彗星 2020。 比特彗星 BitComet v1.68 解锁全功能豪华版

比特彗星 BitComet v1.68 解锁全功能豪华版

彗星 2020

5月1日 更新 (5月2日発売)で、10ページの特集記事「脆くも崩れた期待 アトラス彗星分裂のシナリオ」を掲載しています。 4月14日 更新 分裂した彗星の核の画像が複数公開されており、崩壊は確実とみられます。 4月10日ごろの明るさは9等前後と報告されており、今後明るくなる見込みもほぼなさそうです。 ATel 13629:• ご了承ください。 4月8日 更新 彗星の核が崩壊したという観測報告が複数あるようです。 ATel 13620:• ATel 13622: 引き続き情報をチェックしてみてください。 彗星観測者向け:変化を追うのは大いに意義がありますので、ぜひ継続的に観測、撮影を続けましょう。 一般の天文ファン向け:残念ながら「大彗星」になる可能性はほぼありませんが、4月後半に「双眼鏡を使えば見えるかも」程度にはなるかもしれません。 4月中は北天のきりん座を移動し、周極星としてほぼ一晩中見ることができる。 とくに宵のころには北西の空の比較的高いところに位置しているので見やすい。 明るい星が少ない領域なので、星図とよく見比べて双眼鏡で探してみよう。 明るさは7等前後と予想される。 3月初めごろの見積もりではもっと明るくなると期待されていたが、3月中旬ごろから増光のペースが停滞している。 5月31日の近日点通過(太陽最接近)のころにマイナス等級に達する可能性も指摘されていたが、4月上旬時点での動向を見る限りでは難しそうだ。 今後の情報をしっかりチェックし、過度に期待することなく、冷静に推移を追ってみよう。 4~5月の見え方(場所の設定は東京)。 日付横の括弧内は予想等級。 彗星は模式的に表現している。 星図はで作成。 画像クリックで表示拡大 赤道座標の星図。 日付横の括弧内は予想等級。 彗星は模式的に表現している。 星図はで作成。 の観測データやの情報などに基づいて計算しており、随時修正する可能性があります。 (以下は4月5日までの解説の抜粋です) 明るさは6等前後と予想されるが、増光のペースが落ちなければもっと明るくなる可能性もあり、肉眼でも見えるようになるかもしれない。 最新情報をチェックしておこう。 8日が満月、15日が下弦、23日が新月なので、彗星自体も明るくなる月の後半からがとくに観察好機となりそうだ。 アトラス彗星は今後、5月23日に地球と最接近、31日に太陽と最接近し、この前後のころに最も明るくなる。 マイナス等級に達する可能性も指摘され、期待が大いに高まっている。 ただし、5月下旬ごろには太陽に(見かけ上も)近づいて観察が難しくなることも考えられるので、明るさの推移と共に4月から継続して観察しておきたい。

次の

2020/5/13 C/2020 F8 (SWAN)斯万彗星接近地球

彗星 2020

转载 原作者环球科学大观 侵删 彗星的出现往往预示着好的事物即将出现,自古便被视为祥瑞之征兆。 对此,天文学家给出了观星的时间和地点建议。 目前,阿特拉斯彗星正在环绕太阳飞行(公转周期2000年),背离北斗七星飞行,并越来越接近太阳,正因如此我们能够欣赏到壮丽的美景。 预计在4月底至5月初,阿特拉斯彗星将达到最佳位置。 届时整个北半球都可以用肉眼看到这颗本世纪最亮的彗星。 彗星的表面是由冰、干冰、尘埃、氨和岩石混杂而成,并没有固定的体积。 当远离太阳时体积非常小,反之,彗星变得越来越大,彗尾也逐渐拉长,体积十分巨大。 最长的慧尾可达2亿多千米!这是由于接近太阳时,彗星表面的物质经高温升华,在彗核周围形成朦胧的彗发和稀薄的彗尾,加之被太阳光照射,这些尘埃和气体会被太阳照亮,十分梦幻。 天文学家表示,目前阿特拉斯彗星的慧尾已经开始出现并生长,可通过双筒望远镜在北斗七星附近观测到。 待4月底-5月初,阿特拉斯彗星将更加靠近太阳,观星也到达绝佳状态,届时仅凭肉眼便可观测到彗星飞行。 目前预计的最佳观测时间为4月30日傍晚。 天文学家建议称,爱好者可在当日日落后向天空的西方望去,待找到金星(Venus)和五车二(Capella,御夫座最亮的恒星,亦是全天第六亮星)后,便不难看到阿特拉斯彗星了。 如果想看到更清晰的慧尾,建议尝试使用双筒望远镜。

次の

2020/5/13 C/2020 F8 (SWAN)斯万彗星接近地球

彗星 2020

在2020我们将可以肉眼观测到彗星,彗星不是呈规律的周期性出现的,不同的彗星,回归的间隔可长可短,而在2020年五月份阿特拉斯彗星将光顾地球,那么现在就由为大家揭晓下历年来的彗星表吧! 2020肉眼可观测彗星 彗星飞过时,我们可以看到一个巨大的彗尾。 这是因为这些彗星的主要成分是挥发性物质,当它们靠近太阳时,这些物质会因为受热而挥发到太空中,最后形成了一个大大的彗尾。 离太阳越近,挥发效果越明显,看到的彗星也会越大。 可想而知,彗尾是非常庞大的。 著名的哈雷彗星,每隔76. 1年环绕太阳飞行一周,所以大约每隔76年,我们才能看到这个哈雷彗星。 但并不是说所有的彗星飞过时,人们都可以看到它,不过,科学报告指出,2020年即将迎来首颗造访天际的彗星,肉眼或可以看到。 6级,不过,到了2020年1月,这颗彗星越来越亮了,亮度提升了100倍。 仅仅一个月时间,这颗彗星的亮度大幅度提升,这也说明,它离太阳越来越近了。 根据科学家的观测结果,这颗彗星目前正在飞向近日点,预计在2020年5月下旬达到近日点,与太阳的最近距离大约为0. 262个天文单位(3920万公里)。 这个距离,确实是离太阳很近了,相比之下,我们地球与太阳的距离大约为1个天文单位(即大约为1. 5亿公里),离太阳最近的水星,与太阳的距离大约为0. 387个天文单位(即大约为5790万公里)。 现在这颗彗星仍未达到近日点,其亮度已经在短短一个月就大幅度提升了,可以预见,当它达到近日点,挥发的效果会更加明显,其彗尾也会更加庞大。 因此天文学家指出,我们在地球上可能用肉眼就可以看到它了。 同时彗星的轨道及公转周期会因受到木星等大型天体影响而改变,它们也有因某种原因而消失,无法再被人们找到,包括在空中解体碎裂、行星引力、物质透过彗尾耗尽等。 相关文章推荐:.

次の