部屋 と ワイシャツ と 私 続編。 平松愛理「部屋とYシャツと私」の続編を発表!ネット民「サイコパス過ぎてヤバい」と恐怖に陥る事態に!

平松愛理、「部屋とYシャツと私」続編に大苦戦 8・28に30周年記念シングル

部屋 と ワイシャツ と 私 続編

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年9月) 「 部屋とYシャツと私〜あれから〜」(へやとワイシャツとわたし〜あれから〜)は、の28枚目の。 解説 [ ] 「部屋とYシャツと私〜あれから〜」は、に発売され大ヒットした「」の続編()。 結婚前の女性の心境を歌った原曲に対し、今作は夫婦として月日を重ねた妻の心情を描いている。 原作がヒットした後、続編の制作の話が何度も持ちかけられたが、「絶対に無理です」とこれをかたくなに拒み続けてきた。 しかし自身のデビュー30周年をきっかけに「これを書かないとその先はないという気持ち」で続編の作曲を決断したという。 原曲の作曲が2カ月だったのに対し、今作は半年の時間を費やした。 収録曲 [ ] (全作詞・作曲:平松愛理)• 部屋とYシャツと私〜あれから〜• きっと届け• ありがとう(神戸明舞イメージソング) 脚注 [ ] [].

次の

平松愛理、30周年記念「部屋とYシャツと私」続編ミュージックビデオに薬丸裕英

部屋 と ワイシャツ と 私 続編

シンガーソングライターの平松愛理が19日放送の『ノンストップ』(フジテレビ)にVTRで出演。 「部屋とYシャツと私」の続編を制作するに至った思いなどを語った。 デビュー30周年を迎えるにあたって制作された大ヒット曲「部屋とYシャツと私」の続編となる「部屋とYシャツと私~あれから~」。 続編を作って欲しいという話は以前からあったと平松。 これまではそういった話は全て断ってきたというが、「30周年が近づいてくるちょっと手前でふと考えたんです。 30年前と違ってきたこと、これからも変わらないでいて欲しいことというのが、このタイミングじゃないと、きっと5年とか経ったら書けないだろうなと思ったんです」と、曲を作るに至った思いを明かした。 1989年にデビューし、今年で30年。 デビュー当時は子宮内膜症に悩まされ、医師からは「お子さんは無理でしょう」と言われるほどだったと平松。 最初の「部屋とYシャツと私」はそんな苦難の中、書き上げた曲とのことで、そこには「(結婚生活への)憧れとシャレと、こんなだったらいいな」などの思いが込められているという。 その後も子宮の摘出や、出産&子育て、離婚など、この30年でさまざまな出来事があった平松。 そういった経験があったからこそ、今では「ちょっと痛い思い出とか、いろんな人との大きな別れとか、ということもすごくいいように受け止められるようになった」と話していた。 《松尾》.

次の

平松愛理、「部屋とYシャツと私」続編の歌詞完成に「6ヶ月以上かかりました」

部屋 と ワイシャツ と 私 続編

シンガー・ソングライターの平松愛理(55)が19日、フジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)にVTR出演。 8月にリリースした名曲の続編「部屋とYシャツと私~あれから~」を作った理由を語った。 1989年2月にソロデビューした平松は、92年3月に発売した「部屋とYシャツと私」が大ヒット。 デビュー30周年を迎えた今年8月には、その続編となる「部屋とYシャツと私~あれから~」をリリースして話題を呼んでいる。 平松は、「いつも周年を迎えるちょっと前になると、『部屋とYシャツと私』のあの夫婦はあれからどうなったのか、と。 そういう作品を書いて欲しいとずっと言われ続けてきた」と話した。 それを書くのは無理だと断り続けてきたが、30周年が近づくと「30年前と違ってきたこと、これからも変わらないでいて欲しいことっていうのが、このタイミングじゃないと、あと5年とかたったら書けないだろうなと思った」と、続編を書くことにした心境を語った。 デビューしてすぐに子宮内膜症を患いながらも、29歳で結婚後に自ら「ミラクル」と語る長女を出産。 その後離婚し、シングルマザーとして子育てと歌手活動に奮闘してきた。 そんな経験をした今だからこそ書けたという続編では、夫よりも子供を一番に考えるようになるなど、夫婦の関係性の変化が描かれている。 原曲について、当時結婚する友人から何か歌って欲しいと頼まれて書いたといい、「(歌詞は)あこがれと、ちょっとシャレと、こんなだったらいいなっていう(気持ちを書いた)」と話し、2カ月で書いたという。 しかし続編は、原曲と見比べながら書いたこともあり半年かけて完成したことも明かしていた。

次の