教師 いじめ 処分。 【教員いじめ】長谷川雅代、家族の力で停職処分に留まる⁉懲戒免職は1人だけ!!甘すぎる神戸市教育委員!!

教員いじめまとめ!実名特定!処分が甘い!犯罪で逮捕はない?炎上|宇宙を取り巻く謎!芸能、スポーツ、ニュースのネタ情報

教師 いじめ 処分

【関連記事】 パワハラいじめ被害は他にも いじめ加害者の先輩教員4人は、 20代の男性教員の他にもいじめなどの行為を行っていました。 被害に遭ったのは20代の男性教員1人と、同じく20代の女性教員2人。 女性教員に関しては、 セクハラの被害にも遭っていたという事でした。 セクハラを行っていたのは、 30代の先輩教員2人だったそうです。 次から次へと明らかになるいじめの内容に、開いた口がふさがりませんね。 傷害事件もなぜ謹慎ではなく有給休暇なのか 被害に遭った男性教員の家族は、 加害教員の処分内容と、学校の対応によっては刑事告訴も検討していると話していることが分かっています。 しかし実質、現在のところ何も処分は与えられていません。 また校長の責任を問うような事実もありません。 加害教員の有給休暇については、 「自宅謹慎という制度がない」という理由からだそうです。 現時点で何も処分欠かされていないという事は、やはり他の小学校などに異動させて処分扱いにするということでしょうか。

次の

教壇に戻す気か?激辛カレーいじめ教諭の処分に批判殺到「懲罰の基準が狂ってる」

教師 いじめ 処分

加害者教員は懲戒処分か。 クビになっても教員は継続? 神戸市立東須磨小学校で起きた「教師による教師へのいじめ」事件で、新たに事実がわかってきた。 加害4教師の中でリーダー格は40代女性教師だが、前任の校長が気に入った教員を自分の学校に招き入れる「神戸方式」のシステムでやってきた。 この女性教師は現校長より長く学校にいて、「校内ですごい発言力を持つ、ある種女帝で、いじめの標的定めをやっていた」(市議会でいじめ問題を話し合う委員会の岡田ゆうじ市議)という話もある。 加害男性教師の1人は激辛カレーを食べさせるなどのいじめ行為を授業中、児童に「おもしろかった的な話をしていた」(卒業した元教え子)ともいう。 キャスターの立川志らく「メチャクチャですね。 教え子に話すなんて、バカじゃないか」 市教育委員会は処分を検討しているが、教育評論家の石川幸夫さんによると、依願退職の可能性はあるが、「教員免許はく奪はない」そうだ。 加害教師が後日、他の学校で教えることもあり得るらしい。 鴻上尚史(演出家)「暴行障害だ。 刑事事件にしないと教員免許はく奪には至らないだろう」 志らく「まだ事実が全部はわからないが、こんな女帝とかがきたらたまらない。 加害側の話(言い分)を聞きたい。 教師を続けたいなら出てきて、反省してほしい」 堤達生(ベンチャーキャピタリスト)「校長の任命責任も重い」 学校は被害教師が休職したことで、学校は今月3日(2019年10月)に保護者説明会を開いたが、出席した保護者は「足を踏んだぐらいしか語られず、翌日に新聞でいじめの内容を知りました」という。 司会の国山ハセン「それが学校側の保身なのだろうな」 出典:J-CASTニュース 須磨の教員いじめ主犯は女性教員で校長のお気に入りだった? 校長をはじめ、管理職も一斉に処分したほうがいい。 あまりにも幼稚な行為。 他の教員も知って知らん顔か。 日本の教育現場が崩壊してる。

次の

【神戸市議会炎上】神戸教師激辛カレーいじめ事件への連帯責任で賞与増見送りにやりすぎの声も…。

教師 いじめ 処分

「激辛カレーを無理やり食べさせる」は「強要罪」 「わいせつメッセージを送るように強要」も「強要罪」 「送迎を強要」も「強要罪」 「所有者を蹴る、屋根に乗る」は「器物損壊罪」 「コピー用紙の芯でお尻が張れるほど殴る」は少なからず「暴行罪」 「足を踏みつける、肘で打つ」は「暴行罪」 「激辛カレーを目に入れる、体につける」も「暴行罪」 他にも次から次へと行為が出てくるが、その多くは何らかの罪に該当する行為である。 よって、これは 校内で行われた犯罪であり、 加害者は刑法犯であるのだ。 10月8日になって、下記のような内容が報道された。 これは、神戸市教育委員会がメディア用にプレスリリースした内容である。 つまりは、 現在調査中であり、 処分は検討するというものだ。 一方で、4人の教諭は、自宅待機という処分がないという方便で、「 有給休暇をとって自宅待機」をしている。 何とも悠長な話だが、多くの教員出身などの教育評論家が、口を揃えるように、 免職などの処分は期待できない。 また、この件は前の校長が事実を把握していたのにかかわらず、「被害者本人が大丈夫です」と言ったから、「 もう問題は解消しました」 と教育委員会に報告していることが明らかになっている。 さらに、神戸市教育委員会は、7月に事態を把握しつつも、実際には 9月に入ってから被害者の家族から相談を受けて動き始めている。 twitterを使いこの事件が起きた神戸市立東須磨小学校の保護者と名乗る人物に取材をしたところ、ネット上に書き込まれた教諭は確かに10月に入ってから学校に来ておらず、また、保護者会で校長は、 ちょっとしたイタズラのようなもので心配をかけてすみませんという内容の説明をしたとのことだった。 加害行為をした男性教諭が、 子供達に面白い出来事としてこの犯罪行為の内容を話したというのも事実だということだ。

次の