お手間を取らせてしまい。 「手間」と「手数」の意味の違いと使い分けを徹底解説!類義語も紹介

度々すみません。は英語でどう言うの?

お手間を取らせてしまい

「手間」の意味と使い方 「手間」の意味は、 ・ある事のために費やす時間、労力 ・手間賃(仕事にかかった時間や出来高に応じて支払われる代金)の略 ・手間賃をもらってする仕事。 また、その職人 となります。 「手間」は「ある事のために費やす時間、労力」という意味で使われることがほとんどです。 「手間」を使った言い回しを紹介します。 ・手間がかかる:ある事をするのに、時間や労力が必要とされる、費やされる ・手間のかかる:ある事をするのに、時間や労力が必要とされる、費やされる ・手間をかける:そのために、時間や労力を使う、つぎ込む ・手間取る:ある事をするのに、予想以上に時間や労力がかかる ・手間いらず:時間や労力がかからない、容易に事が運ぶ ・手間を省く:時間や労力をかけない、減らす ・手間だ:時間や労力がかかって、面倒である ・手間を惜しまない:時間や労力がかかる事を嫌がらずに進んでやる 「手間がかかる」はある事を、時間・労力を惜しまずに達成した場合に使います。 例えば、「意外にも課題に手間がかかってしまった」「手間をかけて、誕生日会のために色々と準備をする」といったように用います。 「手間を省く」はある事を、時間や労力をかけずに行うときに使います。 例えば、「わざわざそこへ行く手間を省く」「注文するたびに個人情報を入力する手間を省く」といったように用います。 「手間」を敬語表現にするには、尊敬を意味する接頭語の「お」を付けて 「お手間」とします。 「お手間を頂戴する」「お手間をとらせる」などと使います。 「お手間を取らせる」は相手が自分のために時間や労力を割くことを、お願い・お詫びをするときに使うことが多いです。 「手数」の意味と使い方 「手数」の意味は、 ・それに施すべき手段の数 ・その物事または他人のために特に力を尽くすこと となります。 「手数」は前者の意味では 「てかず」、後者の意味では 「てすう」と読みます。 「手数」は「ある物事を達成するために必要な労力」を指します。 ですので、 「お手数おかけしますが」は「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせますが」という意味になります。 「お手数おかけしますが、明日またご連絡いたします」などと、自分に対しては使用できないので注意しましょう。 「お手数をおかけします」は「お手数」と「おかけする」の「お」が尊敬語なので、 厳密には二重敬語ですが、一般的に使われているので使用しても問題ありません。 「それに施すべき手段の数」という意味で「手数」を使う場合は、「手数(てかず)と報酬の割りが合わない」「手数(てかず)のかかる料理」などとします。

次の

間違いも多い「お手間を取らせてしまい」の意味と使い方・敬語表現

お手間を取らせてしまい

「ーを省く」「ーがかかる」「ーのかかる仕事」 (2)働き手。 人手「ーをやとう」 (3)労賃。 手間代。 手間賃。 「ーをはらう」 (新選国語辞典、大辞泉 より) てま【手間】 (1)ある仕事に費やす労力や時間。 「ーのかかる仕事」 (2)「手間賃」に同じ。 「ーを払う」 (2)手間賃を払って雇う人。 また、その仕事。 「ーを入れる」 (大辞林 より) 考察:手間について 「 手間」=自分や他人が、 目的のために作業をし時間を費やすこと。 対象者:「自分自身、他人」 目的(人・結果)のために行われる行為。 完成までの行程の数。 てかず。 「ーをはぶく」 (2)めんどうなこと。 「どうもおーでした」 (3)他人のためにことさらにかける手間。 てかず。 「おーでもよろしく」「おーをかけて恐縮です」 (新選国語辞典、大辞泉 より) てすう【手数】 それをするのに必要な動作・細工などの数。 また、それが多くて面倒なこと。 てかず。 「ーばかりかかる仕事」「おーですがよろしくお願いいたします」 (大辞林 より) 考察:手数について 「 手数」=自身や他人が、 第3者(誰か)のために時間を費やすこと。 対象者:「(言われる場合のみ:自分)、言う場合:他人のみ」 自身のためにする自分の作業に対して、「手数」という表現は見受けられない感ございます。 作業をする「誰か」にたいし「( 自分または第3者が)お手数になる」「 (自分または第3者が)お手数をかけた」という表現が使われていると考えます。 または、 誰かのために自身が何かをした場合に言われる言葉と解釈します。 手数は、誰かに何かをしてもらう 作業前のお願いに添える言葉、 作業してもらった完了後の感謝に添える言葉として使われる印象。 (例)「お手数をおかけして大変恐縮ですが…」.

次の

「手間」と「手数」の意味とは?

お手間を取らせてしまい

「お手を煩わせる」とは、頼みごとをするときにおいて、よく使われている言葉です。 「お手を煩わせる」という表現は、日常の会話でもよく使われていますが、特にビジネスシーンで耳にすることが多いです。 「手を煩わせる」の丁寧語が「お手を煩わせる」という言葉ですが、「面倒をかける。 手間を取らせる」という意味のあるこの言葉は、頼みごとをする際に使います。 今回は、「お手を煩わせる」の意味や使い方をご紹介します。 「お手を煩わせる」の意味 「お手を煩わせる」の意味をご紹介します。 「お手を煩わせる」とは簡単に言うと、手を不快にさせる、わざわざ動かさなくても良い手を動かせてしまうという意味です。 「お手を煩わせる」とは先ほどもご紹介したように、「手を煩わせる」の丁寧語です。 「面倒をかける」や「手間を取らせる」というような意味合いで使います。 「煩わせる」の読みと意味 「煩わせる」の読みと意味をご紹介します。 「煩わせる」は「わずらわせる」と読みます。 意味は、不快な思いや、わざわざしなくても良いことをしなければならないような面倒事などを表します。 「お手を煩わせる」に似た言葉と違い 「お手を煩わせる」に似た言葉と違いをご紹介します。 「お手を煩わせる」には似た言葉があります。 今回は「お手数をかける」「お手間を取らせる」「ご負担をおかけする」「ご迷惑をかける」の4つをご紹介します。 「お手を煩わせる」を言い換えたり、似た表現を使いたいという場合の参考にしてください。 「お手数をかける」 「お手数をかける」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「お手数をかける」という言葉があります。 「お手数をかける」は「お手を煩わせる」と同じで「相手に負担や手間をかけさせてしまう」といった意味を持っています。 「お手間を取らせる」 「お手間を取らせる」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「お手間を取らせる」という言葉があります。 「お手間を取らせる」は「お手を煩わせる」と同じで、「相手に負担や手間をかけさせてしまう」という意味を持っています。 「お手数をかける」と「お手間を取らせる」は「お手を煩わせる」と同じ意味を持っていますが、その中でも「お手を煩わせる」は丁寧かつ敬語の表現として使えます。 「ご負担をおかけする」 「ご負担をおかけする」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「ご負担をおかけする」という言葉があります。 意味は文字のとおり「負担をかける」です。 相手に負担をかけてしまうという場合に、「お手を煩わせる」の他に「ご負担をおかけする」も使うことができます。 例えば、相手に負担をかけたことを謝罪するという場合に「ご負担をおかけして、申し訳ありません」などというように使います。 「ご迷惑をかける」 「ご迷惑をかける」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「ご迷惑をかける」という言葉があります。 「ご迷惑をかける」は「迷惑をかける」という意味です。 例えば、相手に迷惑をかけてしまった後や、これから迷惑をかけてしまうという場合に、「ご迷惑おかけしました」や「ご迷惑をおかけします」というように使います。 「お手を煩わせる」の文例 例1は、仕事などを依頼する時です。 仕事などを依頼する時の「お手を煩わせる」の使い方をご紹介します。 仕事や頼みごとなど、相手になにか負担や手間をかけさせてしまうという場合に、「お手を煩わせる」という表現は役立ちます。 お手を煩わせますがメールをお願いします お手を煩わせますがメールをお願いしますという言い回しをご紹介します。 仕事などの依頼をする時の「お手を煩わせる」の使い方の例として「お手を煩わせますがメールをお願いします」という文があります。 メールで質問や見積もりなどの依頼をしたという場合などに、「お手間を取らせますがメールをしてください」といった意味合いで、「お手を煩わせますがメールをお願いします」というように使うことができます。 例2:相手の配慮にお礼を伝える時 例2は、相手の配慮にお礼を伝える時です。 相手の配慮に対してお礼を伝える時の「お手を煩わせる」の使い方をご紹介します。 普通は相手が手間をかけたり、負担をしてなにかをしてくれたという場合に、お礼をします。 そのような場合に、「お手を煩わせる」を使って、相手の配慮にお礼を伝えることができます。 お手を煩わせましたがありがとうございました お手を煩わせましたがありがとうございました。 という文をご紹介します。 相手の配慮にお礼をする時の「お手を煩わせる」の使い方として、「お手を煩わせましたがありがとうございました」という文があります。 「お手間や負担をおかけしましたが、感謝しています」といった意味合いで使います。 手間や負担に対し感謝を伝えます。 少し言葉を足して、「お手を煩わせてすみません。 ありがとうございました。 」と使うこともできます。 例3:謝罪する時 例3は、謝罪する時です。 謝罪をするという場合に「お手を煩わせる」を使う場合の使い方をご紹介します。 例えば、相手に手間をかけさせてしまったり。 負担をかけさせてしまったという場合に謝罪をするとします。 そのような場合に、「お手を煩わせる」を使って謝罪をすることができます。 お手を煩わせ申し訳ありません お手を煩わせ申し訳ありません。 という言い回しをご紹介します。 謝罪をする時の「お手を煩わせる」の使い方の例として、「お手を煩わせ申し訳ありません」があります。 「手間や負担をかけさせてしまったことに対し謝罪します」といった意味合いで使うことができます。 敬語を使うことが苦手な方におすすめの本はこちら 敬語を使うことが苦手な方に、敬語「そのまま使える」ハンドブックという本をおすすめします。 敬語「そのまま使える」ハンドブックは、日常の会話やビジネスシーンで使われている、基本中の基本の会話の言い回しを、豊富な例文で紹介しています。 本の中で紹介されている例文をそのまま覚える・使用するだけで、正しい敬語を話すことができます。 敬語を話すことが苦手だという方や、正しい敬語を学びたい方は読んでみてください。

次の