パワーポイント 音声 入力。 PowerPoint・Keynote等にナレーションを付け、動画ファイルとして書き出す方法+別途、音声ファイルのみを作成する方法|Teaching Online

動画と音声の挿入|パワーポイント(PowerPoint)の使い方

パワーポイント 音声 入力

PPTは常にプレゼンするのに最適な形式とは限りません。 ときには、パワーポイントを動画に変換してから聴衆たちにプレゼンすることもいいかもしれません。 その理由は以下のとおりです。 ・Microsoft PowerPointを持っていない方もいるのに対して、ほとんどの人はスマホやPCでは簡単に動画を開くことができます。 ・スライドショーを直接プレゼンすることができない場合は、パワーポイントファイルをナレーション付きの動画に変換することをお勧めします。 そうすれば、聴衆たちはあなたのナレーションがついたプレゼンテーションを見ることができます。 ・PPTが動画に変換されたら、YouTube、WebサイトやブログにPPTを加えることができます。 パワーポイントファイルを動画に変換したい場合は、以下の指示にに従って、Windows パソコンおよびMacでパワーポイントを動画に変換する方法をご覧になってください。 以下すべてのバージョンのMicrosoft PowerPointでPowerPointを動画に変換できます。 ステップ1 動画に変換するPPTを開きます。 そうすれば、PowerPointシステムはこのプレゼンテーションファイルで動画を作成できます。 ステップ3 プレゼンテーション動画の品質を、Ultra HD(4K)、Full HD(1080p)、HD(720p)、Standard(480p)の4つのオプションから選択します。 注意:PowerPoint 2013では、1080p、720p、480pしか使用できません。 ステップ4 プレゼンテーション動画にナレーションを加えるタイミングを選択します。 音声を加える場合は、事前にナレーションを録音してください。 ステップ5 各スライドを表示する時間を設定します。 ステップ6 「ビデオの作成」をクリックして、動画を目的のフォルダに保存します。 PowerPointで動画を作成するプロセスは、スライドショーのサイズによっては数時間かかることがあります。 動画が作成されるまでお待ちください。 パワーポイントが変換可能な動画形式は? PowerPointプレゼンテーションはMP4またはWMV動画ファイルに変換できます。 パワーポイント動画を保存するためにどの品質を選ぶべきですか? PowerPoint動画の再生に使用されるデバイスによって異なります。 最高品質のUltra HD(4K)は、大型モニターでPowerPoint動画を作成するのに適しています。 PCの画面には、1080p動画が最適です。 ほとんどのWebサイトおよび動画プラットフォームはHD 720p動画を対応しています。 そのため、PowerPoint動画をYouTube、Facebookなどにアップロードする必要がある場合は、HD品質を選択してください。 スマートフォンでは、480p動画のほうがうまく再生されます。 パワーポイントを動画として保存する(2010) PowerPoint 2010でパワーポイントファイルを動画に保存する手順は、以前のバージョンのPowerPointの手順と似ています。 ステップ1 動画に変換したいPPTファイルを開きます。 ステップ3 「コンピューターおよび HDモニター」をクリックして、出力されるPowerPoint動画の品質を選択します。 3つのオプションがあります:コンピュータおよびHDモニター、インターネットおよびDVD、ポータブルメディアデバイス、それぞれ1080p、720p、480pに対応します。 ステップ4ナレーション付きのパワーポイント動画を入手するには、 「記録されたすべてのタイミング、ナレーション、およびレーザーポインターの動きが組み込まれます」を選択します。 ステップ5 動画の各スライドがかかる秒数を設定します。 ステップ6 「ビデオの作成」をクリックして動画を保存します。 プレゼンテーションに多数のメディア、アニメーション、ナレーションが含まれていると、動画の保存に時間がかかります。 PowerPoint 2010をどの動画形式に変換できますか。 PowerPoint 2010のプレゼンテーションファイルはMP4形式の動画にのみ保存できます。 パワーポイントを動画にする方法(2009、2003) 残念ながら、古いバージョンのPowerPoint、PowerPoint 2009、または2003を使用している場合、パワーポイントファイルを動画に変換するデフォルト機能はありません。 PowerPoint 2009、2003の場合は、変換ソフトまたは録画ソフトを使用して、パワーポイントファイルを音声や動画付きの動画に変換できます。 パワーポイントを動画に変換できない場合の対処法:パワーポイントを動画として録画します。 これらの問題が発生したとき、より簡単な方法を使うことができます:パワーポイントを動画に変換できない場合の対処法:パワーポイントを動画として録画します。 「」は、PCおよびMacでパワーポイントファイルを動画へ変換できるソフトウェアです。 以下の機能が付いています: ・オーディオ付きのPowerPoint動画を作成する場合は、スライドだけでなく、ナレーションも録音できます。 ・ナレーション中にスライドに円を描いたり、文字を書いたり、色を塗ったりすることができる編集パネルがあります。 ・挿入した動画が含まれているのでご心配なく。 ・PowerPointで話していることを録音したい場合は、ウェブカメラを有効にしてください。 ・マウスカーソルを有効にすると、録音中のマウスの動作がハイライトされます。 ・録画時間は、PowerPointで動画を作成するのにかかる時間よりはるかに短くなります。 ・自動再生のPowerPointプレゼンテーションを録画する場合は、録画時間をプリセットします。 まずは、 「FonePaw PC画面録画」をダウンロードしましょう。 ステップ1 「FonePaw PC画面録画」をPCにインストールして実行します。 ステップ2 「動画レコーダー」を選択します。 録画しようとしているプレゼンテーションを開きます。 これで、他のアプリケーションの画面操作を含めずにPowerPointのウィンドウだけを録画できます。 プレゼンテーションに合わせて録画するエリア(青い四角形)を調整します。 ステップ4 PowerPointで音声を録音する必要がある場合はシステムサウンドをオンにし、プレゼンテーションのナレーションを録音する場合はマイクをオンにします。 動画に顔が映る必要のある場合は、ウェブカメラを有効にします。 ステップ5準備ができたら、 「REC」ボタンをクリックしてプレゼンテーションの録画を開始します。 注釈ツールを使用して、PPTの任意の部分をハイライトすることができます。 ステップ6 プレゼンテーションが終了したら、もう一度 「REC」ボタンをクリックして停止します。 その後、パワーポイント動画をプレビューして 「保存」をクリックします。 パワーポイントファイルはFonePaw PC画面録画でMP4、MOV、TS、FVI、AVI、WMVとして保存できます。 録画を設定する前に動画フォーマットと画質を選択してください。 Macでパワーポイントを動画として保存する方法 パワーポイントを動画に変換します(Office 365、2019、2016) 動画への変換機能は、PowerPoint for Office 365、PowerPoint 2019、PowerPoint 2016(Mac)でのみ機能します。 行う方法は次のとおりです。 ステップ2 ファイルフォルマートメニューで、パワーポイントをMP4またはMOVに保存することを選択します。 ステップ3 パワーポイント動画の動画品質(プレゼンテーション品質(1080 p)、インターネット品質(720 p)、または低品質(480 p))を選択します。 ステップ4 ナレーションを録音した場合は、 「記録されたタイミングとナレーションを使用する」を選択して、オーディオ付きパワーポイント動画を作成します。 各スライドの時間を設定します。 ステップ5 「エクスポート」をクリックして、プレゼンテーションを動画として保存します。 注意:Macでプレゼンテーションを動画へ変換すると、埋め込みメディアファイルは再生できません。 しかし、 「FonePaw PC画面録画」を使用して、埋め込みメディアを含むパワーポイントファイルを動画に録画できます。 パワーポイントファイルを動画に変換します(2010) Mac対応のPowerPoint 2010には、プレゼンテーションを動画に変換する機能がありません。 PowerPoint 2010をMacの動画に保存するには、 「FonePaw PC画面録画」を使用して、ナレーション、アニメーション、タイミング、マウスカーソルの操作でプレゼンテーションを録画することをおすすめします。 パワーポイントを音声や動画付きの動画に変換する方法を紹介させていただきましたがいかがでしょうか?もし何かご質問がある場合、我々に知らせてくださいね。

次の

PowerPoint・Keynote等にナレーションを付け、動画ファイルとして書き出す方法+別途、音声ファイルのみを作成する方法|Teaching Online

パワーポイント 音声 入力

PowerPoint for Microsoft 365 PowerPoint for Microsoft 365 for Mac PowerPoint for the web PowerPoint 2019 PowerPoint 2019 for Mac PowerPoint 2016 PowerPoint 2013 PowerPoint 2010 PowerPoint 2016 for Mac PowerPoint内でプレゼンテーションのナレーションを録音することができます。 サウンドを録音して再生するには、コンピューターにサウンドカード、マイク、およびスピーカーが必要です。 記録するときは、音声認識などの他の録音アプリケーションを実行しないでください。 注: オーディオを録音するには、デバイスにマイクが必要です。 レコーディングを確認するには、[ の 停止] を選択し、[ の 再生] を選択します。 クリップを録音し直すには [ 録音] を選択します。 問題がなければ [ OK] を選択します。 クリップを移動するには、オーディオ アイコンを選択し、スライド上の目的の位置にドラッグします。 1 つのスライドに複数のオーディオ ファイルを使用している場合は、スライド上のオーディオ ファイルと同じ場所にオーディオ アイコンを置くことをお勧めします。 [ 再生] を選択します。 再生オプションを設定する オーディオ アイコンを選択し、オーディオ ツールの [ 再生] タブを選択します。 使用するオプションを選択します。 オーディオをトリミングするには、[ オーディオのトリミング] を選択し、赤と緑のスライダーを使用してオーディオ ファイルを適切な長さにトリミングします。 オーディオをフェードインまたはフェードアウトするには、[ フェードの継続時間] の各ボックスの数値を変更します。 音量を調整するには、[ 音量] を選択し、希望する設定を選択します。 オーディオファイルの開始方法を選択するには、[ 開始] ドロップダウン矢印を選択し、オプションを選択します。 オプション 説明 一連のクリック動作 クリックすると、自動的にオーディオファイルが再生されます。 このオプションは PowerPoint for Microsoft 365 と PowerPoint 2019で使用できます。 また、 PowerPoint 2016 バージョン1709以降でも利用できます。 一連のクリック動作 オーディオファイルがオンになっているスライドに移動すると、自動的に再生されます。 クリック時 アイコンをクリックしたときにのみオーディオを再生します。 プレゼンテーションでオーディオを再生する方法を選択するには、次のいずれかのオプションを選択します。 [ スライド切り替え後も再生]: すべてのスライドで 1 つのオーディオ ファイルが再生されます。 すべてのスライドで継続してオーディオがバックグラウンドで再生されるようにするには、[ バックグラウンド再生] を選択します。 音声を録音してスライドに追加する• ナビゲーション ウィンドウで、サウンドを追加するスライドをクリックします。 [ サウンドの録音] ダイアログ ボックスが開きます。 記録を開始するには、[ レコード ] をクリックします。 完了したら、[ の 停止] をクリックします。 記録したサウンドを聞くには、[ の 再生] をクリックします。 [ 名前] ボックスにサウンドの名前を入力し、[ 挿入] をクリックします。 オーディオアイコンがスライドに表示されます。 再生オプションを設定する• スライドで、オーディオ クリップ アイコン を選びます。 PowerPoint リボンの [ 再生] タブで、必要に応じて次の手順を実行します。 オーディオ クリップの再生を開始するタイミングを決定します。 [ 開始] の一覧で、[ 自動] または [ クリック時] を選びます。 一度だけ再生するのではなく、停止するまでオーディオクリップを連続再生するには、[ 停止するまで繰り返す] を選択します。 このオプションを単独で使うということは、サウンドが存在するスライドが表示されている間は再生を繰り返し続けることを意味します。 [ 停止するまで繰り返す] を [ スライド切り替え後も再生] と一緒に使うと、プレゼンテーション全体を通してサウンドの再生が繰り返されます。 プレゼンテーションのスライドをクリックで移動するときにオーディオ クリップを再生するには、[ スライド切り替え後も再生] を選びます。 オーディオをプレビューする• オーディオ アイコンを非表示にする• オーディオ クリップ アイコンをクリックします。

次の

パワーポイントに音声を録音しました。一度再生できますが、保存して、再度パワーポイントを開きますと&

パワーポイント 音声 入力

PowerPoint for Microsoft 365 PowerPoint for Microsoft 365 for Mac PowerPoint for the web PowerPoint 2019 PowerPoint 2019 for Mac PowerPoint 2016 PowerPoint 2013 PowerPoint 2010 PowerPoint 2016 for Mac ナレーションとタイミングによって、Web ベースや自動のスライド ショーを強化できます。 サウンド カード、マイク、スピーカー、 オプションで Web カメラがあれば、PowerPoint プレゼンテーションを記録し、ナレーション、スライド間のタイミング、インク ジェスチャを取り込むことができます。 記録を行った後は、スライド ショーで再生できる他のプレゼンテーションと同じです。 また、動画ファイルとして保存することもできます。 リボンの [ 録音] タブをオンにします。 リボンの [ ファイル] タブの、[ オプション] をクリックします。 [ オプション] ダイアログ ボックスで、左側にある [ リボンのユーザー設定] タブをクリックします。 使用可能なリボン タブの一覧が表示された右側のボックスで、[ 録音] チェック ボックスをオンにします。 [ OK] をクリックします。 記録を準備するには、リボンの [ 記録] タブまたは [ スライド ショー] タブで [ スライド ショーの記録] を選びます。 ボタンの上半分をクリックすると、現在のスライドから開始されます。 ボタンの下半分をクリックすると、開始するスライドを先頭または現在のスライドのいずれかから選ぶことができます。 [ クリア] コマンドはナレーションまたはタイミングを削除するので、慎重に使ってください。 以前にスライドを記録していない場合、[ クリア] は灰色表示されます。 スライド ショーが [記録中] ウィンドウ 発表者ツールに似ています で表示され、左上に録音の開始、一時停止、停止のためのボタンが表示されます。 録音を開始する準備ができたら、赤い丸ボタンをクリックします またはキーボードの R キーを押します。 3 秒のカウントダウンの後、記録が開始されます。 現在のスライドが、[記録中] ウィンドウのメイン ウィンドウに表示されます。 現在のスライドの両側にあるナビゲーション矢印を使用すると、前のスライドと次のスライドに移動することができます。 PowerPoint for Microsoft 365 は各スライドにかかった時間を自動的に記録します。 これには、発生したのステップと、各スライド上でのトリガーの使用が含まれます。 プレゼンテーションを実行するときにオーディオまたはビデオ ナレーションを録音できます。 ペン、蛍光ペン、消しゴムを使った場合、PowerPoint はこれらの操作も再生のために記録します。 ナレーション オーディオとインクを含む を再び記録する場合、PowerPoint は、同じスライドで記録を再び開始する前に、以前に記録したナレーション オーディオとインクを含む を消去します。 [ スライド ショー]、[ スライド ショーの記録] の順に選んで再記録することもできます。 現在のスライドの下のツールの配列からポインター ツール(ペン、消しゴム、または蛍光ペン)を選択できます。 インクの色を変更するための色の選択ボックスもあります。 以前にインクをスライドに追加していない場合、[ 消しゴム] は灰色表示されます。 記録を終了するには、四角い [停止] ボタンを選びます または、キーボードの S キーを押します。 ナレーションの記録を終了すると、記録されたスライドの右下に小さい画像が表示されます。 この画像は、オーディオ アイコンか、または記録中に Web カメラが入っていた場合は Web カメラからの静止画です。 記録されたスライド ショーのタイミングは自動的に保存されます スライド一覧ビューでは、各スライドの下にタイミングが表示されます。 このプロセスでは、記録したものが各スライドに埋め込まれ、記録をスライド ショーで再生できます。 この記録プロセスでは、ビデオ ファイルは作成されません。 ただし、必要な場合は、いくつかの追加手順でプレゼンテーションをビデオとして保存することができます。 記録したスライド ショーのプレビューを表示する [ スライド ショー] タブで、[ 最初] または [ 現在のスライドから] をクリックします。 再生中には、アニメーション、インク操作、オーディオ、ビデオが同期して再生されます。 録音したサウンドをプレビューする [記録中] ウィンドウで、左上隅にある三角形の [ 再生] ボタンを使って、そのウィンドウで現在フォーカスがあるスライドの記録をプレビューすることができます。 [ 標準] ビューで、スライドの右下にあるサウンド アイコンまたは画像をクリックし、[ 再生] をクリックします。 この方法でオーディオをそれぞれプレビューする際は、記録されたアニメーションまたはインクは表示されません。 オーディオをプレビューしているときに、再生を一時停止することができます。 スライド切り替えのタイミングを手動で設定する PowerPoint for Microsoft 365 では、ナレーションを追加したときに自動的にスライド切り替えのタイミングを記録するか、手動でスライド切り替えのタイミングを設定してナレーションに添付することができます。 標準表示モードで、タイミングを設定するスライドをクリックします。 アドバンス スライドの、 タイミング グループの、 画面切り替え タブで、 後 チェック ボックスを選択し、スライドをスクリーンに表示する秒数を入力します。 切り替えのタイミングを設定するスライドごとに手順を繰り返します。 次のスライドを表示するタイミングを、マウスをクリックしたときにするか、入力した秒数後に自動的に切り替わるようにするか、いずれか早い方にするには、[ クリック時] および [ 自動的に切り替え] チェック ボックスの両方をオンにします。 手動スライド タイミングを使って、記録されたスライド セグメントの最後をトリミングできます。 たとえば、スライド セグメントの最後に不要なオーディオが 2 秒間入っている場合は、不要なオーディオの前に行われるように次のスライドへの移行タイミングを設定するだけです。 そうすると、そのスライドの音声を録音し直す必要はありません。 タイミングやナレーションを削除する [ クリア] コマンドを使うと、必要のない、または置き換えたいタイミングやナレーションを、記録から削除できます。 [記録] ウィンドウの上部余白にある [ クリア] コマンドでは次のことをできます。 現在のスライドから記録をクリアします• すべてのスライドから記録をクリアします 標準表示モードには 4 種類の [ クリア] コマンドがあり、次のことを行えます。 現在選択されているスライドから タイミングを削除します• 一度に すべてのスライドから タイミングを削除します• 現在選択されているスライドから ナレーションを削除します• 一度に すべてのスライドから ナレーションを削除します• プレゼンテーションの一部のタイミングまたはナレーションだけを削除したい場合は、削除するタイミングまたはナレーションのある特定のスライドを開きます。 PowerPoint for Microsoft 365 リボンの [ 記録] タブで、[ スライド ショーの記録] ボタンの下向き矢印をクリックし、[ クリア] をポイントして、状況に合った適切な [ クリア] コマンドを選びます。 タイミング、ナレーション、インクをオフにする PowerPoint for Microsoft 365 プレゼンテーションを記録すると、実行したタイミング、ジェスチャ、オーディオが個々のスライドに保存されます。 ただし、以下を使わずにスライド ショーを表示したい場合は、すべてをオフにできます。 記録されたスライド タイミングをオフにする: [ スライド ショー] タブで、[ タイミングを使う] チェック ボックスをオフにします。 記録されたナレーションとインクをオフにする: [ スライド ショー] タブで、[ ナレーションの再生] チェック ボックスをオフにします。 レコーディングを他のユーザーと共有するために公開する 編集が完了した記録を Microsoft Stream に公開すると、他のユーザーがそれを利用できるようになります。 プレゼンテーションが開いた状態で、[ 記録] タブで [ ストリームに公開] を選択します。 ビデオのタイトルと説明を入力します。 組織の他のユーザーにビデオの閲覧権限を付与するかどうかなど、他のオプションを設定します。 [ 公開] ボタンをクリックします。 アップロード処理は、ビデオの長さによっては数分かかる場合があります。 PowerPoint ウィンドウの下部にあるステータス バーで進捗が追跡され、アップロードが完了すると PowerPoint にメッセージが表示されます。 メッセージをクリックすると、Microsoft Stream のビデオの再生ページに直接移動します。 字幕を作成する 字幕を追加してビデオのアクセシビリティを高めるには、以下のオプション(それぞれのヘルプ記事に説明があります)の中から方法を選択します。 作成した字幕ファイルは、できます。 関連項目 スライド ショーを記録する• プレゼンテーションが開いた状態で、[ スライド ショー] タブで [ スライド ショーの記録] をクリックします。 ボタンの上半分をクリックすると、現在のスライドから開始されます。 ボタンの下半分をクリックすると、開始するスライドを先頭または現在のスライドのいずれかから選ぶことができます。 [ クリア] コマンドはナレーションまたはタイミングを削除するので、慎重に使ってください。 以前にスライドを記録していない場合、[ クリア] は灰色表示されます。 [ スライド ショーの記録] ボックスで、記録のチェック ボックスをオンまたはオフにし、[ 録音の開始] をクリックします。 オプションの詳細:• スライドとアニメーションのタイミング: PowerPoint は各スライドにかかった時間を自動的に記録します。 これには、発生した ステップと、各スライド上でのトリガーの使用が含まれます。 ナレーション、インク、レーザー ポインター プレゼンテーションを実行するときに音声を録音できます。 ペン、蛍光ペン、消しゴム、またはレーザー ポインターを使用する場合、PowerPoint は再生用にそれらを記録します。 重要: ペン、蛍光ペン、消しゴムの記録は、以降のバージョンの PowerPoint がインストールされている場合のみ使用できます。 以前のバージョンのPowerPointでは、ペンと蛍光ペンのストロークはインク注釈図形として保存されます。 ウィンドウ左上にある [ 記録] ツールバーを使用して次の操作を行うことができます。 次のスライドに移動する:• 記録を一時停止する:• 現在のスライドを再び記録する: ナレーション オーディオ、インク、レーザー ポインターを含む を再び記録する場合、同じスライドで記録を再開すると、PowerPoint は以前に記録したナレーション オーディオ、インク、レーザー ポインターを含む を消去します。 [ スライド ショー]、[ スライド ショーの記録] の順に選んで再記録することもできます。 記録中にインク、消しゴム、またはレーザー ポインターを使用するには、スライドを右クリックし、[ ポインター] オプションをクリックしてツールを選びます。 レーザー ポインター• 蛍光ペン• 消しゴム 以前にインクをスライドに追加していない場合、このオプションは灰色表示されます インクの色を変更するには、[ インクの色] をクリックします。 記録を終了するには、最後のスライドを右クリックし、[ スライド ショーの終了] をクリックします。 ヒント: ナレーションの録音が終了すると、ナレーションがあるスライドの右下にサウンド アイコンが表示されます。 記録されたスライド ショーのタイミングは自動的に保存されます。 [ スライド一覧] 表示モードの各スライドの下にタイミングが表示されます。 このプロセスでは、記録したものが各スライドに埋め込まれ、記録をスライド ショーで再生できます。 この記録プロセスでは、ビデオ ファイルは作成されません。 ただし、必要な場合は、いくつかの追加手順でプレゼンテーションをビデオとして保存することができます。 記録したスライド ショーのプレビューを表示する [ スライド ショー] タブで、[ 最初] または [ 現在のスライドから] をクリックします。 再生中には、アニメーション、インク操作、レーザー ポインター、オーディオ、ビデオが同期して再生されます。 録音したオーディオをプレビューする [ 標準] ビューで、スライドの右下にあるサウンド アイコンをクリックし、[ 再生] をクリックします。 スライド切り替えのタイミングを手動で設定する PowerPoint では、ナレーションを追加したときに自動的にスライド切り替えのタイミングを記録するか、手動でスライド切り替えのタイミングを設定してナレーションに添付することができます。 標準表示モードで、タイミングを設定するスライドをクリックします。 アドバンス スライドの、 タイミング グループの、 画面切り替え タブで、 後 チェック ボックスを選択し、スライドをスクリーンに表示する秒数を入力します。 切り替えのタイミングを設定するスライドごとに手順を繰り返します。 ヒント: 次のスライドを表示するタイミングを、マウスをクリックしたときにするか、 または 入力した秒数後に自動で切り替わるようにするか、いずれか早いほうにするには、 クリック時 と 自動的に切り替え チェック ボックスの両方をオンにします。 タイミングやナレーションを削除する [ クリア] コマンドを使うと、必要のない、または置き換えたいタイミングやナレーションを、記録から削除できます。 4 種類の [ クリア] コマンドがあり、次のことをできます。 現在選択されているスライドから タイミングを削除します• 一度に すべてのスライドから タイミングを削除します• 現在選択されているスライドから ナレーションを削除します• 一度に すべてのスライドから ナレーションを削除します• プレゼンテーションの一部のタイミングまたはナレーションだけを削除したい場合は、削除するタイミングまたはナレーションのある特定のスライドを開きます。 PowerPoint リボンの [ スライド ショー] タブで、[ スライド ショーの記録] ボタンの下向き矢印をクリックし、[ クリア] をポイントして、状況に合った適切な [ クリア] コマンドを選びます。 タイミング、ナレーション、インク、レーザー ポインターをオフにする PowerPoint プレゼンテーションを記録すると、実行したタイミング、ジェスチャ、オーディオが個々のスライドに保存されます。 ただし、以下を使わずにスライド ショーを表示したい場合は、すべてをオフにできます。 記録されたスライド タイミングをオフにする: [ スライド ショー] タブで、[ タイミングを使う] チェック ボックスをオフにします。 記録されたナレーション、インク、レーザー ポインターをオフにする: [ スライド ショー] タブで、[ ナレーションの再生] チェック ボックスをオフにします。 関連項目 、その記録に対象ユーザーのコメントを含めることができます。 プレゼンテーション全体のナレーションが必要ない場合は、か、ナレーションをオフにして再生したいときにだけ再生できます。 スライドにナレーションを追加すると、サウンド アイコン がスライドに表示されます。 サウンドの場合と同じように、アイコンをクリックしてサウンドを再生するか、サウンドが自動的に再生されるように設定できます。 ナレーションを録音および再生するには、コンピューターにサウンド カード、マイク、スピーカーが必要です。 録音を始める前に、PowerPoint 2010 ではスライド切り替えのタイミングのみを記録するか、ナレーションのみを録音するか、または同時に両方を記録するかを選ぶように求めるメッセージが表示されます。 こともできます。 この自動切り替え機能は、ナレーションを付けてプレゼンテーションを自動実行する場合に特に便利です。 スライド切り替えのタイミングを記録すると、アニメーションのステップの回数およびスライドの開始のタイミングも記録されます。 プレゼンテーションでタイミングを使わない場合、ことができます。 このプロセスでは、記録したものが各スライドに埋め込まれ、記録をスライド ショーで再生できます。 この記録プロセスでは、ビデオ ファイルは作成されません。 ただし、必要な場合は、ことができます。 ナレーションを録音するときは、プレゼンテーション全体を実行して、スライドごとに録音します。 録音はいつでも一時停止し、再開することができます。 スライド ショーを録音する前に、マイクの設定が済んでおり、使える状態になっていることを確認します。 [ スライド ショー] タブの [ 設定] グループで [ スライド ショーの記録] をクリックします。 次のいずれかを選びます。 先頭から録音を開始• 現在のスライドから録音を開始• [ スライド ショーの記録] ダイアログ ボックスで、[ ナレーションとレーザー ポインター] チェック ボックスをオンにし、必要に応じて [ スライドとアニメーションのタイミング] チェック ボックスをオンまたはオフにします。 [ 記録の開始] をクリックします。 [ クリア] コマンドを使うと、必要のない、または置き換えたいタイミングやナレーションを、記録から削除できます。 4 種類の [ クリア] コマンドがあり、次のことをできます。 現在選択されているスライドから タイミングを削除します• 一度に すべてのスライドから タイミングを削除します• 現在選択されているスライドから ナレーションを削除します• 一度に すべてのスライドから ナレーションを削除します• プレゼンテーションの一部のタイミングまたはナレーションだけを削除したい場合は、削除するタイミングまたはナレーションのある特定のスライドを開きます。 PowerPoint リボンの [ スライド ショー] タブで、[ スライド ショーの記録] ボタンの下向き矢印をクリックし、[ クリア] をポイントして、状況に合った適切な [ クリア] コマンドを選びます。 関連項目 記録するための準備をする 開始するには、目的のプレゼンテーションを開き、[ スライド ショー] タブをクリックします。 ヒント: プレゼンテーションのスライド数が多い場合は、[ スライド分類] 表示で操作した方が便利な場合があります。 試すには、[ 表示]、[ スライド分類] の順にクリックします。 記録を開始する前に確認しておく項目がいくつかあります。 スライド セットの一部のみを記録する場合は、開始前に次のいずれかを行います。 除外するスライドを選び、[ 非表示スライドに設定] をクリックします。 または• [ リハーサル] を使用して、既に記録されているナレーションや動作に影響を与えずに、スライド間のタイミングを変更します。 マイクが正しく設定されていることを確認します。 スライド ショーを記録する ナレーションまたは注釈をスライド ショーに追加する場合は、マイクが設定され動作していることを確認します。 記録を開始するには、次の操作を行います。 [ スライド ショー] タブをクリックし、記録を開始するスライドを選び、[ スライド ショーの記録] をクリックします。 記録中に Ctrl キーを押しながらクリックすると、記録コマンドにアクセスして、スライド間のナビゲート、カーソルの変更、画面の白黒の切り替えなどを行うことができます。 記録を停止するには、[ スライド ショーの終了] をクリックします。 [ 保存] ダイアログ ボックスが表示されます。 記録を保存する場合は [ はい] を、もう一度記録する場合は [ いいえ] をクリックします。 保存すると、それ以前に記録したものはすべて上書きされます。 同じスライド セットで別のスライド ショーを記録する場合は、プレゼンテーション ファイルを異なる名前で保存します。 記録をプレビューするには、[ 最初から再生] をクリックします。 記録中に使用できるキーボード ショートカット 記録中に参照できるように、次のキーボード ショートカットの一覧を印刷することをお勧めします。 種類を表示する 全画面またはウィンドウで表示します。 オプションを表示する ナレーションまたはアニメーションをオフにします。 スライド スライドのサブセットを選択するか、設定済みの場合は [ カスタム ショー] を選択します。 アドバンス スライド このスライド ショーのバージョンを手動でページ送りできるように設定します。 関連情報 Web 用 PowerPoint ではスライド ショーの記録はサポートされていません。 記録に関するヒント• 記録はスライドごとにプレゼンテーションに追加されるので、記録を変更する場合は、影響を受けるスライドの再記録だけが必要です。 また、再記録しなくても、記録後にスライドの順序を並べ替えることができます。 また、プレゼンテーションの記録中に簡単に一時停止して区切ることもできます。 PowerPoint では、スライド間の切り替え中にはオーディオまたはビデオは記録されないので、スライドを進めながら話さないようにしてください。 また、切り替えが円滑に行われ、スライドの切り替え中にナレーションがカットされないように、各スライドの最初と最後に少し無音の時間を設けます。 Web 用 PowerPoint では、 ナレーションを記録することはできません。 ナレーションを記録するには、PowerPoint のデスクトップ バージョンをお使いください。 編集ビューではビデオとインクのサイズの調整と編集ができます。 対象ユーザーが Web 用 PowerPoint を使って記録を視聴する可能性がある場合は、Web 用 PowerPoint でサポートされている切り替え効果を使います 切り取り、フェード、プッシュ、ワイプ、分割、ランダム バー、図形、変形。 プレゼンテーションの記録には、Web カメラが付いているタッチ スクリーン PC が最適です。 記録する前に、ビデオ プレビューを使ってすべてが正しく設定されていることを確認します。 ジェスチャ インクなど を記録するスライドの場合、複数のテイクを簡単に記録できるようにスライドのコピーを複数作成しておきます。 完了したら、関係のないスライドを削除します。 オーディオとビデオをオフにして数秒だけ無音時間を記録し、設定時間の後に先へ進みます。 品質をより高くするには、外部 Web カメラとマイクを使います。 組み込みのカメラとマイクは、ほとんどのタスクに適しています。 しかし、より本格的なビデオにしたい場合は、可能であれば外部 Web カメラの使用を検討します。 タブレットまたはラップトップで PowerPoint を使っていて、スタイラスでインクを使う場合は、外部のカメラとマイクを使うとスタイラスのノイズを最小にできます。 最初のスライド記録を完了したら、すぐに再生します。 プレゼンテーションの記録を進める前に、オーディオとビデオのサウンドと表示が予想どおりであることを確認します。

次の