ジャバウォッキー アリス。 ジャバウォックの詩

Jabbawockeez(ジャバウォーキーズ)

ジャバウォッキー アリス

さんの投稿 ヒップホップダンスクルー Jabbawockeez(ジャバウォーキーズ)は、アメリカ・サンディエゴ(カリフォルニア州)を本拠地とする、6人組ヒップホップダンスグループです。 名前の由来は、児童文学「鏡の国のアリス」に登場する、ドラゴンのような架空怪物、「ジャバウォック(Jabberwock)」から来ているそうです。 ただし、途中で入退したメンバーや、別のクルーと掛け持ちのメンバーも居るため、その時その時のショー毎で、人数が増えたり減ったりしています。 完璧に統率の取れたダンスですが、彼らにはグループリーダーが存在しません。 各メンバーが、お互いをリスペクトしており、理想の関係性と言えるでしょう。 今では完全にプロのエンターテイナーとして活動しており、ダンス映画、「」に出演したり、ブレイクダンスの世界大会、「 」や「 」のショータイム、NBAのハーフタイムショーなどでも踊っています。 また、ラスベガスのカジノ・ホテル「MGMグランド」でも公演しました。 180• 127• 288• 132•

次の

ジャバウォックの詩とは

ジャバウォッキー アリス

『鏡の国のアリス』の作中で、登場人物の一人は、詩の第一節にあるナンセンスな単語の語義を説明している。 キャロルは、後述する キャロル23歳 発表した「アングロサクソン4連詩」において、それ以外のバージョンの説明も考案している。 詩の中に登場する幾つかの怪物、また Mimsy、Frumious、Uffish、Galumphing、Beamishといった語は『』でも使われている。 Bandersnatch 獲物を捕らえる顎を備えた俊敏な生物。 首を自在に伸ばす事が出来る(『スナーク狩り』の記述より)。 ボロゴーヴ Borogove 羽毛を体中から突き出した貧弱で見栄えのしないで、のような外見をしている。 夕火(あぶり) Brillig 午後4時。 夕飯の支度に肉を火で炙り broiling 始める時刻。 怒(ど)めきずる Burbled おそらくは「 怒鳴る」 bleat と「ざわ めき」 m urmur と「さえ ずる」 war ble の混成語。 なぜ「恐らく」かといえばキャロル自身が「そうやって作ったか、記憶にない」から。 燻(いぶ)り狂(くる)う Frumious 息巻き fuming 怒り狂った furious 様子(『スナーク狩り』の序文より)。 錐穿(きりうが)つ Gimble gimlet のように穴を穿つ。 『』は「くるくる回る」の意として使用が「」までさかのぼるとしている)。 ジャブジャブ Jubjub 一年中発情しているやけっぱちな鳥(『スナーク狩り』の記述より)。 名前はの綴「Dodo」を参考にしたもの。 弱(よわ)ぼらしい Mimsy 弱々しく(flimsy)みすぼらしい miserable 様子。 郷遠(さととお)し Mome ハンプティ・ダンプティによれば、恐らくは「故郷を離れて遠し」 from home を略した言葉。 ラースが道に迷っている様子を表している。 によれば「from homeのHを落として発音すればMomeのように聞こえることから 」 うずめき叫(さけ)ぶ Outgrabe Autgribeの過去形で、うめき bellow とさえずり whistle の中間にあたり、間にくしゃみ sneeze のような物が混じっている行為。 ラース Rath 緑色のの一種(下記の「」も参照)。 粘滑(ねばらか) Slithy 滑らか lithe で粘っこい Slimy 様子。 トーヴ Toves Badger とと corkscrew をかけ合わせた物。 の下に巣くう習性を持つ奇妙な生物。 を主食としている。 暴(ぼう)なる Uffish 乱暴 gruffish なる声と、粗暴 roughish なる態度と、横暴 huffish なる気分である時の精神状態 遥場(はるば) Wabe 日時計の周りにある芝生。 日時計の前 WAY BEfore と後 WAY BEhind の両側を越えて WAY BEyond 遥ばると続いているので、「遥場」 Wabe と呼ばれる。 これは人間的な曲解というものでしょう。 原型と構成 [ ] 『ジャバウォックの詩』の第1節は、本来はキャロルが自分の家族のために定期的に制作していた肉筆回覧誌『ミッシュマッシュ』"Mischmasch"で発表された作品である。 この第1節は『詩の断片』"Stanza of Anglo-Saxon Poetry. "と題される、あたかも「発見された古詩の断片」のように、2つの言語を組み合わせ、古い英語アングロサクソン語のような響きを持つ造語で書かれた「奇態なる」詩の断片で、作者は後のハンプティ・ダンプティとは別の解釈による翻訳を幾つかの単語に施していた。 例えば、「ラース rath 」はとを主食とし直立した頭と膝で歩ける足を持つ緑色のの一種であると記述されている。 のとのルイス・キャロル・ハンドブックにおいて、は、『ジャバウォックの詩』の第1節以外の部分は、古代ドイツのバラッド「巨人山脈の羊飼い」に触発されたのではないかと指摘している。 この叙事詩の中で、若い羊飼いは怪物を打ち倒す。 このバラッドはアリスの物語が発表される数年前、にルイス・キャロルの親族マネラ・ビュート・スメドレイによって英訳、発表された。 ただ、はグリーンが、「書き方とものの見方」をパロディしているもの、両者の類似は「具体的に上げることはできない」とするのを引き、この詩が何のパロディであるかは「はっきりしない」と言っている。 『ジャバウォックの詩』の特に面白い点は、多数のナンセンスな単語を含んでいながらも、詩の構成は古典詩に完璧に一致しているところである。 センテンスの構成は精密であり(逆に言えば、非英語による再現は困難である)、詩としての形式が観察でき(例えば、四行詩、、等)、事件の流れの中にある何らかの「物語」が認識される。 翻訳 [ ] 、、、、、、、、、、、そしてを含む多数の言語への翻訳によって、『ジャバウォックの詩』は全世界に知られている。 翻訳作業で注目すべきなのは、元詩に含まれる主要な単語の多くが、本来の意味を持たないキャロル独自の造語であるという点である。 言語の翻訳に際してへ払われる注意の中にあって、翻訳者による言葉の案出は、キャロルの元詩からの、までも含めた最小のを持つ、翻訳者自身の造語の作成のように見える。 オリジナルの単語と翻訳された単語はの中にある実在する単語のように対応しているが、必ずしも同様の意味を備えてはいない。 しかしながら、元詩全体に含まれる本質は残されている。 日本語翻訳者による『ジャバウォックの詩』の日本語への訳文は、下記の外部リンクを参照。 関連作品 [ ] 映画・映像作品• にが発表した短篇アニメーション『ジャバウォッキー』はこの詩をきっかけに創られた。 アニメーションの冒頭ではシュヴァンクマイエル独特の映像と共にジャバウォックの詩が朗読される。 に監督の映画『』が公開された。 この映画のポスターは彩色されたジャバウォックの挿絵を特徴としており、映画の最初にはジャバウォックの詩の第1節が読み上げられる。 映画のプロットは、極めて緩やかに元詩の筋をなぞっている。 公開の映画『』では、ワンダーランドを救う救世主の到来を意味する予言詩として、帽子屋がこの詩を暗唱する場面がある。 詩の中に登場するジャバウォック・バンダースナッチ・ジャブジャブ鳥は、いずれも赤の女王の手先として作中に登場する。 日本の漫画、アニメ• に放送された『』の登場人物、ミムジィ・ラース、モーム、ジャビーらの名前は、ジャバウォックの詩から採られている。 『』の主人公が持つ体内でを創り出すの名前はジャバウォックである。 バンダースナッチと名付けられたナノマシンも登場する。 アニメ『』に出てくる闇 ネクロム の魔物の名前はジャバウォックである。 『』では存在しない怪物=のことをジャバウォックと読んでいた。 その他の引用、言及• からにかけて、は『ジャバウォック』の名を冠した子供向け雑誌を刊行した。 ににより、ルイス・パジェット名義で『』と題されたが誌に掲載され、後に複数のに再収録された。 この小説では、実はジャバウォックの詩は、知的なからの隠された意味を持つ連絡手段として位置付けられている。 また、この作品は、"The Last Mimzy"という題名でアメリカにて映画化された。 、と の息子 はジャバウォックの詩をベースにしたの『』を製作した。 脚注 [ ]• 『詳注アリス』ルイス・キャロル著、マーチン・ガードナー注 346頁• 2008年3月4日時点のよりアーカイブ。 2012年10月1日閲覧。 『詳注アリス』ルイス・キャロル著、マーチン・ガードナー注 346頁 ガードナー自身は「どう見てもburstとbubbleの組み合わせだが」と言っている• 編『幻獣大全』632頁• 『詳注アリス』ルイス・キャロル著、マーチン・ガードナー注 469頁• 『詳注アリス』ルイス・キャロル著、マーチン・ガードナー注 348頁 参考文献 [ ]• 『原典対照/ルイス・キャロル詩集』 ルイス・キャロル著/・沢崎順之介訳• 『幻獣大全』編• 『詳注アリス』ルイス・キャロル著/マーチン・ガードナー注/高山宏訳 外部リンク [ ] 英語版ウィキソースに本記事に関連した原文があります。

次の

『アリス・イン・ワンダーランド』のネタバレあらすじ|強さと勇気を思い出させてくれるアリス

ジャバウォッキー アリス

ヴォーパルソードとは、架空のの一つである。 概要 の児童文学『 』において、劇中で詠われる詩 「」 ジャバウォッキー に登場する。 【Vorpal】とはルイス・キャロルの造語であり、明確な定義づけがなされていないため意味は不明。 アレグザンダー・L・テイラーが「VERVAL ことばの とGOSPEL みおしえ の合成語」という説を唱えているが、作者先生本人は「Vorpalなんて説明できない」という文章を残している ただ一説には『鋭い』ないし『致命的な』という意味があるとされ、総じて 「致命傷を与える剣」という意味となる。 に登場する少年がジャバウォックと遭遇した際に取りだした剣で、この剣を振るって少年はジャバウォックを退治し、父親に誉めたたえられている。 その形状については詩の中には一切登場しないため不明である ジョン・テニエルは普通のソードを、ピーター・ニューエルは「コルク栓抜き」状のものを描いている また、高山宏は版の『詳注アリス』で、の小説に登場する組織Vorpalbladeを「るろうに言の刃剣友会」と訳している。 シリーズ 武器そのものは登場しないが、プレイヤーキャラの首をクリティカルヒットで跳ね飛ばす「殺人ウサギ」ことにその名が使われている。 …と思われていたが、実はシナリオ 7『 CDS 』にて「ボーパル ブレード VORPAL BLADE 」が登場。 …そこ、 7はwizじゃないとか言わない。 ニュー・シティーのロザリアンから購入できる他、特定のに一定確率で入っている。 の追加効果あり。 シリーズ 日本国内のPCゲームとしては異例の売り上げ40万本を記録したのアクションRPG 『ザナドゥ』にて、「ヴォーパル・ウェポン Vorpal-Weapon 」として登場。 ケタ違いの攻撃力を誇る最強の剣であるが、残念ながらラスボスには通用しない。 同じく日本ファルコムが発売する上記のタイトルを冠した今作ではが顕現・使用ソウルデヴァイスとして登場。 パーティキャラでは中盤にて加入しながら最高の攻撃力を誇るが、大振り過ぎる武器のあまりに通常攻撃ですら溜め時間が発生する為、受けたダメージが評価に影響する探索にはやや不向き。 加入時の属性は焔、ストーリーを進めると風に変更可能。 (画像右) 歴代シリーズで度々登場し、その際には属性の剣として登場している。 対をなす剣は火属性の「」(画像左)。 『』の主人公は、この2振りによる「マテリアルブレード」を扱う。 シリーズ こちらではで登場しており、高額な開発費用を必要とせず入手できる強力な大剣。 単純に強い他に、この剣の固有技として「殺虫剣」「殺人剣」という物騒な名前の技を使うことが出来る。 名前通りの相手に特効するこの技、怖いことに後者はLPごと奪ってしまう。 同士討ちしたらどうなるかなんて、考えるだけでも恐ろしい。 表記は「ボーパルの剣」。 形状は波打った刃を持つ型。 威力自体は低いが、武器の中では霊体に唯一ダメージを与えられる剣。 対霊呪文によるマナ消費や、使用回数に制限のある杖を節約出来るため、重要。 シリーズ カルドセプトサーガ、および版カルドセプトに登場。 表記は「ボーパルソード」。 鍔にの装飾をあしらった長剣で「白き騎士が竜を倒すために用いた」とされる。 5倍)が発動するため、敵領地への侵略時に効果を発揮する。 固有の武器ではないが、魔法の武器の特殊効果のひとつに「ヴォーパル」が有る。 効果は「相手の首を切り落とす」タイプだが「首の無いクリーチャー(など)」や一部の「首を落とされても問題ないクリーチャー(など)」には効果が無い。 アメリカのバスケチーム「ジャバウォック」に対し、キセキの世代+火神大我という 一回限りの日本最強チーム「ヴォーパルソード」を結成。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の