白髪サプリ 海外。 ダマされるな! 飲んでも効かない「サプリ」一覧 えっ、あれも…?(週刊現代)

iHerb(アイハーブ)でおすすめの白髪予防・育毛に効くサプリやシャンプー

白髪サプリ 海外

黒い髪を作るには、黒髪の成分であるメラニンの原料となるチロシン 黒ゴマ)を摂る必要があります。 しかし同時に、メラニンはシミやそばかすの原因にもなるのです。 そのため、チロシンだけではなく、シミやそばかすを防いでくれるビタミンCが一緒に含まれているサプリを選ぶことが、安心して白髪対策を続けるためのポイントになります。 ビタミンCは水溶性ビタミンと言われ、一度にたくさん摂っても尿として排泄されてしまいます。 ビタミンCは、チロシンと併せて毎日一緒に摂る必要があるのです。 白髪サプリは、毎日継続して摂ることが必要になるため、低価格であることも、白髪サプリを選ぶ際のポイントです。 また白髪の原因は、黒髪を作るメラニン色素の不足をもたらすメラノサイトの機能が低下にあるとも言われています。 メラノサイトが機能しなくなる原因には、活性酸素によるストレスがあり、ビタミンCは活性酸素である過酸化水素を除去する効果もあります。 チロシンとビタミンC以外にも、白髪の改善に必要な成分はたくさんあります。 白髪サプリには、白髪の改善に必要な様々な成分がまとめて配合してある必要があるため、専門の医師が監修したサプリを選ぶことも、ポイントの一つです。 冒頭でお伝えしたチロシン 黒ゴマ やビタミンC以外にも、白髪の改善に欲しいガニアシ、亜鉛、パントテン酸、Lリジン、ビオチン、黒ウコン、アルギン酸が入っているかチェックし、まとめています。 これらの成分は、男性・女性関係なく白髪の改善・効果を出すためにはぜひとも入っていて欲しい成分です。 もちろん、20代、30代、40代50代と年齢も関係なく、これらの成分は白髪サプリならバランスよく入っていることが大切です。 白髪サプリには様々な商品がありますが、当サイトの白髪サプリの選び方の3条件を調べると、ブラックサプリEXや黒椿、ブラックナチュレ以外は魅力がないため、白髪サプリを比較するならこれら3つを比較するだけで十分です。 他の白髪サプリは売れ筋ではないため、白髪サプリは以下の3種類の白髪サプリを比較してポイントを押さえておきましょう。 白髪サプリの人気おすすめ口コミランキング おすすめの白髪サプリを、当サイトの3条件に当てはまるものを基準に選び、人気ランキング順に並べました。 しっかりとした基準をもとに比較することで、どのサプリが良いのかわかりやすく判断できるかと思います。 当サイトでは、3条件に併せ、白髪サプリで人気のある、白髪の予防・改善効果のあるおすすめサプリをブログや2ch、アットコスメ、ヘアラボなどの口コミを徹底調査し、まとめてランキングにしています。 口コミも調べ、メリットだけではなくデメリットにも注目し、なぜ人気があるのか、なぜ評判が悪いのかも調べた上でランキングにしています。 【白髪サプリ】おすすめ人気ランキング! 【1位】黒椿:頭皮に良い栄養成分が凝縮された白髪サプリ 黒椿は医師監修の白髪サプリで、1ヶ月あたり66円とコスパが抜群です。 黒ゴマのゴマリグナンやポリフェノール、Lリジンが配合され、頭皮の健康状態を保ち、健康な黒髪に必要な環境を作るサポートをしてくれます。 黒椿は、美容の専門家である田中エリー医師が監修しており、信頼性のある白髪サプリとなっています。 【白髪サプリの効果】白髪改善効果が期待できる成分について解説 白髪の改善に必要な成分はチロシン、ビタミンC、亜鉛、パントテン酸、Lリジン、銅、ビオチン、葉酸、ビタミンB12など複数あり、まとめて一緒に摂ることで相乗的な効果が出ます。 世の中には様々な白髪サプリが販売されていますが、ある成分に特化しているものが多く、バランスよく配合されているサプリはほとんどありません。 それぞれの成分がなぜ白髪の改善・対策に有効なのか、しっかりと知識をつければ、どれが欠けてもいけないことがわかります。 効きなれない成分に特化したサプリに目をとらわれずに、バランスが取れたサプリを選ぶことが、白髪サプリを選ぶ上で大切なポイントになります。 白髪の改善においては、黒ゴマとレバーが入っているサプリを選べば、白髪の改善する上で大切な成分をまんべんなく摂ることができます。 チロシンのサプリは白髪に効果あり チロシンは、黒髪をもたらすメラニンの色素の原料となります。 チロシンを材料として、チロシナーゼという物質の酸化反応によってメラニンが生まれ、黒髪ををもたらしてくれます。 チロシンが不足すれば、白髪になるため、チロシンをサプリで補う必要があります。 チロシンが入っている食べ物には、ごま、大豆、アーモンド、落花生、チーズ、乳製品、たらこ、たけのこ、バナナ、アボガド、りんごなどがあります。 ただし、チロシンにはメリットだけではなく、デメリットもあります。 チロシンがチロシナーゼによってメラニンが作られる際に、過剰に摂取することで、副作用としてシミやソバカスができやすくなる可能性があるのです。 リンゴやアボガドが空気に触れると酸化して黒くなる原理と一緒です。 しかし、シミやソバカスはビタミンCで阻止することができます。 チロシン入りのサプリを選ぶ際は、ビタミンCが一緒に配合されているサプリを選ぶことがポイントです。 白髪の原因であるメラニン不足にはビタミンB12、葉酸、銅も必要 白髪を改善するにはメラニンを増やす必要があり、そのメラニンはメラノサイトというメラニンを作る機能を上げることで増えます。 メラニンと言うと、シミやソバカスといったネガティブな想像をするかもしれませんが、黒髪を保つために必要な成分でもあります。 そしてメラニンを合成するには、メラノサイトという組織の活性化が必要です。 メラノサイトは、ビタミンB12、葉酸によって活性化し、メラニンの原料であるチロシンは、銅イオンを含んだチロシナーゼによって活性化すると言われています。 ビタミンB12は黒ゴマやレバー、牡蠣に含まれており、葉酸はレバーやほうれん草、銅はレバーに含まれています。 白髪を改善するためにサプリを選ぶなら、ビタミンB12、銅、葉酸も一緒に入っているゴマやレバー入りのサプリを選びましょう。 黒ゴマは白髪サプリには欠かせない 黒ゴマにはセサミンが含まれており、黒髪成分であるユーメラニンの合成を弱めてしまう活性酸素を除去してくれます。 他には、抗酸化作用で活性酸素を除去してくれるセラミノール、抗酸化作用や美肌効果、血行促進効果のあるビタミンE、ストレスの緩和や疲労回復効果のあるビタミンB1、健康的な髪を作るビタミンB2、メラニン色素を作る手助けをするカルシウムや銅、血行をよくする不飽和脂肪酸、タンパク質、マグネシウムなどが含まれています。 黒ゴマには白髪の予防や減少を防ぐ様々な効果があるのです。 また黒ゴマには、ビタミンB12も含まれています。 ビタミンB12が不足すると、白髪が増えます。 ビタミンB12不足は、白髪以外に、味覚障害や神経障害、鉄欠乏性貧血、食欲不振などの原因にもなります。 黒ゴマ入りのサプリを服用することで、継続して摂取できるようになるのです。 黒ゴマで白髪が改善したという実験データは豊富にあるため、サプリで数ヶ月にわたって摂り続け、内面からケアしていくことをオススメします。 服用期間に決まりは無いですが、黒ゴマ入りのサプリをまずは3ヶ月程度は試してみることをオススメします。 セサミンには白髪の予防・減少を抑える効果がある セサミンは黒ゴマに含まれる抗酸化物質であり、ユーメラニンという黒髪成分を作り出すチロシナーゼという酵素の働きを弱めてしまう活性酸素を取り除いてくれます。 髪が黒くなる原理は、毛根のメラノサイトにおいて、アミノ酸やチロシン、酵素であるチロシナーゼによって黒髪の成分であるユーメラニンが作り出されます。 セサミンは黒ゴマ以外の食品にはほとんど含まれていないため、セサミン入りのサプリを選ぶ際は、黒ゴマが入っているかをチェックする必要があります。 そして、ディアナチュラやDHCでもセサミン入りのサプリは買えますが、白髪に特化している訳ではないです。 嘘や意味ない訳ではありませんが、白髪の改善を目的とする場合はきちんと白髪に特化したサプリ選びが必要です。 葉酸入りサプリは白髪に良い 葉酸入りのサプリは妊婦に必要な成分として有名ですが、白髪の予防にも役立ちます。 葉酸はビタミンB12と一緒に摂ることで新しい血液が生まれ、貧血の解消につながります。 新しく血液が作られるようになると、血流が良くなり、髪を黒くする成分であるメラニン色素を作り出すために必要なメラノサイトに栄養が届けられるようになります。 また、血行がよくなることで、メラニン色素の元であるチロシンを毛根まで届けることができるようになり、白髪の予防や改善につながります。 葉酸が入っている食品にはレバーやブロッコリーなどがあります。 レバーには白髪の改善に必要な成分が多く含まれているため、レバーの成分が入っているサプリは、白髪サプリには適していると言えます。 ビオチンも白髪サプリには必要な成分 ビオチンはビタミンHとも呼ばれ、髪を黒くするメラニンを生み出すメラノサイトという組織を活性化します。 また、髪を構成しているケラチンの合成したり、皮膚の炎症を抑えたりする効果もあります。 皮膚や粘膜にも影響するため、頭皮を健やかに保ちます。 ビオチンが不足することで、白髪や抜け毛が増えてしまいます。 また、ビオチンが不足すると、アトピーや食欲低下、うつなどの症状が出ることもあります。 ビオチンは水溶性ビタミンの一種であり、仮に量を摂りすぎてしまったとしても尿の中に排泄されるため、摂りすぎても問題は無く、副作用を心配する必要はありません。 ビオチンを10000mcg(10mg)配合したサプリも市場にはありますが、問題はありません。 ビオチンを含む食品には、レバーや卵黄などがあります。 白髪サプリに欠かせないミネラルは亜鉛と鉄と銅 白髪を改善するために必要なミネラルは亜鉛と鉄と銅です。 亜鉛は活性酸素を分解し、メラニン色素の合成に必要なチロシナーゼという酵素を活性化します。 鉄は頭に必要な栄養を運ぶ血液に必要な成分です。 銅が不足すると、血流が悪くなり黒い髪を作るのに必要な栄養が届かなくなります。 しかしこれらを市販のマルチミネラルのサプリで摂ることはおすすめできません。 なぜならば白髪には、ミネラル以外にも必要な成分がたくさんあり、ミネラル以外に必要な栄養素が欠けると黒い髪が増えないからです。 必要な栄養素を食べ物から毎日欠かさず摂るのは大変です。 白髪を改善するためにサプリを活用するなら、白髪に特化したサプリで継続して栄養を補いましょう。 亜鉛は白髪サプリに必須 亜鉛を摂ることで、白髪の原因である活性酸素のもとである過酸化水素を分解することができるようになります。 また、亜鉛は髪を黒くする成分であるメラニン色素の合成に必要な成分であり、亜鉛が不足することでメラニン色素を生成するチロシナーゼという酵素の働きをよくすることができず、白髪を生む原因にもなります。 他にも亜鉛は、髪の毛の成分であるケラチンというタンパク質を構成する成分の一つでもあります。 これらの理由から、亜鉛は白髪対策には必須の成分と言えるのですが、普段の一日の食事では不足しがちです。 亜鉛を含む食品には、カキや豚レバー、ゴマ、大豆などがあります。 これらを継続して摂り続けるのは大変なため、サプリで継続して摂っていくのがおすすめです。 白髪サプリに銅は必要 白髪の原因の一つに血流量の低下があります。 血流量は銅などのミネラルやビタミン、タンパク質の不足により、内臓の働きが衰えることで低下します。 他には、黒髪をもたらすメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きが弱くなることでも、白髪は生まれます。 髪が生え変わる時に、血流が悪くなることでメラニン色素が作れなくなってしまうからです。 メラノサイトの働きも、血流の低下により悪くなることがあるため、銅などを含んだ栄養素は欠かせません。 日々の銅の補給不足により、白髪が増える可能性は十分にあるため、白髪サプリを選ぶなら、銅が入っているかをチェックしましょう。 銅そのものではなく、銅が多く入っているレバーなどの食品がサプリの中に入っていればOKです。 鉄分が不足すると白髪になる可能性があるためサプリで補給 鉄分が不足すると、全身に酸素を供給するための血液が不足し、髪の黒い色素を作るメラニン色素がうまく作れなくなります。 そのため、鉄分はサプリで継続して補給したい成分の一つです。 血液検査をすれば、体内に貯蔵されている鉄の量を反映するフェリチンを調べることができますが、サプリで継続して摂っていれば問題ないです。 食事に含まれる鉄分には、穀物や海藻、緑黄色野菜に含まれる非ヘム鉄と、魚や肉などに含まれるヘム鉄の2種類があります。 しかし、普段の1日の食事で吸収される鉄分は1mg程度に過ぎず、鉄欠乏性貧血と呼ばれる鉄不足になった場合は、1日に30mgの鉄分が必要になります。 鉄欠乏性貧血は極端な例ですが、白髪対策をするのならば、食事に加え、サプリで継続して鉄を摂ることをおすすめします。 鉄分は、ゴマにも含まれるため、ゴマが含まれているサプリであれば鉄も摂取できます。 白髪なら髪に必要なリジン入りのサプリがおすすめ リジンは体内で作ることができない必須アミノ酸の一つで、髪を構成するとなるタンパク質のケラチンを作り出します。 また、体の修復に関わるホルモンや酵素を作る材料となり、サポートしてくれます。 他にも、疲労回復効果、集中力を高める効果、カルシュウムの吸収をサポートする効果、肝機能を高めてくれる効果などがあります。 リジンが入っている食品には、鰹節、湯葉、ゼラチン、大豆、きなこ、きはだまぐろ、若鶏肉、すじこ、凍り豆腐などがあります。 ブラックサプリEXであれば、リジンが意図的に配合されているためオススメできます。 白髪の改善サプリは、セサミンなどをはじめとして、コンビニやドラッグストア、楽天などのネットでも、いろんな種類がありますが、リジンが入っているサプリは限られています。 【白髪サプリ・飲み方】効果的な飲み方・タイミングは夜! 黒髪が増えるのは、夜間、成長ホルモンが分泌される時間帯です。 黒髪が育つ際に必要なタイミングで白髪サプリを服用し、必要な栄養成分が血流に乗って髪や頭皮に届く必要がありますので、白髪サプリを服用するタイミングでおすすめなのは、夜間になります。 食後であっても空腹時でも良いのですが、就寝前に飲めるような習慣をみにつけることで、一番無駄なく栄養成分を補うことができるようになります。 コーヒーや緑茶などと一緒に飲むのはおすすめできませんが、白髪サプリは食品ですので、飲み合わせができない食品やサプリはありません。 一番大切なのは、継続して飲み続けることとであり、飲み方を気にするよりも、継続してのめる習慣をつけるのが大切です。 関連記事: 白髪染めとオーダーサプリのシャンプーの併用はおすすめできる 白髪向けのシャンプーに「KAMIKA(カミカ)」というシャンプーがあります。 KAMIKA(カミカ)の使い方の手順の中に、頭皮のマッサージをしたり、成分をなじませるために時間を置く手順が含まれており、時間と手間がかかります。 KAMIKA(カミカ)は、泡立たないクリームシャンプーといわれていますが、口コミには香りが強烈で超高額なため、続けられないといったデメリットがあります。 しかし、サプリのように体の内側からのケアではないため、一時的な効果になりがちです。 手間がかかる上に、その場しのぎの対策になってしまうため、しっかりと白髪を改善することを考えた場合は、おすすめできません。 白髪サプリは副作用なく安全!危険性と注意点 白髪サプリは医薬品ではないため副作用の心配はありません。 しかし、白髪サプリに含まれるチロシンはシミの原料であることは事実です。 しかし白髪サプリであるブラックサプリEXにはビタミンCが配合されているため、日光を浴びて紫外線を受けたとしても、シミ対策も同時にできる組み合わせになっています。 そして、食品アレルギーがある場合はその食品が白髪サプリに含まれていないかをチェックする必要はあります。 これは白髪サプリに限らず必要なことです。 白髪サプリは子供や赤ちゃんや妊婦にはおすすめできないので、うっかり飲ませることはないと思いますが、一応注意しておきましょう。 また、白髪サプリの副作用ではありませんが、ホワイトニング・美白サプリの副作用で白髪になるといった間違った噂はあります。 ホワイトニングや美白は白を連想させることから、黒髪も白くなるといった間違った解釈をしている方が噂を流しているだけです。 ホワイトニングや美白サプリで白髪になる心配はありません。 関連記事: 美白サプリのLシステインはビオチンで白髪になるリスクを抑えられる 美白サプリ含まれているLシステインには、チロシナーゼの活性抑制作用があると言われ、その作用によって白髪になると噂されています。 Lシステインが含まれている商品は、ハイチオールCが有名です。 しかし、Lシステインで白髪になるという研究データはないため、あくまでも噂レベルであり、気にする必要はありません。 また、ビオチンというビタミンの一種の成分は、チロシナーゼの活性抑制作用を抑制する効果があると言われており、ビオチンは白髪の改善効果をもたらしてくれます。 もし仮にLシステインを含む美白サプリを服用していたとしても、ビオチンも一緒に摂っておけば安心できます。 ビオチンは、白髪サプリの中では、ブラックサプリEXに含まれています。 ホワイトニング・美白サプリで白髪が増えるという噂は間違い ホワイトニングの美白化粧品や美白サプリに含まれる成分には、Lシステインやアルブチン、ルシノール、トラネキサム酸、エラグ酸があります。 Lシステインやトラネキサム酸を摂ったからといって、それによって白髪になるという可能性は、まずありません。 美白成分には、メラニンの生成を防ぐ効果がありますが、それが白髪を直接的に増やすといったデータはないのです。 ただし、大量にLシステインを服用した場合は、活性酸素が発生し、白髪になる可能性はあるかもとは言われています。 あくまでも噂レベルであり、信ぴょう性は低いです。 Lシステインはビオチン(ビタミンH)と一緒に摂ることで副作用を抑えられるとも言われています。 また、Lシステインに似ている成分にNAC(N-アセチルシステイン)というものがあります。 Lシステインの効果はは美白作用ですが、NAC(N-アセチルシステイン)の効果は、解毒作用ですので、混同しないようにしましょう。 子供の白髪にも効果のある白髪サプリは無い もしも子供の白髪が増えて困っている場合は、サプリではなく医師の診察を受けることをおすすめします。 若白髪の場合は、遺伝や病気などの可能性もあり、栄養不足が原因の大人の白髪とは訳が違います。 ただし、白髪サプリで有名なものは、どれも食品であり医薬品ではありませんので、子供が飲んだとしても問題ははいと考えられます。 しかし実際には、白髪サプリは大人向けのサプリとして販売されています。 ですので白髪サプリをおすすめできるのは大人のみです。 子供にはサプリをおすすめすることはできませんが、白髪に効果があるとされる成分を含んだ食品を積極的に食事に組み込むのはおすすめです。 オーガニックな食材であれば副作用の心配はありません。 食事で栄養を補って黒髪を目指すことを考えましょう。 【白髪サプリ】おすすめのコスパが良くて安い白髪サプリ 白髪に効果がある成分が入っていておすすめできる安い白髪サプリは、ブラックサプリEXです。 白髪サプリを選ぶうえで大切なのは、白髪を改善するのに必要な成分がまとめて入っていることです。 成分がしっかりと入っていなければ、どんなに安くても意味がありません。 効果がある成分という点では、冒頭で紹介したように、ブラックサプリEXの成分がダントツで良いです。 ブラックサプリEX以外のサプリの中には、多少安いものもありますが、入っている成分に魅力がありません。 白髪の改善に必要な成分を別々のサプリで摂るという考え方もありますが、割高になるため、おすすめできません。 そういった視点において、必要な成分が一つのサプリにまとまっているブラックサプリEXは、コスパが良いと言えます。 楽天の白髪サプリはおすすめできない 楽天でもいくつか白髪サプリの取り扱いはあり、買うことはできます。 楽天でもブラックサプリEXや黒ツヤソフトは販売しています。 また、「黒ふわり」という亜鉛やビオチンが売りの白髪サプリも売っていますが、白髪に効果のある成分は他の商品よりも少ないためおすすめはできませんまた、初回限定価格があったり送料無料といったサービスはなく、特別に安いわけではありません。 冒頭で紹介した白髪サプリを選ぶ際のポイントであるチロシンとビタミンCが配合されているかどうかというポイントも満たしてはいません。 楽天で販売されているブラックサプリEXに関して言えば、30日分で税込み5,983円で、送料が別途324円かかります。 ブラックサプリEXは、公式サイトで買ったほうがお得と言えます。 amazonで販売されている白髪サプリはお得ではない amazonにも白髪サプリはありますが、初回限定価格はなく、割高です。 ブラックサプリEXに関しては30日分で税込み5,983円となっています。 他には、「デオブラック」というケラチンやプラセンタ、マンガン、クロム、モリブデン、亜鉛、銅、セレン、ビオチンなどが入っているサプリがありますが、冒頭で紹介したチロシンとビタミンCはどちらも配合されていません。 amazonでは黒ツヤソフトも販売されていますが、一か月分で5,119円と割高な値段で販売されています。 他には、ブラックアゲインという利尻昆布エキスが配合されたサプリが売られていますが、こちらにはビタミンCは配合されておらず、値段も4,980円であり、初回限定価格はありません。 海外から輸入する iherbやオオサカ堂におすすめの白髪サプリは無い iherbやオオサカ堂を通してアメリカなどの海外から白髪対策ができるサプリを輸入することはできますが、商品のラインナップが非常に少なく、おすすめできる白髪サプリはありません。 iherbに関しては、白髪染めばかりで、白髪の改善に必要な成分がまとめて配合されている白髪サプリはありませんでした。 オオサカ堂には、チロシンやビオチンなどの単体でのサプリはありますが、白髪に特化したサプリはフォーチなどしかなく、おすすめができません。 白髪に必要な成分は単独でそれぞれを補ってもはほとんど意味はなく、別々に買ったとしたら、非常に高額になってしまうためおすすめができないのです。 薬局やドラッグストアなどの市販では、おすすめの白髪サプリは買えない 白髪サプリで一番のオススメはブラックサプリEXですが、ブラックサプリEXをはじめ、白髪に特化したサプリは、薬局やマツモトキヨシ・スギ薬局・ウェルシア・イオンなどのドラッグストア、コンビニ、ドンキホーテなどには売っていないため、買いたくても買うことができません。 薬局やドラッグストアで買えるのは、マルチビタミンやマルチミネラル、亜鉛といった、それぞれの成分がbバラバラになっているものばかりです。 白髪の予防・改善には、バラバラの成分で買ってもほとんど意味がないので、白髪対策を今すぐに手に入れてすぐに始めたい場合は、公式サイトで初回限定価格で送料無料の特典で買うのが一番お得であり、バラバラに買うよりもコスパは良いです。 関連記事: 白髪サプリの関連商品の比較 白髪サプリを選ぶ際に、関連する商品と何が違うのか、どれが良いのかをまとめました。 関連サプリは、効果が怪しいものもたくさんあります。 白髪に良いとされる商品であっても、白髪に特化しているものではないため、一番良いのは白髪に特化したサプリです。 これから紹介するサプリは、どれも白髪に良いと噂はありますが、白髪に特化している訳ではありません。 ネイチャーメイド、ファンケル、ディアナチュラ、DHC、フォーチ(何首烏)、MSM、成長ホルモン、フコダイン、メチオニン入りサプリ、Lシステインサプリ、黒酢、シリカ(ケイ素)、プラセンタ、グルタチオン、酵素、漢方、水素サプリ、すっぽん、サジー、沙棘(サジー)に関して、それぞれを比較しています。 成長ホルモン不足が原因の白髪にはサプリが良い 成長ホルモン不足が原因の白髪の解決策には注射などがありますが、現実的ではないため、サプリがおすすめです。 成長ホルモンの分泌が減ることによって白髪が増えるといわれています。 成長ホルモンは20歳を基準にすると30代後半では20歳と比較して25%、50際では12%ほどまで落ちるといわれています。 成長ホルモンによって、白髪だけでなく、髪のハリやツヤをもたらし、よりフサフサに見える効果が出てきます。 成長ホルモンを補うには、運動があります。 筋トレをすることで成長ホルモンが分泌されるのです。 特に、成長ホルモンの分泌には加圧トレーニングがよいといわれています。 しかし、加圧トレーニングは特殊な器具を必要とし、トレーニングには専門的な知識も必要なため、継続して成長ホルモンを増やすためには、数十万程度のコストがかかります。 また、ほかの選択肢としては、注射も有名です。 主に美容クリニックでアンチエイジングを目的として疲れれていますが、保険が適応されず、月に20万程度かかることがあります。 また、ドーピングに近いため、副作用があります。 成長ホルモンを直接補うというのは、現実的な解決方法とはいえません。 フコイダン入りのサプリで白髪は改善しない フコイダンとは昆布やワカメ、モクズなどに含まれる食物繊維のことです。 フコイダン入りのサプリで白髪が改善する効果は立証はされていませんが、フコイダンには抗酸化作用、免疫効果、粘膜保護作用などがあるといわれています。 フコイダンによって色素細胞であるメラノサイトを修復したり再生したりしてくれると書いているメディアもありますが、科学的に証明した論文を見つけることはできませんでした。 理屈としては、フコイダンによる免疫機能によって、粘液細胞であるナチュラルキラー細胞が活性化し、色素細胞であるメラノサイトを剥がす細胞を攻撃することによって守っているようです。 そして毛包内部全体を修復し、白髪からメラノサイトを再生しているといった流れのようです。 フコイダンは海藻のネバネバした成分であり体に良さそうな成分として期待されているのは間違いないです。 研究途上の成分であるため、今後に期待です。 メラトニン入りサプリは白髪には直接の効果はない 白髪対策としてメラトニン入りのサプリを探す方がいますが、白髪には直接の効果はありません。 メラトニンは、N-アセチル-5-メトキシトリプタミンと呼ばれ、睡眠や生体リズムの調節作用があることで有名な成分です。 黒髪の元となるメラニンと名前が似ていることから、メラニンを補うことを考えて、間違えてメラトニンを選んでしまう方がいるので注意しましょう。 メラトニンの効果としては他に、抗酸化作用やホルモンバランスの改善作用があるともいわれています。 メラトニンを摂ることで、睡眠の質が上がり、結果的にホルモンバランスが良くなったり、ストレスが減ったりして白髪の改善が起こる可能性はありますが,過度な期待はできません。 Lシステイン入りのサプリで白髪にはならない Lシステインで白髪が増えるという噂がありますが、嘘です。 Lシステインは美白を目的としたサプリに入っている、アミノ酸の一種の成分です。 Lシステインは、シミの原因となるメラニンの生成に関わるチロシナーゼという酵素の働きを抑えます。 一見すると、白髪が発生するメカニズムと逆の仕組みのため、副作用として白髪を疑う方もいるのですが、実際にLシステインによって白髪が増えるといった証明はなされていません。 Lシステインの作用としては他に、皮膚の新陳代謝を即したり、チロシナーゼの生成自体を阻害したり、体内でコラーゲンを生成する作用、肝臓を解毒するする効能があります。 Lシステインは肌のハリやツヤを維持し、ニキビを防ぐ効果もあり、美容目的でよくつかれれている成分の一つです。 いずれにせよ、Lシステイン自体は、白髪が増える成分という訳ではありませんので、ご安心ください。 白髪対策で黒酢を摂るのなら専用サプリの方がおすすめ 黒酢にはアミノ酸が豊富に含まれており、白髪が黒髪に戻る効果を期待して服用している方がいますが、おすすめできません。 白髪に効果があるアミノ酸はリジンであり、白髪に特化したサプリにはリジンが入っている専用のサプリを選んだ方が賢明です。 わざわざ黒酢を選ぶ必要は無いです。 リンゴ酢を白髪用に服用する方もいますが、リンゴ酢は黒酢よりもアミノ酸が少ないため、リンゴ酢はさらにおすすめできません。 また、テレビ番組で、黒酢をリンス代わりに使用することで白髪に効果があると紹介がされたことがあります。 黒酢リンスは、匂いがあるのと、外からの対策であるため一時しのぎにすぎません。 体の内側から変わらないことには、いつまでたっても根本から解決することはできません。 シリカ(ケイ素)入りのサプリは白髪に効果なし シリカ(ケイ素)が入った市販の水やサプリの人気が出てきていますが、白髪に対して効果があることは立証されていません。 抗酸化作用や腸内環境を整えるといった噂はありますが、実際のところ、効果は証明されていません。 ダイエットや美肌、白髪に効果があったという口コミも見受けられますが、研究データとして出ているものは見当たらず、真偽は定かではありません。 以前、実際には効果がない水素水が日本中で話題になり、ドラッグストアやネット上の至る所でバカ売れしていましたが、次のブームはシリカ水とまで言われています。 聞き慣れないネームをつけて話題のサプリや水としてブームを作るのが、メーカーの戦略です。 根拠に乏しいサプリや水からは距離をおきましょう。 プラセンタサプリで白髪が治るという噂の真偽は不明 プラセンタサプリを服用することで、白髪が改善するという口コミを見かけますが、人を対象にした研究はまだ見当たりません。 注射ではメルスモンという商品が有名です。 更年期症状に対してプラセンタ注射を用いられた研究はありますが、研究者自身によって、研究の対象者の数が少なかったり、試験そのものが十分ではなかったと指摘しています。 試験をしている更年期症状ですら、効果が不透明ですので、白髪への効果は期待しない方がよいかもしれません。 プラセンタの成分は、タンパク質、ペプチド、アミノ酸、グリコサミノグリカン、核酸などが入っていると言われていますが、不明な部分も多いです。 プラセンタに入っているペプチドやアミノ酸、核酸は普段の食事の中でも普通に摂れる栄養素ですので、プラセンタ注射をわざわざ打ってまで摂取する必要はないと言った声も出ています。 グルタチオン入りのサプリで白髪対策できる グルタチオンは、抗酸化作用や解毒作用で有名な成分であり、美白効果を目的とした点滴で使われていますが、白玉点滴やシンデレラ点滴と言われています。 白髪の原因は活性酸素であるため、白髪の人にとってもうれしい成分です。 しかし、点滴は注射する必要があり、副作用の心配があります。 グルタチオンはレバーにも含まれているため、サプリで補うこともできます。 また、グルタチオンと間違えやすい体内の成分に、グルタチオンペルオキシダーゼがあります。 白髪の原因の一つである過酸化水素水は、体内の酵素であるグルタチオンペルオキシダーゼによって分解されます。 このグルタチオンペルオキシダーゼはセレンというミネラルが原料になっているため、白髪対策をするならセレン入りの食品がオススメです。 セレンが入っている食品はレバーが有名です。 酵素サプリは白髪に直接効くわけではない 酵素サプリを摂ることで白髪を治すことはできません。 白髪になる原因は様々なポイントがありますが、髪を黒くする過程におして、体内で酵素がかかわっていることは確かです。 しかし、髪を黒くする過程における酵素と、一般的に売られている酵素サプリには関係がなく、まったくの別物です。 直接補えるわけではなく、白髪に効くわけでもありません。 ただし酵素サプリは栄養が豊富なので、白髪に期待せず、単純に栄養を補うことを目的とするのならば、おすすめはできます。 酵素が入っている商品で人気があるのは、万田酵素です。 酵素としてではなく、栄養が豊富という視点では、ザクロや酢なども白髪の方に人気はあります。 ただしどちらにせよ白髪対策をしたいのであれば、白髪に特化したサプリを選ぶのが賢明です。 白髪に漢方のサプリはおすすめできない 漢方の考え方において、白髪の原因は、血虚(けっきょ)、気虚(ききょ)、腎虚(じんきょ)の3つがあると言われています。 しかし、漢方は白髪に特化しているわけではないので、漢方はあくまでも補助的に考えるのが良いです。 白髪を解決するには、白髪専用のサプリがおすすめです。 血虚(けっきょ)だと、血液のめぐりが悪くなることで、栄養が髪に伝わらなくなってしまい、白髪の原因になります。 血のめぐりをよくする漢方としては、シャクヤク、トウキ、アキョウなどがあります。 美人と言われていた中国の楊貴妃は、アキョウを愛用していたと言われていますが、白髪の改善のデータになるわけではないので、参考程度にしましょう。 また、アキョウが配合されているサプリには、黒ツヤソフトという商品があります。 気虚(ききょ)が原因の白髪は、食事の栄養不足によるエネルギー不足、ストレスによるパワー低下によるものと言われています。 また、腎虚(じんきょ)が原因の白髪は、腎臓を含めた泌尿器や生殖器、内臓の働きが衰えることによると言われています。 漢方は内面から整えていくことを目的とするため、体質の変化には時間がかかります。 水素サプリは白髪に効果があるとは言えない 水素サプリは活性酸素やフリーラジカルによって酸化ストレスにさらされた体に対し、水素の抗酸化作用を目的としたサプリです。 以前、口コミで話題になり、疑似科学と言われた水素水という水がありましたが、水素水は体の外側で摂ることを目的としています。 水素サプリは、水素を体の内側で作るためのサプリです。 しかし、人を通しての効果効能は確立されていないため、水素サプリを摂るのはおすすめできません。 そのため、活性酸素が原因で発生する白髪に対しても、効果があるとは言えないのです。 市販で売られている水素サプリは、ファーストの水素サンゴパウダー(水素焼成サンゴ末)の原料で作られているようです。 商品としては、ファモーニやシャンティフローラというものがあるようです。 カルシウムが入っているため、単純にカルシウムの補給目的では良いですね。 すっぽんのサプリは白髪対策には向いていない すっぽんを元にしたすっぽん小町というサプリや黒酢などの商品が有名ですが、白髪の改善目的で服用するのはおすすめできません。 すっぽんには、アミノ酸、コラーゲン、カルシウム、葉酸、銅、リン、鉄、ビタミンEなどの成分が入っており、精力をつける食材として男性に人気があります。 すっぽん小町という商品のイライラしている方にもおすすめの商品のようですが、デメリットとして体臭が出たといった口コミも見受けられます。 白髪の改善に役立つ成分も入ってはいるのですが、アミノ酸やコラーゲンやビタミン類、ミネラル類は、他の食材で十分まかなえるため、わざわざ高価なすっぽんを選ぶ必要はないのです。 また、コラーゲンはそのまま体に吸収はされず、アミノ酸に分解されるので、わざわざコラーゲンで摂る必要はありません。 沙棘(サジー)サプリは白髪に効果があるとは言えない 沙棘(サジー)とは、シーバックソーンとも呼ばれている、ユーラシア大陸原産のグミ科の果実です。 沙棘(サジー)は300種類近くの成分を含んではいますが、白髪を黒髪に治す効果があるという試験結果は見つかりませんでした。 白髪を改善するためには、白髪に有効な成分をしっかりと見分ける必要があります。 また、沙棘(サジー)を服用することで、好転反応が起こり、一時的に体調が崩れたという口コミがあります。 倦怠感や下痢、頭痛、便秘などの危険性があり、副作用で悩む可能性があるのです。 市販で売られている沙棘(サジー)は、豊潤サジーという商品が有名ですが、マツモトキヨシなどのドラッグストアでは買うことができません。 いずれにせよ、沙棘(サジー)は白髪の改善を目的としたものではないため、おすすめができません。 ネイチャーメイドのサプリは白髪対策にはおすすめできない ネイチャーメイドは、アメリカのファーマバイト社から発売されたサプリメントのブランドで、マルチビタミンやマルチミネラルが手軽に摂れることで有名です。 しかし、ネイチャーメイドは、白髪に特化したサプリメントではないため、値段が高い割に効果が薄れるため、おすすめできません。 ネイチャーメイドは、ビタミンCやビタミンE、亜鉛、カルシウム、マグネシウムなど、それぞれの目的別に分けて買うことはできますが、仮にコストコなどで安く買ったとしても、別々に買う必要があるため、量が多くなり、手軽さがなくなってしまいます。 サプリを用いるのは継続しやすさや手軽さがあるからです。 無駄な成分が入って割高になってしまうサプリでは無く、効果がある成分をまとめて摂れるサプリを選びましょう。 ファンケルのサプリは白髪に特化しているわけではない ファンケルは、洗顔・クレンジング商品がコンビニにおいてることで有名ですが、サプリにも様々なラインナップがそろっています。 しかし、亜鉛や鉄、ビタミンE、ビタミンB群、マルチビタミン、マルチアミノ酸といったで白髪に効きそうな成分は、分けて販売されています。 白髪対策としてまとめて商品化されてはいる訳では無いため、これらを全部補おうとすると、相当割高になってしまうのです。 30代や40代など、仕事で忙しくストレスを抱えがちな世代には、手軽に摂れることも大事なポイントです。 また、ファンケルには、白髪を黒髪に戻すシャンプーという口コミがあるものがありますが、これもおすすめできません。 シャンプーは、外から成分を補うだけであり、体の内側から根本的に改善しているわけではないからです。 体の内側から対策しなければ、いつまでたってもその場しのぎになってしまいます。 白髪サプリにディアナチュラを選ぶと割高になる ディアナチュラのサプリで、白髪に良さそうな成分が含まれている商品がありますが、それぞれを個別で買う必要があり、全部買うと割高になります。 黒セサミンには、ビタミンEと亜鉛が含まれています。 これらをまとめて買って続けるとしたら、毎日、数十粒を服用する必要が出てきます。 白髪の改善用のサプリとして続けるには、余計な成分も含まれているため、金銭面でも無駄が出てしまいます。 ディアナチュラで白髪を改善しようとするのではなく、白髪に効くサプリは何なのかを考える視点が必要です。 DHCのサプリは白髪におすすめできない DHCで出ているサプリで、白髪用に開発されているサプリはありません。 DHCは価格が安いことで人気がありますが、その分、入っている栄養素も少ないです。 また、粉末やパウダー換算で配合量が記載されているものもありますが、粉末やパウダーがいくら入ってようが、そこにどのくらい白髪に有効な成分が入っているかまでは書かれていません。 「粉末やパウダーでこの配合量なら、普段の食事で摂ったほうがウマいし安いよね?」と考えてしまうぐらい少ない配合量です。 手軽に摂れるのが魅力的ではありますが、白髪対策をするのなら、成分量をしっかりと見ましょう。 フォーチ(何首烏)が白髪を治すという伝説にはデータがない フォーチ(何首烏)は「かしゅう」とも呼ばれており、タデ科ツルドクダミの根が大きくなった塊根の部分です。 白髪を黒髪にする生薬として知られており、中国では何公という王様が服用し、頭(首)の白髪が鳥の羽のように黒くなったという伝説が残っています。 また、滋養強壮にも良いと言われています。 成分としては、アントラキノン類、スチルベン配糖体が見つかっています。 市場に出回っているフォーチ(何首烏)は、中国からの輸入品がすべてであり、外形が一定ではなく、粉砕されていたり輪切りにされていたりするため品質が保たれていません。 養毛効果について試験がなされたことがあるようですが、動物実験での話であり、人間で効果があることは確認ができていません。 つまり、白髪が黒髪になるというのは伝説レベルの話であり、効果が認められてはないのです。 MSMサプリが白髪に効果があるとは言えない MSM(メチルスルフォニルメタン)は、有機イオウの仲間で、関節や酵素、爪、髪、肌、粘膜などで使われているイオウ成分の供給に役立つ成分です。 成人男性には約200gのイオウがあります。 年齢を重ねるごとに代謝が落ち、体に必要なイオウが足りなくなります。 カルシウムやマグネシウム、亜鉛などと同じように、欠かせないミネラルなのです。 そこで、MSMをサプリで補給することで、関節痛を緩和したり、髪や爪や肌などの美容目的で使用したりすることがあります。 他に、解毒やアレルギーに用いている方もいます。 しかしMSMサプリは、どれも個人の感想レベルで良かったと言う口コミばかりで、髪に対して効果があったという論文はありません。 MSMが白髪に効果があるとは、はっきりとは言えないのです。 イオウの成分ばかりに注目するのではなく、黒髪に必要な成分をバランスよく補えるサプリ選びが重要です。 白髪に効く幹細胞のサプリは無い 黒髪をもたらす幹細胞には、毛包幹細胞と色素幹細胞の2つがあります。 毛包幹細胞と色素幹細胞を再生することができれば、白髪を治すことができるのではと思う方がいるかもしれませんが、これらの幹細胞を作るようなサプリは、世の中に存在しません。 色素を生み出す細胞であるメラノサイトを作る色素幹細胞を新しく作るような細胞の元となりそうなIPS万能細胞という、あらゆる細胞の元になる細胞の研究は有名です。 研究が進められているとは言え、黒髪の幹細胞を直接生み出すようなものは、まだまだ先の話になりそうです。 まだ世の中には幹細胞のサプリはありませんので、白髪に良いとされる成分で幹細胞を活性化させていく、もしくは、ダメージを減らすようなサプリを選ぶことが、現時点では、白髪の改善する際の最適解と言えます。 効果がある白髪サプリの成分の3つのポイント 効果がある白髪サプリの成分には3つのポイントがあります。 まず、黒髪が作られるためには、毛細血管の血流によって栄養素が運ばれなければなりません。 その際に必要なのが、血液であり、血液を作るには銅、鉄、葉酸などの栄養を摂る必要があります。 そして血液によって栄養がメラノサイトに運ばれるのですが、メラノサイトの活性化にはビオチンが必要です。 また、メラノサイトが活性酸素などによってダメージを受けていると、黒髪の元となるメラニン色素による着色がうまくいかなくなります。 ダメージを抑えるには、活性酸素の除去に役立つ亜鉛などの成分が必要になります。 白髪サプリを選ぶには、どれか一つの成分や食材に特化しているサプリではなく、以下でお伝えする成分がまんべんなく配合された白髪に特化したサプリが必要です。 効果のある白髪サプリのポイント1:白髪に効果がある成分を知るには白髪の原因を知る 白髪の原因は栄養不足の他にもストレスや遺伝などがあると言われており、原因は完全にはわかっていません。 しかし、黒髪の生成に必要な成分はわかっているのと、白髪になってしまう原因となるダメージを減らすのに役立つ成分はこれまで述べてきた通り、判明しています。 白髪の原因が完全にわかっていないからと何も対策をしなかったり諦めてしまうのはもったいないです。 栄養素が不足してしまって白髪になっている可能性は少なからずありますので、白髪対策に必要な栄養素を摂ることは、白髪を改善するためのスタートラインに立つことにつながります。 できる限りの現時点でわかっている白髪の改善に役立つ栄養をとたっぷり含んだサプリを継続して摂ることで、黒髪の生成につながりますので、まずはあせらず根気よくサプリを継続することをおすすめします。 効果のある白髪サプリのポイント2: 白髪の予防・改善に効果がある成分 白髪予防・改善効果のある成分は、チロシン、ビタミンB12、葉酸、銅、ビオチン、亜鉛、リジンです。 効果のある白髪サプリを選ぶには、これらの成分をバランス良く含んだ商品を選ぶ必要があります。 黒髪が育つまでの過程には、これらの成分が複雑に影響しあっており、一つでも黒髪の生成に必要な材料が無くなると、白髪になってしまいます。 白髪サプリを選ぶ際は、ある成分に特化したモノでは無く、必要な成分がまとめてまんべんなく入っているものを選び、数ヶ月は継続して摂る必要があります。 すぐに白髪が改善する可能性は低いですが、黒髪が育つために必要な成分はわかってきていますので、白髪の改善に適したサプリを選び、継続して摂り続けてみることからはじめましょう。 チロシンは白髪の予防に必要な成分 白髪の予防にチロシンは有効です。 白髪の原因の一つには、黒髪の形成に必要なメラニンが不足があります。 メラニンの材料はチロシンであるため、チロシンをサプリで補うことでメラニンを作ることができるのです。 また、チロシンは、フェニルアラニンという人の体内では合成することができない必須アミノ酸がが原料になっています。 フェニルアラニンを摂取することで、チロシンを体内で生成し、メラニンにすることもできます。 また、チロシンは夜中の12時頃に摂るのが一番良いです。 髪が一番育つのは深夜2時ごろだからです。 チロシンを摂ってから2時間程度で吸収され、血中濃度が最大になります。 髪が育つタイミングで、黒髪の元であるメラニンの原料が血液によって運ばれる状況を作れるようにする必要があります。 深夜に食事をするのは体に良くないですし、胃にも負担がかかります。 寝る前にチロシン入りの白髪サプリを摂ると良いでしょう。 白髪に必要なチロシンを含んだ食べ物 チロシンを含んだためものには、チーズや牛乳、ヨーグルトなどの乳製品や大豆、きなこ、高野豆腐、ピーナッツ、アーモンド、キハダマグロ、黒ゴマなどがあります。 アレルギー持ちや偏食によってチロシンが不足する可能性は大いにあります。 また、チロシンはフェニルアラニンというチロシンからも体内で作られるのですが、材料であるフェニルアラニンが不足してしまうと結局、チロシンも不足してしまいます。 フェニルアラニンが入っている食品を摂ることでチロシンがを補う方法もありますが、遠回りです。 チロシンは大豆食品や魚、乳製品をとらない食生活の方は不足してしまいます。 黒髪の原料になるのはチロシンなので、白髪サプリを選ぶ際は、必ずチロシンが入っているかをチェックしてください。 ビオチンはメラノサイトを活性化して黒髪をもたらす 白髪の予防・改善にビオチンは欠かせません。 ビオチンはビタミンの一種であり、皮膚や髪を健康に維持してくれます。 ビオチンは黒髪をもららしてくれるメラノサイトという色素細胞を活性化するからです。 色素細胞が働かなくなると、髪の黒さを保て無くなるため、白髪が増えてしまいます。 白髪の原因の一つには、メラノサイトの障害がありますので、メラノサイトを機能させるビオチンは白髪サプリには必要です。 また、ビオチンは髪のケラチンという成分を作り出す過程や、コラーゲンの生成を促し丈夫な髪が育ちやすくする効果、血行をよくする効果もあります。 健康的でツヤツヤな髪を作るにはビオチンは必要なのです。 ビオチンは腸内細菌によって作られますが、腸内環境が良いかを調べて改善するのは難しいです。 白髪が増えたのであればビオチンは不足しているものとして、積極的に摂るように努力した方良いです。 ビオチンを含む食品 ビオチンは幅広い食品に含まれていますが、中でも、豆腐、納豆などの豆類、アーモンド、カシューナッツ、くりに、ごま、ピスタチオなどの種実類、しいたけ、しめじ、なめこ、エリンギ、まいたけ、マッシュルームなどのきのこ類、牛肉、レバーなどの肉類、あさりやししゃもなどの魚類、卵黄に多く含まれています。 ビオチンは水溶性ビタミンの一種であり、1日に大量のビオチンを摂っても尿中に排泄されてしまうため、毎日継続して摂る必要があります。 逆にビオチンを摂りすぎたとしても、同じく尿中に排泄されるため心配はいりません。 ビオチンは特にレバーに多く含まれていますが、毎日レバーを食べることは難しいため、レバーが入っている白髪サプリを選ぶと良いです。 亜鉛は白髪の原因になる活性酸素の除去に必要な酵素に欠かせない 亜鉛は活性酸素の除去に間接的に作用するため、白髪の改善にはぜひとも摂っておきたい成分の一つです。 亜鉛はグルタチオンペルオキシダーゼ(GPX)という酵素を作るための原料になります。 このグルタチオンペルオキシダーゼ(GPX)は、過酸化水素という白髪の原因を除去しれくれます。 また、髪には亜鉛が含まれており、黒髪は白髪よりも亜鉛も多く含んでいると言われています。 因果関係とまではいきませんが、亜鉛が黒髪に関わっていることは確かですので、体内に亜鉛が不足すれば、黒髪に必要な亜鉛の不足にもつながります。 亜鉛は多くの人が不足しやすいミネラルであり、入っている食材も限られているため、サプリで補うのがおすすめです。 亜鉛を多く含んでいる食品 亜鉛は多く含んでいる食品は、牡蠣やレバーです。 他にも、ビーフジャーキー、牛肉、マトン、パルメザンチーズ、卵黄、煮干し、毛蟹、鶏肉、鶏肉、ココア、たらこ、プロセスチーズ、鰯、ごまなどに多く含まれています。 亜鉛は200種類以上の酵素に必要なミネラルであり、不足すると、白髪だけではなく、味覚障害や皮膚炎、貧血が起きてしまいます。 ただし、過剰に摂取しすぎると、一時的に吐き気や胃の不快感がでることがあり、過剰に続けて摂ることで、銅の吸収が阻害され、貧血になることがあるので摂りすぎには注意が必要です。 亜鉛を含んでいるレバーや牡蠣を毎日食べることは難しいので、サプリを利用して一定量を毎日摂る習慣をつけることをおすすめします。 ビタミンB12はメラニンを増加させるメラノサイトを活性化する ビタミンB12は、黒髪の成分となるメラニン色素の生成に必要なメラノサイトという組織を活性化する働きがあります。 また、ビタミンB12と葉酸を一緒に服用することで、髪の色素がつく効果が出てくるという研究結果も出ています。 ビタミンB12はしびれなどの神経の症状の改善にも役立ちます。 ビタミンB12と葉酸は血液の生成に必要な成分であり、これらが不足すると貧血になります。 貧血になると、血流が悪くなり、チロシンを運ぶ血液が不足して色素沈着がうまくいかなくなることが原因と考えられます。 貧血気味の場合は、鉄以外に、貧血の改善に有効なビタミンB12と葉酸を一緒に摂ることで、貧血と白髪が一緒に改善する可能性があるので試してみる価値があります。 ビタミンB12を含む食品 ビタミンB12を多く含む食品には、あさり、牡蠣、牛レバー、鶏レバー、サンマ、にしん、あさりなどがあります。 ビタミンB12は肉や魚、牛乳、卵などの動物由来の食品に多く含まれています。 肉を避ける食生活をしているビーガンの場合、ビタミンB12が不足している可能性があります。 ビタミンB12は水溶性ビタミンの一種です。 一度に大量のビタミンB12を摂っても、尿中に排泄されるため、毎日摂る必要があります。 食事で毎日摂り続けられるようにビタミンB12入りの食品を摂り続けるのは大変なので、サプリで毎日継続して摂れる環境を用意することをおすすめします。 白髪サプリを選ぶ際の基準となる条件一つは、ビタミンB12が入っているサプリを選ぶことです。 葉酸は血液を増やして白髪の予防・改善に役立つ 血液が生み出される過程ににおいて、葉酸が不足すると貧血になることがわかっています。 貧血になると、血流が滞り、黒髪をもたらす成分であるメラニンを運ぶことができなくなってしまいます。 血流が良いと、チロシンは毛根にある幹細胞まで届き、黒髪を生み出すことができます。 また、メラニンを作り出すメラノサイトという組織も、血流が悪くなることで、活性が無くなってしまいます。 メラノサイトを活性化させるには、血流を良くする必要があります。 葉酸はビタミンB12と併せて摂ることで、血液を作り出し、血流の改善に役立ちます。 葉酸が欠乏することで白髪になることがあるので、白髪サプリを選ぶ際は葉酸が入っているかチェックしましょう。 葉酸を多く含む食品 葉酸を多く含む食品には、レバー、ほうれん草、菜の花、枝豆、グリーンアスパラガス、納豆、いちご、しゅんぎくなどがあります。 葉酸には天然の葉酸である「ポリグルタミン酸型」と、合成の葉酸である「モノグルタミン酸型」の2周囲があります。 食品に含まれる葉酸は「ポリグルタミン酸型」がほとんどで、「ポリグルタミン酸型」は胃酸や加熱によって半分が失われてしまいます。 毎日4株のほうれん草を食べ続けるのは大変ですので、葉酸はサプリで継続して摂る必要がある栄養素と言えます。 銅はメラニン色素に必要なチロシナーゼの成分 銅は黒髪をもたらしてくれるメラニン色素の生成に必要なチロシナーゼという酵素の成分です。 チロシナーゼが働かないとメラニン色素が作られないため、白髪になってしまいます。 メラニン色素を作るには、銅以外に、チロシンも必要なため、白髪のサプリを選ぶ際は、銅だけでは無く、チロシンも含まれているものを選びましょう。 また銅は、赤血球の構成要素であるヘモグロビンを作る際にも必要な成分です。 ヘモグロビンは銅によって鉄が結びつき赤血球になります。 赤血球が不足すると、貧血になってしまい、血流が悪くなります。 赤血球にはSOD酵素(スーパーオキシドジスムターゼ)という活性酸素を除去してくれる酵素があり、銅はSOD酵素にも含まれています。 活性酸素を除去するためにも、銅は必要な成分なのです。 銅を含む食品 銅を多く含む食品にな、牛レバー、牡蠣、しゃこ、ほたるいか、いかの塩から、鰻の肝、あんこうの肝、豚レバー、いくら、伊勢エビ、納豆、ゆば、すじこ、大豆、カシューナッツ、アーモンド、ゴマ、カボチャの種、ピスタチオ、クルミ、にんにく、モロヘイヤ、ゴボウ、パセリ、干しぶどう、プルーン、杏、干ししいたけ、ほんしめじ、干しのり、あおのり、味付海苔、ひじき、ホタルイカ、あんこうの肝、カニなどがあります。 銅の過剰症は、遺伝で起こるウィルソン病や化学薬品を間違って飲んでしまって急性中毒になる以外にはほぼ起こりませんので、食品やサプリで意識して摂ることができるミネラルの一つです。 メラニン色素を作り出す際に必要な銅は、メラニン色素の原料になるチロシンと一緒に摂ることで相乗効果が生まれます。 白髪サプリを選ぶ際は、チロシンと銅が一緒に入っているものを選ぶと良いです。 リジンは髪の原料になる必須アミノ酸 リジンは髪が合成される際に必要なアミノ酸です。 髪が作られなければそもそも、他の栄養素をいくら摂っても意味がありません。 リジンは体内で合成することができない必須アミノ酸の一つであるため、食事やサプリで摂るしか方法がありません。 リジンは髪を作るために必要なケラチンという成分の元になります。 またリジンは、血流を良くする効果や組織の成長を促す効果、髪の健康を保つ効果、発毛効果、疲労回復、肝機能工場、脳の活性化、男性の円形脱毛症の改善にも良いと言われている成分です。 発毛効果があるだけでなく、薄毛の治療で使われる薬の効果を増強するため、白髪だけでなく育毛効果が欲しい方には、リジンは欠かせない成分になっています。 リジンを多く含む食品 リジン多く含む食品には、さわら、干ししらす、真あじ、かつお、ぶり、鶏肉、豚肉、ちりめんじゃこ、まぐろ、はも、ぶり、ヒラメ、ハマチ、たらこ、真がれい、サンマ、真いわし、たこ、うなぎ、エビ、タラ、鮎、さわら、毛蟹、きなこ、大豆、納豆、豆腐、プロセスチーズ、ピーナッツ、カシューナッツ、ゼラチン、小麦胚芽、小麦タンパクなどがあります。 リジンはアミノ酸であり、摂りすぎたとしてもほとんど問題はありません。 様々な食品に入っているとはいえ、体内で作れないアミノ酸であるため、安定して摂るには、サプリがおすすめです。 リジンは、髪の元になるケラチンの成分になります。 髪は常に作り続けられますので、髪の成分になるリジンも安定して毎日摂り続けていく必要があります。 効果のある白髪サプリのポイント3: 白髪に効果がある成分入りのサプリを摂っても効果が出ない理由 白髪サプリを飲んでも効果がないといった口コミがあります。 しかし、効果がないと口コミを書いている人は、効果がでない原因を自ら作ってしまっているパターンがあるのです。 そのパターンで一番多いのは、「継続しない」こととです。 他には、数ある白髪サプリの中で、適切なものを選べていないという原因もあります。 白髪サプリは入っている成分がサプリによって全く違うことが少なくなく、珠玉混合のため、選び方が重要になります。 それ以外には、必要な成分は亜鉛とチロシンだと思って、亜鉛とチロシンのサプリなど、それぞれの成分の単独のサプリを別々に組み合わせるパターンがあります。 白髪の原因には様々な仮説が立てられ、改善に必要な成分を摂ったとしても、白髪が改善するまでに時間がかかります。 そのときに、自分にとって本当に必要となる成分が入っていなかったら、改善することができません。 白髪の改善に必要と言われている成分はたくさんあるため、成分がまんべんなく入って網羅されているサプリを選ぶのが重要です。 効果のある成分入りの白髪サプリでも継続しないと意味がない 白髪が改善するまでに数ヶ月や、場合によっては1年以上かかることがあります。 しかし、改善までに必要な栄養素を摂っていなかったら、本当は改善できたであろう白髪も改善できなくなってしまいます。 白髪には様々な原因があり、サプリを飲んだからといって全員が改善する訳ではありますが、栄養を摂っていなかったら、黒髪に必要な原料がないため、どんなに待っても黒髪になることは無くなってしまいます。 まずは3ヶ月程度はサプリを摂り続けましょう。 続けるためには、効果がある白髪サプリであることはもちろん、数ヶ月続けることができる価格のサプリを選ぶことも必要です。 先ほどもお伝えした通り、白髪の改善には様々な栄養素が複合的に関わっているため、栄養素をバラバラのサプリで補給するのはオススメができません。 バラバラに買うと、結果的に金銭的な負担も高くなってしまうのでやめた方がよいです。 白髪に特化したサプリを選ぶのが、結果的に金銭的な負担も一番少なくてすみます。 1日あたり66円とコスパ抜群のサプリ!.

次の

ダマされるな! 飲んでも効かない「サプリ」一覧 えっ、あれも…?(週刊現代)

白髪サプリ 海外

記事の目次• 白髪はメラニン不足?不足する原因とは! 実は生まれたての髪は白髪です。 頭皮の内部で髪に着色しているメラニン色素が不足すると、黒髪として伸びてこなくなるリスクが高まります。 何が原因でこの問題が起こってしまうのか、さっそく見ていきましょう。 ストレスによる頭皮への負担 万病のもとといわれるストレスは、白髪を生やすと指摘されています。 過度のストレスによって体が緊張状態になると血管が収縮し、血行不良を招くことに。 血流が悪くなれば毛根のほか、髪を黒く着色するメラニン色素を生む細胞のメラノサイトの働きが阻害され、白髪につながるのです。 なお、急激なストレスを受けたことによって、一夜にして髪全体が真っ白になるようなことはありません。 頭皮の外まで伸びてきた部分については、髪の色は決まっています。 ブリーチなどしない限り、あとから変わることはありません。 栄養不足によって髪まで栄養が行き渡っていない 頭皮の中に埋まっている髪の根の部分には、毛乳頭と毛母細胞が存在します。 毛乳頭が血管から運ばれてくる栄養や酸素を取り込み、毛母細胞に渡しています。 それをもとに毛母細胞は細胞分裂し、髪が作り出されているのです。 この受け渡しは毛母細胞と隣り合って存在するメラノサイトに対しても行われています。 髪・頭皮部分まで十分に栄養が行き渡っていなければ、メラノサイトの働きが低下。 メラニン色素を正常に生成できなくなるため、白髪が生えてきやすくなるという見方がされているのです。 加齢によってメラノサイトの動きが鈍くなる 白髪は自然な老化現象のひとつとして知られています。 歳を重ねることによってメラノサイトの活力がなくなってしまい、最終的にメラノサイトが全滅してしまうこともあるのです。 白髪が生え始める年齢には、個人差が大きいといわざるを得ません。 ただ、 35歳ぐらいから白髪が生える人が急増するという調査結果が出ています。 また、若白髪でお悩みの方は、の記事をチェックしてみましょう。 喫煙によって血流が悪くなる 喫煙習慣が白髪と関係しているとの指摘もあります。 非喫煙者と喫煙者では、白髪のなりやすさに倍以上の差が出るなどの調査結果も出ています。 悪さをしているのは、タバコに含まれる有害物質であるニコチンです。 ニコチンには血管収縮作用があり、血行不良を招くことになります。 血流が悪いとメラノサイトに十分な栄養が届かず、メラニン色素を生成する役割をスムーズに果たすことができないので、白髪につながってしまうわけです。 遺伝であることも 遺伝的要因によって、白髪が生えやすい人と生えにくい人がいます。 早い人では10~20代で白髪が生え始めるのです。 遺伝的な原因で生まれつき色素形成能力を持っていない人にも白髪が生えます。 若くして白髪が生えてくると気になって抜く人がいますが、これは、おすすめしません。 毛根にダメージを与え、次に生えてくる髪の成長に悪影響を及ぼすリスクがあるためです。 また、抜いたとしても、そこから生えてくる髪は白髪であることがほとんどでしょう。 なお、白髪を抜くと増えるというのは迷信のようです。 白髪対策ケアの方法 喫煙をしている人は禁煙に取り組むなど、暮らしぶりを変えてみましょう。 それが白髪の要因排除につながり、効果的な白髪対策ケアになります。 ほかにどのような良い方法はあるのかを以下にまとめたので、チェックして実践してみてください。 生活習慣の見直し なるべくストレスを避けたいところですが、ストレス社会を生きる現代人にとっては困難な話です。 そのため、せめて溜め込まないようにしましょう。 良質かつ十分な時間の睡眠を確保したり、お風呂にゆったり浸かったり、趣味を満喫したりするのが効果的な対策です。 なお、ストレス発散のための飲酒習慣がある人は注意しなければいけません。 過度な飲酒をすると、健康な髪をつくる役割を果たしているビオチンがアルコールの処理にまわされてしまいます。 また、 全身に栄養を送る肝臓の機能が低下し、栄養を含んだ血液が頭部までしっかりと送られなくなります。 運動で血流アップ ジョギングやウォーキングといった有酸素運動など、 適度な運動は全身の血流改善に効果が期待できます。 また 、体を動かすことは、ストレス発散にもつながります。 白髪が生える複数の要因の対策が運動ひとつでできるのは、大きなメリットといえるでしょう。 頭皮マッサージで頭皮改善 頭皮が硬くなっている状態は、血流が悪くなっていることを示しています。 もみほぐすことによって、血行を促すことが可能です。 また、頭皮マッサージをするのは、 ストレスのケアにもつながります。 爪を立てず、指の腹を使って頭皮全体をやさしくもみほぐしましょう。 入浴中やお風呂あがりに実践すると血行が良くなってより効果的です。 自分の手で行う頭皮マッサージだけでなく、市販のグッズを購入して使用する対策の仕方もあります。 また、家庭でのセルフケアだけでなく、サロンに通ってプロのヘッドスパを受けることで対策する選択肢もあるのです。 好みの対策法を取り入れると良いでしょう。 偏った食生活の改善 とくに栄養不足を招きがちなのが、極端な食事制限をすることです。 無理なダイエットを実践することによって、白髪が気になるようになった経験を持つ人は少なくありません。 日々の食事でファーストフォード、ジャンクフードが占める割合が高い人も、栄養の偏りからくる白髪のリスクは高いといえるでしょう。 こうした悪習慣を断つだけでも、偏った食生活の改善につながります。 サプリメントで白髪対策 メラノサイトの働きが悪くなると、メラニン色素の生成に不可欠な酵素のチロシナーゼが減少します。 まず、 髪の主成分であるタンパク質を十分に摂ることは不可欠です。 さらに、 メラノサイトを活性化させるカルシウム、チロシナーゼの働きを促進する銅、タンパク質代謝のための亜鉛やビタミンB・Eといった栄養を、バランス良く摂ることが主な対策になります。 しかし、栄養バランスのとれた食事が大切なのは理解していても、通常の食事で必要量を満たし続けるのは難しいと感じる人は多いでしょう。 その場合には、サプリメントを取り入れることをおすすめします。 白髪対策メニューばかりで食事がマンネリ化・苦痛になることがなく、 1粒など少量で1日に必要な栄養の摂取量が満たせるなど効率的でもあります。 白髪改善を期待できる主な成分 食事では種々の成分を摂取しますが、白髪改善が見込めるものとして、積極的に摂ったほうが良い成分は何なのでしょうか。 白髪改善を期待できる成分には以下の種類があげられます。 亜鉛:髪のメラニン生成を維持する 亜鉛は髪の主成分である タンパク質の代謝や活性酸素の除去に働くだけでなく、髪のメラニン色素の生成にも関与しています。 1日あたりの亜鉛の摂取量は成人女性では8mgで、通常の食事では 生牡蠣や豚レバー、ほや、牛肩肉などの食品に多く含まれています。 ビオチン:健康な髪づくりを担う ビタミンB群に分類されている、水溶性ビタミンの一種であるビオチン。 タンパク質の代謝を行い、髪の健康にとって重要な役割を果たしています。 不足すれば、白髪が増えることにつながってしまう成分です。 通常の食事で含有量に優れているのは、 鶏レバー・たまご・イワシ・ピーナッツなどの食品です。 セサミン:ストレスや喫煙でできる活性酸素に打ち勝つ 体内に侵入してきた病原体を取り除くほど強い毒性を持つ活性酸素。 過剰に発生すれば健康な細胞にまで攻撃を仕掛けてしまいます。 そんな 活性酸素はストレスや喫煙、飲酒、脂っこい食事、紫外線、大気汚染、運動不足といった要因で増加するものです。 海外の研究では、活性酸素が白髪を招くという結果も出ています。 ゴマに含まれる植物由来の化学物質の一種であるセサミンは、活性酸素を撃退する抗酸化力に優れるとして知られている成分です。 1日あたりに必要な量の目安は、10mg程度といわれています。 白髪のケアにおすすめのサプリメント 通常の食事にプラスすることによって、栄養バランスのとれた食生活をサポートしてくれるサプリメント。 ここでは、おすすめの商品をご紹介しましょう。 亜鉛をはじめとした成分配合のサプリメント2選 偏りのある食生活・無理なダイエット・過度な飲酒で、亜鉛不足の日本人が増加していると指摘されています。 毎日十分な量を摂るために役立ってくれるサプリメントを2つあげていきます。 艶黒美人 モニター満足度96. さらに ビタミンを10種類 ・ ツヤをサポートする成分が8つも加わり、1回分たったの2粒で不足しがちな栄養素を補うこともできるサプリメントです。

次の

白髪予防に飲みたいDHC市販サプリメント【黒セサミン/チロシン/亜鉛他】

白髪サプリ 海外

そんな日本のメーカーと並んで、実は密かに最近メイドインアメリカの白髪サプリや白髪対策アイテムも人気があるんだよ! とくに自然派サプリメントを好む方から支持されているので、その内容もチェックしてみてはいかがでしょうか。 BeautyCc編集部、ヘアアドバイザー担当の堀川と申します。 私はWebメディアにて、美髪に関するコラムを発信しているのですが、長年美容師をしていた経験や知識を活かしながら、皆様の髪の悩みを丁寧に解決しているのです! 出産を機に、この仕事にチェンジしましたが、現在でもその傍らで両親が経営する美容院のサポートもしているので、髪に関する知識がますます高まっています。 さて、白髪の悩みは私にもあります。 両親の美容院にやってくるお客様からも、白髪ケアに関する疑問や不安の声をよく聞くのです。 肌のアンチエイジングが理想通りに進んでいても、 白髪がチラついている状態では、アンチエイジングが台無しに。 肌も髪も、内側から元気が漲るような状態をキープする事が大事なのです。 白髪ケアと言えば、最近では白髪サプリに人気が集まっています。 急激に増える白髪対策にサプリをオススメする理由 白髪が1本、2本出てきたかと思って様子を見ていると、その 白髪が急激に増えてしまうケースもあります。 白髪が出来る主な理由は、加齢を重ねた色素細胞の能力が低下する事。 髪の色素が消失すると、白髪に発展していきます。 髪の色素を作るメラノサイトが減っていけば、メラニン色素も減少するので白髪が次々と出てしまうのです。 加齢による白髪以外には、 ストレスや生活習慣の乱れが原因である場合も。 ストレスや生活習慣の乱れで、髪に十分な栄養が回らなくなると、毛母細胞の働きが弱まります。 その結果、白髪が徐々に出てきてしまうのです。 その一歩先を行くアイテムとして、最近では白髪対策専用のサプリが大人気! 白髪の根本原因とされる身体の内側から髪を黒く、健康にさせる栄養素が浸透するので、身体や髪に負担をかける事なく白髪対策が出来ます。 SNS等でも、白髪サプリの人気は計り知れない程になっているのです! 白髪予防・改善に必要な栄養素はサプリからの摂取がベスト! 髪の色素細胞であるメラノサイトが老化していくと、白髪が増えると先述しましたが、その老化をストップさせる為には、白髪予防・改善にベストな栄養素を摂取する必要があります。 栄養素の摂取と言えば、食品からが基本ですが、実はそれらの栄養素を食品から毎日補おうとすれば、とても大変! また、栄養素は単体(たとえば髪の健康によいチロシンや亜鉛のみなど)で摂取しても意味がありません。 白髪予防・改善に効果的な栄養素のベストな組み合わせが大事なのです。 白髪サプリ~シャンプーまで幅広く購入する事が出来るんだよ! 国内でも同じ成分が入ったサプリやシャンプーなどは入手出来ますが、円安の場合などはまとめ買いでお得になるので、賢く白髪対策アイテムをゲットしたい方に「iherb」はオススメです。 英語入力も不要で、スムーズに買い物出来ますので、一度利用してしまえばクセになる事間違いありません! でも・・・自然派サプリはどうやって探すの!? 大丈夫です。 こちらで厳選していますので、その情報を参考に、自分の髪の状態に適したものを見つけてください。 「iherb」で購入出来る白髪対策シャンプー~サプリまでを紹介! 「iherb」で購入出来る白髪対策にベストな3商品をピックアップしてみましたので、参考にしてくださいね! 「iherb」で人気!白髪対策アイテム(サプリ・シャンプー).

次の