公立高校 東大合格者数。 2021年 東大合格者数 高校ランキング part1

東京大学合格数ランキング2018!公立高校のトップ100位迄を一気に紹介!|AgaLog

公立高校 東大合格者数

2020年の東大合格者数の高校別ランキングを図録として掲げた。 過去の年次の図録は右の「関連図録」参照。 1951年以降の長期推移は図録参照。 東大と比較した京大合格者数ランキングは図録、東大・京大以外の主要国立大合格者ランキングは図録、早稲田大・慶応大の合格者ランキングは図録参照。 大企業トップの出身高校ランキングは図録参照。 東京の開成高校が、例年の如く第1位であり、合格者数は185人と昨年の186人とほぼ同数だった。 2位は東京の筑波大付属駒場の93人だった。 第3位は東京の桜蔭の85人だった。 第4〜5位は兵庫の灘、千葉の渋谷教育学園幕張であり、それぞれ、79人、74人だった。 以下6位以降40位までを順位順に掲げると、開成、筑波大付駒場、桜蔭、灘、渋谷教育学園幕張、麻布、駒場東邦、聖光学院、海城、栄光学園、西大和学園、ラ・サール、日比谷、浅野、筑波大附、東大寺学園、渋谷教育学園渋谷、県立・浦和、女子学院、甲陽学院、久留米大附設、旭丘、豊島岡女子学院、東京学芸大附、早稲田、土浦第一、横浜翠嵐、東海、富山中部、湘南、岡山朝日、千葉・県立、西、武蔵、浜松北、愛光、岡崎、札幌南、熊本、北嶺、栄東である。 次に、同じデータから、東大合格者数を卒業生数で除した東大合格者率のランキングを計算してみると、第1位は筑波大付属駒場であり合格率は57. 8%(東大合格者93人/卒業生161人)となっている。 第2位は開成、第3位は桜蔭である。 東大合格率の高い高校では、在学生の4〜6割が現役か浪人で東大にはいることになるわけであり、東大に行って当たり前のような気分があるのではと想像される。

次の

2020年 東京大学 合格者 高校別ランキング 合格数順

公立高校 東大合格者数

2020年の東大合格者数の高校別ランキングを図録として掲げた。 過去の年次の図録は右の「関連図録」参照。 1951年以降の長期推移は図録参照。 東大と比較した京大合格者数ランキングは図録、東大・京大以外の主要国立大合格者ランキングは図録、早稲田大・慶応大の合格者ランキングは図録参照。 大企業トップの出身高校ランキングは図録参照。 東京の開成高校が、例年の如く第1位であり、合格者数は185人と昨年の186人とほぼ同数だった。 2位は東京の筑波大付属駒場の93人だった。 第3位は東京の桜蔭の85人だった。 第4〜5位は兵庫の灘、千葉の渋谷教育学園幕張であり、それぞれ、79人、74人だった。 以下6位以降40位までを順位順に掲げると、開成、筑波大付駒場、桜蔭、灘、渋谷教育学園幕張、麻布、駒場東邦、聖光学院、海城、栄光学園、西大和学園、ラ・サール、日比谷、浅野、筑波大附、東大寺学園、渋谷教育学園渋谷、県立・浦和、女子学院、甲陽学院、久留米大附設、旭丘、豊島岡女子学院、東京学芸大附、早稲田、土浦第一、横浜翠嵐、東海、富山中部、湘南、岡山朝日、千葉・県立、西、武蔵、浜松北、愛光、岡崎、札幌南、熊本、北嶺、栄東である。 次に、同じデータから、東大合格者数を卒業生数で除した東大合格者率のランキングを計算してみると、第1位は筑波大付属駒場であり合格率は57. 8%(東大合格者93人/卒業生161人)となっている。 第2位は開成、第3位は桜蔭である。 東大合格率の高い高校では、在学生の4〜6割が現役か浪人で東大にはいることになるわけであり、東大に行って当たり前のような気分があるのではと想像される。

次の

東京大学の合格者数が多い高校

公立高校 東大合格者数

2019. 24 2020. 20 東京大学 東京大学合格者数 高校ランキング2019 日本を代表する大学といえば、東京大学です。 東京大学に多くの合格者を出している高校は、非常に優れた学習環境が整っていると言えます。 今回は、2019年度の東京大学入試における、 高校別の合格者数ランキングとその上位校の特徴をご紹介します。 さらに、 一部の高校では貴重な 卒業生の声もご紹介しています。 必ずや、中学校・高校選びの参考になることでしょう。 また、 スマートレーダーには合格者ランキング上位にランクインしている高校の卒業生が多数在籍しています。 優秀な高校の卒業生は、大学受験に限らず高校受験・中学受験に関しても素晴らしい指導ノウハウを持っています。 加えて、自分以外の優秀な友人らの勉強法を数多く見ているため、自分のやり方にとらわれない幅広い指導が可能です。 是非、で 超一流高校卒の先生の指導を体験してみてはいかがでしょうか。 なお、こちらのの記事では、東京大学の詳しいご紹介を行なっています。 合わせてお読みいただければ幸いです。 さらに、東京大学のランキング上位にランクインする私立高校の多くが、 中高一貫性を採用しています。 中学1年生から大学受験を見据えた教育を行う中高一貫校は、 中学卒業時点の進度が公立学校よりも1年以上進んでいることもあると言われます。 関東の高校が多いことも特徴です。 ただし、これは東京大学に限った話ではなく、 大学の高校別合格者数は地理的な要因を大きく受けます。 例えば、近畿地方の高校生は東京大学よりも京都大学を志望する傾向があります。 順位 高校名 区分 合格者数 1 開成 私立 187 2 筑波大学附属駒場 国立 113 3 麻布 私立 97 4 聖光学院 私立 93 5 灘 私立 73 6 渋谷教育学園幕張 私立 72 7 桜蔭 私立 66 8 駒場東邦 私立 61 9 栄光学園 私立 54 10 久留米大学附設 私立 50 11 東京都立日比谷 公立 47 12 海城 私立 46 13 東京学芸大学附属 国立 45 14 西大和学園 私立 42 15 埼玉県立浦和 公立 41 16 浅野 私立 38 17 東海 私立 37 18 甲陽学院 私立 34 18 ラ・サール 私立 34 20 筑波大学附属 国立 31 第1位 開成高校 高校データ• 男子校• 中高一貫制(高校からの募集あり)• 所在:東京都荒川区• 1学年あたりの生徒数:約400人 開成高校の特徴 常に圧倒的な東大合格者数を誇る開成高校。 1982年以降、実に 38年連続で首位の座を守っています。 上位校に共通して多くみられる特徴ではありますが、 校則は緩く自由な校風です。 開成高校は 行事にも熱心で、体育祭の棒倒しは開成高校の名物となっています。 近年、私立の中高一貫校で高校からの募集を廃止する学校が増えていますが、開成高校はいまだに高校受験を行っており、100人程度を追加で入学させています。 卒業生の声 東京大学理科1類 J. H先生 なんといっても、自由な場所でした。 人格を排除するような圧力が存在しない空間で、伸び伸びできました。 また、すごい人が沢山集まる場所です。 ある分野で突出した人、カリスマのある人、志の高い人、マイパースな人、ストイックな人、アツい人。 刺激をくれるかけがえのない友人、先輩、先生方に出会うことがきっとできるはずです。 一橋大学経済学部 A. K先生 開成学園という学校の世間のイメージは勉強ばかりしてる集団といったところでしょう 私もそうでした。 しかし実際は勉強よりも課外活動に力を入れる人が多かったです。 勉強以外に自分が夢中になれる何かを追い求めている人が多かったと思います。 例えば私はカラオケやボウリングに夢中になって明け暮れていました 第3位 麻布高校 高校データ• 男子校• 中高一貫制(高校からの募集なし)• 所在:東京都港区• 1学年あたりの生徒数:約300人 麻布高校の特徴 こちらもランキング上位の常連で、歴史ある名門校です。 Wikipediaには 戦後の新学制が始まってからの1954年以降、一度も東京大学合格者数で上位10傑から漏れたことのない全国で唯一の学校である と書かれています。 校則はほぼ無いに等しく、在学生はのびのびと勉学に集中できます。 卒業生の声 一橋大学 I. K先生 文化祭は予想通り、全校で盛り上がる行事だった。 皆勉強するところはあまり見せず成績がいいので、地頭の良さが感じられた。 個性的な授業が多く、中一の「世界」という授業は社会科の地理・歴史・公民を総合したような授業だった。 高1高2の「教養総合」ではオムニバス形式の選択授業で、文理問わず様々なジャンルの授業をとれた。 第4位 聖光学院高校 高校データ• 男子校• 中高一貫制(高校からの募集なし)• 所在:神奈川県横浜市• 1学年あたりの生徒数:約230人 聖光学院高校の特徴 近年、 東大合格者数を急速に伸ばしています。 2009年ごろまでは合格者数50人未満でしたが、ここ数年は70人を超えることも増え、今年はついに90人を突破しました。 校長の工藤誠一氏は「脱・進学校」「生徒を学校に縛らない」「開かれた学校作り」を掲げて改革に取り組んでおられるそうで、マンツーマンのオンライン英会話なども取り入れられているようです。 (参考:) 同じく神奈川県の 栄光学園と合わせて「神奈川2光」と呼ばれたりもします。 神奈川2光に 浅野高校を加えた3高校を「神奈川男子御三家」と呼ばれます。 第5位 灘高校 高校データ• 男子校• 中高一貫制(高校からの募集あり)• 所在:兵庫県神戸市• 1学年あたりの生徒数:約220人 灘高校の特徴 「東の開成 、西の灘」あるいは 「東の筑駒、 西の灘」と言われることもある関西最強の進学校です。 地理的な要因もあり、東大合格者数ランキングには関東の高校が名を連ねますが、灘は関西にありながら常に上位を維持しています。 灘高校は 医学部進学率が高いことで知られており、例えば2019年度においては• 東京大学理科3類合格者数 全国1位、20人(2位は開成と筑駒の10人)• 京都大学医学部合格者数 全国1位、26人(2位は洛南の11人) と、日本のトップ2大学の両医学部で2位に2倍かそれ以上の差をつけています。 これは今年に限った話ではなく、毎年のように 東大・京大医学部の多くが灘高校の出身者で占められます。 灘高校がいかにハイレベルな学生を輩出しているかがお分かりいただけることと思います。 公立高校からの合格状況 残念ながら、東京大学において公立高校からの合格者数は決して多いとは言えません。 先ほどご紹介した TOP5高校は、全て私立・国立高校で中高一貫校制です。 ただし、TOP20に日比谷高校(東京)と浦和高校(埼玉)の2校がランクインしていることからもわかる通り、 一部の公立高校には私立の中高一貫校をも凌ぐ優秀な高校生が存在します。 東京と埼玉以外に公立高校が元気な都道府県としては、愛知(岡崎高校、旭丘高校など)や神奈川(横浜翠嵐高校、湘南高校など)、千葉(千葉高校、船橋高校など)などが挙げられます。 また、これは東京大学に限定した話であり、 関西の公立高校は京都大学などにたくさんの合格者を排出しています(大阪府立北野高校など)。 公立高校から東京大学合格を目指す場合、 中学から超難関大学合格を見据えたトレーニングを行なっている中高一貫校生がライバルとなり、厳しい戦いとなります。 こちらについて、スマートレーダーブログのの記事に詳しく書かれておりますので、ぜひご覧ください。

次の