ぎっくり腰 対処 法。 ぎっくり腰にコルセットの正しい使い方!ぎっくり腰を早く改善するための使い方を教えます!

ぎっくり腰になったら…急性腰痛症の治し方・対処法 [ぎっくり腰] All About

ぎっくり腰 対処 法

ぎっくり腰にコルセットは逆効果ってほんと? ぎっくり腰になったときに痛みを和らげる目的でコルセットを購入したり、医師から処方されたことのある方も多いのではないでしょうか。 ぎっくり腰にコルセットは、骨盤や姿勢を正しい位置に矯正してくれるので、ぎっくり腰の痛みを和らげてくれる一方で、コルセットに頼りきりになると、 筋肉が弱まってしまうというデメリットもあります。 そのため、ぎっくり腰になったときでも、いつでも長い時間コルセットを着けていれば良いというわけではなく、正しい使い方や着脱のタイミングを知っておくことが重要です。 今回の記事ではそんなコルセットについて、正しい使い方や、ぎっくり腰になったときにコルセットをつけるメリットやデメリットについてお伝えしていきます。 ぎっくり腰になったときのコルセットの正しい使い方は? ぎっくり腰になって始めてコルセットが必要になったという方は、そもそもコルセットにどのような効果があるのか、どこで買ったら良いのかすらわからないということもあるかと思います。 ここでは、 ぎっくり腰になったときのコルセットの正しい使い方として、コルセット着用の効果、コルセットはいつまで着けていたら良いのか、コルセットはどこで購入したら良いのかを解説していきます。 骨盤を 正しい位置に矯正する• 傷ついた 筋肉への負担を軽減する(痛みが減る)• 腰がサポートされることで 精神的な安定感が得られる• 患部を固定して 運動機能を制限する この中でも特に重要なのが、 運動機能を制限することです。 コルセットをしていないと身体が動きすぎてしまうため、普段通りの生活をしていても、ぎっくり腰で傷ついた筋肉への追い討ちのダメージを与えてしまうことになります。 ぎっくり腰になった時に、まず一番大事なのは 筋肉を休ませてあげられるように安静にすることです。 とはいえ、たとえ一日中家のベッドの上で安静にしていたとしても、お手洗いにいったり食事をとったりと最低限の行動は必要になりますよね。 筋肉がさらに傷つき続ければ、最悪の場合には筋肉の断裂や、脊椎の圧迫骨折を誘発してしまい、まったく動けなくなってしまうこともあります。 そうなってしまえば、病院への入院も必要になるでしょう。 こうなってしまえば動けるようになるまで1週間どころか、何ヶ月もかかってしまうような症状になりますから、こういった最悪の事態を防ぐためにも、ぎっくり腰になってすぐの期間は、 なるべくコルセットを着用しておくのが良いでしょう。 ぎっくり腰になってすぐの期間は、可能な限りコルセットを着けておくのが良いですが、ぎっくり腰の痛みが治まってきてからも じわじわとした痛み(疼痛)が続いている間はコルセットを着けておくのが良いでしょう。 ぎっくり腰は一度なってしまうと再発しやすくクセになる症状ではありますが、こういった回復期間にもコルセットを着用することで、 筋肉への負担を軽減して 完全回復までの期間をサポートしてあげることができます。 価格は、市販のモノでもピンからキリまでありますが、安いものでは1000円くらいから購入が可能です。 しかし、自分のぎっくり腰の症状や自身の体型にあったコルセットを選ばないと、ぎっくり腰の症状を緩和させるどころか、逆に傷ついた筋肉にさらに負荷をかけてしまい 症状が悪化してしまう危険性もあります。 きちんと自分の症状にあったコルセットを手に入れたい方は、 整形外科の医師や整体院の先生などに相談をするのが良いでしょう。 病院などでコルセットを購入する場合には、保険適用が効きますので、相場としてはだいたい3000円前後で手に入れられます。 コルセットを使い続けると筋肉が弱まる?コルセット着用のデメリットは? コルセットは自分にあったモノを選び、正しく使用すればぎっくり腰の回復を早める効果が期待できますが、自分に合っていないサイズを選んだり間違った使い方をすると、 ぎっくり腰の症状を悪化させることも起こります。 特に気をつけたいのが、ぎっくり腰の症状が治ってきてからもコルセットを使用し続けると、腰回りの筋肉が弱ってきてしまい、逆にまた ぎっくり腰が再発するリスクを高めてしまう点です。 例えば、自分の骨を守るために腰や背中に、もう一本の新しい骨を加えてみたらどうなるでしょう?最初のうちはお互いに負荷を分散させてうまく共存できるのですが、時間が経過して慣れてくると、今までの骨や筋肉たちは働くことをサボりはじめてどんどんと弱くなっていってしまいます。 コルセットを着用し続けることのデメリットがまさにこれで、ぎっくり腰から回復してからも長期間コルセットを着用し続けると、自分の骨や筋肉がどんどん弱くなっていってしまうのです。 具体的には 腹筋や背筋といった体幹をサポートする筋肉が弱くなっていきます。 ですので、コルセットはぎっくり腰の症状が治るまでは着用しておくのが良いですが、症状が完治してからの着用はあまりオススメはできません。 コルセットには姿勢矯正などの効果も期待できるので、日常的に使用し続けたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、できる限りは、コルセット無しでも骨盤や筋肉に負担のかかりにくい正しい姿勢を身につけられるようにしていくのが良いでしょう。 正しい姿勢を身につけるには、近所の評判の良い 整体院や整骨院を受診したり、 ヨガやピラティスなど健康的な筋肉と骨を作れる運動週間を作るのがオススメです。 姿勢というのは意識していないと、だんだんと悪くなっていきがちなものですから、姿勢を正しく矯正するための時間を習慣化していけるのが良いですね。 ぎっくり腰にコルセットは逆効果?!コルセットの正しい使い方教えます!まとめ 今回の記事では、ぎっくり腰になったときはそれ以上症状を悪化させないようにコルセットを着用することが効果的であることを説明しました。 一方で、ぎっくり腰が完治した後もコルセットを着用し続けると体幹をサポートする筋肉がだんだんと弱まっていってしまうため、痛みが完全になくなったらコルセットの着用は避けるのが良いでしょう。 コルセットを着用していると、一時的には筋肉への負担が軽減されるため楽に感じるかもしれませんが、ぎっくり腰の根本的な原因を解決していくには、腰回りの筋力を強化したり柔軟性を上げていくことが重要です。 日頃の運動習慣を持つなどして、あまり コルセットに依存しすぎないようにしていきましょう。

次の

ぎっくり腰対処法・家庭編 [ぎっくり腰] All About

ぎっくり腰 対処 法

ぎっくり腰とは、「グキッ」と急に発生する腰痛の総称 ぎっくり腰には、原因不明の腰痛症や腰椎椎間板ヘルニアの初期の段階も含まれ、痛みの激しさなどから、 「 魔女の一撃」 とも言われています。 そもそも、二足歩行の人間は重心が高い割りに体重を支える面積が小さいので腰痛・ぎっくり腰を起こしやすいのです。 人は進化の過程で直立できるようになりました。 骨盤は水平から60度しか起き上がっておらず、直立するために腰部分の骨は前にカーブしています。 背中部分の骨は後にカーブし首にかけてもう一度前にカーブするというS字の仕組みになっており、 この腰部分のカーブが 人の腰の弱点になっているのです。 その骨盤の上に腰骨が乗っているわけで30度の傾斜の上に立つのと同じ状態です。 そのため、支えている腰の部分に負荷がかかるので、傾斜の上に立つ腰骨を支える 周辺の腹筋や背筋を 日ごろから強化する必要があります。 <ぎっくり腰の原因> あなたは、いくつあてはまりますか? 1 最近、急に太った 2 現在標準体重をオーバーしている 3 あぐらをかいたり、横座りすることが多い 4 近距離でも車に乗ることが多い 5 柔らかい敷布団が好きだ 6 ハイヒールをよく履く 7 イスに座る時、浅く座るのがくせだ 8 重い荷物をよく持つ 9 中腰の姿勢になることがよくある 10 最近めっきり運動不足だ 11 タバコをよく吸う 12 冷え性だ ひとつでもあれば、「ぎっくり腰」の黄信号、3つ以上なら 赤信号です <ぎっくり腰の原因> このような傾向の人はぎっくり腰になりやすい ・肥満気味 肥満は腰への負担が大きく、ぎっくり腰の天敵です。 特に、急に太った人は要注意です。 ・「あぐら」や「横座り」をよくする あぐらや横座りも背骨が横に曲がるため、ぎっくり腰には厳禁。 理想は正座ですが、ひざへの負担も懸念されるため正しい姿勢でイスに座る生活が理想です。 猫背だったり足を組むのがくせだったりと、姿勢が悪いのも腰への負担が増すので注意してください。 健康情報 ・車に乗ることが多い 低いシートに長時間座る状態で腰に振動が加わると腰の筋肉が疲労します。 その後、急に体をひねった状態で立ち上げるのは、ぎっくり腰の危険因子になります。 腰痛はタクシー乗務員の職業病とも言われています。 ・柔らかすぎる敷布団で寝ている 布団が柔らかすぎると寝たときにお尻が落ち腰部分の背骨のカーブが増します。 習慣になっていれば腰への負担も増えるため寝具は固めを使用してください。 柔らかすぎるソファーも同様に要注意です。 ・ハイヒールをよく履く 立った時お尻が突き出て腰がくびれるのが悪い姿勢で、習慣になっている人は気をつけましょう。 ・イスに浅く座ることが多い 背もたれに、もたれながら浅く座る、例えば映画館の座席でついやってしまう姿勢です。 一見楽そうですが斜めに体重がかかり腰への負担は大。 しかも、長時間この姿勢を続けた後に急に起き上がったりすると、魔女の一撃・ぎっくり腰が襲ってくる恐れが高まります。 ・重い荷物を中腰で持ち上げる機会が多い 慢性的に腰へ無理がかかっているため、ぎっくり腰とは常に隣り合わせの状態です。 重い荷物を持ち上げるときは腰を落とし、なるべく体に荷物を近づけてから力を入れるように。 また背骨などを支える筋肉の低下も避けなければならず、運動不足であれば軽い運動を始めることなどを心がけてください。 重い荷物を持ち上げる時 脚を前後にずらした状態で片方の膝をつき、 持ち上げる物に手をかける。 背筋を伸ばしたまま、脚の力を使って、 まっすぐ立ち上がる。 この方法だと腰への負担は軽くなる。 前かがみの姿勢で物を持ち上げると、 腰には立っているときの4〜5倍の 負担がかかる。 ・タバコを吸う 喫煙により血管が萎縮して血行が悪くなり、腰の筋肉への血流に悪影響を及ぼし筋肉疲労が溜まります。 ・冷え性だ 冷え性も血行が悪くなるという点からリスクは高くなります。 寒い季節は、くれぐれも腰を冷やさないように。 腰椎の疲労がぎっくり腰の原因 腰椎のうち、上から4番目と5番目が一番傷みやすい。 知らないうちに疲労し、椎間板・椎間関節・周囲の筋肉に障害を起こし激痛を生む ウィークポイントになる。 1 椎間板の障害 椎間板は椎骨と椎骨の間のクッション。 老化現象で椎間板が薄くなると、椎骨同士が こすれ合うなどして痛みを生じる。 2 椎間関節の障害 椎間関節が薄くなると、関節のかみ合わせが悪くなり、 靭帯(じんたい)を傷つけ急性の痛みを起こす。 慢性化すると関節の変形も起こる。 3 筋肉の障害 椎骨を支える筋肉に無理な力が加わると、 筋肉や腱の一部が断裂し痛みを生じる。 腰椎が痛むと筋肉の障害も起こりやすい。 <ぎっくり腰の対処法> ぎっくり腰「グキッ」といったら、とにかく安静 日常生活のあらゆる所に「ぎっくり腰」の危険因子は潜んでいます。 「ぎっくり腰」に、最もなりやすい場面 これらの動作をする時は、慎重になることです。 ・体が冷えている時 ・同じ姿勢を長時間続けている時 ・重たい物を持つ時 ・くしゃみ ・不自然な姿勢で動作をする時 ・急激に体勢を変える時 また、ぎっくり腰「グキッ」といってしまったら、とにかく安静にすること。 ひざを抱きかかえるように丸まった姿勢で横に寝ます。 できれば、お風呂につかってゆっくり温まり、消炎剤入りの湿布などを貼るといいでしょう。 痛さが激しければ、痛み止めの服用も。 2週間ほど安静にしておくのが理想ですが、どうしても動かなければならない時は、 3日目くらいから腰痛ベルトや コルセットを 骨盤を中心にして強めに巻いてください。 腹内圧が高まり少しは楽になります。 ただし、長期使用は筋力が弱るために避け、痛みが引かない場合は医師に相談を。 ぎっくり腰になったら 体をひねって腰痛のストレッチ体操 1 あおむけに寝て、両ひざを立てる 2 両肩が床から離れないようにして、 両ひざをゆっくり真横に倒す。 倒した状態で、10秒程静止 3 左右それぞれ10回ずつ <コツ: ひざを倒す時は、息を吐きながら> 腰痛の時は、真横に倒したとき ひざが床に 着きませんが、 できるところまでで構いません。 このストレッチ体操を毎日やっていると、ひざが床に着くようになり 腰痛も少しずつ良くなります。 腰の具合が少しおかしいと感じた 日は、 このストレッチ体操を。 ぎっくり腰など、急な腰痛になった 時の 痛みの緩和にも有効です。 温熱療法 1730 円 大判サイズなので、腰全体に使えます。 温・冷、2WAYタイプのパッド。 電子レンジで温めて乗せるだけで腰や足を温めます。 <ご注文方法> ご注文は、電話・ファックスでも承ります。 電 話 072-811-5170 ファックス 072-811-5175 ファックス注文用紙 メモ用紙に品名・住所・氏名・電話番号を記入し ファックスしていただいても結構です。 <送料・お支払い方法> 送料(日本全国共通・含む北海道・沖縄・離島) お買上金額合計 4500円以上・・・送料無料 4500円未満・・・550円 お支払い方法 安心の料金後払い。 商品と到着後に、郵便局・銀行でお支払いください。 (振込手数料はお客様でご負担ください。 ) 代金引換もご利用いただけます。 (代引き手数料無料) <商品発送> 商品発送 80%の商品は3日以内に発送しています。 宅配業者 ヤマト運輸・佐川急便・日本郵便 サイズ交換・商品返品 万一、不良品やサイズが合わない場合はすぐに交換 いたします。 (使用済み商品にも対応いたします。 ) 商品返品時の送料は、お客様ご負担でお願いいたします。 072-811-5170 Fax:. 072-811-5175 担当:角野(かどの)俊三 メール.

次の

ぎっくり腰の原因と対処法【はつらつライフ】

ぎっくり腰 対処 法

ぎっくり腰で動けない……。 そんな時、一体どうすればいいのだろうか(イラスト 平井さくら) ぎっくり腰とは何か? ぎっくり腰は、重い荷物を無防備な状態で持ち上げようとしたり、床に落としたものを拾おうとしたり、くしゃみやせきをした拍子に起こることが多い。 現代人は、長時間パソコンに向かったり、スマートフォンをチェックしたりするため、猫背や前かがみの姿勢になりがちだ。 「腰椎の4番目(L4)と5番目(L5)の間にある椎間板(L4/5椎間板)には、 無防備に前にかがむだけで200kgの物がのっかるくらいの負荷(200kg重)がかかります」(松平さん) 「その状態で物を持ち上げたり、くしゃみで瞬間的に前かがみになると、腰にはさらに負担がかかり、椎間板の髄核が大きくずれて線維輪を傷つけてしまうことがあります。 それが典型的なぎっくり腰です」(松平さん) 「私は、猫背や前かがみ姿勢に伴う、主にL4/5椎間板にかかる負担を 『腰痛借金』と呼んでいます。 借金がたまった結果の 『二大事故』がぎっくり腰と椎間板ヘルニア(*1)。 事故を未然に防ぐためには、姿勢を良くして借金をためないことと、たまった借金を返済することが大切です。 前かがみの姿勢でたまった借金は、腰を後ろに反らすことで返済できます(詳細はをご覧ください)」 松平さん 痛くても安静はNG ぎっくり腰は痛みが激しいため、特に初めての時はパニックになりがちだ。 「発生直後は確かに気が動転して動けなくなることもあるでしょうが、落ち着けば意外と動ける場合も少なからずあります。 まずは気持ちを落ち着かせ、平常心に戻ってきたら、できる範囲で 『ぎっくり腰体操』と 『レッグレイズ』をやってみましょう。 これらを行うと痛みをやりすごすことができたり、回復が早まる可能性があります」(松平さん) FEATURES of THEME テーマ別特集• 激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。 今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。 中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。 前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。 前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。 今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。 健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。 異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。 数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。 では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。 今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

次の