クレヨンしんちゃん 名曲。 クレヨンしんちゃんの歴代OPとED一覧!人気曲・名曲ランキング

クレヨンしんちゃん スーパー・ベスト30曲入りだゾ

クレヨンしんちゃん 名曲

クレヨンしんちゃんの映画で一番印象的な映画でした。 おかしくなっていくみさえやひろしやオトナたちに、しんのすけたちが一生懸命もどってくれるように立ち向かっていくストーリーです。 自分はしんのすけと同い年くらいの頃に見たときは、大人が壊れていくのに恐怖を感じて怖い映画と思ってましたが、自分が大人になって見返すととても感動しました。 ひろしがしんのすけのおかげで今までのことを思い出していく回想シーンは、野原一家の思い出がいっぱい詰まってて、とても感動的でした。 思い出や懐かしさに捉われた大人達と現代を生きようとする子供達との戦いは胸にじんわりと来るものがあります。 中でもひろしの回想シーンは何回観ても泣けるポイントです• しんのすけが東京タワーを駆け上るシーンです。 転んで傷だらけになりながらも、自分の住んでいた頃のカスカベを取り戻そうと奮闘しているしんちゃんを見る涙腺が緩みます• しんちゃんが頑張って説得しひろしの催眠を解くシーンの映像がたくさん出て思い出が次々よみがえる展開が号泣ものです• 親子、家族の絆が試される映画です。 お父さんのあり方、大切さについても考えさせられます。 ロボとーちゃんと、しんのすけの握手のシーンでは号泣しました• クレヨンしんちゃんの映画は毎回面白いですが、これは別格。 その名の通りロボットのとーちゃんがでてきます。 最後は話を通して心を通わせたロボとーちゃんか、それとも本当のとーちゃんか、お別れシーンは涙無くしては見れません• ロボットにされてしまっても、しんのすけのことだけは忘れないず、何があっても必ずしも守ってみせる姿に感動しました• 親子の絆が本当に泣ける。 ロボとーちゃんを目覚めさせるために、しんのすけが大嫌いなピーマンを食べたり、ロボとーちゃんとヒロシの腕相撲対決のシーンは号泣でした• しんのすけが戦国時代にタイムスリップしたことによって命が助かった又兵という武士が、戦に勝利し喜んでいるところで矢を受けて亡くなるというシーンがあり、せっかく絶望的な戦に勝利したにも関わらず殺されましたが、しんのすけに感謝しながら亡くなっていったところです• ほんとに泣けるのは最後ですね。 切ないけれど、逆に愛の深さを感じることが出来るシーンでした。 戦国時代では珍しくないことだったのではないかと納得出来ますが、しんちゃんの純粋さがまたほろりと来ます。 戦国時代のお姫様と部下の叶わない恋模様に、思わず切なくなってしまいます。 ヒロシの「しんのすけのいない世界に未練なんてない!」という家族を想う台詞にも涙• 最後の最後で「…え?」っていう結末を迎えてしまいます。 最後までは普通に戦国の中でしんちゃんたちが頑張って生きる姿が描かれてますが、最後のオチは涙無しでは見れなかったです• クレヨンしんちゃんの映画という枠を超えた感動作です。 子供向けアニメの映画という区分ではなく子供がいない方、大人でも感動できる作品です。 戦争という愛する人がいつ死ぬかわからない状況の中、密かに想いを寄せていたお姫様と侍の2人には胸が熱くなります• まずひろしとみさえが出会った頃から現在に至るまでをあいみょんさんが歌っている所が歌詞と重なって感情がこみ上げてくるものがありました。 しんちゃんが、母ちゃんは誰がお守りするの?という一言がグッときました• 誰が母ちゃんを守るの?としんのすけが言うシーンは、子供を持つ母として、泣けてしまいました。 家族愛が感じられる素敵な作品だと思います。 なんとなく、日々の生活に疲れた時に見ると、家族っていいなって思える気がします• ちょっとしたことからケンカしてしまったひろしとみさえが、お互いの存在の大切さに気付くお話です。 もちろんクレヨンしんちゃんなので笑いあり、涙ありです。 大人が見ても飽きない良くできた作品です スポンサーリンク クレヨンしんちゃん映画ランキング!面白い作品ベスト5 クレヨンしんちゃんと言えばやっぱり笑えるのが魅力! その中でも特に面白いの声が多かった映画ランキングを紹介します。 しかしそこは地球を侵略しようとする魔女・マカオの本拠地だった。 しんのすけはみんなとはぐれ、メモリ・ミモリという女の子と出会う。 彼女はどうやらマカオによって閉じこめられてしまったようだ。 しんのすけはメモリを助けようとするものの、魔女の手下に妨害されてしまい…• しんちゃんっぽいギャグっぽいとところもありつつ、時代劇感もあり面白かったです。 しんちゃんよりもひろしがいざという時に頼りになるお父さんで、印象的な映画でした。 最後の又兵衛としんちゃんのシーンがしんちゃんが少し大人になった感じがして、感動的でした• タイムスリップした野原家が、戦国時代で大活躍!?戦国時代で出逢う又兵衛さんとの掛け合いに感動・笑い間違いなしです• 最後のシーンはすごくなけるんですが、昔にタイムスリップするという今までのクレヨンしんちゃんにはないストーリーとなっています。 ほんとに戦国時代だったらこんなんだったんだろうなと感心してしまう場面もあります• 過去にタイムスリップしてしまったしんのすけを助けに行く野原一家の絆や、そのタイムスリップ先の武将たちとの友情やまさかのラストは驚くとともに、ちょっと切ない終わり方でした• 大人が見ててもドキドキハラハラする展開です。 そんな中でも相変わらずのしんちゃんと、それに真面目に対応する周りのみんなに思わずふっと笑ってしまいます• 映画館で見て、テレビでも見ましたがメキシコが舞台になっているので絵がカラフルで登場人物も明るい人ばかりで悩みが吹っ飛ぶようなお話でした• 野原家の引っ越し先の、メキシコでの登場人物が個性豊かで、ストーリーもだんだん謎が解けていくワクワクドキドキ感があります• サボテンがどんどん恐怖の怪物化していく様が、こどものアニメレベルではなく、大人も恐ろしいと感じる。 その怪物に向かっていくしんちゃんが、どの映画よりも勇ましくたくましく見えました• サボテンが人間を襲ってくるスリルと、人間たちが協力してサボテンに立ち向かっていくところがみていてすごく面白かったです• 小林幸子の優しい声で泣きそうになります。 家族の絆を重要視したこの作品は子どもだけでなく,大人も心打たれるシーンが多かった.ここで最後に流れる小林幸子の母親のような包み込んでくれる歌が心に残り,この歌を聴くだけで感動してしまう• 両親への感謝を伝えたいときにはとくにうってつけの曲です。 家族ムービーを製作する際のBGMにも使うほどお気に入りの曲です• 映画の内容があってのものですが、映画本編が終わってからのこの主題歌は映画も終わりだな。 そこはひろしやみさえたちが育った70年代のテレビ番組や映画、そして暮らしなどを再現した懐かしい世界にひたれるテーマ・パークだった。 のはら一家全員で歌っているから!• 戦いを終えた野原一家が家路につくまでの曲で、一家の歌という感じがして映画にぴったりだと思います• 他の映画は歌手が歌っているのに、この映画は野原家のメンバーがみんなで歌っているので面白くて好きです! ストーリー:今朝の野原家は朝食がいつも以上に貧相で、しんのすけもご機嫌斜め。 でも夕飯は最高級焼肉と聞いて、しんのすけは打って変わって大はしゃぎ。 ところがその時突然、白衣のおじさんが野原家に入って来た。 その直後、今度は恐そうなおじさんが乗り込んで来て白衣のおじさんを捕まえてしまう。 そして、のはら一家に向かって、白衣のおじさんから受け取ったものを渡せと凄む。 しかし、何も受け取っていないしんのすけたちは、なんだか怖くなってその場を逃げ出してしまう。 やがて、のはら一家は自分たちが指名手配されていることをテレビで知るのだったが….

次の

【作業用BGM】 クレヨンしんちゃん 歴代OP曲メドレー [ニコニコあっぷる]

クレヨンしんちゃん 名曲

りんごちゃんがアニメ作品の声優を務めるのは今回が初。 国民的アニメの映画シリーズ28作目 「クレヨンしんちゃん」の映画28作目となる本作には、地上のラクガキをエネルギーに浮かぶ王国・ラクガキングダムが登場。 ところが、時代の流れか地上ではめっきりラクガキが減り、王国は崩壊の危機に直面していた。 「ラクガキングダム」の王国軍は国の命運を懸けて、無理やり人間にラクガキをさせる作戦「ウキウキカキカキ作戦」を決行し、地上への進撃を開始する。 しかし、 その下にはなんとしんのすけたちが暮らす春日部が…!! りんごちゃんは、その「ウキウキカキカキ作戦」を実行し、地上の人間に無理やりラクガキをさせる指導官リンゴ・イチゴ・メロンの三役を担当する。 「何でも好きなものを描いていいのよ」とラクガキを勧める優しい指導官と思いきや、意に反する絵を描くと性格が豹変するリンゴたち。 バラエティー番組でも、かわいらしい声からドスの効いた声まで変幻自在に披露しているりんごちゃんならではの役柄だ。 同作の代表曲をドスの効いた声で歌う、ここでしか見られない貴重映像となっている。 最初は猫なで声で、春日部の人々に楽しくラクガキさせようと試みるものの、意のままにならない面々を前に急変し圧力をかける、ある意味ツンデレキャラ。 普段とても穏やかで癒やし系のりんごちゃんですが、突如スイッチが入り、武田鉄矢さんや大友康平さんに変身して歌い出してしまう変わり身の早さを目の当たりにした時、この役はりんごちゃんしかいない!とスタッフ一同満場一致! さらに本編では、りんごちゃんのこれまでのレパートリーにはなかった名曲の替歌も披露していただきます! 「映画クレヨンしんちゃん」ゲスト声優史上初の三役に加え、楽曲披露までチャレンジしていただきますが、その虹色ボイスで意気揚々と暴れまくって、しんのすけらを脅かす存在になっていただけたらうれしいです! 野原しんのすけコメント りんごちゃ〜ん! はじめまして〜! りんごちゃんがリンゴとイチゴとメロンの役を三つもやるんだよね? りんごちゃんがリンゴをやって、メロンとイチゴにもなって…オラはみかんはおこたで楽しむタイプ〜!ってなんの話? お声がかめれお〜ん!! でもでも、無理やりラクガキかかせるなんて、そんな事…オラたち子供に失礼しちゃうゾ! オラとりんごちゃんのコラボレーション! スターティン!(ザテレビジョン).

次の

クレヨンしんちゃんの超有名な声優10人!野原家編と幼稚園編まとめ

クレヨンしんちゃん 名曲

1992年からテレビ放送が始まり、常に子ども世代から絶大な人気を獲得してきたアニメ「クレヨンしんちゃん」。 言うまでもなくアニメ本編は魅力的ですが、時代とともに変わる「主題歌」も多くの視聴者の記憶に残っています。 そこで今回はAWAで聴ける楽曲の中から、クレヨンしんちゃんの主題歌として使われた名曲を集めてみました! 様々な時代の主題歌をご紹介しているので、子どもから大人まで盛り上がれる名曲集になっています。 クレヨンしんちゃんのオープニング曲集! 耳に残る名曲7選 「オーラはすごいぞ 天才的だぞ」のフレーズでおなじみの、代表的な主題歌です。 アニメでは1993年~1995年まで流されており、2017年にはヒャダインが編曲した「25thMIX」がリリースされました! また、2018年には東武線春日部駅の発車メロディーに選ばれるなど、今では抜群の知名度を誇る名曲として広く知られています。 楽しい雰囲気の歌であるため、子どものダンス曲やカラオケ曲としてもぴったりでしょう! 元々はB. クィーンズが、1992年に発表した6枚目のシングル曲です。 2012年にはロックバンド「神聖かまってちゃん」とのコラボが実現し、20年の時を経て再リリースされました! 賑やかな雰囲気の曲ですが、実は歌詞では恋が叶わない男性の心情が描かれています。 クレヨンしんちゃんの歌には、この曲のように大人になってから歌詞を理解できる作品もあるので、歌詞に注目することもおすすめです。 タレント「ベッキー」の歌手デビュー作となった、2009年発表の作品。 歌い出しは小石につまずいてしまうフレーズから始まりますが、全体としては大切な人と一緒にいるだけで、心が元気になれるポジティブなストーリーが描かれています! メロディーも明るく心がウキウキするので、気持ちが沈んでいる時にもおすすめしたい1曲です。 クレヨンしんちゃんの歌としては珍しく、激しいビートや過激な歌詞が特徴的な楽曲です。 リリースが待ち望まれた影響で、2011年にはアルバム「Dejavu」の10曲目に収録されました! 女性目線から破天荒な恋愛を描いた楽曲であり、まるで登場人物の心情を表したかのような、セクシーで大迫力の歌声にも注目したい1曲です。 2011年に主題歌として選ばれた、AKB48のスピンオフユニットが歌い上げる楽曲。 歌謡曲のような雰囲気が感じられる作品であり、人生を前向きに捉えるポジティブな歌詞が特徴的です! 「夢をあきらめるな」や「運も開けてくるさ」など、背中を押してくれるようなフレーズが多いため、悩んだ時や行き詰まった時などにぜひ聴いてみましょう。 2012年10月から主題歌として流された、翌年1月リリースの両A面シングル。 2曲目には「ふりそでーしょん」が収録されており、シングル売上 週間 では最高で3位にランクインされました! 作詞・作曲を担当した中田ヤスタカ氏の世界観が存分に演出されており、いつの間にか耳に強く残る1曲です。 歌詞がシンプルで子どもが理解しやすい点も、この曲の魅力的なポイントでしょう! 2018年7月に、主人公「野原しんのすけ」の声優が変わったタイミングで主題歌となった楽曲。 つい踊ってしまうような軽快なメロディーと、明るいワードを詰め込んだ歌詞が魅力的な1曲です! この曲には「スカッとダンス」と呼ばれる振付があり、YouTubeのオフィシャルチャンネルに動画がアップされているので、子どものダンス曲としてもぴったりでしょう。 クレヨンしんちゃんのエンディング曲集! 懐かしさあふれる名曲3選 アニメ初期のエンディング曲に選ばれた作品。 1980年代に生まれた方にとっては、懐かしさを強く感じられる楽曲でしょう! 歌詞中では、大切な人の幸せを願って歌を贈るストーリーが描かれており、メロディーからも温かい雰囲気が感じられます。 大人になってから歌詞を見てみると、印象が変わる1曲になるかもしれません。 元々は日本の歌手である「小川七生」が、1997年にリリースした作品。 キラキラしたイントロと共に、「月灯りふんわり落ちてくる夜は」のフレーズから始まる歌い出しが印象的な楽曲です。 切ない歌詞とメロディーが魅力であり、大人になってから聴いても感動しやすい1曲でしょう! 2014年には「水曜日のカンパネラ」が、アルバム曲としてカバーしたことでも話題になりました。 のんびりとした雰囲気が魅力的な、2004年リリースの楽曲です。 歌詞では主役である「蟻 あり 」が、エサを求めて旅に出る光景が綴られています! いつもと同じように旅に出ると、蟻の目の前には溺れているカマキリが。 本来、蟻にとってカマキリは敵とも言える存在ですが、蟻は仲間を呼んでカマキリを助けます。 このように優しい物語が歌われているので、温かい気持ちにもなれる1曲でしょう。 クレヨンしんちゃんの劇場版曲集! 映画も思い出す名曲5選 2015年公開の映画、「クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃〜」の主題歌になった楽曲。 映画の舞台と同じく、メキシコの雰囲気があふれるメロディーであり、歌詞中でも陽気なフレーズが多く使われています! 友達に素直な感謝の気持ちを伝えている歌でもあるため、保育園や小学校などで流す曲としてもぴったりです。 2014年に公開された、「クレヨンしんちゃん ガチンコ! 逆襲のロボとーちゃん」の主題歌に選ばれた楽曲。 ゲーム音のようなサウンドがバックで流れており、リズミカルなメロディーラインも相まって、楽しい雰囲気が演出されています! 全体的に明るく楽しい曲ですが、歌詞からは映画と同じく「家族の大切さ」も感じられる作品です。 「クレヨンしんちゃん爆睡! ユメミーワールド大突撃」の主題歌に選ばれた、2016年リリースの楽曲。 タイトルの通り、友達の大切さを歌った友情ソングであり、PVに「ダチョウ倶楽部」が登場していることでも話題になりました! 素直に感謝を伝えられる楽曲なので、普段仲良くしている友達とカラオケなどへ行った時に、ふと歌ってみてはいかがでしょうか? 2013年公開の映画、「クレヨンしんちゃん バカうまっ! B級グルメサバイバル!! 」の主題歌を飾った作品。 「SEKAI NO OWARI」がブレイクしたきっかけにもなり、同バンドでは最大のヒットシングル曲になっています! ポジティブな歌詞と聴きやすいメロディーが魅力的であり、若い世代からは高い知名度を誇るので、カラオケ曲として選んでも盛り上がるでしょう。 映画「クレヨンしんちゃん 超時空! 嵐を呼ぶオラの花嫁」の主題歌に使われた、2010年リリースの楽曲です。 大切な人が旅立っていくシーンが歌詞の舞台であり、寂しい想いを隠しながら「おめでとう」と伝える切ない気持ちが歌われています! 背中を押すようなフレーズが多いので、大切な人への応援歌としてもぴったりです。 , , , Copyright AWA Co. Ltd. All rights reserved. Apple and the Apple logo, iPhone, Mac, Apple Watch, CarPlay are trademarks of Apple Inc. , registered in the U. and other countries. App Store is a service mark of Apple Inc. Google Play is a trademark of Google Inc. Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。 Copyright AWA Co. Ltd. All rights reserved. Apple、Apple ロゴ、iPhone、Mac、Apple TV、iPad、Apple Watch、CarPlayは米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。 App Store は Apple Inc. のサービスマークです。 Google Play、Android、Android TV、Android Wear、Android Auto、Chromecastは、Google Inc. の商標または登録商標です。 Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。

次の