シルク ロード ツイッター。 フィッシャーズメンバーの本名が珍しすぎるw【プロフィール】

いとこ シルクロードのTwitterアカウントや本名,カップ数が判明!!

シルク ロード ツイッター

マイルGIを2勝した 沿革 [ ]• 1985年(昭和60年) - 有限会社シルクとして創業• 1995年(平成 07年) - 500口募集を開始• 2003年(平成15年) - 阿部幸也が社長に就任• 2010年(平成22年) - の指導により、未出走・未勝利馬に対する補償制度を廃止• 2011年(平成23年) - と提携• 2014年(平成26年) - 法人名を 有限会社シルクレーシングに改称 、代表を阿部善武からに変更。 創業 [ ] 創業家である阿部家は福島県(現在の霊山町)で絹糸などを生産する阿部製糸株式会社を営んでいた。 有限会社シルクは福島馬主協会の会員 、有限会社シルク前代表の阿部善武は福島馬主協会の役員である(2019年8月現在)。 阿部製糸経営者の阿部善男は古くからサラブレッドのオーナーをしており、バリシニコフ(1982年オータムスプリントS優勝、種牡馬 )キッポウシ(1986年優勝 )、フレンチパッサー(1991年優勝 )、マチエール(中央4勝 )などの馬主である。 阿部善武はペガサス(1992年 GIII、1993年 GIII優勝 )、ルミネッセンス(1997年優勝 )の兄妹や(1996 GII・1997年 GIIほか優勝 )のオーナーである。 福島県伊達郡には大正時代に創業のがあり、その経営者である早田家の主治医は阿部家の人物だった。 その縁で、早田牧場が北海道に進出するにあたり、阿部家も支援した。 上述のフレンチパッサー、ペガサス、ルミネッセンスはの生産馬である。 クラブ法人としての有限会社シルクは、1985年(昭和60年)に創業した。 クラブ名や競走馬の冠名となる「シルク」という語は、阿部製糸が絹糸生産をしていたことから選んだ。 翌1986年(昭和61年)には早田牧場を代表する繁殖牝馬の産駒が重賞 GIIIを制し、クラブにとっても早田牧場にとっても初めての重賞勝ち馬となった。 以後、1997年(平成9年)に早田牧場新冠支場生産馬のがに優勝し、競走初勝利を果たす。 さらに2000年(平成12年)にも早田牧場新冠支場産のがに勝って、GI競走2勝目となった。 この間、クラブ法人でも変革が行われた。 1995年(平成7年)から募集口数を500口に拡大し、募集用のビデオやカラーパンフレットを作成した。 その初年度募集馬からシルクジャスティスが出て有馬記念に勝った。 これ以前には会員数は200名程度だったのが、2000年(平成12年)にシルクプリマドンナが優駿牝馬に優勝する頃には会員数16,000人にまで成長していた。 苦難 [ ] しかし、その頃すでに早田牧場の経営が危機に瀕していた。 1999年(平成11年)に福島県に開設した育成牧場の巨額の建設資金などの多くの負債を抱えており、日本経済の景気悪化やライバルのが導入したの大成功などにも圧されて経営が悪化、2002年(平成14年)に破産宣告を受け経営破綻した。 これに先立つ2001年(平成13年)には、の馬主として知られる福島県の伊東純一・半沢一磨と共同で、早田牧場支援のため天栄ホースパークを買収した。 以後、シルクの馬は天栄で育成・調教を行うようになった。 しかしクラブの成績は悪化し、会員数も減少していった。 この時期、倒産した早田牧場から購入した最後の世代であるが数年に渡ってトップクラスの競走馬として活躍、GII競走を3勝し、GI競走でも2着、有馬記念や(春)で3着になるなど4億7000万円あまりを稼ぎ、クラブの経営を支えたという。 クラブでは2003年(平成15年)に阿部幸也を代表に据えて改革に乗り出した。 と提携したり、北海道のにも進出するなどの試行錯誤を行った(ばんえい競馬は後に撤退)。 しかし、2010年にの指導で、それまで行われてきたクラブ会員への補償制度が撤廃されることになり、クラブを苦境に追いやった。 この補償制度は、クラブ会員が出資した競走馬が未出走や未勝利のまま引退した場合に、出資金の一部を還元し、次の競走馬出資に充当できる制度だった。 この制度はクラブ会員にとってはリスク軽減になるし、クラブ法人側にとっても会員離れを防ぐメリットがあった。 しかし、(クラブ法人馬主)は法律上の枠組みで成り立っており、の規制を受ける。 金融庁は未出走・未勝利馬の補償制度を、金融商品取引法で禁じられている「損失補填」にあたるとしたのである。 全てのクラブ法人は補償制度を廃止せざるを得なくなり、結果として会員募集がさらに困難になった。 さらに追い打ちをかけたのが翌2011年(平成23年)のである。 地震による直接的被害として天栄ホースパークの調教用坂路コースが破壊され、さらにの放射能の影響で、ここに競走馬を預託するのを忌避されるようになった。 当時、天栄ホースパークには約260の馬房があり、そのうち160室で外部からの競走馬預託を受け入れていたが、これが立ち行かなくなってしまった。 転機 [ ] クラブではこの年、天栄ホースパークをに売却、かつての早田牧場のライバルだったとの提携強化に踏み切った。 社台グループとは、早田牧場の破綻後から関係を築いており、クラブ募集馬として2008年から生産馬を購買していた。 こうして2011年から天栄ホースパークはとなった。 この年からはクラブ募集馬の主力がノーザンファーム生産馬となり、クラブは社台グループとの結びつきを一気に深めたのだった。 これはクラブ運営には大きなインパクトとなり、会員数は激増した。 この2011年のノーザンファーム提携初年度の募集馬からすぐにG1優勝馬が出た。 2012年 G1を勝ったである。 クラブにとってはシルクプリマドンナ以来12年ぶりのG1競走優勝となった。 「アベノシルク」 [ ] クラブはさらに様々な改革を行った。 この一連の改革は、「」をもじって「アベノシルク」と呼ばれているという。 手数料を引き下げて会員への賞金配分率を高めたり、優勝時の厩舎への祝儀金を廃止するなどして、会員への配当額の増加を図った。 福島を本拠としていたクラブ法人の東京移転もその一環である。 2013年には会員のための「ラウンジ」(赤坂オフィス・ラウンジ)を開設した。 2014年(平成26年)に法人名を 有限会社シルクレーシングに改称 、代表を阿部善武から米本昌史に変更した。 米本は2012年にノーザンファームに入社し、2013年からシルクレーシング取締役を務めていた。 この間、クラブの成績は右肩上がりに上昇、2012年40勝(獲得賞金による馬主順位9位)、2013年48勝(11位)、2014年78勝(6位)、2015年66勝(5位)、2016年96勝(4位)とし、2017年(平成29年)には年間102勝(JRA99勝、地方3勝。 4位)をあげ、過去最多勝利。 2018年には所有馬がを達成、にも選出された。 服色 [ ] 水色、赤玉霰、袖赤一本輪 冠号 [ ]• なし(かつては「シルク」「シルキー」を使用していた) 主な所有馬 [ ]• 重賞勝ち馬または総賞金1億円以上の馬。 馬名 生年 性 出 走 勝 利 総賞金 万円 重賞勝鞍(年・格) その他戦績 出典 230 1983 牝 22 3 07,516 1986年 GIII GI3着 230 1991 牝 16 4 08,036 1994年 GIII 220 1993 牝 25 5 17,650 1997年 GII 1998年 GII 400 1994 牡 16 2 09,490 1997年 GI2着 210 1994 牡 27 5 45,797 1997年 GI 1997年 GII 1997年 GIII GI2着 400 1996 牡 47 5 09,105 1999年 GIII 210 1997 牝 15 3 20,642 2000年 GI GI3着 220 1999 牡 43 9 47,391 2004年 GII 2004年 GII 2006年 GII G12着 220 2000 牡 13 3 06,714 2002年 GII 400 シルキーラグーン 2000 牝 24 7 15,467 2004年 2005年 120 2006 牡 28 8 30,731 2010年 G2 2010年 JpnII 2009年 G3 G12着 JpnI2着 130 2006 牡 46 8 29,157 2011年 G3 2012年 G3 2012年 G3 G12着 JpnI3着 110 2010 牝 20 3 17,231 2012年 G1 2014年 G3 120 2010 牡 36 7 44,358 2014年 G2 2014年 G2 2014年 G3 G12着 G12着 130 2010 牝 25 4 12,032 2014年 G3 130 2011 牡 36 6 14,816 2017年丹頂S 130 2012 牡 14 2 7,555 2014年 G3 130 2012 牡 24 5 20,437 2017年 G3 130 2012 牡 現役 8 19,593 2019年 G2 120 2013 牡 現役 6 19,151 2017年 G2 2016年 G3 130 2013 牡 13 4 16,384 2017年 G3 2016年 G3 130 2013 牡 現役 6 13,861 2018年 G3 130 2013 牡 27 7 17,327 2018年 G3 130 2014 牡 現役 4 11,146 2018年 G3 2017年 G3 001 2015 牝 現役 9 74,870 2018年 G1 2018年 G1 2018年 G1 2018年 G1 2019年 G1 2019年 G1 2020年 G1 2018年 G3 G13着 130 2015 牝 現役 4 16,253 2018年 G3 2018年 G3 2020年 G3 G12着 002 2015 牡 現役 7 43,850 2018年 G1 2019年 G2 2020年 G2 2018年 G3 2018年 G3 120 2015 牡 現役 4 16,253 2019年 G1 2019年 G2 G12着 110 2015 牡 現役 8 23,112 2019年 G1 2019年 G1 2020年 G2 2019年 G3 300 2015 牝 5 3 04,120 2018年 SI SI 2着 300 2015 牡 現役 7 09,617 2019年 G2 2020年 G3 120 2016 牝 7 3 09,859 2019年 G2 300 2016 牝 現役 5 08,547 2019年 300 2017 牡 現役 3 0 0700 2019年 G1 2019年 G3 300 2017 牝 現役 2 03,632 2019年 G3 300 2017 牡 現役 3 04,423 2020年 G2 300 2017 牡 現役 4 06,654 2020年 G1 クラブ競走馬の戦績 [ ]• 1986年• 09月 - ロイヤルシルキーがクイーンSに勝ち、クラブ初重賞制覇。 1997年• 12月 - シルクジャスティスが有馬記念優勝、クラブG1初制覇。 2000年• 05月 - シルクプリマドンナが優駿牝馬優勝、クラブ初のクラシック競走制覇。 2018年• 04月 - アーモンドアイが桜花賞 G1優勝。 クラブのG1優勝は6年ぶり。 04月 - プレストウィックがの G1に遠征するが、出走直前に取消。 故障により競走能力喪失と診断された。 10月 - アーモンドアイが牝馬三冠を達成。 11月 - アーモンドアイがジャパンカップをレコード勝ち。 この年の年度代表馬に選出。 2019年• 03月 - アーモンドアイがドバイターフ優勝。 クラブ初の海外G1制覇。 11月 - インディチャンプが春秋マイル制覇。 代表者 [ ]• クラブ法人 有限会社シルクレーシング• - の娘婿。 元不動産開発業。 愛馬会法人 有限会社シルク・ホースクラブ• 阿部幸也 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 伊藤純一は福島馬主協会の会長、半沢一磨は常務理事である。 両者は福島市に本社を置く月電工業の経営者(伊藤が代表取締役会長、半沢が代表取締役社長)で、シルクとは資本関係がある。 グラスワンダーの名目上の馬主は有限会社半沢。 シルクフェイマスの父はで、早田牧場を代表する母系モミジの牝系に社台グループのサンデーサイレンスを配合したものだった。 この間、クラブはG1競走で37連敗を記録していた。 出典 [ ]• 、owner(馬主情報)、。 2019年8月8日閲覧。 福島馬主協会、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、バリシニコフ、2019年8月17日閲覧。 、キッポウシ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、フレンチパッサー、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、マチエール、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ペガサス、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ルミネッセンス、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、スギノハヤカゼ USA 、2019年8月17日閲覧。 月刊『』1992年2月号、内「優駿」編集部、、p34-38「レオダーバンの故郷 北海道新冠・早田牧場」• 月電工業株式会社、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、グラスワンダー USA 、2019年8月17日閲覧。 『財界ふくしま』、株式会社財界21、29巻3号、2000年。 p62-66「新春特別インタビュー 伊東純一月電工業(株)代表取締役社長に聞く 怪物グラスワンダー 栄光と挫折、王者復活への道のり 「凱旋門賞」で国内最強馬から世界の頂点へ!福島で引退式の計画も」• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ローブティサージュ、2019年8月17日閲覧。 競馬ラボ、2019年3月27日付、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ロイヤルシルキー、2019年8月17日閲覧。 、ロイヤルシルキー競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクグレイッシュ、2019年8月17日閲覧。 、シルクグレイッシュ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクフェニックス、2019年8月17日閲覧。 、シルクフェニックス競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクライトニング、2019年8月17日閲覧。 、シルクライトニング競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクジャスティス、2019年8月17日閲覧。 、シルクジャスティス競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクガーディアン、2019年8月17日閲覧。 、シルクガーディアン競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクプリマドンナ、2019年8月17日閲覧。 、シルクプリマドンナ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクフェイマス、2019年8月17日閲覧。 、シルクフェイマス競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクブラボー、2019年8月17日閲覧。 、シルクブラボー競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルキーラグーン、2019年8月17日閲覧。 、シルキーラグーン競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクメビウス、2019年8月17日閲覧。 、シルクメビウス競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シルクフォーチュン、2019年8月17日閲覧。 、シルクフォーチュン競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ローブティサージュ、2019年8月17日閲覧。 、ローブティサージュ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 サンケイスポーツ、2015年11月10日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ラストインパクト、2019年8月17日閲覧。 、ラストインパクト競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 日本中央競馬会、2017年12月20日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、シャトーブランシュ、2019年8月17日閲覧。 、シャトーブランシュ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 JBISサーチ、2015年11月25日閲覧• 日本中央競馬会、2016年3月11日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ブライトエンブレム、2019年8月17日閲覧。 、ブライトエンブレム競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 日本中央競馬会、2018年8月3日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ブライトエンブレム、2019年8月17日閲覧。 、ブライトエンブレム競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 日本中央競馬会、2018年8月3日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、グランシルク、2019年8月17日閲覧。 、グランシルク競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 日本中央競馬会、2018年4月28日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、モンドインテロ、2019年11月30日閲覧。 、モンドインテロ競走馬データ、、2019年11月30日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、グレンツェント、2019年8月17日閲覧。 、グレンツェント競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 日本中央競馬会、2018年8月3日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ゼーヴィント、2019年8月17日閲覧。 、ゼーヴィント競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 netkeiba. com、2017年7月9日閲覧• 日本中央競馬会、2018年10月10日閲覧• netkeiba. com、2016年7月4日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ヒーズインラブ、2019年8月17日閲覧。 、ヒーズインラブ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 スポーツニッポン、2018年3月31日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ストロングタイタン USA 、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、セダブリランテス、2019年8月17日閲覧。 、セダブリランテス競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 スポーツニッポン、2017年7月2日閲覧• 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、アーモンドアイ、2019年8月17日閲覧。 、アーモンドアイ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、プリモシーン、2019年8月17日閲覧。 、プリモシーン競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ブラストワンピース、2019年8月17日閲覧。 、ブラストワンピース競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、グローリーヴェイズ、2019年8月17日閲覧。 、グローリーヴェイズ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、インディチャンプ、2019年8月17日閲覧。 、インディチャンプ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、プロミストリープ、2019年8月17日閲覧。 、プロミストリープ競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ダイアトニック、2019年10月26日閲覧。 、ダイアトニック競走馬データ、、2019年10月26日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ウィクトーリア、2019年8月17日閲覧。 、ウィクトーリア競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ディアンドル、2019年8月17日閲覧。 、ディアンドル競走馬データ、、2019年8月17日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、サリオス、2019年10月5日閲覧。 、サリオス競走馬データ、、2019年10月5日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、リアアメリア、2019年10月26日閲覧。 、リアアメリア競走馬データ、、2019年10月26日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、オーソリティ、2020年05月02日閲覧。 、オーソリティ競走馬データ、、2020年05月02日閲覧。 、JBIS(Japan Bloodstock Information System)、ラウダシオン、2020年5月10日閲覧。 、ラウダシオン競走馬データ、、2020年5月10日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

シルクホースクラブ 2020年度1歳募集予定馬を発表 ショウナンパンドラ2019等 77頭

シルク ロード ツイッター

シルクロードのプロフィール 誕生日:1994年8月19日 現年齢:23歳 在住地:東京都 血液型:O型 特技:スポーツ、絵画 身長:163cm 体重:55kg プロフィールを見るかぎり、 身長が低いのがビックリでした。 170中盤くらいのイメージだったので、 実際より大きく見えるのは、 シルクロードの 存在感かもしれませんね! そんなシルクさんですが、 意外な過去が明らかになりました! 子役として芸能界で活躍? 子供の頃から、 運動が大好きだったシルクロードさん。 運動が好きになったきっかけは、 木登りでした! 木登りをきっかけに 様々なスポーツに、 挑戦していくシルクロード! 幼稚園ではサッカーに熱中し、当時から サッカークラブで キャプテンをやっていた、というから驚きです。 その後、 小学校ではバスケに熱中! この時が、今までで1番楽しかったし 1番燃えたと語っています。 この当時から、笑顔が可愛らしいですよね! 更に、小学校の時には 子役、 モデルの仕事をしていた事が判明しました。 シルクロードの 表現の上手さは、 ここから来ているのかもしれないですね! しかしその後、 顔をケガした為、その仕事はできなくなった。 と語っています。 それにしても、ものすごい経歴ですよね! モデルだったのは意外ですが、 今はフィッシャーズという、やりがいを見つけられて 本当に良かったと思います! さらにシルクさんは、 小学校の時は よく喧嘩していた。 と語っています。 その流れで、中学校に入っても やんちゃだったが、 中学校2年からオタクになった。 という事で、これはビックリですよね! アニメも良く見ていたので、 漫画やアニメなどの影響が大きかったのかも しれませんね! さらに、中学3年生になると、 フィッシャーズを結成! ここでの日々は、宝物のように楽しかったと語っています! その後、高校に入ったシルクロード。 面白い事に挑戦しようと、 まずは、いろいろな 髪型に挑戦します。 この時から、 イケメンっぽい雰囲気がありますね! ぜひ、全部の髪型をみてみたいと思いました。 笑 こうして、いろいろな事をやりすぎて 頭のおかしい奴と言われる、シルクさん。 しかし、これはシルクさんにとって 最高の褒め言葉でしょう! 本当に面白いシルクさんですが、 高校時代は、 部活にも真面目に取り組んでいました。 バスケ部だったのですが 引退試合では、 感動して泣いてしまったそうです。 それだけ本気でやってきたのですね! 何事も、 全力でやるといい思い出になりますよね。 さらに他のメンバーの、 詳細については、コチラからどうぞ! メンバー全員の彼女と人気順を公開? こうして、大学に入ると フィッシャーズでの活動を本格化させる シルクさんですが、フィッシャーズ 結成の きっかけは何だったのでしょうか? フィッシャーズ始動のきっかけは? 初めて動画をアップしたのは 2010年と、意外と早いフィッシャーズ! きっかけは、中学卒業も近くなり みんなで過ごした時間を、「 動画で残しておきたい」 と思ったのが始まりでした! 初期メンバーは、 シルク、ダーマ、マサイで ゲームセンターが好きだった、ダーマだったに対して 外で遊ぶのが、大好きだったシルクが 「面白そう」と一緒に遊び始めたのがきっかけです! その後、徐々にメンバーが増えていき フィッシャーズが結成されました! シルクロードは、遊びだけではなく フィッシャーズを 勉強の場と捉えている事から かなり 勉強熱心なのが分かりますよね! これからも、フィッシャーズには たくさん活躍してほしいですが、 シルクさんは、 どんな性格なのでしょうか? シルクロードの性格は? 運動好きな事で知られる シルクさんですが、 実は ゲームも大好きなんです! その中でも、 モンスターハンターが大好きで、 最近では、 モンストにハマっているようですね! ゲーム実況をやりたい語っており、 いつか実現するといいなと思いました! そして、読書も大好きで インテリな一面もあります。 ファンから「 頭はいいですか?」と聞かれて、 「 良くないです」と即答 それでもテストの点数は 900点中、700点取るなど 実は、勉強も出来るシルクさんです。 今後やりたい事は、 「 色々な所に旅行に行きたい」と語るなど、 行動派である事が分かりますよね! さらにシルクさんは、自分について 「 アホだけど、ときどき几帳面」 「 ハマった事にはとてつもなく熱中する」 と語るなど、 熱い男である事が分かります。 将来は、 社長になりたいシルクさん。 発想と行動力を兼ね備えた まさに、 真のリーダーになれると思いました! 最後に、シルクさんの特殊能力?があって 1日に「 2時間睡眠しか寝ない」と語っていました! 2時間!? これはちょっと疑ってしまうレベルですが、 シルクさんなら、出来るかも! と思えるのが凄いですよね。 これからも、 体調に気をつけて頑張ってほしいのですが 何と、 格闘技に挑戦している事が分かりました! シルクの格闘技がヤバい? 子供の頃から、 筋トレが大好きだったシルクロード! すでに 7年間も休まず、 筋トレを続けているというのだから驚きです。 そんなシルクさんですが、 大学に入り、 総合格闘技に参入していた事が判明しました! チームに入隊し活躍しているのですが、 そのチーム名は、 Team. O! 競技の練習の様子はコチラです! 非常に 鋭いパンチをしてますよね! とても強そうだなと思いました。 本当にシルクロードって、 色々な事にチャレンジしますよね! 尊敬できるし、これからも頑張ってほしいと思いました。 そんなシルクさんですが、 やはり 家族も特別なんです! 家族がヤバすぎる!? 尊敬する人は、 家族と語るシルクロードさん。 となると、どんな人達が 家族なのか気になりますよね! まずは お父さん! フィッシャーズの歌い手である、 ぺけたんの歌に激怒するなど、 こだわりが強く、自分の世界を持っています! この辺りは、 シルクと似ているなと 思いました!さすが親子ですよね。 続いて、 お母さん! 動画にも、度々出演するお母さんですが、 友達感覚で、 メンバーとも仲がいいです。 後ろ姿を見る限り、 若くて 美人そうな気がしますよね! シルクのとんでもない行動にも 冷静なお母さんは流石だなと思いました! 最後に、 お兄ちゃん! シルクの兄という事で、 イラズラ好きな印象がありますが 堂々としていて、 大人の余裕も感じます。 そして イケメンですよね!! 女性からモテそうだな〜と思いました。 2018年現在も、この家に住んでいるようです! また、他にも フィッシャーズのメンバーで 集まる用の場所があります!! けっこう良い家ですね! そして、家の場所を調べてみたのですが、 葛飾区と噂されていますね! 目撃情報が多く、さらにフィッシャーズが 動画撮影に使っている 公園 上千葉砂原公園 も 葛飾区なので、撮影に便利な所を選んだのかなぁと思いました。 しかし、最近では 「 ファンが家に来てしまう」との事で かなり困っています。 毎朝、 女子学生が「アデュー!!」と 外で叫んでいるようで、これは迷惑!! 直接家に行くのは止めましょう。 現在は、一人暮らしを満喫しているシルクですが 大学はどこに、行ってたのでしょうか? シルクロードの大学は? シルクの大学ですが、調べていくと シルクと 同じ大学に通っている! とコメントしている方を発見しました。 運動が大好きな事もあり、 スポーツ関係の学科に進学したようです。 そんなシルクロードの大学は、 東京成徳大学です! こちらの大学で、 健康スポーツ心理学を勉強していると思われます。 ちなみに 中学は、葛飾区立青葉中学校 高校は、東京都立葛飾総合高校を卒業しています! 現在は、 大学4年生という事で ラスト1年、学生生活を 思いっきり楽しんでほしいですよね! 追記 現在では、大学を卒業して 仕事はyoutuberとして活躍しています! そんなシルクさんですが、 何と 本名も発覚しました。 シルクの本名は? シルクロードって かなり特殊な名前ですので、 実際の 本名も気になりますよね! シルクの本名ですが、 元メンバーのダイブーさんが ツイッターにて暴露していました! それによると、本名は りょうという名前です! りょう! カッコいい名前ですよね! そして苗字ですが、 過去の動画でシルクの事を 苗字で呼んでいる動画があったのですが、 音質が悪く、しっかり聞き取れませんでした。 情報提供ありがとうございます! さらに追記 テレビ出演した時に、本名を公開されてました。 そして、気になる シルクの 恋愛事情についても調べてみました。 シルクロードの彼女は? とても面白いシルクさんなので 女性からも人気がありますが、 実際に彼女は居るのでしょうか? 調べていくと、 中学の時から彼女が居た事が判明しました! この彼女とは、とても仲が良く 楽しい中学生活を送れたと語っています。 そして、好きな女性のタイプですが、 外国人っぽい子が好き、 話が楽しい、明るい子が好き。 と語っていますね! シルク自体が明るい事もあり、 近い子がタイプなのかな〜?と思いました。 そして、その後の彼女ですが 2013年に出した動画では、 「 しばらく彼女が居ない」と語っていました。 また「 彼女に執着はしてない」と話しており、 「 本当に合う人が居たら、付き合いたい」と語っていますね! この辺り、凄く 紳士というか シルクロードの、 人柄の良さが表れていると思いました。 本当に面白く、 これから更に伸びていくyoutuberだと思いました! 追記 ついにフィッシャーズが月間再生数で 日本一を獲得しました! 当時から凄いYoutuberだと思っていましたが、 まさか日本一になるとは、、、、! シルクやメンバーの努力は 本当に凄いと思いました。 これからの活躍にますます期待ですね!.

次の

シルクロードとは

シルク ロード ツイッター

ロードフェローズ 5月16日(土)京都5R・3歳未勝利・芝2200mに秋山真Jで出走します。 5月13日(水)良の栗東・Cウッドチップコースで5ハロン65.9-51.0-37.6-11.8 5分所を一杯に追っています。 併せ馬では一杯の相手の外を0秒4先行して0秒3遅れ。 追い切りの短評は「遅れ心配なし」でした。 発走は12時15分です。 今朝はビシッと行きました。 時計的にも十分に動けている印象。 具合は良好でしょう。 まだトモの緩さが残るとは言え、それでも馬自身は段々しっかり。 前走も惜しいレースでしたからね。 13 助手 栗CW良 65. 9 51. 0 37. 6 11. 前走は芝2200mに使ってきましたが、2戦目で敗れた距離でしたし、正直『何故、またこの距離に?』という心境でした。 前へ行けずに中団くらいからの競馬になってしまいましたが、向正面で馬群の中で手応え良く追走できている姿にちょっとビックリ。 『ひょっとして良い感じ?』と見守っていたら、3角過ぎから外めにポジションを取っていって、直線も馬場の真ん中からじわじわ加速。 勝ち馬を捉えることは出来ませんでしたが、人気を集めていたナリタザクラを競り落としての2着はそれなりに評価できると思います。 また、エイシンフラッシュ産駒なので渋った馬場も味方してくれました。 その後は在厩で調整を続け、中3週のローテでここへ。 追い切りの時計・動きは相変わらず目立ちませんが、ビシビシ攻めることが出来ているのは前走時と同様。 上積みは少なくても、デキはしっかりキープできていると思います。 また、今回は阪神から京都へ舞台を移しますが、この条件は2戦目に経験済。 時計が速くなると半信半疑でしたが、雨模様で時計の掛かる馬場でやれるのは勿論歓迎。 今回は少頭数の大外枠なのでゲートが決まれば先手を奪いに行くことも考えられます。 まあ、どういう形にしろ今回も折り合いをつけて手応え良く進めてもらえればと思います。 出来れば、ここで初勝利と行きたいですが、前走がフロックと言われないように悪くても馬券圏内に絡む走りは見せて欲しいです。 *~*~*~*~*~*~*~*~*~* ロードセッション 5月16日(土)新潟10R・わらび賞・混合・ダ1800mに荻野極Jで出走します。 5月12日(火)栗東・Cウッドチップコースで追い切りを行なっています。 発走は14時50分です。 もう大丈夫だと思います。 12日(火)の追い切りは、左回りでスムーズな走り。 そして3戦目となる前走で初勝利を掴むことが出来ました。 ただ、レース内容は褒められたものではなく、走破時計も平凡。 2着以降を突き放しましたが、明らかにメンバーに恵まれていたと思います。 その後は宇治田原優駿STで一息入れてコツコツ乗り込んでからの帰厩。 前走から中7週のローテとなりますが、ひとまず順調に来ていたと思います。 ただ、5日の調教後に右前脚を跛行。 挫跖の診断が下り、2日ほど調教を休むことに。 幸い症状は軽く、回復が進んだために目標のここへ使うことが出来ましたが、一頓挫あったのも確か。 8日に時計を出していますが、今週は追い切り時計がアップされていません。 しかしながら、厩舎のHPを見ると、左回りでやれる12日の火曜日に追い切っている模様。 右回りだとずっと右手前で走りたがるので、左回りの方が良さそう。 昇級して即通用するかは微妙も、案外TMの印が回っています。 次走からは古馬との1戦になるでしょうが、このクラスにメドの立つ競馬を見せて欲しいです。 *~*~*~*~*~*~*~*~*~* ナイトバナレット 土曜京都10R 御池特別(芝1400m)8枠11番 川須J ・在厩場所:栗東トレセン ・調教内容:軽めの調整 担当助手「13日まで軽めの運動で馬の状態を見ていましたが、特に気になるところは見られなかったので、14日から調教を開始しています。 状態が変わりなければ連闘できるよう今週も特別登録しましたが、馬の雰囲気を見ても問題ないと判断し、5月16日の京都・御池特別に川須騎手で投票させていただきました。 先週は展開も向いて最後まで伸びていたと思いますが、もう一列前でレースが出来れば結果も違っていたかもしれません。 ただ、連闘で馬体が絞れるかとなると正直怪しいと思いますが、逆に減り過ぎていたらデキ落ちかもしれません。 今回は前走から1ハロン短縮の芝1400m。 追い込み馬なので少頭数は歓迎でしょうが、流れはやはり落ち着きそう。 あとは雨で渋った馬場がどこまで味方してくれるか。 レースプランとすれば、ここも出たなりの位置で脚を溜める競馬になってくると思います。 ズブい馬なので追い出してからの反応は鈍いタイプですが、道中で動いていくと微妙に切れに影響が出てしまいます。 展開不向きでも自分の形に徹するしかありません。 ただ、今回は7戦連続で乗ってくれていた坂井瑠Jが先約で乗れずに川須Jとのコンビ。 テン乗りだとゲートと折り合いに不安がありますが、何とか序盤のロスを少なくして欲しいです。 そして直線は馬場の広いところを伸び伸び走らせた方が良いタイプかもしれませんが、外から捻じ伏せるような迫力はないので、内を突いたり馬群を割ってきたりと直線でもロスのない競馬をして欲しいです。 そして1頭でも多くの馬を直線で交わしてきて欲しいです。

次の