ランクル 70 再販。 ランクル70 が 再復活? 2020年にクリーンディーゼル エンジン搭載で? │ ランクル70研究所/marshillmusic.merchline.com

再販のランクル70にハイエースのディーゼルエンジンは技術的に乗せられな...

ランクル 70 再販

ガソリン仕様のみのラインナップだったが、バンとピックアップを販売するなどランクルファンは胸が熱くなった。 ここにきてネット上で「2020年にランクル70が再販されそう」との情報が流れていた。 いったいどういうことなのだろうか。 まずはトヨタ広報部に確認の電話をしてみた。 すると 「ランクル70が再販するという情報はこちらからご案内したことはございません」とのこと。 もちろん出るか、出ないかについてもコメントはもらえなかったのだが、どうやら情報元はトヨタではないようだ。 現在も海外向けに生産が続くランクル70。 日本市場では新車が手に入らないこともあり、10万km以上走った個体でも中古車相場はかなり高め 次に各地方のトヨタ販売店へも電話取材を実施した。 ある地方のディーラーマンはこう答えてくれた。 「トヨタ本社から販売店へはそのような情報は来ておりません。 完全に私の憶測ですがランクル70の再販はちょっと考えにくいと思います。 たしかに2014年当時は多くのお客様にご支持いただきましたが、それは10年ぶりの再販だからであって……。 そこまで引き合いがあるとも思えません」。 また他のすべてのディーラーでもランクル70再販についての動きはないと断言する店舗が多かった。 さらにディーゼル仕様の投入を求める声も多いが、こちらについてはある販売店スタッフは否定的だった。 「イメージとしてはランクル70のような4WDにはディーゼルというのはわかりますが、2014年の再販モデルはガソリンエンジンでも充分な低速トルクでした。 それよりもATの設定があればな、と販売店としては思います」。 ディーゼルエンジンの分厚い低速トルクは魅力だが、ガソリンエンジンを搭載した復刻ランクル70は同型式のエンジンを搭載するFJクルーザーなどとは特性を変更して、低速トルクを充実させている。 2ドアのピックアップやトゥルーピーと呼ばれるサイドシートを備えたモデルなど、ランクル70の仕様は多岐にわたる。 たしかにかっこいいのだが日本市場での導入となると?? そこをあえて日本の排ガス基準に適合させたディーゼル仕様を用意して、販売するとは考えにくいのも事実。 またエンジンに詳しい関係者はこう語る。 「トヨタがランドクルーザーに搭載を考えていたディーゼルエンジンが、オーストラリアでのエミッション対応に苦戦しているとの情報があります。 2014年の時は南アフリカ仕様を日本向けに改修しましたが、ディーゼルエンジンとなれば環境性能の高いオーストラリア仕様が濃厚です。 現状でエミッション対応に苦戦しているということもあり、やはりディーゼルエンジンのラインナップは厳しいかと思います」。 衝突安全性についてもやや不安の残る部分があるという。 フレームからの更新が必要になる可能性もあり、日本市場での販売については多くの障壁があるはずだと前出の関係者は言う。 ややネガティブにな話になってしまったが、現在でも南アフリカやオーストラリアに向けてランクル70は製造を続けており、再販の可能性はもちろん皆無ではない。 最新情報が入り次第お届けしよう。 ランクル70はちょっと微妙なところだが、ランクル300の開発は順調に進んでいるようだ。 ランクル200の後継車種としてグローバル展開されるはずのランクル300。 ルックスはほぼそのままにフルモデルチェンジしたベンツGクラスのように、もちろんキープコンセプトでの登場となるはず。 ランクル300はキープコンセプトで登場。 サイドウィンドウの形状などエクステリアでは小変更にも思えるが、パワートレーンは大きく更新される(写真はベストカー予想CG) 当然ながらラダーフレームを継続採用しており、これまでと同様に高級感と走破性の両立を図っているという。 パワートレーンはV6の3. 5Lガソリンツインターボに加えて、マルチステージハイブリッドのラインナップも予想されている。 世界中のラフロードを走ってきたランクルだけに、この300の開発についても気になるところだ。 世界中のオフロードを確実に走り抜ける必要があるランドクルーザー。 これまで積み上げてきた歴史に傷をつけないためにも開発は続く 販売時期は2020年秋頃を予定しているとのことだが、2019年11月の東京モーターショーでその姿を見ることができるかもしれない。 またトヨタが2018年のデトロイトショーで発表した、のようなクーペスタイルの4WDへの進化を検討しているという情報もある。 もちろんタフなランドクルーザーの雰囲気とは異なるものの、「陸の王者」にも変革の時が来ているのかもしれない。 についても情報がもうすぐ入りそうだ。 こちらも追って情報をお届けしよう!!

次の

ランクル70国内再販復活!徹底解説!|フレックス・ドリーム

ランクル 70 再販

先日のヤフーニュースで、こんな記事を見た。 引用元の記事はこれ。 まだ憶測の域を出ない、希望的な噂に過ぎないが・・・ 私のような素人ブロガーが、「2021年はランドクルーザー70周年だから、ランクル70が再再販されんじゃね。 」「マジかヤバいwww」「ミドル出せよ」「AT全開!!」なんて内輪で盛り上がるのは勝手だし、興味があれば面白がってくれるけど、誰も本気にはしないだろう。 この記事をかいた山崎友貴氏は、出版業界(四駆・RV雑誌)におられた人だ。 今はフリーだとはいえ、車業界にも詳しいだろうしパイプも持っているだろう。 そんな山崎氏が業界の噂話として書いているから注目されるのだ。 2014年の再販のときもそうだった。 どこからともなく噂が流れてきて、某巨大掲示板でも最初は相手にされなくて、誰も信じてなかった。 個人の希望を勝手に書き込んで、僕の最強の70について盛り上がるだけだった。 そのうちにディーラーなどの信用筋からも情報リークがあり真実味を帯びてくるのである。 こういう流れがあったので、また業界の与太話かよ。 と単純に切り捨てられずに、マニアが注目しているのである。 まあそこら辺も計算済みなのだと思う。 たとえ再再販されなくてもいいのだ。 あくまで噂話なのだから。 もし再再販されることになれば情報通として株が上がるのだ。 つまり言ったもん勝ちのネタなのである。 噂では、前回の再販では実現しなかったディーゼルエンジンが搭載されるかもと言われている。 ハイラックスやプラドに搭載されているGDエンジン(1GD・2GD)は、DPF・尿素SCRシステムで現在の排出ガス規制をクリアしている。 このエンジンは2015年から採用されているので、前回の再販の時には存在しなかったのだ。 ただし今のところ、1GD・2GDはランクル70に搭載されてはいない。 ランクル70に搭載されている一番新しいディーゼルエンジンは 1VDであるが、このエンジンで現在の先進国排ガス規制をクリアするのは難しいようだ。 だからプラドにも搭載されている1GDが有力なのだ。 排ガス規制と共に毎年厳しくなるのは、衝突安全基準だ。 ランクル70の基本設計は、35年以上前である。 現在の考え方とは全く異なり、衝撃を車で吸収する構造になっていない。 歩行者に対しての衝撃も全く考慮されていない。 2007年のマイナーチェンジで、フロント周りが一新された。 さらに2017年のマイナーチェンジでボンネットの形状も変更された。 これは大きなV8エンジン(1VD)を載せるためでもあったが、歩行者がはねられたときの衝撃を小さくするための措置でもある。 このように変更を繰り返しどうにか対応しているが、根本的な設計が古いのでそのうち先進国では販売できなくなるだろう。 だから2021年の再再販が国内販売の最後のチャンスとも言われている。 この段階で、ガセネタと切り捨てるのは無粋であろう。 ランクル愛好家であれば、色々と妄想して楽しめば良いと思う。 ディーゼルが欲しくて前回の再販を諦めた人もいるだろうし、すでにランクルユーザーであるなら買い替えを考えている人もいるだろう。 私的には共通部品が継続生産されることが嬉しい。 私もまだ今のランクルを手にしてなかったら、再再販されるのを待ったかもしれない。 見た目のデザインは旧モデルが好きだけど、ディーゼルエンジンの新車には魅力がある。 いくら中古を磨いたって新車には戻せないのだ。 もし1GDが搭載されるならば、ATも組み合わされる可能性が高い。 これはランクル70愛好家の裾野を広げることになるだろう。 賛否両論あるけど、私はATが選べることはとても重要だと思う。 前回の再販のときは、海外仕様を国内の規制に合わせて少しだけ仕様変更しただけであった。 海外仕様にはMTしかないから、わざわざ限定販売のためにATが組み合わされることはなかったのだ。 ともあれワクワクするネタであることに違いない。 これからランクル70を買う人にとっては悩ましい情報だけど、これからが非常に楽しみなのだ。 もし再再販されるのであれば、そのうち有力な情報が漏れてくるはず。 ランクル70は一般受けする車両ではない。 しかし愛好家にとっては他には代えられない車なのだ。 現在も海外向けの新車は製造されているので、その気になれば逆輸入することもできる。 ただし諸経費諸々で800万円(1VD)くらい必要だけど・・・余程お金持ちで熱狂的なマニアで無い限り買える人はいないだろう。 もし再再販されるならば、前回の再販ガソリンで360万円だったので、ディーゼルならば400万円強になると予想できる。 これなら普通のサラリーマンでも頑張ればなんとかなる価格なのだ。 ガセかもしれないけど、今から貯金しておけば良いことが起こるかもしれない。 多くの人が願えばきっと叶うんじゃないかな。 夢が広がるよね。 shiratsume.

次の

ランクル70再販あるか?? マジで出るの?? 2020年にまさかの…?

ランクル 70 再販

購入時に「車検は大丈夫と言われたが 実際に車検に通らない」場合が有ります。 当社にも県外でハマーやタンドラなど購入後、 困りはてて相談に来られるケースがあります。 なぜ、こんなケースが起こるかと言いますと、 輸入業様の方で車検取得時には 一旦は車検適合する仕様に変更はするが・・・ (海外レンズから国内対応レンズに変更などや国内仕様にカメラ取り付けやブレーキ強化作業等々) また、 コストをカットする為に国内適合の部品で車検を通し、 その後海外仕様に戻して販売 している事が考えられます。 (国内対応レンズ等 検査用に使い回しの為、車両価格を抑えて販売可能) もしくは、かなり減ってきてると思いますが・・・ ペーパー車検 のような感じで 海外仕様のままの状態だが何らかの方法で無理やり車検合格している場合 (海外仕様のまま 作業を一切しない為、車両価格を抑えて販売) 当社ではキチンとした「一生物」 をご紹介したい為 こういう事が無いように完全に 日本に適合する形で 仕上げをしてお届けまでをお約束します。 Q 納期はどのくらい? A 車種によりますが約4か月前後です。 Q ローンなどの支払いも可能?金額はどのくらい? A もちろん可能です。 車種にもよりますが新車のトゥループは548万円からです。 せっかくであれば沢山の方にお届けするための 特別プランを用意しました。 5年プランですと 62,800円から7年プランですと 57,800円からです。 ローン会社様と提携した日本で当社だけの特別プランです。 ボーナス支払い無も可能です。 頭金や経費計上も可能になりますので御相談ください。

次の