:07」 15. 2020-06-07 もしブログ主催の管理人さんのご判断なら納得して引き下がりましたが、流石に時間軸が違う、遅すぎるから違います。 あきらかに依頼を受けた削除と思われます。 かといって余命プロジェクトが依頼したとも思えません。 他人の批評はどうでもいい、やることをやるだけ、そういう集団ですからw 14. 2020-06-07 「811. 名無しさん@ほしゅそく. そちらの書き込み込みで、自分のコメントを余命ミラーサイトさんに転載します。 桜井氏陣営を擁護するあなたに、釈明を要求します。 納得行かない💢 2020年06月08日 00:55」 13. 2020-06-07 「810. 名無しさん@ほしゅそく. 余命さん達の依頼か、桜井さんや瀬戸さん側の依頼か、管理人さん独自のご判断かは分かりません。 でも余命さんが立ち上げた「すみれの会」を奪った桜井氏陣営をかばうための削除だと、自分は受け止めました。 もし余命さん達なら過ぎたことだから相手も可哀想でしょうと、もし桜井さん達なら出馬時に余計なことを言うなと、もし管理人さんなら両方の気持ちを汲みとってあげてと。 印象が最悪なのは、昔の時点で人の気持ちを無下にした桜井さん達陣営です。 そうでないなら、弁明必ずお願いします。 トラブル回避で管理人さんが書き込み規制をされましたら、また余命ミラーサイトさんに書き込みます。 納得行きません。 人の純粋な気持ちを何だと思っているのか。 2020年06月08日 00:43」 12. 2020-06-07 以降はコメント1の私の書き込みです。 「807. 名無しさん@ほしゅそく. 名無しさん@ほしゅそく. 2020年06月08日 00:12」 11. 2020-06-07 「805. 名無しさん@ほしゅそく. > 姿を消したとの表現は正確ではないかも知れませんが、少なくとも請求した人の中には不安を持っている人もいるのは事実です。 この問題に関しては私は懲戒申し立てには加わってはおらず、直接の関係者ではないが、私への問い合わせが多かったので、懲戒申し立てた人たちが不安になって、私へのメールが相次いだ。 > そこで懲戒申し立てた人たちが少しでも情報を得られるようにと「余命三年緊急プロジェクト メーリングリスト」の作成に協力した。 (以下略)桜井氏のブログ(804. のコメント参照)にも書かれたが、2018年から2019年にかけての冬の数か月、余命が沈黙して懲戒請求者を困らせたのは事実。 2020年06月07日 16:25」 10. 2020-06-07 コメント1です。 【桜井誠、都知事選に出馬表明「都知事になったら記者クラブを潰します」「メディアはテロリスト(ANTIFA)との濃厚接触者」】の保守速報さん記事コメントから転載いたします。 「804. 名無しさん@ほしゅそく. この件について、余命三年側は代表者が「呼びかけなど行っていない」とはっきり(先日放送された)テレビのインタビューの中で述べており、余命三年側を信じて懲戒請求を掛けた人たちは梯子を外され途方に暮れているようです。 今回、この件を取り上げるのは、「自分もそうした請求を行った結果、相手側弁護士から書面が届いている」という相談が数件、桜井の下にも寄せられているからです。 (以下略)2020年06月07日 15:56」 9. 2020-06-06 コメント1です。 共感いただけて嬉しいです、感謝いたします。 また、保守速報管理人さんに、お礼申し上げます。 トラブルを招いた自分の各コメントを削除せず、残してくれました。 管理人さんが意見の多様性や個人の尊厳を大切にされているのを改めて知り、感激しました。 感謝いたします。 (ご両人ともミラサイさんをご覧になっているか分かりませんが、お礼申し上げます。 ) 8. 2020-06-06 7様、はじめまして。 1です。 アドバイスありがとうございます。 昔の件をなぜ今頃言い出したかですが、桜井さんが選挙に出ると知ったためです。 国民唯一の政局参画、未来を決める大切な一票を投じる先の選択を慎重に考えるのは、当然です。 出馬が無ければ、表だって言うことはなかったでしょう。 桜井氏陣営には、何を言ってももう無駄だと諦めていたのもあります。 余命さん達も、過ぎた話だと納得しているかもしれません。 でも出馬を知った以上は、たった一人でも裏切られたと泣く有権者がいるのを言いたかったのです。 7様の仰る方向性の違いだけなら、文句はつけませんでした。 思想信条や政策などの多様性は必要ですから、方向性の違いはあって然るべきです。 また、礼儀を通した上で余命さんを非難していたら、ここまでは思いませんでした。 桜井さんの記事を読んで、第三者ならその様に捉える人もいるかもしれないと、出来るだけ好意的に見るよう努力したでしょう。 でも恩を受けた相手に非礼を働いたと思ったから、クレームをつけました。 「完全なデマ」「五毛が発狂」「妄想物語」「お前訴えられたら一発で終わりだぞ。 」 嘘つき扱いや工作員扱い、訴えるの脅しです。 これじゃ余計に本人への不信が募るだけです。 自分の落胆に、わざわざ拍車をかけてくれました。 血の気が多い私の口調がぞんざいなのは詫びても、この反応はあまりに酷いと思いました。 2020-06-06 少々補足いたします。 元々は、余命さんから桜井さんが「すみれの会」を持ち去ったこと自体に怒っていたのではありません。 事を荒立てたくない余命チームが渋々納得しているのでしたら(自分にはそう見えました)、仕方ないと考えていたからです。 でも余命さん達の懲戒請求で弁護士が提訴予告を始めた頃、彼は余命さんを非難する記事を自身のブログに上げました。 余命さんを悪く言う前に、あなたが先に言うことがあるでしょう、礼儀をわきまえない人に、恩義ある相手を悪く言う資格はあるのですかと、疑問や怒りが噴出しました。 ご本人に直接言いたかったのですが、アメーバにアカウントを作りたくなかったので辞め、代わりに第一党顧問の瀬戸さんにメールを送りました。 ですがその後も、余命さんや寄付した人達に感謝の意を表すことなく、現在に至ります。 (懲戒請求に参加した寄付者もいる可能性への考慮もないんですかと、更に落胆しました。 ) 非常に残念でなりません。 お騒がせしてすみませんでした。 2020-06-05 結局、保守速報さんの該当記事内で、桜井誠氏支持の方々から弁明はありませんでした。 (もし自分の気持ちが誤解であれば、そう説明してくれればまだ納得が行ったかもしれませんが.....。 返ってきた言葉が「デマ」とか「お前訴えられたら一発で終わりだぞ。 」しかなかったから、疑問と心の傷がより深まりました。 ) 非常に残念です。 お騒がせいたしました。 2020-06-05 コメント1. 一般国民を脅迫する前に、まずはやることをやったら疑惑も解消しますよ。 (いきなり一般国民を脅迫する時点で、素人とはまーるで思えない云々はともかくw) あの頃は尖っていたからーとか、今頃になんだけどー間違いだったわーとか、反省なりなんなり、きちんと言えば良いんじゃないかな。 と思いますが。 2020-06-05 コメント1. 655. 名無しさん@ほしゅそく. ID:YxOTY2MDU あぁこの人、寄付した人達に一言のお礼も全くないまま、「余命三年時事日記」の寄付金団体を勝手にかっさらった人だよね。 思想信条はたいがい結構だが、有権者も多く居るであろう寄付者に対し、お礼も言えないんじゃねえ?(自分も寄付した一人だから、文句は云える立場だもんね。 ) かっさらったあげくに、寄付団体を作ってくれた余命三年のディスりをしたでしょ?懲戒請求の件で。 相変わらずお礼の一言も無いままで。 礼儀を知らない人間には、政治家なんぞ務まらんだろうが。 もし票が集まろうとも、自分はもう支持しないよ。 これでも前回の都知事選では、桜井誠一択で応援していたんだけどね。 つまり票を入れたってこと。 日本第一党には、もっと礼儀を知るまともな人材はいないのかなぁ?この人の功績は尊敬するが、上記の理由から、自分はもう支持しないから。 2020年06月05日 17:53 2. 2020-06-05 コメント1です、説明不足で失礼いたしました。 保守速報さんの桜井誠氏記事への書き込み禁止を食らいまして、ミラーサイトさんへ自責で書き込もうと、桜井誠陣営らしき人達の卑怯で姑息な対応に怒った結果です。 かつての支持者の一般国民の真摯な気持ちを舐め腐った、仮にも政治家を名乗る権力者達や周辺者の本当の姿がこれか?は、罵倒や脅迫を受けた、あくまで私の見解です。 彼らをどうご覧になるかは、当然、人それぞれです。 2020-06-05 余命ミラーサイトさん、いつもお世話になっています。 ミラーさんへのコメント時に表示される了承事項は、承知いたしました。 完全に名誉棄損案件だからな、IP辿って特定されて終わりになる案件だよ。 桜井氏支持者によると思われるこの脅迫、興味ある方は保守速報さん該当記事の私のコメント655ID:YxOTY2MDU以降の書き込み各種を見て下さい。 (起点655コメントを転載したかったですが、ミラーさんの字数制限で諦めました。 ) 名指しせず匂わせて脅迫の手法は、散々経験しました。 真っ当な国益保守を論じると決まって現れる、日本の国益内益を侵害して保身を得られるであろうと思われる立場の人達に。 また私は、保守の分断を煽っているのではありません、むしろ団結を願っています。 コメント655への弁明も無く脅迫まで行うなんて、人として終わっています。 実際に裁判となった想定で、桜井さん支持の証拠は多々あります。 (昔々の在特会への寄付とか、前回都知事選時の桜井氏への寄付とか、すみれの会寄付時の銀行振り込み領収書始め、私名義の証拠もあります。 ) 維新ヘイト条例犠牲者の保守速報さんは、発信リスク現状維持のためか、記事をすぐ削除しますから、ご興味ある方は当該記事をぜひ。 日本を愛する日本人より一言。 橋下徹君に議論で勝ったのは桜井誠さんくらいでは? 以前橋下徹君が桜井さんに論戦を挑んで大阪市庁舎で討論をしたことがあります。 議論に負けそうになると橋下君はすぐに相手を大声で罵倒して打ち負かそうとしていました。 まともな話し合いで橋下徹君をコテンパーに打ち負かしたのは桜井誠氏くらいではないでしょうか?彼は確かに安倍総理も呼び捨てにしますし、礼儀がなっていないと言われればその通りです。 しかし、私も政治家で気に入らない人(例えば後ろから味方を鉄砲で撃つ人)は呼び捨てです。 そうすると「さん付け」する人がとても少ないのに気づきます。 (日本の尊厳を護る会の議員位) 昔は私も党員にもなっていましたが何分政策が100か0かで民主主義の51:49で51を実践する政策でないと支持者が増えないと思い、今は内緒で支援しています。 ホントはポスターを掲示してあげられる位の政策もほしい所です。 でもまともな政策ですよね。 弓取り 現職の進退伺い選挙でしょ。 小池は現職だから優位ではありましょう。 バタバタできないことは、誰でも感じるところです。 それで投票率がさがって、いつもの組織票がモノを言いかねないのが最大の懸念です。 桜井を推したいけどマスゴミが「差別」して無視するから、大事な知名度が上がりませんね。 桜井を知らない都民も多いことでしょう。 大阪維新の橋下なんかもテレビ露出がなかったら、現在の「地位」はなかったんとちゃう?テレビ出演が選挙活動てなもんです。 都民の投票行動パターンからすると、ジミ爺の宇都宮よりも韓国に変に配慮しまくる知名度だけの山本が得票しそうですね。 桜井が、外国人参政権推進の山本テローより得票できるかどうかが、日本の将来を占うことになりそうです。 こんなとこに関心がいくのも、自民都連が独自候補を立てられないからざんす。 これが都知事選にまつわる隠れた問題だと思います。 ノビテルでもいいから知名度のある奴を候補にしろ。 大阪にしても沖縄にしても、自民の不甲斐なさが目につきます。

次の

【東京都知事選】桜井誠氏街頭演説詳報(23日)「国費(外国人)留学(生)制度で反日を育てている」「都内の学生に無償で奨学金を払う。財源は外国人への生活保護の停止」(1/12ページ)

桜井誠 産経

で座り込む沖縄の年寄りたちに対し「こいつらぜんぶ撃ち殺せ! 」と叫ぶとテロ支援団体「」の真実の姿をお見せしよう。 かれらが京都の無実の子どもたちにどれほど恐ろしいを展開していたのか、おぞましいばかりである。 まさに今日の西村のはその沖縄版だった。 彼らがいかに沖縄の老人たちを愚弄しつくしたか、下に添付した 西村の動画だけでもご覧になってほしい。 なぜならば、これが今の日本の言語暴力のリアルだからだ。 とが 貸切バスに乗ってゲートにやってきた。 無知と厚顔とをふりかざし、 本土からどやどやと、ほんとにいい迷惑な話だ。 いったいどんな思いで沖縄の年寄りたちが戦中戦後の沖縄を生きぬき、いったいどんな思いでに座り込んでいるのか、 県外のこの者たち、戦後の甘露にどっぷりとスポイルされ、自意識で陶酔し自己中心主義で堕落した脳ミソには、決して想像もできないのだろう。 沖縄の現実を生きてきた年寄りたちを、この者たちは、よってたかって、集団で、何度も、何度も、何度も、笑いものにした。 年寄りたちを、 「臭い水飲んでる」「臭い臭い」と、集団であざ笑い、覗きこんでは、変な声で、何度も、 「おじいちゃん、おじいちゃん、なさけないよ、おじいちゃんー」と嘲笑した。 なさけないのはどちらなのか。 どんなふうに植民地化されたら、こんな腐った脳ミソ集団ができあがるのだろうか。 ヘイトで頭が麻痺した青年「孫より若い、そんながきんちょにこんなこと言われて恥ずかしくないのか」って、逆だよ、あんたたちが恥ずかしいんだよ。 — うちなーあるある かるた trueokinawa2017 ヘイターは常に自分より弱者をターゲットにしようとするが、それは彼ら自身が心の弱者であることを死に物狂いで隠蔽しようとする、その歪んだ心理欲求からきている。 その臆病な心は、目の前にたちはだかる日本最大の 米軍 を、だとでもみまがうのであろうか。 日本警察を「基地の警備員」と呼ぶ。 さらに警察に対し、 「 警察が安全に仕事できているのも米軍のおかげだ」と説教たれた。 まさに「」どころか「カ第一党」ぶりをさらす。 そしてが 何度も 「撃ち殺せ!」と叫ぶ。 「 カ軍のその基地で君ら警備員やってるだろ、そして君たち腰に本物の銃をつけてるだろ、だったら、かまわないから、 こいつらぜんぶ撃ち殺せ! 」 と、絶叫している。 彼らは、日思会関係者につれられてきたと同様、ひょっこりと「国有地を占拠するな」などと叫ぶが、そもそも、お前たちが立っているその地は、今も昔も、国有地以前に、沖縄の土地だ。 このブロ右翼どものさ加減には吐き気がする。 まあ、今回のこれで、ますますのヘイト・グループ、の温床としてのお里が警察に知れたというものだ。 機動隊も、のような極右団体のテロの可能性を重々警戒していることは、今日のこのニュースからもわかる。 日本の機動隊が想定する 神風と 日の丸をえがいたハチマキの不審者どもの設定は、まさに、こうした 狂信的な極右テロリスト団体を想定した訓練だということを物語る。 まず、みなさんに見ていただきたいのは、 「撃ち殺せ! 」の のカスさ加減もだが、 同行しているあの、京都襲撃事件や強要事件で3年6カ月のを受けた 西村斉である。 時間合わせしてあるのでぜひご覧いただきたいと思う。 これだよ。 この男は、と戦後を生きのび、どんな思いでに座り込むのか、そんな沖縄の年寄りたちにも、こんな暴言を吐くだけではない。 この男らは、日本で生まれ育ちに通っている、 何の罪もない子どもたちの前で、この卑劣な憎悪言語暴力を臆することもなくやらかしてきたのだ。 気分悪いと避けて通らず、 まず、聞いてみていただきたい。 こんな暴力をうけつづけた子どもたちは、どれだけ恐怖で震えたことだろう。 そして未だに こんな 言語暴力が、警察の面前で未だに野放しなのだ。 時代に起こした、京都朝鮮第一初級学校への連続ヘイト街宣を思い起こさせるものだった。 他で、こうした嫌がらせが出来なくなったので沖縄に来てやっているんだろう。 卑劣な連中だ。 始終、ヘラヘラ笑いながら、クスクス笑いながら嫌がらせをやっていたのには非常に憤りを覚える。 — Makoto Kouno mkouno4 この男が、三年半ものを喰らって、いまや本土でなかなかできなくなったヘイト・スピーチを、この沖縄で羽目を外してやっている。 しかも、この 西村斉を歓び迎えてする男がここに一人いる。 昨日の沖縄講演会に登壇したカナンスローファームの 依田啓示氏だ。 情熱は農場経営からへと転身の模様。 他県からにやってきて、臭い水飲んでるなどと沖縄の年寄りをさんざん集団であざ笑ったあげく 警察に対し、警察が安全に仕事できているのも米軍のおかげだと説教たれた がどれほど卑小で知性のカケラもない幼児性の塊か、警察にもよーく伝わったな。 — 不安クラブ ospreyfuanclub どんな思いで年寄りたちが戦中戦後の沖縄を生きぬき、に座り込むのか のヘイト脳はどっぷり戦後の甘露にスポイルされ、年寄りたちを臭い水飲んでると集団であざ笑い、覗きこんでは嘲笑した。 この罪は未来永劫こいつらの灰色の魂に刻印されることだろう。 — 不安クラブ ospreyfuanclub truthaboutokinawa.

次の

桜井誠 (活動家)

桜井誠 産経

メールやレポート 学生 は、次の「メールフォーム」から送信してください。 は、の母親が経営していたというスナックを探し出し、今は別の人が経営している店舗まで取材している。 まことに見上げた取材力と調査力だが、しかし、そこに現場主義の限界と欠陥も明かである。 現場主義にこだわる人は、取材対象にこだわり過ぎるあまり、その背後にあるもっと本質的なものへの探究心を見失うからである。 目前に現れた現実の風景や人間に振り回されるからである。 は北九州で取材して、炭鉱町の栄枯盛衰を表面的にしか描いていいない。 その背後に隠れた問題に、目を向けていない。 が、何故、在日韓国・の問題、いわゆる「在日問題」や「」を執拗に告発しているのか、という問題を、十分に分析・解明していない。 北九州に、「村」があったとか、「学校」があったとか、表面的な知識を披露するだけだ。 北九州は炭鉱町であったが、それだけではない。 そこは「炭鉱労働者」の町だった。 強制連行 徴用 されてきた炭鉱夫。 それを雇い、過酷な労働を強いて、莫大な利益を上げていたのがの一族 麻生炭鉱 であり、NHK会長の籾井某の一族 籾井炭鉱 だった。 言い換えれば、「在日朝鮮・韓国人問題」の原点の一つが、ここにある。 は、という貧しい少年に固執するあまり、の背後の闇の部分を見ていない。 《私は高校時代の高田が住んでいた八幡西区の住宅街を訪ねた。 学校からさほど離れた場所ではない。 高田の実家は、すでに人手に渡っていた。 この土地に係累は残っていない。 は大分前から家を離れ、スナックを経営していた母親は13年に亡くなっていた。 高田が東京に出てむしぱらくは彼の弟夫婦が住んでいたというが、現在は県内の別の場所へ転居している。 近隣住民の多くが、高田のことを覚えていた。 ただし返ってくるのは「目立たない」「おとなしそう子」といった通り一遍の言葉でしかない。 高田家とわずかに交流を持っていたという主婦だけが、こめかみに指を当てながら、彼に関する記憶を無理やりに絞り出してくれた。 》 『ネットと愛国』 は、何故、「在日」や「」に執拗にこだわるのか?何故、在日問題に敏感なのか?そして同時に、の「在日」論や「」論は、それなりの説得力と影響力を持つのか?の『ネットと愛国』は、を批判するだけで、の内部の思想心理、つまり「思想の生理学」の分析がない。 何故、が現在のになったのか、の問いがない。 その思想の生理学の分析・解明がない代わりに、周辺情報や暴露情報を集めていくだけだ。 《朝鮮高校の最寄り駅であるから二駅ーーjr近くの飲み屋街を私は歩いた。 13年前に亡くなった高田の母親は、その一角にある雑居ビルのなかで、スナック『たそがれ』のママをしていた。 『たそがれ』のあった場所には当然ながら他のの店が入り、高田の母親を知っている者はそこにはいなかった。 》 《ママや近所の人のの話など総合すると、地元でアルト生活を送っていた高田が上京したのは1997年、彼が20代半ばのときだったという。 町工場や古い住宅が軒を連ねる東京の下町で、高田は家賃3万5000円のアパートを借り、警備員の仕事に就いている。 「無口で目立たない男」だった高田が、カリスマ「」として世間から注目を集めるようになるのは、それから10年の月日を要する。 》 私は、以上の文章を読んで、生理的嫌悪感と激しい怒りと不快感を感じた。 書き写しながら、私は、自分の母親のことを思っていた。 母親とその職業。 誰にも触れられたくないし、また触れたくもない存在の秘部である。 は、の社会的信用をなくすために、の母親の職業を持ち出している。 土足で踏み込んでいる。 文体に愛情がない。 無能な左翼ライターの大衆蔑視の文体である。 私は、「私はである」と思った。 さて、とは何か。 「お前は、何処の馬の骨だよ」「の母親とは何者か?」と思った。 の悲しみと喜び、そして屈辱と怒り、それは平均な日本人の悲しみと喜び、そして屈辱と怒りであろう。 の背後には、や左翼文化人、東京のインテリ等がいるだろうが、の背後にも、無数の「名もなく、貧しい日本人」がいるだろう。 《高田は高校卒業後、しばらくは地元でアルト生活を送っていたという。 その後、今から15年ほど前に東京へ移った。 》 私は、の文体に、差別的な倫理主義者の視線と文体を感じる。 場末でスナックを経営経営してママを勤めていたというの母親のこと。 高卒後、定職もなくアルト生活 、そして上京。 東京の下町の貧しいアパートに住み着く。 そして、何年かののちに、「」の「」として注目される。 ふと、作家のやのことを思い出した。 も、高卒で上京、大学進学を諦め、アルト生活を続けながら、同人雑誌で小説修業に励む。 《自分からは本名や経歴を一切明かさず、正体が謎に包まれていることも、なおさら彼の゛神格化゛に力を貸している。 しかし、昔の級友たちが語る「高田」は饒舌どころか、その存在すら疑われるあやふやな印象しか残していない。 当時の高田が外国人の排斥を主張した場面など誰の記憶にもになく、むしろ彼自身が「排斥」されていたのではないかんと思わせるような人物像しか浮かび上がってこない。 》 《実家のあった地域は、九州でも有数の集住地区に隣接している。 地元の人によると、この近くには1950年代まで「朝鮮部落」と呼ばれる小屋の並ぶ一帯があったという。 その後、の建設によって街路は整備され「混在化」も進んだが、現在でもが多く住む場所として知られている。 九州にただ一つある朝鮮高校も至近距離だ。 》 とは違って、私は、「米田」という「」幹部が語ったという次の文章にこだわる。 は、軽く聞き流しているが、ここに本質的な問題の指摘と分析がある。 《そこで米田は一呼吸置くと、私を正面に見据えたうえで一気呵成にまくしたてた。 「我々は一種のを闘っているんですよ。 我々の主張は特権批判であり、そしてエリート批判なんです。 」(中略) 「だいたい、左翼なんて、みんな社会のエリートじゃないですか。 かつての運動だって、エリートの運動にすぎませんよ。 あの時代、大学生ってだけで特権階級ですよ。 差別だ何だのと我々に突っかかってくるなんかも十分にエリート。 あんなに恵まれている人たちはいない。 そして言うまでもなくマスコミもね。 そんなエリートたちが在日を庇護してきた。 だから彼らは「」には目もくれない。 》 「」や「」は、左翼エリートという特権階級を批判しているのだ。 階級の人間たちとの「」を闘っているのだ。 は、「」や「」を批判・冒涜することによって、左翼エリートという特権階級に迎合し、媚びを売っているのだ。 あわよくば、自分も、左翼エリートという特権階級に仲間入りしたいと。 戦後日本で、「左翼」が、「左翼エリートという特権階級」を形成してきたことを指摘し、批判・攻撃したのは、やだった。 の「批判」の思想は、やの「戦後左翼批判」につながっている。 だから、強いのだ。 メルマガ『週刊・』 月500円 でお読みください。 安倍政権の正体を知りたければ、これを読むべし。 最近の日本の「保守」は「エセ保守」ばかり。 有料『週刊・』 月500円 でお読みください。

次の