テトリス アルティメット。 『テトリス アルティメット』で世界的プレイヤーと対戦できる!? ユービーアイソフトが7月13日にチャンネル放送を配信

marshillmusic.merchline.com: テトリス アルティメット (日本語版) [オンラインコード]: ソフトウェア

テトリス アルティメット

概要 いわゆる「」の元祖。 「上から落ちてくる『4個ので構成された7種類の多形』(リミノ tio)を操作して、埋まった横列のみが消えるのを利用して(n )ののようにひたすら消し続けていく」という単純明快なと直観的な面さで規模で大した。 その版権をこののために創設された営の外貿易協会(ロルグテフニカ、RG)が一元管理していた。 このため、あれだけの的にも係らず、パジトノフ個人は後にで自身の会社を立ち上げるまで給料以上の対価を1コペも受け取っていない。 ではにが版と版を発売、が版をした。 翌年にが直接RGと交渉し、機向けの独占販売を結び版を発売。 これがのとなり、だけで424万本を出荷した。 同じ版権を以て版を開発してたもを余儀なくされた。 ただし、版は出荷できる状態でしていたらしく、で製品版に近い形で版として流出していた他に製品版そのものが流出しており、ラボで紹介された等、少なくともでも二つはから流出していたとみられる。 が解体して共和邦となった後のに、取得の為に5年前から渡していたパジトノフは「ザ・テトリス・」を共同設立し、民営化したRGと提携を結んで版権販売を手がけるようになる。 これ以降はでの独占販売権はなくなったが、版販売を断念していたはにて「テトリス」をできるようになった。 頃には、ホルダーのテトリスが遊べる小さなが発売し、これも大する。 、それまでプムやによって細かい部分が異なっていた、操作方法やを統一するが設けられた。 その後、、に一部定されている。 ニコニコ動画におけるテトリス 幅広い層に受け入れられ、もが知っているであることから、よりもテトリスを題材とした作品が多い傾向が見られる。 ではに社が発売したテトリス(テトリス2、テトリス2など)や、社の(通称)のが多い。 特にはという、1で20ピース分の(つまりが出てきた時点で一番下に来る)で落ちてくる事と、を敢えて止した上でを設け、よりもに到達したを競う事を的としていることから上級者に受け入れられ、根強いを誇っている。 頃までテトリスのとあるのが大量に上がっていたが、の版権元であるテトリスの侵にあたる可性があったことから、このの元となったの開発会社であるがを一斉に。 この件を受け、元のを開発したはの開を停止したという経緯があった。 以降、(すくなくともでは)でものはおろか、やなどと言ったテトリスのから外れたを除き、テトリスのを見かけることは事件が発生した当初よりもかなり少なくなったと思われる。 ニコニコ生放送におけるテトリス で「テトリス」というと、向けの 特に をすことが大半である。 簡単に登録できる上要されるの低さからのでできないものはどないと思われるが、 多人数対戦が出来る は専用である。 しかしではがあるこのは、としての知名度となると上記の庭用には及ばない部分が多い。 上級者同士のなどが定期的に再生数を上げている模様。 はでが可。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

PS4『テトリス アルティメット』が配信開始。6つのプレイモードなどを追加!

テトリス アルティメット

概要 「テトリミノ」と呼ばれる4つのブロックで構成されたピースを落とし、ブロックの山を消し続けていくアクションパズルゲーム。 全ての落ちものパズルの原点。 元々は旧ソビエト連邦の科学者「アレクセイ・パジトノフ」他2名が教育用として開発したもの だが、やがてアメリカのSpectrum HoloByte社によって最初にゲームとして製品化。 その後、このゲームは高く聳える国境を幾重にもまたいだ交渉の数々の末に、全世界での市民権を獲得することになる。 テトリス移植作品 BPS発売 ボンブリス単体の作品やテトリスフラッシュについては後述。 海外NESでは未発売で、代わりに任天堂版がある。 テトリスも含め操作性が非常に快適に。 FC版初代テトリスの出来に不満を持った業界有志が集って制作された作品。 チュンソフト開発でBGMがドラクエ風。 海外未発売。 SFC FC版のグレードアップ版。 BGMは一新。 良 SFC パズルの難易度が上昇したマイナーチェンジ版。 SFC シリーズ最大の異色作。 対戦を重点に置いたまさしく外伝作品。 キャラそれぞれの必殺技で戦うという独自のシステムで他には無い異彩を放つ。 初のNEXT共有、初のRENSA導入。 だがキャラクターバランスにやや難あり。 なし ボンブリスをさらに少し変えた「スパークリス」、 ちょっと変わったルールの「マジカリス」、4人対戦の「ファミリス」等も収録。 良 VB Vテトリス ロコモティブ開発 SS テトリスS PS テトリスX ザ ネクスト テトリス ザ ネクスト テトリス デラックス DC テトリス4D セガ発売 機種 タイトル 概要 判定 AC 日本におけるテトリス人気の最大の火付け役。 良 フラッシュポイント 諸般の事情で……。 そのため、正式にはテトリスではない。 随所に、削除されたモード があったであろう名残がみられる。 ブロクシード スケールの大きい 文字通りの「巨大テトリス」。 28 テトリスコレクション 新ガイドラインに準拠した新作「テトリス ニューセンチュリー」に加え、 各機種版「テトリス」「フラッシュポイント」「ブロクシード」を復刻。 幻のMD版テトリスも収録。 PS4版は後にSwitch版と同等の内容にアップデート。 Switch Nintendo Switchのローンチタイトルとしてリリースされた。 Win Steamで配信。 インターフェースは英語のみ、ボイスは日本語切り替え可。 任天堂発売 機種 タイトル 概要 判定 GB 全世界販売本数約3500万本。 GB用ソフト単体売上とパズルゲーム売上第1位を記録。 良 NES TETRIS 国内未発売。 日本のBPSファミコン版とは別物で、テンゲン版販売停止を経て海外でのみ発売。 今でも熱狂的なプレイヤーが数多く存在する。 Mario 国内未発売。 「テトリス」と「」、そして両方で競う「Mixed Match」を収録。 日本では「ドクターマリオ」のみをサテラビューとニンテンドウパワー書き換えタイトルとして提供された。 GBC テトリスDX GBCローンチタイトルの一つ。 GB版をベースにカラー化は勿論、操作性も向上した。 DS テトリスDS の一つ。 『』『』『』等のファミコンゲームをテーマにした演出。 「ハードドロップ」「ホールド」等の機能も搭載、その他オリジナルルールも遊べる。 Switch テトリスでバトルロイヤル。 Nintendo Switch Online加入者同士で99人対戦可能。 オフラインモードも有料追加コンテンツとして配信されている。 良 ジャレコ発売 機種 タイトル 概要 判定 AC テトリス ザ・グランドマスター セガ版ACテトリス踏襲の色濃い仕様。 通称「TGM」。 20G、段位認定、出現ブロック調整など独特の要素で新境地を開いた。 20Gは更にスピードアップ。 その一方で初心者用モードと二人協力用モードが追加され、遊びの幅が広がった。 20Gの最果てを目指す超上級者用モードが初登場。 テトリス ザ・グランドマスター3 テラー・インスティンクト 「ワールドルール準拠の回転法則」「ホールド」等の世界基準で定められた要素や、筐体毎のデータ保存機能を導入。 更にタイムアタック重視の作品になっている。 PS テトリス with カードキャプターさくら エターナルハート 『カードキャプターさくら』とのタイアップ作品。 先行回転といったTGMシリーズの仕様がいくつか搭載されている。 360 テトリス ザ・グランドマスター エース TGMシリーズ唯一の家庭用作品。 TGM3と比べて世界基準の競技性が色濃くなった。 その他にもゲームクリアの条件等、これまでのシリーズとは異なり従来のテトリスに近い点が多い。 海外では任天堂NES版と並んで有名。 システムへの移植版。 一つのフィールドで二人が同時に積む協力プレーを搭載。 N64 テトリス64 セタ発売 WSC テトリス ヴァンガード発売。 国内作品で初めて世界基準に対応した。 360 Tetris Evolution 国内未発売。 『』とのコラボ。 全3作品。 現在は配信停止。 3DS テトリス バンダイナムコゲームス発売、ハドソン開発。 海外では「Tetris Axis」の名で、任天堂から発売された。 ボンブリスも一部搭載。 せっかくの次世代機進出作が、致命的なバグまみれで全体的にロークオリティ。 ・ルミネスの系譜を継ぐ、視覚と音楽の共感覚コンビネーションが彩る。 線ではなく面で消す。 ほぼ同じシステムのフリーソフトPCゲーム作者との間で訴訟問題が起きた曰く付きのゲーム。 VB 3D TETRIS 国内未発売。 中身は上記の3D落ちものパズルの移植。 英題は『TETRIS 2』で「テトリス」の名を継いだ落ちゲーだが、ゲーム性は全くの別物。 AC版もロケテストはされたが未発売に終わっている。 残念な点も目立つが、SFC版はVS COMを唯一搭載した作品でもある。 なし GB GB版ではトレーニングモードとファイトモードを搭載。 独自要素のおかげでSFC版とは違った良さがある。 海外では『Tetris Blast』のタイトルで発売。 なし GBC 上記GB版のカラー対応化バージョンアップ作品。 SFC版にあったパズルモードが復活追加された。 なし SFC 『』のキャラをに差し替えた海外版。 海外ではタイトルが『Tetris Attack』とテトリスの名を冠しているが、 当然ながら中身は日本版と全く同じ『パネルでポン』である。 『』ではミノがスピリットとして登場。 様々な機種で発売されたが、その間様々なシステムのマイナーチェンジが行われた。 以下はその一例。 これらの中でセガアーケード版の操作系統は国内におけるテトリス関連作品のスタンダードなものとなり、近年では『』の仕様を基準とした「ガイドライン」が世界基準規格として制定されている。 ピースの落下速度を調整できるもの。 最初期の実装だといわゆるハードドロップしかなかった。 主流となっているのは「下ボタンで高速落下」ということだろう。 これはアーケードではアタリやセガが採用している。 また、セガアーケード版や「テトリス・ザ・グランドマスター」(アリカ)などピースの最大速度が速い国内作品 では、下のブロックに接地した後もしばらく操作ができるものが多い。 この場合、下ボタンを押すと地面ですべらせる時間を飛ばして次のピースに移る。 ピースが左右の壁ないしブロックに密着している場合、位置をずらしながら回転できる「壁蹴り」補正。 作品を経る毎に強化されていったが、I字ピースまたは接地ブロックを使った壁蹴りが出来ないなどと言った細かい差異もある。 国内での壁蹴り補正はほとんどが上方への補正がかからないものだが、近年のガイドライン仕様においてはピースを「駆け上がらせる」床蹴りなども可能な、やや複雑な回転補正がある「スーパーローテーション」が採用されている。 テトリスワールドの後にガイドラインに実装された、落下中のピースをキャンセルして「ホールド」という枠に1個だけ保管しておける機能。 好きなタイミングで入れ替えて使うことができるが、1手ごとに1回のみ。 日本で発売されたBPS製ファミコン版は最初期PC実装の流れを組んだ内容であり、 「下ボタンで左回りに回転」「Aボタンで即設置 ハードドロップ 」というかなり異色の操作方法のため直感的ではなく、ボタン一回で接地してしまうということもあいまって初心者には扱いにくかった。 しかし、一瞬で接地するためゲーム進行のテンポ自体は当時の他のテトリスに比べ速く、本作オリジナル曲である「TECHNOTRIS」など独特の魅力もあった。 なおこのファミコン版『2』は音楽もすぎやまこういち氏が担当したため、風のBGMになっている。 アメリカのNESでは上記ファミコン版はどちらも発売されなかった。 非公認のテンゲン版と、その後制作された任天堂版(いずれも日本未発売)があるが、これらも下ボタンで落下・ボタンで回転になっている。 対戦テトリス• ただブロックの山をひたすら消していくだけのゲームだったが、ゲームボーイ版で通信対戦が実装されることでまた違った楽しみ方が増えた。 ゲームボーイ版で一般的となった対戦システムは、「複数行を消すと相手の下からブロックがせり上がる」というもので、自分が一度に多く消せばそれだけ相手を追い詰めることができ、先にゲームオーバーになってしまったほうが負けとなる。 実は同時期、別の対戦テトリスが出ていた。 フリーウェアになるが「KATALITH」というゲームだ。 こちらは複数行を消すと、それに応じて相手にペナルティが課せられるというもの。 勝手に落下させられたり、回転させられたり、いびつなピースが現れたり、果ては真っ暗になったりと、様々な効果があった。 ゲームボーイ版テトリスとはまた違った方向性を示したゲームだが、対戦落ちものパズルでこのタイプのシステムを採用している商業作品はかなり少ない。 また落ちものではない対戦パズルでは『ヨッシーのクッキー』 任天堂 の対戦モードでもそれに近いシステムが採用されている。 概要にある通り共産圏で作られ、しかも最初は教育用に作られたソフトであったため版権がハッキリしなかったが、現在は「ザ・テトリス・カンパニー」というアメリカの会社が版権を管理している。 版権を巡っては、かつては様々な問題が発生していた。 有名どころはセガのメガドライブ版テトリス 発売中止 における騒動。 詳細はページの「MD テトリス」参照。 その後このMD版は、セガが正式にPS2版『テトリスコレクション』へと収録している。 この版権問題が、作品の有名度に反してマスコミに取り上げられにくい所以でもある テレビ番組などで画面を使うと即版権に絡むため。 ザ・テトリス・カンパニーは版権管理の他に、開発会社によってバラバラだった細かいゲーム仕様を統一させるため、先述したテトリス制作のガイドラインを制定し管理している。 その後一時的に「1ハードに1テトリス」という謎の制限を課していた事があり、それが原因でテトリス・ザ・グランドマスターはPS移植版の発売中止を余儀なくされた。 詳細はページの「PS テトリス ザ・グランドマスター」参照。 セガ旧アーケード版は、当時セガの生産が追い付かず、また部材も不足してコンバート元の基板も足りないという状況に陥ったため、性能の劣る8ビット基板であるシステムE版、タイトーに移植を許諾したタイトー版(いわゆるクローン)が作られた。 タイトー版はソースが提供されたわけではない、いわゆる耳コピに近い環境で作られたクローンであるため、本家に親しんでいるプレイヤーがプレイすれば確実に違和感を感じる出来となっている。 また、アメリカではセガ以外にアタリがリリースしたアーケード版と任天堂がリリースしたNES版があり、それらが後のゲームボーイ版と並んでメジャーとなっていた。 ATARIアーケード版も任天堂VS. システム、またテンゲンを通して非公認的にNES版に移植されていた。 湾岸戦争時、任天堂が米軍兵士達に休憩中の暇つぶしとしてゲームボーイを提供していたが、兵士達は特に本作を好んでプレイしていた。 その後、空爆された兵舎から焼けただれたゲームボーイが発見されたが、液晶画面を取り換えたら正常に動作したという逸話は、ゲームボーイの伝説的な耐久性を物語るエピソードとして有名。 現在このゲームボーイはニューヨークの任天堂直営店に展示されており、常時本作のデモ画面が動いている。 シンプルながら濃い中毒性を持つ故に「資本主義圏の国の人間を中毒に陥らせ生産性を低下させるために放たれた共産主義国の罠」だの「テトリスはその中毒性で人間の脳を思考停滞状態に陥らせて感情を麻痺させ、殺人マシンにするための道具」だの、いろいろとあらぬ噂やネタを立てられたりした。 現在でも高い中毒性からハマると「テトリス・ハイ」と呼ばれる状態になるとされ「」 いわゆるニセ科学 の論拠のひとつになっていたり、逆に「テトリス効果」として心の傷の軽減になると唱える論もあるなど。 シンプルながら奥深く、細かい調整もゲーム性に効いてくる、誰でも知っているゲームとして現在でも情報系学生のプログラミング課題としてこのテトリス制作が出題されたりする。 2019年10月下旬、『』とのコラボという形で『』にテトリミノがスピリットとして登場している。

次の

【レビュー】テトリス アルティメット(PS4) [評価・感想] 30周年を飾った不気味で地味なテトリス!

テトリス アルティメット

Tetris R & C 1985—2014 Tetris Holding. Tetris logos, Tetris theme song, and Tetriminos are trademarks of Tetris Holding. The Tetris trade dress is owned by Tetris Holding. Licensed to The Tetris Company. Game Design by Alexey Pajitnov. Original Logo Design by Roger Dean. All Rights Reserved. C 2014 Additional game content by Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Developed and published under license by The Tetris Company. データ.

次の