100 日 後に 死ぬ ワニ 最後 の 日。 【100日後に死ぬワニ】最終回考察・ネタバレ!作者の想いに感動!|nabe's craft blog

【激論】100日後に死ぬワニ最終回が謎すぎて多くの人が考察 / 100日目にワニを死なせたのはネズミ説「可能性的にありえる」 | バズプラスニュース

100 日 後に 死ぬ ワニ 最後 の 日

yuukikikuchi がシェアした投稿 — 2020年 1月月20日午前2時28分PST それをうけた40日目。 なんと、ワニがバイトを辞めてしまっていました。 バイト先には思いを寄せる先輩がいるのにも関わらず辞めてしまうほどの出来事が39日目だったと考えられますが。。。 なぜ、 バイトをやめるほどのショックを受けたのか、この理由が謎です。 分かるのは、ただならぬ転機を迎えたということです。 最終回につながる何かの伏線となっているのでしょうか。 「100日後に死ぬワニ」の39日目と40日目の感想! 39日目と40日目の展開にどのような感想があげられているのかまとめてみます。 100日後に死ぬワニ、39日目の不穏・40日目の急展開にワニ君を心配しつつ、事件を望んでる自分がいる。 ちょっとした良い事・悪い事を繰り返す日常が本人に何ら責任なく突然喪われるより、派手なドラマを経て死ぬほうがフィクション的で、現実の死とそれが自分に降りかかる可能性を重ねずに済むから。 素直に、読むなら、 「態度の悪い駅員にキレた」ということでしょう。 とはいえ、駅員の態度が悪いからキレてバイトを辞めるというのも繋がりが分かりません。 では、 バイトを辞める原因はなんだったかと言うと、34日目にあるのではないかと思われます。 yuukikikuchi がシェアした投稿 — 2020年 1月月14日午前3時42分PST 「いつも誘われて困っているの。 大変よ。 」という言葉を聞いてしまったこと。 この言葉にショックを受けて翌日ふて寝。 その後、バイトではそわそわしていて、、、その翌日に問題の駅員と遭遇。 という展開。 この流れで、 39日目と40日目を見てみると、失恋して落ち込んでいたところに、些細なことがきっかけで心が折れてしまった。 と読み取れそうですね。 せっかく好意を持たれて来ていたのに・・・という展開が悔やまれますが、わりと人生って気持ちの行き違いも多いかもしれないですね。 最終回。 命日3月20日の結末予想! 気持ちのすれ違いでバイトをやめてしまったものの、この後この恋愛は成就することがあるのか? 成就すればするで余計に死ぬこととなる、100日目が切ないものになりますが。 命日となる3月20日どのような結末になるか予想してみますと、死因としては、やはり 突然死である必要があると思われます。 理由としては、前触れのある死だと、そもそも100日後に死ぬと分かっていないからこそ、ありふれた日常に訴えかけるものがあるという根本のテーマにそぐわないというのが理由です。 であれば、事前に分かる可能性のある病気であってはならないし、病気だとしても突然死につながる死因である必要があるかと。 そう考えると、 事故死という可能性が高いのかなと思います。 理由は、作者のきくちゆうきさんが、 親友を事故死で亡くしていること。 その死をうけて、 再びイラストを書くことを決意していること。 そう思うと、並々ならぬ思いがあっての、「100日後に死ぬワニ」だと思います。 であるならば、そのリアルな感情が乗る形での結末になるのかなと予想されますが、リアルであればあるほどやはり切ないですね。 結末を迎えるときに、親友のネズミとの関係はどうなっているのか、恋愛は実っているのか?また家族とはどのような会話が最後になるのか。 見どころは満載ですね。 2020年1月28日の時点で、100日後に死ぬワニは、48日目。 死ぬまであと52日となっています。 100日後に死ぬワニの作者のきくちゆうきさんの顔画像や経歴、下記コンテンツにまとめています。 イケメンです。

次の

漫画『100日後に死ぬワニ』0日目と100日目以降の話がある?ワニとねずみくんの切ないラスト『桜満開』 | タピタピ

100 日 後に 死ぬ ワニ 最後 の 日

SNSで大ブームを巻き起こした「 100日後に死ぬワニ」。 もともとアップして数話の時点でバズり、 日々フォロワー数を伸ばして行ったこの4コマ漫画ですが、 60話を超えたあたりからバラエティ番組や果てには朝の情報番組で取り上げられ、 SNSの枠を超えた世界中の大注目作品となりました。 そして多くの人が注目する中、 ついに最終話がアップされましたね・・・ しかし、この最終話にはセリフがない描写も多く、 様々な憶測が飛び交っていたり、 「 結局どういう意味だったの?」 と途方に暮れる人がいたりしています。 ということで、今回は大ブーム4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」の 最終回が何を意味しているのかについてまとめました! きくちゆうきさんのwikiプロフィール! 経歴も! まずはこの大人気4コマ漫画を手掛けた作者についてみていきましょう。 この漫画の作者は「 きくちゆうき」という名前で活動してる漫画家さんです。 (写真引用:公式サイト) 名前 きくちゆうき(本名のようですが感じは不明) 生年月日 1986年 年齢 34歳(2020年) 出身地 東京都 きくちゆうきさんは本名で活動しているようですが、 漢字は非公開となっています。 オーソドックスな漢字を当ててみると、 「菊池」「菊地」「勇貴」「祐樹」「勇気」などがありますね。 下の名前こそバリエーションが豊かですが、 苗字はそれほど漢字が多くないので「菊地」「菊池」のどちらかではないでしょうか。 きくちさんは公式サイトを持っていて、 そこの情報によると、 4歳の時点でクリエイティブの才能があったようで、 当時作成した輪ゴムと空箱で作ったギターが認められ、 壇上で褒められるほどの出来栄えだったそうです! さらに、10歳の頃からすでに絵を描き始めており、 中学の時には机の落書きが怒られるどころか褒められたそうです笑 うん、そういう頭の柔らかい先生好きですよ! きくちさんの最終学歴は定時制の高卒で、 出身地である 東京都内の工芸高校のインテリア科をご卒業されています。 この選択からして、 もともとデザイン関係の仕事に興味があったのではと推測できますね! さらに前職についてもわかっていて、 以前は 印刷会社に勤めていたようです。 退職の理由は明らかになっていませんが、 もしかして印刷会社での仕事が思いの外、 自分が求めていたデザイン業と遠かったのかもしれませんね! でも、「100日後に死ぬワニ」の4コマ漫画って、 もしかすると印刷会社での経験が生きてのことかもしれませんね。 新聞や雑誌に4コマ漫画はよく登場しますし、 もしかしたら会社に所属している間にも 手掛けた作品があったかもしれませんね! 趣味でmixiに絵を投稿することは続けていて、 それをみたイベント企画者からオファーがあり、 絵の展示を行ったそうです。 そこから一気に活動の幅が広がり、 退職して 27歳にしてイラストレーターとして独立されたそうです! きくちさんは今34歳なので、 独立してから7年という異例の速さで 超超超特大級の大ヒット作品を生み出したわけですね! つまり、この作品は社会に「あたりまえの愛おしさ」を 訴えかけるメッセージ漫画でありつつ、 亡き友人への追悼漫画でもあるわけですね。 これを知ったらなおさら泣ける・・・ 過去にきくちさんは、 「 友人がワニくんで自分がネズミくん」 と発言していました。 ネズミくんもこの漫画の中で結構なキーマンだと思うのですが、 自分を客観視して見つめ直すというのは、 大切な友人だったからこそ辛いことだったと思うんですよね。 それを14年の時を経て、 当時を色褪せさせずに漫画として残すなんて、 本当に深い友情と愛情を感じますよね! さて、この「100日後に死ぬワニ」ですが、 この4コマ漫画はSNS漫画なので、 Twitterやインスタグラムから全話無料で閲覧が可能です。 しかし、SNSだと連続して読みづらいということ、 さらにこれだけの人気が出た作品であるため、 少年サンデーの出版会社による 単行本が出版されました! - 2020年 3月月20日午前3時39分PDT 最終話はこれまでの4コマではなく、 全部で16コマ相当の絵が描かれています。 ラストのさくら舞う見開きページがなんとも切ない・・・ なんだか本当に胸にくる素晴らしいラストでしたね! このラストについて、 SNS上では色々な声が上がっています。 普通に「感動した!」「悲しい!」「愛しい!」という ストレートな気持ちをぶつける声が多いですが、 「ネズミくんが轢いてしまったの?」 「ひよこを助けた変わりにワニくんが死んでしまった・・・」 というショックを受ける声などなど色々ありました。 ざっくりですが、 SNS上で上がっている最終話の考察についてまとめてみると、 ・ワニくんがひよこを助けて死んだ(100話描写と伏線3話から) ・ワニくんが歩きスマホで桜を撮っていたら事故死した(100話描写から) ・ネズミくんがワニくんを轢き殺してしまった(100話描写から) ・ネズミくんのLINEに気を取られてワニくんが事故死した(100話描写から) ・実はネズミくんが死んでいて、瀕死のワニくんを迎えに行った(100話描写から) などです。 そんな中で個人的な見解も踏まえながら、 最終話が意味するところについてみていきたいと思います! まず大事なのは、 この漫画はきくちさんの実体験話がもとになっているということです。 20歳の時に亡くなった友人をワニくん、 当時の自分をネズミくんとして描いています。 ということは、 おそらくワニくんの彼女や犬ともぐらなど、 当時の仲良しグループの登場人物がそのまま描かれているものと思われます。 となると、「ネズミくんがワニくんを轢き殺してしまった」というのは違うかなと思います。 「ワニくんが歩きスマホ」「ネズミくんのLINEに気を取られて」については 作者であるきくちさんのみぞ知る情報ではありますが、 少なくとも事故の瞬間にLINEのトーク画面が開いていたことは事実です。 そして、ワニくんが皆での花見に遅れていたということも事実。 もしかしたら、ワニくんは遅刻していることを謝罪するか、 今どこであとどれくらいで到着するのかをLINEしようとしていたのかもしれませんね・・・ そしてもう一つ気になるのが ひよこの存在です。 実は3日目、 第3話でも助けているんですよね。 - 2019年12月月14日午後7時57分PST 横断歩道をちゃんと渡っていることを考慮すると、 このヒヨコさんは犬や猫といった動物ではなく、 小さな子供の可能性が高いのではないでしょうか。 そして、亡くなった菊池さんの友人というのが、 4歳からの大親友なわけですが、 幼稚園でドラゴンボールごっこをする時は悟空役をしている、 いわゆる中心的存在というか、 存在感が強いリーダー的な存在の人物と思われます。 もしかしたら正義感も強く、 過去に何度か子供を助けていて、 事故にあった日も子供を助けてお亡くなりになったのかもしれませんね。 あとはネズミくんが死んでいる説ですね。 これは「100日後に死ぬワニ」の漫画がネズミくん視点で描かれていることから、 100日後にネズミくんが死んだことで視点が終わるということ、 ネズミくんが最終話で「迎えにいく」と話したことから考察されたものです。 しかし、「ネズミくん=きくちさん」なので、 ネズミくんが死亡説はないかと思います。 もともとネット上では色々な考察が飛び交っていましたが、 実際はきくちさんの意図しないものであったりもしていたようですので、 今回のこの考察も「ネズミくん=きくちさん」を見落としていた人による 深読みしすぎて至った考察内容と思われます。

次の

100日後に死ぬワニの39日目と40日目の意味を考察!命日(結末)の予想は?

100 日 後に 死ぬ ワニ 最後 の 日

100日後に死ぬワニ39日目の意味とは? 100日後に死ぬワニが始まってから徐々に人気が出てきて作者もテレビで取り上げられるなどしていましたね。 それによって今回はとんでもない人気が出て、バズりすぎで炎上してしまったようです。 それに関わっていた人が電通関係の人がいたと言う事で色々なコメントが寄せられています。 100日後に死ぬワニ 電通の息がかかった株式会社会社ベイシカの公式アカウントのリツイートが始まったのは1月から 特許出願も1月半ば つまり電通が最初 1日目 から企画してたプロモではなく、盛り上がってきた25日目くらいから流行りに乗じて大金を投資しただけっていう点で、電通、かなりダサい。 — けんと dorrama2 かなり辛口なコメントがかなり電通に寄せられているようですね。 広告代理店は大変そうです。 100日後に死ぬワニ、綺麗な終わり方で生死ってなんだろうなと考える暇もなく曲売ります!書籍化します!映画化します!グッズ売りまくります!イベントもするよ!と怒涛の商用企画が流れてきて熱が急激に冷めた。 余韻も何もない。 死というものは、もう二度と会えないから悲しいのではないか。 — 後藤ニコ 510ni5 作者の方は電通案件ではないと表明しているので、本当のところは電通は関わっていないそうですね。 周りの人たちの協力があって奇跡のスピードで事が運んで行き、展開がはやすぎて読者が後味を味わう余裕がなく、ステマなのではないか?ということで炎上していたようですね。 色々な意見があるなかで、なにか読者のみなさんが疑問に思っていることで書かれていないものはないか?という視点で見てみました。 そうすると38日目の意味は?最終回の考察はなんなのか?という疑問があるようですね。 意外に書かれていないので、少し詳しく見てみましょう。 39日目に何が起こった? 39日目に起こったのはワニがバイトをやめて駅の車掌に何かいままで表した事のないような表情をしたシーンです。 これについては色々書かれていますが、自分後事に置き換えてみると答えが見えてくるかも。 「100日後に死ぬワニ」 39日目 — きくちゆうき yuukikikuchi なんとも言えない表情をしたのはなぜだったのでしょうか?この前には色々なストーリーが描かれていて、ワニがバイト先の先輩ワニ(女の子)にいつもお誘いをしていた事があったようです。 この前の過去を見てみると… 「100日後に死ぬワニ」 19日目 — きくちゆうき yuukikikuchi あいだが空いていますがこの後先輩ワニが誰かと喋っていて、「最近あの子に誘われるのよ…」と困っている様子が描かれています。 「100日後に死ぬワニ」 34日目 — きくちゆうき yuukikikuchi ワニは聞いてはいけないことを聞いてしまいます。 これはリアルだったら心のダメージは相当なものでしょうね!ぼくなら立ち直れないか、その悔しさをバネにして他の子をねらいます!(笑)でもワニにはそんな器用さはありません。 不器用だからこそ傷つきやすいガラスのハートをもっているのでしょう。 繊細で少年のような優しい気持ちをもったワニは、どこか共感できるところがあるのではないでしょうか。 「100日後に死ぬワニ」 35日目 — きくちゆうき yuukikikuchi この後ワニは傷ついてしまい、家に帰ってテレビを見ても傷ついた心を癒せず、布団に潜ってしまいます。 この表現、わかるなぁ〜…(笑) 作者の感情を表現する描写力がとても高く、いろんな事に傷ついた男子ならわかる、言葉に表せられない気持ちをうまく表現していますね! 「100日後に死ぬワニ」 36日目 — きくちゆうき yuukikikuchi ここで打ちひしがれているワニに転機が訪れます、信号待ちしていたワニが小さい子供をあやしているところを目撃してしまいます。 先輩ワニは小さな子供をあやしている姿に少しキュンとしてしまいます。 「100日後に死ぬワニ」 37日目 — きくちゆうき yuukikikuchi この後ワニが服を着替えて気分転換し、友達に見せたりします。 でも友達はそんなのあまりきにしていません。 男ですからそんな細かいことは気にしないですよね。 ワニは周りから誰からも必要とされていないのではないか?という寂しさを感じているのではないでしょうか。 「100日後に死ぬワニ」 38日目 — きくちゆうき yuukikikuchi ここで恋愛のすれ違いが起こってしまうのです。 このあとバイト先で先輩ワニがなにかはなしかけようと、きっかけを作ろうとしてもなかなか作れません。 自分の事を好きだと思っているワニが気になって仕方がないのが見え隠れしていますね。 そのあと問題の39日目に突入するわけです。 「100日後に死ぬワニ」 39日目 — きくちゆうき yuukikikuchi ワニがトイレの場所をたずねると、車掌が「出て右でぇ〜す」とやる気のない返事を顔を見ないでしています。 こんな車掌いますよね(笑)でも失恋の傷をかかえているワニはどんな気持ちなのでしょうか。 「なにか一言文句言ってやろうかな」という怒りさえ感じ取れます。 詳しくみていくとなぜこの表情になったのか、なんとなくわかるような気がしますよね。 言葉が少ない分、ワニが何を考えているのかこちら側が考えて推測していくたのしみかたもあると思います。 国語のように答えはないかもしれませんが、39日目の答をあえてつくるとするなら「寂しさからくるどこにもぶつけようのない怒り」と僕は表現したいと思います。 あと最後に桜吹雪が舞った意味も考察してみましょう。 最後の桜吹雪の意味とは? 100日後に死ぬワニが39日目でした表情の意味がなんとなくわかったところで、最後の意味も自分なりに考察していきたいと思います。 「100日後に死ぬワニ」 100日目 — きくちゆうき yuukikikuchi 花見をしようと皆でワニを待っているけど時間になってもなかなかワニは来ません。 痺れを切らしたネズミ君はバイクで「迎えにいくわ」と言ってワニを迎えにいきます。 ネズミ君は途中で桜吹雪が綺麗なのを携帯で撮影してワニに送ります。 先ほどの友達グループのラインなのかもしれませんが、既読が1だけすぐについています。 これは誰かが見ている証拠。 それは一体だれだったのか?すぐに既読がつくと言うことはトーク画面を開いている証拠ですね。 トーク画面を開いている相手、みている相手は3人の中で誰だったのか? このコマではひよこが最初に描かれ、2コマ目ではワニがひよこをかばうようにして手を添えています。 3コマ目ではひよこがそのあと何かに気づいたように後ろを振り返ります。 これはワニがひよこをかばって事故にあい、助けられたひよこが事故にあったワニを見た、と推測されます。 できるだけ描写を少なくすることでワニの最後がどうなったのか?読者に委ねられています。 そしてねずみ君が送った桜吹雪の写真が携帯に表示されているのがみえます。 ワニ君が最後に送ったコメントは「すげー!!」「春に来たって感じ〜!」と送っています。 このメッセージをおくった後、ワニはひよこを助け、なくなったのかもしれませんね。 最後の綺麗な桜吹雪の交差点に「百景坂交差点」と書いていて、その奥にはすっごく小さいですが、黄色い点があり、ひよこだと想像できます。 言葉での描写が少ないですが、こまかいところに作者の意図が見え隠れしていて、とても深い作品に仕上がっているのが印象で的です。 生きる。 — きくちゆうき yuukikikuchi 2回目も最初から読んでみるとワニの心象がより想像できて深みがましてくる作品ではないでしょうか。 子供でも読める内容になっていて、子供のときに読むのと大人になってから読むのでは捉え方が違ってみえるのではないでしょうか。 まとめ 100日後に死ぬワニの残った疑問、39話目にワニがつくった表情がどんな意味をしていたのか今回は考察してみました。 色々な捉え方があると思いますが、みるたびに深みが増してくる良い作品だなと僕は感じました。 最後の桜吹雪の意味も他にブロガーの人たちがたくさん書かれていますが、色々な捉え方がたくさんできる漫画だと言う事がわかりますね。 また最初からみるのもいいかもしれませんし、子供にもみてもらい、どう思ったのか考えてみるのも面白いと思います。 今回の疑問をまとめてみると• 39日目の表情はあえて表現すると「寂しさと怒りと悲しさが混ざった複雑な気持ち」をあらわしている。 最後の意味は文字が少ないので色々な考察ができる このような事が100日後に死ぬワニから感じとれるのではないでしょうか。 色々な憶測があるなか、残念ながら批判の声もあります。 ですが批判があると言うことはそれだけ読者の興味を引きつけ、ワニに夢中になってしまった、と言う事がいえそうですね。 ワニの本はアマゾンで予約を受け付けているので販売したら買ってみたいですね!.

次の