マリッジ ストーリー。 マリッジ・ストーリー

映画『マリッジ・ストーリー』の私的な感想―冷静と情熱の間で立ち戻る女の分岐点―

マリッジ ストーリー

この悲喜劇は、私たちの日常そのもの 離れていく心、壊れゆく絆。 愛し合っていた夫婦の終焉。 きっとこれは、ストレートなラブストーリーではない。 ただ、ここまで真摯に、繊細かつ平等に夫婦の姿を見つめた映画は、他に見当たらない。 疑いようのない、愛の傑作だ。 アカデミー賞の脚本賞候補にもなった『』(05)のノア・バームバック監督が手掛けた『マリッジ・ストーリー』(19)は、離婚を決意した夫婦の歩みと心象を、切なくも温かくつづった一作。 『』(16)から『スター・ウォーズ』シリーズまで幅広く活躍するアダム・ドライバーと、『』シリーズから『』(03)までこれまたどんな作品でも存在感を発揮してきたスカーレット・ヨハンソンが主演。 エンタメ大作/アート映画の両方で評価されてきた2人の神髄が詰まった作品に仕上がっている。 劇団を率いる演出家の夫チャーリー(ドライバー)と俳優の妻ニコール(ヨハンソン)は、ニューヨークで息子と暮らす3人家族。 夫に愛情を抱きつつも、すれ違いが重なり、「自分の人生を生きたい」と思うようになったニコールは、チャーリーとの離婚を決意する。 話し合いの結果、2人は弁護士を立てず、円満な協議離婚を行おうとしたが、お互いへの不満や行き場のない感情が妨げとなり、ついには弁護士を立てた裁判に発展してしまう……。 バームバック監督の特徴は、『』(12)でも『』(14)でも、『』(17)でも、悲喜劇を描いてきたことだろう。 孤独や家族、愛といったテーマを、「悲喜」をない交ぜにして探求する人間味豊かな作家性。 だからこそ彼の作品には「共感性」と「味わい深さ」が宿り、アカデミー賞のほかカンヌ国際映画祭やニューヨーク映画祭などで高評価を得てきた。 切ないのに温かい。 甘くも苦い。 バームバック監督の最高傑作との呼び声も高い『マリッジ・ストーリー』は、ヴェネツィア国際映画祭、トロント国際映画祭、ゴッサム・アワード、インディペンデント・スピリット賞などで好評を博し、アメリカ最大の映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では11月23日現在、96%の高得点を獲得している。

次の

映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

マリッジ ストーリー

Filmarksで今までに見た映画を登録していたら、午後になっていた。 とても好きな映画とクソだと怒った映画は覚えているけど、その中間が曖昧だ。 しかも、昔好き!と思った映画を見直したらそうでもない または逆のパターン こともままある。 完全な素人の映画鑑賞だし、評価はその時々の自分に左右される。 5以上は特別な思い入れとか嗜好が反映されている感じ。 これからはなるべくこまめに、見た作品を記録しておこう。 昨日ネットフリックスで『マリッジ・ストーリー』を見た。 まあまあだった。 ストーリーに意外性はなく淡々とした映画なので、もう少し短くても良かったかな。 ストーリーは、女優のニコール と舞台監督チャーリー 夫婦が離婚するまでのあれこれを描いている。 最初は話し合って円満に離婚しようとするがうまく行かず、後に引けなくなって、お互いに敏腕?弁護士を雇って裁判を始める。 結局は妻にやや有利な形で裁判は終わり、一人息子を二人で育てていくのであった……という話。 途中に出てきた人情派のおじいさん弁護士、味があって良かったけどすぐに外されて残念だった。 結局はそのおじいさんの言ったとおり、子供のためだったはずの裁判が勝つための裁判になってしまった。 夫婦どちらも人間くさくて憎めないんだけど、子供が振り回されてて可哀想だったな。 あと夫が妻と会話不足で自分勝手、監督として成功して浮気、子煩悩だけど空回りがちっていう設定があまりにもありがちかと思う。 あと、離婚後に酔っ払ったチャーリーが、劇団の仲間の前で歌うシーンがあるけど、なぜかかっこよく歌い上げてて少し冷めた。 そんな乗れない所はありつつ、好きな所もあった。 まず主演の二人が素敵。 は、『』のイメージが強かったけど、年齢を重ねてさらに魅力的になった。 LUXのCMよりも、加工しすぎてない自然な姿のほうがいい。 あとショートカットもかっこいい。 もハリポタのスネイプ先生みたいなルックスで好きだ。 序盤、夫と平然と会話するけど、ドアを閉めて一人になった途端泣いてしまうニコールが良かった。 なんでこんなことになったんだろう、という気持ちがあふれるような感じ。 あとはニコールとチャーリーの大喧嘩のシーンも好き。 裁判がカレートしているから冷静に二人だけで話そうとしたのに、どんどん感情が高ぶって激しい言い合いになる。 チャーリーは「子供のことがなければ君なんて死ねばいい」といった暴言を吐くけど、そのあと号泣してしまう。 その泣き方がいい。 映画全体を通してそうだけど、夫のほうが楽観的で、かなり状況が悪化してからも「二人で話し合えるはず」「円満に別れられるはず」って思っている。 それなのにどんどん当てが外れて追い込まれて、「こんなはずじゃない」と思っている感情が喧嘩のときに爆発する。 お互いに不満も感謝もうまく伝えられない状態が続いてに至ったんだろう。 時折長く付き合った相手に対する優しさが垣間見えるけど、それがかえって、一時的な怒りじゃない二人の溝を感じさせる。 最後にニコールの書いた「チャーリーの長所」メモをチャーリーが息子と読んで泣く場面も好き。 ニコールもそれを見て涙ぐんでいて。 夫婦としてはしたけど、時間の経過も手伝って、子供の親、元夫婦としてはうまくやっていけそうだと想像させるラスト。 辛いけど、最後に少しだけ救われる。 komeuso.

次の

映画『マリッジ・ストーリー』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

マリッジ ストーリー

ニューヨークの舞台演出家チャーリーと女優のニコールは、離婚の準備をしていた。 チャーリーはようやくその演出の才能が認められて、ブロードウェイに進出しようとしていたが、かつて青春映画のスターだったニコールは彼の影に隠れて自分の居場所を失う気分になっていた。 幼い息子を連れてロサンゼルスの実家に戻ったニコールは、そこでやり手の女弁護士ノラを雇い、離婚手続きを進める。 一方、事態を甘く見ていたチャーリーも、対抗するために弁護士探しを始める。 「マリッジ・ストーリー」の解説 前作『マイヤーウィッツ家の人々(改訂版)』が配信のみのNetflix映画にも関わらず、大きな評価を得たノア・バームバック監督。 もはやウディ・アレンの跡を継ぐニューヨーク派の監督はこの人しかないだろう。 本作も世界各国の映画祭で上映され、すでに高い評価を得ている。 タイトルは「結婚物語」だが、ストーリーは「離婚」が成立するまでの話。 うまくいっていると思い込んでいた夫が、ある日、いきなり妻に離婚を突きつけられるというのは、世界中どこにでもあること。 おおむね男は妻の不満に鈍く、環境の変化にも対応できない。 主演のアダム・ドライバーとスカーレット・ヨハンソンの演技が素晴らしく、共に二人のキャリアの中でも最高級のもの。 特に二人の口論シーンは圧巻だ。 他にもやり手の弁護士役のローラ・ダーンも、忘れがたいキャラクター。 脚本、演技、演出のコンビネーションも最高で、2019年を代表する映画になるだろう。

次の