妊娠 胸 大きくなる。 妊娠すると胸が大きくなる理由は?大きくなったバストへの対処法について

妊娠したら、お腹はどう変化するの?お腹以外の体の変化もまとめました

妊娠 胸 大きくなる

何をしても胸が大きくならない・・・そんな悩みを抱える女性は多数いるようです。 おっぱい大っきくなるマッサージ毎日して、大っきくなるっていうブラ高いけど買って毎日して…それでも大きくならない。 しかしバストアップしない人には いくつか共通点があるため、原因を見定めて改善すれば胸を大きくすることは可能です。 当ページでは、 育乳対策をしても胸が大きくならない原因と対策を徹底的に解説します。 今度こそバストアップしたい・・!そんな女性は今すぐチェックしてください。 Contents• バストアップ対策をしても胸が大きくならない人の7つの原因・特徴 バストアップ対策をしても胸が小さい人の原因や特徴は以下の通りです。 可能性として高い順に並べたので、自分に当てはまっているものはないか改めて確認してみましょう。 バストの 9割は脂肪でできているため、痩せていて脂肪そのものがなければボリュームがでないのも致し方ありません。 女性のバストは、1割の乳腺と9割の脂肪によって形成されています。 9割を占める脂肪が減少してしまうと、当然バストは小さくなってしまいます。 (出典:) またダイエット中で食事制限をしている方は 胸に栄養が行き届きにくいため、バストアップは期待できないでしょう。 痩せ型の方はまずしっかりと脂肪をつけ、 栄養のある食事でバストアップの土台作りをすることが大切です。 こんなに太ったのに胸大きくならないのほんとう謎、なんなの — ふらざっぷ Flaahgraa こんな太ったのに胸だけは大きくならないなぜ? — ぴ 644567776543334 手当り次第に食べて太るだけでは、 胸は大きくなりません。 詳しく後述しますが、を中心に摂取することが大切です。 後で詳しくご紹介しますが、育乳対策は 主に以下3つの役割に分かれます。 バストアップの 土台になる対策• バストアップを サポートする対策• バストに 直接アプローチする対策 上記3つのカテゴリから、各対策を バランス良く組み合わせて併用することが大切です。 バストアップするには日々の積み重ねが大切なので、気が向いた時だけ行っても効果はありません。 また身体の 内側・外側の両方からアプローチする必要があるため、長い目で見ることも大切。 対策を初めてから 1年未満であれば、もう少し経過を見る必要があります。 血行の悪さも、貧乳の原因のひとつです。 バストの成長に必要な栄養は、血液によって運ばれてくるのですが、血行が悪いとバストに十分な栄養が行き届きません。 (出典:) せっかくバストアップに繋がる食事で栄養を摂っても、胸に届かなければ意味がありません。 また猫背姿勢を続けると バスト周囲の筋肉量が低下し、筋トレやエクササイズの効果も半減してしまうため要注意です。 睡眠不足やストレスの蓄積は、心身を整える自律神経を乱してしまいます。 自律神経が乱れてしまうと女性ホルモンのバランスも崩れてしまい、女性ホルモンを減少させてしまいます。 (出典:) 一見関係ないように思いがちですが、育乳には 心と身体のコンディションを整えることも大切。 心当たりがある方は今すぐに見直す必要があります。 バストを押し潰す• バストの脂肪が脇・背中に流れる• 血流が阻害され、胸に栄養が十分に行き渡らない (出典:) バストアップのため ナイトブラを使っている女性も多いですが、寝方が間違っていると効果も半減してしまうので注意しましょう。 胸の形が凹んでしまう病気です。 約1000人に一人程度の割合で起こるといわれています。 漏斗胸では胸のへこみにより、肺活量が通常より少ない方もいますが、日常生活や運動への影響はそれほどないようです。 (出典:) 軽度なら治療は必要ありませんが、女性の場合は胸が大きくならない原因になりえます。 また女性ホルモンがうまく分泌されない 内科・婦人科系の病気が隠れている可能性も否定できません。 今度こそ胸を大きくするための7つの対処法 上記原因を踏まえたうえで、実践すべき対処法を以下7つご紹介します。 あわせて読みたい 痩せ型の方に特化したバストアップ方法は以下でも詳しくご紹介しています。 ただし方法や商品によっては数日おきのものもあるので、以下を参考に しっかりと計画を立てて実践しましょう。 継続すれば効果は期待できるので、諦めずに毎日コツコツと積み重ねていきましょう。 特に スマートフォンを見ている時は、背筋が曲がっている可能性大なので要注意。 特に育乳に不可欠な成長ホルモンは睡眠中に分泌され、特に 22時~2時は最も分泌が活性化されます。 皮膚をつくり出す基底層の細胞分裂は、午後10時から午前2時頃がもっとも活発なことが確認されています。 (出典:) 日中の育乳対策を無駄にしないためにも、 遅くとも0時前には眠れるよう心がけましょう。 また ゆっくりする時間や趣味の時間も適度にとって、日頃のストレスをうまく発散してくださいね。 上述した通り、うつ伏せや横向きでの睡眠はバストに悪影響を与えかねません。 毎日のことなので、 積み重なればその影響は大きくなってしまいます。 うつ伏せや横向きで寝ていた方は、今日からさっそく 仰向けで寝るようにしてみましょう! あわせて読みたい バストアップに繋がる寝方や効果を高めるポイントを詳しく知りたい方は以下ページも参考にして下さい。 上述した通り 漏斗胸は軽度であれば治療の必要はありませんが、胸の凹みが強い場合は手術が必要と考えられます。 気になる方は 呼吸器外科や形成外科に相談してみましょう。 また何らかの原因で女性ホルモンが乱れている場合には、胸の成長以外にもさまざまな影響が生じる可能性があります。 特に 月経不順等の不調がある場合は、早急に婦人科を受診してください。 (出典: さらに知りたい!胸が大きくならない人のQ&A Q. ダイエット中なので、栄養をとったら太るのではと不安です。 上記でご紹介したメニューは女性ホルモンを活性化させるためにも必要な栄養素なので、 太る原因にはならないでしょう。 過度な食事制限で低栄養に陥れば、身体に必要な細胞が作られず 危険な状態になることもあります。 低栄養とは肉類や卵類の摂取不足によって血液中のたんぱく質が不足している状態です。 たんぱく質は血液や血管、筋肉、免疫細胞を作る材料となるため不足すると生命にかかわる深刻な疾患を招く恐れがあります。 (出典:) 必要な栄養素はきちんと摂りながら、 間食の量を減らす・運動をするといった健康的なダイエットするのがオススメです。 あわせて読みたい バストのボリュームをキープしつつダイエットする方法は以下で詳しくご紹介しています。 妊娠中なのに胸が大きくならないのはなぜですか? 妊娠して胸が大きくなるかどうかは、体質や女性ホルモンの分泌量など 個人差が大きく影響するためです。 妊娠すると母乳を出すために乳腺が発達し、一般的には妊娠初期・中期~後期にかけて 胸が大きくなる傾向にあります。 妊娠すると、乳腺が発達して胸のサイズも大きくなっていきます。 (出典:) ただし妊娠中から大きくなる人や出産後・授乳期から大きくなる人、マタニティ期を通して変化がない人などさまざま。 妊娠すれば 一概に大きくなるとはいえません。 どうしても気になるのであれば、主治医に相談してみることをおすすめします。 あわせて読みたい 妊娠中~産後産後は胸が 垂れてしまう方も多数。 以下では美しいバストをキープするために 妊娠中から産後にすべきケアについて詳しく解説しています。 もう大人ですが、胸の成長はいつまで期待できますか? 結論からいえば、対策次第で 年齢に関係なくバストアップ効果は期待できます。 (関連記事:) ただ女性ホルモンの分泌量は 20歳前後がピークなので、早ければ早いほど効果が実感できるでしょう。 女性は、20歳前後から女性ホルモンの分泌量は増加しピークとなり、排卵や月経周期も順調に安定するようになります。 (出典:) 何歳からでも遅いことはないので、今日から早速対策をはじめましょう! Q. 胸の成長度合い 大きさ に遺伝は関係しますか? 胸の大きさには 遺伝的要素も関係しているという説が有力です。 (出典: ただし当サイトでもご紹介している通り、 育乳対策や生活習慣の見直しを実践することでもバストアップは可能。 遺伝だからと諦めずに、長い目で対策を続けていきましょう。 今日から早速取り入れてもう一度バストアップを目指そう 対策をしても胸が大きくならないのは、 何かしらの原因があるはずです。 当ページを参考にもう一度日常を見直し、心当たりがあれば改めることが大切。 対策が早ければ早いほどバストアップが見込めるので、今日からさっそく改善していきましょう!.

次の

胸が大きくならない原因・理由は?今すぐできる対処方法でバストアップを目指そう

妊娠 胸 大きくなる

妊娠がわかってすぐは何の変化もなくて、 つわりがピークの妊娠5か月ぐらいから胸が大きくなり、下腹部がいつもとちょっと違うな、と感じるようになりました。 先輩ママたちの体験談をまとめてみると、妊娠がわかってすぐはカラダに変化はあまりみられなかったが、つわりなどがはじまると、胸や下腹部などの変化が気になり始めたというママが多かったです。 妊娠がわかるタイミングと、つわりが始まるタイミングは日数にするとあまり空いていませんが、変化を感じるのは「つわり」のタイミングが多いようですね。 三児の母である私も、つわりが酷くなりはじめた頃ぐらいから、胸のサイズの変化や体重の増加を感じはじめました。 では、どうしてこのように「妊娠すると胸が大きくなる」という現象が起こるのでしょうか? 胸が大きくなる理由 妊娠すると胸が大きくなるのは、ママが赤ちゃんにおっぱいがあげられるようにカラダが準備をしているためです。 そのためにママのカラダが変化していくわけですが、この変化には、大きく分けて次の2つが挙げられます。 女性ホルモンが変化するから 妊娠すると、プロゲステロン(黄体ホルモン)が分泌されるため、胸が大きくなります。 月経前に胸が張ったり痛みを感じたりするのは、排卵後になるとプロゲステロンの分泌量が増えるからなんです。 生理の場合は、2週間ほどプロゲステロンを出し続けると、生理が来て、胸が小さくなります。 しかし 妊娠した場合は、黄体ホルモンを出し続けるため、乳腺の発達とともにバストがぐんぐん大きくなっていくのです。 乳腺が発達するから 妊娠3~4週間ぐらいになると、乳管の遠位部が拡張して、複数の乳腺胞が形づくられます。 そして、プロゲステロン(黄体ホルモン)や成長ホルモンなど多数のホルモンの影響を受けながら乳腺が発達し、妊娠6週目ぐらいから乳房も大きくなっていきます。 胸の変化 妊娠によって胸が大きくなる場合、一般的に想像されるバストアップとは違い、胸の下部分が脇に向かって膨らんでいきます。 そのため、妊娠前と出産後では、同じカップでもおっぱいの形に大きな違いがあるのです。 4~7ヶ月 バストのボリュームが 1カップ以上大きくなり、胸が大きくなったという自覚のあるママが多いようです。 8~10ヶ月 バストのボリュームが 2カップ近くアップするため、胸が大きくなったと気づかないママはほとんどいません。 産後 出産直後は、妊娠中とバストサイズが変わらないことが多いです。 ただ、 母乳が乳房に溜まって張っている場合は、さらにサイズアップすることがあります。 赤ちゃんの飲む量とママの母乳の分泌量がちょうどよくなる1か月後ぐらいから、バストサイズはゆるやかに産前のときのサイズへと近づいていきます。 乳首や乳首周辺の変化 妊娠によって乳頭や乳輪部が黒ずんだり、大きくなったりする可能性があります。 乳首の黒ずみの原因は授乳による刺激などが原因と考えられています。 また乳輪が大きくなるのは、胸が大きくなるにつれて乳輪周りの皮膚も伸びることが原因だといわれています。 胸が大きくならないと母乳分泌も悪くなる? 胸の大きさと母乳の量は関係ない 胸の大きさが母乳の分泌量と大きく関わると思っている方も多いようですが、 胸が大きくならないからといって悲観することはありません。 胸が大きくても母乳の出が悪い場合もありますし、胸が小さくても母乳がたくさん出る場合もあります。 母乳をたくさん赤ちゃんにあげたいというママは、下記の方法を試してみてくださいね。 母乳が出やすくなるために 頻繁に赤ちゃんに吸ってもらう 赤ちゃんに乳頭を吸ってもらうと、母乳の生成を促す作用のある「プロラクチン」と「オキシトシン」というホルモンが分泌されます。 そのため、 母乳が出なくても赤ちゃんにおっぱいを吸ってもらうことが大事なのです。 バランスの良い食事をこころがける 母乳はママの血液から作らるので、ママの栄養が十分でないと母乳も上手く作ることができなくなる可能性があります。 野菜を中心に、肉や魚など、血になるような食事内容のものにして母乳の分泌量を増やしましょう。 睡眠と休息をたっぷりとる ママが疲れていると母乳の分泌量は少なくことがあります。 家事やゴミ出しなど、ママ以外でもできることは旦那さんにお願いし、ゆっくりと休みを取るようにしましょう。 水分をたっぷりとる 母乳の約8割が水分だといわれています。 喉が渇く前に水分を摂取し、カラダの中をたっぷりの水で満たしておきましょう。 母乳マッサージ マッサージすることで、母乳が出るよう促します。 正しい母乳マッサージの方法も参考にしてみてくださいね。 妊娠が発覚したらマタニティブラにしよう 妊娠が発覚すると、病院の看護師や周囲の先輩ママからマタニティブラについて勧められることがあると思います。 でも、マタニティブラにしたほうが良い理由はあるのでしょうか? そんな疑問を感じているママたちのために、マタニティブラのメリットについてまとめてみました。 妊娠するとカラダの中でも変化が起こる 妊娠するとバストサイズが大きくなるだけでなく、乳腺の発達や乳管の拡張など、カラダの中でも変化が起こっています。 このような 妊婦のカラダの変化を考えて作られたマタニティブラは、妊娠中のストレスを減らすだけでなく、胸の形を守るためのバストケアにもつながります。 胸が徐々に大きくなるから マタニティブラは、バストが大きくなることを想定して作られています。 そのため、カップの容量が大きくて深くなっているマタニティカップや、胸が大きくなると広がって乳腺の発達を邪魔しないマタニティワイヤーなど、徐々に大きくなるバストに対応する機能を採用しているものが多くなっています。 だからこそ、敏感な妊婦にもストレスを与えにくいのです。 つわりがラクになるから マタニティブラは通常のブラジャーと違い、優しい締め付けになるよう作られています。 そのため、つわりのときでもカラダがラクで過ごしやすいです。 とくにつわりがツライ女性は、ハーフトップタイプのブラがおすすめです。 あわせて読みたい! 出産したらバストサイズは戻るの? 出産すると、ゆるやかではありますが、妊娠前のバストサイズに戻っていきます。 授乳中のバストの変化 出産後すぐは、授乳前になると胸が張っているように感じます。 しかし 3ヶ月頃になると、赤ちゃんが強く吸うことによる刺激で母乳の分泌が促されるようになるため、胸の張りを感じにくくなります。 ただし、胸の張りには個人差があります。 胸の張りがなかなか収まらない場合はかかりつけ医に相談しましょう。 卒乳後のバストの変化 母乳を分泌するための組織が不要になるため、乳房が柔らかくなります。 妊娠中や授乳中の胸は、バストサイズの変化とともに、胸の皮膚や、胸が垂れないように支えていたが伸びている状態です。 卒乳すると胸の張りが収まりますが、一度伸びた胸の皮膚やクーパー靭帯はなかなか元には戻りません。 そのため、卒乳後のバストはしぼんだ残念なバストになりやすいんです。 まとめ 妊娠すると、授乳に備えて乳腺が発達し、胸が張ってきます。 この時期には、バストアップサイズに対応できるマタニティブラがおすすめです。 ただし、あまり胸が張らないからといって母乳が出にくいわけではないので安心してください。 心配な場合はかかりつけの産婦人科に相談しましょう。

次の

【看護師監修】妊娠中の胸の張りはいつから?痛みなど時期別症状と対処法|cozre[コズレ]子育てマガジン

妊娠 胸 大きくなる

胸を大きくする方法 では早速、胸を大きくする方法を6つご紹介します。 それぞれに違った角度からバストアップ効果を高めてくれるので、どれか1つではなく、できるだけ色々な方法を試してみてくださいね。 リンパマッサージをすると、胸まわりのリンパや血液の流れが良くなります。 すると、バストアップに必要な「栄養」や「女性ホルモン」が胸までしっかり届くようになり、バストアップ効果を高めてくれるのです。 そんなリンパマッサージの効果を最大限に高めるタイミングは、血行が良くなっている「入浴中」や「お風呂上がり」。 体が温まっているタイミングでリンパマッサージをすれば、よりリンパの流れをスムーズにし、「栄養」や「女性ホルモン」がしっかり胸まで届くようになります。 脇の下に反対側の手を当て、下から上に押し上げるように揉みます。 次に、指の腹を滑らせるようにして、背中と体側の境目あたりを下から上に流していきます。 最後に、脇の下から胸の上部にかけて、胸を寄せるようなイメージで手を滑らせていきます。 反対側も同様に行いましょう。 胸の側部と上部をやさしくマッサージすると、リンパの流れが良くなるとともに、乳腺を刺激してバストアップ効果が高ります。 ただし、リンパや乳腺を傷つけないためにも、あまり強くマッサージしないように注意してくださいね。 リンパマッサージは継続することが大切なので、リラックスしながら気長に続けてみましょう。 胸は「乳腺」と「脂肪」で構成されていて、乳腺を守るために脂肪がついています。 乳腺は母乳をつくる器官なので、女性にとって大切なもの。 だから脂肪で守る必要があるのです。 この乳腺を発達させれば、乳腺を守るために脂肪がつき、バストのボリュームがアップするという仕組みになっています。 乳腺を発達させるには、女性ホルモンの分泌を促すことが大事。 バストアップマッサージは、女性ホルモンの分泌を促す効果があるため、乳腺を発達させて胸を大きくする効果が期待できるのです。 右の脇の下に、左手を当てます。 右脇から右胸の横を通り、右胸の下から谷間までバストに沿って滑らせます。 谷間まで来たら、そのまま左胸のデコルテまで滑らせましょう。 10回くり返し、反対の胸も同様に行いましょう。 次に、右胸の下に右手を当て、右胸の上に左手を当てます。 下の手は谷間に向かって、上の手は脇に向かって、円を描くように同時に滑らせます。 10回くり返したら、反対の胸も同様に行いましょう。 5以降の手順は、乳腺を直接刺激するマッサージです。 乳腺はデリケートなので、強くマッサージすると傷ついてしまう恐れがあります。 乳腺を傷つけるとバストダウンする恐れがあるので、やさしくマッサージするようにしてくださいね。 ツボ押しをするメリットは、女性ホルモンの分泌を活発にしたり、乳腺を発達させたり、リンパの流れを促したりすること。 どれもバストアップ効果を高めてくれます。 「ツボ押し」はただ押すだけなので、効果絶大なのに手軽にできるのがうれしいですね。 胸まわりの巡りを良くするためには、「肩甲骨」や「大胸筋」をほぐすストレッチが効果的です。 大胸筋は胸を支えている筋肉のことですが、この筋肉をストレッチすることでしっかりと大胸筋が働き、 胸を支える土台ができ上ります。 また、肩甲骨はバストのちょうど裏側にあり、肩甲骨が硬くなると、胸まわりのリンパや血液の流れが悪くなってしまいます。 そのため、肩甲骨をほぐすバストアップストレッチをすると、胸まわりの巡りが良くなり、ふわふわのバストをつくることができます。 バストアップストレッチは、バストアップマッサージの前や、バストアップ筋トレの後にやると効果的です。 つねに、胸まわりの巡りを良くしておくことが大切ですよ。 両腕を広げ、肩の高さまで上げます。 そのまま肘を、背中のほうへ引きましょう。 肩甲骨がくっつくようなイメージです。 次に両手をそのまま前へグーっと伸ばして、背中を開きます。 今度は、肩甲骨を離すイメージです。 そして最後に、肩に手を置いて、グルグルと肩を回します。 バストアップストレッチは、姿勢改善にも効果があります。 猫背になると胸が縮こまり、胸まわりの巡りが悪くなります。 それに加えて、肩甲骨も硬くなってしまうので、バストアップストレッチでほぐすことが大切なのです。 肩甲骨ストレッチは、バストアップの大敵である「肩こり」の解消にも効果的ですよ。 とくに顕著にあらわれる変化は、「バストの垂れ」。 若い頃は、上向きでハリのあった胸が、だんだんと下を向いてしまうのは悲しいですよね。 加齢とともに胸が垂れてしまう大きな原因は、「大胸筋の衰え」です。 大胸筋とは、胸の土台部分にある筋肉のことで、バストを高い位置に支える役割をしています。 でも、意識して鍛えてあげないと、加齢とともに衰えてしまうため、バストが垂れてしまうのです。 そんな垂れ胸を改善する方法が、「バストアップ筋トレ」です。 大胸筋など胸まわりの筋肉を鍛えると、バストを高い位置に持ち上げてくれる効果が期待できます。 バストアップ筋トレは、女性でも簡単にできます。 道具も何も使わない簡単なバストアップ筋トレは、多くの女性が知っている 「合掌のポーズ」。 背すじを伸ばし、胸の前で手のひらを合わせます。 肘を真横に開き、手のひらを押し合うようにして力を入れます。 そのまま10秒キープしましょう。 これを3セット行います。 合掌のポーズは、大胸筋の上部や中部、大胸筋の内側などを鍛えられる筋トレです。 バストアップ筋トレをしているときは、刺激を与えている筋肉を意識することで、効果がアップしますよ。 胸まわりの筋肉を適度に鍛えることで、ツンと上向きのバストが手に入ります。 また、バストアップ筋トレが終わったら、胸まわりをさするように、やさしくほぐしておきましょう。 先ほどご紹介した「バストアップストレッチ」もオススメです。 それは、ただ寝るだけでバストアップできちゃう「ナイトブラ」です。 ナイトブラとは夜専用ブラのことで、寝ている間に脇や背中に流れてしまうバストをしっかりホールドして、胸の形を整えてくれます。 ブラをつけないで寝る人も多いと思いますが、それでは胸が無防備な状態になり、支えてくれるものが何もありません。 すると、「垂れ胸」「離れ胸」「バストダウン」などの悲劇を引き起こしてしまうのです。 「じゃぁ、普通のブラをつけて寝ればいいんじゃない?」と思うところですが、ワイヤーブラなどは締めつけが強く、胸まわりの血行が悪くなる恐れがあります。 それだけではなく、昼用ブラは立った状態でのホールド力に特化しているため、寝ている状態でのホールド力は低いのです。 「でも、ブラをつけて寝ると苦しいからイヤ」という人もいると思います。 寝るときくらいは、ブラから解放されたいですよね。 でも大丈夫。 つけていることを忘れてしまうくらい快適な「ナイトブラ」なら、苦しくなることもなく、心地よい睡眠が手に入りますよ。 毎日の習慣をちょっと見直すだけで、女性ホルモンを活性化し、バストアップ効果を高めることができます。 胸を大きくする生活習慣といっても、むずかしいことではありません。 体がよろこぶことをしてあげれば、ホルモンバランスが整い、バストアップ効果が高まります。 では、胸を大きくするために意識したい生活習慣のポイントを4つご紹介します。 良質な睡眠は、美容と健康に必要不可欠な生活習慣なんです。 眠っている間に分泌される「成長ホルモン」は、肌をキレイにしたり、疲れを回復させたりする効果があります。 しかし、良質な睡眠をとれなくなると、成長ホルモンの分泌が減り、体を回復できなくなってしまうのです。 それに加えて、睡眠不足はバストアップに必要な「女性ホルモン」のバランスも乱してしまうため、良質な睡眠をとることがバストアップには大切なのです。 良質な睡眠をとるポイントは、できれば7時間くらいの睡眠時間を確保すること。 さらに、22~2時のゴールデンタイムはしっかり睡眠をとるようにしましょう。 この時間帯は、成長ホルモンの分泌が活発になり、バストアップ効果を高めてくれるからです。 体が冷えると血流が悪くなり、胸まわりの血流もダウン。 胸に必要な栄養を届けるには、血行を良くすることが大切なので、体を冷やさないことが大事なんです。 また、体が冷えると女性ホルモンの分泌が低下し、胸を大きくするどころかバストダウンする可能性も。 だから、体を冷やす生活はバストアップには厳禁なんですよ。 いつもシャワーで済ませている人は、今日から湯船に浸かり、ゆったりとリラックスしながら入浴しましょう。 リラックスすると血管が広がり、血流が良くなるだけでなく、ストレスも軽減されて女性ホルモンの分泌を促すことができます。 入浴には、体を温めることと、リラックス効果の2つの側面から血流を促し、胸を大きくする効果が期待できます。 胸を大きくするには、女性ホルモンを活性化させることが大切ですが、実は、女性ホルモンを活性化させる食べ物があるんです。 女性ホルモンが活性化されると、「乳腺」が発達し、胸の脂肪を増やすことができます。 そのため、女性ホルモンを活性化させる食べ物を食生活に取り入れれば、胸を大きくする効果が期待できます。 女性ホルモンを活性化する食べ物はこちら。 豆乳や納豆などに含まれる 「大豆イソフラボン」• キャベツやハチミツなどに含まれる 「ボロン」• 肉や魚などに含まれる 「タンパク質」 バストアップ食材として知られているのは、この3種類が代表格です。 大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と似たような働きをしてくれます。 エストロゲンには乳腺を発達させる効果があるので、エストロゲンの働きをサポートすることで、バストアップ効果が期待できます。 ボロンは、エストロゲンの働きを高める「ホウ素」と呼ばれるミネラルの一種。 キャベツやリンゴなどに含まれていて、生で食べることが大切です。 そして最後に、タンパク質。 「鶏肉を食べるとバストアップ効果がある」と言われるのは、良質なタンパク質が含まれているからです。 タンパク質には、女性ホルモンの分泌を促したり、大胸筋を発達させたりする効果があります。 魚や卵、乳製品などにもタンパク質が豊富に含まれているので、食生活に取り入れてみましょう。 これらの食べ物を毎日の食生活に取り入れることで、ハリのある上向きバストをつくる効果が期待できますよ。 いつも猫背で背中が丸まっていると、胸が圧迫されて血行不良になったり、背中の筋肉が硬くなったりしてしまいます。 すると、どんなに効果的なバストアップ法を実践しても、望むような結果を得られない可能性があるのです。 とくに、スマホやパソコンを日常的に使っている人は猫背になりやすく、胸まわりの血行が悪くなりがちです。 胸まわりの血行が悪くなると、バストに十分な栄養が届かなくなり、バストダウンにつながってしまうのです。 それが進行すると、垂れ胸の原因にもなりかねません。 このような事態を防ぐには、日頃から姿勢を良くすることが大切。 ではここで、正しい姿勢についてご紹介します。 イスに座り、背すじを伸ばして腹筋に力を入れます。 骨盤を立て、足の付け根にある骨で座るイメージです。 肩が上がらないように注意して、体より少し後ろ側に肩を引きます。 背中が反らず、お腹と背中は真っすぐにキープしましょう。 これが正しい姿勢です。 デスクワークの人は、1日中座っているので、とくに意識してみてくださいね。 仕事中の姿勢によって、胸が大きくなるか、小さくなるかが決まってしまいます。 【秘策】超意外な方法で胸を大きくする! 色々なバストアップ法をご紹介しましたが、最後に、秘策ともいえる「胸を大きくする方法」をご紹介します。 SNSでも話題になり、「本当に効果があった!」と多くの口コミがある方法です。 ぜひ、意識して毎日を過ごしてみてくださいね。 せつない恋ではなく、ときめく恋をする 恋をすると、女性はきれいになりますよね。 これは、恋のときめきで「女性ホルモン」の分泌が活発になるからなんです。 好きな人を見てドキドキすると、それが脳の視床下部に伝わり「性腺刺激ホルモン」が分泌されます。 性腺刺激ホルモンは、卵巣に働きかけて女性ホルモンの分泌を促します。 女性ホルモンは、バストアップや美肌効果のある「エストロゲン」と、乳腺を発達させてハリのあるバストをつくる「プロゲステロン」の2種類があります。 恋をすると、この2つの女性ホルモンの分泌が活発になり、その結果、胸が大きくなるというわけです。 恋は、女性の人生において大切なスパイス。 女性らしいボディラインをつくるためにも、恋のときめきが必要なんですよ。 片思いでも、芸能人でも、ときめいてドキドキしていればOKです。 ただし、せつなくてつらすぎる恋ではダメ。 幸せな気分になれるような、ときめく恋じゃないと女性ホルモンは活発になりません。 それどころか逆効果になる場合も。 だから、どんどん 幸せな恋をしてキレイになっちゃいましょうね。 「なんか幸せだなぁ」と感じたとき、気がついたら自然と胸が大きくなっているかもしれません。 イライラしないで、いつも笑顔ですごす 胸を大きくするホルモンは、女性ホルモンだけではありません。 感情のコントロールに深く関わっている「セロトニン」という脳内物質も、バストアップに関係しています。 セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、嬉しい・楽しいと感じたときに分泌されます。 心がやすらいでリラックスしているときにも分泌されるので、大好きなペットとふれあっているだけでも分泌されますよ。 セロトニンが分泌されると、女性ホルモンを活性化する働きがあり、バストアップ効果が高まるんです。 いつもイライラしていたり、ストレスがたまったりしていると、セロトニンも女性ホルモンも活性化されず、胸が小さくなってしまう可能性があります。 なるべくストレスをためないようにして、いつも笑顔で過ごすようにすると、バストアップ効果が高まりますよ。 笑顔が多くなれば、あなたの魅力が高まり、恋のチャンスも舞い込んでくるかもしれません。 恋のチャンスがあれば、女性ホルモンがどんどん分泌されて、相乗効果で胸が大きくなるという好循環になります。 心と体はつながっているということがわかりますね。 大好きな男性とイチャイチャする 大好きな男性とイチャイチャしていると、「わたし、世界でいちばん幸せかも!」と思ってしまうくらい、うれしくてたまらなくなりますよね。 これも、女性ホルモンが活性化されている瞬間です。 恋でときめくのと同じように、大好きな男性に触れられたときのドキドキ感は、女性ホルモンの分泌を活発にします。 ただし、これは 「大好きな男性限定!」ということを忘れないでくださいね。 好きでもない男性とふれあっても、女性ホルモンの分泌が増えることはありません。 「じゃあ、彼氏がいないと無理じゃん!」 と思った人は、まずは、ときめく恋をしてみましょう。 恋を見つけるには、イライラしないで過ごすこと。 笑顔で過ごしていれば、恋のチャンスが舞い込んできます。 「いやいや~、彼氏を見つけるために胸を大きくしたいの!」 という人は、今回ご紹介した「バストアップ法」を実践してみてくださいね。 これでもう、バストアップすること間違いなしですよ。 やればやるほど胸が大きくなるバストアップ術で女性らしさを磨く! マッサージやストレッチ、筋トレや生活習慣など、様々な角度から 「胸を大きくする方法」についてご紹介しました。 どれも効果的なバストアップ法ですが、続けることが1番大切なポイントです。 つまり、やればやるほどバストアップできるということです。 そして、もう1つ大切なのは 「女性らしさを磨くこと」。 女性らしさを磨くためには、イライラせずに幸せな気分で毎日を過ごすことです。 そうすれば女性ホルモンのバランスが整い、バストアップ効果が高まりますよ。 ストレスのない心のやすらぎと、恋のドキドキ。 そして、健康的な体づくりが胸を大きくすることにつながるのです。 バストアップ効果を高めるために、女らしさに磨きをかけていきましょう!.

次の