おいしい ご飯。 新宿でご飯するならこのお店! ランチからディナーまで「おいしいお店」を厳選

世界一おいしいご飯の炊き方|「おいしい」をつくる料理の新常識|樋口直哉|cakes(ケイクス)

おいしい ご飯

お米のプロが教える、美味しいご飯の炊き方 5つのポイント プロが教えるお米の炊き方 -Cook how five points 今日からできる、簡単、おいしい炊き方! お米をおいしく食べるには、 お米の銘柄だけでなく、お米の特徴を知って、おいしく炊くことが重要です。 とはいえ、そんな難しい技術は必要ありません。 ちょっとしたことに気をつけるだけで、ご家庭でも「 本当においしいご飯の炊き方」を実践できます! お米のプロが、お米のおいしさを引き出す炊き方を紹介します。 お米を研ぐ。 精白技術がすすんだ現在は、昔ほどではなくなりましたが、 このぬかを十分に取り除くかどうかが、ご飯の味を左右します。 お米の研ぎ方が、おいしさの第一につながります。 最初はたっぷりの水で素早くすすぎ、あとは少量の水に浸し、手のひらで押すようにして研ぎます。 基本的には冷たい水で研ぎますが、冬場など、寒いからといってしゃもじなどを使って研ぐよりは、ぬるま湯を使って手で研ぐようにしましょう。 また、冬場は乾燥による静電気により、ぬかの付着が多くなりますので、洗いを1回分多くすると良いでしょう。 お米の量を計る。 お米はカップに対し、すりきりでピッタリと計るように心がけましょう。 水は、米重量の1. 2倍が基準です。 あとは好みに合わせて増減して硬さを調整しますが、 固めにしたいからといって極端に水を減らしたり、柔らかくしたいからといって極端に水を増やしてはダメです。 微妙な水加減で慎重に…! また、ご飯は炊く量によって味が相当に異なってきます。 できれば大きなお釜にいっぱい炊くのが 理想的で、炊く量に応じて釜の大きさを使い分けると良いでしょう。 お釜や炊飯器で炊ける量をいっぱいに炊くようにすると、おいしいご飯になります。 (釜に対して8割が最大量です。 ) お米を水に浸す浸漬。 浸漬 ( しんせき )をすることにより、お米の芯までたっぷりと水が浸透します。 水を含んだお米は、炊き増えし、ふっくらと炊き上がります。 最低30分 (冬場なら1時間) 浸漬 ( しんせき )するようにしましょう。 また、お米は水を含む量に限りがあるため、 長く漬けすぎると逆にデンプン層が流出してベタつきの原因になってしまいます。 最長でも90分が目安となります。 浸漬の際は、温度が低いほうが好ましいので、夏場などは冷蔵庫に入れておくと、なお良いでしょう。 おいしさ、栄養面でも必須の蒸らし。 ご飯は、蒸らし加減でも味がずいぶん違ってきます。 火を止めてから10~15分間は、フタをとらずにそのまま蒸らします。 蒸らしすぎてもご飯が絞まってしまうので要注意。 火を止めた直後のご飯と、充分に蒸らしたご飯を比べると蒸らしたご飯は ふっくらとして見た目にもおいしそうです。 これは蒸らす段階で、お米に充分蒸気を吸いこませ、 余分な水分がお釜の中に残らないようにしているからです。 そのためには、 釜の中は火を止めたときのままの高温状態にしておくことが望ましいのです。 さらに、充分な蒸らしをすることで、米の中心のデンプンを消化吸収しやすい状態にもしてくれます。 味を均一化するシャリきり。 しゃりきりをすることにより、 釜の底や中のお米が空気に触れ、余分な水分を飛ばすことができます。 また、味も均一化され、風味を損なわず保温できます。 -"delicious rice" 天皇陛下・将軍家献上米の産地として有名な梨北管内 梨北管内は、山梨県の北西部の八ヶ岳南麓に位置する、 山梨を代表するお米の産地です。 おいしいお米が収穫される秘密は、この地域特有の水、気温、土壌が揃った、素晴らしい自然の恩恵のなかで育まれています。 この地で栽培された梨北米こしひかりは日本穀物検定協会主催の食味ランキングにおいて、 最高ランク「特A」を8回も取得しています。 平成20年には魚沼産こしひかりをおさえ、 日本一美味しいお米にも選ばれている、山梨が誇る米どころです。 米福は創業以来、お米に携わり60年。 これまで時代とともに変化する消費ニーズに合わせて全国各地の厳選したお米を多くの方にお届けしてきました。 米福が運営する、オンラインショップのマイライフでは、そのなかでも隠れた米どころ山梨で育まれた自慢のお米をより多くの食卓へお届けしたいという想いから山梨県産米をメインに扱うお米専門店をオープンいたしました。 ショッピングの「」を運営しております。 インターネット上から、手軽に美味しい梨北米こしひかりをお得にお買い求めいただけます。 キャンペーンなど随時行っておりますので、ぜひご利用ください。

次の

ごはんのおいしい炊き方(炊飯器編):白ごはん.com

おいしい ご飯

おいしい銀シャリの炊き方を伝授します。 計量カップで米をきっちり計ります。 これは米の表面についた糠や油などの臭いを、研いでいる間に米粒が吸わないように洗い流すのが目的です。 特に古米になれば臭いを吸収しやすいので、この作業は重要です。 注意/米が最初に水に触れると臭いをすぐに吸収します。 容器に米を入れてから、蛇口から水を入れると水が溜まる間に米が臭いを吸収するので、必ず水を先にはりましょう。 すぐに手でざっとかき混ぜる。 米の表面についた糠や、油が水に浮いてきます。 そして、濁った水はすぐに捨てて下さい。 スピードが肝心です。 ひと息に行いましょう。 米粒と米粒とをすり合わせ、アリウロン層の残留物を取り除くのが目的です。 食べる時期の米に合った研ぎ方、研ぎの回数の目安があるので、参考にして下さい。 最後に水を入れ、軽く混ぜて余分な濁りだけを流す「すすぎ」をします。 回数は前述の通りです。 浸水時間は新米で40分〜1時間。 古米は1時間は浸水して下さい。 春〜夏場は、冷水に浸けて米を冷やすとおいしいご飯になります。 又、あまりお奨めできませんが、時間がなくて急いで炊く場合はぬるま湯で炊いて下さい。 水を充分に吸った米はザルにあげて、10回程度ザルを上下させて余分な水けをきるだけで充分です。 (注意)ザル上げして、放置しておくと米が乾燥し割れてしまいます。 (粒の壊れた、ベチァなご飯になってしまいます)また、変色米になることもあるので気を付けて下さい。 ザル上げの目的は、余分な水けをきることにあります。 お店屋さんで5の工程を飛ばし30分程度ザル上げして上手く炊けないという場合をよく見ます。 気をつけましょう。 8.炊飯 炊飯器ならボタンを押すだけです。 今回は土鍋での炊き方を紹介します。 時間を正確に守ってください。 時間がきたら10秒ほど強火にして火を止めます。 あとは炊飯器同様かき混ぜて蒸気を飛ばし、ふきんを挟んで蓋をします。 密閉容器に入れて、冷暗所に保管して下さい。 短期間で消費できる量を購入する事も大事です。 白米の買いだめは禁物です。 ペットボトルで冷蔵庫に入れるのが理想です。 ただし「肉・魚」等においのするものの近くには置かないで下さい。 臭いが移ります。 皆さんもおいしい「銀しゃり」を楽しんでください。

次の

炊き込みご飯のレシピ・作り方一覧(211件)

おいしい ご飯

おいしい銀シャリの炊き方を伝授します。 計量カップで米をきっちり計ります。 これは米の表面についた糠や油などの臭いを、研いでいる間に米粒が吸わないように洗い流すのが目的です。 特に古米になれば臭いを吸収しやすいので、この作業は重要です。 注意/米が最初に水に触れると臭いをすぐに吸収します。 容器に米を入れてから、蛇口から水を入れると水が溜まる間に米が臭いを吸収するので、必ず水を先にはりましょう。 すぐに手でざっとかき混ぜる。 米の表面についた糠や、油が水に浮いてきます。 そして、濁った水はすぐに捨てて下さい。 スピードが肝心です。 ひと息に行いましょう。 米粒と米粒とをすり合わせ、アリウロン層の残留物を取り除くのが目的です。 食べる時期の米に合った研ぎ方、研ぎの回数の目安があるので、参考にして下さい。 最後に水を入れ、軽く混ぜて余分な濁りだけを流す「すすぎ」をします。 回数は前述の通りです。 浸水時間は新米で40分〜1時間。 古米は1時間は浸水して下さい。 春〜夏場は、冷水に浸けて米を冷やすとおいしいご飯になります。 又、あまりお奨めできませんが、時間がなくて急いで炊く場合はぬるま湯で炊いて下さい。 水を充分に吸った米はザルにあげて、10回程度ザルを上下させて余分な水けをきるだけで充分です。 (注意)ザル上げして、放置しておくと米が乾燥し割れてしまいます。 (粒の壊れた、ベチァなご飯になってしまいます)また、変色米になることもあるので気を付けて下さい。 ザル上げの目的は、余分な水けをきることにあります。 お店屋さんで5の工程を飛ばし30分程度ザル上げして上手く炊けないという場合をよく見ます。 気をつけましょう。 8.炊飯 炊飯器ならボタンを押すだけです。 今回は土鍋での炊き方を紹介します。 時間を正確に守ってください。 時間がきたら10秒ほど強火にして火を止めます。 あとは炊飯器同様かき混ぜて蒸気を飛ばし、ふきんを挟んで蓋をします。 密閉容器に入れて、冷暗所に保管して下さい。 短期間で消費できる量を購入する事も大事です。 白米の買いだめは禁物です。 ペットボトルで冷蔵庫に入れるのが理想です。 ただし「肉・魚」等においのするものの近くには置かないで下さい。 臭いが移ります。 皆さんもおいしい「銀しゃり」を楽しんでください。

次の