ぱー そる キャリア。 パーソルキャリアコンサルティング

顧問・コンサルタントの活用で経営課題を解決丨i

ぱー そる キャリア

この授業では管理職の方を対象としてビジョンマネジメントについて学びます。 ビジョンとは何か?という基本的な内容から具体的なビジョン実現のためのアプローチやそのアプローチを現場に浸透させるための方法など、より実践的な内容までを学びます。 今回はパーソルキャリア株式会社のエグゼクティブマネジャーである加々美先生と大浦先生をお招きして、パーソルキャリアのビジョンマネジメントについて具体的な事例をもとにお話いただきます。 人材紹介事業、転職メディア事業において法人営業及びマネジメントを務め、一貫してホワイトカラー領域の採用支援、転職支援に従事。 その後、2013年にウェイマネジメントをミッションとした新規部署の立ち上げを行い、カルチャー変革の仕組みづくりと推進を担当。 2014年7月より人事も管掌し、採用、人事制度企画、異動配置、組織開発、人材開発など、パーソルキャリア株式会社のビジョン実現に向けた戦略人事業務全般に従事。 現在のテーマは、人の主体性と成長意欲を引き出し、湧き立たせる会社づくり。 法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。 これまでに支援した転職希望者は10,000人を超える。 その後、DODAキャリアアドバイザーの総責任者、法人営業部隊も含めた地域拠点(札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡等)の総責任者等を歴任し、現職。 JHR(一般社団法人人材産業サービス協議会)キャリアチェンジプロジェクト、ワーキングメンバーにも名を連ねる。 リーマンショック以後の約10年、どのように経営の仕方を変えて、組織やサービスを変えていったのかを学べます。 ビジョナリーカンパニーの衰退の5段階を模倣したグラフを用いて、これまでに起きたことを包み隠さず話す加々美先生。 若手メンバーの早期育成や定着は上司のマネジメントによる影響を受けやすい部分です。 メンバーが成果を発揮するためには業務のマネジメントはもちろんのこと、キャリアマネジメントが大切です。 また若手メンバーが入社から早い段階で能力を発揮し、自走してもらうことが組織で成果を出すことにとっても非常に重要です。 そのためにはそれぞれのメンバーのキャリア観を理解し、どのような目的で働くのかやキャリア実現のために何が必要か、どのような支援が必要かなどを把握してコミュニケーションを取ることが求められます。 昨今は、そんな若手のキャリア観、職業観に変化が見られており、教育担当の方や管理職の方の若手時代とは違ったコミュニケーションの在り方が求められています。 今回は、パーソルキャリア株式会社の大浦先生に具体的な実例やキャリア論を交えながらどのように若手のメンバーマネジメントをするのかを教わります。 法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。 これまでに支援した転職希望者は10,000人を超える。 その後、DODAキャリアアドバイザーの総責任者、法人営業部隊も含めた地域拠点(札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡等)の総責任者等を歴任し、現職。 JHR(一般社団法人人材産業サービス協議会)キャリアチェンジプロジェクト、ワーキングメンバーにも名を連ねる。 " 最近の傾向として、若者の意識は上昇志向というよりは、自分らしいライフスタイルを求めるような傾向にあり、マネジメント層と良い条件の定義が変わってきているという。 時代背景や様々なデータをもとに若者の特徴とキャリアマネジメントの方法について教えていただきます。

次の

パーソルキャリアの転職・就職難易度!評判は?年収低い?

ぱー そる キャリア

この授業では管理職の方を対象としてビジョンマネジメントについて学びます。 ビジョンとは何か?という基本的な内容から具体的なビジョン実現のためのアプローチやそのアプローチを現場に浸透させるための方法など、より実践的な内容までを学びます。 今回はパーソルキャリア株式会社のエグゼクティブマネジャーである加々美先生と大浦先生をお招きして、パーソルキャリアのビジョンマネジメントについて具体的な事例をもとにお話いただきます。 人材紹介事業、転職メディア事業において法人営業及びマネジメントを務め、一貫してホワイトカラー領域の採用支援、転職支援に従事。 その後、2013年にウェイマネジメントをミッションとした新規部署の立ち上げを行い、カルチャー変革の仕組みづくりと推進を担当。 2014年7月より人事も管掌し、採用、人事制度企画、異動配置、組織開発、人材開発など、パーソルキャリア株式会社のビジョン実現に向けた戦略人事業務全般に従事。 現在のテーマは、人の主体性と成長意欲を引き出し、湧き立たせる会社づくり。 法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。 これまでに支援した転職希望者は10,000人を超える。 その後、DODAキャリアアドバイザーの総責任者、法人営業部隊も含めた地域拠点(札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡等)の総責任者等を歴任し、現職。 JHR(一般社団法人人材産業サービス協議会)キャリアチェンジプロジェクト、ワーキングメンバーにも名を連ねる。 リーマンショック以後の約10年、どのように経営の仕方を変えて、組織やサービスを変えていったのかを学べます。 ビジョナリーカンパニーの衰退の5段階を模倣したグラフを用いて、これまでに起きたことを包み隠さず話す加々美先生。 若手メンバーの早期育成や定着は上司のマネジメントによる影響を受けやすい部分です。 メンバーが成果を発揮するためには業務のマネジメントはもちろんのこと、キャリアマネジメントが大切です。 また若手メンバーが入社から早い段階で能力を発揮し、自走してもらうことが組織で成果を出すことにとっても非常に重要です。 そのためにはそれぞれのメンバーのキャリア観を理解し、どのような目的で働くのかやキャリア実現のために何が必要か、どのような支援が必要かなどを把握してコミュニケーションを取ることが求められます。 昨今は、そんな若手のキャリア観、職業観に変化が見られており、教育担当の方や管理職の方の若手時代とは違ったコミュニケーションの在り方が求められています。 今回は、パーソルキャリア株式会社の大浦先生に具体的な実例やキャリア論を交えながらどのように若手のメンバーマネジメントをするのかを教わります。 法人営業として企業の採用支援、人事コンサルティング等を経験した後、キャリアアドバイザーに。 これまでに支援した転職希望者は10,000人を超える。 その後、DODAキャリアアドバイザーの総責任者、法人営業部隊も含めた地域拠点(札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、広島、福岡等)の総責任者等を歴任し、現職。 JHR(一般社団法人人材産業サービス協議会)キャリアチェンジプロジェクト、ワーキングメンバーにも名を連ねる。 " 最近の傾向として、若者の意識は上昇志向というよりは、自分らしいライフスタイルを求めるような傾向にあり、マネジメント層と良い条件の定義が変わってきているという。 時代背景や様々なデータをもとに若者の特徴とキャリアマネジメントの方法について教えていただきます。

次の

パーソルキャリア

ぱー そる キャリア

会社データ 事業内容 パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。 その中でパーソルキャリアは、-人々に「はたらく」を自分のものにする力を-というミッションのもと個人のお客さまと組織を成長へと導く人材ソリューション事業を展開しています。 提供するサービスは多岐に渡り、大きく7つの事業に分かれています。 今回は7事業7本部をご紹介します。 経験豊富なコンサルタントが個人向けの転職・キャリアサポートと法人向けの採用支援を行います。 はたらき方は、一人ひとり違うもの。 それは、人々の思い描く希望と社会からの期待がぴったりとフィットした、まるで「はたらき方」と「生き方」が融合するような、充実した「あたらしいはたらく」を創造すること。 「外向き」・「自分ゴト化」・「成長マインド」。 「外向き」…目の前にいるお客さま、世の中が直面する課題や変化にいつも目を向ける。 「自分ゴト化」…自らの意志を持ち、自分ならどうしたいか常に自問自答する。 「成長マインド」…前向きにフィードバックを取り入れ、学び続けることで今の自分を広げていく。 全てはミッション遂行のために社員一人ひとりが上記のことを意識し行動しています。 【新型コロナウイルス感染症への対応】 パーソルキャリアの2021年度学卒者向け採用選考において 新型コロナウイルス感染症への対応として 応募者である学生の皆さんの健康と従業員の健康を第一優先とし、以下措置を講じていきます。 随時Web会社説明会をオープンし、そちらから本選考に参加できるようにいたします。 全て「Web」上での実施とさせていただきます。

次の