レース 事故 悲惨。 鈴木詔子さん事故死…下関レース前、全速状態で岸壁へ― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

バイクは死に近い乗り物|事故画像・動画を見て気を引き締めろ!

レース 事故 悲惨

下関ボートレース場(山口県下関市)で2日午前9時40分ごろ、レース前の練習に向かうためスタート位置に移動していた鈴木詔子選手(しょうこ=52)のボートが岸壁に衝突した。 鈴木選手は頭などを強く打ち、午前11時9分、同市内の病院で死亡が確認された。 死因は脳挫傷。 長府署は操縦ミスやボートに不備がなかったか調べている。 同署や日本モーターボート競走会によると、鈴木選手はエンジンの試運転やスタート練習のため、昇降機で水面に下ろしたボートを移動させようとしたが、いきなり全速状態となり、約150メートル先の岸壁に衝突した。 現場にいた別の選手は「通常はスタート位置まで低速で移動するが、鈴木選手は全速力だった」と話したという。 競走会によると、レース開催中における選手の死亡事故は10年5月14日、ボートレース若松での岩永高弘選手(享年36)に続いて30件目。 鈴木選手は81年に選手登録し通算449勝、優勝5回。 出走回数が4700回を超えるベテランだった。 女子選手は全体の1割程度。 関係者は「温厚で、彼女のことを悪く言う選手はいなかった。 若手選手からの人望も厚かった」と話した。 そこに後続艇が衝突し、胸腔(きょうくう)内出血などにより死亡。 後続艇が乗り上げ脳挫傷などで死亡。 後続艇が乗り上げて脳幹裂傷および頭蓋骨骨折の合併症で死亡。 (年齢はいずれも当時).

次の

炎上―1974年富士・史上最大のレース事故

レース 事故 悲惨

下関ボートレース場(山口県下関市)で2日午前9時40分ごろ、レース前の練習に向かうためスタート位置に移動していた鈴木詔子選手(しょうこ=52)のボートが岸壁に衝突した。 鈴木選手は頭などを強く打ち、午前11時9分、同市内の病院で死亡が確認された。 死因は脳挫傷。 長府署は操縦ミスやボートに不備がなかったか調べている。 同署や日本モーターボート競走会によると、鈴木選手はエンジンの試運転やスタート練習のため、昇降機で水面に下ろしたボートを移動させようとしたが、いきなり全速状態となり、約150メートル先の岸壁に衝突した。 現場にいた別の選手は「通常はスタート位置まで低速で移動するが、鈴木選手は全速力だった」と話したという。 競走会によると、レース開催中における選手の死亡事故は10年5月14日、ボートレース若松での岩永高弘選手(享年36)に続いて30件目。 鈴木選手は81年に選手登録し通算449勝、優勝5回。 出走回数が4700回を超えるベテランだった。 女子選手は全体の1割程度。 関係者は「温厚で、彼女のことを悪く言う選手はいなかった。 若手選手からの人望も厚かった」と話した。 そこに後続艇が衝突し、胸腔(きょうくう)内出血などにより死亡。 後続艇が乗り上げ脳挫傷などで死亡。 後続艇が乗り上げて脳幹裂傷および頭蓋骨骨折の合併症で死亡。 (年齢はいずれも当時).

次の

【カーレース大好き】歴史上最も悲惨なカーレース事故:カーレース大好き

レース 事故 悲惨

今の世の中、インターネットでこの事故で亡くなった二人の名前を検索すれば、概ねこの事故の概要を知ることができます。 当然、この本を読むということは、それ以上のことが知りたくて読むわけです。 しかし、この本を読み事で、それ以上のことを知ることは出来ませんでした。 当事者へのインタビュー内容については、確かにこの本で読むのが初めてでした。 でも、内容的にある程度想像通りというか、そこまでページを割く必要もなかったのでは?と思ってしまいます。 大体、いくら昔の事とはいえ、これだけ大きなレース事故の映像が、当時テレビ中継されたにもかかわらずテレビ局でも管理されていないということ自体、何らかの圧力で封印されているという疑念を抱かずにはいられません。 この本を読むことで、それが解決できるのでは?と思っていたのですが、残念ながら解決することは出来ませんでした。 とはいえ、当時幼少であり、この事故の中継も見たことのない私が、この本を読んだことで、ある程度この事故の情景を頭に思い浮かべることが出来るようになったのも事実であります。 この事故のことを知らない世代のモータースポーツファンの人たちには、一度読んでみてほしい本ではあります。 「核心をぼかしている」「期待する内容が無い」あるいは「悪意に満ちた個人攻撃」などの批評がありますが、そうは思いません 私が本書を読んだ限りでは 特定の個人を攻撃したり まして人格否定する記述などは ただの一言もありませんし 全体のスタンスとして 『当時のレース界にあった意識が現在とは違うこと』 『事故以前に様々な状況が積み重なっていたこと』 さらには 『モータースポーツそのものがもつ負の部分として 死亡事故というものがあり得ること』を前提とし、 なるべく筆者自身の視点を避けて 可能な限り、取材できたドライバーや関係者たち、報じたメディアの言葉によって あらゆる角度からの視点を紹介する、というスタイルをとっているからです 従って 事故の詳細については 自動的に間接的な表現となります 例え話をするなら 『彼は禁煙地区でタバコを吸った犯人だ』とは 著者が断じてしまうことをせず 『禁煙地区に彼は居た』 『彼の去った後にはタバコの煙がただよっていた』 『彼の身体からは強いタバコの臭いがした』 などの証言から 総合的に読者が判断するようになっていて 当事者であるドライバー本人にも『僕はそんなことをしてない』という 内容の証言をもらっている以上、これは公正なもの、と言えます その意味では「何が起きたか」は 本書の前3分の1ぐらいまでのところで すでに ボカすどころか ハッキリと明らかになっていて その詳細は 後年 商業DVDなどで しばしば目撃された、当ドライバーの走り方から想像される通りです 皆さんが期待された 「核心」とは 「正確には何が起きたのか」 あるいは もっと言うと 「誰が犯人なのかズバリ言ってほしい」 ということを 意味しているのだろうと思いますが、 本書が力を入れているのは 何が起きたかよりも むしろ 『何故、そんなことが起きてしまったのか』であり レースを愛し、負の部分を認めつつも その存続や社会的な認知を願う者として この事故に正面から向き合っておかなくては ならない、ということで 決して当ドライバーへの個人攻撃などではなく この点に 私も強く共感を覚えます ただ こういうスタイルをとる以上避けられないこととは思いますが それぞれの証言のたびに その証言者の人物史を 必要以上に長く詳細に しかも ややドラマチックに描きだしており、その点がわずらわしく感じられたので、4点としました 1974年にレース中に起きてしまった事故。 この事故は様々な意味でその後の日本のモータースポーツに影を落としました。 関係者も年を重ねる中、今、この作品が書かれることには意味を感じます。 人の記憶はあいまいなものですし、この事故をどうとらえるかは読者にゆだねられている訳ですし。 一方的な結論しか読み取れないとしたら、それは読者のほうに問題があるようにも思います。 ただし死亡事故を扱った内容の本の表紙がモノクロ写真の上に赤で大きく炎上と書かれているという、このセンスの無神経さだけは、どうにかならないものかと思います。 (こうした姿勢こそが筆者が叩かれる原因なのではないでしょうか?)レースジャーナリズムそのものが、もはや存在しなくなって久しい現在の日本の状況からすれば、少なくとも読む価値のある内容です。 しかし、この装丁の本を取材に協力してくれた関係者に平然と渡せるのでしょうかね?筆者の方は。 基本的には1974年GC戦の事故について新しい事実の記述はないし、核心に迫る記述はありません。 それを期待して読む本ではないと思います。 本書に対してお怒りの方はそうであればご愁傷さまと思います。 私は図書館で借りて読んだだけなので帯などでタタキがどんなだったか知る由もありません。 取り上げられた題材はあくまで「事故」であり、「事件」ではありません。 1994年5月1日もそうですが、複合的な要因が重なり起こったことではないでしょうか。 文末のインタビューに登場した某ドライバ-の言葉が全てを物語っていると思います。 本書はすでに明かされたことを踏まえ、それを当時一ファンだった視点から触れるという中身になっています。 個人的にはレースファンならば今の「何でも勝てばいい」という世の中の動きと比べながら読んで欲しいです。 そしてレースファン以外でも読むに耐える内容ですので当時の「命がけのスポーツマンシップ」とは何か触れていただければ、と思います。 筆者からそのようなメッセージを受け取った感じがしました。

次の