ジャニーズ メドレー。 ジャニーズ最新情報。[嵐・NEWS・関ジャニ∞・Kis

ジャニー喜多川

ジャニーズ メドレー

メンバー この項目ではを扱っています。 閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。 各メンバーの詳細については各ページを参照。 ジャニーズ事務所公式サイトのプロフィール をもとに記述。 名前 生年月日 血液型 出身地 メンバーカラー 備考 (こやま けいいちろう) 1984-05-01 (36歳) 出身 リーダー (かとう しげあき) 1987-07-11 (33歳) 出身 小説家としても活動。 (ますだ たかひさ) 1986-07-04 (34歳) O型 出身 2020年6月まで手越祐也と としても活動していた。 旧メンバー 名前 生年月日 血液型 出身地 在籍時のメンバーカラー 備考 (もりうち たかひろ) 1988-04-17 (32歳) A型 東京都出身 12月脱退、 ジャニーズ事務所退所。 その後は Taka名義で のボーカルとして活動。 (うち ひろき) 1986-09-10 (33歳) 大阪府出身 7月から活動休止、 12月脱退。 その後はソロとして活動。 (くさの ひろのり) 1988-02-15 (32歳) B型 神奈川県出身 2006年1月から活動休止、 2006年12月脱退。 その後ジャニーズ事務所を退所し、 poreheadのボーカルとして活動。 (にしきど りょう) 1984-11-03 (35歳) O型 大阪府出身 青 2011年10月脱退。 (やました ともひさ) 1985-04-09 (35歳) A型 出身 赤 2011年10月脱退。 その後はソロとして活動。 (てごし ゆうや) 1987-11-11 (32歳) B型 出身 ピンク 2020年6月脱退、 ジャニーズ事務所退所。 増田貴久とのユニット「」も事実上の解散。 概要 結成 2003年9月10日、の中から新ユニットが誕生するという告知がなされ 、その5日後の9月15日、バレーボールの国際大会である『』のイメージキャラクターとして、山下智久を中心に、で活動していた小山慶一郎、増田貴久、加藤成亮、手越祐也、草野博紀、森内貴寛と、2002年から のメンバーとして活動していた錦戸亮、内博貴の9人編成で新ユニット「 NewS」を結成することを発表。 グループ名は「新しい情報」という意味のほか、「 North」「 East」「 West」「 South」の頭文字をつなげており、国際的な活躍をしていくよう期待が込められている。 その後、まもなく表記を「NewS」から「 NEWS」に改める。 山下は2005年・2006年と期間限定ユニットに所属し、ソロでもCDをリリースした。 また、2006年末から、増田・手越はユニット・を結成し、活動を始めた。 山下は2011年1月から5月にかけて国内外を回る単独アジアツアーを行ったが、この準備段階の2010年秋ごろからソロ活動の希望を抱き、同ツアーを終えた2011年6月、社長に「ソロで自分の力を試したい」と相談していた。 そのため、ジャニーズ事務所側が「兼任を続けることには無理がある」と判断。 本人も納得し、これを受け入れた。 なお、NEWS脱退に関しては「錦戸本人が申し入れた」との報道もある。 山下・錦戸の脱退の意向を受け、他のメンバーとの話し合いが行われた結果、2人のNEWS脱退が2011年9月下旬に正式に決定した。 4人のメンバーはNEWSの活動継続を決めた。 ジャニー喜多川社長も後日、「本人たちが決めたなら反対する必要はない。 自分の城をつくりたいと思うのは当たり前。 縛り付けておくわけにはいかない」とメンバーの意思を尊重したことを明かしている。 山下・錦戸の脱退に伴いメンバーが4人となったことで、一時はグループも存続の危機に面した。 小山と加藤がテレビ出演した際に、小山は「人生、一緒に幸せになろうと思ったメンバーと離れるなんて…。 」「すごく悔しくて、"なんで4人じゃダメなんだ"と思った。 」、加藤は「もちろん、初っ端から、9人時代から欠けて欲しくなかった! 結果的にしょうがないことがあり…」と当時の事を振り返った後、小山は「今のNEWSが一番好き。 みんなで幸せになりたい。 」、加藤も「イチゴの無いショートケーキって言われたけど、スポンジケーキもうめーからっ! 最高のスポンジケーキ、最高の生クリームになってやる! 」と語っている。 手越祐也の脱退 2020年6月19日所属事務所であるジャニーズ事務所から専属契約終了が発表された。 手越は2020年5月の週刊文春で、4月下旬から女性たちを呼び出し、飲み会を開いていたことなどが報じられ、同年5月15日にジャニーズの期間限定のチャリティーユニット「(通称:トニトニ)のメンバーから外されることが発表された。 これらの報道を受け、同年5月26日、芸能活動無期限自粛が発表され、ジャニーズ事務所は「世の中の状況や自身の置かれている立場に対する自覚と責任に著しく欠けておりました」「到底許容できるものではございません」と厳しく断じていた。 年譜 2003年• 9月15日、「飛天の間」で、結成披露の記者会見を行う。 11月7日、『バレーボールワールドカップ2003』のイメージソングを含む、シングル「」でデビュー。 このCDは独占販売という方法がとられた。 12月、森内が学業に専念するとの理由で休業・脱退。 以降8人での活動となる。 2004年• 5月12日、『』のイメージソングを含む、シングル「」で。 2005年• 7月16日、内が未成年で飲酒したことにより芸能活動無期限謹慎処分を受け、以降7人での活動となる。 2006年• 1月31日、草野が飲酒疑惑騒動により芸能活動を自粛し、以降6人での活動となる。 5月1日から、内の芸能活動無期限謹慎処分・草野の芸能活動自粛に伴い、連帯責任という形でグループ単位での活動を2006年内いっぱい休止。 以降、メンバーはソロや新ユニットを中心に活動する。 12月30日、小山・錦戸・山下・増田・加藤・手越の、6人でのグループの活動再開と、内・草野がジャニーズ事務所の研修生となることが、公式サイトのJohnnys netおよびJohnny's webで発表された。 また、各マスメディアは両名のグループからの脱退を報じた。 2007年• 1月1日、『』に出演し、活動を再開する。 3月21日、活動再開後初のシングル「」を発売。 10月6日・7日、初の公演を台北アリーナにて行う予定であったが、の接近に伴い6日の公演は中止となり、急遽7日に延期とした。 なお、公演が行われた7日は、混乱を避けるためコンサートグッズの販売を行わず、13日・14日の2日間に別の会場にてグッズ販売を行った [ ]。 12月15日から2008年にかけて『NEWS CONCERT TOUR pacific 2007-2008』を公演。 このツアーで、初の単独公演が1月9日・10日に行われた。 2008年• 10月25日から2009年にかけて『NEWS WINTER PARTY DIAMOND』を公演。 2009年• 8月29日・30日、の『』の第32回メインパーソナリティーを務める。 しかし、31日に錦戸、9月1日に山下がインフルエンザA型に感染する事態が起きた。 その後、ともにそれぞれの出演ドラマで復帰した。 2010年• 9月18日から9月28日にかけて『LIVE! LIVE! LIVE! NEWS DOME PARTY 2010』を公演。 2011年• 10月7日、錦戸と山下が脱退。 以降4人での活動となる。 11月23日、加藤成亮が、活動名を「加藤シゲアキ」に改める。 2012年• 6月13日、NEWS初のベストアルバム『』をリリース。 7月18日、4人体制での初のシングル「」をリリース。 8月14日から9月30日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2012 〜美しい恋にするよ〜』を公演。 4人体制で初のツアーとなった。 2013年• 7月26日から8月27日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2013 NEWS MAKES YOU HAPPY! MAKES THE WORLD HAPPIER! 』を公演。 7月27日に行われた秩父宮ラグビー場での公演は、雷雨のため途中で中止 ・翌日に代替公演実施となった。 その際に観客の一部が体調不良を訴え、による救護・搬送を受けた。 これに関する騒動はのちにと呼ばれた。 2014年• 3月19日、『』をリリース。 6月12日 - 7月13日にかけて行われた『』において、手越が日本テレビ系『』で同局のメインキャスターを務めるとともに、「」がテーマソングとして起用された。 2015年• 3月21日から6月14日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2015 White』を公演。 11月25日、初のDVDシングル「」リリース。 2016年• 3月26日から6月12日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2016 QUARTETTO』を公演。 8月27日・28日、日本テレビの『』の第39回メインパーソナリティーを務める。 2017年• 4月1日から6月11日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND』を公演。 8月26日・27日、小山が日本テレビの『』の第40回メインパーソナリティーを務める。 小山は2年連続で24時間テレビのメインパーソナリティーを務め、他のメンバー(加藤・増田・手越)もゲスト出演した。 2018年• 2月28日、からシミュレーションゲーム『NEWSに恋して』の配信が決定。 3月31日から5月20日にかけて『NEWS ARENA TOUR 2018 EPCOTIA』を公演。 6月7日、小山が未成年との飲酒騒動により芸能活動を自粛。 加藤も同騒動に関わっており厳重注意を受けた。 6月12日 - 7月4日にかけて行われた『』において、手越が日本テレビ系『』で同局のメインキャスターを務めるとともに、「」がテーマソングとして起用された。 手越は2年連続で日本テレビ系FIFAワールドカップのメインキャスターを務める。 6月27日、芸能活動を自粛していた小山が芸能活動を再開することが、公式サイトのJohnny's netおよびJohnny's webで発表された。 「NEWS15周年のSpecial企画」と銘打ち、10月10日 - 25日までの期間限定でジャニーズショップがオンラインでNEWSの15周年記念アニバーサリーグッズを販売。 8月11日・12日、味の素スタジアムにて『NEWS 15th Anniversary LIVE 2018 "Strawberry"』を公演。 12月31日から翌年1月7日にかけて『NEWS DOME TOUR 2018-2019 EPCOTIA -ENCORE-』を公演。 12月31日は京セラドーム大阪にて初の単独カウントダウンコンサートを行った。 2019年• 3月9日から5月26日にかけて『NEWS LIVE TOUR 2019 WORLDISTA』を公演。 所属レコード会社であったの事業終了に伴い、2019年6月1日付でのレーベル「Johnny's Entertainment Record」へ移籍。 2020年• 5月13日、ジャニーズ事務所所属タレントによる感染拡大防止の支援活動『』の一環として、NEWSのメンバーを含む75名の期間限定ユニット「」を結成することが発表された。 5月26日、手越の芸能活動休止を発表。 6月19日、手越が脱退。 同月20日以降は3人 小山、増田、加藤 での活動となる。 作品 タイアップについてはを参照。 NEWSのディスコグラフィ リリースリスト スタジオ・アルバム 10 ベスト・アルバム 1 シングル 25 映像作品 11 DVDシングル 1 ランキングはオリコン調べ。 CD JECN-0291 初回盤E 加藤ver. CD JECN-0292 初回盤W 増田ver. CD JECN-0293 初回盤S 手越ver. CD未収録の楽曲を記載。 タイトル 作詞 作曲 JASRAC 作品コード 収録作品 Pain T. 124-9597-2 出演 単独出演は各メンバー、の作品については個別記事を参照。 テレビ番組• ( - 2007年10月27日、系)- 小山・増田・加藤・手越・草野• ワールドカップバレーボール2003 NEWSベストテン(2003年10月20日 - 11月1日、系)• NEWS柳本JAPAN(2005年6月23日までの4日間、フジテレビ系)• (系)• 24時間テレビ32(2009年8月28日 - 29日、メインパーソナリティ) - 小山・加藤・増田・手越・山下・錦戸• 24時間テレビ39(2016年8月27日 - 28日、メインパーソナリティ) - 小山・加藤・増田・手越• (2009年11月12日 - 2010年3月25日、日本テレビ(関東ローカル)) - 小山・増田・加藤・手越• (2012年4月6日 - 2015年3月27日、日本テレビ)- 加藤・小山• 4vsX(2015年4月13日、日本テレビ系)• あっどうも はじめまして旅(2015年6月8日、6月15日、日本テレビ系)• (2015年7月3日、10月2日、系)- 加藤・小山• NEWSな2人(2016年4月22日 - 現在 、TBS系)- 加藤・小山• 変ラボ(2016年4月8日 - 2016年9月30日、日本テレビ系、関東ローカル)• (2016年4月 - 2019年3月、NHKBSプレミアム)- MC• NEWSのNEWSにならないNEWS ニューニューニュー(2017年2月19日、日本テレビ)• (2017年6月14日、2018年3月21日、2019年3月21日、フジテレビ系) - 小山・増田• 奥様は神様(2017年10月31日、日本テレビ系)• NEWSICAL(2017年12月25日、フジテレビ系)• (2018年4月6日 - 4月27日、日本テレビ系)• 一曲NEW魂!!!! (2018年12月20日、フジテレビ系) CM• RUSS-K(2007年 - 2010年8月)• 「RUSS-Kを集めろ! 」篇(2007年8月24日 - 9月9日)• 「何系でもないRUSS-K」篇(2007年10月19日 - 11月4日)• 「何系でもないRUSS-K」第二篇(2008年3月5日 - )• 「T-Fes」篇 2009年3月20日 -• 元気になろーソンキャンペーン(2008年 - 2010年3月)• HAPPY BATH DAY(2008年 - 2010年3月)• dwango. jp (2010年11月 - )• Kirei「さら肌ブラ」(2013年5月23日 - )• 「後ろ姿キレイブラ」(2014年8月 - )• 「Missスレンダ」(2015年7月 - )• 「日本製裏起毛パーカ」(2016年1月 - )• 「レディースカーディガン」(2016年4月 - ) ラジオ• ( - 2005年3月21日、)• (2005年4月25日・2007年11月14日、) コンサート・舞台 単独公演については参照• 相信台湾(2003年10月10日、) - 特別出演• (2004年8月8日 - 29日、原宿新ビッグトップ)• (2005年7月26日 - 28日・8月30日 - 9月4日、)• (2018年9月16日、) イベント• (2003年10月12日)• NEWS大集会(2003年11月9日 - 12月14日、4都市)• NEWSプライベートパーティー(2004年9月19日・23日、2都市)• 集まれ!!!! チャンカパーナ(2012年8月20日 - 8月27日、2都市) ゲーム• 連載 Johnny's Web• NEWS(活動休止に伴い終了)• NEWSmile(2007年1月29日 - 2011年9月30日)• NEWSRING(2012年1月11日 - ) 雑誌• NEWSTime(『』• NEWStyle(『SEVENTEEN』、活動休止に伴い終了)• NEWSPICE(『POTATO』、2010年2月号 -• NEWSletter (ニュース便り)(『Wink up』、2010年3月号 - )• Fantastic 4 rooms(『Myojo』、2014年1月号 - )• NEWSな美意識(『』、2016年1月号 - ) 脚注 [] 注釈• 2003年9月16日. の2004年4月6日時点におけるアーカイブ。 2016年7月21日閲覧。 Johnny's net. 2013年5月20日閲覧。 ネットネイティブ 2018年8月13日. 2018年10月18日閲覧。 2014年12月28日. の2014年12月30日時点におけるアーカイブ。 2019年5月24日閲覧。 2003年9月11日. の2004年4月6日時点におけるアーカイブ。 2016年7月21日閲覧。 2011年10月7日. の2011年10月10日時点におけるアーカイブ。 2016年7月21日閲覧。 2011年10月8日. の2011年10月10日時点におけるアーカイブ。 2016年7月21日閲覧。 2011年12月8日. の2012年1月16日時点におけるアーカイブ。 2016年7月21日閲覧。 2011年10月8日. の2011年10月8日時点におけるアーカイブ。 2016年7月21日閲覧。 2011年10月8日. の2011年11月23日時点におけるアーカイブ。 2016年7月21日閲覧。 ORICON STYLE. 2011年10月14日. 2012年1月7日閲覧。 2011年10月26日. の2011年10月27日時点におけるアーカイブ。 2016年7月21日閲覧。 Techinsight TechinsideJapan編集部. 2015年1月11日. 2018年8月13日閲覧。 nikkansports. com. 2020年6月19日閲覧。 2007年1月11日. の2007年2月8日時点におけるアーカイブ。 2016年10月3日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン 2007年12月26日. 2020年5月21日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2016年7月17日. 2019年5月24日閲覧。 2013年7月28日. の2013年7月30日時点におけるアーカイブ。 2016年7月21日閲覧。 デイリースポーツ online. 2013年7月28日. 2013年7月30日閲覧。 YAHOOニュース. 2018年3月14日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年6月7日. 2018年6月7日閲覧。 高橋梓 2018年10月13日. Real Sound. 2018年10月18日閲覧。 Johnny's net. 2018年10月. 2018年10月18日時点のよりアーカイブ。 2018年10月18日閲覧。 ザテレビジョン. KADOKAWA 2019年2月1日. 2019年5月31日閲覧。 音楽ナタリー 2020年5月13日. 2020年5月15日閲覧。 マイナビニュース 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2020年5月26日. 2020年5月27日閲覧。 日刊スポーツ oricon ME. 2020年6月19日. 2020年6月19日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年2月26日. 2019年2月26日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 2003年. 2018年4月9日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年3月29日. 2016年3月29日閲覧。 スポーツ報知. 2016年3月7日. の2016年3月7日時点におけるアーカイブ。 2017年7月20日閲覧。 2019年2月17日. 2019年2月17日閲覧。 2017年2月18日. 2017年2月19日閲覧。 2017年10月11日. 2018年6月5日閲覧。 2018年3月28日. 2018年3月29日閲覧。 とれたてフジテレビ. フジテレビジョン 2018年12月10日. 2020年1月13日閲覧。 2003年10月11日. の2003年10月11日時点におけるアーカイブ。 2018年4月9日閲覧。 2004年8月11日. の2004年8月13日時点におけるアーカイブ。 2018年5月12日閲覧。 SPICE. 2018年8月12日. 2018年10月18日閲覧。 ナターシャ 2018年9月18日. 2018年10月18日閲覧。 NEWSに恋して公式サイト. 2020年4月4日閲覧。 2007年1月11日. の2007年2月8日時点におけるアーカイブ。 2016年10月3日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2007年. 2008年1月23日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2008年. 2009年1月12日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2010年. 2010年9月28日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 2010年9月26日. の2010年11月24日時点におけるアーカイブ。 2017年1月10日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2012年. 2012年8月31日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2013年. 2013年8月18日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2013年. 2013年9月1日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2015年. 2015年5月31日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン 2015年6月14日. 2020年3月11日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2016年. 2016年5月31日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2017年. 2017年5月26日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2018年. 2018年5月10日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2019年. 2019年3月30日時点のよりアーカイブ。 2020年1月13日閲覧。 Johnny's net. ジャニーズ事務所 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ 2020年2月25日. 2020年2月27日閲覧。 音楽ナタリー. ナターシャ 2020年4月14日. 2020年4月15日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2020年3月17日. 2020年3月20日閲覧。 モデルプレス. ネットネイティブ 2020年4月3日. 2020年4月4日閲覧。 CHUNICHI Web. 2020年4月8日. 2020年4月15日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン 2020年5月15日. 2020年5月15日閲覧。 SANSPO COM. 2020年6月23日. 2020年6月23日閲覧。 外部リンク ウィキニュースに関連記事があります。

次の

ジャニーズの曲 個人的に好きなランキングベスト100!

ジャニーズ メドレー

ジャニーズの曲をランキング!名曲や思い出に残る歌を一気に振り返る 大好きな歌ばかり!アイドル好きに限らず音楽ファンもジャニーズを今一度おさらいしてみよう 膨大に存在し、なおかつ今も増え続けているジャニーズの曲。 こちらでは個人的に好きな100曲を選んで、むりやりランキングにしてみました。 一覧で紹介しているので、カラオケで歌う曲を探すのにも良いかも。 ベスト100ランキングではありますが、100位〜20位あたりは全部同じくらい好きです。 70年代くらいまでさかのぼって、自分が「ジャニーズ」として認識しているグループやアイドルを全て振り返ってまとめました。 凄く好きな曲ばかりなんだけど、下位に置いても悪い気がしないようなものが多い。 「スシ食いねえ」なんかは本当に画期的だったんじゃないかと思う。 これが無ければ舞祭組みたいな路線もなかったんじゃないか。 あと堂本剛「ORIGINAL COLOR」は普通に好きでかなり聴いた。 その後の剛の活動を考えると、実は彼なりに悩みながらソロ活動をしていたはずで、そういう事を考えると余計に心に響く。 トシちゃんの「ラブ・シュプール」も隠れた名曲で、ストリングスが非常に気持ちいい胸がときめくディスコナンバー。 SMAPや嵐がドレスダウンした男性アイドル像を完璧に構築した一方で、タッキー翼なんかがこういう伝統的なアイドル像をしっかり支えていたのではないかと思う。 - シブがき隊 79 : 山下智久 - 抱いてセニョリータ 78 : しようよ - SMAP 77 : 雨傘 - TOKIO 76 : キング オブ 男! 椎名林檎の何も考えてなさが、TOKIOというガシッとした基盤の上でセクシーかつ強固に組み立てられて結果的に他にはないような曲になっていた。 「しようよ」はイントロからしてお洒落。 AOR期のSMAPを代表する曲のひとつで、今聴いてもかなりウェルメイドな良曲。 Traveling Man - TOKIO 65 : ハートを磨くっきゃない - TOKIO 64 : Peace! サビの「みーがくっきゃない!」の所が気持ち良くて何回も聴きたくなる。 こういうキャッチーさはアニソンとして非常に重要な要素ですね。 山ピーのサマーヌードは想像していたよりかなり良かった。 独特のセクシーな声で、オリジナルとは別の良さを引き出していたんではないだろうか。 ちょっと関係ないが、「Peace」はとんねるずのノリさんのコントで死ぬ程笑った。 サビ前の抜きの展開とかかなりカッコいい。 イントロのギターのアレンジもかなりセンスが良くて、少年隊がこれをバックにアクロバットをしている所なんかは永遠に見られるくらい良い。 「青の時代」はKinkiがCDデビューするまえにやっていた同名のドラマの主題歌で、聴くと自動的にドラマの事を思い出す。 最終回は普通に感動してしまった。 大谷能生をして「現代のサン・ラ」と言わしめる堂本剛の曲の中でも「The Rainbow Star」は相当際立った曲だ。 彼にしか出来ない事なので、どんどん突き詰めてほしい。 Say! JUMP 48 : NEWSニッポン - NEWS 47 : 言葉より大切なもの - 嵐 46 : チェリッシュ - NEWS 45 : シンデレラ・クリスマス - Kinki Kids 44 : Ultra Music Power - Hey! Say! たくさんあるコラボの中で特に印象に残っているもののひとつにV6と玉置浩二の「愛なんだ」がある。 玉置のやりたい放題ぶりを優しく受け止め、かつとても楽しそうにしている感じが本当に良い。 「NEWSニッポン」はバラード部分のメロディーが切なくて心にしみる。 「言葉より大切なもの」はジャニーズに限らずカラオケで盛り上がる曲の定番になっている。 櫻井ラップもめちゃカッコいいし、ここは絶対歌いたい。 Bang! バカンス - SMAP 39 : よろしく哀愁 - 郷ひろみ 38 : 恋=Do! 嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」は、「アイドルのデビュー曲」の中でも相当素晴らしいのではないだろうか。 その後の嵐の成長やアイドルとしてのあり方を全て暗示しているような完璧なデビュー曲。 「恋=Do! 」はこれのために改めて聞き返してみて、やっぱりいいなと思った。 最近の「ガキの使い」とかのトシちゃんしか知らない人は、是非昔の曲を聴いてみてほしい。 HER! HER! サビの入りの所で一気の感情を揺さぶられてもっていかれる。 アレンジやコード進行も特別なことは何もしていないのでは無いかと思うが、歌い手の個性や歌詞、タイアップのイメージなどがマッチした事によって嵐を代表するような曲になっている。 「羽田空港の奇跡」は普通にめっちゃかっこいいのですぐに聴いて欲しい。 「ミッドナイトシャッフル」は堂本光一が出ていたドラマの主題歌で、それこそ「ギラギラ」としたマッチの魅力が再び再確認出来る名曲。 これを踏まえてこれらの曲を聴くと全く聞こえ方が違ってくる。 大げさかもしれないけど「大衆音楽の可能性」っていうのはこういった所にあるんじゃないかとも思ったほど。 「愛、テキサス」はちょっとずるい。 こんなのは良いに決まっている。 「Sexy Zone」は歌詞が奇抜でおもしろいのと、ドラマティックなメロディの展開にはまった。 「馬飼野康二印」がばっちり決まった、ジャニーズらしい名チューン。 嵐の3曲は個人的な思い入れが強くてどれも最高。 ジャニーズの曲ランキング、ここからベスト10! 10位 : ひとりぼっちの歯ブラシ - 桜庭裕一郎 長瀬がドラマのキャラとして歌ったバラードチューン。 正直これにかんしてはジャニーズどうこうとは関係なく、曲としてかなり好きなので入れざるを得なかったような感じ。 つんくが男性に提供した曲の中ではダントツで一番良いと思う。 ちなみにつんくのセルフカバーバージョンやそのライブ映像なんかもあって、これがまた素晴らしいのだ。 つんくが声を失ってしまったと聞き、真っ先に思い浮かんだのはシャ乱Qでもモー娘。 でも無くこの曲だった。 今は色々大変なのかもしれないが、男性歌手をプロデュースする機会があればまたこのような素晴らしい曲が聴ける事を楽しみにしている。 9 : WAになっておどろう - V6 V6のグループとしての存在感はちょっと異質で、全員が「ちょっと面白い部活の先輩」みたいな雰囲気がある。 もしもSMAPや嵐が「輪になって踊ろう」とかって歌って来るとちょっと押し付けがましい感じがしてきてしまうかもしれないが、V6の場合こういう歌をとても軽く、それでいて爽やかに、こちらをリードしてくれるかの様に歌い上げてくれる。 8 : 湾岸スキーヤー - 少年隊 長野オリンピックの時期にすごいかかっていて、小学生の時によく聴いたんだが、当時は「なんだか耳には残るけど変な曲だなあ」などと思っていた。 それから色々な音楽を聴いて色々な本を読んで大人になった今この曲を聴いてみると、当時とは全く違う受け止め方が出来る事に気づく。 あまり言及されない作詞家としての秋元康の才覚が最も感じられる歌詞、山下達郎による美しいコーラスアレンジとディスコを意識した流れるようなメロディ。 少年隊独特のアイドル性とウェルメイドな音楽性が高いレベルで結実した名曲だ。 7 : スニーカーぶる〜す - 近藤真彦 マッチの記念すべきデビューシングル。 マッチは最近よくテレビでも当時の曲を歌っているのをみるが、1980年のアイドルソングを今も違和感無く歌っているというのが何とも痛快じゃないか。 6 : 宙船 - TOKIO 日本のテレビドラマ史に残る傑作、「マイボス マイヒーロー」の主題歌。 中島みゆきに対してこんな安い褒め言葉はむしろ失礼だが、本当にこの歌詞は良い。 オールを漕ぐも漕がないも自由。 漕いだ所で望む場所へ行けるかどうかはわからないが、それでも、自分で漕いで行かなければならない。 抽象的でありながら聴く人一人一人に応じて多様な解釈が可能で、言っている事が本当に深い。 5 : 夏の王様 - Kinki Kids ジャニーズで夏の歌は色々あるけど、個人的にはやっぱりこれ。 Kinkiの中でも一番好き。 サビのぐいぐい来る感じが「夏だ!外に出てはじけなきゃ!」みたいなオブセッションを煽ってくる。 4 : 抱きしめてTONIGHT - 田原俊彦 僕の中では筒美京平作品の中でも5本の指に入るくらいの曲。 まずはイントロのパワーが凄い。 この80'sディスコ風のブラスシンセとオクターブベースを聴くと、強制的にこの曲の世界に引き込まれてしまう。 あとは「ああもっともっと素直になれ」の浮遊するような転調の展開は非常に中毒性が高い。 3 : Monster - 嵐 一聴して感動した大好きな曲。 ラップを取り入れた事を除けばそれまで嵐にはSMAPほど音楽的なチャレンジが感じられなかったが、この「Monster」は個人的にジャニーズの歴史に残る大傑作だと思う。 メロディ、アレンジ、歌詞、振り付けなどこの曲の全ての要素に強い意欲と「良い曲を作ろう」という意志が感じられ、それらが完全にひとつのものとして機能している。 1曲の中で独立し完結した物語を読み取る事ができるような、最近のJ-POPでは珍しい「歌」でもある。 2 : 青春アミーゴ - 修二と彰 CDが売れない時代になって久しい。 全体として売れているのかもしれないが、曲を聞く目的で買っているのではなかったり、個々人の趣向性が多様化して誰もが共通して聴くようなヒット曲が生まれづらくなっていたりと、現状はもう少し複雑だ。 このような時代にさしかかる前の最後の1曲を挙げるのだとしたら、僕はやっぱり「青春アミーゴ」だ。 当時の10代、20代であれば恐らく口ずさめ無い人はほとんどいなかっただろうし、実際に165万枚というビッグヒットを記録している(握手券は当然付いていない)。 最近は若い女性アイドルの中でもアイドルオタクを公言しているような人が多く、アイドルの相対化はとどまることを知らない。 そういった流れの端緒になったという意味でも、この曲の持つ意味は非常に大きいと思う。 1 : 夜空ノムコウ - SMAP スガシカオはSMAPの曲の歌詞をオファーされたものの、いつまでたっても良いアイディアが思い浮かばず、気がつけばとうとう締め切りの前の日の夜になってしまった。 そこで半ばやけくそで、そのままの気持ちを反映したのがこの「夜空ノムコウ」だ。 その心は、「夜空のムコウには締め切りが待っている」である。 「追い込まれた人は凄い力を発揮する」とか「リアルな気持ちこそが人の心を動かす」とか、いくらでもそれっぽい教訓を引き出せそうなエピソードではあるが、とにかく重要な事はこの「夜空ノムコウ」という曲がそういう経緯の後1998年に発表されて大ヒットし、(おそらく)SMAPのディスコグラフィーの中で最も多くの人の心に残っているということである。 前年に山一証券と北海道拓殖銀行が破綻した98年は、バブルのツケがいよいよあらわになり始めるその賭場口である。 そして今。 SMAP自体にも色々な事があり、「笑っていいとも!」は終了し、木村拓哉はドラマで父親役を演じている。 「社会を変える」と大学のセンセイがこぞって期待したインターネットは、報われない輩の吹きだまりになった。 僕が一番驚くのは、それでもこの「夜空ノムコウ」が、初めて聴いたときと1ミクロンたりとも変わらない角度で僕の心に突き刺さってくるということだ。 菊地成孔は大衆音楽の本質として「新たに見いだされるというよりは、既にそこに存在している」ものだと言った。 僕にとっての「夜空ノムコウ」はまさにそういう曲だ。 僕たちはきっと永遠に明日を待っている。 祈っている。 恐れている。 どれほどの名誉や金銭、社会的立場を獲得しようとも、明日なにがやってくるかは誰にも分からない。 そういう物理的な法則が破られない限り、この曲は僕たちの心の中にあり続けるのだと思う。 ムダ毛のお手入れ、順調ですか? thablue19.

次の

歴代ジャニーズグループ一覧

ジャニーズ メドレー

37配信 本日、ジャニマガJnews1の週刊Jnews1 vol. 37を配信しました。 配信後に登録された方は、次週からの配信となります。 また、多数一斉配信のため、メールのプロバイダーによっては受信に遅延が生じる可能性がありますので、ご了承下さい。 まだ登録されていない方は是非登録して下さい。 が特集されます。 メルマガ登録(PCメールで登録お願いします)&各種投稿募集中。 是非投稿して下さい。 」が、2位以下に大差をつけてダントツの1位に輝きました。 「We can make it! 」は、嵐の松本潤君主演ドラマ「バンビ〜ノ!」の主題歌に起用されている曲です。 の嵐公式HPで、「We can make it! 」と「Di-Li-Li」の試聴が出来るようになっています。 情報投稿:りささん• 5月11日のMステに嵐が出演予定です。 曲は「We can make it! 」です。 木村君はイ・ビョンホンさんと英語でコミュニケーションをとっているそうです。 HEY! HEY! にテゴマス Johnnys netに番組協力情報が出ているので、ご確認下さい。 現地入り&会見の様子が一部めざましテレビ等で流れましたが、釜山の空港には木村君を一目見ようと1000人以上のファンが集結し、SMAPの名曲「世界に一つだけの花」を合唱するなど、熱烈な歓迎ぶりでした。 記者会見では、木村君は草なぎ君直伝?の韓国語で自己紹介。 共演者のイ・ビョンホンさんの印象について、「表現者としてもとてもインパクトのある方だなとずっと思ってました。 」とコメント。 対するイ・ビョンホンさんは、「初対面とは思えない親近感を感じました。 」とコメントしていました。 公開日(9月8日)が待ち遠しいですね。 表紙はともにSMAPの稲垣吾郎君です。 将来はバーサスできるくらいの器になれるよう頑張ります。 」とコメント。 「ここだけは負けないという所は?」の問いには、「大食いとかだったら勝てるかもしれないです。 牛丼とかだったらいっぱい食べれる気がする。 」と恐縮しきりの様子でした(今朝のめざましテレビ&ズームインより)。 CMは27日からオンエア開始ですが、東芝のHPで「ロマンが」篇&「22歳」篇の動画が早速公開されています。 カタログ写真やメイキングレポートもあり。 1万枚)。 の知念侑李君が務めます。 今朝のズームインで、長瀬智也君のアフレコ収録の様子が少し放送されましたが、浪人らしい厚みのある声で、とてもサマになっていました。 4月27日からCMオンエア開始予定。 鶴見辰吾さんからの紹介でした。 通算25枚目となった今作は、KinKi Kids出演のアサヒ飲料十六茶CMソングとしてオンエア中の爽やかな曲です。 お見逃し無く。 元NEWSメンバー・森田貴寛(森内貴寛)君が「Taka」としてボーカルを担当しているロックバンド「ONE OK ROCK」が、本日シングル「内秘心書」でメジャーデビューを果たしました。 公式サイトで楽曲とPVの試聴ができます。 深夜によくCMが流れていますが、結構インパクト大きいです。 元SMAPメンバーでオートレーサーの森且行さん出演のオートレースCMが、4月1日からオンエア中です。 オートレースの公式HPで、CMとメイキング映像の動画が公開されています。 また、昨日行われた主演ドラマの発表会で、赤西仁君について言及、スポーツ紙で記事になっています。 1万枚を売上げ、4月30日付のオリコンアルバム週間チャートで、見事1位を獲得しました。 結成以来10作連続1位獲得は史上初の快挙だそうです。 おめでとうございます。 「」の「P-Celebrity vol. 37」(P224〜227)に、NEWSの山下智久君が登場。 プロポーズ大作戦や恋愛のことについてインタビュー&写真掲載。 「めっちゃ好きやで本気TALK」と題した2人の対談&写真が掲載。 「」の「あいつとなら恋に落ちたい」(P437〜P439)に、KAT-TUNの田中聖君が登場。 主演ドラマの特急田中3号や生い立ち等についてインタビュー&写真掲載。 また、内容未確認ですが、「」の「今月のうっとり男 vol. 6」に嵐の松本潤君が登場しているようです。 サイトの目次に掲載されています。 さらに、アイドル誌「Myojo」「ポポロ」「Kindai」が本日発売です。 HPにてCM動画公開中。 値下げ率は随時変更されるのでご了承下さい。 HEY! HEY! 36配信 本日、ジャニマガJnews1の週刊Jnews1 vol. 36を配信しました。 配信後に登録された方は、次週からの配信となります。 また、多数一斉配信のため、メールのプロバイダーによっては受信に遅延が生じる可能性がありますので、ご了承下さい。 まだ登録されていない方は是非登録して下さい。 メルマガ登録(PCメールで登録お願いします)&各種投稿募集中。 是非投稿して下さい。 <初回限定盤の特典DVD(1枚)> 2006年9月17日の台湾「ARASHI FIRST CONCERT 2006 in Taipei 〜久等了!嵐來了!〜」公演のステージ映像を約120分、ほぼ完全収録。 正確・最新の情報は等でご確認下さい。 」のパッケージリニューアル版DVD-BOXが、6月22日に発売決定しました。 「GOOD LUCK!! 」は、2003年1月19日〜3月23日にTBS系列で放送された全10話の連続ドラマで、木村拓哉君演じる国際線旅客機の新米副操縦士が、恋や仕事に悩みながらも成長していく姿や、パイロット・CA・整備士達の人間模様を描いた物語。 平均視聴率30. 新しい情報としては、田中聖君主演ドラマ「特急田中3号」の主題歌に起用されているKAT-TUNの新曲「喜びの歌」(6月6日発売)が、27日放送の第3話から6人バージョンで流れる予定とのことです。 ひさしぶりの6人での真新しい歌声は楽しみですね。 結構面白そうな内容です。

次の