プリコネ カスミ。 プリコネRキャラ別おすすめランクまとめ【プリンセスコネクト!Re:Dive】|かずと と むぎ

【プリコネR】アリーナ/クエストおすすめのパーティ編成【プリンセスコネクト】

プリコネ カスミ

UBを先に撃ちたい ヒヨリミラーや、前中衛キャラが多いパーティに有効。 ただし先頭ヒヨリなので耐久力が厳しく、長期戦は不向き。 専用なしの水着サレンだとタマキの攻撃力不足でうち漏らしが発生したが、バフがついたことで安定性がup。 Point! ただし、マジカルカスミなどの水着サレンを止められる敵には要注意。 テンプレ系の編成なので敵に応じてタンクやサポは調整しても大丈夫です。 アタッカーは基礎クリティカルの高いヒヨリが特におすすめ。 アユミ ワンダー 入り編成 編成例1 サポート サポート アタッカー アタッカー タンク 行動速度デバフで優位に戦う アユミ ワンダー はスキルで全体に行動速度デバフを付与できる。 敵に星6ユイなどの行動速度バフ持ちがいる場合、 バフをデバフで上書きできる。 敵のUBループを崩すことが可能だ。 Point! ユイ入りの耐久寄りの編成に有効です。 アユミ ワンダー のUBの行動速度バフで、味方の手数を増やせるのも魅力の一つ。 マヒル レンジャー 入り編成 編成例1 サポート アタッカー サポート アタッカー タンク 星6リマや水着カオリなどの マヒル以外の吹き飛ばしキャラを編成して敵を固めるパターン。 固めたあとにマヒルやヒヨリのUBで削って倒す流れとなる。 UBでのバリアがかなり厳しいので星6タマキが必要になる。 バリア持ちがいなくなれば、マヒルの混乱や吹き飛ばしからアタッカー組の単体攻撃で突破しやすい。 リン レンジャー 入り編成 編成例1 サポート アタッカー サポート サポート タンク 継続性のある防御デバフを活かす リン レンジャー はミツキと異なり、先頭のキャラを基準としたデバフを付与する。 初回以降もデバフが無駄になりづらく、ツムギでまとめて倒す場合にも有効なサポーターだ。 編成例2 サポート アタッカー サポート サポート タンク 初回のデバフのみを活かす リンの初回のデバフ中に範囲攻撃で中衛や後衛を狙うパターン。 初手スタン持ちがいる場合はリンのデバフをキャンセルさせられる可能性があるので注意。 Point! バフ役は比較敵自由ですが、なるべく効果量の高いものを編成しましょう。 また、バッファーを 1枠TP支援キャラに変更することで更に初速をは早められます。 途中でマホなどのヒールが入っても削りやすいグレアが優秀。 ネネカ採用パターンも強力だが、ハツネの強力なスタンを上書きしスタンが短くなるので、カウンターを受けやすくなる点に注意。 自身でも単体攻撃でダメージをだし、残ったキャラの削りにも貢献できる。 ルナなどのTP支援でシオリからUBを使ってバフをまき、他の物理キャラで突破を狙う編成だ。 範囲攻撃で高いダメージを与えられる星6物理アタッカーとは特に相性が良い。 Point! タンクとしてだけでなく、UBでのリジェネやバフもかなり強力。 役割を多く持てるキャラなので汎用的に編成できます。 星6イオ入り編成例 編成例1 サブアタ アタッカー サポート サポート タンク サブアタッカーとして編成する イオは瞬間的なダメージを出すのは難しいキャラクターなので、メインアタッカーとしての運用は難しい。 UBやスキルでの削りとTPダウンの遅延が主な役割となる。 編成例2 サポート サポート サポート サポート タンク TP減少でじわじわ削る型 相手の編成に全体ヒーラーや範囲魔法バリア持ちがいない場合に有効。 イオとカスミ マジカル のUBを回して敵のUBを封じつつ削っていく。 ノゾミ クリスマス 入り編成例 ノゾミ クリスマス 入り編成例1 サポート アタッカー アタッカー サポート タンク 範囲物理対策に有効 ノゾミを先頭にしTP支援することで、敵の範囲物理UBより早く防御バフUBを打ちやすくなる。 バフ後は物理攻撃に弱いネネカでも、星6リノのUBを耐えて戦うことが可能だ。 星6リノ入り編成例 星6リノ入り編成例1 サポート アタッカー サポート サポート タンク TP支援を入れてリノUBを早めに使おう 星6になることでUBの火力を大きく上げられる。 TP支援ができるユカリや水着サレンとは特に相性が良い。 高威力のUBで防御の低い後衛キャラをワンパンしよう。 のこった枠でバフやデバフができるキャラを採用して、一発の威力を伸ばそう。 ハロミソのUBは発動してからダメージにいくまでがやや遅いため、敵のUBwo遅らせて妨害が入らないように調整しよう。 TP回復持ちを編成してUB発動を早め、敵のアタッカーを速攻で倒そう。 キャルだけではタンクの突破が難しいのでTP支援枠をアタッカーに調整するのもあり。 ハツネとネネカでは残ったタンクの削りが難しいため、ルナやプリペコのような単体攻撃持ちもセットで編成したい。 デバフ中であれば魔防が低めのキャラはネネカの範囲攻撃などで突破できる。 同様の能力を持つリマなどと組み合わせて敵同士の距離を縮め、破断剣やヒヨリUBで突破しよう。 ただし、星6キャラが複数編成される現環境では、 ムイミをアタッカーにする編成を通しづらい点に注意したい。 ハロウィンシノブ入りパーティ例 アタッカー サポート アタッカー アタッカー タンク リン レンジャー のデバフと合わせる ハロウィンシノブの強力な範囲攻撃やUBを活かしたい。 敵の物理防御力を大きく下げられるリン レンジャー やミツキなどを組み合わせてメインアタッカーとして運用しよう。 ただし有効な相手は基本魔法パ。 タンクはシオリで突破 タマキだけではタンクを突破するのが難しいので、アタッカーはもう1キャラ編成したいところ。 入手難易度が低めな星2キャラかつハードでピースを集められるシオリを採用。 Point! 後衛アタッカーはシオリの他にスズナやアリサが優秀。 魔法キャラを採用した場合であればキョウカ、水着キャルもオススメです。 範囲物理パ編成例 簡易版 中衛 中衛 中衛 前衛 前衛 サポート アタッカー アタッカー アタッカー タンク サポート タンク ミツキのデバフを活かす編成 強力な範囲攻撃持ちである専用ミミやニノンを編成して、大ダメージを狙う編成。 ミツキの防御デバフでフィールド内の敵の物理防御を下げられるため、範囲攻撃と相性が良い。 そのため、単体攻撃のスキルと合わせて敵タンクの突破を狙える。 魔法キャラを使い分けよう 魔法パはデバフを付与して魔法攻撃で削るのが基本的な戦い方。 魔防デバフキャラ以外は相手のパーティに合わせて選ぶのがオススメ。 リノ砲パーティ編成例 後衛 後衛 中衛 中衛 前衛 サポート アタッカー サポート サポート タンク TP支援でリノのユニバを加速 ユカリ、ユキのTP支援を受けてリノのユニバを加速させる編成。 魔防特化のクウカ相手には、特に有効なパーティとなる。 敵防衛にタマキがいるならタンクは2体編成 タンクが1体の場合はタマキの魔法攻撃ダウンにより全員の魔法攻撃力が0になってしまう。 タマキのユニオンバーストの攻撃対象がランダムになってしまうので、タンクを2体編成して対策する必要がある。 Point! 一部のキャラは物理攻撃キャラでありながら裝備により魔法攻撃力を持っている。 それを活かしてタマキちゃんの対策をした編成となる。 回避により勝率が安定しない 物理攻撃は外れることがあるので、回避ステータスの高い敵が相手だと命中が安定しないことに注意。 ユニオンバーストが何度も外れると勝つのが厳しくなる。 Point! 特に物理防御力と回避の高いミヤコは物理パの天敵とも言える。 ミヤコ対策にキョウカなどの魔法キャラを採用するのもアリ。 自己回復や回復支援により、元々高い耐久力をさらに向上することができる。 アタッカーも1枠採用 耐久性能の高いキャラだけだと相手の戦力を削れず、押し切られる可能性がある。 そのため、相手の魔法アタッカーを対処できるタマキをアタッカーとして採用している。 高い戦力が必要 この編成は、タンクが育成されていないと防衛できず突破されやすい。 防衛に設定する際は、育成度合いを確認しておこう。 耐久パーティ編成2 ツムギ入り 後衛 前衛 前衛 前衛 前衛 サポート サポート サポート タンク サポート タンク ツムギで敵の行動を遅延する編成 ツムギは敵の行動速度をダウンさせるスキルを持つ。 ユニオンバーストでは、敵全体に確率で束縛を付与できるため、行動を遅延する役として非常に有効。 ユニバの遅さをサレンで改善 ツムギはTPを貯めるのがそこまで早いキャラではないので、TP支援ができるサレンを採用する。 ツムギのユニバで敵を一纏めにできるので、サレンのユニバとの相性も良い。 リマ入り防衛編成1 後衛 前衛 前衛 前衛 前衛 サポート アタッカー サポート アタッカー サポート タンク 攻撃的な防衛編成 ミツキとハロウィンシノブを入れ、アタッカーメインの編成では突破しづらくできる。 専用装備付きのマツリを入れることで、サブタンクとしての役割をさせつつ範囲スタンでの妨害も可能。 相手のアタッカーを見て物理と魔法どちらの対策の優先度が高いかを確認し、しっかりと対応する必要がある。 サポートキャラも1体は編成したい おすすめのサポートスキル種 攻めでおすすめのサポートスキル 攻撃バフ、防御バフ、バリア、防御デバフ TP支援、行動速度バフ、妨害系スキル 防衛でおすすめのサポートスキル 防御バフ、バリア、防御デバフ TP支援、回復スキル、妨害系スキル 攻撃UP系のバフスキルが有効 味方の攻撃力を上げるなどの、全体のステータスを変化させるスキルも有効。 通常攻撃や攻撃スキルのダメージが上昇するため、敵を素早く倒しやすい。 攻め側で重要なバフといえる。 TP支援スキルでUB発動をサポート 味方のTPを支援できるスキルは、アリーナの勝敗を決める要素の1つであるユニオンバーストを通常よりも早く撃たせることができる。 強力なアタッカーなどと編成して勝率を上げよう。 物理パーティの方がアタッカーの選択肢が多いため、キャラの配置を調整したいときなどに融通が効きやすい。 リカバリーができるように全体回復が可能なヒーラーを編成しておくのがオススメ。 火力不足になる場合はバフやデバフ持ちを編成してみよう。

次の

【プリコネ】魔法少女ミスティカスミとは?【カスミマジカル・強制変身】

プリコネ カスミ

UBなので即効性こそないものの、魔法防御力デバフの数値が非常に高く、アタッカーはもちろんタンクですら魔法防御力がガタ落ちします。 そのため範囲魔法攻撃が使えるキャラとの相性がとても良いです。 デバフ値はとても魅力ですが、UBなのでデバフの維持は難しく、ボス戦には不向きです。 スキル1:ルートオブバインド 前方範囲内の敵すべてに魔法小ダメージを与え、さらに束縛する。 スキル1の使用感 範囲拘束スキル。 5秒間相手を行動不能にできます。 拘束には成功率があるので、相手よりもカスミのレベルが高くても失敗する事があります。 開幕発動し、なおかつ出が早いスキルなので、アリーナだと相手によっては初動を潰すこともできます。 スキル2:ミスリードバレット 目の前の敵単体に魔法小ダメージを与え、さらに混乱させる。 スキル2の使用感 単体相手に7. 5秒間、攻撃対象が味方になってしまう混乱状態を付与できます。 単純に被弾が減るためアリーナではもちろん、クエスト攻略でも有用なスキルです。 EXスキル:ディテクティブマインド バトル開始時に自身の魔法防御力を中 大 アップ。 カスミの行動ループ.

次の

【プリコネR】勝てない人必見!アリーナで見かける防衛編成の対策/メタ【プリンセスコネクト】

プリコネ カスミ

シャドウについて• ランドソルでのみ目撃されている。 目撃者の知人の姿をとっている場合が多い。 例外なく同じ動きを反復し、同じセリフを繰り返す。 戦闘中のプレイヤーキャラクターの挙動みたいだが…?• 見た者を不安にさせる。 再構築の際に発生したバグである。 接触すると何らかの悪影響がある。 自意識のようなものはない。 生物の基本的本能がない。 主人公の剣で吸い込むことができる。 主人公にだけやけに反応する、パワーアップも可能?• 千里真那による大量破壊魔法が炸裂して以降、出現が観測されていない。 カスミのストーリーの時系列 【サレンディア救護院】からの依頼で、子供たちが怖がっているから事件の解決を。 という台詞から、本編3章以降の出来事だと思われる …はずだが、2章の時点でカスミは既に『シャドウ』の調査を開始している。 サレンディア救護院からの依頼より前から調査していることになるけど、まあ黒鉄の亡霊の時も素敵時空があったのであまり重要ではないと思う。 シャドウの台詞について 『私の他にも、探偵がいたんですね』 『忘れちゃったんですか、探偵の鉄則』 『あれは、私の理想像なんです』 このあたりは、前作プリコネのパートナーストーリーに同じニュアンスのものがある。 『シャドウ』は見た目こそアストルムのものだが、台詞は現実からコピーしてきているようだ。 シャドウの中に芽生えた自我 『シャドウ』は再構築の際にゲーム内に発生したバグ。 役割を与えられたキャラクターですらなく、現象でしかない。 それに自我が芽生えてしまうの、怖くない?元はカスミが現実世界に置いてきた、弱くてみじめな自分自身が、これから別の人生を送ることになるんだよ。 なんというか、読んでいてエモさと怖さでどうにかなりそうだった。 キーリという名前について キーリという名前は前作には未登場。 アストルムのカスミは『シャドウ』が口にしていたとしてキーリという名前をつけたが、現実の方でも名付けの由来となる物が存在せず、夢が先か現実が先か…という感じになっている。 偶発的に生まれた心 最後に、アメスもまた偶発的に生まれた心だという事を言い、この話は終わる。 この辺はギルドハウスストーリーでも語っていたね、重要なテーマなのだろう。 プリコネR主人公は前作プリコネ騎士クンのシャドウ? なんていうのもあるかな?最近主人公について不穏な考察しかしてないね。 何にしろ、主人公の記憶と前作の人格をどういう風に決着付けるのか非常に難しいところだと思う。 CDを買ってほしい 実はプリコネのアレンジCDを買ってほしいんだよね。

次の