スズキ v ストローム 250。 「Vストローム250」に乗ったら度肝を抜かれた件

街乗りにも最適な新型アドベンチャー・Vストローム250 [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

スズキ v ストローム 250

1年間で6万㎞を走破!これぞ最強の旅バイク! 日本一周の相棒はすごい、第1部終了。 第2部へ! 昨年の9月1日に私、カソリは70歳の誕生日を迎えました。 それを機に「70代編日本一周」に出発。 相棒はこのスズキのVストローム250。 「東日本編」と「西日本編」の2分割でまわり、12月17日に東京・日本橋にゴール。 東日本編が45日間で1万2,478㎞、西日本編が49日間で1万2,818㎞、合計すると94日間で2万5,296㎞をともに走った。 このVストローム250を新車で引き取ったのは8月1日。 実は「日本一周」の前にも東北まで走っている。 この旅でのダート距離の合計は136. そのようなプレランで日本一周の手応えを確かめたのだ。 実際、「日本一周」を終えたときにメーターは2万9808㎞になっているが、僕の「日本一周」はさらに続く。 すぐさまテーマ編の「日本一周・第2部」に突入したのだ。 厳寒の冬も、花粉症の春も、猛暑の夏も走り続け、1年後の8月1日でメーターは6万616㎞。 通称:カソリ寝。 眠くなったらその場で寝るのが賀曽利隆スタイル。 寝方も決まっていて、雨具を枕に必ず右が下。 15分ほどするとパッチリ目を覚まし、再び走り出すのだ 世界一周の旅に出るならいまはこのVストローム250一択だね! カソリ旅の原点は250、乗りやすくて走りやすい! 1年間で6万7944㎞を走ったVストローム250のすごさを語るとしたら、まず第一にトラブルの少なさ。 この1年間、まったくのノントラブルだったことだ。 もう「パーフェクト!」といっていい。 山形県の湯ノ台温泉に泊まり、翌朝は5時に出発。 鳥海山の奥山手代林道は山形県側が大荒れ。 9㎞地点で通行止。 秋田県から青森県に入り、ロングダートの白神ラインに向かったが、ここも通行止。 最後に津軽半島の小泊から増泊林道に入った。 0㎞のロングダートを走り、三厩から青森へ。 東北道の青森料金所到着は17時45分。 ここまでの距離は486㎞。 すぐさま東北道をひた走る。 19時20分、岩手山SA(岩手)に到着。 21時40分、長者原SA(宮城)に到着。 23時55分、安達太良SA(福島)に到着。 24時55分、那須高原SA(栃木)に到着。 3時15分、浦和料金所(埼玉)に到着。 伊勢原到着は4時45分。 24時間での走行距離は1260㎞。 Vストローム250とは、こんな距離にものを言わせた走りも平気でできるのだ。 さんの投稿 2018年9月22日土曜日 僕が初めてバイクで世界を走ったのは1968年。 20歳のときのことだった。 2年あまりをかけてアフリカ大陸を一周。 今からもう50年以上も前のことになる。 当時のバイクといえば、道中になんらかのトラブルが起きるのはあたりまえのこと。 自分でマシンを直しながら走るしかなかった。 そこでバイクの選択は修理しやすさから250㏄の2サイクルエンジンにすることにした。 そこでスズキのT20にしようか、ヤマハのYDSにしようかさんざん迷ったのだが、スズキがT20をベースにしたTC250を出したとき、迷わずにそれにしようと決めた。 そのモデルは、T20のギヤを1速落として5速とし、マフラーをアップ化。 またエンジンガードも追加されたバイクで、スクランブラーと称していた。 このTC250で8万5000㎞の「アフリカ大陸一周」を走ったのだ。 バイクで世界を駆けることしか目に入らなかったカソリの「250旅」はその後も続く。 1971年にはオフロードバイクのスズキ・ハスラーTS250で「世界一周」に旅立った。 その途中では、日本人初の「サハラ砂漠縦断」を達成。 1973年からの「六大陸周遊」の「オーストラリア編」もハスラー250。 1975年から始めた日本の「峠越え」の相棒も、しばらくの間、ハスラー250だった。 1984年からの「南米一周」では、スズキのDR250Sで4万3402㎞を走った。 1992年の「インドシナ一周」ではスズキのRMX250Sで9930㎞を走った。 動乱の続いた「インドシナ一周」は世界でも初めてのこと。 砲火をくぐり抜けて走り抜いた。 1996年の「オーストラリア2周」ではスズキのジェベル250で7万2194㎞を走った。 「50代編日本一周3万571㎞」と「韓国一周3150㎞」もジェベル250。 ジェベル250ではトータル20万㎞以上を走ったことになる。 そんな経験から言わせてもらおう。 今現在、世界一周に旅立つとしたら、カソリは迷うことなくVストローム250を選ぶ。

次の

Vストローム250/スズキのクチコミ・レビュー・評価・評判・足つき情報|バイク中古車なら【Webikeバイク選び】

スズキ v ストローム 250

兄弟車であるVストロームのイメージを継承した「クチバシ」が特徴的だ。 人気高まる250ccアドベンチャーモデルから シート高800mmのVストローム250の足つきをチェック 2017年に注目を集めているのが、排気量250ccクラスのアドベンチャーモデルだ。 国内4メーカーの各モデルのシート高を比べると、ヤマハのツーリングセローは830mm。 ホンダのCRF250RALLYは875mmで、そのローダウン仕様が830mm。 カワサキのベルシスX250は815mm。 そしてスズキのVストローム250が800mmでシート高では最も低い数値となっている。 そこで今回、150cm、155cm、160cmのテスターが足つきテストを実施してみた。 結論から言うと、150cmでは両足を地面につけることはできなかった。 片足でも、なんとかギリギリといった感じだ。 ただし、150cmのテスターは「片足しかつかないけれども、これまでのバイクより安心感があった」とコメント。 撮影でも車体の保持なしでもいけそうということでサポートなしで撮影できた。 150cmのテスターに感じられたVストローム250の安心感とはなんだろうか?重心の低さによるものか、車体のバランスが優れているのか、それともハンドルが近いことで前傾にならず、身体が起き上がることで身体がバランスを取りやすい状態になっていたのか。 さまざまな原因が考えられるが、ここで答えをひとつに絞ることは不可能だ。 恐らくは、あらゆる要素が絡み合って「片足しかつかないけれど安心感ある」という感触につながったのではないだろうか。 Vストローム250はGSR(シート高780mm)というオンロードバイクがベースとなっている異色のアドベンチャーモデルではあるが、このGSRは途上国の未舗装路や石畳といった悪路走行も視野に入れて設計されたバイクでもあり、その走破性はオフロードモデルにも引けは取らない実力を秘めている。 そうしたベースモデルの個性によって、Vストローム250は他の250ccクラスのアドベンチャーモデルとは異なる資質を身に付けたのかもしれない。 安心感があるといっても、150cmでは公道走行では不安が残るポジションであることには違いない。 乗れるかどうかだけでなく、万一のことも想定して、ぜひ実車でポジションを確認してみてほしい。 フォトTOPICS(写真点数/10枚) 01150cmのテスターが乗って、両足接地を試みた状態。 左足のつま先だけ接地しているが、両足を付くことは困難だ。 02一見、ハラハラするが、テスターは「安定しているので補助はいらない」ということで単独撮影。 本人曰く「この時かなり安定していた」とのこと。 03真後ろから見てみよう。 フロントでバイクを支えているために、バランスがとりにくいのか、先ほどよりも両足が浮いている。 04腰をずらして片足着地をしてみると、つま先よりさらに接地することができた。 問題はサイドスタンドの出し入れで、Vストロームはステップより前方にあるため150cmテスターはかなり苦労していた。 05155cmのテスターになれば、足つきには全く問題なし。 ハンドルポジションも無理のない位置だ。 06わずか5cm、されど5cm。 ポジションのゆとりという点では大きな差になっている。 サイドスタンドの出し入れももちろんスムーズ。 07155cmのテスターが両足を出した状態。 08155cmのテスターの片足接地。 これを参考に、まずは実際にまたがって、自分の体格で確認してみるのが賢明だ。 09160cmのテスターになればまったく問題なし。 10余裕をもって運転できるだろう。

次の

街乗りにも最適な新型アドベンチャー・Vストローム250 [SUZUKI(スズキ バイク)] All About

スズキ v ストローム 250

車体は同時開発のと共通化しつつ、独自の部品を装備する形でデザインされており、乗車ポジションは全体的に高めとなっている。 フロントは既存のVストロームシリーズをイメージしたものとなっているが、スクリーンと単眼式ヘッドライトは専用品となっている。 ハンドルはアップタイプとなりナックルガードを装備、リアにはアルミ製アシストグリップ兼大型キャリアを装備するほか、アンダーガードやセンタースタンドも装備する豪華な内容となっている。 エンジンはGSX250Rと同型のものが搭載されている。 前後ホイールもGSX250Rと共通 では搭載されていない。 なお海外向けにはABS搭載車も販売されている。 液晶メーターもGSX250Rと共通のものが装備され、スピード&タコメーターやデュアルトリップメーター、ギアポジションインジケーター、平均燃費計、オイルチェンジインジケーター、燃料計、時計を表示するほか、ディスプレイ横には任意に設定した回転数で点灯するエンジンRPMインジケーターが配置されている。 にを実施。 カラーリング及びマフラーカバーの変更と、輸出仕様に存在した仕様が追加された。 脚注 [ ] [].

次の