ハクタイ オウム。 インコ・オウム専門店☆こんぱまる☆

タイハクオウムの性格や寿命と価格|タイハクオウムの飼い方

ハクタイ オウム

この記事にはやの一覧が含まれていますが、 による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。 適切な位置に脚注を追加して、記事のにご協力ください。 ( 2020年4月) キバタン LEAST CONCERN Ver. 1 2001 : : : : : : : 亜科 : 属 : キバタン C. galerita Cacatua galerita , キバタン 英名 Sulphur-Crested Cockatoo キバタン(黄芭旦、学名: Cacatua galerita、英名:)は、に分類される鳥類の一種。 のの中でも広く分布している大型のオウムの一種である。 オーストラリアの内外でしばしばペットとして高い人気を博すが、オーストラリアの穀倉地帯では数が増えすぎ、とされている。 しかし、オーストラリア連邦法規により保護された種であることから、駆除には政府の許可が必要である。 特徴的な冠羽を広げた状態 キバタンは外見がオーストラリアで見られる三種類の(Corella)によく似ている。 しかしバタンインコはキバタンより小型で、人目を引く黄色いを持っていない。 オーストラリアの各地には少数だが地方種が存在する。 通常の体長は50cm、体重は800g前後に達する。 ほとんどの場合、オスはほぼ黒色の目をしていることから、メスと見分けることができる。 これに対し、メスは赤茶色の目をしている。 また、彼らは非常に大きな特徴的で騒々しい鳴声を立てることができるため、生息している熱帯林や亜熱帯林を含む森林環境で遠くまで声が届く。 キバタンは非常に高い知能を持っているだけでなく、生まれつき好奇心の強い生き物である。 オーストラリアのキバタンの分布(赤で示す領域) オーストラリア、及びパプアニューギニアとその周辺部。 オーストラリアではアイアンレンジ山脈を超えたから、スノウイーマウンテンの一部にいたる、さまざまな気候の地域に分布している。 またや州南部にも生息。 付近へは移入された。 シンガポールにも移入されている。 これらの鳥は(食物を解毒するために粘土を食べるプロセス)の習性があることで知られている。 飼育と世話 [ ] キバタンの米国への輸入は野鳥保護法の規制により既に行われていないが、飼育下での繁殖が行われている。 これらの鳥を飼育する場合は、とても騒々しい他に木材やその他の堅い有機物素材をかじりたいという自然の欲求を持っているため、目を離さずに、深い注意を払わなくなくてはならない。 非常に長命であり、野生においてはおよそ20年から40年程度、飼育下では70年以上である。 Sibley分類体系上の位置 [ ]• BirdLife International 2016. 参考文献 [ ]• BirdLife International. 2016. Cacatua galerita. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T22684781A93046200. Downloaded on 25 July 2018. Flegg, Jim 2002. Birds of Australia: Photographic Field Guide. Sydney: Reed New Holland. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 on the Internet Bird Collection• 傷ついた雌のキバタンと彼女のかごの扉を開ける献身的な雄のキバタンの心温まるフォトストーリー•

次の

キバタン

ハクタイ オウム

タイハクオウムの雄と雌の事で質問です。 私は将来、タイハクオウムを飼いたくて貯金を貯めながら勉強をしています。 ショップに通ったり実際にタイハクを見たりしました。 でもどうしても雄と雌どちらがいいか決められません。 もちろん個体差はありますが、実際にタイハクを家族に迎えてる方の意見が聞きたく質問しました。 私の調べた中では雄はやんちゃで甘えん坊。 雌はちょっと人見知りの傾向にあるようです。 雄叫びや発情期や問題行動を知った上でもどちらもそれぞれの可愛さがあり、外見的には雄は真っ黒目で踊り狂ったり。 雌はなんだか顔が優しくて可愛いです。 ちょっと怖がりなのも守ってあげたい可愛さがあります。 つまり大変な所もありますが、どちらにしても可愛さがあり悩んでいます。 しかし何十年も連れ添うので雌雄は慎重に考えています。 タイハクを飼っている方にお聞きしたいのですが、 1. 雄雌の性格、性質の違い。 日常の可愛いエピソード。 それぞれの短所。 悪い面。 決め兼ねるかも知れませんが、どちらがより可愛いか。 どちらがお勧めか。 を教えて下さい。 また、育て方しだいだと思いますが出来るだけオンリーにならずに誰にでも愛嬌のある子に育てたいです。 その場合雌雄は関係ありますか? 宜しくお願いいたします。 補足長文ですみません。 我が家の子は…という意見で構いませんのでより多くの意見が頂きたいです。 また質問内容以外にもタイハクの事についてのアドバイスやエピソードもあれば知りたいです。 宜しくお願いいたします。 質問者さまも十二分に分かっているとは思いますが、 やはり雄雌差というよりも個体差が大きいです。 我が家には3羽のタイハクがいますが、 三人三様で全く違います。 A@男の子 一応手乗り(気が向いたときだけ) 小さいことは気にしない。 怒られても気にしない。 たぶんそれが悪いことだと思っていない節がある。 尽くしてもらうのは好きだが尽くすのは嫌い。 空気が全く読めない。 女の子がその気になっていないのに無理やり乗っかろうとし、その気になった時は気付かない。 自分より弱い子は追っかけまわし自分の方が強いことを誇示する。 自分を偉く見せるため、とにかく高い所に登る。 餌が気にくわないとこんなものが食えるかーっ!と餌入れを外に押し出して落とす。 餌入れが落ちた後はそこから脱走を企てる。 ケージの散らかし度は一番。 ステップ(ダンス?)が得意。 ケージ破壊が得意。 脱走も得意。 柱や壁をかじるのも得意。 雄たけびは3羽の中で一番。 人間語は一切しゃべらない。 リンゴ&バナナ命。 B@女の子 荒。 神経質。 非常に用心深い。 オンリーワン。 悪いことはするが絶対に怒られることがない(人間をとにかく怖がるので怒ったら最後、二度と仲良くなれない気がする)。 悪戯をするときは控えめ。 でも悪戯はする。 鳥には優しく世話好き。 かいがいしく世話をしすぎてウザがられる。 人間が大嫌い。 視界に飼い主以外の人間がいるとガタガタふるえる。 飼い主が「Bちゃんおいで」と両手を差し出すと、 一度、ぴょん!とその場で軽くジャンプしてから、一目散に走ってきて両手の間に入って来る。 そしてうっとりと目を閉じる。 ケージの中は一番綺麗(一日のほとんどを上段の止まり木の右端で過ごす。 下段に降りるのは餌か水の時だけ)。 布にくるまれるのが好き。 あると入らずにはいられない(その前に覗き込んでチェックする)。 普段は全く鳴かない(雄たけびはたまにする)。 人間語らしきものは話すが何を言っているのか全くわからない。 食べ物に対する執着心は目を見張るものがある。 好き嫌いが全くない。 食べ残しもない。 胡桃命。 柑橘系命。 おふとん命。 C@女の子 べたべたの手乗り。 ひっくりかえしOK。 明朗活発。 社交的。 八方美人。 人間大好き。 超甘えっ子。 そばにいてくれるなら誰でも良い。 とにかく人にへばりついている。 下ろしても下ろしても登ってくる。 最終的には足の甲の上で妥協する。 「見えるところに人(誰でも良い)がいる」状況ではその人が根負けしてそばに来るまで呼び鳴きする。 常に自分に注目していて欲しい。 注目されていないと悪戯をするが人が見ていないところでも悪戯をする。 悪いということをわかってやっているので非常にたちが悪い。 逃げ足は速い。 怒られた後は猫なで声(本当に「にゃあ」と鳴く)でまとわりつき飼い主の機嫌を取る。 何にでも興味津々。 初めての事にも物おじしない。 他鳥に全く興味なし。 女の子だけどステップ(ダンス?)する。 雄たけびはしないが呼び鳴きはする。 人間語を話す。 日中はカタコトなのに電気を消して暗くした途端に饒舌になる。 寝てる時はぶつぶつ寝言を言う。 たまに寝ぼける。 果物はリンゴ以外一切興味なし。 手が汚れるのを嫌がり飼い主に持たせる。 食べることにあまり興味がない。 食べるよりも遊ぶのに忙しい。 人がいないと食べない。 食が細い。 オモチャ命。 参考にならないですよね(T_T) 同じ女の子でもこんなに性格が違うのです。 運命の子は必ずいます。 あなたがこの子!と思った子をお迎えしてください。 良い出会いがあることを祈ってます。 タイハクオウムのメス(3才)を飼っています。 いい所は、強くかまないこと。 普段はかまれませんが、おもちゃに夢中になっている時や興奮してとさかを立てている時は要注意。 でも、流血まではしたことはありません。 確かに人見知りはします。 知らない人が近づくと警戒して逃げようとします。 そのくせ、知っている人がいると、いつもかごから出せだせとがちゃがちゃしています。 (大きな声で鳴きながら) 頭はよく、1回かごの扉の開け方を覚えてしまうと、次回からは簡単に開けてしまい、今では10秒で自分で開けて出てきます。 雄に比べると雌のほうが性格は優しいと思います。 でも雄たけびはあげますので、うるささは一緒。 まあ、昼間はおとなしく、夕方から夜がうるさいですけど。 えさはペレットを与えていますが、半分はけちらかして無駄にしてしまうので、朝あげて昼あげて、夜あげてといった感じです。 出かけてしまって昼あげられない場合は、お腹をすかせていますが。 まあ、一緒にいるととってもかわいいです。

次の

ヨウムの性格や寿命と価格|ヨウムの飼い方

ハクタイ オウム

タイハクオウムの雄と雌の事で質問です。 私は将来、タイハクオウムを飼いたくて貯金を貯めながら勉強をしています。 ショップに通ったり実際にタイハクを見たりしました。 でもどうしても雄と雌どちらがいいか決められません。 もちろん個体差はありますが、実際にタイハクを家族に迎えてる方の意見が聞きたく質問しました。 私の調べた中では雄はやんちゃで甘えん坊。 雌はちょっと人見知りの傾向にあるようです。 雄叫びや発情期や問題行動を知った上でもどちらもそれぞれの可愛さがあり、外見的には雄は真っ黒目で踊り狂ったり。 雌はなんだか顔が優しくて可愛いです。 ちょっと怖がりなのも守ってあげたい可愛さがあります。 つまり大変な所もありますが、どちらにしても可愛さがあり悩んでいます。 しかし何十年も連れ添うので雌雄は慎重に考えています。 タイハクを飼っている方にお聞きしたいのですが、 1. 雄雌の性格、性質の違い。 日常の可愛いエピソード。 それぞれの短所。 悪い面。 決め兼ねるかも知れませんが、どちらがより可愛いか。 どちらがお勧めか。 を教えて下さい。 また、育て方しだいだと思いますが出来るだけオンリーにならずに誰にでも愛嬌のある子に育てたいです。 その場合雌雄は関係ありますか? 宜しくお願いいたします。 補足長文ですみません。 我が家の子は…という意見で構いませんのでより多くの意見が頂きたいです。 また質問内容以外にもタイハクの事についてのアドバイスやエピソードもあれば知りたいです。 宜しくお願いいたします。 質問者さまも十二分に分かっているとは思いますが、 やはり雄雌差というよりも個体差が大きいです。 我が家には3羽のタイハクがいますが、 三人三様で全く違います。 A@男の子 一応手乗り(気が向いたときだけ) 小さいことは気にしない。 怒られても気にしない。 たぶんそれが悪いことだと思っていない節がある。 尽くしてもらうのは好きだが尽くすのは嫌い。 空気が全く読めない。 女の子がその気になっていないのに無理やり乗っかろうとし、その気になった時は気付かない。 自分より弱い子は追っかけまわし自分の方が強いことを誇示する。 自分を偉く見せるため、とにかく高い所に登る。 餌が気にくわないとこんなものが食えるかーっ!と餌入れを外に押し出して落とす。 餌入れが落ちた後はそこから脱走を企てる。 ケージの散らかし度は一番。 ステップ(ダンス?)が得意。 ケージ破壊が得意。 脱走も得意。 柱や壁をかじるのも得意。 雄たけびは3羽の中で一番。 人間語は一切しゃべらない。 リンゴ&バナナ命。 B@女の子 荒。 神経質。 非常に用心深い。 オンリーワン。 悪いことはするが絶対に怒られることがない(人間をとにかく怖がるので怒ったら最後、二度と仲良くなれない気がする)。 悪戯をするときは控えめ。 でも悪戯はする。 鳥には優しく世話好き。 かいがいしく世話をしすぎてウザがられる。 人間が大嫌い。 視界に飼い主以外の人間がいるとガタガタふるえる。 飼い主が「Bちゃんおいで」と両手を差し出すと、 一度、ぴょん!とその場で軽くジャンプしてから、一目散に走ってきて両手の間に入って来る。 そしてうっとりと目を閉じる。 ケージの中は一番綺麗(一日のほとんどを上段の止まり木の右端で過ごす。 下段に降りるのは餌か水の時だけ)。 布にくるまれるのが好き。 あると入らずにはいられない(その前に覗き込んでチェックする)。 普段は全く鳴かない(雄たけびはたまにする)。 人間語らしきものは話すが何を言っているのか全くわからない。 食べ物に対する執着心は目を見張るものがある。 好き嫌いが全くない。 食べ残しもない。 胡桃命。 柑橘系命。 おふとん命。 C@女の子 べたべたの手乗り。 ひっくりかえしOK。 明朗活発。 社交的。 八方美人。 人間大好き。 超甘えっ子。 そばにいてくれるなら誰でも良い。 とにかく人にへばりついている。 下ろしても下ろしても登ってくる。 最終的には足の甲の上で妥協する。 「見えるところに人(誰でも良い)がいる」状況ではその人が根負けしてそばに来るまで呼び鳴きする。 常に自分に注目していて欲しい。 注目されていないと悪戯をするが人が見ていないところでも悪戯をする。 悪いということをわかってやっているので非常にたちが悪い。 逃げ足は速い。 怒られた後は猫なで声(本当に「にゃあ」と鳴く)でまとわりつき飼い主の機嫌を取る。 何にでも興味津々。 初めての事にも物おじしない。 他鳥に全く興味なし。 女の子だけどステップ(ダンス?)する。 雄たけびはしないが呼び鳴きはする。 人間語を話す。 日中はカタコトなのに電気を消して暗くした途端に饒舌になる。 寝てる時はぶつぶつ寝言を言う。 たまに寝ぼける。 果物はリンゴ以外一切興味なし。 手が汚れるのを嫌がり飼い主に持たせる。 食べることにあまり興味がない。 食べるよりも遊ぶのに忙しい。 人がいないと食べない。 食が細い。 オモチャ命。 参考にならないですよね(T_T) 同じ女の子でもこんなに性格が違うのです。 運命の子は必ずいます。 あなたがこの子!と思った子をお迎えしてください。 良い出会いがあることを祈ってます。 タイハクオウムのメス(3才)を飼っています。 いい所は、強くかまないこと。 普段はかまれませんが、おもちゃに夢中になっている時や興奮してとさかを立てている時は要注意。 でも、流血まではしたことはありません。 確かに人見知りはします。 知らない人が近づくと警戒して逃げようとします。 そのくせ、知っている人がいると、いつもかごから出せだせとがちゃがちゃしています。 (大きな声で鳴きながら) 頭はよく、1回かごの扉の開け方を覚えてしまうと、次回からは簡単に開けてしまい、今では10秒で自分で開けて出てきます。 雄に比べると雌のほうが性格は優しいと思います。 でも雄たけびはあげますので、うるささは一緒。 まあ、昼間はおとなしく、夕方から夜がうるさいですけど。 えさはペレットを与えていますが、半分はけちらかして無駄にしてしまうので、朝あげて昼あげて、夜あげてといった感じです。 出かけてしまって昼あげられない場合は、お腹をすかせていますが。 まあ、一緒にいるととってもかわいいです。

次の