京都 産業 大学 クラスター。 大学はなぜ本格再開しない? クラスター発生、学生の孤立化…絡み合う懸念

京都産業大学のクラスター感染から思う、不思議で歪で割に合わない大学の立場と責任。|花岡 正樹|note

京都 産業 大学 クラスター

【動画】記者会見で今後の対応を説明する京産大学長 29日に会見した京都市の門川大作市長と京都産業大の大城光正学長によると、3月2~13日に欧州旅行に出掛けた学生が4人おり、うち2人は28日までに他府県で陽性と診断されているという。 残りの京都市内在住の2人を検査したところ1人が陽性、もう1人が陰性と判明した。 他府県で陽性となった学生と一緒にゼミ卒業祝賀会に参加した京都市内在住の3人も陽性と判明した。 京都市在住の4人はいずれも20代男性で軽症という。 また京都府も29日夜、ゼミ卒業祝賀会に参加した20代の男子学生1人も陽性と判明したと発表した。 市はクラスター発生の可能性が極めて高い状況にあることが判明したとしている。 大学と連携し、濃厚接触の可能性のある48人に対し自宅待機を要請した。 同大学は既に学内施設を消毒したとしている。 授業開始は5月11日以降とし、5月4日までは不要不急の学生の立ち入りは禁止するという。 引用元: 感染爆発してようが医療さえ間に合ってれば問題はないんだ どこかの県みたいに軽症で病院が満床になるとかアホ 蔓延しても医療崩壊さえしなければ死者は少ないという成功例が日本 日本は大量に来てた中国人からの蔓延を防ぎようがないので、医療崩壊させないことが何よりも重要 検査精度が低いから病気のやつは全員陽性と思って自主隔離しろ。 偽陰性で歩き回るやつを出すよりこっちが正解 検査前=陽性かも寝てろ。 検査後=偽陰性かも寝てろ。 同じ結果。 検査不要。 陽性でないと休めない会社は告発しろ 大半が何事もなく治るのに、病床が空いてたら軽症も入院だから検査増やすと病院が足りなくなる それで医療崩壊が加速したら重症が亡くなりやすくなって大失敗した韓国やイタリアと同じ惨事になるよ.

次の

京都産業大学はどこ?クラスター発生か?学生7人が新型コロナに感染!

京都 産業 大学 クラスター

net 京都府は1日、新たに3人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 うち2人は感染が拡大している京都産業大(京都市北区)の男子学生が出席した京都府井手町で開かれた交流会の関連だった。 府によると、3月23日に井手町であった交流会で男子学生と接触した30代の男性と、この会の出席者で感染が確認された井手町職員と接触した30代の男性が感染した。 海外に渡航していた学生から発覚した京産大の「クラスター」関連感染者は、京産大によると午後2時段階で全国計40人(今春卒含め学生27人)に上っている。 1日の府発表分を加えると、計42人。 もう1人は、他府県での感染者と接触した20代男性だった。 府内の感染者は計72人になった。 kyoto-np. yahoo. yahoo. yahoo. kobe-np. nhk. nhk. nhk. yahoo. nhk. nhk. nhk. kyoto-np. yahoo.

次の

【2ch速報】クラスター 京都産業大学関連の感染確認 39人に (4/1)

京都 産業 大学 クラスター

学生たちの間で感染が広がった京都産業大(3日午後0時54分、京都市北区) 京都産業大(京都市北区)で発生した感染者集団(クラスター)からの感染が府内外に広がっている。 症状が出にくい若者の行動が招いた事態。 京産大は学生らに海外旅行や懇親会への注意を呼び掛けていたが、防げなかった。 一方で学生らが旅行して帰国した3月前半は政府の取り組みも十分といえず、国内の警戒感が緩んでいた時期でもあった。 京都府と市によると、京産大生に端を発するクラスターは65人(4月3日現在)。 うち府内在住者は43人で、府内感染者全体の約4割を占める。 始まりは、学生4人が3月2~13日、英国やフランスなど欧州5カ国の卒業旅行から帰国したことだった。 京都新聞社の双方向報道「読者に応える」には、「この時期に軽率だ」「自粛すべきだった」との批判が寄せられている。 ただ、外務省ホームページにある新型コロナウイルス感染症に関する入国制限措置などでは、フランスが同17日、EUや英国以外の出身者の入国禁止を発表したが、学生が出国した時点で旅行先には措置が出ていなかった。 同29日、学生の感染者を市役所で発表した門川大作市長は「外務省などのアナウンスに従っての旅行は批判できない」と学生らを守った。 学生4人は3月14日に帰国し、このうち後に感染が判明した3人が19、21、22日、特段の症状もなかったため、二つの卒業祝賀会とサークル懇親会に参加し、同席した別の学生ら26人が2次感染した。 さらに21日の卒業祝賀会に参加し感染していた学生が、23日にあった京都府井手町での交流会に参加したことで、町職員を含む10人以上の3次感染を生み、その家族にまで感染が及ぶ結果となっている。 京産大も、学生の感染防止には取り組んでいた。 中国での感染拡大を受けて1月30日にはホームページなどを通じて中国への渡航中止を求めたほか、他国への渡航についても注意を喚起した。 2月3日には緊急対策本部を設置し、卒業式・入学式の中止を決定。 今回問題となったゼミの卒業祝賀会やサークルの懇親会なども、教員を通じて自粛を呼び掛けていた。 そこに限界はあったが、「他の大学と比べ、京産大の取り組みが劣っていたということはない。 3月の3連休前あたりからは、国内の警戒感が一時、緩んでしまった面もある」(府幹部)。 京産大は「多方面にご迷惑をかけたことをおわびするとともに、罹(り)患された方の一日も早い治癒を祈っている。 京都市をはじめ各自治体と連携し、感染拡大の防止に全力で取り組む」としている。 感染が波及した井手町は、2013年に京産大と包括協定を結んでいる。 人口減少に悩む町を活性化に導く「井手応援隊」として学生が貢献してきた。 地元産の竹で作った灯籠で、町を流れる玉川を照らすイルミネーションイベント「井手!みねーしょん」は14年に始まり、今や町の名物行事に。 17年には町内の古民家を応援隊の活動拠点「むすび家ide」に改修し、子どもたちに勉強を教える「寺子屋」として活用。 19年からは町名物を味わえる「むすび家カフェ」としての営業も始めた。 学生らが給仕し、住民らとの交流を深めており、むすび家カフェ関係者は「『早く復活してね。 あの子らの笑顔見に行くわ』と声をかけてくれる町民もいる。 (この事態を)乗り越えて、今後も学生と頑張りたい」と話していた。 クラスターを早期に封じ込め、今回の事態を教訓に生かすことが行政や大学に求められる。

次の