メルパルク 仙台 結婚 式。 メルパルク仙台での結婚式トラブル!炎上した経緯や花嫁ゼクシィクチコミについても

「結婚式が台無しに」で謝罪も…「メルパルク仙台」への批判が止まらない

メルパルク 仙台 結婚 式

ホテルのウェディングプランナーだった女性が、客とのトラブルが発生した際に勤務先が虚偽の説明をし、ネットで中傷された女性の名誉回復などの措置をとらなかったのは安全配慮義務違反だとして2月20日、ホテルの運営元であるメルパルク株式会社(東京都千代田区)に対し、約330万円の損害賠償を求めて仙台地裁に提訴した。 女性が勤務していたのは、ホテルメルパルク仙台。 トラブルの発端は、2019年6月にメルパルク仙台で式を挙げた夫婦が、式場側の不手際をネットで訴えたことだった。 テレビなどでも大きく報じられ、式場側に批判が殺到した。 その後、参列した夫婦の友人が、提訴した女性プランナーの名前を一部伏字にして「友達の結婚式がぶち壊されました」などとツイート。 批判の矛先は、女性プランナーに集中した。 ネット上には、女性のフルネームや住所などの個人情報が掲載され、「人の人生ぶっ壊したの あなただよ」、「愉快犯に殺されそう」といった書き込みがなされた。 事態は警察が女性や女性の家族のパトロールをするまでに発展。 女性は体調を崩し、2020年1月に退職していた。 今回問題となった結婚式では、初回時の客に対応する「受付班」として、夫婦に接客していた。 その後、担当は同僚のプランナーに引き継がれ、同僚が挙式まで数カ月かけて打ち合わせをおこなった。 式当日は、夫婦からの事前のお願いが複数果たされなかった上、招待客の引き出物の中に発注表が入っていたり、食事が打ち合わせした内容と違ったりするなど、不手際が重なった。 その後、同僚と婚礼マネジャーは夫婦に対し、「(原告の)女性が勘違いし、それを同僚がフォローした」、「(夫婦と)一緒に(女性を)怒りたい」など、責任の多くが女性にあるかのような説明をしたという。 その結果、夫婦から話を聞いた参列者が、7月上旬からSNSで発信。 女性側は、同僚や婚礼マネジャーが誤った事実を夫婦に説明した行為について、会社は使用者責任を負い、会社が女性の名誉回復や被害拡大の防止のため、記者会見などの措置を何も取らなかったことについて、安全配慮義務違反があったと主張。 慰謝料300万円のほかHPへの謝罪文掲載を求めている。 「会社として、どのように従業員を管理し、再発防止を考えていくのか。 労働者の安全管理をどう図っていくのか。 それを明らかにすることが訴訟の意義」と話し、今回の訴訟は労使の問題と位置付けている。 メルパルクは弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「係争中のため、コメントできない。 詳細については訴訟の中で主張していく」とコメントした。

次の

メルパルク仙台での結婚式トラブル!炎上した経緯や花嫁ゼクシィクチコミについても

メルパルク 仙台 結婚 式

メルパルク仙台のウエディングが炎上! 今回炎上しているメルパルク仙台の結婚式が炎上するきっかけになったのは、Twitterに投稿されたこんなつぶやきから。 友達の結婚式がぶち壊されました 絶対このホテルを許したくありません 毎日泣いてる友達が可哀想でほんと目も当てられない ホテルは「二度と会わない」「質問は受付ない」と言い放ったそうです — ねぎ オヨルン negi391 新婦が毎日泣いている? 結婚式を挙げた後って、女性にとっては一番幸せを感じる期間じゃないですか? それを、毎日ないているなんて、どんなつらいことがあったんでしょうか? しかも、ホテル側から「二度と会わない」「質問は受付ない」と言い放たれるって、尋常じゃないですよね? メルパルク仙台のひどすぎる対応、慰謝料レベル! 新婚の二人にとって、一生に一度の思い出となるはずのの結婚式。 それは、関わる周りに人にも幸せな気持ちを分けてくれる素敵な瞬間です。 そんな幸せな時をぶち壊されたとは、ような・・・。 このプランナーと夫妻の間で一体どんなことが起きたんでしょうか? まずは、ゼクシィの投稿サイトに書き込みされたご本人の口コミから。 このくまのプーさんという方が、今回の被害者のようです。 書き込みの続きが以下の通りです。 1年前からずっと結婚式を楽しみに往復8時間かけて打ち合わせしてきた。 訳あって友人と兄弟のみの式で、何があっても絶対に旧姓を言わない約束だった。 打ち合わせの時見積もりなど毎回下の名前の漢字が違う。 花や映像等外部打ち合わせで毎回旧姓で呼ばれ来ない両親への演出を聞かれ嫌だった。 式場見学で同じ会場は1日1組と言われ、花嫁と鉢合わせはないと安心して契約。 会場装飾も自由に自分たちで出来ると聞いて楽しみにしていた。 式2週間前に当日直前まで会議で披露宴会場を使うため装飾を出来ないと言われ渋々了承したが、実際は別のカップルの結婚披露宴で使われていた。 当日着付けを30分早められ、ドレスとタキシ-ド姿で待機中突然カ-テンを閉められ出てくるなと言われた。 他の新郎が入ってきて着替え始めたので、物音を立てないように気を付けた。 待っている間、ドレス用グロ-ブの毛玉が多かった事と、新郎胸のブ-トニアがそっぽを向いているのが気になった。 他の新郎が退出して間もなくチャペルの音が聞こえてきた。 こんな嫌がらせをするために着付け時間を早められたのかと思うと辛かった。 旦那はタキシ-ドで移動中他の花嫁と鉢合わせした。 挙式前に写真室でゲスト全員と記念撮影をした。 その後チャペルだが、次は披露宴会場へ移動するよう案内されていた。 みんな出た後心配に思いながら、写真室でチャペルでの動きを5分くらいの急ぎでレクチャ-され私達もチャペルへ移動。 写真室で練習した立ち位置が逆で入れ替わる。 司会者に絶対やめてといっていた旧姓でアナウンスされた。 私だけが我慢すればいいと思い泣くのをこらえながら入場。 嫌な気持ちのまま披露宴へ。 電報は読まない約束だったが読まれた。 新郎は会社に電報を断っていたため私の会社からの1通のみで恥をかいた。 ここからゲスト目線。 2才のお子様にノンアルコ-ルドリンクをすすめる。 お子様を危ないエレベ-タ-近くに誘う。 受付をやってくれた兄弟にドリンクが提供されない。 ウェディングケ-キがお子様4名分提供されない お子様分も計算に含んで作っていた ドリンクフルコ-スにしていたのにビ-ルしかない。 巻き寿司がケ-キとコ-ヒ-の後1番最後に出される。 ゲストの引き出物の中に原価まで細かく書かれた発注表が同封。 駐車料金が発生する人、しない人。 他にも多々ある。 一生に一度の結婚式を台無しにされた。 引用:ゼクシィ メルパルク仙台、掘ればいっぱいボロが出るやん。 漬物寿司の写真は笑ってしまったよ。 が、出るわ出るわ。。。 まだまだありそうなので調べてみると、お友達の投稿もありました。 メルパルク仙台の結婚式がひどい! この夫婦のお友達がアップしている問題点はこちらです。 友達は文字数ぎりまで書いてます 実際もっとです 花に関しても10万の予算で花がない 花屋が逃げている謝罪なし 風船、ぬいぐるみは持ち込みです — ねぎ オヨルン negi391 肝心のプランナーA沼が一切出てこない A沼と会う約束してわざわざホテルに行ったら A沼自分の友達の結婚式出席で休暇wwww こんな 舐め切ったホテルどう思いますかww ひどいなって思ったら拡散してください 某日本郵政経由ホテル 本部にも連絡済み 一刻も早い解決をしたい — ねぎ オヨルン negi391 駐車場料金も確実800円かかるって 言われたのに 実際請求された人されなかった人が複数人 払った人に返金します 直接謝罪しますと録音までしてるのに 「直接いけません 謝罪文書くので新郎新婦で行ってください」とマネのM谷 言った言わないなしにしますって言ったどの口が言ってんだ — ねぎ オヨルン negi391 ちなみこれが出席してたもう1人の友人の 引き出物に入ってた原価書いた明細 これは新郎新婦にも見せないものです ホテル側はダンボールの上にあったものだから間違って入ってしまったと言い張ってますが 実際 友人の証言 カタログギフトと引き出物の下に揃って入ってたそうです 明らかわざと — ねぎ オヨルン negi391 良くこれだけひどいことができるなと、感心すらしてしまいます。 ここまでひどいとなると、プランナーの個人的な恨みすら感じてしまいます。

次の

メルパルク仙台が結婚式ぶち壊し!プランナー青沼の嫌がらせがヒドイ!|アレって気にならない?

メルパルク 仙台 結婚 式

メルパルク仙台の結婚式トラブル炎上、担当プランナーが違っていたことが判明 2019年6月にメルパルク仙台で、ひどいプランナーとして紹介されたAさんは、実はその件について責任がないことがわかりました。 結婚式で、ある夫婦がひどい目に遭ったということ自体は事実です。 入念に打ち合わせをし、旧姓で呼ばないようお願いしていたのに本番で旧姓を呼ばれた• 1日1組の挙式という説明も、ダブルブッキングで当日に別の結婚式も行われた• 引き出物の中に発注書の一部が入り、来場者に引き出物の値段がわかってしまう• ドリンクのコースを間違えられ、予約していたコースよりグレードの低いものにされる など、式場側の不手際がかなりたくさんありました。 問題は、批判の矛先が向けられた、担当プランナーとされていた方が違っていたことです。 メルパルク仙台も、間違われていたプランナーを実名で出し謝罪していたため、世間もこのプランナーに非があると信じていました。 メルパルク仙台の炎上で濡れ衣は新郎新婦の友人が担当を勘違いしたことから、友人はすでに謝罪 メルパルク仙台のプランナー炎上で、批判されるプランナーが濡れ衣であった原因は、告発ツイートをした新郎新婦友人の勘違いです。 濡れ衣を着せられたプランナー、Aさんは契約までの担当者であり、実際に新郎新婦と打ち合わせをしたのに、式本番で多くの不手際をしてしまったのは別のプランナーでした。 新郎新婦の友人としては、新郎新婦の結婚式をめちゃくちゃにされたことへの怒りという動機から、SNSで告発をしています。 事実関係はほとんど合っていながら、非があるとした人物に間違いがあったことで、非常に大きな迷惑をかけてしまいました。 このツイートをした新郎新婦友人は、すでにツイッター上で謝罪をしています。 夫婦からは青沼さんが担当であると聞いていたのでそれを信じてしまった事が原因ではありますが、やはり事実確認をしなかった私自身、結果的に青沼さんを晒してしまった事、非常に反省しております。 — 安保益美 negi391 もし、謝罪の場を設けていただけるなら誠心誠意、謝罪しに参ります。 最後に、本当に申し訳ありませんでした。 — 安保益美 negi391 メルパルク仙台のプランナー濡れ衣、支配人が保身に走ったとさらなる批判 情報発信者からは謝罪を受けましたが、名指しで批判されたメルパルク仙台のプランナーとしては、たまったものではありません。 長い間濡れ衣を着せられていた上、実名もネット上で拡散されてしまいました。 問題をさらに大きくしてしまったのが、メルパルク仙台の謝罪対応です。 濡れ衣であることをわかっていながら、批判されたプランナー個人に責任を押し付ける形で、社員を守る対応をしてこなかったことになります。 現在、最初に非難されたプランナーAさんに責任がないことが判明したため、Aさんを悪者にしたまま放置したメルパルク仙台に、さらなる批判が集まっています。 支配人がAさんに話したとされる内容として報じられているのは、以下のような指示です。 本社は忙しいので、まとめ記事の削除などは自分でやるように• 弁護士はお金がかかる 当初は個人を守ると話していたのと正反対の対応であり、プランナーのAさんが会社に不信感を抱くのも無理はありません。 不確かな情報から拡散し濡れ衣を着せられたAさん、一歩間違えれば名誉棄損の恐れも 今回の結婚式トラブルを発端としたメルパルク仙台の炎上は、簡単に他人を告発する内容を投稿できるSNSの恐ろしさを象徴するような事件でした。 一歩間違えれば、正義感から投稿した記事が名誉棄損にもなりかねません。 不確かな情報から、軽々しく他人を批判したりする内容の投稿をすることは非常にリスキーであることを、多くの方が再認識したのではないでしょうか。 メルパルク仙台での結婚式トラブルの関連記事一覧.

次の