フレンチ ブルドック。 フレンチ・ブルドッグ

フレンチブルドッグブリーダー|日本最大級のフレンチブルドッグブリーダー子犬販売サイト

フレンチ ブルドック

Contents• フレンチブルドッグの基本情報 フレンチブルドッグはフランス出身の犬種になります。 元となるブルドッグを改良し、より優しい性格で、家庭犬として人との暮らしに柔軟に対応できるようにと作られました。 そして体型が小さな体になったのも、ブルドッグとの違いの1つではないでしょうか。 またフレンチブルドッグの魅力といえば、表情豊かな愛らしい顔立ちと、温和な性格で誰とでも仲良くできるところにあります。 飼ってみてわかることといえば、見た目は運動音痴に見えますが、実は活発で運動神経が良いところなど、数えたらきりがありません。 フレンチブルドッグの身体的特徴• 大きさ:中型犬• 体重:8〜13kg以下• 体高:26〜31cm• 被毛の長さ:短毛種• 被毛の種類:ダブルコート• 毛色:クリーム、フォーン、パイド、ブリンドル• 価格相場:20〜40万円• 平均寿命:10〜14歳 フレンチブルドッグは、他犬種に比べ骨格ががっちりしています。 よくボストンテリアやパグなどと間違えられることがありますが、フレンチブルドッグはコウモリ耳と言われる形の耳を持ち、体型はスレンダーというより、ずっしりとしています。 またフレンチブルドッグの被毛はビロードのように艶やかで、触り心地がいいのですが、抜け毛が多いのが悩みの種になるかもしれません。 長毛種のようなトリミングは必要ありませんが、毎日体を拭いてあげるなどの抜け毛対策が必要になります。 フレンチブルドッグの性格・気質• とにかく明るい• 感受性が強く、表情が豊か• 穏やかで空気を読める• 家族と食べ物に命をかける• 好奇心旺盛• ときにより頑固• 孤独をひどく嫌う甘えん坊 フレンチブルドッグは顔で感情を表してくれますので、一緒に生活しているうちに、 顔を見ただけで楽しいのか不機嫌なのか、感情を読み取ってあげることができるようになります。 また大変フレンドリーな性格なので、子供がいる家庭でも飼いやすく、子供と一緒に楽しく遊べることが多いです。 無駄吠えも少ない犬種になるので、集合住宅でのお宅にも向いている犬種ではないでしょうか。 ただ1つ欠点があるとすれば、多少頑固なところがあるので、しつけトレーニングの時など、自分が納得いかないことに関しては、てこでも動こうとしなくなることがあります。 そうならないためにも、 フレンチブルドッグには褒めて持ち上げ、飽きさせないトレーニングをすることが大切になります。 フレンチブルドックの体重管理の大切さ フレンチブルドックにも人間と同様に個体差があり、同じ犬種でも小さめの犬もいれば大きめの犬もいます。 また、性別の違いでも多少変わります。 フレンチブルドックの平均体重というのはあくまでも目安ですが、適正な体重を維持することは健康に過ごすためにとても大切です。 犬も肥満によって体に負担がかかり、病気になることは少なくありません。 愛犬のフレンチブルドックに合った体重を維持してあげましょう。 心配であれば動物病院で獣医師に相談してください。 フレンチブルドックの年齢別の体重推移 フレンチブルドックの平均体重 フレンチブルドックの成犬の平均体重は10~13kgです。 フレンチブルドックに限らず、犬は大体1年ほどで成犬になるのでその時点での愛犬の体重をきちんと把握しておき、適正体重をキープできるようにしてあげましょう。 フレンチブルドッグの哺乳・離乳期 フレンチブルドッグの 哺乳・離乳期は生まれてから 生後2ヶ月までをいいます。 特に生後2ヶ月までは、 母犬からの母乳を与えることで免疫力がつく大事な時期になります。 この時期ではまだ個体の食事はできません。 母犬の母乳もしくは人口の犬用ミルクを食事とします。 そして生後3週間になると、乳歯が生え始めます。 それを合図に少しずつ、犬用ミルクにふやかしたドライフードを混ぜるなどし、離乳食を開始します。 生後6週間くらいになると、だいたい乳歯が生えそろい、ふやかしたドライフードにも慣れてきます。 このくらいの時期からは少しずつ、ふやかしたドライフードに通常の硬いドライフードを混ぜていき、ドライフードの食事にも慣れるようにしていきましょう。 乳歯もようやく生えてくるかどうかという時期になります。 最初から硬いドライフードをあげてしまうとうまく消化できないので、必ず離乳食をあげるようにしましょう。 また、たくさんの食事を一気に消化できませんので、 食事の回数も1日に4〜5回など、1回にあげる量を少なくし、回数をあげるようにします。 フレンチブルドックの子犬期 フレンチブルドッグの 子犬期は 生後2ヶ月〜12ヶ月くらいまでをいいます。 生まれたばかりのフレンチブルドックの子犬は体重数百グラムほどですが、生後3か月で3kg前後になります。

次の

フレンチブルドッグの魅力や飼い方を解説!性格や寿命、大きさなども

フレンチ ブルドック

フレンチブルドッグ専門ブリーダーパイングローブFBについて 子犬販売のブリーダーパイングローブFBでは、フレンチブルドッグと日々共に生活し、繁殖から販売まで一括して行っております。 一般のペットショップとは違い中間業者が無くブリーダー直の為、フレンチブルドッグの子犬達にとってストレスも少なく、市場より低価格でクオリティの高い子犬をご紹介しています。 飼い主さんとフレンチブルドッグの子犬が出会って十数年間、一生の長いお付き合いになる訳ですから直接見て納得して飼って頂くのが一番良いと思います。 気になるフレンチブルドッグがいましたら、是非お問い合わせの上、ブリーダーパイングローブFBのフレンチブルドッグの子犬達に逢いに来てください!! 『子犬を飼う』その前に読んで下さい。 まず!フレンチブルドッグと限らず、すべての犬は生き物です。 ちいさなひとつの命です。 テレビやお家の近く、ペットショップでフレンチブルドッグの子犬達を見ると、可愛くて「欲しいなぁ? 」「飼ってみたいなぁ? 」と思ってしまいます。 犬が好きだから?可愛いから?1人暮らしで淋しいから?新しい家族に…など、犬を飼う動機はみなさん色々だと思います。 しかし安易な気持ちだけでは犬の一生を共にする事は出来ません!「犬との暮らし」というのものは、1つの命を育てるという事! 人間の子供と同じです。 その責任を理解し、共に暮らし、共に学び、共に遊び、家族の一員として大切に育ててあげてください。 最後のお別れのその瞬間まで。 フレンチブルドッグについての「豆知識」 フレンチブルドッグについて、簡単にご説明致します。 体系は骨格がしっかりした筋肉質の体つきで、鼻が短くバットイヤーと言われる立ち耳が特徴です。 全体的にコンパクトな体躯構成がフレンチブルドッグの理想とされています。 フレンチブルドッグは見た目によらずその性格は穏やかでやさしくてのんびり。 無駄吠えも少なくとても人懐っこくて、話かけると首をかしげ静かに話を聞いてくれたり、いびきをかきながら昼寝をしていたりと、とてもユーモラス。 一緒に暮らす家族に、とても愛情深い犬種です。 フレンチブルドッグを飼うにあたって気を付けなければいけないこと。 暑さ・寒さに弱く冷暖房での温度管理が必要です。 短毛犬種なので季節の変わり目に換毛期があります。 犬アレルギーの方は症状が出やすい犬種かな?と思います。 少しデリケートな犬種ですね...

次の

フレンチブルドッグの性格や価格は?寿命やしつけ、飼い方まとめ

フレンチ ブルドック

フレンチブルドッグの歴史と起源 フレンチブルドッグはフランス原産の犬種です。 祖先は古代ギリシャまで遡りますが、当時は大型の闘犬でした。 近代になり、ブルドッグやマスティフに穏やかな性格のパグや、陽気なテリアを交配させたことで小型化され、家庭犬に向いたフレンチブルドッグが作出されたと言われています。 異種交配をさせたことによりブルドッグが持つ性格の闘争心は取り除かれ、穏やかでありながらブルドッグのユニークな体型が特長です。 日本には大正時代に持ち込まれたと言われており、昭和初期に人気を集めました。 一時期は姿を見かけなくなりましたが、2000年頃からフレンチブルドッグの人気が再燃し、現在では熱狂的な愛犬家が増えています。 フレンチブルドッグの性格は遊び好きで友好的 いかつい顔にどっしりとした体型をしているフレンチブルドッグは、見た目に反しとても愛情深く、活発で友好的な性格をしています。 また、穏やかで無駄吠えもほとんどなく甘えん坊な一面もあり、どんな家庭にも向いています。 しかし、牛追い犬であった歴史を持つブルドッグとテリアの血が入っているため、スイッチが入ると攻撃的な態度を見せることもあります。 犬見知りや人見知りにならないように、小さいころから社会性を身につけさせてあげましょう。 フレンチブルドッグの値段は30万円以上することが多い 性別や毛色でも値段の違いはありますが、フレンチブルドッグの子犬の値段相場は30~40万円前後です。 フレンチブルドッグは頭が大きいのに対し骨盤が狭く小さいため、お産の際に赤ちゃんの頭が引っかかってしまい、母体からうまく出てこられないことでお産時は帝王切開であることがほとんどです。 また、産まれてくる子犬の頭数も少ないことから、子犬の値段は他の犬種に比べて高い傾向にあります。 そのため、産まれてくる頭数が少ない中でのメスのフレンチブルドッグの子犬は更に高値で取引され、50万円以上の値段で流通されることも珍しくありません。 フレンチブルドッグの毛色 フレンチブルドッグの毛色はバリエーションがありますが、公認されている毛色は「ブリンドル」「フォーン」「ホワイト」「ブラック&ホワイト(パイド)」の4種類です。 それぞれの毛色の特長は以下のようになっています。 ブリンドル 基本は黒をベースとした上に、白や茶色などの明るい色が差し毛に入っています。 差し毛が多いと虎毛に見えることから「タイガー・ブリンドル」とも呼ばれており、差し毛が少ないことを「ブラック・ブリンドル」と呼ばれています。 黒の他に白や赤茶色をベースに黒の差し毛が入っているタイプもいます。 フォーン 全体的に茶色がかった毛色にライトブラウンからレッドまで濃淡が様々で、顔の部分だけ黒いことがマスクをかぶっているように見えると言われていることから「ブラックマスク」と呼ばれています。 ホワイト 全体的に白色で統一された、クリームと同じ柔らかい風格の毛色でまつ毛も白いです。 パイド 白地にブリンドル(黒)が部分的に入った毛色で、黒の部分が細かく斑模様は好ましくなく大きな斑が好ましいと言われています。 見た目がボストンテリアにそっくりなため、間違えられてしまうほど似ています。 クリーム(非公認) フレンチブルドッグで一番よく見かける色がクリームではないでしょうか。 犬種標準の毛色としては公認されておりません。 クリーム色の単体色で統一された毛色ですが、濃いめのベージュに近い色の子もいます。 シンプルで雰囲気が柔らかい見た目が人気な毛色です。 フレンチブルドッグが気を付けたい病気3つ フレンチブルドッグは短頭種特有の、軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)と、鼻腔狭窄(びくうきょうさく)という病気にかかることがあります。 どちらの病気も呼吸が困難になってしまうため手術が必要な場合もあります。 鼻腔狭窄(びくうきょうさく) 鼻の穴と鼻からすう空気の通り道と呼ばれる鼻腔が狭まった状態のことです。 正常の犬の鼻はコンマ状の形をしていますが、鼻の穴がL字になっていたり、まるで塞がっているかのように筋ほどしか穴がない場合は鼻腔狭窄の可能性が高いでしょう。 また少しの運動でガーガーと音を鳴らし息を上がらせてたり、暑くもないのにハァハァとしている場合も疑わしいでしょう。 鼻腔狭窄症にかかっている場合、犬は体温調節を鼻や口から空気を出し入れすることによって行っているため、体温調整がうまくできず熱中症を引き起こしやすくなります。 治療法は熱のダメージが少ないレーザーで行うことがほとんどだと言われています。 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 喉の奥にある軟口蓋が長く、分厚くなっているため空気を通る道にフタがしてあるようになり、呼吸がしづらくなる病気です。 そのため食事を喉につまらせたり、うまく飲み込めずに吐き出してしまうことがあります。 また、呼吸が常にしづらいため、少しの運動でも息が上がりやすく、熱中症にもかかりやすいので注意しましょう。 軟口過長症は先天性が原因であることがほとんどであるため、予防が難しい病気でもあります。 チェリーアイ フレンチブルドッグがかかりやすい目の病気の一つです。 突然、目に赤い膜が張っている、目のふちに何か出来ているなどが見られたらチェリーアイのサインです。 症状は涙が多かったり、ときには痛みを生じることもあります。 放っておくと目全体に炎症がおきて腫れてしまうこともあるため、目に少しでも異常が見られた場合は一度病院へ連れていきましょう。 フレンチブルドッグの寿命は短め フレンチブルドッグは平均寿命がやや短めで、10~12歳程度だと言われております。 寿命は個々によるため12歳以上生きる場合もありますが、13歳まで生きたフレンチブルドッグは珍しいと考えられています。 フレンチブルドッグが長生きをするためには毎日の健康管理が基本です。 適切な食事、運動量の調整やストレスを軽減させることなどの、日々の積み重ねが長生きに繋がるでしょう。 フレンチブルドッグのしつけや飼い方 フレンチブルドッグは洞察能力や学習能力が高く、遊ぶことと褒めてもらうことが大好きな性格をしています。 そのため、遊びながら楽しくしつけをしてあげることがしつけのポイントです。 遊び好きな一面が高じてイタズラをしてしまうこともありますが、それも無駄に吠えることはほとんどなく、むやみに走り回るタイプでもないため飼い主はあまり困らないでしょう。 フレンチブルドッグは短頭種特有の顔のしわの隙間にゴミや埃が溜まりやすいため、ケアを怠ってしまうと菌が繁殖して皮膚炎になってしまうことがあります。 顔のお手入れは念入りにしてあげることが大切です。 また、暑さと寒さにも弱いため夏場は涼しくしてあげたり、冬場は洋服を着せてあげたりと体温調節をしてあげましょう。 フレンチブルドッグは抜け毛が多い?トリミングやカットの必要性 フレンチブルドッグは短毛種であるためトリミングの必要はありません。 しかし抜け毛は目立つため、定期的なブラッシングは行ってあげるとよいでしょう。 また、フレンチブルドッグは顔のしわに埃や皮脂などの汚れが溜まりやすいためしわのケアは必要になります。 ケアを怠ると悪臭の原因となったり、菌が繁殖して皮膚病になってしまうことがあります。 顔のしわはしっかりとケアを行ってあげましょう。 フレンチブルドッグの血統書 フレンチブルドッグの血統証明書は、ほとんどがJKC(ジャパンケンネルクラブ)で発行されることが多いです。 血統証明書とは、同一犬種の両親犬から生まれた子犬に対して発行される、人間で例えると戸籍みたいなものです。 純血犬種は、血統証明書によって両親犬から祖先犬まで同一の犬種であるということの証明になります。 血統書には親犬や兄弟犬、祖先犬までの情報(犬種名・毛色・性別・登録名)が記載されています。 フレンチブルドッグとボストンテリアの違い フレンチブルドッグととても似ている犬種に、ボストンテリアという犬がいます。 どちらも鼻のつぶれた短頭種で、大きな立ち耳を持っているため、街でお散歩している姿を見ただけでは見分けがつかない人もいるでしょう。 しかし、よく見るとフレンチブルドッグとボストンテリアには違いがあります。 まず耳の形です。 実はフレンチブルドッグの方が丸みを帯びており大きく広い耳をしており、ボストンテリアはシュッと尖った三角形をしています。 また体型もフレンチブルドッグの方がどっしりとして短足なのに対し、ボストンテリアはすらりとした足にややほっそりとした身体つきをしています。

次の