保育の求人あるある。 保育所と保育園、認可と認可外と認証の違いとは?【保育士向け】

保育士におすすめの派遣会社ランキング【求人数&口コミ調査】

保育の求人あるある

「保育所」と「保育園」に違いはある? 「保育園」と「保育所」は、 施設機能としては同じものを指します。 ちなみに児童福祉法では、保育を必要とする乳児・幼児を日々保護者の下から通わせて保育を行うことを目的とする施設のことを「保育所」として定義しています。 つまり法令上は「保育所」が正式な呼び名ですが、施設名称として「保育園」と「保育所」のいずれを使用するかに対しては、法的な定義がありません。 そのため、各施設が名称として馴染みの良いいずれかを選んでいる傾向です。 なお、地域によっては施設面積の広さで名称を使い分けたり、公立・私立で使い分けたりするケースも見受けられます。 「認可保育園」と「認可外保育園」「認証保育園」の違いとは? 「認可保育園」と「認可外保育園」、「認証保育園」、この3つには明確な違いがあります。 認可保育園とは 施設の広さや職員人数、給食設備、防災や衛生に関する管理など、国が定める基準を満たし、都道府県知事の認可を得ている施設を「認可保育園」と呼びます。 保育園の運用に関わる費用の大半を自治体からの補助金でまかなっている点が特徴です。 認可外保育園とは 認可保育園の基準を満たしていない保育施設が「認可外保育園」と呼ばれます。 俗称として「無認可保育園」という呼び名が用いられることもあります。 園によっては24時間保育などを行っていることもあります。 認証保育園とは 「認証保育園」は、 地方自治体が独自に定めた基準を満たした保育園のことです。 全ての自治体に認証保育園の制度があるわけではなく、一部の自治体にのみ設置されています。 最も有名なのは「認証保育所」で、これは東京都の制度です。 待機児童の多さという深刻な課題を抱えながら、敷地の問題などで国の基準が満たせず保育園の設置が難しくなりがちな東京都独自の保育事情を鑑みて制定されました。 その他、横浜市の「横浜保育室」やさいたま市の「さいたま市ナーサリールーム」、浜松市の「浜松市認証保育所」などがあります。 以下では、保育士が働く場所として「認可保育園」「認可外保育園」「認証保育園」それぞれの違いによるメリット・デメリットを見ていきましょう。 保育士が「認可保育園」で働くメリット・デメリット 認可保育園で働くメリットは、働く環境が公立・私立に関わらず整っていることでしょう。 認可施設は国や自治体から補助金が下りることもあり、経営面でも安定しています。 また、園児の数に対する保育士の数も決められているため、保育士不足による負担は少なめといえます。 デメリットとしては公立・私立に関わらず、園児の募集が各自治体の窓口一括で行われ、入園する園児に共通点が少なくなりがちなことが挙げられます。 各園児の家庭の事情が大きく異なることから、園児や保護者へきめ細やかな対応を求められる機会が多くなるかもしれません。 また、認可基準に関する決まりごとが多く、それらを満たすための作業や講習などで保育士の負担が増える点も挙げられます。 とはいっても、保育士が長く安定して働きやすい環境面のメリットは、これらのデメリットと比較しても大きいと考えられるでしょう。 保育士が「認可外保育園」で働くメリット・デメリット 「24時間保育をしている」「特徴的な保育方針がある」など、利用者のニーズに応えた施設が多い点が認可外保育園の特徴です。 認可外保育園で働くメリットには、園児の入園動機に共通点が多くなり、園児や保護者への対応に一貫性を持たせやすい点が挙げられます。 また英語や体操など独自の教育に力を入れる園も多いため、それらの園では個性的な保育を行える点もメリットとなるでしょう。 デメリットとしては、園児が年度途中で認可保育園に転園するケースが多く、それが保育に影響を与える可能性があることが挙げられます。 年度途中での転園が多いのは、認可保育園に入園できず待機児童となった子どもを、一時的に認可外保育園に通わせているケースがあるためです。 運動会や生活発表会などの行事の直前に転園となった場合に演目の調整をする必要が出てきたり、仲の良いお友達の突然の転園で園児の気持ちが不安定になったりすることがあります。 また、園によっては施設面積や保育士数に関する基準が曖昧な場合があり、保育にあまり適さない環境で何かと園児を心配しながらの保育が必要となるケースもあり得ます。 保育士が「認証保育園」で働くメリット・デメリット 東京都が独自で制定している「認証保育園」には、A型と呼ばれる「駅前基本型」とB型の「小規模、家庭的保育所」の2種類があります。 多様化する保育ニーズに応えるために多くの企業が参入し、さまざまサービスが提供されています。 これらの認証保育園で保育士として働くメリットは、駅前にあるA型の場合は通勤が便利なこと、B型の場合0~2歳を中心に家庭的な保育ができることでしょう。 認証保育園で働くデメリットには、小規模な園の場合、保育士数が少なく保育士1名あたりの負担が増える点があります。 幼児保育を希望する保育士さんの場合、「0歳児保育が必須」「定員の半数以上が0~2歳児であること」などの規定で、乳児保育中心になる点もデメリットとなり得ます。 また開所時間が認可保育園よりも長いため、シフトの幅が広く休みが取りにくくなる可能性もあるでしょう。 保育園の種類による違いに関するまとめ 保育所と保育園は同じものですが、認可と認可外と認証は保育園の規模や保育士の人数などの違いがあり、働く上でのメリット・デメリットもそれぞれだということが分かりました。 ただし、保育士の待遇や労働環境は保育園の種類だけで決まるわけではなく、個々の園によって大きく異なります。 転職や就職を考えるときは、事前のリサーチをしっかり行うことが肝心でしょう。 ご自身で調べられる範囲には限界もありますから、専任のコンサルタントがいる保育士専門の転職サービスなども活用することがおすすめです。 ぜひプロの協力を得て、ご自身の希望に合う園を見つけましょう。

次の

保育所と保育園、認可と認可外と認証の違いとは?【保育士向け】

保育の求人あるある

保育補助とは? 保育補助とは、認可保育所や認小規模保育園、託児所などにおいて、保育資格保持者の業務をサポートする仕事です。 保育補助の仕事を行う人のことを「保育補助者」といった名称で呼ぶこともあります。 保育補助者の仕事を一言で表現すると、「保育業務全般のサポート役」です。 クラス担任など管理者として働くケースは少なく、有資格者を含むチームに属し、施設運営のサポート業務を担当します。 保育補助の募集を行う施設の多くは、慢性的な人手不足に悩み、労働環境改善や人員確保が急務である状況にあります。 保育士一人ひとりに過重な負担ののしかかる状況を放置し、長時間労働や休日出勤を強いることは、更なる人材流出を招く結果となりかねません。 ただし、保育業界全体として人手不足が深刻である現在、有資格者の募集のみを対象とした求人では、十分な労働力の確保が困難な状況が近年続いています。 そのため、保育補助者の募集を行い、状況改善に努める施設が多く存在します。 また、一定の条件を満たす保育補助者の雇用は、地方自治体の補助金支給の対象となります。 そのため、保育補助者の採用に意欲を見せる事業者は多く、実務未経験者にとってはチャンスと言えます。 無資格でも働ける 保育補助者の就業に必須とされる国家資格・民間資格は、存在しません。 「資格不問」「初心者OK」となっている求人も少なからず存在し、様々な人の活躍できる職種と言えます。 ただし、保育補助者も保育士も、子どもの命を預かる重要な職種であることに変わりはありません。 そのため、保護者対応や子どもの安全・健康管理など保育士業務全般の基礎知識を持つ人材や育児経験者は、即戦力として重宝されます。 なお、保育補助とよく似た名称の「家庭的保育補助者」は、保育補助とは異なる区分の職種です。 家庭的保育補助者として働くためには、子育て支援員研修の基本研修及び地域保育コースの専門研修など、特定の研修を修了する必要があるため、注意しましょう。 保育補助の仕事内容• 次に、保育補助者の仕事内容や働き方を、幼稚園・保育園別に紹介します。 幼稚園に勤務する保育補助者・保育園に勤務する保育補助者の主な仕事内容は、以下のとおりです。 幼稚園 子どもの情操教育や保育業務といった幼稚園教諭の仕事を補助し、サポート役を担います。 具体的な仕事内容は、以下のとおりです。 ・幼稚園児の登園、降園の補助 ・クラス別活動で使用する教材の準備と片付け ・給食、おやつの準備と片付け ・幼稚園内の清掃や環境整備 ・保護者に配布する書類の準備や作成 幼稚園 保育士の指示を受け、子どもの心身発達を助けるための環境整備や日常生活のサポートを行います。 具体的な仕事内容は、以下のとおりです。 ・保育園児の登園、降園の補助 ・保育園児の寝かしつけや昼寝中の見守り ・教室内の清掃や園庭の草取り、掃き掃除 ・自由遊びで使用するおもちゃの準備や消毒、片付け 保育士との違いと求められる役割 保育補助者の役割はあくまでも、有資格者のサポートです。 保育補助者が以下のような仕事を担当することは少なく、正社員の保育士とは、明確に区別されます。 クラス担任を受け持ち、保育理念や保育目標に沿った保育計画を作成する。 季節ごとの行事を企画し、主体的な準備を行う。 自らのアイディアを活かし、お遊戯の準備や教室内の飾り付けを行う。 保護者と定期的なコミュニケーションを図り、子育てなどの相談に対応する。 まず保育業務全般は、保育士資格を保有する職員が主導します。 保育士のみでは対応が難しい仕事の手助けを行い、働きやすい環境を整えることが保育補助者の責務です。 ただし、保育補助者の業務内容・責任範囲は、施設の方針や人員の充足度合いによって左右されます。 求人情報の記載内容を確認する・採用面接や職場見学にて認識合わせを行うといった対策をとり、ミスマッチを防止しましょう。 保育士不足がとくに深刻である施設の場合、有資格者同様の仕事内容を任されて、負担を感じるケースもあります。 保育士の人数が極端に少ない施設は避け、モチベーションを維持することが大切です。 保育補助の給料相場はいくら?• 保育補助者の多くは、パートやアルバイトといった雇用形態を選択します。 時給の相場は勤務地域や勤務地域や業務経験、保有スキルによって変動するものの、1,000~1200円程度です。 東京都や神奈川県、大阪府など保育士の給料水準の比較的高い都道府県では、時給1,500円以上を提示する求人が見られます。 早番など人材不足が深刻な時間帯の勤務では、時給1,800円の求人も存在するため、画一的な相場を示すことは困難です。 求人情報の比較を行う際には、勤務地域や時間帯、勤務形態など、勤務条件の類似する情報同士を比較し、就職・転職先を検討しましょう。 求人サイトの機能を活用し、勤務地域や勤務形態などによる絞り込み検索を行うと、効率的な内容比較が可能です。 また、一部の求人施設は、保育補助者に対しても、資格手当や業務・処遇改善手当、残業手当といった各種手当を支給します。 有資格者が求人検索を行う際には、「資格手当支給」を条件とした絞り込みを行うことも良いでしょう。 各種手当の内容や利用条件は、採用企業の方針や規定によって異なります。 パートやアルバイトに対しても支給されるかどうか、各種手当の金額や支給方法といった詳細事項を確認し、認識合わせを行いましょう。 保育補助として働くメリット・デメリット• 保育補助に限らず、どのような働き方や職種にも、メリット・デメリットが存在します。 働き方や職種のメリットばかりではなくデメリットも理解した上で就職・転職を決意することが、早期離職を防ぐコツです。 保育補助の仕事を選択するメリット・デメリットは、以下のとおりです。 デメリット 【1】求人施設によっては、子どもと関わる仕事が少ない 一部の施設では「正規雇用の職員が保育業務全般を担当する・保育補助者やパートスタッフはサポート業務に徹する」といった分業体制を採用します。 求人内容をよく確認し、仕事内容のミスマッチを防ぐことが大切です。 【2】正社員保育士と比較して、給料水準が安定しにくい パート・アルバイトは一般的に、正社員と比較して、給料水準の安定しにくい働き方です。 安定的な働き方を希望する人は、資格取得支援制度を設け、正社員へのステップアップを応援する施設を選択するといった方法で、リスクヘッジを行いましょう。 デメリットを考慮してもなおメリットを魅力に感じる人は、保育補助として働くキャリアを検討しましょう。 まとめ 保育補助の仕事内容や給料相場、保育補助として働くことのメリット・デメリットを紹介しました。 保育補助の求人を行う施設の多くは、子育て中の主婦やブランク明けの有資格者、扶養範囲内で働くことを希望する人や学生など、様々な層の人を受け入れます。 勤務時間や働き方に制限を持つ人も挑戦しやすく、活躍できるフィールドです。 保育補助の仕事に対する理解を深めるためには、保育士専門の求人サイトから情報収集を行い、働き始めた自分の姿の具体的なイメージを固めることをおすすめします。 「何時から何時まで・週に何日の勤務を行い、どの程度の収入を得るか」といった希望条件を洗い出し、ライフスタイルにマッチする求人を見つけましょう。 お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE.

次の

保育士お悩み相談 第01回「先輩の保育に疑問を感じる」│保育士求人なら【保育士バンク!】

保育の求人あるある

保育補助とは? 保育補助とは、認可保育所や認小規模保育園、託児所などにおいて、保育資格保持者の業務をサポートする仕事です。 保育補助の仕事を行う人のことを「保育補助者」といった名称で呼ぶこともあります。 保育補助者の仕事を一言で表現すると、「保育業務全般のサポート役」です。 クラス担任など管理者として働くケースは少なく、有資格者を含むチームに属し、施設運営のサポート業務を担当します。 保育補助の募集を行う施設の多くは、慢性的な人手不足に悩み、労働環境改善や人員確保が急務である状況にあります。 保育士一人ひとりに過重な負担ののしかかる状況を放置し、長時間労働や休日出勤を強いることは、更なる人材流出を招く結果となりかねません。 ただし、保育業界全体として人手不足が深刻である現在、有資格者の募集のみを対象とした求人では、十分な労働力の確保が困難な状況が近年続いています。 そのため、保育補助者の募集を行い、状況改善に努める施設が多く存在します。 また、一定の条件を満たす保育補助者の雇用は、地方自治体の補助金支給の対象となります。 そのため、保育補助者の採用に意欲を見せる事業者は多く、実務未経験者にとってはチャンスと言えます。 無資格でも働ける 保育補助者の就業に必須とされる国家資格・民間資格は、存在しません。 「資格不問」「初心者OK」となっている求人も少なからず存在し、様々な人の活躍できる職種と言えます。 ただし、保育補助者も保育士も、子どもの命を預かる重要な職種であることに変わりはありません。 そのため、保護者対応や子どもの安全・健康管理など保育士業務全般の基礎知識を持つ人材や育児経験者は、即戦力として重宝されます。 なお、保育補助とよく似た名称の「家庭的保育補助者」は、保育補助とは異なる区分の職種です。 家庭的保育補助者として働くためには、子育て支援員研修の基本研修及び地域保育コースの専門研修など、特定の研修を修了する必要があるため、注意しましょう。 保育補助の仕事内容• 次に、保育補助者の仕事内容や働き方を、幼稚園・保育園別に紹介します。 幼稚園に勤務する保育補助者・保育園に勤務する保育補助者の主な仕事内容は、以下のとおりです。 幼稚園 子どもの情操教育や保育業務といった幼稚園教諭の仕事を補助し、サポート役を担います。 具体的な仕事内容は、以下のとおりです。 ・幼稚園児の登園、降園の補助 ・クラス別活動で使用する教材の準備と片付け ・給食、おやつの準備と片付け ・幼稚園内の清掃や環境整備 ・保護者に配布する書類の準備や作成 幼稚園 保育士の指示を受け、子どもの心身発達を助けるための環境整備や日常生活のサポートを行います。 具体的な仕事内容は、以下のとおりです。 ・保育園児の登園、降園の補助 ・保育園児の寝かしつけや昼寝中の見守り ・教室内の清掃や園庭の草取り、掃き掃除 ・自由遊びで使用するおもちゃの準備や消毒、片付け 保育士との違いと求められる役割 保育補助者の役割はあくまでも、有資格者のサポートです。 保育補助者が以下のような仕事を担当することは少なく、正社員の保育士とは、明確に区別されます。 クラス担任を受け持ち、保育理念や保育目標に沿った保育計画を作成する。 季節ごとの行事を企画し、主体的な準備を行う。 自らのアイディアを活かし、お遊戯の準備や教室内の飾り付けを行う。 保護者と定期的なコミュニケーションを図り、子育てなどの相談に対応する。 まず保育業務全般は、保育士資格を保有する職員が主導します。 保育士のみでは対応が難しい仕事の手助けを行い、働きやすい環境を整えることが保育補助者の責務です。 ただし、保育補助者の業務内容・責任範囲は、施設の方針や人員の充足度合いによって左右されます。 求人情報の記載内容を確認する・採用面接や職場見学にて認識合わせを行うといった対策をとり、ミスマッチを防止しましょう。 保育士不足がとくに深刻である施設の場合、有資格者同様の仕事内容を任されて、負担を感じるケースもあります。 保育士の人数が極端に少ない施設は避け、モチベーションを維持することが大切です。 保育補助の給料相場はいくら?• 保育補助者の多くは、パートやアルバイトといった雇用形態を選択します。 時給の相場は勤務地域や勤務地域や業務経験、保有スキルによって変動するものの、1,000~1200円程度です。 東京都や神奈川県、大阪府など保育士の給料水準の比較的高い都道府県では、時給1,500円以上を提示する求人が見られます。 早番など人材不足が深刻な時間帯の勤務では、時給1,800円の求人も存在するため、画一的な相場を示すことは困難です。 求人情報の比較を行う際には、勤務地域や時間帯、勤務形態など、勤務条件の類似する情報同士を比較し、就職・転職先を検討しましょう。 求人サイトの機能を活用し、勤務地域や勤務形態などによる絞り込み検索を行うと、効率的な内容比較が可能です。 また、一部の求人施設は、保育補助者に対しても、資格手当や業務・処遇改善手当、残業手当といった各種手当を支給します。 有資格者が求人検索を行う際には、「資格手当支給」を条件とした絞り込みを行うことも良いでしょう。 各種手当の内容や利用条件は、採用企業の方針や規定によって異なります。 パートやアルバイトに対しても支給されるかどうか、各種手当の金額や支給方法といった詳細事項を確認し、認識合わせを行いましょう。 保育補助として働くメリット・デメリット• 保育補助に限らず、どのような働き方や職種にも、メリット・デメリットが存在します。 働き方や職種のメリットばかりではなくデメリットも理解した上で就職・転職を決意することが、早期離職を防ぐコツです。 保育補助の仕事を選択するメリット・デメリットは、以下のとおりです。 デメリット 【1】求人施設によっては、子どもと関わる仕事が少ない 一部の施設では「正規雇用の職員が保育業務全般を担当する・保育補助者やパートスタッフはサポート業務に徹する」といった分業体制を採用します。 求人内容をよく確認し、仕事内容のミスマッチを防ぐことが大切です。 【2】正社員保育士と比較して、給料水準が安定しにくい パート・アルバイトは一般的に、正社員と比較して、給料水準の安定しにくい働き方です。 安定的な働き方を希望する人は、資格取得支援制度を設け、正社員へのステップアップを応援する施設を選択するといった方法で、リスクヘッジを行いましょう。 デメリットを考慮してもなおメリットを魅力に感じる人は、保育補助として働くキャリアを検討しましょう。 まとめ 保育補助の仕事内容や給料相場、保育補助として働くことのメリット・デメリットを紹介しました。 保育補助の求人を行う施設の多くは、子育て中の主婦やブランク明けの有資格者、扶養範囲内で働くことを希望する人や学生など、様々な層の人を受け入れます。 勤務時間や働き方に制限を持つ人も挑戦しやすく、活躍できるフィールドです。 保育補助の仕事に対する理解を深めるためには、保育士専門の求人サイトから情報収集を行い、働き始めた自分の姿の具体的なイメージを固めることをおすすめします。 「何時から何時まで・週に何日の勤務を行い、どの程度の収入を得るか」といった希望条件を洗い出し、ライフスタイルにマッチする求人を見つけましょう。 お得な情報や最新コラムなどをいち早くお届け!ほいくらし公式LINE.

次の