ポケモン きりさく。 ストライク(ポケモン)

ストライク(ポケモン)

ポケモン きりさく

5倍になる。 威力が60以下の技の威力が1. 5倍になる。 威力の変動する技や、威力が修正された場合は修正後の威力で判定する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 攻撃が外れたり連続で使用しないと元に戻る。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 投げつけた道具はなくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ダブルバトル』の時は最後に受けた技のみ有効になる。 必ず後攻になる 優先度:-5。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 相手が技『まもる』『みきり』『たたみがえし』『トーチカ』『キングシールド』『ニードルガード』『ブロッキング』『ファストガード』『ワイドガード』をしている場合は、その効果を解除して攻撃できる 使用していない場合は通常攻撃。 『ダイウォール』は解除はできないが、貫通する。 相手の場の『しろいきり』『ひかりのかべ』『リフレクター』『しんぴのまもり』『オーロラベール』、両方の場の『まきびし』『どくびし』『ステルスロック』『ねばねばネット』『キョダイコウジン』、さらに第8世代からは『エレキフィールド』『グラスフィールド』『サイコフィールド』『ミストフィールド』の効果を解除する。 相手が『みがわり』状態の場合、回避率を下げる効果のみ失敗する。 特性の効果による先制攻撃も受けない。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。 33 USUM〜DPt ,ストライク:Lv. 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 [Lv. 9 USUM〜DPt ,Lv. 12 金銀ク ,Lv. 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 『いかり』状態の間、相手の技のダメージを受ける度に『こうげき』ランクが1段階上がる。 別の技を使うと『いかり』状態が解除される 変化したランクはそのまま。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 今後2ターンの間に受けたダメージの2倍を相手に与える。 その間、全く行動できなくなる。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 それ以外のポケモンの場合『すばやさ』ランクが1段階下がり、『こうげき』『ぼうぎょ』ランクが1段階ずつ上がる。 連続で使うと失敗しやすくなる。 最大102。 最大102。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。

次の

『ポケモン 赤・緑』をクイズで振り返り。懐かしいあのころを思い出して問題に挑戦!

ポケモン きりさく

技のが1. 5倍 までは2倍 になる。 攻撃側のポケモンのがである場合、上記の値ではなく、・第五世代では3倍、以降では2. 25倍になる。 では計算時にが2倍になる効果だった。 そのため、レベルが低いポケモンは高いポケモンに比べて、急所に当たった時のダメージ増加が少なくなる。 能力値にもよるが、レベル5のポケモンでは約1. 3倍、レベル20では約1. 8倍、レベル100では約1. 95倍。 そのときのを一部、もしくは全て無視する。 :全てのランク補正が無視される。 以降:攻撃側にとって不利なランク補正が無視される。 攻撃側のこうげき とくこう ランクが0以下の時は0として計算される。 防御側のぼうぎょ とくぼう ランクが0以上の時は0として計算される。 リフレクター・ひかりのかべの効果が無視される。 第一世代:防御側の・状態 の効果が無視される。 第三世代以降:防御側の場の・・状態 の効果が無視される。 のこうげき低下が無視される まで。 第一世代:攻撃側のやけどによるこうげき低下が無視される。 による能力補正が無視される。 第一世代:ジムバッジによるこうげき・ぼうぎょ・とくしゅ上昇が無視される。 第三世代:ジムバッジによるこうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼう上昇が無視される。 状態:異なる計算式を用いる 実質4倍前後になる。 第二世代• にを持たせている:他の条件に関係なく2に固定される• にを持たせている:他の条件に関係なく2に固定される• ・・・・を使う場合:確定急所。 (・・、模擬対戦、通信対戦では無効)そのため、なかよし度が最大の状態できゅうしょアップ状態になると確定急所になる。 急所に当たりやすいわざ一覧 数値はその技が登場する最新世代におけるもの。 そのために以降大幅に変更される結果となった。 そのため威力70のの威力が実質的に140となり、同じタイプの(威力150、しかも一撃で倒せないと次ターン行動不能のペナルティあり)以上に優秀なわざであった。 すばやさの種族値のみに依存するため、すばやさの高いポケモンが必然的に有利となっていた。 しっかり対策を行わないでのやのが繰り出すフーディン1匹に、4回に1回の割合で急所となるを先攻で連発されて全滅してしまうトレーナーも多かった。 急所に当たると、自分に有利なランク補正も無視されてしまうため、能力上昇の技を積んだ後などは急所に当たってしまうと逆にダメージが減ってしまう。 ポケモン不思議のダンジョンにおける急所 シリーズでは技ごとに急所率が設定されている。 急所に当たったときのダメージは1. 5倍、では1. 4倍となる 持ちのポケモンであれば2倍。 マグナゲートではスナイパーを持つポケモンは登場しない。 以降では急所ランクが3の時には技が必ず急所に当たるようになった。 開始からしばらく「この世代から急所率が上がった」というデマが流れたが、週刊ファミ通2014年4月24日号のインタビューにおいてはそれを否定していた。 特性が、のポケモン、状態の場にいるポケモンへの攻撃は急所に当たらない。 必ず急所に当たる技であっても急所に当たらない。 以下のわざは急所に当たらない。 、(のみ)• (のみ)•

次の

まひ(ポケモン)

ポケモン きりさく

現在のBW2の環境での評価じゃなくて、あくまで初代の対戦環境での評価な 吹雪催眠分身のクソゲーだったGBの通信対戦じゃなくて、ポケモンスタジアム2での対戦ルールを念頭に置いて評価してる ポケモン名の右の数字は種族値。 素早い=火力が高いというめちゃくちゃな時代だった モルフォン 70 65 60 90 90 465 攻撃技 サイコキネシス メガドレイン はかいこうせん 補助技 しびれごな ねむりごな かげぶんしん 意外と特殊が高くサイコキネシスも覚えるが技が… タイプは違うがステータス的にバタフリーの上位互換と言ってもいいだろう ダグトリオ 35 80 50 70 120 425 攻撃技 じしん きりさく いわなだれ のしかかり はかいこうせん じわれ 補助技 どくどく かげぶんしん みがわり 高い素早さが売りの地面タイプで電気対策の地面枠の中では最も使用率が高かった。 最速の催眠使いとしてGB対戦で厨ポケ化してたゲンガーよりも素早いという点も評価を後押ししてる 素早さ以外のステータスが低いので単純な殴り合いになると不利である。 マルマインの爆発やサンダースの破壊光線ですら致命傷になってしまうので注意。 特にマルマインの爆発だと中乱数一発で落ちるため頭に入れておくべき 97カップではLv50だとLv55のケンタロスより遅いので正直あまりオススメできない。 破壊光線受けができるゴローニャやサイドンの方が個人的には好き ペルシアン 65 70 60 65 115 440 攻撃技 きりさく 10まんボルト かみなり バブルこうせん のしかかり はかいこうせん 補助技 みがわり つるぎのまい 99カップの厨ポケ。 何気にケンタロスよりも素早く、きりさくを連発してるだけで強いポケモン 99カップ以外でもガチパを組む際に第2のケンタロスとして入れるという選択は十分にありえると思う 99カップではゴーストやサイドンに対抗するために10まんボルトやバブル光線を入れてた選手が多かったが、岩やゴーストになんてどうせ勝ちようがないのでいっそのこと剣の舞と破壊光線を入れてデカい一撃を狙うのもありな気がする ゴルダック 80 82 78 80 85 485 攻撃技 なみのり ハイドロポンプ ふぶき のしかかり あなをほる 補助技 ドわすれ ドわすれコダックはポケスタ2で貰うことができるが、入手方法が非常に面倒なので厳選は事実上不可能(詳しくはドわすれコダックで検索して)。 まあ当時は個体値や努力値をいじることもセレクトBBで可能だったりするが このドわすれがないと他の水ポケと差別化することが難しくなる。 ドわすれがないと威力50のねんりきぐらいでしか差別化できない。 ドわすれがあってもヤドランと差別化するのが難しいが オコリザル 65 105 60 60 95 445 攻撃技 じごくぐるま はかいこうせん からてチョップ いわなだれ のしかかり 10まんボルト かみなり 補助技 いやなおと この当時の最速の格闘ポケモンだが、格闘技を当てたいケンタロスより遅いのでその肩書きにあまり意味は無い また、メジャーなエスパーポケモンであるスターミーやフーディンよりもやはり遅く耐久も低いので速さを生かせることはなかなかない さりげなく電気技を使えるが特殊が低いので普通に物理技で押す方がいいと思う フーディン 55 50 45 135 120 攻撃技 サイコキネシス ちきゅうなげ 補助技 じこさいせい どくどく かげぶんしん ねむる でんじは みがわり リフレクター まともな特殊の攻撃技がサイキネぐらいしかないものの特殊と素早さが非常に高い サイキネが効果抜群で通る相手はガチ環境ではほぼいない。 それどころかスターミーやナッシー等のエスパータイプがフーディン同様うじゃうじゃいるので実質的な火力はそれほど高くない。 フーディンの本分はむしろ「素早い特殊受け」という点にある かげぶんしんが強かったポケスタ2以前は先制で影分身をして毒毒を撒き眠って状態異常ごと回復してしまう泥沼耐久型、影分身が大幅弱体化したポケスタ2以降は電磁波で麻痺撒きしつつ殴ったり回復したりする型が強い カイリキー 90 130 80 65 55 485 攻撃技 じごくぐるま じしん いわなだれ のしかかり はかいこうせん だいもんじ じわれ 補助技 攻撃が高く耐久も悪くないので初代で最も活躍することができそうな格闘ポケモンだと思う ラッキーにじごくぐるまをぶち当てたいところだが、反動でこちらも死ぬので注意 当時は技が少なすぎて格闘タイプのポケモンにも地震を入れるのが普通だった ウツボット 80 105 65 100 70 520 攻撃技 はっぱカッター まきつく のしかかり はかいこうせん 補助技 ねむりごな しびれごな どくどく つるぎのまい はっぱカッターを持っているというだけで99カップで厨ポケ化したヤドランに対して抑止力となったポケモン はっぱカッターだけでなくまきつくや剣の舞、粉撒きも出来たりする器用さを持っているため、同じはっぱカッター使いのフシギバナより一枚上手である ドククラゲ 80 70 65 120 100 555 攻撃技 ふぶき なみのり ハイドロポンプ メガドレイン まきつく はかいこうせん 補助技 つるぎのまい どくどく 水タイプの中で最も特殊が高く、素早さもなかなかである。 ただし毒タイプなのが玉にキズ 巻きついたり舞ったりもできる ゴローニャ 80 110 130 55 45 475 攻撃技 じしん いわなだれ のしかかり だいばくはつ じわれ 補助技 みがわり 電気受けとしての性能が非常に高くなおかつ爆発ができるのが魅力。 Lv50ダグトリオがLv55ケンタロスに素早さで抜かれる97カップではダグトリオの代わりにパーティに入れてしまってもよい この頃は今のポケモンで例えると全ての能力に努力値を252振りできるような状態だったので、スターミーの不一致吹雪を一発耐えて爆発するという芸当が可能だった ギャロップ 65 100 70 80 105 500 攻撃技 だいもんじ ほのおのうず つのドリル 補助技 こうそくいどう どくどく 拘束技を最速で使えるポケモンであり、高速移動も覚えるため敵にすると非常に厄介である また、高速移動+一撃技のコンボも可能であり運が良ければ3タテなんてこともあるかもしれない ヤドラン 95 75 110 80 30 470 攻撃技 サイコキネシス ふぶき なみのり じわれ 補助技 ドわすれ ねむる でんじは かげぶんしん みがわり 99カップの厨ポケその2。 最強クラスのポケモンというわけでもないのだが、ドわすれ対策してないと確実に詰んじゃうポケモン ドわすれを積みつつ眠られてしまうと本当にめんどくさいことになる 地味に電磁波+一撃技のコンボが出来るのも高ポイント レアコイル 50 60 95 120 70 515 攻撃技 10まんボルト かみなり はかいこうせん 補助技 でんじは いやなおと ちょうおんぱ 技の少なさとHPの低さと遅さがネックだが、火力はサンダースよりもある この時代にはありがちなことだが、使える技が少なすぎて技スペを4つ埋めるのに苦労する カモネギ 52 65 55 58 60 348 攻撃技 きりさく のしかかり そらをとぶ 補助技 つるぎのまい 厨技のきりさくや剣の舞を使えたりするが、種族値やタイプ相性がどうしようもない。 ほぼペルシアンの劣化 素早さ種族値が60なのできりさくが16回に1回急所に当たらない ドードリオ 60 110 70 60 100 460 攻撃技 ドリルくちばし のしかかり はかいこうせん 補助技 みがわり かげぶんしん 素早さ種族値100からカビゴンと同威力でのしかかりや破壊光線を打てるので全体の中で見れば間違いなく強い方なのだが、ドードリオよりも速い吹雪・10万ボルト持ちがうじゃうじゃいるガチ環境下では使いにくい ドリルくちばしを覚える飛行タイプは当時珍しかった ジュゴン 90 70 80 95 70 500 攻撃技 ふぶき なみのり のしかかり はかいこうせん つのドリル 補助技 タイプもいいしステータスも全体的に高いのだが、同タイプのラプラスに勝っているのは素早さだけ ラプラスには抜けないブースターやサンドパンを抜けるのが差別化ポイントと言えそうだが、だからどうした つのドリルをラプラスに当てることができたら非常に爽快かもしれない ベトベトン 105 105 75 65 50 465 攻撃技 ヘドロこうげき だいばくはつ のしかかり はかいこうせん 10まんボルト かみなり だいもんじ 補助技 いやなおと なかなかHPと攻撃が高いが、遅くてエスパーに弱いためマイナーの域を出ない 爆発の威力はカビゴン、ゴローニャに次ぐ パルシェン 50 95 180 85 70 565 攻撃技 ふぶき からではさむ なみのり だいばくはつ 補助技 どくどく 防御が高いので電気技を持っていないケンタロスに強い 同タイプのラプラスが覚えない拘束技と爆発ができるのが強みであり十分差別化はできそうである ゲンガー 60 65 60 130 110 555 攻撃技 10まんボルト かみなり サイコキネシス ゆめくい ナイトヘッド だいばくはつ 補助技 さいみんじゅつ みがわり 最速で催眠技を使えるのが最大の魅力だが、催眠が弱体化したポケスタ2以降はイマイチになった それでも破壊光線・爆発受けとしての需要はある。 ポケスタ2以降は破壊光線を外した場合も反動が来るという仕様になっている 催眠+夢食いのコンボはガチ対戦で決めるのは正直無理だと思うが、一応技候補に入れておいた イワーク 35 45 160 30 70 370 攻撃技 じしん いわなだれ だいばくはつ しめつける じわれ 防御技 みがわり どくどく 攻撃の種族値がポッポと同じ45なことで有名なポケモン それでもタイプのおかげで電気受けとしてなら一応使えるのでそこらへんのマイナーポケモンよりはまだ恵まれている方ではある スリーパー 85 73 70 115 67 525 攻撃技 サイコキネシス ゆめくい ちきゅうなげ のしかかり 補助技 さいみんじゅつ でんじは ヨガのポーズ 物理耐久の高いエスパーという稀有な存在。 攻撃も意外と高く同じエスパーに対して強い スリーパーといえば催眠術を連想する人が多いかもしれないが、この当時から電磁波を覚えることができたので麻痺撒きとしても使える 作ろうと思えばヨガのポーズを積む物理アタッカーという変態型も作れる。 爆発すればダグトリオなら乱数次第で一発で落とせる ミュウツーより速い唯一のポケモンであるがため、ミュウツーを倒す際のキーマンとなる 電磁波撒いて爆発して他の物理アタッカーに後を委ねるというのがお決まりのパターンであった ナッシー 95 95 85 125 55 580 攻撃技 サイコキネシス だいばくはつ メガドレイン ソーラービーム 補助技 ねむりごな どくどく やどりぎのタネ しびれごな 電気技を受けたり眠らせたり爆発したりできるとても器用なポケモン パーティにナッシーを入れるだけで全体のバランスが見違えるように良くなるというのはよくある話である どくどく+やどりぎのタネの鬼畜コンボを使った耐久型も作ろうと思えば作れるが、氷に弱いので持久戦は不向き ねむりごなはレベル30以下限定の98カップでは使えないので注意 ガラガラ 60 80 110 50 45 395 攻撃技 じしん のしかかり ふぶき だいもんじ はかいこうせん じわれ 補助技 いくつかの特殊技を使えるという点を除くとサンドパンの劣化 ふぶきやだいもんじなどを覚えるには覚えるが特殊が低いので普通に物理技を使う方が強い サワムラー 50 120 53 35 87 380 攻撃技 とびひざげり メガトンキック のしかかり ちきゅうなげ 補助技 当時最も威力が高かった格闘技であるとびひざげりを使えるが、特殊があまりにも低すぎる ちなみに地球投げがないとゲンガーで詰む。 あってもどうせサイキネでやられるだろうけど エビワラー 50 105 79 35 76 380 攻撃技 じごくぐるま メガトンキック のしかかり ちきゅうなげ 補助技 サワムラー同様特殊が低すぎる 三色パンチを覚えるがエビワラーの特殊が低すぎて使い物にならないというのは有名な話 ちなみに最終進化形で破壊光線を覚えないのはカモネギとイワークとサワムラーとエビワラーだけ ベロリンガ 90 55 75 60 30 370 攻撃技 のしかかり はかいこうせん ふぶき 10まんボルト かみなり じしん まきつく じわれ 補助技 つるぎのまい どくどく ピクシーあたりの劣化になりがちだが、まきつくやつるぎのまいで差別化できそう。 ただし使う暇があるかどうかは知らない 電磁波を覚えてくれるのであればまきつくや地割れとのコンボができたはずなのに マタドガス 65 90 120 85 60 505 攻撃技 10まんボルト かみなり だいもんじ ヘドロこうげき だいばくはつ 補助技 くろいきり 同じタイプのベトベトンと比べると防御と特殊が高い くろいきりで積み技をリセットできる点を見逃してはいけない。 まあこの当時は積んでくるポケモンなんてドわすれ持ちくらいしかいなかったが サイドン 105 130 120 45 40 485 攻撃技 じしん いわなだれ のしかかり ふぶき 10まんボルト かみなり だいもんじ なみのり つのドリル じわれ 補助技 みがわり 同タイプのゴローニャと比べるとHPと攻撃が高い ゴローニャ同様相手の電気タイプに対して出すのが役割だが、爆発ができないため使い勝手が若干悪い 特殊がかなり低いがふぶきや10まんボルト等のメジャー特殊技を覚える ラッキー 250 5 5 105 50 攻撃技 ふぶき 10まんボルト サイコキネシス 補助技 でんじは どくどく タマゴうみ かげぶんしん ちいさくなる ねむる 初代最強の特殊受け。 同じく特殊受けとしての需要があったフーディンが素早くエスパーに耐性があるのに対し、こちらは純粋に耐久力が高い この時代の特殊技最大火力であった伝説の三鳥の威力120技(フリーザーの吹雪などのこと)を超低乱数4発、急所に当たり続けたとしても確定3発に抑えてしまう 吹雪で凍る確率が3割とアホみたいに高かったGB対戦においては特殊アタッカーで吹雪を何度も打ってるうちに凍るのでそれほど脅威ではなかったが、凍る確率が1割になったポケスタ以降暴走し始めた 物理アタッカーかドわすれ持ちか一撃技持ちがいないとまず突破できないため対策は必須。 ただしケンタロスで突破しようと思って破壊光線を打っても急所じゃない限り一発は耐える程度の耐久はある。 反動ターンの間に電磁波が撒かれてしまっては相手の思う壺 素早い特殊アタッカーは技スペが余っている場合ラッキーをメタるためにどくどくを入れることを考えた方がいい。 ただし毒毒状態のポケモンは交代すると普通の毒状態になってしまうので注意 何気に特殊種族値がスターミーよりも高い。 火力もそこそこあるという点にも注意した方がいい モンジャラ 65 55 115 100 60 495 攻撃技 しめつける メガドレイン のしかかり はかいこうせん 補助技 どくどく しびれごな ねむりごな つるぎのまい さりげなく耐久がなかなか高いポケモンだが、攻撃技が酷い。 しめつけながらちびちびダメージを与えろと言わんばかりである 攻撃は低いが耐久力を生かして剣舞を積みのしかかりや破壊光線をぶっ放すという芸当もできるにはできる ガルーラ 105 95 80 40 90 450 攻撃技 のしかかり じしん はかいこうせん いわなだれ じわれ ふぶき 10まんボルト かみなり だいもんじ なみのり 補助技 97カップの全国大会優勝者が使ってたことで有名なポケモンだが、特殊が低くケンタロスより遅いためマイナーと言わざるをえない 第2のケンタロスとしての役割を期待してパーティに入れるのであればガルーラよりも速くてきりさくがえげつないペルシアンの方がいいと思う スターミー 60 75 85 100 115 535 攻撃技 サイコキネシス ふぶき 10まんボルト なみのり ハイドロポンプ 補助技 じこさいせい でんじは みがわり 汎用性が高すぎるポケモン。 最速の吹雪使い(ミュウツーを除く)でもある 他のメジャー級のポケモンと比べると若干火力が低いのが気掛かりだが自己再生で攻撃の試行回数を増やせるのであまり気にならない とにかく自己再生が便利であり電気タイプとラッキー以外のポケモンとなら互角以上の勝負ができる 当時は炎がマイナーで岩ポケモンにはもれなく地面か水か飛行が複合していたので、吹雪が使える水ポケモンに水技を覚えさせる必要があまりなかった バリヤード 40 45 65 100 90 440 攻撃技 サイコキネシス 10まんボルト カウンター 補助技 でんじは みがわり リフレクター 全体的にステータスが低いポケモンだが、エスパーというだけで強い 単エスパーで10まんボルトを使えるのはバリヤードとミュウツーとミュウだけである 99カップではペルシアンのきりさく対策のためにカウンターを持たせるのが流行ったらしい。 ちなみにこの時代のカウンターはノーマル技と格闘技しか返せないので注意 ストライク 70 110 80 55 105 475 攻撃技 きりさく はかいこうせん つばさでうつ 補助技 つるぎのまい みがわり 素早くてきりさくが使えるが、そういう戦法はペルシアンがタイプ一致でできる 確かに速いには速いが所詮メジャーどころ(サンダース、スターミー、ケンタロス等)には負ける程度の速さである ピカチュウ版で念願のタイプ一致技であるつばさでうつを覚えるようになったが、威力は35。 つばさでうつがないとゲンガーで詰むが、10まんボルトを使えるゲンガーになんかそもそも勝ちようがない ルージュラ 65 50 35 95 95 435 攻撃技 ふぶき サイコキネシス 補助技 あくまのキッス みがわり リフレクター こおり+エスパーで催眠技が使えるという初代における強ポケ要素をかき集めたようなポケモン しかしポケスタでの対戦では吹雪と催眠が弱体化してしまい正直微妙。 メジャーなポケモンたちと比べて遅いくて耐久が低いというのもネック Lv50だとLv55ケンタロスのはかいこうせんで確定一発で持っていかれるので注意 ルージュラは今の時代で言う所のサザンドラのようなマイナーポケモン狩りに適したポケモンであると言える カイロス 65 125 100 55 85 485 攻撃技 きりさく のしかかり はかいこうせん しめつける ハサミギロチン 補助技 つるぎのまい どくどく ストライクと比べると飛行タイプがない分耐久力はまだマシ。 相手に1回くらいはきりさくを入れられるだろう ピカチュウ版からしめつけるを覚えるようになったため、毒毒と組み合わせると面白いかも ケンタロス 75 100 95 70 110 520 攻撃技 のしかかり はかいこうせん じしん ふぶき つのドリル じわれ 補助技 みがわり 文句なしの最強の一般ポケ。 97カップのLv55ケンタロス相手に受け出しして勝てるポケモンなどほぼいない 初代の環境はケンタロスを中心に回っている。 紙耐久でもケンタロスより速いならメジャーポケモンとなることができるし、ケンタロスより遅いなら相応の耐久力がないと通用しない 破壊光線の威力はすさまじく、Lv55であればダグトリオ、ルージュラ、フーディンあたりの紙耐久メジャーポケモンを一発で持っていける 昔は10まんボルトを持たせてるケンタロスが多かったが、ダメージが10まんボルト>のしかかりになる相手がマイナーなパルシェンとギャラドスくらいなのでほぼ不要である 身代わりで状態異常を回避できるようになったポケスタ2以降はふぶきも切ってしまっていいかもしれない。 ナッシーやゴローニャに通る吹雪がないのは痛いが身代わりで爆発を牽制できるという大きなメリットがある ギャラドス 95 125 79 100 81 580 攻撃技 なみのり ハイドロポンプ ふぶき 10まんボルト かみなり はかいこうせん 補助技 みがわり やはり気になる電気4倍。 この頃はまだ地震は使えなかったので、せっかくの高い攻撃を生かす方法が破壊光線くらいしかないので辛い 電気技を覚えるので水ポケなのに水ポケに強いのが魅力と言えそうだが、この時代のメジャーな水タイプであるスターミーやラプラスも電気技を覚える 一応スターミーの不一致10まんボルト程度なら1発は耐える ラプラス 130 85 80 95 60 545 攻撃技 ふぶき 10まんボルト かみなり なみのり ハイドロポンプ サイコキネシス のしかかり つのドリル 補助技 あやしいひかり うたう 吹雪ぶっぱゲーだったGBの通信対戦では氷受けとして必須のポケモンだった スターミーと違って耐久があるのでLv55ケンタロスを使う人が多い97カップではこちらを優先してもよい サンダース 65 65 60 110 130 540 攻撃技 10まんボルト かみなり はかいこうせん ミサイルばり にどげり 補助技 どくどく でんじは みがわり かげぶんしん ねむる 電気タイプ最強のポケモンと言ってもいい。 ニンテンドウカップ97においてLv55ケンタロスをLv50で抜けるのは素早さ種族値130以上のマルマイン、サンダース、プテラ(ミュウツー)だけ ラッキー等の特殊受けを意識した毒毒、Lv55ケンタロスを麻痺らせるための電磁波、破壊光線を牽制するための身代わり、ダグトリオピンポイントの破壊光線など入れたい技は色々ある フーディンの時に説明したような先制で影分身を積む泥沼耐久型にしてしまうのもありかもしれないが、電気はエスパーと違って弱点が存在するタイプなので居座ることにはそれほど向いてない ナッシーピンポイントのミサイルばりやゴローニャピンポイントのにどげりを入れていた個体もいたが実用性はほぼ皆無と言っていい ブースター 65 130 60 110 65 540 攻撃技 だいもんじ かえんほうしゃ ほのおのうず のしかかり はかいこうせん 補助技 どくどく 物理特殊ともに火力はあるが遅いのがやはりネック ほのおのうずで相手をハメたいのならもっと素早いキュウコンとかでやるべき カブトプス 60 115 105 70 80 500 攻撃技 きりさく のしかかり はかいこうせん なみのり ハイドロポンプ ふぶき 補助技 つるぎのまい 厨技のきりさくを覚える。 しかし特殊がそんなに高くないためタイプ一致の水技の威力が低い オムスター同様この時代はいわなだれは覚えない プテラ 80 105 65 60 130 500 攻撃技 はかいこうせん そらをとぶ かみつく つばさでうつ 補助技 どくどく みがわり ちょうおんぱ サンダースと同速の素早さを生かして何かできそうな気もするが、破壊光線をぶっ放すかどくどくを先制で打つことぐらいしかできない 素早さを生かしてちょうおんぱ+かみつくのコンボができそうな気もするが、超音波の命中率が55ということもあり成功率は低い カビゴン 160 110 65 65 30 攻撃技 のしかかり じしん いわなだれ じばく ふぶき 10まんボルト かみなり じわれ 補助技 ドわすれ ねむる かげぶんしん 同じノーマルのケンタロスのような抜き性能は無いが、なんといってもタイプ一致の自爆が強く半減・無効化されなければ相手ポケモンを瀕死ないし瀕死寸前までに持っていける ヤドランのようにドわすれを積む特殊アタッカー型も作ることができるが、ヤドランほど物理耐久が高くない フリーザー 90 85 100 125 85 610 攻撃技 ふぶき そらをとぶ はかいこうせん 補助技 みがわり どくどく かげぶんしん 初代の壊れ技ふぶきを最大火力で打てるポケモンだが、その他の技やタイプ相性には恵まれていない それでも吹雪をぶっ放してるだけで強い サンダー 90 90 85 125 100 615 攻撃技 10まんボルト かみなり ドリルくちばし はかいこうせん 補助技 でんじは 高い種族値を誇るが氷タイプが弱点なのが痛く、素早くて電気単体なサンダースに後れを取る しかしかみなりでスターミーを高乱数一発で落とせる火力は圧巻の一言である サンダースと違って飛行技のドリルくちばしができるのでナッシーを高乱数2発で落とせるのも評価できる(ナッシーなんて爆発で相打ちしてナンボのポケモンだから倒す前に爆発されそうな気もするが) ファイヤー 90 100 90 125 90 620 攻撃技 だいもんじ ほのおのうず そらをとぶ はかいこうせん ゴッドバード 補助技 どくどく 初代ではにらみつけるのせいで何かとバカにされるポケモンだが、種族値のおかげでそこそこ強い。 ただしリザードン同様氷技が2倍になる 初代のだいもんじはやけどの確率が3割なので上手くいけばケンタロスを機能停止にできる可能性がある カイリュー 91 134 95 100 80 600 攻撃技 のしかかり はかいこうせん ふぶき 10まんボルト かみなり つのドリル まきつく 補助技 でんじは こうそくいどう どくどく やはり氷4倍という点が気になるし、タイプ一致技を覚えない点もマイナス。 しかもレベル55で進化なので97カップだとLv55固定になり非常に使いにくい それでも種族値のおかげで氷技持ちがいない時のカイリューはなかなか強い。 単純に殴るだけではなく電磁波(高速移動)+まきつくorつのドリルのコンボもできる ミュウツー 106 110 90 154 130 744 攻撃技 サイコキネシス ふぶき 10まんボルト のしかかり はかいこうせん じばく 補助技 ドわすれ じこさいせい ねむる でんじは この時代のミュウツーは間違いなく史上最狂最悪のポケモンだった ドわすれ持ちのミュウツーを止めるには積み切る前に高火力物理技でさっさと葬るか麻痺させて一撃技を当てるくらいしかなかった 個人的には自爆を覚えさせるのが好きだが、所詮変態型の域を出ない ミュウ 100 100 100 100 100 600 攻撃技 サイコキネシス ふぶき 10まんボルト かみなり だいもんじ じしん のしかかり いわなだれ だいばくはつ つのドリル じわれ 補助技 タマゴうみ つるぎのまい でんじは どくどく かげぶんしん ねむる へんしん ミュウツーには劣るが他の一般ポケモンとは一線を画した強さである 全般的に高い種族値と豊富な技候補のおかげで特殊アタッカー、物理アタッカー、両刀型、泥沼耐久型となんでもできるし、なにをやってくるか全くわからないため強い 耐久がとにかく驚異的であり、同Lvのケンタロスの破壊光線やフリーザーの吹雪なら確3にしてしまう。 ほぼ間違いなく相手のパーティに入っている。 ニンテンドウカップ97でのレベル55エース候補の最筆頭 A ケンタロスとともに環境の中心にいる3体。 全員パーティに入れて損は無い B 対戦においてしょっちゅう見かけるポケモン。 Bランク以上の9体のポケモンの中から適当に6体選んでパーティを作るだけでも大概強い C 対戦において時々見かけるポケモンや実力がそれに準ずるポケモン 99カップの厨ポケ2体。 パーティによっては入れてもよい D 対戦でほとんど見かけないが、そこそこ強いポケモン。 99カップで活躍したポケモンも多い。 ここから下のランクになると上のランクのポケモンと役割が被ってしまうポケモンが多い E 対戦で全くと言っていいほど見かけないが個性はあるポケモン F 対戦で全くと言っていいほど見かけないがGランクのポケモンよりは多少マシなポケモン G 対戦で運用するのが難しいポケモン コメント一覧• : 名無し!かわせ! 2013-09-17 16:04:23 面白かった• : 名無し!かわせ! 2013-09-17 17:57:38 禁止伝説のことをいってるのかな? Hキュレムの火力なめたらあかんで• : 名無し!かわせ! 2013-09-17 20:34:28 何か怖いわ• : 名無し!かわせ! 2013-09-17 20:57:33 はかいこうせん大杉w• : 名無し!かわせ! 2013-09-17 21:44:44 これあくまでも当時の環境なのはわかってるが 金銀で新しく覚える初代技 フーディンの3色パンチ、タマゴ技など を覚えさせて初代に持ってくる を含めるとどう変わってくるんだろう• : 名無し!かわせ! 2013-09-17 21:54:28 ペルシアンで剣の舞の話してるけど、当時どころか現在ですら覚えないよな? 剣舞できるノーマルタイプって今ですら僅かにしか居ないし。 当時はベロリンガだけのはず。 : 名無し!かわせ! 2013-09-17 23:14:52 授業中とかに先生の話を聞かないで にやにやしながら考えてたんだろうな それでどういう反応されるか楽しみにしてたんだろうな• : 名無し!かわせ! 2013-09-18 00:47:09 あってるんだけど、おまえどうせ最近調べたんだろ?って疑惑しか残らなかった。 : 名無し!かわせ! 2013-09-18 02:32:40 ドククラゲの合計種族値すごいな カイリューの次くらいなんじゃないか?• : 名無し!かわせ! 2013-09-18 20:23:47 なかなか良い考察、懐かしいな• : 名無し!かわせ! 2013-11-26 15:06:27 久しぶりに緑をひっぱり出してきてるので、ちょくちょく見てます。 技マシンを誰に割り当てるかすごい悩む。 : 名無し!かわせ! 2014-09-08 07:52:58 金銀の遺伝技・技マシンありでやると環境が少し変わるな。 : 名無し!かわせ! 2015-05-01 22:25:15 残念ながらフーディンの三色パンチはエメラルドからなんだよなぁ・・・• : 名無し!かわせ! 2015-09-25 09:52:17 ラフレシアはC110ジャマイカ?• : 名無し!かわせ! 2016-02-11 09:23:56 いくらきりさくが強くても上から吹雪や10万ボルトが襲ってくる初代環境だと結局リザードンは弱い メジャーどころに対してS100が役に立ってないからね• : 名無し!かわせ! 2016-12-09 06:28:42 初代は何も考えずに友達とワイワイやってるだけだったから初めてケンタロスが最強って聞いた時は驚いたもんだ こいつ強かったのかって感じのポケモンが多い• : スーパーコピーN級品バッグ財布時 2018-11-18 00:17:43 日本最高級スーパーコピーブランド時計激安通販専門店,高品質時計コピー, 2018最新作、国際ブランド腕時計コピー、業界唯一無二. 世界一流の高品質 ブランドコピー時計,当店はスーパーコピー時計専門店,販売以下世界一流 ブランドコピー時計:ロレックスコピー、ウブロコピー、オメガコピー、シ ャネルコピー... 最高品質スーパーコピーN級品時計新作最新入荷,信用第一 なので、ご安心く ださい,全国送料無料! tentenok. html.

次の