エリック トランプ。 トランプ氏次男、ロックダウン長期化は民主党の選挙戦略と主張

トランプ氏次男エリックはワイナリーを所有?身長や妻・子供も気になる!

エリック トランプ

エリック・クランプさんのは土曜日に言いました。 コロナウイルスは11月の選挙後「魔法のように」消え、国を完全に再開できるようになる。 (これは、世界中の医療専門家と矛盾する科学的根拠がない主張です。 )フォックス・ニュースのジェニー・ピロのインタビューで、 エリック・クランプさんは、トランプ大統領に批判的な人たちが大統領の集会を弱体化させるために、 パンデミックを利用しえいて、これを政治的手段として役立たなくなったら停止する「認知戦略」と呼んでいるということを示唆しました。 ワシントンポストは、カッコの中の部分を考慮しても、中立的な論調ですが、 フォーブズジャパンには、この件に関して、がでています。 日本のマスコミは、前回のアメリカ大統領選挙のときからずっとヒラリー・クリントンを推していて、 いまでも、反トランプ的な報道姿勢なので、世界を巻き込んだ大統領選挙妨害作戦というのもありえるような気がします。 オバマゲートに関しても、ほぼ報道していないようですからね。 ちなみに私が住んでいる地域の回覧板が回ってきて、10月までの地域のイベントが全て、中止と書いてありました。 なぜ、今の時点で、そこまで中止にする必要があるのか? これらの中止は、行政により決められたそうです。 日本の行政は10月終わりまで、これが続くことを知っているのではないかと勘ぐってしまいました。

次の

おじいちゃんトランプ:孫が9人になった!今朝、エリックとララ・トランプに、男の子の赤ちゃんが誕生

エリック トランプ

トランプ大統領の次男エリック・トランプ氏はFOXニュースの番組で、新型コロナウイルスに伴う活動制限の長期化は、トランプ陣営の選挙集会を妨害するための民主党の戦略と主張。 ウイルスは大統領選後に「魔法のよう」に消滅すると語った。 16日、ジェニー・ピロの番組に出演したエリック氏は、ロックダウンが選挙に与える影響について聞かれ、「バイデンはこれが好きなんだ。 バイデンはステージに上がればひどい失敗ばかりだ。 家の地下からさえ、毎日ひどい失言を繰り返している」と、民主党の候補指名を確実にしたジョー・バイデン前副大統領を攻撃。 「彼らはドナルド・トランプの最大の道具を取り上げようとしている。 それはアリーナに行けば毎回5万人の集客できるということだ。 」と語った。 さらに「今から11月3日までの日々をだまし取るつもりだ。 11月3日が過ぎれば、コロナウイルスは魔法のように突然姿を消して、みんなが再開できるようになる」と予測。 郵送投票と同様に、民主党が選挙を有利に戦うための「周知の戦略」だと語った。

次の

エリック・トランプさんのコロナデッチ上げ発言に関して。「魔法のように」

エリック トランプ

These are the tactics used by the. - you should be very proud... 🙄 — Eric Trump EricTrump 記者が情報源となりそうな人間と接触するのは、特に珍しいことではありません(そのようなことは記者という仕事の基本中の基本です)。 そして、報道機関は普段から多くの企業の動向をカバーしていますが、一国の大統領が所有する企業の動きがその国にとって重大事であるのは明らかなことです。 エリック・トランプ氏のこのツイートに対して、「ワシントン・ポスト」紙がTwitterに投稿したビデオの中で、 「これは私がよく出している類のメールです。 ジャーナリストの仕事の中には、自分が知りたいと思う事柄を知っている人間を見つけること、ただし自分がそういう人間を知らず、また彼らも自分のことを知らないといった人を見つけることに関するものがたくさんあります」と、ファーレンホールド氏は自分の仕事の中味について丁寧に説明しています。 Post reporter David A. talks about his reporting on the Trump Organization. His stories are here: — The Washington Post washingtonpost 「ドナルド・トランプのような大統領は、過去に例がありません。 つまり、自分の会社を手放さず、その所有権を握ったままホワイトハウスに乗り込んだ人間はいなかったということです」と、ファーレンホールド氏は自分がなぜトランプ・オーガナイゼーションの動きを追っているかについても説明しています。 また、 「そして(彼の所有する企業で)起こっていることを理解しなければ、大統領であるトランプ氏に対して、それらの企業がどんな利害衝突の可能性を突き付けているか、そしてトランプ氏がそうした可能性をどう回避しているかを理解するのは難しい」と、ファーレンホールド氏はコメントしました。 最後に 「それが、私がここにいる理由だ」とファーレンホールド氏は語っています。 「ジャーナリストの仕事は、何か重要なことを知っている人間と話をすることです。 私たちがここ(事務所のなか)に居続け、電話もかけず、メールも送らなければ、私たちには何もわからないことでしょう」とファーレンホールド氏は続けて話しました。 Twitterユーザーは当然ながら、エリック・トランプ氏のツイートに攻撃を加えています。 また、一部のユーザーが指摘しているように、ファーレンホールド氏は今後外部とやり取りするメールの数を減らさなくてはならなくなるかもしれません(エリック・トランプ氏が自分の連絡先の情報を公開し、その中に新たな情報源となりそうな名前がたくさん含まれているからです)。 This is about as straight-forward and journalistically responsible as possible lol. Really got him there. — Erick Fernandez ErickFernandez エリック・フェルナンデス氏の ツイート内容: これは非常にわかりやすく、ジャーナリストとして責任のある事柄についての話である(笑)。 ジョン・ハウスマン氏 の ツイート内容: そして、(さらに酷いのは)ファーレンホールドが情報源から話を聞き、他の情報源の話と突き合せ、そして裏取りをすませたことを報道している!そして、そのことについての記事を書いている!そうです、世間一般に向けてです!.

次の