配当 利回り 平均。 配当利回りを米国株と日本株で比較(S&P500 vs 日経平均)

配当金の年間利回りは、平均どのくらいなのか?

配当 利回り 平均

上場市場、業種で条件を絞ってランキングが可能です。 ランクインしている企業の最新株価・前日比・目標株価も掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

米国株(アメリカ株)の高配当利回りランキングTOP10!ダウの平均利回り、「ダウの犬」投資法も紹介

配当 利回り 平均

米国では株主還元意識が強く、日本に比べて株式配当利回りが高い傾向にある。 そのため配当を目的に米国株に投資する投資家も少なくない。 ここでは米国株の高配当銘柄の配当支払回数や利回り、該当企業概要など紹介。 今まで投資対象は日本株のみという人も、これを機に米国株投資を検討してみてほしい。 こうした米国株の特徴でも特に際立った3つの特徴を挙げていきたい。 特徴1,配当が年4回配の企業が多い 米国企業には日本企業のような株主優待制度はないものの、四半期配当、つまり配当金の支払いが年4回ある企業が圧倒的に多い。 日本では配当は年2回あるいは年1回の企業が大半だ。 たとえば、世界的に有名な米国のアップル の配当は、例年2月、5月、8月、11月の年4回だ。 マクドナルド は3月、6月、9月、12月の年4回。 ペプシコ は1月、3月、6月、9月の年4回である。 特徴2,日本ではあまりない長期連続増配銘柄が存在 何十年も増配を継続している企業も多く、63年連続増配で第1位のプロクター・アンド・ギャンブル や61年で第2位のスリーエム 、 57年のコカ・コーラ とジョンソン&ジョンソン などが名を連ねる。 連続増配企業は、概して経営基盤が安定しており、成長性も期待できる優良企業であるため、配当を得るだけでなく投資対象としても魅力がある。 米国の取引所に上場している企業で流動性のある大型株から選ばれたS&P500の構成銘柄のうち、25年以上連続増配している銘柄で構成される株価指数は「S&P 500 Dividend Aristocrats Index」(S&P500配当貴族指数)と呼ばれる。 その構成銘柄はインカムゲインを目的とした投資銘柄選定に大いに役立つ。 構成銘柄の上位には、AT&Tやシスコ、プロクター・アンド・ギャンブルなどがある。 米国株を取引可能なおすすめネット証券 証券会社 手数料 銘柄数 米国株以外にも 6ヶ国の取り扱い 約定金額の 0. サンプルは米国を代表する有名企業5社、アップル、マイクロソフト、マクドナルド、ジョンソン&ジョンソン、そしてエクソン・モービル。 上記5社の2020年5月4日時点での配当利回りと株価(現地終値)、各社の直近1年間に支払われた1株あたりの年間配当金総額も併せて紹介する。 05% 3. 08米ドル 293. 16米ドル MSFT マイクロソフト 1. 11% 1. 94米ドル 178. 84米ドル MCD マクドナルド 2. 65% 4. 82米ドル 181. 87米ドル JNJ ジョンソン&ジョンソン 2. 56% 3. 8米ドル 148. 27米ドル XOM エクソン・モービル 7. 75% 3. 48米ドル 44. 88米ドル 米国を代表するアルファベット(グーグル)やアップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムのような持続的成長企業は、株主還元にあまり積極的ではない。 事実、アルファベット、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムは配当を実施しておらず、利益を自社の成長のために使っている。 配当を実施している企業も、配当金が抑えられているため配当性向が低く、配当利回りも低めになっている。 それに対して、米国の典型的な重厚長大産業のエクソン・モービルは、株主還元を重視しているが株価が安いため、配当利回りが相対的に高くなっている。 オクシデンタル・ ペトロリウム 20. 30% 3. 15米ドル 15. 52米ドル 2 F フォード・モーター 12. 35% 0. 6米ドル 4. 86米ドル 3 SLB シュルンベルジェ 12. 32% 2. 00米ドル 16. 23米ドル 4 MO アルトリア・グループ 8. 73% 3. 32米ドル 38. 01米ドル 5 WMB ザ・ウィリアムズ 8. 05% 1. 54米ドル 19. 13米ドル 6 XOM エクソン・モービル 7. 75% 3. 48米ドル 44. 88米ドル 7 T エーティー・アンド・ ティー(AT&T) 6. 96% 2. 06米ドル 29. 60米ドル 8 PPL PPL 6. 61% 1. 651米ドル 24. 96ドル 9 PM フィリップ・モリス・ インターナショナル 6. 34% 4. 65米ドル 73. 31米ドル 10 KHC クラフト・ハインツ 5. 54% 1. 6米ドル 28. 93米ドル 配当利回りは、1株あたりの配当金だけでなく、株価によっても大きく変わる。 「高配当利回り銘柄ランキング」上位企業の中には、赤字決算の発表や業績不振などの理由で株価が一時的に暴落し、実績配当利回りが著しく高くなっているものがある。 このような企業は、将来配当の中止や減額も想定されるため、株式の購入は見送ったほうがいいだろう。 長期的かつ安定的な配当の実施を前提にすると、米国株の高配当利回りの目安は7~8%程度と考えるべきだ。 石油・ガス部門では原油や天然ガスなどを採掘しており、パイプラインも所有・運営する。 化学品部門も有する。 NYSE上場。 2019年12月期は、大幅な減益によって最終赤字となった。 2020年3月には原油価格の急落を受けて、設備投資の縮小と2020年7月から四半期配当を86%引き下げることを発表した。 「フォード」と「リンカーン」という2大ブランドを擁し、世界的に展開している。 乗用車とトラックの製造と販売を行う。 NYSE上場。 2019年12月期は北米市場で販売台数が落ち込み、年金および労働協約改定費用が増加した。 その結果、当期純利益は前年比98. 7%減の4,700万米ドルに留まっている。 石油と天然ガス開発に関わる技術やプロジェクト管理、ITサービスを世界中で展開している。 NYSE上場。 2019年12月期は第4四半期の特損増加が響き、前期の好調な業績から一転して税引前利益、当期純利益ともに大幅な赤字に転落した。 フィリップ・モリスUSAは米国で「マルボロ」などのたばこと無煙たばこを製造している。 セント・ミシェル・ワイン・エステイトはワインの製造・販売を手掛けている。 NYSE上場。 2019年12月期に、傘下の電子たばこメーカー「ジュール・ラブズ」株式の評価額を見直して評価損を計上、12億米ドルの赤字決算となった。 米国では電子たばこの販売規制が強化されており、ジュールを抱えるアルトリア・グループの今後の懸念材料となっている。 カナダで各種天然ガスを採掘し、生産、収集、精製、輸送してニューヨーク都市部をはじめ米国全土に販売するエネルギー会社。 パイプラインも所有する。 NYSE上場。 アップストリーム事業として世界各地で原油や天然ガスの探査、生産、精製を手掛けるとともに、ダウンストリーム事業として石油関連製品や石油化学製品を製造している。 NYSE上場。 携帯電話事業を中心に、米国内企業や個人に、市内・長距離携帯電話、ローミングサービス、インターネットサービスなどを提供している。 売上構成比の20%弱を占めるワーナー・メディア事業は、HBO、ターナー・ケーブルネットワーク、ワーナー・ブラザーズ・スタジオなどのメディア資産を有する。 NYSE上場。 米国北東部、北西部、南東部で発電と電力小売り、また天然ガスも供給している。 英国でも電力供給事業を展開。 NYSE上場。 「マルボロ」「フィリップ・モリス」「メリット」のような国際ブランドたばこの他、180ヵ国で地域ブランドたばこを展開する。 NYSE上場。 米国やカナダで製造したチーズ加工品、ケチャップ、缶詰、飲料などのさまざまな加工食品を世界各地で販売している。 NASDAQ上場。 【関連記事】 >> 4,米国株投資の有名な戦略「ダウの犬」とは? 米国株の特徴やランキングを見てきたが、ではどのようなポートフォリオを組めばよいのだろうか?その参考になるのが「Dogs of the Dow」(ダウの犬)と呼ばれる投資戦略だ。 どのような戦略か、簡単にそのフローを示そう。 NYダウ工業株30種平均株価を構成する30銘柄の中から、高配当の10銘柄に投資する• 1年間購入した10銘柄を保有する• 1年後にその時点で配当利回りが高い10銘柄と入れ替える ダウの犬を構成する銘柄はいずれも、世界でも指折りの優良な超大型株である上に、比較的株価が割安であることが多い。 最も注目すべきは、ダウの犬の平均配当利回りがNYダウの平均配当利回りを上回っていることだ。 「Dogs of the Dow」公式サイトの発表によると、2019年12月31日現在のダウの犬の平均配当利回りは3. 90%、2020年5月5日現在では4. 95%だ。 一方、NYダウの全構成銘柄の平均利回りは前者が2. 60%、後者が3. 17%であり、どちらの基準日においても、ダウの犬の配当利回りのほうが高い。 ダウの犬への投資は、効率的にリターンを得る手段だと考えていいだろう。 2019年12月31日を基準とした「2020年ダウの犬」は、以下の10銘柄である。 12% 54. 73米ドル 8. 39% 33. 37米ドル XOM エクソン・ モービル 4. 99% 69. 78米ドル 7. 65% 44. 83米ドル IBM IBM 4. 83% 134. 04米ドル 5. 25% 122. 58米ドル VZ ベライゾン 4. 01% 61. 40米ドル 4. 29% 56. 51米ドル CVX シェブロン 3. 95% 120. 51米ドル 5. 12% 92. 89米ドル PFE ファイザー 3. 88% 39. 18米ドル 3. 74% 38. 51米ドル MMM 3M 3. 26% 176. 42米ドル 3. 91% 147. 43米ドル WBA ウォルグリーン・ ブーツ・ アライアンス 3. 10% 58. 96米ドル 4. 27% 42. 02米ドル CSCO シスコ 2. 94% 47. 61米ドル 3. 33% 41. 46米ドル KO コカ・コーラ 2. 89% 55. 35米ドル 3. 52% 45. 40米ドル 2020年ダウの犬10社平均 3. 90% 4. 95% ダウ平均 2. 60% 3. 経営基盤が安定し、安定的あるいは継続的な増配も見込める優良銘柄を、さまざまな基準で選りすぐって長期的に投資する。 そうすることで、10年後、20年後には配当金暮らしが実現するかもしれない。 実際に米国株(アメリカ株)投資を始めてみる 為替振替コストを軽減したい人は NISA口座での米国ETF購入で買付手数料全額キャッシュバック! 米国株式3600銘柄以上!コストも最小限に抑えられる 米国株式取引手数料が完全無料化.

次の

配当利回りを米国株と日本株で比較(S&P500 vs 日経平均)

配当 利回り 平均

配当利回りとは、株価に対して配当金がどれくらい出ているのか・もらえるのかを知るための指標です。 配当利回りの計算式 計算には、1株当たりの配当金額(年間)と、1株あたりの株価が用いられます。 配当利回りに対する考え方 配当利回りの目安はその時々の経済状況などで変わってきますが、市場平均を目安にすると良いでしょう。 ちなみに、配当利回りの時系列データについてはで確認できるので、一度みてみると良いでしょう。 また、配当利回りの高い順のランキングはなどで確認可能です。 基本的に、配当利回りは高い方が良いですよね。 だって、それだけお金がもらえるわけですから。 ただし、一概に配当利回りが良いからそれは良い株だといえないところが悩ましいところでもあります。 配当利回りが高いのには理由がある 配当利回りが高くなる要因は2つです。 配当金額が上がる• 株価が下がる 上記のどちらか、または両方が起きることで配当利回りは上昇します。 普通、配当金額が株価に対して高いのであれば株価も上昇して市場平均くらいに落ち着くところですが、そうならないのには裏があるからです。 たとえば、その企業の成長性に疑問があったり、その配当金額が維持できないと考えられる、一時的な配当(記念配当や特別配当)である、景気敏感株でたまたま配当利回りが高い段階にある、などなど。 高い配当利回りだから良い株であると考えてはだめで、なぜそのような利回りになっているのかその理由を考えて投資行動をとることが大切です。 成長余地が大きいこれからの会社の場合、配当を出すよりもそのお金を会社に残して使っていくことで成長が加速し、株価上昇によって株主に報いると言った形もあります。 配当利回りの使い方 配当利回りは、現状の株価と配当のバランスを見ることができる指標であり、銘柄間の比較などに使うことができます。 また、これくらいの配当利回りまで株価が下げてくれば下値支持になるな、など割安度を測ったりもできる指標です。 単純にどれくらいのお金が支払った額に対してもらえるのかわかる指標でもありますが、そのデータのみを重視するのは間違った使い方だといえるでしょう。 配当を評価するためのその他の指標 配当利回りは配当を評価するために重要な指標ですが、その他にも配当を評価するための指標があります。 詳しくは上記リンク先記事で確認してほしいのですが、特に配当性向は企業の配当のスタンスを知る・分析する上で重要です。 関連ページ ファンダメンタルズとは? 収益から見た割安度|PER 資産から見た割安度|PBR 業種別PER・PBRの調べ方 個別株のPERの時系列データ・推移の調べ方 ROEとROAは似ている指標であり、どっちがどっちか混乱することもあるでしょう。 そこで、ROEとROAの計算式を元にその違いや、扱い方についてご紹介します。 株価キャッシュフロー倍率(PCFR) とは? ROIC(投下資本利益率)とはどのようなことを知るための指標なのか解説しています。 投資指標の一つであるPEGレシオについて解説しています。 PSR(株価売上高倍率)とは?計算式とその考え方 年平均成長率(CAGR)とは?計算式とその考え方 配当性向とはどういった指標なのか?計算式からどういった指標なのかを解説。 また、配当性向の目安、どういった考え方で利用すれば良いのかをご紹介します。 配当性向の平均はどれくらい?ここでは、配当性向の市場平均の計算方法について解説しています。 純資産配当率(DOE)とは?計算式とその考え方 フリーキャッシュフローとは? 有価証券報告書で確認できること【企業の概況】 有価証券報告書で確認できること【事業の状況】 有価証券報告書で確認できること【設備の状況】 有価証券報告書で確認できること【提出会社の状況】 有価証券報告書で確認できること【経理の状況】 売上高対営業利益率で利益を出せる体質か推察する 【長期投資家向け】財務諸表の構成で押さえておきたいポイント 最低限押さえておきたい!貸借対照表(バランスシート)の読み方の基本 最低限押さえておきたい!損益計算書の読み方の基本 最低限押さえておきたい!キャッシュフロー計算書の読み方の基本 長期投資で使う投資指標について解説します。 粉飾決算の見分け方・見破るために押さえておきたいポイント.

次の