こち亀 アニメ 神 回。 【神回】こち亀の両津「麗子!わしと結婚しよう!」wwwwwwwww

「こち亀」心に残る感動的な名シーン・神回6選! 【原作・アニメ】 | MOVIE SCOOP!

こち亀 アニメ 神 回

2016年9月17日に発売された週刊少年ジャンプにて、40年に渡る長期連載を続けた「 こち亀」は最終回を迎えました。 ギネス世界記録「 最も巻数の多い単一漫画」にも選ばれたこち亀。 最終回が載った200巻目の単行本と雑誌が一緒に発売されたことも当時は話題になりました。 単行本と雑誌では 最終回の内容がちょっと違うお遊びが仕掛けられており注目されていたのです。 こち亀の最終回といえば、漫画だけでなくアニメもあるので今回は合わせてご紹介しましょう。 スポンサーリンク 漫画版「こち亀」の最終回ってどんなの?人気キャラが続々登場! 週刊少年ジャンプに連載されていた「 こち亀」を追いかけ続けていたファンならニヤリとさせられる最終回。 気になる内容とは、30周年の際にも開催していた キャラクター人気投票回。 しかしそうした体裁を取っていただけであり、実際には読者投票を実施しておらず作者による独断と偏見のネタ回でした。 ここで40年の長い連載の間に編集長が9人も辞め、担当も10人以上変わったと両津勘吉がメタ発言を連発!そんなオフレコも交えながら「 復活希望キャラベスト10」が発表される流れです。 「こち亀」は泣かせる人情話から笑い話まで、そのほとんどが雑学と一緒に展開されることで知られてますよね。 1回限りの単発ゲストキャラは数え切れぬほどいますが、中には 名物キャラと呼ばれる輩も多数存在します。 ちなみに 雑誌と単行本、共に最終回で投票が行われたので今回は1位の人物をそれぞれ見てましょう。 まずは雑誌版。 こちらはハードボイルド刑事・ 星逃田が受賞しました。 読み方は「ほしとうでん」。 訓読みで「ほしのがした」 この「 ホシ」とは警察用語で犯人を意味する隠語。 星逃田は当初、一回限りのゲストキャラで終わる予定でした。 しかし彼は登場回のオチでカルティエのライターを失くしてしまい、読者に「みんなも探して!」と呼びかけたのです。 そうしたところ… 本当に読者からライターが届いたとのこと。 彼はこれを機に再登場を繰り返した愛されキャラだったのです。 もっとも、送られたライターは100円ライターを銀紙で巻いたものであり本物のカルティエではなかったですが。 その後もこち亀ファンからライターを10年に渡り送り続けられた経緯から、作中で「 もう送ってこないで!」と呼びかけるシーンもできた程… 古株のこち亀ファンとしては納得のキャラではないでしょうか? 続いて単行本版。 こちらはなんと 両津勘吉が入選! 「復活希望キャラベスト10」にも関わらず、なぜか主人公に票が集まったのはご愛嬌…さすがの両津勘吉も驚いたものの大原部長から表彰され、最終回は感動のラストへ突入。 両津勘吉がふと会場から出ていくのですが、居なくなったあとの会場では「 こち亀40周年達成パーティ」が開催されます。 ここに携帯電話を忘れた両津勘吉がたまたま戻ってきてパーティーに出くわすという、ある種お約束のパターン。 そこで300万円かけた祝賀料理を目にした両津勘吉は…なんと料理にツバをかけて「 みなさんが食べないのなら私が食べます!」と最後は独り占めしちゃうオチでした。 雑誌も単行本も、漫画「こち亀」を追いかけ続けてきたファンにとっては納得の最終回となった気がします。 スポンサーリンク これぞ「こち亀」愛溢れる最終回!アニメ版のキャストもめちゃ豪華! 2016年9月18日、アニメ最終回スペシャル「 こち亀 THE FINAL」が放送されました。 ラサール石井が両津勘吉を演じたアニメ版のこち亀。 漫画よりもアニメ版のほうが馴染み深い人も少なくないでしょう。 寺井やボルボ、マリアの出番がなかった点は気になるものの、次の面白キャラたちは登場しています。 まず、4年に1度だけ目を覚ます超能力者・ 日暮熟睡男 ねるお。 両津のいとこで江戸っ子気質の 擬宝珠纏 ぎぼしまとい 、両津の祖父にして超サイバー爺さんの 両津勘兵衛といった、アニメには登場したことのなかったキャラクターたち。 そのエピソードとは、両津勘吉から借金を取り立てるために商店街の人達が詰め寄るボーナス争奪戦! また「こち亀」といえばの人情話として、超神田寿司の天才幼稚園児・ 擬宝珠檸檬 れもん とアッタカイーノ王国の 王女サブリナ 右 の友情。 そして誘拐からの救出劇というアクション。 最後はスカイツリーを爆破し、巨額の借用書が両津に届けられるオチなど…こち亀ファンなら一度は観ておくべきです。 ちなみに、犯人役の声優陣たちも豪華の一言。 北斗の拳のケンシロウ役を務めた 神谷明、スラムダンクの桜木花道を担当した 草尾毅、地獄先生ぬ〜べ〜の鵺野鳴介やテニスの王子様で手塚国光を演じた 置鮎龍太郎。 さらにはBLEACHの黒崎一護やワンピースの不死鳥マルコを演じた 森田成一ら。 そう、皆ジャンプの主人公級キャラを演じた面々だった点も見逃せません。 漫画・アニメ共に最終回を見れば「ああ、こち亀は終わってしまったんだ」と言うよりも逆に「 また復活するかも?」とすら感じてしまいます。 こち亀は永遠に不滅…その有り様を表しているような最終回ですので、是非ご覧あれ!.

次の

こち亀の最終回はいつ?結末の予想に長寿、ストックの背景も

こち亀 アニメ 神 回

まず「 こち亀」に関して、こんな都市伝説がある。 それは「 ストックが沢山あった」という説だが、これにはいくつかのバリエーションがあるようだ。 まず秋本先生は「 常に10話分を確保していた」という噂から…先生はネタに不自由している時はその中から使い、逆にネタが豊富な時は補充していたとのこと。 さらにそれは、集英社の金庫にストックされていたらしい。 その数も都市伝説によって、10話から1000話までと…実に様々だ。 この説から、 最終回は既に完成していたという都市伝説も存在する。 ただしそうなるとストーリーや絵柄を無視する事になるので、こちらは単なるデマと思われる。 以前、アメリカの作家で全く同じ噂を囁かれた人がいるが、まさにその類の話だ。 とっくの昔に終わっていた?「こち亀」の最終回 まず都市伝説ではなく、だいぶ前に 「こち亀の最終回が掲載されていた 」という話から始めよう。 それはコミックスの69巻に収録されている「 両さんメモリアル」という回だ。 (これは表向きには単なる「おふざけ」とされているが…) まず2週前に「麗子メモリアル」という話が掲載、こちらは彼女の半生を振り返る内容になっている。 次に「中川メモリアル」が来て、同じく彼の人生を総括。 この時点で何かピンと来ないだろうか? そして最後が、問題の「両さんメモリアル」になる。 ここで都市伝説的には「 こち亀は既に終わっていた」と認識されている。 ナゼならきちんとお別れの言葉が載っていたし、次のページでは「 ニューパワー新連載」と書かれていたからだ。 つまり、一度は連載が終了していたという事になる。 最終巻は既に発売されていた!「こち亀」の都市伝説 上記は、作者の 公式コメントから生まれた都市伝説だ。 2011年のこと、秋本先生が「 最終巻は12月発売」と少年ジャンプの巻末コメントで書いてしまったのだ。 これで、こち亀は 2011年12月までに終了するという都市伝説が広まった。 2011年と言えば「 3. 11」の大震災があり、日本中が暗いムードに包まれていた頃だ。 様々なものが自粛され、お笑い番組も次第に減っていった。 ちなみに秋本先生は 自粛で有名なので、ギャグマンガにも自粛の波が及んだのだろうと都市伝説では指摘されていた。 Sponsored Link しかしこのコメントは、正確には「 JC版の初回限定、特別仕様の最終巻は12月発売」というものだ。 詳しく書くと、ジャンプコミックスの初回限定版には特別仕様のものがあって、何らかの オマケ付き(DVDとかフィギュア)という意味になる。 つまり、このバージョンの最終巻が12月発売ということで「 それ以降は、オマケ付きの初回限定盤は出さないよ!」という告知に過ぎなかったのだ …とは言え、これは読み方によっては誤解を招くイヤらしい表現だ。 案外いたずら好きな秋本先生なので、わざとこういう風に書いたのだと都市伝説記者は推測する。 アニメ版、こち亀の最終回が面白い まず両さんのところに「 異動通知」が届くが、これは勤務先の警察署が変更になるという事前通知だ。 つまり葛飾署からは離れる事になり、それを知った両さんの同僚たちは「お別れパーティー」の準備で大忙し! しかしこれは、 両さんのイタズラで嘘だったという話…まあいかにも「こち亀」らしい内容で、容易に想像がつくだろう。 こちらは都市伝説ではなく、実際の アニメ版の最終回 にな る。 漫画ではないが、同じく「こち亀の最終回」と呼んでも間違いではない。 ちなみにアニメの最終回は 2004年。 ゴチャゴチャになるのも無理はなさそうだが、このストーリーなら時代に関係なく使えそうだ。 この辺りも、前述した「集英社の金庫に最終回の原稿があった」という都市伝説に結び付いているのかもしれない。 秋元作品は他にもあった!「こち亀」が連載終了した理由って何? 実は秋本先生、 「こち亀以外にも連載作品を持っていた 」ことをご存知だろうか?多くの人はきっと知らないかもしれない… 秋本先生の作品は「 ジャンプ」のみの掲載だし、基本的には「愛読者賞チャレンジ作品」以外で他の作品を描くことはめったにない。 読み切り作品をスーパージャンプのような青年誌に描くことはあっても、あくまで読み切りレベルだ。 しかし、実際には「週刊少年ジャンプ」の他にも連載を持っていた。 作品名は「 Mr. Clice 」で、内容は「スパイアクション風のギャグ漫画」と言った感じだ。 これは不定期連載ながら、秋本先生が「こち亀」以外で連載している唯一の漫画になる。 ちなみに本作は、彼がリスペクトする「 007シリーズ」をきっかけに描いたものらしい。 「こち亀」の最終回を終えた今、趣味として描くこの漫画に注目が集まる可能性もある。 ある意味、いつ終わってもおかしくなかった「こち亀」の連載。 都市伝説記者が聞いた噂では、「 有限会社アトリエ・びーだま」の維持のために執筆を続けていたとのこと。 アシスタントの再就職や引退の目途が付いたので、こち亀は安心して最終回を迎えられたと言われている。

次の

「こち亀」4年に1度目覚める超能力警官・日暮登場回のセレクション配信が決定 : ニュース

こち亀 アニメ 神 回

スポンサードリンク 長寿漫画の双璧 日本における長寿漫画としては、ゴルゴとこちかめが2強です。 年齢的にはこちかめは1976年、ゴルゴは1968年から連載されているので、ゴルゴの方が8歳年上です。 漫画における8歳って人間にしたら、どれくらいの歳になるんだろう。 ソースがない数字なんですが、漫画家が連載を始めてから辞めるまでの平均が2、3年らしいです。 生き物に例えると、金魚やハムスター辺りの平均寿命になる感じですかね。 3年を漫画の一生として、人間の平均寿命、男80の女86の平均83でとって換算してみると、 221歳差〈笑 そもそも、人間に例えるのが、間違っていますね。 連載期間を人間の年齢にしたら・・・、 こちかめ、1079歳。 ゴルゴ、1294歳。 もちろん、全てが間違っていますね〈笑 とりあえず、どちらの作品も仙人どころでは無く、神に近しい存在と言う事だけはわかりました。 週刊誌としての最長はこち亀 ゴルゴが連載されているビックコミックは週刊誌ではないので、週刊誌としてはこちかめが最長漫画になります。 ビックコミックは現在月2回発売です。 初期の頃は月に1回の完全な月刊誌でした 現時点の単行本数ではこちかめが196巻、ゴルゴが177巻ですので、こちかめの方が多いんですね。 7冊発売。 週刊誌と半月刊誌の差が出ていますね。 恐ろしいことに、どちらの作品も休載はゼロとの事です。 信じられません。 話のストックはしている こち亀って、基本的にはオムニバス形式で展開され、1話ごとの繋がりはあまりないストーリーですよね。 途中からでも、楽しめるのはこちかめの魅力です。 たまに「誰だこいつ?」というのはありますが、こちかめの場合、知らなくてもあまり問題ないです〈笑 本当に暇つぶしにぴったりの漫画です。 常に15話分位のストックがあるといいますが、季節外れの話が掲載されていたりすると、わかりますよね。 スポンサードリンク どうして書き溜めができるのか 以下は全くの私見ですが、こち亀は秋本先生は当然として、アシスタントさんのスキルも圧倒的に高いのだと思います。 要するに、スタッフの基本戦闘力が違う。 こち亀のスタッフには駆け出しはいないそうです。 アシスタントさんは皆人物、背景も描けて、仕上げもできてしまうような高いスキルを持っています。 ではなぜ、アシスタントさんの技量が高いのか。 それは秋本先生が労働環境を徹底的に整備しているから。 アシスタントさんを養うために秋本先生は「有限会社アトリエびーだま」なる会社も経営されています。 アシスタントさん達は会社に所属して、お給料をもらう感じですね。 法人ですので、社会保険も完備されている事でしょう。 勤務時間は9〜20時。 途中、12時〜13時、17時〜18時の間が食事休憩らしいです。 毎週日曜は定休日とのこと。 そして、基本定時で帰れと。 通常の企業と比べると拘束時間、勤務時間は長いですが、タイムカードで完全管理されているという話ですので、法定越えした分はちゃんとお金に還元されているはずです。 これは通常の漫画家さんと比べると大変ホワイトな環境です。 素人の私から見てもそう感じますね。 労働環境だけを、公務員とかと比べると、どうだろうってなるかもですが。 アシスタントさんに安定した環境を与えて、長く勤めてもらって、仕事の腕を磨いてもらう。 スキルが上がったアシスタントさんに任せられる仕事の範囲を増やすことにより、自分が楽になる。 こち亀が休載ゼロなのに、秋本先生が旅行に行ったりできるほど、話のストックがある背景にはこうした事情があるのかなあ、と私は想像しています。 対して、一般的なアシスタントさんの環境はどうなのか。 調べた限りだと、通常の場合、アシスタントさんって、時給とか日給いくらみたいな、バイトに近い感覚の所が多いようです。 アトリエびーだまの社員に比べると、待遇は総じて弱い。 でも、それは仕方ないです。 会社を作って、そこからアシスタントさんに給料を払おう等という芸当は、こち亀のような長期的な連載がほぼ確約されている作品でしかできないです。 漫画の場合は打ち切り=倒産、解雇みたいな感じになってしまいますし。 先ほどの話のように、漫画の平均寿命が仮に3年だとしたら、普通は会社を作って、長期的に人を使おうなんて発想にはなりません。 人気が高く、メディア展開もそれなりにされている、いわゆる看板作品でなければ無理な事です。 ストックの中に最終話がある こち亀の最終話は既にできていて、編集部にストックされている。 こんな噂があります。 そして、私はこの噂はガチだと思っています。 ここまで労働環境に気を配り、プロ意識も高い秋本先生が、ある日突然、自分がこち亀を描けなくなった時の事を想定していないとは、とても思えません。 きっと、最終話は既にストックとして有って、本誌とのストーリー上、辻褄があわない所をちょいちょい修正したりして、キープし続けているのだと私は思っています。 とにかく、いつでも終われるようにしているのだと思います。 なので、こち亀の最終回はいつ? という問いに対して、「もう、既に終わっている」と私は思っています。 それが掲載されるのは、恐らくまだ40年以上はかかるのではないでしょうか。 漫画家って、生活スタイルが不安定なため寿命が短い、なんて嫌な噂がありますが、秋本先生は別でしょう。 秋本先生は現在62歳。 100歳を超えて、なお現役で医者をやっている日野原先生のように、百寿を迎えても、なお現役で漫画を描き続けてる先生の姿が想像できます。 いや、しかし。 あと40年かー。 適当な数字ですが、なんとなく信じるに値するような。 とりあえず、こち亀の最終回を迎える前に自分が最終回を迎えぬよう、生活習慣を改めますね。 麗子と結婚する? 最終回がどうなるかという事については、こんな噂が一部ではありますね。 でも、こち亀のメインヒロイン〈?〉ってもはや麗子だけではないですよね。 ギャルゲー並みにいろんな女性キャラがいますよね。 とりあえず、あらゆるジャンルを網羅して死角なし。 こち亀の魅力の一つにはジャンルの豊富さもあるのかと。 こち亀のストーリも然り、ヒロインについても然り。 上記のストックの話が事実だとしたら、結婚ENDは無理でしょうね。 ヒロインが多過ぎて、1話ではまとめられないです。 まずあり得ないですが、仮に最終回が3話ぐらい続いたとしても、しんどいと私は思います。 両津が異動する? あり得そうなのが、アニメの最終回に似た感じの終わり方。 両津異動疑惑です。 両津がついに、異動することになった。 みんなで送別会をやったけど、その噂は両津のガセ。 両津はキレたみんなから追いかけられた所で、終わる。 漫画の最終回も大雑把にはこんな感じで終わるような予感がしています。 やっぱり、こち亀ってこういう終わり方が一番キレイだと私は感じています。 まとめ こち亀でパッと思い出す好きな話は73巻収録の「突撃!クレーンゲームの巻」、74巻収録の「クレーンゲーム チャンピオン大会!の巻」、76巻収録の「ゴキブリ大行進!の巻」辺りですね。 FF5の話も面白かったなー。 あれ、何巻でしたっけ? 記事を書いていて、秋本先生はやはり神だと再認識しましたね。 秋本先生は芸術にビジネスをうまく取り入れている希有な例です。 私もいずれはそうなりたいな。 理想です。 現在、音楽業は時給にすると500円いきませんから、アシ雇ったら2秒で潰れますけどね〈笑.

次の