ポカリ お 酒。 【都市伝説】お酒にまつわるアレって本当? 「ポカリ」「エナジードリンク」お酒と合わせると危険なのはどっち?

「お酒とスポーツドリンクはNG」は嘘?ほんと?真相を調べてみた

ポカリ お 酒

二日酔いに効く飲み物にポカリは逆効果 楽しいお酒の場で勢い余って飲んでしまうと、次の日に待っているのが二日酔い。 吐き気や頭痛、だるさなどで、仕事が全然手につかない、せっかくの休日が寝て終わり、ということもあるかもしれません。 ところで、「二日酔いになったら、ポカリやアクエリアスなどのスポーツドリンクを飲んだらいい」と聞いたことがあるかもしれません。 これは、スポーツトレーナーから言わせてもらいますと、ただの都市伝説、間違っていると言わざるを得ません。 その理由をお伝えします。 なぜ、二日酔いにポカリはダメなの? まず、二日酔いというのは、まだ体にアルコールが残っている状態です。 体内のアルコールを分解している途中で、アセトアルデヒドという有害物質に変わります。 それが二日酔いの原因なのです。 そこで、スポーツドリンクを飲むとどうなるでしょう? スポーツドリンクは体に吸収される効率が良いように作られています。 ということは、スポーツドリンクと一緒に体内のアセトアルデヒドも一気に体内を回りだします。 まるで、寝ていた子供を起こして、再び走り回って、家の中を散らかす、そんな感じです。 水分補給という点では良いです。 でも、 それなら、水で十分です。 特に下痢をしたら、下痢と共に体内の水分が外に出て行ってしまいます。 だから、ポカリヤアクエリアスなどのスポーツドリンクではなく、 水をたくさん飲むようにしてください。 これはお医者さん、看護師さんに聞いた、正しい方法ですから。 スポンサードリンク 二日酔いに効く駄菓子って何? それは ラムネ菓子です。 コンビニに必ずと言っていいほど置かれています。 一つ100円もしないくらいで買えます。 このラムネ菓子が二日酔いに効くと最近話題になっています。 その理由を説明します。 なぜ、これが効くの? ラムネ菓子の主成分はブドウ糖、片栗粉、クエン酸です。 お酒を分解するために、体の中のエネルギーが必要になります。 そのエネルギー源となるのがブドウ糖なのです。 お酒を飲む時にブドウ糖が少ないと、二日酔いになりやすいです。 「空きっ腹で飲むと、酔いが早く回る」というのは、軽い飢餓状態の体の中にアルコールが入ってきて、それを全力で取り込もうとすることと、そのアルコールを分解するためのブドウ糖が体内にないからです。 そのブドウ糖を補ってくれるのがラムネ菓子なのです。 更に、クエン酸は肝臓の働きを助けてくれます。 アルコールは肝臓が分解します。 例えば、仕事がたくさん振り分けられたとします。 「こんな量、一人でできるわけがない!パソコンも電卓も何もないのに・・・」 あなたは今そのような状態です。 でも、ここでパソコンや電卓が用意され、「俺手伝うよ!」と仲間が助けてくれたら、仕事もはかどりますよね! そのような状態にしてくれるのがクエン酸なのです。 どのタイミングで食べておけばいい? まず、飲みに行く事がわかっているならば、事前に食べておきましょう。 アルコールを分解する武器を、あらかじめ体の中に入れておくのです。 もちろん、飲み会が終わった後にもラムネを食べましょう。 今すぐ取り入れましょう 卒業式や入社式、人によっては入学式のタイミングでお酒を飲む機会があると思います。 お酒は楽しく飲むべきです。 だからこそ、二日酔いの後始末は切っても切り離せない問題です。 「お酒を飲む時はラムネ」 これを今から徹底しておけば、二日酔いはかなり軽減されます。 それって後悔してもし切れないくらい、落ち込みます・・ そうならないために、家に一つ置いておくのをオススメします。 これらは実際に使用した方の感想です。 この声からもわかるとおり、非常に人気があり、ランキング1位を獲得するほどの高品質です。 いざという時のために、常備しておいてくださいね。 二日酔いにならないため、なった後に速攻で直す裏技はこちら.

次の

ポカリスエットとアルコールの関係性|酔いやすくなる噂は本当か?

ポカリ お 酒

「スポーツドリンクとお酒の組み合わせは酔いが回りすぎるから危険」という話はお酒を飲んだことのある大人なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?実際に試したことが無いので本当のところはどうなのか分からなくても、危険だと言われているのにわざわざあえてお酒とスポーツドリンクを合わせて飲んだりしないですよね。 ネットで調べてみても 「危険」、 「無害」、むしろ 「いい」なんてお酒とスポーツドリンクの関係についてはさまざまな意見が乱立していて謎は深まるばかり。 今回は、なぜその説があるのか、根拠となる裏側を詳しく掘り下げていきたいと思います。 お酒を飲んだ時の身体の変化を元に、お酒とスポーツドリンクの組み合わせを改めて考えてみましょう。 お酒を飲むとアルコールが胃と小腸で吸収され、血液中に溶け込んでいきます。 アルコールを含んだ血液は太い静脈を経て肝臓に送られます。 肝臓は体内の毒素を分解する働きを持つ臓器ですが、アルコールも毒素だと認識されるので肝臓で分解されます。 しかし、 肝臓が一度に分解できる毒素の量は限られています。 例えばシュレッダーを想像してみてください。 一度にたくさんの紙を入れると必ず詰まりますよね。 その現象と同じです。 一度にあまりにも多くの毒素を肝臓に運んでも、限界を超えた量を分解することはできないのです。 分解されなかったアルコールはそのまま血液に乗って全身に送られます。 そしてアルコールが脳に達すると「酔い」が起こるのです。 脳の理性をつかさどる部分にアルコールが到達するといつもとは違った様子になったり、その人の本能的な部分がより見られやすくなると言われています。 血中にアルコールが大量に存在していると、肝臓は飲み終わった後、睡眠中でもフル回転でアルコールを分解し続けます。 その際に分解を助けるのがブドウ糖です。 なので、 お酒を飲んだ後は低血糖症になりやすいのです。 飲んだ後に締めのラーメンを食べたくなるのは、一説によると脳が麺に含まれる糖分を欲しがっているからだ、とも言われています。 ではお酒とスポーツドリンクの組み合わせが危険だと言われる理由は、具体的にどのようなところにあるのでしょうか。 まず、スポーツドリンクとは、 運動中に失われた水分・塩分・ミネラル・ビタミンを素早く補給できるように成分が調整された飲料のことです。 体液に近い浸透圧に調整されることで普通の水より体内に浸透しやすくなるのです。 発熱したときにスポーツドリンクを飲むのは、発熱に伴う汗で体内の水分が著しく失われていくのを補うためなのですね。 そのような性質を持つスポーツドリンクなので、お酒を飲んで血液中にアルコールがある時にスポーツドリンクを飲むと、スポーツドリンクと一緒に アルコールがいつもよりも素早く、多く身体に吸収されてしまうことになるのではないか、と考えられることが危険だと言われる理由のようです。 では実際のところ、お酒とスポーツドリンクの組み合わせは危険なのでしょうか?諸説ありますが、 お酒を飲んだ後は肝臓がフル稼働することによって低血糖状態になっていることが多いので、 適度な糖分が含まれているスポーツドリンクはお酒を飲んだあとの水分補給を効率的におこなえる、と考えられます。 またお酒を飲むと アルコールの作用で身体は脱水状態になります。 塩分や糖分の濃度が人間の体液に近い状態に調整されているスポーツドリンクはそういった意味でも二日酔い防止のためにプラスに働いてくれそうです。 ただ、お酒を飲んだあとは甘いものを口にすると気持ち悪くなってしまう方も少なくはないでしょう。 身体に吸収されやすいからという理由の他にも、お酒をスポーツドリンクと併せて飲むことが危険だと言われるようになった理由はこのようなところにもあるのかもしれませんね。 ではドラッグストアでスポーツドリンクと並べて売られていることの多い栄養ドリンクや、飲めば元気の出るエナジードリンクとお酒の組み合わせはどうなのでしょうか。 ウコン入りの栄養ドリンクなど、お酒を飲む時向けの栄養ドリンクがコンビニなどで手軽に買えますよね。 二日酔いや肝臓への負担を軽減するためにもそのようなドリンクは賢く取り入れたいものです。 お酒を飲む時のために開発されたわけではない栄養ドリンクってそのほかにもたくさんありますよね。 お酒を飲んで帰宅したあとに「なんだか疲れたなー」とストックしてある栄養ドリンクを無意識に飲んでいる方も多いのではないでしょうか。 お酒と栄養ドリンクの飲み合わせが危険だということはありません。 しかし、 カフェイン含有の栄養ドリンクの習慣的な摂取には要注意です。 とあるアメリカの学生を対象にした調査の結果によると、 カフェイン入りの栄養ドリンクの日常的な摂取はアルコール依存症の発症を促すということが分かったのです。 カフェイン入りの栄養ドリンクが危険ということは、コンビニに並んでいるさまざまなエナジードリンクも摂取しすぎると危険だということです。 おなじみのカクテル「レッドブル・ウォッカ」も飲みすぎは危険なので注意が必要です。

次の

二日酔いよさらば!「ポカリ」を飲むと効果的であるという新常識

ポカリ お 酒

そもそも、スポーツドリンクは水に比べて吸収速度は遅いので、全く問題ありません。 「水分を素早く補給」は正しいのですが、「素早く吸収」は医学的に間違いです。 等浸透圧だと早く吸収されるようなイメージがあって広まった誤解ですが、さいきん「ハイポトニック(低浸透圧)」で素早く吸収というキャッチコピーが出てきましたね。 等浸透圧より低浸透圧の方が、素早く吸収されます。 なぜなら、体の中の塩分濃度が高い方が、水を引き込む力が強いからです。 であれば、一番の低浸透圧である真水が、一番吸収が早いということになります。 ただし、実際には、ポカリスエットを飲もうが、水を飲もうが、腸の中で濃い腸液と混ざって素早く「等浸透圧」になりますので、ほとんど意味のある差にはなりません。 なので、水で飲もうが、ぽかりで飲もうが、アルコールの吸収速度に意味のある変化はありません。 ポカリスエットが優れているのは、吸収された後の体の中での水分保持です。 真水だと、素早く尿になってしまいます。 ですので、飲むときの吸収は全く変わりなく、体内水分料の確保の点から合理的というのはご指摘の通りです。

次の